活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2008年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

市場リスク 暴落は必然か

市場リスク 暴落は必然か
市場リスク 暴落は必然か
(2008/05/22)
リチャード・ブックステーバー 商品詳細を見る

満足度★★★★

金融マーケットは、安定した方向に進んでいるのか?

これが本書の提起する問題ですが、
著者のリチャード・ブックステーバーさんの結論は、
「否」です。

金融技術が発達し、いろいろなシステムや金融商品が
次々と開発され、プラスの効果がもたらされた反面、
ある代償をともないました。

それは、「複雑性」という副産物。

そして政府は、市場の安定という名の元に「規制」を設けます。

これが、ますますマーケットを複雑なものにして、
リスクを増大させる結果につながります。

ブックステーバーさんは、MITの研究者からウォール街に
転身した経歴を持ち、本書では学者としての視点と、
トレーダーとしての視点の両方から、
マーケットとリスクの歴史を語ります。

ソロモン・ブラザーズの崩壊、LTCMの破綻、ヘッジファンドの台頭。

そして、金融市場を彩ったスターが登場します。

ジョン・メリウェザーさん、サンディ・ワイルさん、明神茂さん、
ジュリアン・ロバートソンさん、ジョン・リードさん、
ウォーレン・バフェットさん、チャーリー・マンガーさん・・・

  「突然の景気後退や天災が原因で、金融危機が発生することは
  ほとんどない。過去数十年間に起こった危機のほぼすべてが、
  金融市場そのものの複雑な構造に起因している」

私たちは、ブックステーバーさんのこの言葉を胸に刻み、
今後訪れるであろう金融危機に備えた方が良さそうです。

本書は、マーケットに興味がない人にとっては、450ページもある、
ただの分厚い本としか思えないかもしれませんが、
この手の本が好きな人には、面白く教訓に満ちた大作です。

この本から何を活かすか?

  「ゴキブリの教訓」

マーケットで大切なことは、大勝ちすることよりも、
長く生き残って、退場させられないことでしょう。

ブックステーバーさんは、下等なゴキブリが長い歴史の中で
生き延びてきたことに、リスク・マネジメントの教訓を見出します。

粗視的な行動が最適の戦略となる。

マーケットでの行動に限らず、「単純化」を意識して
リスクを減らすことを心掛けたいものです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.  

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経済・行動経済学 | 10:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |