活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2008年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

オカネとウソの論理学

オカネとウソの論理学
オカネとウソの論理学
(2008/05/15)
柳澤 賢仁 商品詳細を見る

満足度★★★

「お金」と「ウソ」のジレンマについて、
著者と一緒に考える本です。

ついでに、会計と法律の知識も学べるという
オマケもつきます。

著者の柳澤賢仁さんは、税理士という職業柄、
「お金」と「ウソ」については、
日常的に、かなり意識する環境にあるようです。

  ・なぜ、ウソをついてはいけないのか?
  ・なぜ、お金を儲けてもよいのか?
  ・法律とは何か?
  ・会計とは何か?
  ・真実とは何か?
  ・世の中に絶対はあるのか?

など、様々な疑問を直視し、
「そもそも」の部分から、演繹的に議論を進めます。

その語り口は、小気味好く、軽快です。

本書の結論は、

  「ウソは、さじ加減が大事で、お金儲けも、
  人の権利を侵害しない限り、最大限尊重される」

となります。

まあ、言ってしまえば、ありきたりな結論になる訳ですが、
著者の英知に触れながら、一緒に論理的に考えるプロセスが、
大切な本と言えます。

また、柳澤さんは、

  「大人になってから日本国憲法を読んいない方は、
  ぜひ一度読み直してみましょう」

と言っていますので、これを機に、読んでみるのも良いですね。

この本から何を活かすか?

柳澤さんは、本書で「そもそも」を議論するに当たり、
何度も辞書で、その言葉の定義を確認しています。

辞書といえば、先日、私と妻の間で、論争が起こりました。

テーマは、「小学生(2年生)に電子辞書は、是か非か?」

ウチの、娘に電子辞書を買うかどうかという、
単なる口論とも言えますが・・・

妻の主張 : 「非」(本人も電子辞書は、めったに使わない派)

  ・まだ紙の辞書も使えないので、電子辞書は早すぎる
  ・他にも多くの電子機器に囲まれているので、
   これ以上、電子機器が増えるのは心配
  ・せっかくの機能も、小学2年生では使いこなせない
  ・単に、あなたが欲しいだけじゃないの?(←これが、一番効いた攻撃!)

私の主張 : 「是」(電子辞書を使わない日は、めったにない派)

  ・大人がいろいろな機器を使って効率的に学ぶ時代なのに、
   子供には昔ながらの方法を押し付けているのはナンセンス
  ・電子辞書の最新の機能(ペン入力や発音)などは、
   子供の勉強にこそ活かされるし、好奇心を刺激するハズ
  ・ローマ字入力もできるし、最新機器は子供のほうが使いこなせる

あなたは、どう考えますか?

ちなみに、私が想定している子供用電子辞書は、こちら
(型落ちですが、2008/6/19現在67%OFFでかなりお徳!)

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.  

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 交渉術・伝える力・論理・人脈 | 10:28 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |