活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2008年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

案本

案本 「ユニーク」な「アイディア」の「提案」のための「脳内経験」
案本 「ユニーク」な「アイディア」の「提案」のための「脳内経験」
(2008/03/28)
山本 高史 商品詳細を見る

満足度★★★★

「経験」をもとにした、発想術の本です。

目的は、受入れられるユニークな提案をすること。

アイディアのユニーク度は、経験値に比例する。

これを、著者の山本高史さんは、
「経験資本主義」と表現しています。

何をするにも、経験が資本ということです。

それでは、経験の浅い人はどうしたら良いのか?

山本さんの示す答えは、実体験以外の経験を積むこと。

本書は、これを「擬似経験(体験)」と
「脳内経験」と呼びます。

例えば、「本を読む」という行為。
これを山本さんの考える3つの経験に分割すると、

  1. 実経験(実体験) : 実際に本を読んだ行為そのもの
  2. 擬似経験 : 著者の世界をバーチャルに体現し、感じること
  3. 脳内経験 : 読んで感じたことから、更に思考を重ねること

となります。

一般的に考えると、本を読むこと自体が、
経験の少なさを補う行為です。

しかし、それをキッカケに次々と連想し、
「ということは、~はどうなる?」と思考を重ねることが、
脳内経験であり、経験の浅さをカバーすることになります。

これを意識して行うことが、
つまり脳内経験を増やすことが、
ユニークな提案をするための鍵となります。

そして本書では、脳内経験を効率的に行うために

  ・脳内アングル
  ・脳内ツリー

という2つのツールが紹介されています。

独特の語り口と、結論までの道のりがちょっと長いので、
好みの分かれる所かも知れませんが、
そんな回り道も含めて、私は楽しく読むことができました。

この本から何を活かすか?

偶然にも、私は読書メモを
山本さんの紹介する「脳内ツリー」のように、
連想したことも含めて、くもの巣状に書いています。

ただ、そこには複数の視点、
つまり「脳内アングル」の考えはありませんでした。

これを取り入れられるかどうか、チャレンジしてみます。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.  

このエントリーをはてなブックマークに追加

| アイディア・発想法・企画 | 11:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |