活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2008年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

日本でいちばん大切にしたい会社

日本でいちばん大切にしたい会社
日本でいちばん大切にしたい会社
(2008/03/21)
坂本 光司 商品詳細を見る

満足度★★★★

紹介される会社のエピソードが、感動を呼ぶ本です。

著者の坂本光司さんは、法政大学院の教授で、
中小企業の研究をしています。

その研究・調査で、全国の6000社を超える会社を
訪問しているそうですが、本書ではその中から選りすぐりの
「日本でいちばん大切にしたい会社」が紹介されています。

坂本さんの言う、「大切にしたい会社」とは、
自分たちにしかできない仕事を愚直に行い、
多くの人たちを満足させている会社を指します。

メインで紹介されているのは、わずか5社。

いずれも大企業ではありませんが、
実直で一本筋の通った経営を長く続けています。

  ・日本理化学工業(株)
     社員の7割が障害者のチョーク製造メーカーの老舗

  ・伊那食品工業(株)
     斜陽産業でも48年間増収増益のすごい会社

  ・中村ブレイス(株)
     最悪のロケーションでも、世界中から訪問がある義肢製造会社

  ・(株)柳月
     地域の人のためにを使命とする、お菓子会社

  ・杉山フルーツ
     さびれた商店街でも繁盛する高級フルーツ店

本書は、戦略やノウハウを示す本ではなく、
心を熱くするタイプの本なので、
ここでは敢えてエピソードを紹介しませんが、
感動に飢えている人は、必読の書といえるでしょう。

本書のエピソードを読んだら、
これらの会社を見学したくなりますね。

この本から何を活かすか?

私の住む北海道から、本書で紹介されていたのは1社。

(株)柳月です。

北海道は十勝(帯広市)にある、「三方六」などで
有名なお菓子会社です。

同じ帯広市のお菓子会社としては、「六花亭」の方が
全国的には有名ですが、柳月も地元では絶大な人気を誇ります。

実は、私の実家は、この会社がある帯広市にあります。

今度の里帰りで、久しぶりに柳月のスイートピア・ガーデン
寄ってみようと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.    

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経営・戦略 | 10:29 | comments:3 | trackbacks:2 | TOP↑

| PAGE-SELECT |