活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2008年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

生物と無生物のあいだ

生物と無生物のあいだ (講談社現代新書 1891)
生物と無生物のあいだ (講談社現代新書 1891)
(2007/05/18)
福岡 伸一 商品詳細を見る

満足度★★★★★

本書の帯には、多くの著名人が絶賛するコメントが書かれ、
“私にとっても”紛れもなく面白い本で、
読み終わる前から、妻にも本書を薦めたほどです。

しかし、本書が“世間一般に”、
そこまで賞賛される本なのかは、甚だ疑問です。

それは、この本を面白いと感じる読者層は、
かなり限定されているように感じるからです。

本書は、分子生物学者の福岡伸一さんが、
自らの研究生活をベースに、
「歴史的発見の裏側」「謎解き」「生物学入門」「先人へのオマージュ」
など、いろいろな要素を巧みな文章力で綴る、科学エッセイです。

具体的には、
「生物と無生物を分けるものは何か?」をキーワードとして、
ウィルス、DNAの発見、動的な平衡状態などのテーマを扱います。

繰り返しになりますが、本書は“私にとっては”、
本当に読み始めると止まらなくなり、
高校生の頃、ファラデーの「ロウソクの科学」に出会った時の
衝撃を思い出しました。

確かに、福岡さんの文章の上手さも際立っています。

しかし、ベストセラーだからという理由で、
まったく生物に興味がない人が本書を手にすると、
高度ではなくとも、専門的な話しもけっこう多いので、
苦しいことになるかもしれません。

この本から何を活かすか?

それでは、どういう人が本書の対象になるか、考えてみましょう。

まず、大前提となるのは、「少しでも生物(学)に興味がある」ことです。

知識のレベルをあわせて考えると、

  1.生物を勉強中又は、これから勉強予定の意識の高い「高校生」
  2.専門的に勉強したことはないが、生物に強い興味がある人
  3.かつて生物を勉強したことがあるが、遠い記憶となっている人

などがちょうど良いのではないでしょうか。

ちなみに、私の大学時代(約20年前)の専門は生化学なので、
上の3番に当たり、同じ理由が私の妻にも該当します。

また、現役で生物を勉強・研究している方や、
つい最近まで専門としていた方にとっては、共感できる部分は多くとも、
本書から得るものは意外と少ないかもしれません。

ということで結論です。

本書は、「プロと素人のあいだ」の人が読むにはちょうどイイ!

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.  

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 11:21 | comments:4 | trackbacks:5 | TOP↑

| PAGE-SELECT |