活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2008年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

連鎖する大暴落

連鎖する大暴落―静かに恐慌化する世界
連鎖する大暴落―静かに恐慌化する世界
(2008/03)
副島 隆彦 商品詳細を見る

満足度★

副島隆彦さんのファンの方がいたら、申し訳ありませんが、
私には、この本を読む感覚が、
「東スポ」を読むのに近いものを感じました。

著者の副島さんは、「ドル覇権の崩壊」の中で書いた予言は、
ほんの数行を除き、ほとんど的中していると言っています。

そのためなのか、それとも、
元々こういうキャラクターの方なのか、私は知りませんが、
本書でも、いろいろなことを断言し、
自信たっぷりに今後の経済情勢を予言しています。

  ・為替は2009年に1ドル80円、2011年に1ドル60円になる
  ・ニューヨークダウは3ヵ月後とに大暴落し、6000ドル台へ
  ・金は1オンス2500ドルへ上昇
  ・米次期大統領はオバマ氏に、最初から決まっていた

そして、副島さんは「あとがき」で、この本の最も面白い部分を、

 「CME(シカゴ・マーカンタイル取引所)は八百長で、
 名誉会長のレオ・メラメッドが、株も為替も債券も、
 すべてここで操っている」

と書いた箇所と、自ら解説しています。

確かに、私もこのくだりには笑いましたので、
本書で最も面白い部分に違いないでしょう。

本書との付き合い方として、

  1.よく当たる預言者として、副島さんを信じる
  2.本当に、言っていることが当たっているかを検証する
  3.エンタテイメントとして、割り切って楽しむ

などが考えられますが、私は3番を選択しました。

この本から何を活かすか?

本書から、オカルトっぽい本の書き方を学びました。

  ・恐怖で人を煽る
  ・とりあえず、見えない「敵」を作る
  ・理由がハッキリしないことは、「陰謀」にしておく
  ・情報ソースを「アメリカの中心部」などと濁す
  ・自分を有名人と関連付け、権威化する
  ・愛人説などを織り交ぜ、俗っぽい味付けをする

私は、「オカルト本」の著者としては、
浅井隆さんぐらいしか知りませんでしたが、
良い勉強になりました。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.  

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経済・行動経済学 | 06:15 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |