活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2008年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

朝9時までの「超」仕事術

朝9時までの「超」仕事術
朝9時までの「超」仕事術
(2008/02/20)
見田村 元宣商品詳細を見る

満足度★★

本書は、「朝4時起き」をキャッチフレーズにする
税理士・見田村元宣さんの本ですが、前半は時間活用術、
後半はブランディングについての内容となっています。

以下は、見田村さんの1日のスケジュール例です。

 4:00 起床(携帯活用、シャワー、身支度)
 5:00 自宅出発、駅まで徒歩(ブログ更新、情報収集、朝食)
 6:00 会社到着(この3時間がゴールデンタイム、本書の要)
 9:00 通常業務スタート
 19:00~20:00 終業
 20:00~21:00 帰宅
 22:00~23:00 就寝

早起きすることが、大前提となりますが、
始業前に作り出した6時から9時までの「3時間」の
活用方法が本書の中心となります。

基本は、この3時間を3つに分割して、
例えば、「原稿執筆」、「読書」、「差迫った仕事の処理」など、
異なる3つのテーマに取り組むそうです。

本書を読んだからといって、早起きが苦手な人が、
すぐに早起きができるようになるとは思えませんが、
時間を有効に活かし、目的を持って生きる見田村さんの姿勢は
よい刺激になることでしょう。

私は、どちらかと言うと、時間管理方法より、
「朝4時起き」をうまくブランディングしていくパートの方が、
いろいろと参考になりました。

ちなみに、見田村さんの充実した1日と比べると、恥ずかしい限りですが
私のありがちな1日の過ごし方は、こんな感じです。

 4:00 起床(シャワー、読書メモ、ビジネス英語)
 7:00 家族と朝食
 7:30 散歩・ストレッチ
 8:30~17:00 フリータイム
 17:00~18:00 子供と遊んだり、勉強を見る
 18:00~21:00 夕食・風呂、家族団らん(ボードゲームなど)
 21:00~23:00 就寝

この本から何を活かすか?

見田村さんは、「メールを10倍の効率で処理する3つの裏ワザ」
として、次のように紹介しています。

  1.惰性で取っているメルマガは、思い切って登録解除
  2.必要なメルマガも自動振分機能で、独自フォルダに一時保存
  3.「書名」をたくさん用意する

言われてみれば、私も惰性で取っているメルマガ、
けっこうあるような気がします。

これを機に、少し整理して不要なメルマガは登録を解除します。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.  


このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事術・スキルアップ・キャリア | 09:55 | comments:2 | trackbacks:2 | TOP↑

| PAGE-SELECT |