活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2008年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

勝間和代のインディペンデントな生き方 実践ガイド

勝間和代のインディペンデントな生き方 実践ガイド
勝間和代のインディペンデントな生き方 実践ガイド
(2008/03/01)
勝間 和代 商品詳細を見る

満足度★★★

2006年に出版された勝間和代さんの処女作、
インディでいこう!」を新書版化したものです。

私はインディと聞いて、インディ・ジョーンズ=冒険野郎?
を勝手にイメージしていましたが、全く勘違いでした。
最初から、インディペンデント(自立)と言ってくれればいいのに・・・

さて本書は、
「“女性が”いかに自立して生きていくか」を
説く本です。

勝間さんの言う自立には、次の3つの条件があります。

  1.年収600万円以上
  2.いいパートナーがいる
  3.年をとるほど、素敵になる

この条件を満たすインディ(自立した女性)になるためには、
「じょうぶな心」と「学び続ける力」が
必要であると説明されています。

基本的に本書は、女性読者を対象にしているので、
第5章はまるまる、「いい男を見分けて選ぶ」内容に当てられています。

勝間さんが考える、インディにとっての「いい男の条件」は、

  1.年収1千万以上で今後も継続して年収が上がる
  2.インディの価値が分かり、パートナーとして協力できる
  3.インディと一緒に、年とともに成長する

が挙げられています。

ここで、この条件をつきつけられた男性が、とるべき行動は、

  ・この条件に合うよう自分を高める
  ・この本をなかったことにして、妻や恋人の目に触れないところに隠す

のいずれかとなるでしょう。

ちなみに、私は妻に離婚されないよう後者を選択しています。

本書は、勝間さんの源流を知ることはできますが、
他の著書を読んでいる人にとっては、無理して読まなくても
いい本かもしれません。

この本から何を活かすか?

本書で勝間さんは、「ながら学習」の一つとして、
ケーブルテレビが見れる環境にある人には、
CNNやBloombergをすすめています。

私は、同じBloombergでもインターネットラジオを、
「ながら」で流していることが多いです。
(上の「インターネットラジオ」をクリックすると、
Windows Media Playerが立ち上がり、ストリーミング再生が始まるので、
音を鳴らしたくない方は、注意してください)

これなら、ケーブルテレビやスカパーの契約がなくても、
利用可能ですし、耳を鍛えることに関しては、
映像があるより、効果があると思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.   


このエントリーをはてなブックマークに追加

| 人生論・生き方・人物・哲学 | 10:04 | comments:4 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT |