活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2008年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

「やる気を出せ!」は言ってはいけない

「やる気を出せ!」は言ってはいけない ~行動科学で見えてくるリーダーの新常識~
「やる気を出せ!」は言ってはいけない ~行動科学で見えてくるリーダーの新常識~
(2008/02/09)
石田 淳 商品詳細を見る

満足度★★★★

本書を読んでいて、山本五十六さんの言葉

 「やってみせ、言って聞かせて、させて見せ、ほめてやらねば、人は動かじ」

を思い出しました。

本書は、組織のパフォーマンスを上げたい
“リーダーのための本”ですが、「部下をどう動かすか」ではなく、
「どうしたら部下に自発的に動いてもえるか」に焦点を当てています。

そのためには、部下が喜んで仕事ができる
環境と関係性を作る必要があります。

そこで登場するのが、本書で説明される「行動マネジメント」。

これは、行動分析学をベースにした、“見える行動”に着目した
マネジメント手法で、成果だけを評価するのでなく、
「望ましい行動」をしたかどうかというプロセスも評価の対象とします。

そこで大切となるのが、“望ましい行動とはなにか”、
つまり、効果のでる“やり方”を、きちんと事前に教えることです。

ですから、本書のタイトルになっている、
「ヤル気を出せ!」や「常識でわかるだろう」などは、
リダーとしては、決して言ってはいけない言葉であり、
それよりも、具体的な方法を示し、楽しく取り組める環境を
整えることが重要であると、説明されています。

本書は、150ページ程度のサラサラ読める本で、
行動マネジメントの概要を知るには、非常に手ごろです。

“組織”の行動マネジメントについてもう少し詳しく知りたい方には、
著者の石田淳さん自身が、あとがきで、
短期間で組織が変わる 行動科学マネジメント』を勧められていました。

“個人”の行動をマネジメントする本では、『「続ける」技術』がありますが、
コストパフォーマンスの面では、『すごい「実行力」』が私のオススメです。

この本から何を活かすか?

さて、問題は

 「本書を読む必要がある上司ほど、本書を読む可能性が少ない」

ことにあります。

そこで、もし、あなたの上司がそういった“困った上司”なら、
「どうしたら本書を、その上司に読んでもらえるか?」に
智恵を絞るべきでしょう。

そこで、ヒントとなるのが、本書の行動マネジメント。

上司に「読ませる」のではなく、
上司が「読みたくなる環境」を用意することが
ポイントとなるのではないでしょうか。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.   

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 組織・社内教育・コーチング | 10:25 | comments:4 | trackbacks:3 | TOP↑

| PAGE-SELECT |