活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2008年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ウェブ時代 5つの定理

ウェブ時代 5つの定理 この言葉が未来を切り開く!
ウェブ時代 5つの定理 この言葉が未来を切り開く!
(2008/02/28)
梅田望夫 商品詳細を見る

満足度★★★

梅田望夫さんは、
ウェブ進化論」で、ウェブの現在と未来像を解き明かし、
ウェブ時代をゆく」で、その時代を生きる術を示しました。

本書は、
「なぜ、梅田さんが、そのようにウェブ時代を見通す発想ができたのか?」
を知ることができる本です。

梅田さんは、まえがきで「私の勉強法」として、
次のように書いています。

  「私はひたすら、ビジョナリーたちの切れ味の良い言葉を
  探しては考える、ということをずっと繰り返してきました。」

ここで言うビジョナリーたちとは、
スティーブ・ジョブズさん、ゴードン・ベルさん、アンディー・グローブさん、
サーゲイ・ブリンさんやラリー・ペイジさんなどの
シリコンバレーのオピニオン・リーダーたちを指します。

そして本書では、梅田さんがこれまでに集めて思考の糧にしてきた
金言や名言を、5つのカテゴリーに定理として分類・整理して
まとめています。

ウェブ時代という枠組みを、5つの定理でおさえ、
そこに発想の源泉となる金言を配置し、梅田さんが解説しているので、
一般にある金言集とは、少し趣が異なり、
梅田さんの思考の流れを感じ取ることができます。

また、5番目の定理を「大人の流儀」として、
ネット空間での振舞いや、育てる思想について、
まとめている点も、なかなか興味深いものでした。

この本から何を活かすか?

梅田さんは、本書に掲載された金言を、原文の英語でも味わい、
できれば「かっこいい英語」として活用することを勧めています。

私は、あまり長文は覚えられないので、
短めのを2つほど、英語で使えるようにしようと思います。

  ・I try to work on things that won't happen unless I do them.
  (自分がやらない限り世に起こらないことを私はやる)
      ― Bill Joy(ビル・ジョイ)―

  ・That's the way to go!(それが進むべき道だ)
      ― people in Silicon Valley(シリコンバレーの街の人々)―

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
   


このエントリーをはてなブックマークに追加

| IT・ネット | 10:31 | comments:2 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT |