活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2008年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

Happy Bible 成功への未来予想図

Happy Bible 成功への未来予想図
Happy Bible 成功への未来予想図
(2008/01/05)
名倉 正 商品詳細を見る

満足度★

あなたは、ネットワーク・ビジネスに偏見がありますか?

実は、私には、ちょっと偏見があります。

きちんと商品を売っているので、ねずみ講ではないことは理解できますが、
実際に接したことのある方々の言動を見て、
「ちょっと、いっちゃったな~」という感想を持ってしまったからです。

たまたま、私の見た方たちが、そうだったのかもしれませんが。

さて、本書は、そのネットワーク・ビジネスで、
大きく人生を変え成功した、名倉正さんの「自伝」です。

高校時代から始まって、大学、就職、転職、
借金生活、パチンコ漬けの生活・・・
そして、ネットワーク・ビジネスと出会い、一発逆転。

ネットワーク・ビジネスをやっている方には、
価値のある賞を2004年と2006年に受賞したそうです。

どんな状況においても、「常にノーテンキでいること」が
成功の秘訣であると、名倉さんは語っています。

名倉さんは、初めてネットワーク・ビジネスの説明会に
参加した時、次のように感じたそうです。

「これは素晴らしい。やるしかない!なにもかもいいことづくめ。
これで成功しないわけがない!どうやっても億万長者だ!」

当然、これを読んでも、私の偏見がなくならなかったのは、
言うまでもありません。

名倉さんは、大学卒業後に就職した企業、
例えばフランスベッドや大京、アリコジャパンなどは、
実際に社名を挙げていますが、肝心のネットワーク・ビジネスの
団体名や商品名が、この本には書かれていないのが、
私には、不思議な点でした。

この本から何を活かすか?

私は大学生の頃、中学時代の友人から、突然、会いたいという連絡を受け、
ネットワーク・ビジネス(?)の説明会への参加を誘われました。

暇を持て余していたので、興味本位で参加すると、会場は異様な雰囲気。

主催者は、商品の素晴らしさと、参加すると「必ず儲かる」ことを力説し、
そこに来ている人たちは、それを完全に信じている様子でした。

友人に連れられて、一番前の席で聞いていた私は、
説明されるシステムや商品データの、明らかな間違いや矛盾点について、
その説明の場で、いくつか質問しました。

数分後、私は、会場から放り出されることになります。

これが、私とネットワーク・ビジネスの初遭遇でした。

今回も、Amazonで本のタイトルだけ見て、注文したことを反省です。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book. 

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 目標達成本 | 06:27 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |