活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2008年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

金融機関のカモにならない! おカネの練習問題50

金融機関のカモにならない!  おカネの練習問題50
金融機関のカモにならない! おカネの練習問題50
(2007/11/22)
吉本 佳生 商品詳細を見る

満足度★★★★★

この本は、あなたが、金融機関にとって
料理しやすい「カモ」かどうかを判定してくれます。


本書は、お金に関する練習問題が50問と、
その解説が掲載されています。

著者は、「スタバではグランデを買え!」で有名な吉本佳生さん。

それでは、あまり金融知識がなくても解ける問題を
ここで、一問だけ紹介してみましょう。

  Q. ある衣料品店で、バーゲンセールがおこなわれていて、
  すべての商品が30%OFFになっています。更に、会員カードを
  持っていれば、10%の値引きも併せて適用されます。
  さて、次のうち正しい考えは、どれでしょうか?

     a. 先に30%値引きしてもらう方が有利
     b. 先に10%値引きしてもらう方が有利
     c. どちらが先でも同じ

答えは、この記事の最後(Lead More・続きを読む)で。

政府刊行物、金融経済教育のシンポジウム、公的機関のホームページ、
更には、シンクタンクの発言、新聞記事、地方自治体、メガバンク・・・

これらは、世間では一般的に、正しいことを発言しているという
イメージがありますし、実際にそうでなければ困ります。

しかし本書の問題は、これらの機関が、
デタラメな説明をしていたものを、元ネタにしたものが、
けっこう多く含まれています。

こういった機関を利用して生活する私たちが、
騙されないようにするためには、
自分で知識を身につけるしかないようです。

資産運用に必要な計算力や論理力を持っていない人は、
他人が自分をだましているかどうかの判断すらできない。

吉本さんは、あとがきで、このように書いていましたが、
いろいろな本を読んで、「分かったつもり」になっていた私にとっては、
自分の理解の浅さを、思い知らされる一冊となりました。

この本から何を活かすか?

本書には、もっと学びたい人への参考文献が10冊紹介されていました。
( )内は、私の一言感想です。

統計でウソをつく法(名著、必読!)
論理思考力トレーニング法(ちょっと、読みづらい)
数字に弱いあなたの驚くほど危険な生活(未読)
数学で身につける柔らかい思考力(いろいろネタになる)
天才数学者、株にハマる(面白い)
「投資バカ」につける薬(山崎節が炸裂!)
臆病者のための株入門(橘節が炸裂!ファンは多い)
知らない人だけが損をする投資信託の罠(未読)
ニュースと円相場から学ぶ、使える経済学入門(最初に読んだ吉本さんの本)
新・金融商品取引法ハンドブック(未読)

私も読んでいない本があるので、読んでみようと思います。

(今回の記事は下の「Lead More・続きを読む」に、
私の成績と一緒に、先の問題の解答を書いてあります。)

Miss a meal if you have to, but don't miss a book. 

≫ Read More


このエントリーをはてなブックマークに追加

| 投資 | 10:58 | comments:4 | trackbacks:2 | TOP↑

| PAGE-SELECT |