活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2008年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

100%幸せな1%の人々

100%幸せな1%の人々
100%幸せな1%の人々
(2008/01/10)
小林 正観 商品詳細を見る

満足度★★★

すべてを受入れること。

過去に起こったこと、現在起こっていること、未来に起こること。
たとえ、それが難病にかかることや、
自分の子供が幼くして死ぬことであっても。

一切、愚痴や不平を言わず、それを受け入れ感謝する。

これが、本書の教えです。

本書では、著者の小林正観さんが、自らの経験を通して、
この教えを59の法則として、やわらかく語りかけます。

私にとっては、「なるほど」と思えるものもあれば、
「そりゃ、ホント?」と思えるものありました。

  ・5万回「ありがとう」を言うと奇跡が起き始める
  ・争わないでいると、敵がいなくなり「無敵」になる
  ・花粉症、アトピーなどの病気の人には性格的な共通項がある
  ・神様が好む人間の行為は「掃除」「笑い」「感謝」

いろいろある中で、私が一番難しいと感じたことは、
「思いを持たない」こと。

「思い」を持って、それに向けて努力することを善と考えている
私のような一般人には、180度方向転換をするようなものです。

何に対しても執着をもたないというのは、
悟りを開くレベルでないと、到達できそうもありません。

しかし、他人に対しては、少しでも受入ようという
気持ちを持って接していきたいものですね。

この本から何を活かすか?

小林さんは、

  「トイレをピカピカに磨いて、蓋をしめておくとお金に困らなくなる」

と言っています。

タイミングを逸してブログ記事にはしていませんが、
夢をかなえるゾウ」を読んだ後、ガネーシャの教えに従い、
2回ほど自分でトイレ掃除をしましたが、
それ以来、まったくやっていませんでした。

今日は、久しぶりにトイレ磨きをしてみようと思います。  

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.  

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 成功哲学 | 09:46 | comments:3 | trackbacks:2 | TOP↑

| PAGE-SELECT |