活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2008年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

地頭力を鍛える

地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」
地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」
(2007/12/07)
細谷 功 商品詳細を見る

満足度★★★★

いきなりですが、最初に紙、ペン、時計の3つを用意して、
次の問題にチャレンジしてみてください。

問題:「日本全国に電柱は何本あるか?

ルール:制限時間3分(厳守)、電卓・PC等使用不可、一切の情報参照不可

この問題に挑戦することが、
本書の核心に迫る一番の方法です。それでは、3分スタート!

さて、私は
 地頭力(ジアタマリョク)とは、何か?
 フェルミ推定とは、何か?

これを知りたくて、本書を手にしました。

本書で定義する、地頭力とは、
特定の知識に依存することなく、自分で考え抜いて、
問題解決ができる能力を指します。

持って生まれた頭の良さでは、ありません。

そして、この地頭力は、

  ・「結論から」考える力 - 仮説思考
  ・「全体から」考える力 - フレームワーク思考
  ・「単純に」考える力 - 抽象化思考

の3つの思考力と、
そのベースとなる論理思考力、直観力、知的好奇心
から構成されると、著者の細谷功さんは説明しています。

そして、フェルミ推定とは、冒頭の問題のように、
つかみどころのない算出困難な数値を短時間で概算させる
問題で、ノーベル賞物理学者エンリコ・フェルミさんの
考案によるものです。

細谷さんは、今後、地頭力が最も必要とされる能力と考え、
それを鍛えるための最適の方法として、フェルミ推定を、
その活用方法も交えて、本書で紹介しています。

巻末には、フェルミ推定の練習問題も掲載されています。
冒頭の問題を見て、闘志を燃やすパズル好きの人には、
避けて通れない1冊です。

私の知的好奇心は、大いに、くすぐられました。

この本から何を活かすか?

本書では、フェルミ推定が特に必要なタイプとして、
「検索エンジン中毒」、「完璧主義」、「情報コレクター」、
「猪突猛進」、「セクショナリズム」、「経験至上主義」
の6つを挙げています。

私は最初の「検索エンジン中毒」に当てはまります。

ということで、もちろん私も冒頭の問題に挑戦してみました。

その結果を本書に記載されている「地頭力チェックリスト」
で見てみると、

  私は、地頭力B級(10満点中7点)

チェックリストは、ここには記載できないので、
ぜひ本書を入手して、確認してみてください。

(今回の記事は下の「Lead More・続きを読む」に、実際の電柱の統計数値と、
私の思考プロセスを書いておきました。興味のある方は、ご覧ください)

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.     

≫ Read More


このエントリーをはてなブックマークに追加

| 問題解決・ロジカルシンキング・思考法 | 10:45 | comments:10 | trackbacks:4 | TOP↑

| PAGE-SELECT |