活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2007年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

なぜ、エクゼクティブは書けないペンを捨てないのか?

なぜ、エクゼクティブは書けないペンを捨てないのか?
なぜ、エクゼクティブは書けないペンを捨てないのか?
(2007/11/02)
パコ・ムーロ商品詳細を見る

満足度★★

著者は、「なぜ、エグゼクティブはゴルフをするのか?
で以前に紹介した、パコ・ロームさん。

前作が売れたからか、似たようなタイトルのつけ方ですね。

本書は大きく分けて2部構成になっていて、
第1部は、8つのショートストーリー。

今回は寓話よりも、ビジネス上のたとえ話が中心です。

第2部は、ロームさんからの、
会社がうまく機能するための提案集になっています。

メインとなるのは、第1部の8つの物語ですが、
残念なことに今回の物語は、話しとしては十分納得できるものの、
心に響くものは少なかったような気がします。

どの部分に共感するかは、読む人の心の在り方によって違いますから、
今回は私とは、タイミングが合わなかったということでしょう。

逆に、第2部に書かれていた
「監査報告書には、管理職や社員の離職率を載せるべきだ」
などのロームさんからの提案の方が、面白く読むことができました。

ちなみに、本書のタイトルである、
「なぜ、エグゼクティブは書けないペンを捨てないのか?」は、
ロームさんが、9歳の娘さんに作った、ペンが主人公のお話です。

子供に話すうちに、ビジネスにも役立ちそうだと思い、
話の中身を深めたそうです。

この本から何を活かすか?

本書の中で、「オズの魔法使い」を
リーダーシップの要素が盛り込まれた物語と、
とらえている話しがありました。

主人公のドロシーにおともする3つのキャラクターが欲しいもの、

  感情のないブリキの“きこり” → 「心」
  考えることが苦手な“かかし” → 「脳」
  困難に立ち向かえない“ライオン” → 「勇気」

これらはいずれも、リーダーに必要なものと説明されていました。

その話しから何を感じるかは、本当に聞く人のとらえかた次第です。

私も、子供の向けの物語を読んだり、映画やドラマを見る機会が、
けっこうあるので、ちょっと違った視点を探してみようと思います。

May the reading be with you!   


このエントリーをはてなブックマークに追加

| ビジネス一般・ストーリー | 10:05 | comments:2 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT |