活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2007年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

新しい株式投資論

新しい株式投資論―「合理的へそ曲がり」のすすめ (PHP新書 488)
新しい株式投資論―「合理的へそ曲がり」のすすめ (PHP新書 488)
(2007/10)
山崎 元商品詳細を見る

満足度★★

株式投資は努力で上達するものではない。無駄な努力はやめよう。

本書は、こんな見も蓋もない断定から始まります。

そして、著者の山崎元さんが考える株式投資とは、
次のようなものです。

  株式投資は期待値がプラスのギャンブル。
  必要なものは「センス」だけ。
  だから、割り切って「ゲーム」として楽しもう。
  ただ、すごく面白いゲームだから、依存症にならないよう注意すること。
  そして、ゲームに勝つコツは、他の参加者の行動を予測し、
  多くの人が間違えそうな場所にチップを張ること。

山崎さんの主張するところも、言い得て妙ですが、
私の考えでは、逆にゲームであるならば、最低限のルールを知る努力なしに、
ゲームに参加することは無謀ですし、訓練によって上手くなる面もあると思います。

本書の後半では、いろいろな投資理論の解説もあり、
参考になる部分もありますが、「株式市場とは、いったい何か?」という捕らえ難い
テーマの論考となっているため、部分的にズバズバ言っている割には、
いまひとつ結論が見えにくい本になってしまったイメージです。

どうせなら、株式投資の「ゲームとしての、上手な楽しみ方」に焦点を合わせ、
もっと、語ってもらった方が良かった気がします。

この本から何を活かすか?

山崎さんは、株の“信用取引”について、
借金をしてまで、株式投資をする「合理性は、ない」という考えです。

私は、この考えには賛成できません。

信用取引の利点は、レバレッジをかけられることと、空売りできること。

ゲームとして「多くの人が間違えそうな場所に、チップを張る」のなら、
多くの人が、実態より割高に間違えている場合は、空売りするのが正解でしょう。

第一、株式投資をゲームと割り切るなら、使えるルールは全て使って戦った方が、
有利なゲーム運びができるのではないでしょうか。 

May the reading be with you!   


このエントリーをはてなブックマークに追加

| 投資 | 17:58 | comments:2 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT |