活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2007年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

秘伝すごい会議

秘伝すごい会議
秘伝すごい会議
(2007/10/19)
大橋 禅太郎、雨宮 幸弘 他商品詳細を見る

満足度★★★★

2年前に、大橋禅太郎さんの「すごい会議」を
読んだ時は、衝撃的でした。

ひどい真実をテーブルに上げ、全員がそれに向かって考え、
意思決定し、素早く問題解決をしていく。

こんな、とてつもない会議をやってみたい。
しかし、そう思って実際に真似しようと思っても、
いくつもの壁があったのも事実です。

本書は、その“すごい会議”の実践編で、
実際におこなう時に障害となっていたの壁を、
見事に取り除いてくれます。

会議の準備から運営手順まで、
フォーマット、図解付きで詳しく説明されています。

しかし、単なる会議運営のマニュアルでなく、
読んでいるだけで、「本気の覚悟」を迫られる。
そんな、臨場感のある本です。

私は、この“すごい会議”を体験したことがありませんが、
本書を読む限り、この会議では、常に参加者の「覚悟」が求められ、
その「本気」度が伝わる仕組みで運営されます。

そして、行く手を阻む問題が発生すれば、
「どうすれば、うまくいくか?」と問われ、
前へ前へ進むように導かれています。

「すごい会議」を読んでも、実際の導入までは至らなかった方は、
本書で再チャレンジしてみてはいかがでしょうか。
やってみる価値は、十分にあると思います。

この本から何を活かすか?

あなたは、自分の会社の社長から、
「この会社の問題を解決するために、手を貸して欲しい」
という直筆の手紙を受け取ったら、どう思いますか?

すごい会議では、メンバー招集の段階から、その本気度が
伝わるよう、経営者が直筆で手紙を書いて渡します。

手紙を書くという行為はチャレンジングで、
ある種、SFX(特殊効果)のような効果がある、
と説明されています。

私も、思い立ったらすぐ、手紙が書けるよう、
便箋と封筒を用意しようと思います。 

May the reading be with you!   


このエントリーをはてなブックマークに追加

| 会議術・ファシリテーション | 13:35 | comments:2 | trackbacks:2 | TOP↑

| PAGE-SELECT |