活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2007年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法

無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法
無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法
(2007/10/12)
勝間 和代 商品詳細を見る

満足度★★★

書店には、次々と新しい「時間管理」に関する本が並びます。

それだけ、たくさんの人が、このテーマに関心を持ち、
かつ、依然、多くの人が改善できないと、悩んでいる証拠でしょう。

本書は、勝間和代さんの、「年収10倍」シリーズ第2弾。

最初に、なぜ時間管理がうまくいかないか?
という疑問に答え、その後、勝間流の時間管理術が説明されています。

時間管理ができるかどうかの分かれ目は、

  1.他人の手法を学び → 2.それを自分用にアレンジして
  →3.続く「仕組みに」落し込み → 4.成果が出るまで続ける

という流れで習慣化できるかに、かかっているようです。

そこで、学ぶべき手法として、本書では下記のような
「勝間式 黄金の時間5原則」が披露されています。

  1.時間をつくるためには、あらゆる面の投資を惜しまない
  2.単位時間当たりの成果に固執する
  3.必要以上に「いい人」にならない
  4.やりたくて、得意で、もうかることを優先する
  5.スケジュールは、ゆったりわがままに設定する

やることを減らせ!、いい人になるな!、手帳がなくては時間管理はムリ!
など、勝間さんらしい歯切れの良い、言い回しが随所にあり、
読むだけで、「ちゃんと、しなくちゃ」と思わせる一冊です。

ちなみに本書の中で、自分の現状を把握するためのフレームワーク、
「時間投資マトリックス」として説明されていたものは、
7つの習慣」で有名なフランクリン・コヴィーさんの 「時間管理マトリックス」
と同じものです。
原理を求めると、同じ形に収斂されていくということでしょう。

この本から何を活かすか?

勝間さんは、時間を効率化するために、投資を惜しまず
道具にこだわります。

前作、「無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法」では
MP3プレーヤーやLet's noteなどが、指定用品(?)でした。

本作に登場する指定用品は、
自転車、年収10倍手帳快眠プログラムマットなどです。

ところで、私が住む地域では、今朝、かなりの積雪がありました。
どうやら、根雪になったようです。
私は、今日これから、 自転車を整備して、物置に片付けることにします。

 May the reading be with you!   

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

| 時間術 | 11:42 | comments:9 | trackbacks:2 | TOP↑

| PAGE-SELECT |