活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2007年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

佐藤可士和の超整理術

佐藤可士和の超整理術
佐藤可士和の超整理術
(2007/09/15)
佐藤 可士和 商品詳細を見る

満足度★★★

著者の佐藤可士和さんは有名なアートディレクターです。

その佐藤さんが、なぜ、「整理術」の本を書いたのか?

私は、“整理”と“クリエイティブな仕事”には、
どちらかと言うと相反するイメージを持っていましたので、
この本を読むまで、意外な取り合わせだと感じていました。

しかし、佐藤さんはデザインもクリエイティビティあふれる
整理術だと捉えています。

そして、整理というものは、価値観を変えるほどの
すごい力を秘めているとも、言っています。

どうやら、私がイメージした整理術と、
この本で目指すところの、整理術は違うようです。

ここで、この本の意味する整理について、あらためて確認すると、
「整理のための整理ではなく、快適に生きるための方法論」
と書かれています。

つまり、タイトルには簡単に「超整理術」と書かれていますが、
もう少し詳しく言うと、本書の内容は
「問題解決のための(思考の)整理術」となります。

佐藤さんが、アートディレクターとしての発想法を
伝授する本であるなら、十分に納得がいきますね。

本書では、
  状況把握 → 視点導入 → 課題設定

という順序で、整理のプロセスを進め、

  1.空間の整理術
  2.情報の整理術
  3.思考の整理術

という3段階のレベルで整理術が語られています。

ただ、後半に進むと、自らの経験から思いを語る形で
整理術が書かれていて、ノウハウとして体系化されていなので、
それをマネるのは、私には少し難しく感じました。

この本から何を活かすか?

「整理とは、“とりあえず”との闘い」
と、佐藤さんは言っています。

私の部屋の“とりあえず”のスペースも、
最近、かなり危機的な状況になっています。

本書のすすめる、定期的なアップデートを
スケジュールに組んでみます。

May the reading be with you!  

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ノウハウ本 | 07:29 | comments:7 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT |