活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2007年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

一生お金に困らない人のシンプルな法則

一生お金に困らない人のシンプルな法則―究極のミリオネア入門
一生お金に困らない人のシンプルな法則―究極のミリオネア入門
(2007/09/29)
マイケル・ルボーフ 商品詳細を見る

満足度★★★★

時間は「アクティブ」に、お金は「パッシブ」に投資する

これは、これは本書の最も根幹となる考え方
「ルボーフの法則」です。

本書の目的は、読者が「お金」も「時間」も
十分にある、豊かな人生を送る手助けをすること。

そのため、とても盛りだくさんの内容です。

扱っている、主なテーマを挙げてみましょう。

  1.成功をするための目標と行動
  2.人生のリスクをコントロールする
  3.貯蓄戦略
  4.自分の市場価値を高める
  5.時間管理の達人になる
  6.最も着実な投資プラン
  7.収穫を謳歌する

どれを選んでも、1冊の本が書けるテーマがズラズラ並んでいます。

ちなみに6番目の投資戦略は、インデックスファンドへ投資する
という非常にオーソドックスなものになっています。
インデックス投資自体は有益な方法ですが、この部分に
多くの期待を抱いて読む人は、ちょっとガッカリするかも知れませんね。

ただ、この本では類書にない面白い言及が、いくつもありました。

例えば、
  ・物価の安い地域に住む [リスク管理]
  ・ビジョンを共有できる倹約家と結婚する [リスク管理]
  ・子供は適当な数にする [リスク管理]
などなど。けっこう私の状況に当てはまっていて、笑えました。

そしてリタイヤした後の人生についても、
1章を割いて、時間管理や寄付基準について書かれています。
これは、私にはとても新鮮で、読む価値が十分にありました。

この本から何を活かすか?

著者のマイケル・ルボーフさんは、
元大学教授で、35歳から経済的独立も目指し、
47歳の時に、余裕を持ってリタイヤしたそうです。

この著者に興味を持ちました。
少し前の本ですが、ルボーフさんの他の著作
自宅にいながらお金持ちになる方法も、今度、読んでみます。

May the reading be with you!  

このエントリーをはてなブックマークに追加

| マネー一般 | 11:37 | comments:0 | trackbacks:2 | TOP↑

| PAGE-SELECT |