活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2007年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

コピー用紙の裏は使うな!

コピー用紙の裏は使うな!―コスト削減の真実
コピー用紙の裏は使うな!―コスト削減の真実
村井 哲之 (2007/03)
朝日新聞社出版局この商品の詳細を見る

満足度★★★

強い組織とは、いかなる組織をいうのか?

本書の著者が考える、強い組織とは
「経営」と「現場」のすき間が少ない組織です。

そして、それを実現するのが、
本書の提案する、「正しい志のあるコスト削減」です。

タイトルにもなっている、コピー用紙の裏を使うなど、
小手先だけで、現場が疲弊するような経費削減を否定し、
現場が活性化される、真のコスト削減を目指します。

その大まかな手順は、次のようになります。

  1.現場に対して、経営やコストを見える化する
  2.現場にやり方・目標・期限を徹底して任せる
  3.現場にデータを提供し、効果の検証を繰り返す
  4.評価の基準を明確にし、その成果を評価する
  5.現場を成果配分の対象とする

これが実現すると、
正しいコスト削減に取り組む→従業員がヤル気になる
→売上が上がる→組織が強くなる→地球環境がよくなる
という“善の循環”が実現すると、説明されています。

それでは、本書が提示する最も効果的な
コスト削減をする方法とは、どんなものか?

それは、「そもそも」を問うこと。

つまり、大元となっている「契約(書)」の条件を
徹底的に見直し、交渉して条件変更する。

本書では、電気代、ガス代、下水道代などの
契約変更に必要な知識を、
「ザクザク減らせる!価値ある契約&交渉ナレッジ」
として、詳しく説明しています。

コスト削減に疲れている、会社や経営者の方には、
是非、一読していただきたい本でした。

この本から何を活かすか?

「少数相見積もり安心シンドローム」

これは本書が、相見積もりにさえなっていれば、
意外と少ない見積もりでも、満足してしまう企業のことを
指摘した言葉です。

これは、企業はもちろんのこと、
個人でも言えることではないでしょうか?

身近な例では、友人A、友人B、私の3名は、
今年、ほぼ同じような時期に、自宅をリフォームしました。
(もちろんリフォーム内容や規模は違います)

後から話を聞くと、
友人Aは、1社から見積もりを取り、発注したようです。
友人Bは、2社から見積もりを取り、価格交渉してから発注したようです。
私は、8社から見積もりを取り、価格交渉してから発注しました。

ちなみに、この中で一番規模の小さいのは、
私のところのリフォームです。
こんな所でも、かなり違いが出るものですね。

May the reading be with you!  


このエントリーをはてなブックマークに追加

| 組織・社内教育・コーチング | 06:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |