活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2007年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

夢を叶える社長の「出会い」戦略

夢を叶える社長の「出会い」戦略
夢を叶える社長の「出会い」戦略
倉田 俊相 (2007/06)
アスカ・エフ・プロダクツこの商品の詳細を見る

満足度★★★

結論 : 夢をかなえる人脈づくりは、恋愛と同じである。

これは、本書を読んで私が実感したことです。

もちろん、本書は異性との「出会い戦略」の本ではなく、
人生を成功させるため、夢をかなえるための
「出会い戦略」の本ですが、例えば、人脈づくりのポイントの
一部を列挙すると、次のようになります。

 ・話しかける「勇気」を持つ
 ・「何をしたら喜んでもらえるか」を必死で考え、熱意を伝える
 ・借りてきた言葉でなく、自分の言葉で伝える
 ・いつも同じタイミング、同じ時間にアプローチ
 ・場合によっては、あえて下心もさらす
 ・根拠のない自信を持つ

多少コンテクストを無視して、抜粋している部分もありますが、
ここだけ読むと、成功する恋愛術に見えなくもありません。

結局は“人”との出会いですから、恋愛も人脈づくりも、
根本的な部分は同じなのかもしれませんね。

本書では、「ウケる技術」で有名な水野敬也さんの言葉を引用し、
人生を“川”にたとえています。(以下、簡単な要約)

  川は、あなたを取り巻く環境を表し、いろいろな障害があり、
  その中で、しがみつくことも、いろいろな泳ぎ方を試すこともできる。
  ただし、世の中には複数の川が存在し、
  あなたは、別の川に行くことだってできる。
  だから、今棲んでいる川から離れ、「VIP川」へ行こう。
  そうすると、あなたの人生を劇的に変えることができる。

VIP川に行きたいかどうかは、別にして言わんとするところは
伝わってくる、分かりやすいたとえですね。

少なくとも、私なら、いくつかの川を泳いでみたいと思います。

言い忘れましたが、本書には人脈づくりを始める前に必要な、
働く哲学であったり、人生の夢や目標の持ち方などについても、
かなりページを割いて、しっかり説明されていました。

この本から何を活かすか?

「いつも同じタイミング、同じ時間にアプローチ」

これはブログで繋がっていく場合も同じですね。

有名なブログでも、同じタイミングで継続してコメントしていけば、
そこから、いろいろと広がっていくかもしれません。

ということで、有名かどうかは分かりませんが、
最近、VALUE*VALUEによくコメントしています。
面白いですよ。

May the reading be with you!


このエントリーをはてなブックマークに追加

| 交渉術・伝える力・論理・人脈 | 09:58 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |