活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2007年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ネットで人生、変わりましたか?

ネットで人生、変わりましたか?
ネットで人生、変わりましたか?
(2007/06/01)
岡田 有花ITmedia News 商品詳細を見る

満足度★★★

今から四年前って、どんなだったか覚えていますか?

特に変化の早いIT業界では、4年もすると状況が一変しています。

4年前と言えば、ホリエモン率いるエッジはライブドアと
社名変更する前で、IT業界とマーケット参加者(100分割で話題)
ぐらいにしか、知られていない時期でした。

その頃、今や当たり前となったブログやSNSのサービスも
やっと日本で産声を上げています。

本書はITmediaの不定期連載企画「ITは、いま」の2003年~2007年の
記事をまとめたものです。
全部で約40本の記事が掲載されていますが、初期の頃の記事を読むと、
まるで、タイムマシンにのって4年前に戻った感覚にとらわれます。

もちろん、ただ懐かしむだけでなく、「mixi」や「はてな」の記事は
その成長や変化に合わせ、数回にわたって掲載されているので、
これを時系列で読むことによって、強くなる企業には何が必要だったかを
知ることができます。

そして本書は、著者である岡田さんの、
記者としての成長の歴史でもあります。

岡田さんが、ITmediaの新人記者として担当を初めてから、
インタビューでいろいろな人と出会い、
毎年恒例のクリスマスの自虐的な「IT戦士」企画を経て、
一人前の記者に成長していく物語としても、楽しむことができます。

最後に、本書が伝えたいことが分かる、
“あとがき”に書かれた岡田さんのメッセージを引用します。

私が感じたネットの楽しさや可能性、ネットに関わる人々の弱さや強さ、
面白さを、あなたに伝えることができたら最高です。
インターネットが、あなたの人生を少し楽しくできますように。
あなたの今日が、昨日よりもちょっといい日になりますように。

この本から何を活かすか?

本書に百式の田口元さんの記事があります。

2004年の記事ですが、すでにこの時点で
百式がスタートして4年半、毎日休みなく更新されています。

その秘訣として、
「文章は、自分なりの起承転結のパターンを編み出し、
30分もかからず書きあげられるようになった。(以下略)」
と語られています。

今後、長くブログを続けていくためには、
この“自分なりの起承転結のパターン”を編み出しておく
必要がありますね。 

May the reading be with you!


このエントリーをはてなブックマークに追加

| IT・ネット | 10:46 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |