活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2007年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

オレなら、3秒で売るね!

オレなら、3秒で売るね!
オレなら、3秒で売るね!
マーク・ジョイナー (2007/05/19)
フォレスト出版(株この商品の詳細を見る

満足度★★★

この本の著者、マーク・ジョイナーさんが以前、
同じソフトウェアを、値段を変えてネット上で売る実験をしたそうです。

   A. 97ドル
   B. 99ドル
   C. 95ドル

どの値段が一番売れたと思いますか?

ジョイナーさんによると、一番売れたのは最安値の95ドルではなく
97ドル。(99ドルの2倍、95ドルの5倍売れたそうです)

これを「7と9の法則」というそうですね。

本書はいかにもフォレスト出版らしいタイトル。文体も超口語訳。
好き嫌いがハッキリ分かれる本ですが、内容は基本に忠実な
ダイレクトマーケティングの本です。

そして、売るための<魔法の公式>をして、次の手順が示されています。

 ① 『圧倒的なウリ』を作り上げろ
 ② それを「ノドのかわいた人」に見せろ
 ③ おかわり!を売れ

本書の“こだわり”は、この『圧倒的なウリ』

これは、「スペシャル・オファー」でもなく、「お得です」でもなく、
「USP」とも違うと説明されています。

事例として出てくる会社は、
ドミノ・ピザ、コロンビア・ハウス、フェデラル・エクスプレスなど。

ただ、ジョイナーさんが名を馳せた、eブックについて
本書には、あまり詳しく書いていないのが残念でした。

この本から何を活かすか?

最後にジョイナーさんはこんなことを言っています。

「断言してもいいが、これを読んでいる奴らの99%は、
結局な~んもしない。
この本で読んだ知識を、なんも活用しないんだ。」

いや~、断言されちゃいましたね。

とりあえず私は、eブックについてよく知らないので、
もう少し詳しく調べてみます。

May the reading be with you!

このエントリーをはてなブックマークに追加

| マーケティング・営業 | 10:04 | comments:8 | trackbacks:2 | TOP↑

| PAGE-SELECT |