活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2007年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ビジョナリー・ピープル

ビジョナリー・ピープル
ビジョナリー・ピープル
ジェリー・ポラス、スチュワート・エメリー 他 (2007/04/07)
英治出版この商品の詳細を見る

満足度★★★

本書は、10年以上の歳月をかけ、200人以上の
「永続的に成功をおさめている人」へのインタビューを
もとに書かれています。

ビジョナリーな人として、登場するのは、
世界的に有名な人から、日本ではそんなに有名ではない人まで。
政治家、経営者、投資家、スポーツ選手、映画俳優・・・
その範囲は、多岐にわたっています。

ネルソン・マンデラさんの話しから始まって、
新しどころ(?)では、コンドリーザ・ライス米国務長官の
話しなんかも登場します。

よくもまあ、こんなに多くの成功者に直接会えたな~
というのが、正直な感想です。

そして、ビジョナリーな人たちは、3つの要素、

  ・意義
  ・思考スタイル
  ・行動スタイル

これらを、自分の仕事や生活と整合性がとれるよう、
日々努力を続けていると言っています。

そこで、本書は、この3つの要素を掘り下げながら、
インタビューした人の声をもとに、その成功の秘訣を探ります。

そして、著者が得た真理とは、
いつまでも続く成功を望むなら、
自分にとって生きがいある人生を紡ぐこと


ただ、ビジョナリー・“カンパニー”を意識して
本書を読むと、ちょっと違うイメージかもしれません。

この本から何を活かすか?

本書でインタビューされた億万長者たちは、
富を得た後も、以前と変わらない集中力を武器に
現役として仕事をしているようです。

そう聞いて、たいした富を築いた訳でもない私が、
セミリタイヤしているという意義を、
考えてみる必要があると、実感しました。

今週末、じっくりと考えてみます。

May the reading be with you!


このエントリーをはてなブックマークに追加

| 成功哲学 | 04:03 | comments:14 | trackbacks:4 | TOP↑

| PAGE-SELECT |