活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2007年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

15秒でツカみ90秒でオトすアサーティブ交渉術

15秒でツカみ90秒でオトすアサーティブ交渉術
15秒でツカみ90秒でオトすアサーティブ交渉術
大串 亜由美 (2006/06/09)
ダイヤモンド社

満足度★★★★★

誰に対しても、したいことを「したい」と言えますか?

誰に対しても、して欲しいことを「して欲しい」と言えますか?

誰に対しても、嫌なことを「イヤ」と言えますか?

上の質問に、一つでもNOがあれば、
本書は、あなたの役に立つ可能性があります。
なりたい自分をイメージして、周りに伝える
手助けになるかもしれません。

アサーティブ交渉術とは、
“相手から気持ちよく「Yes!」をもらうコミュニケーション方法”
と定義されています。

アサーティブ(assertive)を辞書で引くと、
「断定的な」、「独断的な」という意味が最初に出ていますが、
本書では、「発展的な自己主張」と解釈されています。

(そう言えば、安倍首相は就任当初、英エコノミスト誌で
Assertive Abeと紹介されていたの、ご存知でしたか?)

最初は、そんなウマイこと言ったって、単に独善的なんじゃないの?
と言う気持ちで、本書を読み始めましたが、
読んでみると精神論ではなく、具体的スキルが満載。

著者の大串さんは、1年間に276日講師を務める
「研修の女王」と呼ばれているそうです。

本書から伝わってくる、その自信と毅然とした態度は
まさに女王と呼ぶにふさわしい感じがします。

巻末付録として掲載されていた、
“あなたの「アサーティブ度」1分間チェック”やってみました。

30点満点中、19点。まだまだ、修行が足りません。

この本から何を活かすか?

本書で勧められていた「自分のSWOT分析」を行いました。
とりあえず、シンプルSWOTで。

それを元に、このブログの「プロフィール」書き換えてみましたが、
いかがでしょうか?

参考までに、SWOT分析とは、自社のポジションを把握して、
マーケティング戦略を練るとき等に使いますよね。

Sはstrength=強み、Wはweakness=弱み、
Oはopportunity=機会、Tはthreat=脅威です。

May the reading be with you!


このエントリーをはてなブックマークに追加

| 交渉術・伝える力・論理・人脈 | 09:52 | comments:6 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT |