活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2007年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

人は「暗示」で9割動く!

人は「暗示」で9割動く!―人間関係がラクになるコミュニケーション心理術
人は「暗示」で9割動く!―人間関係がラクになるコミュニケーション心理術
内藤 誼人 (2007/03)
すばる舎

満足度★★

タイトルは「9割動く!」とついていますが、
著者の内藤さんは“あとがき”で、テレビの催眠術師がやるように、
「あんなに簡単に人を操ることはできない」
と言っています。

本書の位置づけは、
ちょっぴり、こっそり「心理誘導」してみたい人のための
ポジティブなコミュニケーション入門。

警戒心をとく暗示、乗り気にさせる暗示
ネガティブな感情を消す暗示・・・など、
大きくは6章の構成で、全体で54の暗示tipsが書かれています。

内藤さんの他の本と同様に、心理学上の
研究結果を、淡々と述べているという感じです。

この本を読んでいる読者に、熱いパッションでこれを伝えたいという
感じではなく、あくまでも控えめに「参考にどうぞ」というスタンスです。

人間関係に悩んでいる人には、
いろいろと手助けに、なるかもしれませんね。

この本から何を活かすか?

よく聞く話かもしれませんが、
」を見ると、人はアドレナリンが分泌し
エネルギッシュになるそうです。

内藤さんは、仕事で何か書きものをするとき、
必ず、赤ボールペンを使っているとか。
(大切な部分にだけでなく、全て赤!)

いやがうえにも、やる気が高まり仕事の能率があがる
と言っています。

このパート、
赤にしてみましたが、
アドレナリン分泌してきましたか?

May the reading be with you!


このエントリーをはてなブックマークに追加

| 心に効く本 | 06:43 | comments:4 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT |