活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


2007年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

15秒でツカみ90秒でオトすアサーティブ交渉術

15秒でツカみ90秒でオトすアサーティブ交渉術
15秒でツカみ90秒でオトすアサーティブ交渉術
大串 亜由美 (2006/06/09)
ダイヤモンド社

満足度★★★★★

誰に対しても、したいことを「したい」と言えますか?

誰に対しても、して欲しいことを「して欲しい」と言えますか?

誰に対しても、嫌なことを「イヤ」と言えますか?

上の質問に、一つでもNOがあれば、
本書は、あなたの役に立つ可能性があります。
なりたい自分をイメージして、周りに伝える
手助けになるかもしれません。

アサーティブ交渉術とは、
“相手から気持ちよく「Yes!」をもらうコミュニケーション方法”
と定義されています。

アサーティブ(assertive)を辞書で引くと、
「断定的な」、「独断的な」という意味が最初に出ていますが、
本書では、「発展的な自己主張」と解釈されています。

(そう言えば、安倍首相は就任当初、英エコノミスト誌で
Assertive Abeと紹介されていたの、ご存知でしたか?)

最初は、そんなウマイこと言ったって、単に独善的なんじゃないの?
と言う気持ちで、本書を読み始めましたが、
読んでみると精神論ではなく、具体的スキルが満載。

著者の大串さんは、1年間に276日講師を務める
「研修の女王」と呼ばれているそうです。

本書から伝わってくる、その自信と毅然とした態度は
まさに女王と呼ぶにふさわしい感じがします。

巻末付録として掲載されていた、
“あなたの「アサーティブ度」1分間チェック”やってみました。

30点満点中、19点。まだまだ、修行が足りません。

この本から何を活かすか?

本書で勧められていた「自分のSWOT分析」を行いました。
とりあえず、シンプルSWOTで。

それを元に、このブログの「プロフィール」書き換えてみましたが、
いかがでしょうか?

参考までに、SWOT分析とは、自社のポジションを把握して、
マーケティング戦略を練るとき等に使いますよね。

Sはstrength=強み、Wはweakness=弱み、
Oはopportunity=機会、Tはthreat=脅威です。

May the reading be with you!


このエントリーをはてなブックマークに追加

| 交渉術・伝える力・論理・人脈 | 09:52 | comments:6 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

夢をかなえる勉強法

夢をかなえる勉強法
夢をかなえる勉強法
伊藤 真 (2006/04)
サンマーク出版

満足度★★★

大変失礼ですが、
あなたの人生の目標は、何でしょうか?

それは、なぜですか?

そのために、何をしていらっしゃいますか?

こんなこと、急に聞かれると、ドキッとしますね。

著者の伊藤さんは、「この人はすごい」と思う人と出会うと、
こう質問するそうです。

伊藤さんのお知り合いの方で、こう聞かれていない人は
暗に、すごいと思われていないことが、分かってしまいます。

さて、本書は司法試験に向けての受験指導のカリスマと
呼ばれる、伊藤さんの「勉強すること」についての
信念が書かれた本です。

受験勉強が、話のベースにはなっていますが、
試験を受ける受けないに関わらず、
「いかに生きるか」ということを考えさせられ、
モチベーションが上がらない時に読むと、良い刺激を与えてくれるでしょう。

勉強は人生の種まき。
自分の人生や運命は、過去に自分が撒いてきた種を刈り取っているに過ぎない。

これは、最後の章に書かれている言葉ですが、
私の好きなRobert Louis Stevensonの言葉、

Don't judge each day by the harvest you reap, but by the seeds you plant.

に、似ていますね。

この本から何を活かすか?

伊藤さんは、コーヒーを眠気ざましではなく、
目覚まし時計の代わりに使っているそうです。

カフェインを吸収して、どれくらいの時間で効き始めるか測っておいて、
寝る直前にコーヒーを飲み、効いたころに起きるそうです。

と言うことで、私もどれくらいで、効き始めるか測ってみました。

だいたい、2~3時間。

これじゃ、睡眠時間短すぎ。ちょっと、使えません。

May the reading be with you!


このエントリーをはてなブックマークに追加

| 勉強法 | 09:35 | comments:10 | trackbacks:5 | TOP↑

≫ EDIT

投資信託にだまされるな!

投資信託にだまされるな!?本当に正しい投信の使い方
投資信託にだまされるな!?本当に正しい投信の使い方
竹川 美奈子 (2007/04/06)
ダイヤモンド社

満足度★★

少し前に、70歳になる私の父から相談を受けました。

「郵便局で投資信託を買おうと思うんだけど、どれがイイ?」

お~、今まで貯金しか知らなかったのに。
投信を買うって?しかも「郵便局で」とのご指名付きで。

恐るべし、郵便局への信頼度。

さて、本書はこんな場面で、実に役に立つ一冊です。
もちろん、投資信託に最近興味が出てきた人にも、
いいかもしれません。

前半は、買ってはいけない投資信託の見分け方。
セット販売投信、毎月分配型、クラスB受益証券などに、
手を出さないよう注意を促しています。

後半は、正しい投信選びの方法と上手な利用方法。
コストの安いインデックスファンドを核にするよう、
勧められています。

最後の章で、世代別投信の活用法が書かれていますが、
「60代以上のリタイア層」に割くページが一番多いことからも、
この世代が、本書のメインターゲットと言えるでしょう。

そうすると、モーニングスターのサイトで自分で調べて、
と言われても、少々きびしいかもしれませんね。

この本から何を活かすか?

今日は、タイトルについて。

投資信託にだまされるな!」とは、インパクトのある題名です。

そこで、タイトルに「だまされるな」が入っている本を
アマゾンで検索してみました。

  ・「だまされるな」又は「ダマされるな」:12冊
  ・「騙されるな」:21冊

この中で、副題にしか入っていない本も、けっこうありますので、
この「~にだまされるな!」のタイトル、まだまだ使えますね。

May the reading be with you!


このエントリーをはてなブックマークに追加

| 投資 | 09:40 | comments:18 | trackbacks:3 | TOP↑

≫ EDIT

ウェブ仮想社会「セカンドライフ」 ネットビジネスの新大陸

ウェブ仮想社会「セカンドライフ」 ネットビジネスの新大陸
ウェブ仮想社会「セカンドライフ」 ネットビジネスの新大陸
浅枝 大志 (2007/04/10)
アスキー

満足度★★★

ウエディングプランナー、ペットブリーダー、カジノ経営者、入れ墨師、
自動車メーカー、ファッションデザイナー、航空工学技術者・・・・

ここに挙げた職業の共通点、わかりますか?

そうです、これらは、リンデン・ラボ社が挙げる、
セカンドライフ」内で成立する職業の一例です。

詳しくない方(私も含めて)のために、説明すると、
セカンドライフとは、アメリカのリンデン・ラボ社が運営する
3Dのバーチャル社会。

登録すれば誰でも利用可能で、
アバターと呼ばれる、自分専用のキャラクターを操作して、
その世界を、自由に移動し、出会い、コミュニケーションが取れます。

リンデン・ドルという、現実のアメリカ・ドルと両替可能な
通貨が存在することでも、話題になっていますよね。
日本語対応は2007年中に可能になるとか。

さて、本書の著者である浅枝さんは、
そんなセカンドライフと出会って、「これだ!」と感じ、
わずか3ヶ月で、セカンドライフ参入支援会社を設立。

驚くべき、行動力ですね。

そして、浅枝さんは、
「セカンドライフこそが、次のインターネットのあり方になる」
と確信しているようです。

本書では、セカンドライフのハウツー本ではありません。
多少、宣伝色が強いのも否めませんが、
今後のセカンドライフの利用方法や、企業が続々と参入する理由など、
さまざまな疑問に答えてくれます。

この本から何を活かすか?

早速、セカンドライフに登録し、ビューワーソフトをダウンロード。
アバターの名前はikadku Ohにしました。(あれ、ikadokuのスペルミス)

ログインすると、いきなり、誰かに話しかけれれる。

お~、チャットのボタンはどこだ?
そんなに、早く英語で打てないって!
くっ、苦しいっ・・・

May the reading be with you!


このエントリーをはてなブックマークに追加

| IT・ネット | 06:21 | comments:5 | trackbacks:6 | TOP↑

≫ EDIT

お金の脳トレ

お金の脳トレ―たった4つのステップで、あなたも億万長者になれる!
お金の脳トレ―たった4つのステップで、あなたも億万長者になれる!
泉 正人 (2007/03/02)
ダイヤモンド社

満足度★★

著者の泉さんは、美容師からITベンチャーを経て、
不動産投資家として成功。
現在は投資教育会社を設立している方のようです。

(あ、この会社、レバレッジ・リーディングの本田直之さんが
社外取締役やっているんですね。)

泉さんの経歴、ロバート・キヨサキさんと、どこか似ています。

さて、本書ですが、資産を形成するまでの「思考方法」を
4つのステージに分けて、説明しています。( )は所要期間。

  ・First Stage        マイナスからの出発(1年)
  ・Second Stage   まず100万円を目指す(1年)
  ・Third Stage      1000万円をつくる投資術(3年)
  ・Final Stage       5年で1億を目指そう(5年)

具体的な手法ではなく、考え方を中心に書かれています。

心に響くかどうかは、読む人によるところですが、
“これから資産形成をしたい”という人にとっては、
ひとつの参考になるかもしれません。

この本、けっこう売れていたと思いますが、
「お金」、「脳トレ」という2つのビッグワードをくっつけて
タイトルにしているところが、なかなかニクイですね。

この本から何を活かすか?

正直なところ、私は不動産投資には疎いです。
ですから、この本で紹介されていた、
ドルフ・デ・ルースさんという高名な不動産投資家についても、
聞いたことがありませんでした。

アマゾンで調べてみると、ありました。
世界の不動産投資王が明かす お金持ちになれる「超」不動産投資のすすめ 自己資金ゼロから始める究極の資産形成術 / ドルフ・デ ルース

ロバート・キヨサキさんの、元不動産アドバイザーなんですね。
今度この本、読んでみます。

May the reading be with you!


このエントリーをはてなブックマークに追加

| マネー一般 | 09:26 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

レバレッジ・リーディング

レバレッジ・リーディング
レバレッジ・リーディング
本田 直之 (2006/12/01)
東洋経済新報社

満足度★★★★

著者の本田直之さんは、
自分の経営コンサル会社ほか、10社の経営に参加しつつ
毎日新しい本を1~4冊読んでいるそうです。

すごいペースで読んでいますね。
しかも、読んだだけで終わっていないところが、すばらしい。
それでは、本田さんが実践する
レバレッジ・リーディングとはどんなものか?

まず、読書を「投資」と位置づけます。
それも、必ず結果がプラスになる世にも珍しい投資として。

そして、ポイントは
多読をして、その読書から得たエッセンスを活かし切ることです。

レバレッジ・リーディングの大まかな流れを
書き出すと以下のようになります。

 1.目的を明確にして本を選ぶ
 2.選んだ本の中でも、読む場所・読まない場所を見当をつける
 3.制限時間を設ける(平均1~2時間)
 4.まえがき、目次、あとがき等から全体を俯瞰する
 5.緩急をつけ、線を引きながら読書
 6.読み終わったら、線を引いた所を抜粋した「レバレッジメモ」を作成
 7.メモを常に持ち歩き、繰り返し読む
 8.メモの内容を、実践で条件反射的に行動できるようにする

こんな風にして、読んだ本の著者の知識や経験を
自分のものにできると、本当にスゴイ投資になりますね。

また、これを読んで多くの方が
「そんなこと言ったって、本を読む時間なんて、そんなにないよ!」
と考えることも想定して
本田さんは、面白いことを言っています。

“「本を読む時間がない」はただの言い訳、
本当は「本を読まないから時間がない」”

こう言われると、ホント、言い訳はできません。

この本から何を活かすか?

さてさて、私自身ですが、
本書のレバレッジ・リーディングから
「制限時間を設ける」を取り入れることにします。

ついつい、ダラダラと読書をしがちになりますので、
制限時間を設けることで、引き締まった読書ができそうです。

May the reading be with you!


このエントリーをはてなブックマークに追加

| 読書法・速読術 | 09:00 | comments:29 | trackbacks:12 | TOP↑

≫ EDIT

人は「暗示」で9割動く!

人は「暗示」で9割動く!―人間関係がラクになるコミュニケーション心理術
人は「暗示」で9割動く!―人間関係がラクになるコミュニケーション心理術
内藤 誼人 (2007/03)
すばる舎

満足度★★

タイトルは「9割動く!」とついていますが、
著者の内藤さんは“あとがき”で、テレビの催眠術師がやるように、
「あんなに簡単に人を操ることはできない」
と言っています。

本書の位置づけは、
ちょっぴり、こっそり「心理誘導」してみたい人のための
ポジティブなコミュニケーション入門。

警戒心をとく暗示、乗り気にさせる暗示
ネガティブな感情を消す暗示・・・など、
大きくは6章の構成で、全体で54の暗示tipsが書かれています。

内藤さんの他の本と同様に、心理学上の
研究結果を、淡々と述べているという感じです。

この本を読んでいる読者に、熱いパッションでこれを伝えたいという
感じではなく、あくまでも控えめに「参考にどうぞ」というスタンスです。

人間関係に悩んでいる人には、
いろいろと手助けに、なるかもしれませんね。

この本から何を活かすか?

よく聞く話かもしれませんが、
」を見ると、人はアドレナリンが分泌し
エネルギッシュになるそうです。

内藤さんは、仕事で何か書きものをするとき、
必ず、赤ボールペンを使っているとか。
(大切な部分にだけでなく、全て赤!)

いやがうえにも、やる気が高まり仕事の能率があがる
と言っています。

このパート、
赤にしてみましたが、
アドレナリン分泌してきましたか?

May the reading be with you!


このエントリーをはてなブックマークに追加

| 心に効く本 | 06:43 | comments:4 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

投資事業組合とは何か

投資事業組合とは何か
投資事業組合とは何か
田中 慎一、保田隆明 他 (2006/09/01)
ダイヤモンド社

満足度★★★

ライブドアや村上ファンドのことが、きっかけで
すっかり“悪者”となってしまった「投資事業組合」。

特に、「匿名組合」と聞くと、なんか秘密で悪いことでも
していそうなイメージが、浸透しているかもしれませんね。

そんな訳で、本書の帯には
「投資事業組合がわるいのではありません」
と、大きく書かれています。

ちなみに、投資事業組合とは、
投資家から集めたお金を運用で増やし、利益を分配するための“ハコ”
と説明されています。

レベルとしては、簡単過ぎず、難し過ぎず、
最近の事件で、どのように利用されたかを解説しつつ、
誰が、何のために、どんなメリットがあって投資事業組合を
使っているかを詳しく解説しています。

ちょっと前に、虚構―堀江と私とライブドア / 宮内 亮治
読んだのですが、この本を先に読んでいたほうが
もっと深く理解できたことでしょう。

この本から何を活かすか?

投資事業組合の中で、プロではない一般人が利用できるのが、
匿名組合です。

これを利用する際の、留意点を自分なりに考えてみました。

  1.なぜ、そのスキームを使うのか?
  2.事業内容や投資先が、理解できるものか?
  3.予想利回りの根拠と妥当性はあるか?
  4.過去の実績はどうなっているか?

こんなところでしょうか。
と言っても、今のところ、そんな予定はありませんが(笑)

May the reading be with you!


このエントリーをはてなブックマークに追加

| 投資 | 10:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

頭のよい子が育つ家

頭のよい子が育つ家
頭のよい子が育つ家
四十万 靖、渡辺 朗子 他 (2006/08/10)
日経BP社
満足度★★

子供がいる母親へ
  Q:「お子さんにとって、子供部屋とは何をするところですか?」
というアンケートをとると、
75%の回答が
  A:「勉強するところ」となったそうです。

しかし、この本の著者が、
有名中学受験に成功した子供たちとその家庭を調査すると、
ほとんど子供部屋の机で勉強していない
という共通事項が浮かび上がってきたと言っています。

本書は、この事実に着目し、単に勉強のできる子ではない、
コミュニケーション能力に長けた子供を育てる
家を含めた環境づくりを提案しています。

本書の構成は、次のような3部からなっています。

  前:中学受験に成功した家庭のケース説明(イラスト、間取り付き)
  中:調査から導き出された「頭のよい子が育つ家」の10か条
  後:建築学から考えた「頭のよい子が育つ家」の秘密

賃貸・持ち家など条件が異なっても実践できる、
家庭環境づくりの例が示されているので、
子供のいる家庭では、いろいろと参考になるかもしれませんね。

この本から何を活かすか?

「頭のよい子が育つ家」の10か条の中の
第7条に「親父の背中を見せる工夫をしよう」というのがありました。

工夫というほどではありませんが、
私が”自分の部屋のドアを開けたまま”ブログを書いていると、
早速、娘が「ね~、何してるの?」と言って入ってきました。

なかなか良い感じです。

May the reading be with you!


このエントリーをはてなブックマークに追加

| 勉強法 | 10:59 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

チャンスがやってくる15の習慣

チャンスがやってくる15の習慣―Skill With People
チャンスがやってくる15の習慣―Skill With People
レス・ギブリン (2007/03/02)
ダイヤモンド社

満足度★★★

今や、売れっ子セミナー講師&女性起業家として活躍する渋井真帆さん。

彼女が、まだ売れない頃、受講した「話し方教室」での出来事。

たまたま、同じ教室に参加していた、あるビジネスマンから、
一冊の洋書をもらいます。"レス・ギブリン著 Skill with People"

当時、講師として駆け出しの渋井さんは、売上が250万円程度。
そのビジネスマンから次のように言われます。

「この本を実践すれば、講師としての売上は1億以上にはなるよ」

それに対して、渋井さんは
「売上が1億以上になれば、自分でこの本を翻訳して出版します」
と答えたそうです。

そして出版したのが、本書だそうです。

ちょっと、ドラマチック過ぎるな~とも感じますが、
本書は、こんな「まえがき」から始まります。

書いてある内容は、シンプルで的を射たものばかりです。
まさにコミュニケーションの教科書ですね。

  1.人間は自分にしか、興味がないと知っておく
  2.相手のことだけを話題にする
  3.認められていると、相手に感じさせる
  ・
  ・
  15.この習慣を実践する

タイトルの通り15の項目に対して、解説が書かれています。

「知識自体には、何の価値もありません。
知識は使うことによって、価値が生まれるのです。」

と著者のレス・ギブリンさんは言っていますが、
渋井さんは、まさに、これらを実践して価値を生み出したようですね。

この本から何を活かすか?

さて、凡人の私にとっては、15の項目すべて実行するのは
難しいので、この中から、できるものを1つでも2つでも着実に
モノにしたいものです。

  ・会った瞬間に笑顔を向ける
  →プロのモデルになったつもりで、心の中で「はい、チーズ」とつぶやく。

まずは、これから練習します。

May the reading be with you!

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 自己啓発・セルフマネジメント | 10:15 | comments:13 | trackbacks:8 | TOP↑

≫ EDIT

アイデアひらめく『ビジネス発想源』

アイデアひらめく『ビジネス発想源』 PR・マーケティングセンスの磨き方・鍛え方
アイデアひらめく『ビジネス発想源』 PR・マーケティングセンスの磨き方・鍛え方
弘中 勝 (2006/12/26)
技術評論社

満足度★★★★

「クイジング」って知ってますか?

ひょっとすると、本書の著者である弘中さんの
造語かもしれませんが、
クイズをマーケティングに生かす手法のことです。

以前、「顧客と語らえ! クイジング入門 / 弘中 勝」という本を読んで、
クイジングと弘中さんのことを知りました。
と同時にメルマガ「ビジネス発想源」を発行していることを知り、
以来、拝読しています。
読者数は15万人を超えています。すごいですね。

そのメルマガから抜粋・加筆修正されたのが、本書です。

前にメルマガで読んだことのある話も、紙面になると
グット読みやすく、もう一段深く読み込むことができますね。

弘中さんは「実践なくして、向上なし」と言っています。

実際に、弘中さんが実践したエピソードも書かれていますが、
その行動力には、驚かされます。

「トイレから出ても、手を洗わない人が多いな~」と感じると
(誰にも頼まれていないのに)実際に手を洗わない人の実数調査を駅のトイレで敢行。

ちなみに、JR新橋駅構内男子トイレでは
100人中81人が手を洗っていなかったそうです。

各テーマに取り上げられている内容も、イイのですが、
途中4篇が掲載されている「ストーリー発想源」も秀逸で
これだけでも、読む価値がありますね。

この本から何を活かすか?

さて、本書ではNGワードがいくつも紹介されていました。

使うだけで、何かができたような気になってしまう言葉。
つまり、口先だけの内容を伴わない危険性が高い言葉ですね。

 ・何かあったら、よろしくお願いします。
 ・気づきが得られました。
 ・自己投資しました。
 ・うちの店は、こだわっています。
 ・自分も、そう思っていました。
 ・そのうち、いずれ、いつか

何気なく、使っていたかもしれません。
気をつけるように、壁に貼っておきます。

May the reading be with you!



このエントリーをはてなブックマークに追加

| アイディア・発想法・企画 | 15:24 | comments:2 | trackbacks:2 | TOP↑

≫ EDIT

プロフェッショナルアイディア。

プロフェッショナルアイディア。欲しいときに、欲しい企画を生み出す方法。
プロフェッショナルアイディア。欲しいときに、欲しい企画を生み出す方法。
(2007/02/28)
小沢 正光 商品詳細を見る

満足度★★★★

私は知らなかったのですが、著者の小沢さんは、
博報堂のエクゼクティブ・クリエイティブ・ディレクターで
アサヒ「スーパードライ」のCM作成などで有名な方のようです。

プロのアイディアは思いつきではない

本書は、こんな前書きから始まります。

アイディアづくりのプロとアマの差は、ボウリングのプロとアマの差。
つまり、回を重ねるごとに、良いアイディアが出る確率に大きな差が出てくる。

こう言われると説得力がありますね。

そして、本書では一定レベルのアイディアを出すための
方法論がいろいろと紹介されています。

プロはこうやって考えているんだな~
というのが、良くわかります。

中でも、面白かったのは、
アイディアを考える時に、あえて「枠」をつくるという手法。

「枠にとらわれず考えよう!」みたいなフレーズは
よく聞きますが、プロは、逆に枠をつくって考えることもあるようです。

例えば、どんな本でもいいので、本を1冊選び、
その本を「枠」と限定して、その中から、アイディアを一つひねり出す。

確かに、何の制限もなく、ただ漠然と考えるより、
ずいぶん考えやすいかもしれません。

この本から何を活かすか?

小沢さんは、アイディアを「壁」に貼ると、
自分の頭の中を客観的に見つめることができると、言っています。

そして、仕事場にあるホワイトボードの写真も掲載されていました。

実は、ちょっと前から目をつけていたホワイトボードがあったのですが、
少々、高価なので二の足を踏んでいました。

アイディアのために、思い切って購入します。

May the reading be with you!


このエントリーをはてなブックマークに追加

| アイディア・発想法・企画 | 11:33 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Theメカニカルパズル130

Theメカニカルパズル130―解いて嬉しい!集めて楽しい!
Theメカニカルパズル130―解いて嬉しい!集めて楽しい!
(2006/11)
三推社

満足度★★

この本によると、メカニカルパズルを最も簡単に説明すると
「物体で提示されたパズル」となるそうです。

???
なんか、難しく聞こえる気がしますが・・・

ようするに、素材にかかわらず、動かして解くパズルのようです。

例えば、知恵の輪やキャストパズル、ラッキーパズルなど。

本書はそのパズルを
 ・組み合わせるパズル
 ・開けるパズル
 ・はずして組むパズル
 ・ほどくパズル
 ・一連の動きのパズル
 ・その他のパズル
の6つに分類した、カタログのような本です。

「最近、アタマが硬くなってきたから、
ちょっとパズルにでも挑戦しようかな~」という人には、
参考になる本かもしれません。

いろんなパズルの基礎知識や、
パズル作家の方の対談なんかも載っています。

ただ、一点、注意があります。

キャストパズルの「ニューズ」をこれから解こうと思っている人は
この本を見ないでください。


知的立体パズルゲーム キャストニューズ
掲載写真でネタバレがありますので。

この本から何を活かすか?

さて、この本で”えぢ永田”さん考案の
平面箱詰めパズルを知りました。

そこで、えぢさんのサイトwitfulnetにいってみると、
ショップのページに、「ペンシルケース」と「アローケース」
の型紙がアップされていました。

早速、印刷して挑戦。硬くなったアタマをほぐしてみます。

May the reading be with you!


このエントリーをはてなブックマークに追加

| パズル・DIY | 13:21 | comments:0 | trackbacks:3 | TOP↑

≫ EDIT

証券投資の思想革命

証券投資の思想革命―ウォール街を変えたノーベル賞経済学者たち
証券投資の思想革命―ウォール街を変えたノーベル賞経済学者たち
ピーター・L. バーンスタイン (2006/12)
東洋経済新報社

満足度★★★

マーコヴィッツ、トービン、シャープ、サミュエルソン、
ファーマ、グレアム、ブラック、ショールズ、マートン・・・

これら金融経済界のスーパースター達が、お互いに、どのように影響しあって、
ウォール街と証券投資の世界に革命をもたらした「現代ポートフォリオ理論」を、
20年余りの期間で、作り上げていったのか?

本書には、その過程が克明に描かれています。

著者のピーター・L・バーンスタインは、
ファンドマネーシャーを経て、現在も投資コンサルタントとして
活躍しているようです。

リスク―神々への反逆の著者として有名と
言った方が良いかもしれませんね。

彼らは象牙の塔のてっぺんから、世界を見渡してきた。
ここで我々も彼らの視座を共有しようではないか


とバーンスタインは言っています。

そう言われると、なんとなく、崇高な気分になって、
本書を読み始めました。

没頭すること、約4時間半。
数式は出てこないんですが、内容も濃密なので、
読破するには、少々気合が必要でした。

でも、教科書で金融経済理論を勉強するのは、ちょっとハードル高いな・・・
と思って躊躇している方には、ちょうど良い本かもしれません。

難しい理論に、どこか親近感を持てるようになれそうです。

この本から何を活かすか?

ロバート・マートンとポール・サミュエルソンの関係も
本書には描かれています。

そう言えば、私の本棚に眠っている、
現代ファイナンス論 改訂版はマートンの著書でした。

その本の冒頭の「推薦の言葉」をポール・サミュエルソンが書き、
ベタ褒めしていたのを思い出した。

今週末にはこの本を引っ張り出して、
すこし読み返してみることにします。

May the reading be with you!


このエントリーをはてなブックマークに追加

| 投資 | 13:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |