活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

日銀破綻

満足度★★★
付箋数:18

  「今の日本は、財政破綻という危機の発生を
   “異次元緩和” という禁じ手の手法で、
  先延ばししている状況だと思っています。
  日銀得意の “飛ばし” です。
  しかし、そのツケは大きく、最終的には
  日銀や円の信用が傷つき、 “日銀倒産
  (日銀破綻)” という形で結末を迎えると
  思うのです。」

藤巻健史さんと言えば、同じ主張を何十年も
繰り返しているにもかかわらず、
それがまったく当たらないことで、
一部では「狼爺さん」と呼ぶ人さえいます。

アマゾンのレビューを見ると、★1つが並び、
かなり辛辣なコメントが書かれているのが、
常となっています。

曰く、なぜ、こんなに予想が外れ続ける人が、
本を出し続けるのか?

それは、私のような藤巻ファンがいるからです。

私も2000年頃から、「藤巻プロパガンダ
を読み始めているので、かれこれ20年近くの
ファンです。

私からすると、藤巻さんの予想は当たるとは
思っていませんし、日本にとっては、
本当に予想が当たってしまっては困ります。

あくまで、ワーストケースシナリオとして、
読んでいます。

  「世界最悪の財政赤字、低い消費税率を
  上げることも所得税の課税最低限を引き下げる
  こともできない政府(=徴税能力を持たず)、
  政府の赤字を紙幣の増刷で賄う日本銀行……。
  日本は “ハイパーインフレになる要素” を
  すべて持ち合わせているように思えます。
  その “ハイパーインフレ鎮静化策” が、
   “日銀倒産&新中央銀行設立” なのです。」

では、なぜ、同じ主張を続け、しかも外れる
本を読むのかというと、単純に面白いからです。

それは藤巻さんの人柄なのかもしれません。

とは言っても、少しずつ藤巻さんの主張は
変わってきています。

以前は、円安誘導を強く説いていましたが、
今はもう主張していません。

それは、日本の財政悪化を避けるための
手段としての円安論でしたが、今の状況では、
もう手遅れになっているからです。

また、本書で特に目立ったのは、
避難通貨として「仮想通貨」を買うこと
への言及です。

藤巻さんは、避難通貨としては、一貫して
米ドルでMMFを買うことを勧めています。

その主張は、今でも何ら変わりません。

しかし、今回は避難通貨として、
ビットコインなどの仮想通貨が加わりました。

  「預金封鎖が起こりそうだとしても、
  海外に物理的に資金を移すのは大変です。
  そうなれば、代替案としては仮想通貨が
  考えられます。別に海外にお金を逃がす
  わけではありませんが、ドル同様、
  有効な避難通貨になると考えられるからです。
  実際、資本統制(海外に資金を逃がすこと
  を禁じる)可能性の出た国では、国民が
  仮想通貨に逃げ込んでいます。」

ここも読み違えてはいけないのは、
儲けるためにビットコインを買いましょう
と言っているのではありません。

最悪の事態に備え、いつでも資金を
逃がせるように仮想通貨の口座だけでも
開設しておきましょうということです。

また、藤巻さんの予想通りに日銀が倒産し、
新しい中央銀行ができるなら、現金をなくし、
「中央銀行デジタル」を発行すべきとも
言っています。

すると、仮想通貨と日銀デジタルを
併用する時代になると予想しています。

今では日本維新の会の参議院議員として
活躍する藤巻さん。

本書は、藤巻さんを中心とした国会での
答弁も数多く掲載されている点も特徴的です。

いずれにせよ、私のような藤巻さんのファンは、
その活躍を暖かく見守ることでしょう。

この本から何を活かすか?

消費税をどのくらいまで上げれば、
日本の財政再建は成るのか?

藤巻さんの計算では、「消費税28%」。

ただし、この過激な消費税率は、
藤巻さんだけの計算結果ではなく、
他の識者も出しているようです。

早稲田大学の原田泰さんの計算では、
条件付きで、「36.6%」。

アトランタ連銀上級政策顧問の
R・アントン・ブラウンさんによると
「53%」になるようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| マネー一般 | 05:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

仮想通貨はどうなるか バブルが終わり、新しい進化が始まる

満足度★★★★
付箋数:25

ビットコインなどの仮想通貨に関するする本は
数多く出版されています。

その中で、私は、野口悠紀雄さんの書く本を
信頼しています。

過去にも当ブログで何冊か紹介してきました。

 『仮想通貨革命
 『入門 ビットコインとブロックチェーン

今回、紹介する本書も、過去の著書に
劣らず、非常に良い本になっています。

仮想通貨の本質を捉えると同時に、
最新の技術やトレンドをわかりやすく
解説しています。

さて、ビットコインの価格は2017年12月末を
ピークに下降トレンドに転換しました。

現在のビットコインの価格はピーク時の
3分の1以下にまで下落しています。

なぜ、ビットコインの価格は急落したのか?

野口悠紀雄さんは、その原因は「先物取引」の
開始にあったと見ています。

急落のあった2017年12月に、どこかの国が
ビットコインに関する規制を強化したと
いうようなことはありませんでした。

  「この期間に起こった重要な事件は、
  12月18日にシカゴ・マーカンタイル取引所
  (CME)がビットコインの先物取引を
  始めたことだ。
  これが価格低下の原因になったとしか
  考えようがない。」

もともと、ビットコインの価格高騰は、
投機によって引き起こされたバブルでした。

ですから、先物取引がバブルを崩壊させた
ことは、十分に考えられることなのです。

では、バブルの終わったビットコインは、
もう意味がないのでしょうか?

野口さんは、以下のような考えを示します。

  「ビットコインは本来、送金に用いるべき
  ものであって、価格が上昇すると
  送金手数料が自動的に上がってしまい、
  送金手段としての魅力を失う。
  したがって、ビットコインが投機の対象と
  なって価格が上がるのは、ビットコイン
  本来の機能から見て望ましくない。」

つまり、現在のビットコインバブル崩壊は、
望ましい方向に進んだことになります。

三菱UFJ銀行は、2017年5月から
独自の仮想通貨「MUFGコイン」の実験を
始めました。

当金手段として優位性を持つ仮想通貨なので、
これは理にかなった動きとなります。

もし、この実験が成功して、一般に利用可能と
なれば、経済活動全体に大きな影響を与えます。

キャッシュレス化において、日本は世界の
潮流から大きく遅れてますが、一挙に挽回する
大きなチャンスとなりえるのです。

また、ビットコインの基になっている
ブロックチェーン技術は、通貨以外にも
広い範囲での応用が期待されています。

その中でも、野口さんが注目しているのは、
電子データの改ざんができなくなることです。

この技術は、公文書の管理にも応用可能。

  「日本では、森友問題に関連する公文書を
  財務省が改ざんするという前代未聞の事件が
  起きた。こうしたことを受けて公文書管理を
  改善すべきだとの議論が起きている。
  この究極的な手段はブロックチェーンの導入だ。
  いま最もブロックチェーンの導入が求められて
  いるのは、日本政府だ。
  森友問題が忘れ去られる前に、公文書管理の
  改革を行う必要がある。」

現在、会社の設立目的や運用のルールを
定めた定款、あるいは重要な契約書の認証は
公証人が行っています。

この公証人の大部分は裁判官や検察官の
経験者から登用され、手数料収入は1人あたり
年間3000万円とも言われています。

ブロックチェーン技術を使えば、公証人が
行っている仕事のほとんどは、簡単に安く
処理できるようになります。

野口さんは、日本での起業を活発にするために
公証人をブロックチェーンに置き換えるべきと
考えています。

本書は、ブロックチェーンの技術的な解説も
しっかりしており、仮想通貨の未来を見通す
には、非常に参考になる本だと思います。

この本から何を活かすか?

ブロックチェーン技術を利用して国家システム
を作り上げた例が既にあるようです。

その国とは、北欧バルト3国の1つ、
「エストニア」です。

エストニアのe-Estoniaでは紙の資料が
不要になり、ブロックチェーン技術を使い、
真正性は数学的に担保されているようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| マネー一般 | 06:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日本人のためのお金の増やし方大全

満足度★★★
付箋数:22

  「偉大なる国、日本の投資家の皆さん、
  富の探求者のみささんへ
  このたび、フォレスト出版から、ベストセラー
  となった私の著書、『Multiple Streams of
  Income』の日本語版が出版される運び
  となったことを、大変に光栄に思います。
  北アメリカをはじめ、世界各国の大勢の
  方々が、本書や、私の他のベストセラー著書
  を読んで、続々と億万長者の仲間入りを
  しています。日本の皆さんにもぜひ、
  経済的繁栄を達成するために本書を活用
  していただきたいと、切に願う次第です。」

このように語るのは本書の著者、
ロバート・G・アレンさん。

このたび、日本語版が出版される運びと
なったと言っていますが、実は今回が初めて
ではありません。

以前の本は同じフォレスト出版から出ていた
ロバート・アレンの実践億万長者入門
です。

15年以上前に書かれた本であるため、
古くなった内容をリニューアルすると同時に、
アレンさんが取材して、日本の社会システム、
ビジネスモデルに則した内容に改訂されています。

読んでいて、非常に懐かしく思いました。

細かい部分は覚えていないので、どこがどう
変わったかは比較できませんが、今の日本の
実情に合わせた内容になっています。

かつて、私は旧版の『億万長者入門』を読んで、
経済的自由を得るために、「投資マウンテン」
への投資を始めたことを思い出しました。

さて、細かなテクニックはさておき、
本書のメインメッセージは、一生続く複数の
お金の流れをつくることにあります。

お金の流れには「それきり型」と「一生型」
の2種類ありますが、本書が目指すのは、
もちろん「一生型」の方です。

では、どのようにして「一生型」のお金の流れ
をつくるのでしょうか?

  「経済的自由をもたらす3つの巨大な山
  (マウンテン)があります。3つの山は
  それぞれ独自の特徴を持っています。
  そしてそれらは3つとも、あなたの将来の
  経済的成功にとって非常に重要なものです。
  この山脈全体へ投資することで、分散投資の
  安全性が得られると同時に、もっとも有効な
  マネー・メイキングのチャンスに常時
  アクセスしていることが可能になるのです。」

一生型のお金の流れを作る3つのマウンテンは
以下の通りです。

 1. 不動産マウンテン

  不動産マウンテンには収入は2種類あります。

  1つは長期で優良な不動産を買って、
  家賃収入のキャッシュフローを得ること。

  もう1つは、抵当流れと転売で稼ぐことです。

 2. 投資マウンテン

  このマウンテンでは、インデックスファンド
  への投資が推奨されています。

  「株式のインデックスを毎月一定額、
  長期に購入することが最善であるわけですが、
  日本では最近iDeCo(イデコ)という
  個人年金商品が売り出されました。
  これは究極の長期投資と言える内容です。」

 3. マーケティング・マウンテン

  このマウンテンには4つの流れがあります。

  ・情報ビジネス
  ・インターネット
  ・パーソナルフランチャイズ
  ・ライセンシング

特に「不動産マウンテン」と「マーケティング
・マウンテン」に多くのページを割いている
のが本書の大きな特徴です。

どれか1つのお金の流れに依存するのは
リスクがあるので、これらを組み合わせる
ことで、お金に関する不安を解消します。

この本から何を活かすか?

本書の最終章では、稼ぐことではなく、
「分かち合う」ことについて書かれています。

  「複利によってお金がどれくらい大きな額に
  成長するかを知ってください。そのお金で
  あなたも世界に大いなる貢献をすることが
  できるはずです。偉大な慈善家たちが
  行ってきたことを、あなたにもぜひやって
  いただきたいのです。」

我が家でも収入の一定額を寄付するように
していますが、確か本書のオリジナル版を
読んだ頃から始めた記憶がありますね。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| マネー一般 | 06:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いま君に伝えたいお金の話

満足度★★★★
付箋数:24

  「この本は、僕が日本に帰るたびに各所で
  行っている “お金の授業” を通じて見えた、
  日本の子どもたちと “お金” の関係をもとに、
  みんなが知りたがっていたこと、
  僕が伝えたいと思ったことを書いています。」

ここで「お金」について語る「僕」とは、
本書の著者、投資家の村上世彰さんです。

村上さんは現在、シンガポール在住で、
たまに日本に帰ってきたときに、
子ども向けに「お金の授業」を行っています。

本書はその内容をベースにまとめたもの。

  「この本では、そもそも “お金って何だろう” 
  というところから、お金を稼ぐ方法、
  使い方といった、お金との付き合い方、
  そしてお金の持つ力について話します。
  お金の使い方としては、 “自分の幸せのために
  使う” ことと、 “社会や人のために使う” 
  ことのふたつを紹介しています。」

村上さんは、ファンドマネージャーとして
活躍していた頃、「もの言う株主」として
恐れられていました。

そして、2006年にニッポン放送株式の
インサイダー取引の容疑で逮捕されます。

ですから、世間的には「お金に汚い悪い奴」
といったイメージがあるかもしれません。

  「残念ながら、日本では “お金=汚いもの” 
   “お金=悪いもの” という感覚が広く
  根づいています。メディアでも、お金を
  たくさん稼ぐことが “悪いこと” のように
  報じられることが多々あります。
  僕自身が批判の対象になったときには
   “日本ではこれほどまでにお金のイメージが
  悪いのか” と改めて海外との違いも感じました。
  いまだに僕は、その違和感を抱いています。」

日本では、額に汗して働くことこそが正しく、
投資で儲けるなんて良くないと思っている方が
多いのでしょう。

ですが、私は村上さんの「お金」や「投資」に
関する考え方に、かなりの部分で同意します。

2017年に刊行された、村上さんの著書、
生涯投資家』についても当ブログの記事で
激賞させていただきました。

本書のお金の話しも、できるだけ多くの
日本の子どもに読んで欲しいと思います。

  1 お金って何だろう?
  2 お金と世の中の関係
  3 君がお金を手にする方法
  4 働き方が大きく変わる
  5 稼いだお金を貯めて増やす
  6 お金と向き合うための覚悟
  7 とっておきのお金の使い方

読者の対象としては、小学生から高校生ぐらい
までを想定して、平易ば文で書かれています。

ただ、私は本書を「日本の大人は、
どれくらいわかっているのだろうか?」
と思いながら読みました。

もし、本書を読んで得るものはないと
感じる人がいるとすると、それはお金の
表面的なことだけを知って、わかったつもりに
なっているのではないかと思います。

村上さんが本書で語っていることを、
ある程度の年数をかけて実践できていれば、
今現在、お金には困っていないはずです。

働かなくても、食べていけるだけのお金を持ち、
一定の額の寄付もできていることでしょう。

もし、あなたがそのようになっていなければ、
大人であっても本書を読んで、実践して欲しい
と思います。

私のお金に関する座右の書は本多静六さんの
私の財産告白』ですが、本書はそれに
通ずるものがありました。

村上さんは、本書で稼ぐお金の「2割貯金」
を推奨していますが、本多静六さんは
「2割5分(4分の1天引き)貯金」を
推奨しています。

この本から何を活かすか?

村上さんが株式投資をする上で、もっとも重視
してきたのが「期待値」という考え方です。

  「期待値とは、儲かる確率のこと。
  100円である株を買ったときに、将来それが
  300円になる可能性はどれぐらいか、
  逆に50円になってしまう可能性はどれくらいか、
  ということを自分なりに一生懸命考えて、
  期待値を割り出します。」

この期待値を割り出す感覚を鍛えるために、
日常生活でできる訓練として紹介されいたのが、
ポーカー、じゃんけんゲーム、31ゲーム、
七並べなどのゲームです。

また、お金に強くなるゲームとしては、
「村上家版ゴチになります!」という
食事代当てゲームが紹介されていました。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| マネー一般 | 06:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「おカネの天才」の育て方 一生おカネに困らないために、親が子供に伝えるべき「おカネの話」

満足度★★★
付箋数:24

子供に金銭感覚を身につけさせる方法として、
お小遣い制が役に立つと思っていませんか?

あるいは、子供にお金について学ばせるために、
10代のうちから株取引口座を与えて、
株式市場について教えようとしていませんか?

私たちは、お金について教わる機会が、
ほとんどありません。

そのため、お金の教育に関しては、
多くの「間違った思い込み」があります。

本書は、親が子供に教えるべきお金のこと
についてまとめた本です。

  「あなたの子供もおカネの天才になれる。
  ちょっと説明させてほしい。
  パーソナルファイナンスに関して、
  ほとんどの人が知らないことがある。
  それは、学ぶべき大切なことはほんの少し
  しかない、ということだ。
  賢いお金持ちにはそれがわかっている。
  問題は、一般の人(とその子供)に、
  必死でその教えを忘れさせようとする輩が
  いるということだ。」

本書では、就学前、小学生、中学生、高校生、
大学生、そして社会人の6つの年齢層に分けて、
お金との正しい付き合い方を説明します。

著者は、アメリカでパーソナルファイナンスの
第一人者として活躍するベス・コブリナーさん。

オバマ大統領の金融教育諮問委員会のメンバー
も務めた女性です。

セサミ・ストリートに出演して、
エルモに貯蓄を教えたこともあるようです。

コブリナーさんは、最初に子供とお金の話を
するときの14のルールを示しています。

 1. まだ早いと思う時期から話を始める
 2. 年齢に見合ったことを教える
 3. エピソードを話す
 4. 数字を使う。数字嫌いでもかまわない
 5. 自分のおカネのしくじりについてウソを
  ついてはいけない。
  ただし、あけすけすぎてもいけない。
 6. いくら持っているかについて、ごまかさない
 7. おカネに関する親の弱みは脇に置く
 8. 夫婦の間のおカネのもめごとは、子供に
  見せない。子供を間に立たせない。
 9. 子供におカネばかり与えていると、
  おカネのスキルは身につかない
 10. 家族のみんながおカネの会話に参加する
 11. 男女格差を作らない
 12. セレブのリアリティ番組を見せない。
  子供にそんなライフスタイルを真似させる
  ことになってしまうから
 13. 時と場所を選んで話し合う
 14. 子供の前で大盤振る舞いをしない

お金に関しては、何でも子供に打ち明ける
ことがいいわけではありません。

当然、子供には教えなくていいこともあります。

例えば、親の収入。

実際に親がいくら稼いでいるかを具体的に
子供に教える必要はありません。

こういった点、ひとつひとつについて、
なぜそうすべきなのか、あるいは
そうすべきでないのかについて、
本書では、細かくアドバイスしてくれます。

親がお金に関して、あまり詳しくなくても、
本書は原理原則にそった教え方をしているので、
子供と一緒に学んでいくことも可能です。

本書は、貯金や節約だけの話に偏ったり、
あるいは投資の話だけに偏ったりすることなく、
全体的にバランスよく書かれていると思います。

ただし、アメリカと日本では、お金に関して
いくつか事情が異なるので、その点は考慮して
読まなければなりません。

特に教育費と医療費は、大きく環境が違います。

その点を割り引いて見ても、
本書は、なかなかいい本だと思います。

この本から何を活かすか?

コブリナーさんは、本書で「保険」についても、
語っていますが、その中で入る必要のない保険
についても言及しています。

その1つが、日本でもよく見られる、
「家電の延長保証」です。

  「企業にとってはドル箱だが、消費者にとっては
  たいてい損になる。」

買ったばかりの商品が壊れたらもったいない
という気持ちで入ってしまう人もいますが、
コブリナーさんは、「入る必要なし」と
一刀両断しています。

私も、家電の延長保証は必要ないと考えています。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| マネー一般 | 05:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT