活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

人工知能が金融を支配する日

満足度★★★
付箋数:24

2010年5月6日の午後2時32分、アメリカの
株式市場は、突然激しい下落に見舞われました。

下落のスピードはみるみる加速し、
取引量が急拡大しながらあっという間に
信じられないような大幅下落となりました。

特に2時41分からのたった4分間ほどの間には
ダウ平均など主要な指標価格は6%ほど下落し、
前日の終値からの下落幅は10%近くにも
及びました。

しかし、その後20分間で株価は急速に回復。
3時過ぎには、ほぼ下落前の水準に戻りました。

たった30分ほどの間に、信じられないような
速度での下落と回復が完結したのです。

この日のダウ平均の日中の下げ幅は988ドルを
超え、リーマン・ショック後の混乱期にも
なかった過去最大の下げ幅を記録しました。

この日の出来事は、まるで光が点滅する間に
起こったような急落であったため、
「フラッシュ・クラッシュ」と呼ばれました。

このとき、一体、何が起こっていたのか?

最初に疑われた原因は、最も下落した
P&G株の誤発注でした。

しかし、1銘柄が起こした下落と考えるには、
あまりに破壊的で、P&G株の下落は、
株式指数先物の下落より後に始まっていたので、
誤発注が原因ではないことは明らかでした。

事件から5ヶ月近く経過した2010年9月末、
アメリカの証券取引を監視するSECは
フラッシュ・クラッシュを調査した
レポートを発表しました。

下落の引き金となったのは、大手投資家が
S&P株式指数の先物市場に、異例の大口の
売り注文を出したことでした。

それをきっかけに超高速取引(HFT)が、
自動で大量に発注されたことが、
下落を異常に加速させた原因であることが
判明しました。

超高速取引とは、取引の意思決定と執行の
両方をコンピュータが一瞬の内に行う
アルゴリズム取引です。

その取引速度は、瞬きする間もない、
たった数百ナノ秒。

当初は買い手となっていた超高速取引が、
大口の売りが入ったことで、一転して
超高速で売りを大量に浴びせたことが
フラッシュ・クラッシュを招いたのです。

本書では、超高速取引を行うロボットを
超高速ロボ・トレーダーと呼んでいます。

この超高速ロボ・トレーダーによる取引は、
2014年に刊行されたマイケル・ルイスさんの
フラッシュ・ボーイズ』で明らかにされ
話題を呼びました。

現在の金融市場は人工知能を利用した
ロボ・トレーダーの独壇場になっています。

金融市場の情報はコンピュータが扱いやすく、
上手くいけば大儲けできるので、
人工知能の能力を試すには格好の場と
なってきた歴史があるのです。

実は、日本の金融市場だけが、
この動きについて行けていないようです。

  「本書は、著者の長年の金融市場と関連する
  技術に関する経験と知識をもとに、
  メディアではあまり報じられない、
  金融とテクノロジーの裏舞台を暴き、
  金融業界の現在の姿を多くの人々に
  知ってもらうことを目指したものです。」

人工知能の発展を振り返りながら、
それが金融市場でどのように活用されて
いるかを克明にレポートします。

特に、ルネッサンス・テクノロジーズや
ブリッジウォーターなどヘッジファンドが
人工知能を取引に使っている内容が興味深い。

日本ではあまり報道されることのない、
金融市場の裏舞台を開示した一冊です。

この本から何を活かすか?

ルネッサンス・テクノロジーは、
著名な数学者で暗号解読の専門家の
ジェイムス・シモンズさんが1982年に
創業した世界有数のヘッジファンド。

数学、物理やコンピュータ技術に関する
超一流の研究者ばかりを集めた、
かなり異色のファンドです。

業界最高のパフォーマンスを誇りますが、
その運用手法は秘密のベールに包まれています。

外部の資金を受け入れず、従業員の資金を
中心に運用していることで、その運用手法を
秘密のままにしているようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| マネー一般 | 06:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

老後破産しないために、年金13万円時代でも暮らせるメタボ家計ダイエット

満足度★★★
付箋数:18

年金制度の財政検証の結果から、
将来的に公的年金の支給額は、
減額されることが考えられます。

どれくらいの年金支給額になるかというと、
経済アナリストの森永卓郎さんは、
現在の「6掛け」になると予測。

年金6掛け時代になると、現在注目されている
「老後破産」が更に増えることになります。

森永さんが、「年金がいずれ6掛けになる」
と話をすると、ほとんどの場合、
「いつからですか?」と聞かれるそうです。

それに対して、「いつになるかはわからない」
と答えると、ほとんどの人は、少し安堵し、
「すぐに年金が減るのでなければ、
今から焦る必要はない」と考えるようです。

「いつになるかわからないなら、
先送りしての大丈夫」と考えるのは、
「超デブの発想」と同じであると、
森永さんは指摘します。

以前の森永さんは、体脂肪率が30%を超え、
ウエストは114cmという極度の肥満体でした。

毎日、5食が当たり前で、お菓子を間食しながら、
甘い炭酸飲料を1日5L近くガブ飲みしていました。

当然、健康にも影響が出ていて、糖尿病と診断され、
合併症もいくつか出ていました。

  「瀕死の状態になっても、ライフスタイルを
  変えないし、変えようともしない。
  これがデブのデブたるゆえんです。
  危機感がないわけではありません。
  むしろ、内心ではこのままではマズいと
  わかっているのです。でも、行動に移さない。
  そんな超デブの発想から卒業できる人と
  できない人では、老後の生活も大きく変わって
  いくことでしょう。」

超デブ体質だった森永さんは、TV番組の企画で
ライザップのCMに出演する権利を獲得しました。

そして実際に糖質制限とライザップのジムでの
トレーニングを行った結果、4ヶ月で19.9kgの
減量に成功しました。

やる前はきっと、つらくて苦しく、我慢する
だけの4ヶ月だと思っていたそうです。

しかし、実際にふたをあけてみると、
糖質はオフにするけれども、肉や魚、豆腐、
納豆、葉物野菜はおかわり自由で、
無理なく楽しみながらダイエットを
続けることができたようです。

  「これは非常に画期的なことです。
  経済アナリストの私に言わせると、
  ライザップが提唱するダイエットメソッドが
  もたらすものは、単なるダイエット効果に
  とどまりません。家計管理に応用すれば、
  不必要な支出を重ね、ぶくぶく太ってしまった
   “メタボ家計” を改善でしると確信しています。」

もともと森永さんは「ケチダヌキ」と呼ばれ、
セコくやり繰りすることに関しては、
確かなノウハウを持っていました。

そんな家計費を抑える方法を、ライザップ方式に
なぞらえて解説したのが本書です。

 第1章  “ふつうの人” が老後破産する
    「年金13万円時代」がやってくる
 第2章 「変動費」を制するものは
    「メタボ家計ダイエット」を制する
 第3章 「固定費」を削ぎ落として、
     “メタボ家計” を筋肉質に変える
 第4章 リバウンドを的確に防ぐ「ごほうび」戦略
 第5章 老後破産しないための
    モリタク流「超現実的」投資戦略
 第6章 「年金の繰上げ受給」は賢者の選択か、
    老後破産への片道切符か?
 第7章 老後生活を圧迫する「生命保険」を見直す
 第8章 健康な体も幸せな老後も自分でつくりあげる

ライザップで人生が変わった森永さん。

将来の生活に不安がある方は、先延ばしせずに、
ライザップ式家計ダイエットに取り組むと、
老後の人生が変わるかもしれません。

この本から何を活かすか?

年金の繰上げ受給を選択するか否か?

  「繰上げ受給をすると減額される分、
  将来は不利になるとアドバイスする
  ファイナンシャルプランナーや
  社会保険労務士がたくさんいます。
  しかし、こうしたアドバイスに共通するのは
  目の前の減額率に気を取られ、
  実質的なお金の価値を見落として
  しまっていることです。」

森永さんは、「繰上げ受給」は年金額カットの
現実的な対抗策になると考えます。

年金額は少なくなるものの、受け取る年金額が
既得権として保護され、その後の人生設計が
立てやすくなるからです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.


このエントリーをはてなブックマークに追加

| マネー一般 | 05:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

10億ドルを自力で稼いだ人は何を考え、どう行動し、誰と仕事をしているのか

満足度★★★
付箋数:23

ダイヤモンド社の上村さんより献本いただきました。
ありがとうございます。

自分で稼いで、保有資産が10億ドル以上に
なった「ビリオネア」は、世界に600人しかいません。

彼らは、いかにしてビリオネアになったのか?
普通の人と、一体、何が違うのか?

世界的コンサルティングファームPwC
(プライスウォーターハウスクーパース)の
パートナー、ジョン・スヴィオクラさんは、
ある日、このような疑問を持ちました。

そこで、過去にビリオネアに関して、
どのような調査が行われたかを調べたところ、
印象的なエピソードや主観的な意見はあっても、
ビリオネアの成功を客観的に解明する、
体系的な調査が行われていないことに
気づきました。

そこで、PwCのメンバーで調査チームを結成し、
ビリオネアについて徹底的に調べた結果を
まとめたのが本書です。

最初に2012年のフォーブス世界長者番付の
リストを入手し、そこから相続や結婚などの
本人の実力以外で資産を手に入れた人を
除きました。

次に、透明性を欠いた市場で、たまたま富を
築いた人もリストから外しました。

そこに残った調査対象となるビリオネアは、
わずか600人。

そこから地域や業種に偏りが出ないように
更に120人を抽出。

PwCの調査チームは、この120人に対し、
各地に出向き、出生地、年齢、結婚歴、
家族構成、キャリアの変遷について、
綿密に検分しました。

このビリオネア調査で分かったのは、
世間で一般的に信じられている成功理論には
多くの誤解があるということでした。

ビリオネアは、若くして成功した、IT長者である、
ブルー・オーシャンを開拓した、一発当てた、
モラルが低い、天賦の才に恵まれている・・・・

こういった認識は、すべて誤りであることが
わかりました。

また、ビリオネアになった人には、
育った環境などの外的要因に
共通する条件はありませんでした。

しかし、見えてきたの内的要因。

  「どうやらビリオネアの共通点は
  外的な要因ではなく、その人の内面、
  すなわち “マインド” にあるらしい。
  多くのビリオネアに顕著なのは、普通の人が
  ばらばらに捉える物事を、ひとつにまとめる
  能力だ。矛盾する考えや行動を排除せず、
  自分のなかでうまく共存させる。
  正反対のものを抱えながら、それでも思考が
  混乱しない。ビリオネアの内面には対立を
  抱え込む器があり、異なる概念、視点、尺度
  といったものを無理なく持ち続けることが
  できるようだ。」

莫大な富を生み出す、ビリオネア・マインドとは、
「矛盾や対立を包含する」思考なのです。

本書では、ビリオネア・マインドは、
誰でも身につけることが可能であるとし、
もっとも重要な5つの特徴としてまとめています。

  1. 共感力と想像力で未来を描く
  2. 最速で動き、ゆっくりと待つ
  3. 創造的にルーティンワークをこなす
  4. 現在の金銭的損失より将来の機会損失を恐れる
  5. 自分とは正反対の人を仲間にする

本書は単なる調査結果のまとめだけでなく、
120人のビリオネアのエピソードや人となりも
紹介されていますから、読み物としても
なかなか面白いです。

日本のビリオネアは、ユニクロの柳井正さんが
登場していました。

この本から何を活かすか?

本書で個人的に非常に興味深かったのは、
ビリオネア・マインドを企業に取り込むことを
検討している点でした。

ビリオネア・マインドを持つ人を採用するために、
面接で重視するのは、次のようなポイントです。

  ・仕事をするとき、どうすればより早く
   効果的にできるかを工夫しているか?

  ・大きな失敗や挫折を経験しているか?
   そこから何をつかみとったか?

  ・業界のトレンドを理解しているか?
   それをどう活かそうと考えているか?

  ・この仕事で自分が具体的に成し遂げたい
   ことは何か?

  ・これまでにないやり方で仕事をして、
   新たな価値を生み出したことがあるか?

  ・業務時間の20%を好きに使っていいと
   言われたら、具体的に何をするか?

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.


このエントリーをはてなブックマークに追加

| マネー一般 | 06:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

使っても減らない5つのお金のルール

満足度★★
付箋数:14

「狭い銀座の一等地」と、「地方の広大な土地」が
同じ値段で売られていたら、あなたならどちらを
買いますか?

ビジネスエリートなら、「狭い銀座の一等地」と
即答すると、本書の著者、黒木陽斗さんは言います。

理由は3つあります。

1つ目の理由は、「流動性」。

その土地を手放すことになった場合、銀座なら
買い手がつきやすいですが、地方では難しい。

地方の土地を購入してしまうと、いつまでも
換金できず、キャッシュが手に入りません。

2つ目は、「希少性」の違い。

広大な土地は、地方なら日本中のどこにでも
ありますが、銀座の一等地は東京都中央区の
本当に狭いエリアにしかありません。

3つ目は、「ブランド力」。

銀座は東京の中心地であり、ファッションの発信地。

戦前から何十年と変わらない伝統を持ち、
銀座という地名が他にはない信用を生み出します。

家賃が日本一高いにもかかわらず、
銀座にオフィスを構えようとする企業が多いのは、
それがとてつもないブランド力と信用力に
なることを知っているからです。

次に、売られている値段が大きく違った場合を
考えてみます。

車を買う場合、「国産量産車」と「ポルシェ」、
ビジネスエリートならどちらを買うでしょうか?

黒木さんの回答は「ポルシェ」です。

これは、お金持ちだから高級外車を買うという
単純なものではありません。

基本的には銀座の一等地を買うのと同じ理由です。

第1のポイントは、「ブランド力」。

量産車に比べポルシェは圧倒的に少ない数しか
生産されません。

また、ポルシェにはブランドストーリーもあり、
「他にはない価値」を高めています。

第2のポイントは、1つ1つのパーツ自体が一級品で、
耐久性が高いこと。

ポルシェは、時速300キロ近くで、
長時間走行できるように設計されているので、
モノとして良質なのです。

第3のポイントは、一定価格以下に価格が
下がらない傾向があること。

むしろ、車種によっては新車よりも中古車の値段が
高くなるケースがあります。

このようにビジネスエリートは、「希少性」を
重視してモノを買うようです。

本書は、不動産投資を生業とする黒木さんが、
過去の経験から、成功したビジネスエリートの
お金の使い方を紹介する本です。

「生き金」になるか「死に金」になるかで、
お金の使い方は、大きく違ってきます。

お金を使えば使うほど、お金が増えていくのが、
「生き金」としての使い方。

一方、1000万円使って、500万円しか価値が
ないものを購入するような使い方が「死に金」。

もちろんビジネスエリーは「生き金」になる、
お金の使い方をします。

そこには、5つのお金の使い方のルールが
あるといいます。

  ルール1. 「時間」を買う
  ルール2. 「ノウハウ」を買う
  ルール3. 「人脈」を買う
  ルール4. 「希少性」を買う
  ルール5. 「お金を生む資産」を買う

黒木さん自身もこのルールに従って「生き金」を
使うことで、サラリーマンを辞めても、
この先ずっと困らないくらいの資産を
築くことができたそうです。

最終的には、黒木さんのビジネスである
「不動産投資」が優位であるといった
話になります。

正直、個人的には、あまり響く内容の
本ではありませんでした。

この本から何を活かすか?

名前が先か、会社名が先か?

  「一流の人は、 “名前” が信用されますが、
  二流の人は “会社の看板” が信用されます。
  例えば、 “◯◯社の◯◯さん” と
  紹介される人は二流、同じ会社にいても
   “◯◯さんは今◯◯社にいる” と
  紹介される人は一流です。」

これが一流の人と二流の人の見分け方のようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.


このエントリーをはてなブックマークに追加

| マネー一般 | 06:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バカしか入らない生命保険

満足度★★★
付箋数:17

  「あなたは信じないだろが、日本の生命保険業界
  ほど、 “欺瞞・錯覚・騙し・法律違反” が
  跋扈している世界は、他には見当たらない。
  自分と家族の将来を守ろうとする
  善意の国民を騙して、国民から巨大な資金を
  吸い上げている現状を見ると、今の日本で
   “漢字系生命保険会社” が存在すること自体が、
  社会悪でしかない “虚業” なのだ。」

本書は、業界の告発本的な視点で書かれた、
正しい生命保険の指南本。

著者の三田村京さんは、かつて大手の
漢字系生命保険会社に勤務し、退職後、
国際保険総合研究所を設立した方。

三田村さんが、「漢字系生命保険会社」と呼ぶ
保険会社は、かつて護送船団方式で保護されていた、
社名が漢字の生命保険会社20社。

いわゆる「日本社」と呼ばれる生命保険会社
ですが、三田村さんは漢字系生保会社に対し、
かなり激しく批判し、過激な発言を繰り返します。

  「ダメ保険を販売している漢字系生保会社を、
  一気に潰すことを筆者は提案したいです。
  (中略)
  現実的には、いつ潰れてもおかしくないのが
  日本生命を始めとする漢字系生保だし、
  潰れないで加入者がこの先何十年も無駄な
  保険料を払うことを考えれば、現状は日々
   “何も知らない善意の被害者を増やしている
  だけ” なのですから、一気に潰すことは
  契約者のためにもなるのです。」

まるで米大統領候補として出馬した
ドナルド・トランプさんのような過激発言で、
ここまで度が過ぎると、何かかつて勤めていた
生命保険会社に恨みがあるのではと、
勘ぐってしまいます。

せっかくデータを元にした、生命保険を選ぶ際の
良いアドバイスをしていても、その信頼性まで
落としかねない言い回しがちょっと残念でした。

さて、本書で三田村さんが、やめた方がいい
と言う「ダメな保険」の条件は次の11ヶ条です。

この内、1つでも該当したら、考え直すべきと
アドバイスしています。

  1. 60歳や65歳になると、大きな保障が消えて
   しまう保険
  2. 平均寿命・平均余命を無視した保険
  3. 元本割れする保険
  4. 保障の中に「更新型」の保険がある保険
  5. 加入している保険を「転換」する
   保険会社の保険
  6. 保険料が「終身払込」の保険
  7. 死亡保険に「医療保険」が組み込まれて
   いる保険
  8. 夫の保険に、妻や子の保障も組み込まれて
   いる保険
  9. 満年齢が適用されない保険会社の保険
  10. 「一時払い」の保険
  11. 難解な設計書・難解な保険証券の
   保険会社の保険

また、婦人雑誌やマネー雑誌の家計診断で
見かける「保険料の高い貯蓄性の保険を、
保険料の安い掛け捨て保険に切り替えなさい」
というアドバイスがあります。

これに対しても、三田村さんは、
「生命保険の本質を理解していない無責任で
バカなアドバイス」と批判しています。

逆に、三田村さんがススメるのは、
漢字系生保以外で、若い時に加入し、
年払いで保険料を払うこと。

しかし、三田村さんのまとめたデータを見ても、
漢字系生保はダメで、それ以外はイイとは、
一概には言えません。

独立系でも外資系や損保系でもダメなところは
ありますから、あまり単純化し過ぎない方が
いいように思えます。

この本から何を活かすか?

三田村さんがまとめた
「保険料収入に占める責任準備金組み入れ率」
の表で、特に経営が安定していないとされる
漢字系生保のトップ5は、次の通りです。

  ・朝日生命
  ・三井生命(買収統合済)
  ・かんぽ生命
  ・大同生命
  ・富国生命

あれだけ批判していた日本生命はトップ5には
入っていません。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.


このエントリーをはてなブックマークに追加

| マネー一般 | 06:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT