活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ブログ方針の変更

いつも「活かす読書」をご愛読頂きまして、
ありがとうございます。

さて、当ブログでは今まで、コンテンツを充実させることを
最優先とし、ブログへの広告やアフィリエイト掲載などは、
あまり積極的におこなってきませんでした。

しかし、ブログ開始から5年、紹介した本も1500冊を超え、
一定量のコンテンツをストックできたと考えますので、
今後はアマゾン広告、アドセンス、その他の広告を
ブログ内に表示することにしました。

慣れるまで、見苦しく感じるかもしれませんが、
今後ともよろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ブログ方針 | 14:27 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

献本について

(献本をご提案いただく方向けの記事です)
============================================
当ブログで献本いただいた実績(2015年12月29日現在)
 ・いただいた総献本数 : 252冊
 ・この内ブログで紹介した数 : 240冊
 ・献本いただいた本の紹介率 : 95.2%
============================================

「活かす読書」へ献本をご検討を戴き、誠にありがとうございます。

当ブログでは次のような条件で、献本を受け付けております。

 1. 献本いただいた本は、必ず拝見させていただきます。
 2. ブログ記事への掲載の可否、掲載日は
   こちらで決めさせていただきます。
 3. どの部分を引用するかなどは、管理人の判断となります。
 4. 記事は管理人の主観によって書かれます。

この条件でよろしければ、この記事のコメント欄に
「非公開」にて、連絡先を入力し送信してください。

追ってメールにて献本の送付先等を連絡いたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ブログ方針 | 13:24 | comments:102 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

相互リンクについて(2009/02/13以降募集を休止中)

無料ブログSEOバイブル」を読んで、
相互リンクの方針を明確にしようと思ったので、
以下にまとめます。

私の方から、積極的に相互リンクをお願いする予定はありませんが、
以下の条件でよろしければ、希望の方は“この記事のコメント欄”へ
(先に当方へのリンクを完了してから)
記入してください。

 1.  アダルトサイト、商品のアフィリエイトを貼り付けただけのサイト、
   自分で記事を書いていない自動記事投稿ツールなどで生成されたブログ、
   常識的に考えて公序良俗に反すると思われるサイト等は、相互リンクを
   お断りします。

 2. 1.以外であれば、特にブログの種類を限定しません。

 3.  Google PageRankやブログ歴は問いません。

 4.  更新頻度は、月に1記事以上投稿している方。

 5.  先に当方のブログにリンクしてくれていること。

 6. 予告なく3ヶ月以上記事の更新が途絶えている場合は、
   こちらからのリンクは、一旦、切らせていただきます。
   (再開の場合は、ご連絡ください)

 7. 私の都合でリンクをお断りする場合もあるかもしれません。

募集数は特に決めていませんが、ブログTOPのサイドバーに表示される
リンクサイトが増えて見苦しくなるまでを限度と考えています。

2009年2月13日追記
現在、相互リンクが増えましたので、募集を休止しています。


このエントリーをはてなブックマークに追加

| ブログ方針 | 11:53 | comments:50 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

記事の満足度、★マークについて

このブログでは読後の“私の満足度”を★マークで
(基本的には5~1個で)表示しています。

誤解を招くといけないので、どういった雰囲気で
★をつけているか、一応書いておきますね。

まず前提として、このブログは良書だけを厳選して
記事にするスタイルではありません。

実際には、私が読んだ本の8割程度を、
イイにせよ悪いにせよ記事にしています。

そして、ブログ方針にも書いていますが、
この★マークは、「オススメ度」でもありません。

という事で、

★★★(この割合が一番多いです)
  ・得るものが、けっこう多かった
  ・読んで気持ち良くなった
  ・書籍代の元が、十分とれそうだ
  ・一般的に考えても良書と言えそうだ

★★★★(ポツポツあります)
  ・気づきが多く、読み終わったら付箋だらけだった
  ・期待を大きく上回り、読むとウキウキした
  ・実際に活かせる箇所が多く、実用的だった
  ・私がその著者のファンである

★★(タマにあります)
  ・読む人によっては、十分価値があるかも
  ・事前に期待した内容とは違っていた
  ・もっと、こう書いて欲しと思う点があった
  ・読後になんとなく、もやもやとした感じが残った

★(僅かです)
  ・内容は良くても、私には合わなかった
  ・今の私には、理解に苦しむ内容だった

★★★★★(これも僅かです)
  ・読むのを止められなかった
  ・衝撃的だった
  ・この本で人生が変わった
  ・この本をきっかけに、その著者のファンになった

傾向として、似たような本を続けて読むと、
後に読んだ本の満足度は下がります。

また当然ですが、事前期待と実際の内容のギャップが
満足度には大きく影響しています。

ちなみに、2008年5月の読書記事、全27本では、
[★5つ:1記事、★4つ:8記事、★3つ:15記事、
★2つ:2記事、★1つ:1記事] という分布になっていました。

このブログは、書評ブログではありませんが、
他の書評ブロガーさんの記事と比較していただけると、
私の満足度の基準が、なんとなく理解いただけると思います。

【参考】
三田紀房さんの「成功の五角形で勝利をつかめ!」を
献本という同条件で書いているブログの比較。
(検索により選びました、他意はありません)

  ・『404 Blog Not Found』小飼弾さんの記事
  ・『鹿田尚樹の「読むが価値!」』の鹿田尚樹さん記事
  ・『みんなのビジネス書 多読のすすめ』の具太郎さんの記事
  ・そして、私のブログ記事(満足度★★★)


このエントリーをはてなブックマークに追加

| ブログ方針 | 06:24 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

方針変更します。

献本を受けることにしました。

以前、「明日の広告」の記事を書いたときに、
献本サイト「本が好き!」について、

  「タダで本をもらうことは、確かにありがたいですが、
  それによって制約を受けるのが、どうも性に合わないようです。
  きっと、今後も献本の申込みはしないでしょう。」

と書きました。

この時は、「自ら献本を申し込む」事を前提に書いていて、
私のブログに対して、出版社の方から献本のオファーを
もらうことがあるなんて、全く想像していませんでした。

で、先日、大和書房さんから、
想定外の献本の申し出を頂いて、はたと考えました。

せっかく、数ある読書ブログの中から、
私のブログを選んでオファーを頂いたのに、
無下に断ってよいものか?

私が、献本で心配したのは、
本をもらうことで、 いろいろな制約を受けたり、
ひいき目に見てしまう可能性があることでした。

しかし、よく考えてみれば、そもそも個人の書くブログに
“中立な意見”なんて存在するのか?

私のブログも、既に私の趣味や偏見が
色濃く反映されているではないか。

などと、つらつら考えた挙句、 以下の結論に達しました。
今後、献本オファーが、そんなにあるとも考えにくいのですが、
一応まとめておきます。

  ・私の方から、あえて献本の申し込みはしません。
  ・献本オファーを頂いた場合で、 特に制約がなければ快く受けます。
  ・献本をもとに記事を書く場合は、それを明記します。


ということで、今回、なんの条件もなく献本いただいた
大和書房 編集部 のMさん(←実名出して良いか、未確認なので)
には、心より感謝致します。


このエントリーをはてなブックマークに追加

| ブログ方針 | 10:56 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT