活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ヤフーの1on1―――部下を成長させるコミュニケーションの技法

満足度★★★★
付箋数:25

  「この本は、私がヤフーの人事の責任者に
  就任した2012年から社内への浸透を進めてきた、
  1on1ミーティング(以下1on1と略します)の
  方法を記したものです。
  1on1とは簡単に言えば、 “わざわざ定期的に” 
  上司と部下との間で行う1対1の対話のことです。
  このように説明すると多くのビジネスパーソン
  は、 “面談” を想像されるのではないかと
  思います。目標や成果を確認する面談、
  報告や相談の面談など、職場では多くの面談が
  あるからです。しかし、ヤフーで行っている
  1on1は、みなさんが想像された面談とは、
  おそらく少し違います。」

本書は、ヤフー上級執行役の本間浩輔さんが、
同社で行われている「1on1」の手法を
公開した本です。

1on1の目的は、人材育成です。

1on1は、週に1回、約30分をかけて、
上司が部下に行う、「部下のための面談」です。

上司が部下を評価したり、進捗確認をする
ことが目的の面談ではありません。

 「具体的経験をする」→「内省する」
 →「教訓を引き出す」→「新しい状況に適用」

部下にとっては、この経験学習サイクルを
回す重要な機会になります。

1on1で特徴的なのは、「今日は何を話そうか」
という上司からの切り出しです。

これは上司が聞きたいことを話してもらう
のではなく、部下がテーマを決めることを
意味しています。

実際に1on1を実施するときの上司が
気をつけるポイントは以下の通りです。

  1. 部下に十分に話をしてもらう
  2. 話は最後まで聞く
  3. 上司は先に自分の考えを言わない
  4. 上司依存の関係にしない
  5. 行動で終わる

1on1は、コーティングやカウンセリングと
非常に似ていますが、大きな違いは、
これが業務上の関係の中で実施されることです。

一般的なコーティングやカウンセリングは
業務上の関係を持たない技術を持った専門家と
クライアントの間で行われます。

しかし、1on1は上司と部下の関係の中で
行われるので、部下の重要な内省の機会で
あると同時に、必要に応じて助言や
フィードバックを受けることもできます。

1on1を効果的に実施するためには、
上司が身につけるべき技術があります。

 ・まずは信頼関係を築くことから始める

 ・アクティブリスニング(傾聴)
  うなずく、相槌を打つ、
  相手が発したキーワードを繰り返す

 ・レコグニション
  無条件の肯定的な配慮で部下の学びを深める

 ・コーティング、ティーチング、フィードバック
  の3つを使い分ける

 ・「この学びを次にどこで活かすか?」
  という問いで、経験学習サイクルの最後を
  まわすための働きかけをする

本書では、実際の1on1をリアルにイメージ
してもらうために、冒頭に「マンガ」を
掲載しています。

このマンガで、良くない1on1の例と、
良い1on1の例の2パターン紹介されているので、
実際の様子がかなり具体的にわかります。

その後、会話例の背景や意図などが文章で
解説されているので、より深く理解できる
構成になっています。

また、本書の良いところは、単なる1on1の
やり方を伝えるのに留まらず、
1on1を組織全体に浸透させる仕組みに
ついても解説されている点です。

個人で1on1をやっても効果は限定的なので、
できれば組織全体で導入したい。

そのための導入ガイドにもなっています。

更に1on1を実際の運用するにあたり、
出てくるであろう質問については、
FAQが掲載されているので、事前に疑問点は
解消できるようになっています。

この本から何を活かすか?

1on1は、相手が「気の合わない苦手な部下」
であるほど効果が高いようです。

上司と部下である以上、コミュニケーションを
密にしなければならない。

頭でそうわかっていても、苦手意識があると、
つい避けたくなるのが人間です。

だからこそ、1on1という「制度」を活用して
コミュニケーションをとる。

そうすると今まで部下との間にあった
認識のギャップが埋まっていくようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| コミュニケーション | 06:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ウケる! 大人の会話術

満足度★★★
付箋数:19

  「会話をうまく勧めることができれば、
  他人と心がつながりあう。
  話がはずめば心もはずんで生活が楽しくなる。
  会話がうまくなる方法を、いろんな角度から
  雑談風に考えてみよう。
  会話のことはいくつかの実例から学んで
  いくしかない。具体例をあげて、
  そこからくみとっていくことにしよう。」

本書は、作家・清水義範さんが、
様々なシチュエーションでの「会話」
について論じた本です。

ご存じの方も多いと思いますが、
清水さんはパスティーシュ作家の第一人者。

パスティーシュとはフランス語で、
作風の模倣のことです。

かなり昔の作品ですが、司馬遼太郎さんの
文体で猿蟹合戦を語った短編を含んだ
蕎麦ときしめん』。

英語教科書でおなじみのジャックとベティが
50歳でバッタリ再会した設定で書かれた
作品を含む『永遠のジャック&ベティ』。

予備校講師の学習参考書のパロディーなどを
収録した『国語入試問題必勝法』。

これらは短編小説で、いずれもユーモアに優れ
笑える作品集でした。

また、清水さんの作品は短編だけでなく、
長編小説も秀逸。

コピーライターと大女優の恋愛から、
ニッポンの言葉をめぐる問題を取り扱った
愛と日本語の惑乱』も爆笑必至です。

もし、清水さんの小説を読んだことがない
方がいれば、Kindleでダウンロードするなり、
図書館で借りて読んで欲しいですね。

その優れたユーモアのセンスに、
思わず顔がほころんでしまいます。

こういった清水さんの作品群があるので、
本書には「ウケる!」というタイトルが
ついたのでしょう。

しかし、残念ながら本書はそこまで、
ウケなかった。

実例が満載というより、紙面の半分くらいは
対話例が掲載されているようなイメージですが、
小説と違って、個人的にはそこまでの面白さは
感じませんでした。

これは、清水さん書く本だから面白いという
高い期待値があってのことです。

本書で私が参考にしたいと思ったのが、
不意に受けた悪口に対しての切り返し方法です。

特に職場での会話では、軽口で言っている
相手に対して、正面切って反論してしまうと、
気まずい状況になってしまいます。

本書で紹介されていたのは、
次のような返し方です。

 悪い切り返し例)
  「しかしまあ、やっつけ仕事だねえ」
  「失礼なこと言わないでください。
  どこがやっつけ仕事なんですか。(怒)」

 良い切り返し例)
  「しかしまあ、やっつけ仕事だねえ」
  「◯◯さんとは違います(笑)」

これをあくまで冗談のように言います。

相手が軽口めかして言っているのに対して、
こちらも軽口めかして言い返すのがコツ。

そして、本書ではうまい会話の極意として
次のようなアドバイスで締めくくられて
いました。

  「会話を楽しくして、相手を気持ちよく
  させるのは、一種の介護なのだ。
  相手の心を前向きなものにするのだから、
  立派な介護である。そして、介護の必要が
  ある時はそのための労を惜しんではいけない。
  真面目にきっちりとやるべきなのである。」

この本から何を活かすか?

話しがうまい人は、上手な比喩を使います。

しかし、本書ではオリジナルな比喩が
考えつかない場合の「比喩探しの裏ワザ」が
紹介されていました。

それは、ことわざやよく使われる言い回しを
引用する比喩です。

  「そんな、火中の栗を拾うような
  危ないことはやめておきなさい」

  「それじゃあまるで、盗人に追い銭の
  ようなものじゃないの」

  「そんな、寝た子を起こすようなことを
  しちゃいけない」

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| コミュニケーション | 06:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「だから女は」と言わせない最強の仕事術

満足度★★★
付箋数:23

オトバンクの上田さんに献本いただきました。
ありがとうございます。

  「結論から先に申し上げます。
  仕事で何より必要な力。それは、間違いなく
  コミュニケーション力です。
  コミュニケーション力を極めることが、
  必ず仕事の成果につながります。
  これは営業職や接客業など日ごろから
  お客様と接する仕事をしている人に限りません。
  専門職で一日中パソコンの前に座っている人
  にとっても、やはりコミュニケーション力は
  欠かせないスキルです。」

コミュニケーション力というと、その人が
持って生まれた「性格」と思いがちです。

 ・あの人は社交的で、人に好かれる性格
 ・誰とでも話せる性格って得だよね
 ・私は人と話すのが苦手だから・・・

あなたは、コミュニケーション力を
このように「性格」のせいにしていませんか?

しかし、本書の著者、朝倉千恵子さんは、
コミュニケーション力を左右するのは、
「性格ではない」と断言します。

では、一体、何がコミュニケーション力を
決める要素なのか?

それは、「礼儀・礼節」。

カタチを変えるだけでコミュニケーションは
うまくいくようになり、それは何歳からでも
身につけられるスキルなのです。

実際に朝倉さん自身も30歳を過ぎてから、
表情や立ち振舞い、言葉遣いなどの
礼儀・礼節を徹底的に身につけることで、
飛躍的にコミュニケーション力を
伸ばしたといいます。

なぜ、礼儀・礼節を身につけると
コミュニケーション力が伸びるかというと、
それは相手に対する思いやりや優しさを
形にしたものだからです。

本書は「前を向く女性の努力を
結果に変える本」というサブタイトルが
ついていますが、女性だけに役立つ本では
ありません。

男女の違いを踏まえてコミュニケーション力を
伸ばすためのヒントが書かれているので、
男性が読んでも十分役に立つ本です。

  「そもそも男性と女性では身体的特徴が
  違うように、価値観や考え方、脳の構造まで
  全く違います。そのことを理解せずに、
  型にはめようとしたところで、女性たちが
  イキイキと仕事ができるようにはならず、
  結局女性の能力を活かすことができません。
  まず男性と女性の違いをしっかり認識した
  上で、それぞれの長所は活かし、
  短所は補いあっていくような関係性に
  シフトしていくべきではないでしょうか。」

本書では、女性が中心ではあるものの、
男性の上司・部下・同僚との付き合い方、
女性の上司・部下・同僚との付き合い方の
シチュエーション別に対処方法を解説します。

男性の私から見ても、朝倉さんは
「男性心理がよくわかっているなー」
と感心しました。

また、「女性って、こういう考えなのか」
という発見がいくつもありました。

特に「男性に媚びない女性の言動や仕草」や
「女性の涙」などは、多くの男性上司にとって
有益なアドバイスになると思います。

そして、職場で悩みのタネである人間関係も、
男女で使い分けたコミュニケーション力を
身につけると、かなり円滑にいくようになる
ことでしょう。

 Chapter1 仕事で何より必要な
     コミュニケーション力

 Chapter2 社内の人間と向き合う(男性編)
  ~「だから女は」と言わせない最強の仕事術~

 Chapter3 社内の人間と向き合う(女性編)
  ~女の敵は女!? 仕事で結果を出すには
  女性を味方につけろ!~

 Chapter4 お客様と向き合う
  ~押しは強いのに、しつこくない!
  最強の営業術~

 Chapter5 パートナーと向き合う
  ~「仕事と私どっちが大事?」から
  「仕事とオレどっちが大事?」の時代に~

 Chapter6 自分自身と向き合う
  ~夢は叶う! なりたい自分を鮮明に描こう~

この本から何を活かすか?

本書の最終章は自分のやりたいことを見つけ、
理想の姿を明確にするワークが掲載されています。

目の前の仕事をこなすことも大事ですが、
人生の目標を持っているかどうかが、
日々の仕事への取り組み方に影響します。

ぼやっとした夢があっても、それをどう
実現したらいいかわからない方にも、
本書の書込み式ワークは有効だと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| コミュニケーション | 05:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フィードバック入門

満足度★★★
付箋数:24

2000年代後半頃から各企業の管理職研修には、
「コーチング」が次々と導入し始められました。

上司は部下に問いかけて、部下が自発的に
語ることを重視して、相手の中にある
答えを引き出すコーチング。

それまで行われていたティーチングを否定して、
育成においては、むやみやたらにコーチングが
もてはやされた感もありました。

しかし、蓄積された業務経験がない新人に、
「君はどうすればいいと思う?」と聞いても、
その問いに答えようがありません。

実際、ティーチングがいいか、
コーチングがいいかは、ケースバイケース。

この両方の要素を含んで部下育成を行うのが、
本書で解説される「フィードバック」です。

フィードバックは、次の2つの働きかけを
通して、問題を抱えた部下や、能力・成果が
あがらない部下の成長を促進させます。

 1.【情報通知】
  たとえ耳の痛いことであっても、部下の
  パフォーマンス等に対して情報や結果を
  ちゃんと通知すること(現状を把握し、
  向き合うことの支援)

 2.【立て直し】
  部下がパフォーマンス等を認識し、自らの
  義務や行動を振り返り、今後の行動計画を
  立てる支援を行うこと(振り返りと、
  アクションプランづくりの支援)

フィードバックの2つの働きかけのうち、
「情報通知」がティーチング的側面を含み、
「立て直し」がコーチング的側面を含みます。

本書は、人材育成の要となるフィードバック
についての入門書です。

著者は、東京大学 大学総合教育センター
准教授の中原淳さん。

「大人の学びを科学する」をテーマに
企業や組織での人材育成やリーダーシップ
開発の研究を行っている専門家です。

さて、本書のメインとなるフィードバック
技術の概要は以下の通りです。

 【事前】…情報収集:SBI情報の収集
 【フィードバック】
  1. 信頼感の確保
  2. 事実通知:鏡のように情報を通知する
  3. 問題行動の腹落とし:対話を通して
   現状と目標のギャップを意識化させる
  4. 振り返り支援:振り返りによる真因探求、
   未来の行動計画づくり
  5. 期待通知:自己効力感を高めて、
   コミットさせる
 【事後】…フォローアップ

フィードバックで最も大切なことは、
「フィードバックから始めない」ことです。

「事前」と「事後」を含めた全体が
フィードバックで、特に事前に相手を
よく観察して、情報収集しておかなければ、
相手に刺さるフィードバックはできません。

準備しておくSBI情報とは、「どんな状況で、
部下のどんな振る舞いが、どんな影響を
もたらしたのか」を明確にしたものです。

S=シチュエーション、B=ビヘイビア、
I=インパクトの頭文字をとった情報です。

そして、フィードバック面談が終わった後、
フォローアップとモニタリングをすることも、
行動を改善するためには、決定的に重要です。

これまでフィードバックという言葉自体は
よく耳にしたことと思いますが、
体系化された技術として学んでいる方は
少ないと思います。

本書ではケーススタディやQ&Aを含め、
職場で使える実践的なスキルとして、
フィードバックの技術をわかりやすく
解説しています。

対人スキルですから、今日覚えて明日から
使えると言えるほど簡単ではないと思います。

しかし、本書の解説を読むことと
フィードバックの実践を繰り返しながら、
身につけたい技術だと思います。

この本から何を活かすか?

フィードバック実践の5つのチェックポイント

フィードバックの際、特に気をつけておきたい、
難しいポイントは以下の通りです。

  1. 相手としっかり向き合っているか?
  2. ロジカルに事実を通知できているか?
  3. 部下の反応を見ることができているか?
  4. 部下の立て直しをサポートできているか?
  5. 再発予防策をたてているか?

効果的なフィードバックをするためには、
この5つを自分に問い、チェックする必要が
あるようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| コミュニケーション | 06:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

会話がはずむ雑談力

満足度:★★★
付箋数:23

2010年4月に刊行されて大ベストセラーになった
齋藤孝さんの『雑談力が上がる話し方』。

これに続いて、2014年4月に刊行された
雑談力が上がる大事典』は実践編という
位置づけでした。

本書は、この「雑談力」シリーズ最新作で、
正統的な続編に当たる本です。

  「前著『雑談力が上がる話し方』で、
   “雑談のベストタイムは30秒” という話を
  書きましたが、雑談はもっと短い時間でも
  十分に成立することに気づきました。
  そこで、この本は、雑談を次のように
  定義したいと考えます。
  雑談のベストタイムは “30秒” 。
  そして、雑談になり得る時間の
  最小単位は “10秒” 。
  10秒あれば、誰もが雑談できる。
  逆に言えば、雑談は10秒で十分なのです。」

本書で齋藤さんが教えるのは、「10秒」で
しっかり成り立つコミュニケーション。

例えば、マンションのエレベーターでの
こんなやり取りです。

 A 「お出かけですか、どちらまで?」
 B 「中学の同窓会に。20年ぶりなんですよ」
 A 「それは楽しみですね。いってらっしゃい」

この10秒というのが、雑談にとっては絶妙で、
ほんのちょっとの「すきま時間」を
「気まずい時間」から「心地よい瞬間」に
変えることができます。

本書の10秒雑談は、次の3ステップから
成り立っています。

 ステップ1 声をかける
  軽い「あいさつ」で相手の警戒心を解きます。

 ステップ2 話す
  「+アルファ」で場の空気をほぐします。

 ステップ3 別れる
  「ではまた」とサッと切り上げます。

ここで雑談が苦手な人が困るのが、
ステップ2の「+アルファ」で何を話せば
いいかです。

ここでは、「今日も寒いですね」などの
「とりとめのない」話しがベストです。

相手との距離を縮める「+アルファ」。

この何気ない会話をするために、
本書では、3つのルールを示しています。

 ルール1 中身がないことに意味がある
    ―だから誰とでも話せる

 ルール2 結論はいらない
    ―「白黒つけない」から傷つけない

 ルール3 サクッと切り上げる
    ―「長引かせない」から後を引かない

「お盆だから、電車は空いてますね」
「選挙が近いから毎日にぎやかですね」
「この踏切なかなか開きませんね」

このように内容だけ見れば、
「だからどうした」というレベルの話が、
雑談には丁度いい。

正確に伝えなければならないことや、
しっかり聞かなければならないことは、
何もありません。

同じ場所、同じ時間の空気を共有できれば
それで十分なのです。

  「いかに中身のない話ができるか。
  世の中の9割を占める中身のない雑談にこそ、
  人と人とのコミュニケーションにおける
  本当に大事なポイントが存在しています。」

私は雑談が苦手ですが、本書を読むと、
これまでは頑張って中身のある話を
しようとしていたのかもしれません。

「雑談は中身がないことに意味がある」
という考えは、私にとって大きな発想の
転換になりました。

この本から何を活かすか?

相手に気持ちよく話させる「相づち」

 同意 : 「なるほど」「確かにそうですね」
 共感 : 「すごくわかります」「ですよねぇ」
 驚き : 「え~信じられない」「マジですか」
 称賛 : 「すごい、すごい」「さすがですね」
 促し : 「でどうなりました?」「それから?」

無理して自分から話そうとせず、
相手を否定せずに、いいタイミングで
合いの手を入れるだけでも、
雑談は十分に成立するようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| コミュニケーション | 06:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT