活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

超一流の相談力

満足度★★★
付箋数:24

著者の作佐部孝哉さんから献本いただきました。
ありがとうございます。

あなたの職場には、次のような人はいませんか?

 ・実力がないように見えるのに、まわりからの
  評価は高く、昇進が早い人

 ・調子がいいだけに見えるのに、実力以上の
  成果を残している人

 ・あまり仕事をしていないように見えるのに、
  まわりからいつも助けてもらっている人

実はこれらの、実力以上の評価を得ている人が
共通して使っている力が「相談力」です。

「相談」こそが、仕事と人生を変える鍵。

  「多くの人は、この相談が持つ “本当のパワー”
  に気づいていません。むしろ、誤解している方が
  多く、結果的に大きな回り道や無駄な努力を
  してしまっています。」

私たちは社会人として働くようになってから、
ビジネスの基本動作として「報連相」の
重要性を何度も教えられてきました。

しかし、報連相の最初の2つ、報告と連絡に
ついては、いつ、どのようにすべきかを教わり、
繰り返し実践していても、意外と最後の
相談についてはその方法を教わっていません。

 「困ったときには、いつでも遠慮なく
 相談してこいよ」

このように言われるだけで、実際には、
いつ、どうやって、どんな相談をしたらいいのか、
具体的に教えてもらった記憶がないはずです。

ビジネスを取り巻く環境が変化し、
テクノロジーが発展すると報告と連絡は
システムで自動化されるようになります。

それに対して、相談は自動化できないので、
これをうまく使ってまわりの力を引き出せるか
否かが、成果の違いに大きな影響を与えます。

また、頭の回転が速い人ほど、相談するより、
自分で先に進めた方が効率がいいと考えがち。

 「相談しても、どうせいい答えが得られない」

このように考えて、あまり相談していない人も
いるはずです。

しかし、相談すると、いい答えをもらえなくても、
「自分の味方」をつくることができます。

人は相談されると、頼りにされていると感じ、
嬉しく思うものです。

相談された人は、自分でいい答えを出せなくても、
更にまわりを巻き込んで、頼ってきた人に
協力してあげようとします。

ですから、本当は自分で解決できることでも、
まわりに相談しながら進めた方が、
協力者が増え、スムーズに事が運ぶのです。

  「本書では、相談力を高める考え方と
  テクニックをお伝えしています。これまで私が
  出会ったきた “超一流” の実力を持った人たち
  から学んだことや、数百というクライアントから
  相談を受け、また相談してきてた実践例から
  確実に効果のあった方法を取り上げ、
  誰でも日常に取り入れられるようなものに
  絞り込みました。」

本書では、最初に相談力が持つメリットと
パワーを知ることから始まります。

  1. 問題解決がどんどん進む
  2. もっと大きな成果を手に入れることができる
  3. 自分自身がどんどん成長できる
  4. 頼りになる人脈が手に入る
  5. 心が落ち着いて自信がつく
  6. 自分から新しいことに挑戦できる

ただし、同じ内容でも、相手に協力したいと
思わせる「うまい相談」の仕方と、そうでない
「まずい相談」の仕方があります。

本書では、「まずい相談」を「うまい相談」に
変える対処法を伝授します。

今までの仕事のやり方に限界を感じていた人や、
思ったような結果が出せずに悩んでいた人には、
大きな助けになる一冊です。

また、現在成果を出せている方でも、
本書の相談力を身につけると、もう1つ上の
ステージに早く上がれるようになると思います。

この本から何を活かすか?

本書で紹介されている相談の6つのSTEPは、
次の通りです。

  STEP1 何を相談するかを明確にする
  STEP2 相談のゴールを見極める
  STEP3 相談メモを用意する
  STEP4 誰にどんな順番で相談するかを計画する
  STEP5 最適な相談タイミングを踏まえる
  STEP6 第一印象でポイントを稼ぐ

私がこの中で、「そうか!」と思って、
膝を打ったのが、STEP5の相談のタイミング。

自分が相談される側だったら、この内容の
相談を、このタイミングでされると答えやすい
と感じるアドバイスが書かれていました。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| コミュニケーション | 06:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

人を動かしてしまう すごい質問力

満足度★★★
付箋数:18

  「人は質問されることによって考え方や
  行動に影響がでる生き物です。
   “最近調子どう?” と質問されて、
  相手に親しみを感じる。
   “何か悩みごとでもあるの?” と質問されて、
  溜め込んでいた想いを吐露する。
   “本当にそれでいいの?” と質問されて、
  考えを改める。

  これは逆に、質問をうまく使いこなせば
  人を操ることができることを意味します。

   “最近調子どう?” と質問して、
  相手に親しみを感じさせる。
   “何か悩みごとでもあるの?” と質問して、
  溜め込んでいた想いをぶつけさせる。
   “本当にそれでいいの?” と質問して、
  考えを改めさせる。

  たったひとことの“質問”によって、
  相手との距離を一気に縮めたり、知られざる
  本心を聞き出したり、さらには相手の価値観や
  行動さえも変えることができるのです。」

本書は、仕事も人間関係もうまくいく
人を動かす質問の仕方をまとめた本です。

著者は、櫻井話し方研究所所長の櫻井弘さん。

人は、質問されると、反射的にその質問に
答えようと考える生き物です。

その性質をうまく使うと、相手が気づいて
いなかったことを気づかせたり、
考え方を変えさせることができるのです。

  「質問を制するものは人生を制す」

本書では、すぐに使える47個の基本的な
質問術を4つのカテゴリに分けて紹介します。

  第1章 人を動かす質問
  第2章 話を引き出す質問
  第3章 YESと言わせる質問
  第4章 一瞬で心をつかむ質問

まず私が取り入れようと思ったのは、
言うことを素直に聞いてもらう準備として、
相手に対する思いやりや愛情を伝える質問。

  「いつもとくらべて元気なさそうに
  見えるけど、風邪とか引いてない?」

「調子悪いの?」と漠然と聞くよりも、
相手のことを気にかけている事実が
伝わる聞き方をします。

そのためには、今までと比較したり、
過去に聞いた話題からネタを選んで
質問の中に盛り込みます。

  「重要なことは相手を思いやって声をかけて
  あげた事実です。自分が大事にされていると
  感じる心のこもった言葉をかけて、
  気分を害する人はいないのですから。」

もう1つ、取り入れたいと思ったのは、
「結果」を気持ちよく話してもらうための、
「結果」より、「人」のフォーカスした質問。

  × 「プレゼン、どうだった?」
  ◯ 「プレゼン、緊張しなかった?」

たとえプレゼンの結果が知りたくても、
相手の感情や気持ちに配慮しなくては、
うまく話してもらえないことがあります。

ポイントは、自分の関心を一瞬、
「コト(結果)」より「ヒト(相手の気持ち)」
に向けること。

急いで結果を知りたい気持ちを抑えて、
気づかいのワンクッションを入れます。

そうすると聞かれた相手の心証は良くなり、
気持ちよく話してくれます。

人は理屈よりも感情で動く生き物ですから、
このような質問の仕方で、人を動かすことが
できるのです。

この本から何を活かすか?

私は、初対面の人と話すのが苦手です。

そんなタイプの人には、「あいさつの後、
間髪を入れず、一点だけ褒める」という
方法が紹介されていました。

見ず知らずの人に褒められると喜びが増す
「アロンソンの不貞の法則」と呼ばれる
効果があります。

その心理的作用を使って、互いの緊張を解き、
スムーズに会話を始めます。

  「思わず耳を傾けたくような声ですね」
  「それにしてもお体、引き締まってますね」
  「最近のご活躍、よくお噂はお聞きしています」
  「珍しい苗字ですね。その地域に多いんですか?」

露骨なヨイショにならないよう、褒める部分は
「本当にいいな」と思った1点だけに絞るのが
いいようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| コミュニケーション | 05:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

会話もメールも 英語は3語で伝わります

満足度★★★★
付箋数:27

  「 “私の仕事は英語講師です”
  これを英語にするとき、あなたはどう
  考えますか?

   “私の仕事” は My job...。
   “英語講師” は English teacher...。
  そうそう、冠詞のanをつけて
  an English teacher...。
   “~です” にはbe動詞のisを使って…。
     ↓
  My job is an English teacher.(完成!)

  正しい英語です。
  ですがこの英語、もっと簡単に、
  しかもわかりやすくできます。
     ↓↓↓
  I teach English.

  どうでしょう。
  直訳すると、 “私は英語を教えています” 
  ですが、意味は “私の仕事は英語講師です” 
  と変わりません。」

本書で中山裕木子さんが伝えるのは、
主語・動詞・目的語、いわゆる「SVO」の
基本「3語」を並べたシンプルな英語です。

実は、私たちがこれまで学校で習った、
難しい構文や多くのイディオムを使うより、
シンプルな「3語」構成の英語の方が、
正確に、しかも速く伝わるのです。

しかも、伝える内容が複雑になるほど、
「3語の英語」が威力を発揮します。

  ・There is/are構文を捨てる
  ・仮主語と仮目的語のitを捨てる
  ・SVOO、SVOC構文を捨てる
  ・受け身形を捨てる
  ・イディオムを捨てる
  ・notを捨てる

本書では、こういった英語を難しくする
要素をバッサリ捨ててしまいます。

その代わりに、「誰か(何か)が何かをする」
という平易な「3語の英語」で、最小限の単語を
使って伝えます。

すると次の3つのメリットが得られます。

  1. 結論(動作)がすぐ伝わる
  2. 組み立てやすくなり、誤りが減る
  3. コミュニケーションのスピードが上がる

決め手となるのは「動詞」です。

 「Z社は、拠点を台湾に移した」
 Z company performed shifting of its
 production to Taiwan.

この例では動詞performの使用をやめ、
動名詞のshiftingを動詞shiftとして使い、
次のように表現します。

 Z company shifted its production to Taiwan.

ちなみに、本書で言う「3語」は、
冠詞や修飾語をカウントせず、
あくまで基本構成が「3語」という意味です。

「3語の英語」は構成がシンプルなので、
組み立て手順も非常に簡単です。

 ステップ1 伝えたいことを整理する
  伝えたいことを整理し、「主語」「動詞」
  「目的語」の「3語の英語」に合う日本語に
  組み立て直します。
  この時、日本語が多少不自然になっても、
  気にしません。

 ステップ2 主語を選ぶ
  人、モノ、動作、Thisの4つの中から、
  ステップ1で整理した文に合う主語を選びます。

 ステップ3 動詞を選び、文を組み立てる
  ステップ1で整理した文に合う動詞を
  ステップ2で選んだ主語に合わせて文を完成。

本書の英語は、英単語を並べただけの
ブロークンとは異なり、文の構成を持つので、
ちゃんと伝わる英語なのです。

それでいて、ダイナミックに表現でき、
個人的には「こういう英語を使いたかった」
と強く思わせる内容でした。

ただし、ズバッと表現する分、
動詞は「中学英語」では足りず、
「高校英語」程度は必要だと感じました。

この本から何を活かすか?

<日本人にありがちな英語>
 My job is an English teacher.
 I am an editor of books.

<3語の英語>
 I teach English.
 I edit books.

こうして比べて見ると、「冠詞」の登場率が
「3語の英語」の方が少ないことがわかります。

冠詞の使い方も、私たち日本人にとって、
英語が難しいと感じる原因の1つです。

「3語の英語」は、名詞の使用も最小限になり、
冠詞の煩わしさも軽減するようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| コミュニケーション | 06:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「良い質問」をする技術

満足度★★★
付箋数:24

優秀な人と、そうでない人の差は何か?

もし、このような質問をされたら、
本書の著者で、エグゼクティブコーチの
粟津恭一郎さんは、「質問の差である」
と答えます。

例えば、社長になるような人は、
「自分が社長だったら、どうするか?」
「自分が社長なら、この問題にどう対処するか?」
という質問を、他の人よりも多く、
自分自身に対して投げかけているようです。

普段それほど意識することはありませんが、
私たちの会話の多くは、「質問」とその「回答」
で成り立っています。

そして、「質問」には、「自分と周囲の人々の
人生をより良い方向へ変える大きな力」が
あると、粟津さんは説明します。

  「質問を変えれば、行動も変わる」

ただし、質問には、そういった「良い質問」
だけでなく、相手を萎縮したり、人間関係を
悪くする質問もあります。

本書では、「どれだけ答えたくなるか」と
「どれだけ気づきがあるか」の2軸で2×2の
マトリックスを作り、質問を4つに分類します。

まず、「答えたいけれど、気づきが少ない」
のが「軽い質問」です。

これは、相手との関係を良くする質問です。

成功体験などを聞くと、「軽い質問」に
なりやすく、相手からの情報収集ができます。

次に、「答えにくく、気づきも少ない」のが
「悪い質問」です。

この質問は、相手との関係を悪化させ、
行動にもつながらず、ネガティブな印象だけを
与えます。

相手との関係に配慮せず、マイナスの表現が
含まれると、「悪い質問」になりがちです。

自分の価値観を押しつけたり、相手を
追い詰めるような質問もこれに該当します。

3つ目が、「答えたくはないけれど、
気づきにつながる」、「重い質問」です。

この質問は、相手にとっては考えたくない
ことですが、他責から自責へと気づきを
促すことができます。

「重い質問」をするときには、
質問の「目的」が共有されていなければ、
「悪い質問」になってしまうので、
注意が必要です。

最後に、「思わず答えたくなり、
新しい気づきも与える」のが、
本書が目指す「良い質問」です。

「軽い質問」を気づきをもたらすように、
あるいは、「重い質問」を答えたくなるように
変えたもの。

その特徴を一言でいうと「本質的」な
質問となります。

ただし、「誰にとっても良い質問」はないので、
相手によって内容を吟味しながら、
もっと響く内容は何かを考えて、
個別にカスタマイズしなければなりません。

粟津さんも、エグゼクティブコーチの
駆け出しの頃、良い質問のデータベースを
作ろうとしたことがあったそうです。

ところが、実際に使ってみると、ある人には
良く効いても、別の人にはまったく響かない
こともあり、「良い質問」は個別対応である
ことを実感したようです。

個別対応とは言っても、「良い質問」を
するコツや、作り方にはノウハウがあるので、
その点については本書の後半で、
シッカリと解説されています。

本書は、エグゼクティブコーチとしての
粟津さんの経験が詰め込まれた本だと思います。

  第1章 質問はなぜ重要なのか?
  第2章 質問は四つに分けられる
  第3章 「良い質問」をするコツ
  第4章 「良い質問」の作り方

この本から何を活かすか?

本書は、質問の「フレーム」については、
かなり丁寧に解説されていますが、
紹介されている具体的なフレーズは、
それほど多くありません。

そこで、先日、当ブログで紹介した
谷原誠さんの『「いい質問」が人を動かす』と
併せて読むといいと思います。

それぞれの少し足りないところを補い合います。

この2冊を揃えておけば、質問に関しては、
万全の体制と言えるでしょう。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| コミュニケーション | 06:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

自分の都合を押しつける人

満足度★★★
付箋数:20

あなたの上司には、次のような特徴が
見られませんか?

 ・自分の果たした役割や重要性を過大評価
  している。成功した場合は、部下の貢献を
  過小評価する。

 ・難しい問題が起こったとか、失敗した場合は、
  自分の責任を決して認めない。責任をすべて
  部下に押し付けようとする。

 ・部下がちょっとでも自分の意見に異を唱え
  たり、自分の方針とは違う提案をしたり
  すると、すぐに気を悪くしてイライラする。

 ・自分は特別扱いされて当然だと、
  正当な理由もないのに思い込んでいる。

 ・学歴、資格、人脈、業績・・・とにかく
  何でもひけらかす。また、どれだけ自分が
  慕われているか、どらだけ会社幹部と
  親しいかについても延々と話す。

もし、こういった特徴が見られれば、
それは「ナルシズム上司」です。

ナルシズム上司は、とにかく自己愛が強い。

自分の優位性を常に誇示せずにはいられないし、
それを他人が認めて賞賛してくれることを
期待しています。

その期待通りの反応が周囲から返ってこないと、
不機嫌になり、自分がどれだけすごいかを
認めさせるために自慢話を繰り返します。

こういった上司に遭遇したら、どのように
対処したらよいのでしょうか?

まず、一番やってはいけないのは、
上司の意見に反対したり、批判したりすること。

自分が誰よりも賢く、誰よりもよく知っている
と勝手に思い込んでいるので、こちらの
言うことを聞くどころか、激怒する可能性が高い。

認めてもらいたくてたまらない上司の欲望を
満たすために、「すごいですね」ととりあえず
ほめていい気持ちにさせます。

その上で、どうしても言わなければならない
ことを言うのがベストです。

そして、とにかく礼儀正しく接することが大切。

相手は自分が認められているか、敬意を払われて
いるかに敏感で、常に気にしています。

機嫌を損ねないように、敬語を使い丁寧な
態度を示さなくてはなりません。

また、ナルシズム上司に「ギブアンドテイク」
を期待するのは無駄です。

向こうは「やってもらって当然」と思って
いるので、あなたがいくら頑張っても、
認めてくれることも、感謝を示してくれる
ことも、まずありません。

しかも、ナルシズム上司に頼まれた仕事を、
夜遅くまで残業したり、休日出勤してやるのは、
極力、避けた方がいいようです。

この手の上司は、すぐにそれが当たり前だと思い、
更に余分な仕事を頼んでくる可能性が高いのです。

逆に、残業や休日出勤を断らなくてはならない
場合には、こっぴどく叱られるかもしれません。

もう1つ、ナルシズム上司の前で、決してやっては
いけないのは、あなた自身の成功や人脈などを
自慢することです。

常に自分が1番でないと気がすまないので、
これをやってしまうと、あなたに嫉妬して、
さまざまな嫌がらせを始めるかもしれません。

本書の著者は、人間関係分析の第一人者で
精神科医の片田珠美さんです。

片田さんは、会社にいる厄介な上司として、
ナルシズム上司以外にも、サディズム上司、
パラノイア上司、パッシブ・アグレッシブ上司
などの特徴を挙げ、その対処法を解説します。

また、会社以外で遭遇する迷惑な隣人や
自分の欲望や自分勝手な都合を
押しつけてくる人への対処法を示します。

この本から何を活かすか?

厄介な相手からの、こちらが受ける被害を
できるだけ少なくして、今後の関係をプラスに
するには、どうすればいいのでしょうか?

本書で片田さんが示す、対処法は次の5つです。

  1. すぐには言い返さない
  2. 具体的な説明を求める
  3. 向こうの言い分を確認して、
   こちらの言い分も伝える
  4. 相手の敵意や悪意をなくすのは無理と
   割り切る
  5. 接触や関係をしばらく断つ

いずれにせよ、本書で相手の心理を見極め、
冷静に対処することが求められます。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| コミュニケーション | 08:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT