活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ビジネスエリートが実践している 異文化理解の全テクニック


ビジネスエリートが実践している 異文化理解の全テクニック

満足度★★★★
付箋数:26

グローバル化の進展で、かつてないほど
外国人と接する機会が増えています。

今やビジネスをする上で、外国人との
「協働」は避けて通れなくなりました。

外国人と接するに当たり、真っ先に
思い浮かぶのは「語学」です。

しかし、語学より大切なことがある。

  「異文化のなかで働くためには、
  外国語を学ぶことももちろん大切ですが、
  それよりも大切なのがコミュニケーション
  ノウハウです。いくら外国語を勉強
  しても、その言葉を話す人々の考え方や
  価値観を理解しなければ、トラブルを
  引き起こす可能性があります。
  また、外国語の習得はそれなりの時間を
  要しますが、異文化コミュニケーション
  のノウハウは、その気になれば、
  すぐに身につけて実践することが
  できます。」

語学よりも大切なのは、「異文化理解」。

異文化理解は、知らなかったでは
済まされない、必須のスキルです。

よく「日本の常識は世界の非常識」と
言いますが、それではダメなのです。

本書の著者は、異文化人材マネジメント・
コンサルタントの齋藤隆次さんです。

齋藤さんは、これまで20カ国以上、
のべ5000人以上の外国人に接してきた
経験があります。

  「本書で取り上げたのは、私がこれまで
  仕事上でつながりのあった国や地域、
  及び(齋藤さんの)二人の子どもを
  通じて関わりのあった国々が中心です。
  また、本書に記した内容は、私個人の
  体験や見知に基づくものであり、
  当該国のすべての人々に当てはまる
  わけではないことをお伝えします。」

齋藤さんはこのように述べていますが、
本書では主だった国や地域は、およそ
網羅されています。

また、実体験を通じているからこそ、
借りてきた言葉ではなく、リアルな
アドバイスとして伝わってきます。

本書では、異文化理解の基本10項目を
説明した後、アメリカ、ヨーロッパ、
中国、イスラム諸国、ベトナム、
アジア諸国、インドの順で解説します。

アメリカや中国以外でのマナー等が
網羅されているのは有り難いです。

例えば、イスラムの人々との会話では、
どのようなトピックを選べばよいのか?

聞いてあげると相手が喜ぶトピックは、
イスラム教のことや歴史や文化について。

宗教の話題は避けたほうがいいのかと
思いましたが、そうではありません。

イスラム教徒の人々は、イスラム教に
誇りを持っていて、世界の人々にも
知ってほしいと思っているようです。

そのため外国人からイスラム教について
質問されるのは大歓迎なのです。

反対に聞かないほうがいいトピックは
イスラム教と他の宗教との優劣を
論じるような質問と政治に関する話題。

イスラム教徒は自分たちが信じる神が
唯一だと信じていますが、他の宗教を
否定しているわけではありません。

また、イスラム圏の国々のなかには、
封建制が残っていたり独裁体制が
敷かれている国も多くあります。

ですから、政治に関することは
話題にしない方が無難です。

アジアを中心にイスラム教徒の人口は
急激に伸びています。

その人口は2030年にはキリスト教を抜き、
2050年には世界人口の3分の1になると
見込まれています。

そのためイスラム教への理解も、
深めておいて損はない常識なのです。

本書は「教養」としての異文化理解を
短時間で身につけられる良書です。

是非、手元に持っておきたい本です。

この本から何を活かすか?

あなたは、日本の文化について外国人に
わかりやすく説明できますか?

日本には外国人が興味を持つ、
素晴らしい文化があります。

外国人は日本の文化を楽しむだけでなく、
その背景も知りたいと思っています。

  「外国人が強い興味を示す新旧日本の
  カルチャーについては、日本人として
  一通り知識を身につけておきましょう。
  外国のことを勉強するだけが異文化理解
  ではありません。」

外国のことを勉強するだけが、
異文化理解ではないようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| コミュニケーション | 05:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1兆ドルコーチ シリコンバレーのレジェンド ビル・キャンベルの成功の教え


1兆ドルコーチ シリコンバレーのレジェンド ビル・キャンベルの成功の教え

満足度★★★★
付箋数:28

あなたは、ビル・キャンベルさんの
ことを知っていますか?

一部の方は、ご存知だと思いますが、
日本ではそれほど知られていません。

本名、ウィリアム・ヴィンセント・
キャンベル・ジュニア。

彼は、2016年の4月に亡くなりました。

その葬儀に参加したのが次の方々です。
(人数が多いので敬称略)

ラリー・ページ、セルゲイ・ブリン、
マーク・ザッカーバーグ、
シェリル・サンドバーグ、
ティム・クック、ジェフ・ベゾス、
エリック・シュミット・・・・

これほどの面々が一同に会するのは、
シリコンバレーでも異例のことです。

なぜ、これほどの著名人たちが、
キャンベルさんの葬儀に集まったのか?

それは、彼がシリコンバレーでは、
伝説的なビジネスコーチだったからです。

あのスティーブ・ジョブズさんが、
メンター、コーチとして慕い、
アドバイスを求めて毎週会っていた
という人物です。

キャンベルさんは、「1兆ドルコーチ」
とも呼ばれていました。

  「ビル・キャンベルは1兆ドルにも
  値するコーチだった。
  いや、1兆ドルは彼が生み出した
  価値に遠くおよばない。
  彼はスティーブ・ジョブズがつぶれかけ
  のアップルを立て直し、時価総額
  数千億ドルの会社にするのを助けた。
  ラリー・ペイジとセルゲイ・ブリン、
  エリックがスタートアップだった
  グーグル(現アルファベット)を
  時価総額数千億ドルの企業にするのを
  助けた。これだけでも1兆ドルを
  大きく超えているが、ビルがアドバイス
  した企業はほかにも数しれない。
  その意味で、ビルは史上最高の
  エグゼクティブコーチだった。」

これだけの実績を残していながら、
なぜ、キャンベルさんは世間では
あまり知られていないのか?

それは、キャンベルさんが黒子に徹し、
世間の注目から身を遠ざけていた
からです。

そのためシリコンバレー最大の秘密と
言われ、キャンベルさん自身のことや、
そのコーチングは謎に包まれていました。

そして、結局、表舞台に立つことなく、
2016年に亡くなってしまいました。

本書は、「キャンベルさんの教えを
シェアしなければすべて失われてしまう」
という危機感から執筆されました。

著者は、元グーグルの会長兼CEOだった
エリック・シュミットさんを含めた
How Google Works』の共著者でもある
グーグルの幹部3名です。

では、キャンベルさんは、一体どんな
コーチングをしたのでしょうか?

彼には「人がすべて」という最優先の
原則がありました。

  「どんな会社の成長を支えるのも、人だ。
  マネジャーのいちばん大事な仕事は、
  部下が仕事で実力を発揮し、成長し、
  発展できるように手を貸すことだ。」

端的に言うと、部下のしあわせと成功を
最優先課題とし、支援・敬意・信頼を
通じて部下に接しすることを促しました。

本書は、キャンベルさんが実際に
何を、どうやってコーチしていたのかを
明らかにします。

  「まず、ビルはスタッフとの1on1
  ミーティングや、むずかしい従業員への
  対処といったマネジメントスキルを、
  どうやって細部に至るまで正しく
  実践していたか。
  第2に、一緒に働く人たちとどうやって
  信頼関係を築いていったか。
  第3に、彼はどうやってチームを構築
  していったか。
  最後に、ビルはどうやって職場に
  愛を持ち込んだか。」

実際にキャンベルさんからコーチングを
受けた著者3人が、他にも多くの方の
協力を得て、本書を完成させました。

部下を持つ方には、必読の書です。

この本から何を活かすか?

キャンベルさんは、コミュニケーションが
会社の命運を握ると考えていました。

そのため「1on1を正しくやる」ことと、
「スタッフミーティングを正しくやる」
ことが最重要原則の筆頭にありました。

1on1では、「君のトップ5はなんだ」と
聞き、議論すべき5つを挙げさせます。

そして部下が実力を発揮し、成長する
手助けができるよう、入念な準備をして
1on1に臨みます。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| コミュニケーション | 05:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

神トーーク 「伝え方しだい」で人生は思い通り


神トーーク 「伝え方しだい」で人生は思い通り

満足度★★★★
付箋数:28

職場、仕事関係、恋人、家庭、友人、
地域コミュニティ、SNS・・・。

私たちが生きていく上での「悩み」は
いたるところにあります。

しかし、その「悩み」の約9割は人間関係
によるものと言われています。

なぜ、人間関係で悩むかというと、
それは「相手」がいるから。

自分が思っていることは、なかなか
相手に伝わりませんし、思い通りに
相手は動いてくれないものです。

しかし、本書の著者、星渉さんは、
「どんな相手でも自分の思い通りに
動いてくれる伝え方」は存在すると
言います。

その方法が、本書の「神トーク」。

ベースになっているのは、
デール・カーネギーさんの世界的名著、
人を動かす』です。

しかし、星さんが『人を動かす』に
書いてあることを実践すると、
実際に上手くいくことと、
いかないことがあったそうです。

失敗をしてみて、『人を動かす』には
足りないものがあることに気づきました。

それが、「科学的根拠」です。

本書で紹介される「神トーク」は、
昔からある「人を動かす法則」から
心理学や脳科学の科学的根拠がある
ものを厳選して、アレンジしたもの。

特に、実際にトークや行動を使う
場面への実用的なアレンジが秀逸です。

いくら理論的に人を動かす方法でも、
それが実践しにくかったり、現実離れ
していると机上の空論になってしまいます。

星さんの「神トーク」のいいところは、
本当に使えるレベルまで落とし込まれて
いるところです。

人の心を動かすために、基本となるのは
次の3つの絶対条件です。

 1. 話を聞くに値する人と思われる
  日常での振る舞い
 2. 相手に「安心感」を与える
 3. 相手の「自己充実感」(承認欲求)
  を満たす

この3つを基本として、あなたが伝え
ようとするアドバイスや指示が、
相手が「自分で気づいた」と思う状態を
作り出します。

例えば、相手に「安心感」を与えるために、
相手を否定する言葉は使いません。

「でも」「だって」「えっ?」など
逆説的な意味がある反応も禁止。

相手の話を遮らず最後まで聞いて、
「そう思っているんですね」と
受け止めます。

そして、相手が自分と違う意見でも
「なぜそう思ったのか教えてもらえ
ますか?」と尋ねます。

この時に、腕や足を組んだり
してはいけません。

努めてこやかな笑顔で、
相手の話を聞きましょう。

そして、「私はあなたの味方
だから安心してください」と
言葉にして伝えます。

最後に、話をすべて聞き終わったら、
「他にもっと話しておきたいことは
ありませんか」という魔法のフレーズ
を使います。

これで、相手には絶対的な安心感を
与えることができます。

相手にとって欲しい行動があっても、
まず聞く耳をもってもらう。

最初に安心感を与えて信頼関係を
築くことが何より先決です。

その上で、相手に質問繰り返しながら、
あなたの意図することを相手に気づかせ、
自分で気づいたように導きます。

このとき、アドバイスを求めるように
聞いていくと、相手の「自己重要感」を
高めることができます。

本書では、これらが「神トレ」として、
1つ1つ実践しやすいトレーニングに
なっているのが有り難い。

いろいろな心理学・脳科学系の本が
出版されていますが、本書は最高レベルに
実用性が高い本だと思います。

この本から何を活かすか?

「好き」と伝えると、信頼度が増します。

しかし、いきなり職場で「あなたが好き」
と伝えると、セクハラと言われてしまう。

そこで次の方法で「好き」を伝えます。

 1. 「集団」を好きだと言う
  例)本当にこのチームのみんなが好き

 2. 相手の「行動」を好きだと言う
  例)最後まで諦めない姿勢が好き

 3. 相手の「モノ」を好きだと言う
  例)その靴の色、素敵ですね

相手の集団・行動・モノを対象にして、
「好き」という言葉を伝えます。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| コミュニケーション | 05:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スピーチや会話の「えーっと」がなくなる本


スピーチや会話の「えーっと」がなくなる本

満足度★★★
付箋数:23

フォレスト出版の三上さんより
献本頂きました。ありがとうございます。

人前で話をするときに、「えー」「あー」
が、つい入ってしまう人は多いと思います。

少ない回数なら、あまり気にならず、
その人の人柄が出ていると、好意的に
受け取られることもあります。

しかし、「えー」「あー」の回数が
多過ぎると、いくら話す内容が良くても、
それが邪魔になって、内容が伝わりにくく
なってしまいます。

この2つの挨拶を比べてみると、相手に
与える印象の違いがわかるでしょう。

「えー」「あー」が多い挨拶
  「えー、本日はお日柄もよく、
  えー、清々しい天候に恵まれまして、
  皆様におかれましては、あー、
  ますますご健勝のことと、えー」

「えー」「あー」がない挨拶
  「皆さん、今日はとてもいい天気ですね。
  お元気ですか?
  元気に決まっていますよね!」

そう言えば学生時代に、「えー」を多発
する先生がいて、1回の授業で何回言うかを
数えた記憶があります。

そこまでヒドくなくても、「えー」「あー」
が多いと、聞く相手に次のような印象を
与えてしまいます。

 ・心が定まっていないと聞き手に思われる
 ・自信がない人と思われてしまう
 ・嘘をついていると思われる

本書は、タイトルの通り「えー」「あー」を
なくすための本です。

著者は、スピーチトレーナーとして
多方面で活躍する、高津和彦さんです。

本書では、「えー」「あー」などの無駄な
言葉のことを「フィラー」と呼びます。

フィラーとは学術論文でも使用される
用語で、「詰める」を意味する「fill」に、
「するもの」を意味する「er」が付いた
言葉です。

ところで、なぜフィラーは出てしまうのか?

高津さんは、次の3つの要素がフィラーが
つい出てしまう原因だと解説します。

 1. 心(感情・性格)
  緊張している、自信がない、
  カッコつけようとしている

 2. 思考
  話す内容が決まっていない、
  長い原稿を暗記している

 3. 声
  声が小さい、1センテンスが長い、
  滑舌が悪い

「えー」「あー」がない人の代表として
すぐに思い浮かぶのはアナウンサーです。

アナウンサーは、特に3つ目の「発声」が
鍛えられているので、フィラーが出ない
話し方ができるのです。

では、フィラーをなくすためには、
どうすればいいのでしょうか?

まず、大切なのは「フィラーを出さない」
と意識して話すことです。

そして、フィラーの出ない話し方を
身体に覚えさせ、意識しなくても
できるように、習慣化していきます。

本書では、そのためのトレーニング方法が
9つ紹介されています。

 Training1. 鏡前1分間スピーチ
 Training2. アナウンサーに勝つスピーチ
 Training3. 手話通訳者の身振り手振りを
       超えろ
 Training4. 声なし・身振りのみスピーチ
 Training5. 家中歩き回りスピーチ
 Training6. 誰かに聞かせる家スピーチ
 Training7. 単文スピーチ
 Training8. 相手に自分のスピーチを
       繰り返してもらう
 Training9. 写真を見て即20秒スピーチ

手軽に1人でできるものから、協力者を得て
実践するものまで、バラエティに富んだ
トレーニングが用意されています。

あまり「えー」「あー」がそれほど
気にならない人でも、少しトレーニングを
するだけで、今までより説得力のある
話し方が身につけられると思います。

この本から何を活かすか?

「えー」「あー」を言ってしまうのは、
日本人特有のものではないようです。

本書には、巻末に「英語のフィラー」が
掲載されていました。

Um Uh、Well、Like、 I mean、You know、
And、Let's see、Let me see・・・

これら語が入ると、ネイティブっぽい
印象を受けていましたが、あまり意味のない
つなぎ言葉なんですね。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| コミュニケーション | 05:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

自分のことは話すな 仕事と人間関係を劇的によくする技術


自分のことは話すな 仕事と人間関係を劇的によくする技術 (幻冬舎新書)

満足度★★★★
付箋数:26

  「そもそも “相手は自分の話に大して
  興味を持っていない” という客観性を
  持ち合わせている人は、どれだけいる
  のでしょうか。
  実は、このことを意識して話して
  いるかどうかで、仕事も人間関係も、
  ものすごく大きく変わるのです。
   “自分のことは話すな” という
  シンプルな考えこそが、本書で、
  私が最も使えたいメッセージです。」

本書は、あなたのコミュニケーションを
改善するための本です。

著者はイメージコンサルタントであり、
化粧品・ファッションアイテムを扱う
会社も経営する吉原珠央さんです。

私たちの一般的な常識を覆すような
発言が多いので、拒否感を持つ人も
いるかもしれません。

しかし、よくよく読んでみるとかなり
本質的な話をしているので、最後まで
読むことをオススメしたい本です。

一般的に「雑談」は、ビジネスでも
相手との関係性をつくるために、
ある程度必要と考えられています。

しかし吉原さんは、「雑談」は時間の
ムダでしかなく、不要と説きます。

ちなみに、吉原さんの言う「雑談」は、
大きく分けて3種類あります。

1. 相手から「求められいない話」
  あなたからのアドバイスなど、
  ごく一般的な内容

2. 「○○であろう話」
  確証のない噂や推測の「多分~だと
  思います」といった内容

3. 「得のないムダな話」
  会話を途切れさせないためだけの
  「だから何?」といった誰も得を
  しない内容

確かに、こうハッキリと書かれると、
なくてもいいような印象を受けます。

では、「雑談」をぜずに、どのような
話をすれば、相手との良い関係を
築けるのでしょうか?

吉原さんが勧めるのは「少し先のこと」。

相手にとって、次に何が起こるかを
想定して、提案を会話に盛り込みます。

そうすると、プロフェッショナルである
印象を相手に与えることができます。

では、一般的な「天気の話」などは、
しない方がいいのでしょうか?

吉原さんがムダと言っているのは、
「天気の話」を単なる「雑談」のまま
終わらせてしまうことです。

天気の話題がNGなのではなく、
関係が一歩前進するように、会話を
着地させることが求められます。

<NG例>
 あなた「今日は本当によいお天気ですね」
  相手「はいそうですね」
 あなた「はい。晴れてくれて本当に
     よかったです」
  相手「ええ・・・」

この会話の着地点を少し変えることで、
「雑談」で終わらせないようにします。

<OK例>
 あなた「今日は本当によいお天気ですね」
  相手「はいそうですね」
 あなた「こんなに晴れた日に中島さんに
     お目にかかれるなんて、縁起の
     よいスタートとなり嬉しいです。
     本日は、お忙しい中、お時間を
     いただき・・・・」

このように感謝の気持ちを伝えながら、
本題に入っていきます。

また、相手が延々と「雑談」をする様子が
あれば、次のように失礼なく切り上げます。

 1. 共感・心配の一言
  「それは辛いでね」「それは心配です」

 2. 即行動の提案
  相手のためにベストなことを提案

 3. 即実行
  具体的なアクション

本書には、会話の具体例も掲載されて
いますから、参考にしたいところです。

吉原さんの提案は、結構ハードな印象が
あるので、合う人と合わない人がいる
かもしれません。

しかし個人的には、実践してみようと
思う会話のヒントが沢山ある本でした。

この本から何を活かすか?

 「出会ったら相手のことを3つ知ろう」

会話では、自分のことを話すのをやめ、
相手のことを話すようにします。

そのために、「私は」と自分を主語に
して話し始めるのではなく、相手の名前
を声に出して、相手が話せるように
話題をふります。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| コミュニケーション | 05:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT