活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「超」実用的 文章レトリック入門

満足度★★★
付箋数:21

プロになれそうな文章と、そうでない文章の
違いとはなにか?

  「文章を読んでプロになれるか、
  なれないかを判断しろと言われたら、
  レトリックのうまい下手がその境界線かなあ。
  プロになれる人はどんな人でも、
  比喩が抜群にうまいよね」

これは、本書で紹介されていた、
ある直木賞作家の発言です。

レトリックとは、文章やスピーチなどに
豊かな表現を与えるための修辞技法。

簡単に言うと、効果的な言語表現のことです。

その起源は、西洋最大の哲学者の一人、
アリストテレスさんによる「弁論術」にある
と言われています。

レトリックは古代ギリシャで発達してから、
西欧社会では2500年の歴史を持つ表現技法です。

うまい文章や面白い文章には、
レトリックが巧みに使われています。

本書は、文章レトリックの使い方教室です。

著者は、朝日新聞の記者、週刊朝日の編集長
として活躍した加藤明さん。

本書には、他のレトリック本に見られない、
3つの大きな特徴があります。

  1. レトリックが体得できるように、
   書く人の目線で位置づけている

  2. 誰もが簡単に使えるレトリックから順に
   紹介されている

  3. 例文はエッセイや記事、ノンフィクション
   作品など事実を記した作品が中心

紹介されているレトリックは、全部で30種類。

よく聞くレトリックから、あまり聞いたことが
ないものまであります。

 列挙法、三例法、倒置法、追加法、挿入法、
 擬人法、対照法、奇先法、問いかけ法、
 共感覚法、婉曲法、誇張法、漸降法、
 漸層法、擬物法、直喩、隠喩、換喩、提喩、
 声喩、情報待機法、破調法、反復法、
 省略法、黙説法、現写法、逆言法、緩叙法、
 修辞疑問法、添義法

ちなみに、ここでズラッと並べたのは、
「列挙法」を使ったことになります。

本書では様々なレトリックが有名人の
文章と共に紹介されていますが、
個人的に参考になったのが
「何かに喩えるレトリック」です。

  「その人に文章のセンスがあるか、
  を簡単に見分ける方法があります。
  それは喩え上手か、ということです。
  文章のうまい人には、喩え上手な人が多い。
  何かに喩えて説明していくのが
  上手なのです。喩えられると、読む人も
  イメージがわいて理解・共感しやすい
  ものです。比喩のレトリックを意識
  すれば文章力は確実に上達します。」

この比喩、なかでも直喩の題材として
挙げられていたのが、お笑いコンビ、
ピース又吉直樹さんが芥川賞を受賞した
小説『火花』でした。

  「まぶたの上に光線が当たる。
  眉間の当たりを小さな虫が這い回る
  ような痒みを感じた」

直喩は「~のような」と表現するので、
わかりやすい比喩です。

その分、何に喩えるかでセンスが問われます。

巧みな直喩を思いつくには、2つの努力が
必要だと加藤さんは説明します。

1つは、質、量ともに記憶の引き出しの
中身を充実させること。

もう1つは、つねに自分らしい比喩の工夫に
チャレンジしてみること。

この2つを実践するには、普段から何かを
見たら、連想ゲームのように楽しんで
喩える習慣を持つといいようです。

この本から何を活かすか?

個人的には、使いたいと思っていても、
あまり上手く使えていないのが、
「問いかけ法」です。

本書には、問いかけ法を使う時の
ワンポイント・アドバイスがありました。

  「例えば、文章を書いている時、読む人を
  自分の世界に招き入れることを考えましょう。
  文章とはコミュニケーションです。
   “どう思いますか” とたずねてみたり、
   “やっぱりそうですよねえ” と同意を
  求めたり。時には読む人の疑問や反論を
  想定して問答スタイルを文中に取り入れる
  といいでしょう。そんな工夫を重ねていけば、
  読む人を飽きさせません。」

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 文章術 | 05:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

一瞬で心をつかむ文章術

満足度★★★
付箋数:20

素早く、心をつかむ文章は、
どのようにしたら書くことができるのか?

本書は、『世界ふしぎ発見!』などの構成を
手がける人気放送作家、石田章洋さんが
教える文章術です。

そもそも、私たち人間には先天的に
「書く」能力は備わっていません。

人類はこれまでの何十万年の歴史の中で、
話す能力はずっと以前から身につけていましたが、
書くようになったのは、僅か5千年前のこと。

ですから、書く能力については後天的に
身につけなくてはならないのです。

しかし、石田さんは「たった1つのコツ」を
身につけるだけで、素早く、心をつかむ文章を
書けるようになると言います。

そのコツとは、「しっかり考えてから書き始める」
ことです。

実は、書くことが苦手だと思っている人ほど、
書く前に考える作業をしていません。

書く内容のアウトラインをあらかじめ考えて、
決めておけば、迷うことなく書けるのです。

では、文章を書くときに、前もって
考えておくべきことは何なのでしょうか?

まずは、「テーマ」です。

その文章の読者を想定して、
読者が興味を示しそうな「問い」を、
最初に立てる必要があります。

石田が担当する『世界ふしぎ発見!』を例にすると、
「スイスはなぜ、永世中立国になったのか?」とか、
「スイス・アルプスはなぜ、世界中の人々を
魅了するのか?」といった「問い」になります。

次に、この「問い」に答える材料を集め整理します。

材料集めでは、最初にインターネットで検索して、
「あたり」をつけます。

そこから問いに対する「仮説」を立てて、
書籍や新聞雑誌記事、レポートや白書といった
本格的な情報源で深く掘り下げて調べていきます。

石田さんは、こうして調べた材料を、情報の種類や
項目ごとに「付箋」にまとめます。

材料をノートに直接書かずに、付箋に書くのは、
構成を考える際に、何度でも順番を変えられるから。

そして、「序論→本論→結論」という三部構成の
フレームで文章のアウトラインを作ります。

序論は、最初に決めたテーマの問いかけです。

本論は、集めた材料をいくつかのパターンに沿って
並べ替えます。

石田さんが黄金パターンとして紹介するのは、
「時系列」、「現在・過去・未来」、
「大状況・中状況・小状況」、「PREP法」、
「ホールパート法」の5つです。

最後の結論では、最初の問に対して、
読者が納得できるようにすっきりまとめます。

この三部構成の中で、文章の7割~8割を
占めるのが本論の部分なので、ここのパートで
読者の興味を持続させるための、6つのコツが
紹介されていました。

 1. 最後まで読ませる文章は「のど越し」がいい!
 2. 最後まで読ませる文章は「リズム」がいい!
 3. 最後まで読ませる文章は「飽きさせない」!
 4. 最後まで読ませる文章は「描写」で
  イメージできる
 5. 最後まで読ませる文章は「言葉を強調している」
 6. 最後まで読ませる文章は「?→!」の繰り返し

この記事の中では、細かなテクニックまでは
紹介できませんでしたが、本書にはこれまで
石田さんが四半世紀以上にわたり、ライターや
放送作家として培ってきたモノ書きとしての
ノウハウが詰め込まれています。

本書は、文章を書くことに悩んでる人には、
手助けになる本だと思います。

この本から何を活かすか?

  「多くの人が “黙読” で推敲していますが、
  効率がいいのは “声に出して読んでみる”
  いわゆる “音読推敲” です。
  読みやすい文章は、リズムのある文章です。
  リズムは耳で感じるのは一番ですから、プロの
  文筆家の多くが “音読推敲” を行っています。」

私も、このブログは黙読で推敲していましたが、
今日か音読推敲をしてみようと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.


このエントリーをはてなブックマークに追加

| 文章術 | 06:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

話すだけで書ける究極の文章法

満足度★★★
付箋数:23

  「本書は、人工知能の助けを借りて書きました。
  といっても、1台数億円もする巨大コンピュータ
  を買ったわけではありません。
  スマートフォンの音声入力機能を用いて
  書いたのです。本書は、私が音声入力機能を
  フルに活用して書いた最初の本です。」

これまで野口悠紀雄さんは、入力が面倒だったので、
スマートフォンは主に閲覧用の端末としてしか、
使っていなかったそうです。

しかし、音声入力を活用するようになって、
入力端末として積極的、能動的な使い方に変化し、
ついには1冊の本を音声入力で書き上げるまでに
なりました。

  「音声入力機能を使い始めた当初、私は、
  文章を “速く” 書けることに驚嘆しました。

  (中略)これは大きな驚きだったのですが、
  暫く使っていると、スピードはそれほど重要で
  ないことが分かりました。なぜなら、音声入力
  しただけでは完成品にならないからです。

  (中略)その半面、文章を書く作業が非常に
   “楽になる” ことが分かりました。」

音声入力しても、直ちに使える文章が出てくる
わけではありません。

かなり誤変換があるので、それを修正する
必要があるのです。

また、文章を書くためには、入力以外に
多くの時間を費やす作業があります。

テーマを決め、そのための材料を集め、
表現や構成がおかしくないかを確認して、
編集と推敲をくり返す。

こういった作業を伴うので、音声入力しても
全体の作業時間が大幅に短縮することは
ないのです。

では、音声入力にどんなメリットがあるのか?

  「文章を書くために最も重要なことは、
   “とにかく書き始める” ことです。
  ところが、スタートさせるのは、容易なこと
  ではありません。書き始めようとしても、
  非常に大きな慣性が働くのです。
  ニュートンの慣性の法則は、 “止まっている
  物体を動かすには力が必要” と言っていますが、
  それと同じことです。
  しかし、音声入力を用いると、
  この関門を突破することができます。
  つまり、 “出発” することが簡単にできます。
  なぜなら、思いついたことをしゃべるだけで
  文章が出てくるからです。」

私は、20年ぐらい前に、思いついたアイディアを
忘れないために、ボイスレコーダーに録音して
いたことがありました。

しかし、再生するのにも時間がかかるので、
いつの間にか、面倒になって止めていました。

それがスマホの音声入力では、
テキスト変換されるので、後から取り出したり、
検索したり、編集したりすることが容易に
できるので、随分、使い勝手がよくなりました。

ちなみに野口さんが、雑誌の記事を音声入力を
用いて書くには以下の手順を踏みます。

 1. テーマを決め、思いついた最初のメモを
  iPhoneのGoogleドキュメントに音声入力

 2. iPadでGoogleドキュメントの文章の順番を
  入れ替えるなど予備的に編集

 3. 追加メモをiPhoneに音声入力

 4. ある程度出来上がったところで、
  PCのテキストエディタを用いて本格的な編集

 5. 全体を一覧として把握するために、
  紙にプリントアウトして編集作業

 6. 雑誌誌面に掲載

一連の作業の中で、野口さんを悩ますのが、
「正本が複数できてしまう事故」が起こること。

野口さんは、この厄介な事故のことを
「ドッペルゲンガ・シンドローム」と呼んでいます。

音声入力も発展途上の技術ですが、
本書を読むと、野口さんが、新しいオモチャを
手に入れた子どものように楽しんでいることが
伝わってきます。

その好奇心こそが、野口さんが知的生産をする
原動力のように思えます。

この本から何を活かすか?

残念ながら、私はこのブログの記事を、
音声入力を使って書きしませんでした。

私は、音声入力を殆ど使っていなかったので、
今回はいつも通り、読書メモを紙に書いて、
そこからテキストエディタを使って書きました。

まずは、本書の補論にある「音声入力機能を
実際に利用するための具体的手引き」に従って、
最初の一歩を踏み出そうと思います。

散歩のときに思いついたアイディアを
メモするのに、音声入力は有用なようなので、
これから使ってみます。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.


このエントリーをはてなブックマークに追加

| 文章術 | 08:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

必ず書ける「3つが基本」の文章術

満足度★★★
付箋数:24

  「どう書くかで大切なのは、伝わるように書く
  ということです。何より描写力が問われますね。
  それからもう一点、どう組み立てるか、
  文章の構成も大切です。つまり文章は
  1.何を書くか 2.どう書くか 3.どう構成するか
  ― この『3つが基本』で、それぞれコツが
  あるんです。ぼくは内容に応じてそれらのコツも
  すべて3つの要素で説明できます。
  それで自分では、必ず書ける『3つが基本』の
  文章術、と言ったりしています。」

本書はコラムニストで、10万部突破のベストセラー
書くことが思いつかない人のための文章教室
の著者、近藤勝重さんが、誰でも簡単に書ける
文章のコツについて解説した本です。

近藤さんは、早稲田大学大学院政治研究科の
ジャーナリズムコースで「文章表現」の講義を
行っています。

本書は、そこでの授業内容や学生から質問を受けた
内容をもとに書かれています。

「何を書くか」の章で最初に紹介されている
コツは次の通りです。

 1-個人的な体験にどう意味を持たせるか。
  それが作文です。
  (1)体験 (2)気づき (3)普遍性

まず説明されているのは作文の書き方です。

「何を?」の部分の題材としては、個人的に体験
したことを取り上げます。

そして、その体験を通して気づいたことや、
発見したことを書きます。

最後は、その気づきが社会とどう関わっていのかを
考えて、普遍的な意味合いを見出して結びます。

この3つの構成で書くのがオーソドックスで、
結びの普遍性の部分に何を書くかを決めてから
書き始めるとラクに文章が書けるようです。

2番目に紹介されているコツは骨格について。

 2-何を書くか。3項目の骨格メモを手元に置いて
  書き始めてください。
  (1)初め(導入)  (2)中(展開)   (3)終わり(終結)

あの村上春樹さんの『ノルウェイの森』も
3つの骨格で構成されているようです。

書くべきポイントを、初め・中・終わりの
3項目にまとめてから取りかかると、
書く時間が大幅に短縮できます。

この3つの骨格メモにまとめることを怠って
書き始めると、文章のまとまりを欠いて、
書き直すことになって時間がかかってしまうのです。

近藤さん自身が毎日新聞の夕刊コラム
「しあわせのトンボ」を書く際にも、
必ず3つの骨格メモを書くところから
始めているそうです。

本書では、これらのような「3つが基本」について、
いろいろな作家の文章を題材に用いて解説します。

近藤さんが交流のある作家とのエピソードをなども
紹介されていますね。

さすが名コラムニストだけあって、
近藤さんの語りに自然と引き込まれて、
知らず知らずのうちに書き方のコツが
わかるようになっています。

文章の種類では、味わい深い文章であったり、
読んだ人が唸るような文章が中心です。

ですから、報告書などのビジネス文書などよりも、
作文やコラム、小論文、ブログ記事などを書く時に、
効果を発揮するコツが多いと思います。

練習問題も豊富に掲載されていますから、
読んで理解するだけでなく、自分でも文章を
書きながら上手い文章の書き方を
身につけていけそうです。

この本から何を活かすか?

 独自の見方、視点を心がけて、
 誰も書いていないことを書く方法
  (1)何? (2)なぜ (3)それにしても

近藤さんは、自身の体験エピソードを
この3つで語る簡単な例文を紹介しています。

 (1) ある時、電車に目を見張るような美女が
   乗り込んできました。 
   ところが、車内の乗客は一瞬目を奪われた
   ものの、すぐに関心を失ってしまいました。

 (2) なぜなら、彼女はすぐさまスマホに目を落とし、
   バサッと落ちてきた前髪で顔が隠れ、
   周りの女性と同化してしまったからです。

 (3) それにしても、スマホは凄い。
   何しろ美女への視線まで吸い取ってしまうのだから。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.


このエントリーをはてなブックマークに追加

| 文章術 | 08:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

エコノミストが実践するどんな相手も納得させるレポート作成術

満足度★★★
付箋数:19

  「私の専門は日本経済を中心とした長期予測、
  経済統計、マクロ経済の実証分析ですが、
  研究所から発信している “Economic Trends”
  というマクロ経済分析レポートをはじめ、
  経済誌などからの依頼による原稿を含めると
  年間150本以上を執筆しています。」

著者の永濱利廣さんは、第一生命経済研究所の
経済調査部・主席エコノミストで、
経済・金融関係者2000人以上が読んでいる
レポートを日々執筆しています。

本書は、レポート作成が生業の永濱さんが、
納得させるレポート作成の極意を公開します。

  「一般の人がプロのエコノミストが使うような
  計量経済学の推計式など覚える必要はまったく
  ありませんが、GDPや経済成長率、人口動態
  などのごく一般的な統計の調べ方、読み方を
  しっておくだけで、レポートのクオリティ、
  読ませる力はかなりアップします。
  特に企画書や提案書、視察報告書などには
  絶大な力を発揮するので、ぜひコツを身につけて
  おきましょう。」

レポートの作成手順は、それほど特殊なものでは
ありません。

  1. レポートのテーマを設定する
  2. レポートの読者を想定する
  3. 締め切りを設定する
  4. 必要な基礎データを集める
  5. 仮説を立てる
  6. 仮説を立証するためのデータを集める
  7. 仮説を立証する
  8. レポートの構成を作る
  9. レポートの執筆を行う
  10. 提出・公開する

この手順を見てもわかるとおり、
実際にレポートを書く工程は最後になりますから、
レポートの良し悪しは、そこまでの「段取り」で
9割が決まります。

特にポイントとなるのは、レポートの根拠となる
データをどこから見つけてくるかという点です。

レポートを書くために独自に調査を行うことも
ありますが、背景説明を行うためのデータは
官公庁が発表するオフィシャルデータが使えます。

例えば、総務省が発表する「家計調査」。

  「これは世帯の収入、支出、貯金や借入金の調査で、
  世帯の構成人員、職業についてもわかるのです。
  調査対象は全国の消費世帯で、168市町村から
  約9000世帯が抽出されます。選ばれた世帯は6ヶ月
  にわたって家計簿を記入し、その後は別の世帯に
  交代するという方法で調査が継続します。」

シンクタンクが発表するレポートはもちろん、
白書、雑誌、新聞などあらゆるところで
この調査のデータが引用されるようです。

誰もが入手可能なデータのどこを見て、
どのように加工するかで、レポートの説得力が
違ってきます。

このときに、自分に都合のいいデータだけを
見せるように過度に演出をしてしまうと、
レポートの信頼性が損なわれるので、要注意です。

本書は、説得力あるレポートの書き方という点では、
実例も多く非常に参考になります。

ただし、一般のビジネパーソンにとって、
レポートを作成する機会は、プレゼン資料を
作る機会ほど多くないような気がします。

会社によっては、報告内容が決まっていたり、
フォーマットが統一されていることも多いので、
自分でテーマを決めて書くエコノミストとは、
ちょっと違うのかもしれません。

しかし、文書を作成するということと、
官公庁が公開するデータを活かすという点に
おいては参考になる本だと思います。

この本から何を活かすか?

  誰でも利用できるデータサイト

本書に掲載されているデータの入手先リストから、
政府の統計を調べる際のデータサイトを紹介します。

  ・総務省統計局
  ・e-Stat(総務省統計局)
  ・白書、年次報告書等(e-Gov)
  ・時事ドットコム・グラフィック図解
  ・気象庁
  ・世界経済のネタ帳

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 文章術 | 09:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT