活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

新版 だれも教えなかった レポート・論文書き分け術

満足度★★★
付箋数:20

株式会社SCCの角井さんに献本いただきました。
ありがとうございます。

あなたは、文章を書くことに苦手意識は
ありませんか?

文章を書くことは、学生時代にも求めらますし、
社会人になっても引き続き必要です。

ですから、文章を書くのが苦手だと、
一生苦労すると言えるかもしれません。

苦手になる理由は主に2つ。

1つは、活字離れです。

活字離れは、ずい分前から言われていますが、
ここ10年~20年は携帯・スマホの普及で、
より加速したように思えます。

もう1つは、実は文章の書き方を学校では
習っていないこと。

小、中、高校を通じて、あれだけ「国語」の
授業に時間を割いたにも関わらず、
文章の書き方はほとんど教えられていません。

国語の授業で重点が置かれていたのは、
文章を読んで解釈する方でした。

学校で習うのは、「作文」書き方くらいで、
英米で行われているようなレポートや論文の
書き方の授業はありません。

いわゆる「アカデミック・ライティング」の
授業が行われていないのです。

そんな、文章を書くのが苦手と嘆く
学生の声を聞いて、麗澤大学名誉教授の
大竹秀一さんは、文章の書き方を
「書き分け術」としてまとめました。

大竹さんが、『レポート・論文書き分け術』
を最初に書いたのは2005年のことです。

好評を得て版を重ねていましたが、
今回、今の時代に合わせて「新版」として
書き直しました。

メインとなる読者層は、高校を卒業して
大学や短大、専門学校に在籍中の人たちや、
就職して実務経験の少ない社会人です。

本書の肝は「主観的文書」と「客観的文章」
の書き分けです。

主観的文書とは、自分の立場で書いた文章。
物事を主観的に述べた文章のこと。

自分の感性や感情、想像などに依拠していて、
物事について自分なりの判断、認識、見解、
意見、提案などを含みます。

客観的文書とは、第三者の立場で書いた文章。

事実あるいは真実について客観的に述べた
文章のこと。

事実または真実であることをみんなが
認めるだけの根拠や裏付かが必要です。

簡単に言うと、主観的文書と客観的文章は
「意見と事実」の書き分けということですが、
これを意識して書くことが重要です。

もちろん、主観と客観の両方が入った
「主観客観混合文」もあります。

大切なのは、自分が書こうとする文章が、
どの種類に適しているかを知っておく
ことです。

本書では文章を4タイプに分類しています。

A型 小説・詩歌
 最も主観性の強い文章で、客観的事実を
 事実として書くことはあっても、それは
 重要な部分ではありません。

B型 随筆・紀行・手紙
 主観的部分が優勢ですが、客観的事実の
 部分もある程度入ってきます。

C型 評論・ルポルタージュ
 客観的事実に関する部分が基本にあり、
 それに主観による判断や見方が付け加わります。

D型 ニュース記事・研究論文
 客観的事実が問題とされる文章で、客観性が
 最も強く要求されて、主観性はできるだけ
 抑制しなければいけません。

本書では、実例を多く用いて、文章種類別の
型を学んでいきます。

こんな本は学生時代に読みたかったと
思いましたが、そんな私の気持ちを察してか
巻末には「ビジネスマンの文章心得」も
掲載されていました。

この本から何を活かすか?

読書レポートとは、本を読んで内容を要約
したり、それについての意見や感想などを
述べたりするもの。

本書では、読書レポートの4つの攻略法が
紹介されていました。

  攻略1. 「題名」「目次」を見る
  攻略2. 目次に従って「縮約」を作る
  攻略3. 「縮約」から全体の要約へ
  攻略4. 章や節ごとに自分の意見を文全体へ

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 文章術 | 06:00 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

外資系コンサルのビジネス文書作成術

満足度★★★★
付箋数:26

  「 “外資系コンサルタントが扱う書類” と
  聞くと、PowerPpintによるチャートやExcelの
  表を思い浮かべる読者も多いだろう。
  しかしビジネスを動かすベースはWordで
  作成した文書である。PowerPpintやExcelは
  プロジェクトを加速させることはあっても、
  単体でビジネスを進めることはない。
  これはコンサルティング業界に限らず、
  すべての業種業界で言えることだ。」

本来、プレゼン用にはPowerPpint、
項目操作や数値計算を伴う表作成はExcelで
作成し、それ以外の「文書」はWordで作成
するのが適しています。

しかし、普段からWordで文書を作っている人は
それほど多くないかもしれません。

それどころか、これまでWordの文書など、
全く作ったことがない人もいることでしょう。

多くの人が、Wordを敬遠するのは、
箇条書きのマークが自動で変わってしまうなど、
設定を外さない限り、ありがた迷惑な修正が
起こり、煩わしさがあるからです。

それでも、1ページに収まらない文書や
変更履歴を残したいときなどは、
Wordで作成する方が適しています。

  「本書は単なるWordの使いこなしガイドブック
  ではありません。ビジネスシーンで求められる
  Word文書を、コンテンツの作り方とツールの
  使い方、その両方を合わせて解説する
  実践的なビジネス書です。」

著者の吉澤準特さんは、外資系コンサル会社の
日本支社で、ビジネスからシステムまで
幅広くコンサルティングを手がける方。

これまでに、次のような本も執筆しています。

 『外資系コンサルが実践する 資料作成の基本
 『外資系コンサルの仕事を片づける技術

ただのWordの操作方法の解説した本なら、
いくらでもありますが、ロジカルシンキングや
ラテラルシンキング、クリティカルシンキング
なども用いた、わかりやすく、魅せる文書の
作成方法を解説した本は珍しいと思います。

本書はロジックを構造化して、「4つのS」に
沿って文書を作成します。

 S1.ストラクチャー(Structure)
 ~論理構造を組み立てる~
  1.文書の目的をはっきりさせる
  2.ロジックを組み立てる

 S2.スタイル(Style)
 ~体裁を整える~
  1.更新しやすい文書を最初から作る
  2.推奨しない表記を避ける
  3.正しく記号を使い分ける

 S3.センテンス(Sentence)
 ~文書を整理する~
  1.言葉を簡単にする
  2.構造を単純にする

 S4.スキーマ(Schema)
 ~図表を活用する~
  1.Wordで表・図を使う
  2.チャート・グラフを使いこなす
  3.色を使い分ける

「ロジックを組み立てる」パートなどは、
さすがに外資系コンサルだけあって、
PREP法による論点のまとめ方などが
解説されています。

ちなみに、PREP法とは、Point(主張)、
Reason(理由)、Example(事例)、
Point(まとめ)からなるフレームワーク。

本書は、内容を盛り込み過ぎていて、
少し図表の文字が小さくなっています。

しかし、文書作成は、下手な本を何冊も
買うより、本書だけあれば十分です。

本書は文書作成の際には、すぐに引っ張り
出せるように、手元に置いておきたい一冊。

この本から何を活かすか?

本書では、「~性」「~的」「~化」の
熟語を使い過ぎないよう注意されています。

これらの接尾辞を持った熟語を多用すると、
文字数を節約できる反面、読みにくい文章に
なります。

「~性/~的/~化」を使うと読みにくく
なるようなら、その一部は熟語化せずに、
あえて文章で表現します。

例)課題性の高い物流安定化プロジェクトの
優先的推進によって、海外事業早期黒字化の
実現性を検証する。
       ↓
改)重要課題を抱えた物流安定化プロジェクト
の推進を優先することで、海外事業の
黒字達成を早めることができるか検証する。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 文章術 | 06:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「超」実用的 文章レトリック入門

満足度★★★
付箋数:21

プロになれそうな文章と、そうでない文章の
違いとはなにか?

  「文章を読んでプロになれるか、
  なれないかを判断しろと言われたら、
  レトリックのうまい下手がその境界線かなあ。
  プロになれる人はどんな人でも、
  比喩が抜群にうまいよね」

これは、本書で紹介されていた、
ある直木賞作家の発言です。

レトリックとは、文章やスピーチなどに
豊かな表現を与えるための修辞技法。

簡単に言うと、効果的な言語表現のことです。

その起源は、西洋最大の哲学者の一人、
アリストテレスさんによる「弁論術」にある
と言われています。

レトリックは古代ギリシャで発達してから、
西欧社会では2500年の歴史を持つ表現技法です。

うまい文章や面白い文章には、
レトリックが巧みに使われています。

本書は、文章レトリックの使い方教室です。

著者は、朝日新聞の記者、週刊朝日の編集長
として活躍した加藤明さん。

本書には、他のレトリック本に見られない、
3つの大きな特徴があります。

  1. レトリックが体得できるように、
   書く人の目線で位置づけている

  2. 誰もが簡単に使えるレトリックから順に
   紹介されている

  3. 例文はエッセイや記事、ノンフィクション
   作品など事実を記した作品が中心

紹介されているレトリックは、全部で30種類。

よく聞くレトリックから、あまり聞いたことが
ないものまであります。

 列挙法、三例法、倒置法、追加法、挿入法、
 擬人法、対照法、奇先法、問いかけ法、
 共感覚法、婉曲法、誇張法、漸降法、
 漸層法、擬物法、直喩、隠喩、換喩、提喩、
 声喩、情報待機法、破調法、反復法、
 省略法、黙説法、現写法、逆言法、緩叙法、
 修辞疑問法、添義法

ちなみに、ここでズラッと並べたのは、
「列挙法」を使ったことになります。

本書では様々なレトリックが有名人の
文章と共に紹介されていますが、
個人的に参考になったのが
「何かに喩えるレトリック」です。

  「その人に文章のセンスがあるか、
  を簡単に見分ける方法があります。
  それは喩え上手か、ということです。
  文章のうまい人には、喩え上手な人が多い。
  何かに喩えて説明していくのが
  上手なのです。喩えられると、読む人も
  イメージがわいて理解・共感しやすい
  ものです。比喩のレトリックを意識
  すれば文章力は確実に上達します。」

この比喩、なかでも直喩の題材として
挙げられていたのが、お笑いコンビ、
ピース又吉直樹さんが芥川賞を受賞した
小説『火花』でした。

  「まぶたの上に光線が当たる。
  眉間の当たりを小さな虫が這い回る
  ような痒みを感じた」

直喩は「~のような」と表現するので、
わかりやすい比喩です。

その分、何に喩えるかでセンスが問われます。

巧みな直喩を思いつくには、2つの努力が
必要だと加藤さんは説明します。

1つは、質、量ともに記憶の引き出しの
中身を充実させること。

もう1つは、つねに自分らしい比喩の工夫に
チャレンジしてみること。

この2つを実践するには、普段から何かを
見たら、連想ゲームのように楽しんで
喩える習慣を持つといいようです。

この本から何を活かすか?

個人的には、使いたいと思っていても、
あまり上手く使えていないのが、
「問いかけ法」です。

本書には、問いかけ法を使う時の
ワンポイント・アドバイスがありました。

  「例えば、文章を書いている時、読む人を
  自分の世界に招き入れることを考えましょう。
  文章とはコミュニケーションです。
   “どう思いますか” とたずねてみたり、
   “やっぱりそうですよねえ” と同意を
  求めたり。時には読む人の疑問や反論を
  想定して問答スタイルを文中に取り入れる
  といいでしょう。そんな工夫を重ねていけば、
  読む人を飽きさせません。」

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 文章術 | 05:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

一瞬で心をつかむ文章術

満足度★★★
付箋数:20

素早く、心をつかむ文章は、
どのようにしたら書くことができるのか?

本書は、『世界ふしぎ発見!』などの構成を
手がける人気放送作家、石田章洋さんが
教える文章術です。

そもそも、私たち人間には先天的に
「書く」能力は備わっていません。

人類はこれまでの何十万年の歴史の中で、
話す能力はずっと以前から身につけていましたが、
書くようになったのは、僅か5千年前のこと。

ですから、書く能力については後天的に
身につけなくてはならないのです。

しかし、石田さんは「たった1つのコツ」を
身につけるだけで、素早く、心をつかむ文章を
書けるようになると言います。

そのコツとは、「しっかり考えてから書き始める」
ことです。

実は、書くことが苦手だと思っている人ほど、
書く前に考える作業をしていません。

書く内容のアウトラインをあらかじめ考えて、
決めておけば、迷うことなく書けるのです。

では、文章を書くときに、前もって
考えておくべきことは何なのでしょうか?

まずは、「テーマ」です。

その文章の読者を想定して、
読者が興味を示しそうな「問い」を、
最初に立てる必要があります。

石田が担当する『世界ふしぎ発見!』を例にすると、
「スイスはなぜ、永世中立国になったのか?」とか、
「スイス・アルプスはなぜ、世界中の人々を
魅了するのか?」といった「問い」になります。

次に、この「問い」に答える材料を集め整理します。

材料集めでは、最初にインターネットで検索して、
「あたり」をつけます。

そこから問いに対する「仮説」を立てて、
書籍や新聞雑誌記事、レポートや白書といった
本格的な情報源で深く掘り下げて調べていきます。

石田さんは、こうして調べた材料を、情報の種類や
項目ごとに「付箋」にまとめます。

材料をノートに直接書かずに、付箋に書くのは、
構成を考える際に、何度でも順番を変えられるから。

そして、「序論→本論→結論」という三部構成の
フレームで文章のアウトラインを作ります。

序論は、最初に決めたテーマの問いかけです。

本論は、集めた材料をいくつかのパターンに沿って
並べ替えます。

石田さんが黄金パターンとして紹介するのは、
「時系列」、「現在・過去・未来」、
「大状況・中状況・小状況」、「PREP法」、
「ホールパート法」の5つです。

最後の結論では、最初の問に対して、
読者が納得できるようにすっきりまとめます。

この三部構成の中で、文章の7割~8割を
占めるのが本論の部分なので、ここのパートで
読者の興味を持続させるための、6つのコツが
紹介されていました。

 1. 最後まで読ませる文章は「のど越し」がいい!
 2. 最後まで読ませる文章は「リズム」がいい!
 3. 最後まで読ませる文章は「飽きさせない」!
 4. 最後まで読ませる文章は「描写」で
  イメージできる
 5. 最後まで読ませる文章は「言葉を強調している」
 6. 最後まで読ませる文章は「?→!」の繰り返し

この記事の中では、細かなテクニックまでは
紹介できませんでしたが、本書にはこれまで
石田さんが四半世紀以上にわたり、ライターや
放送作家として培ってきたモノ書きとしての
ノウハウが詰め込まれています。

本書は、文章を書くことに悩んでる人には、
手助けになる本だと思います。

この本から何を活かすか?

  「多くの人が “黙読” で推敲していますが、
  効率がいいのは “声に出して読んでみる”
  いわゆる “音読推敲” です。
  読みやすい文章は、リズムのある文章です。
  リズムは耳で感じるのは一番ですから、プロの
  文筆家の多くが “音読推敲” を行っています。」

私も、このブログは黙読で推敲していましたが、
今日か音読推敲をしてみようと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.


このエントリーをはてなブックマークに追加

| 文章術 | 06:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

話すだけで書ける究極の文章法

満足度★★★
付箋数:23

  「本書は、人工知能の助けを借りて書きました。
  といっても、1台数億円もする巨大コンピュータ
  を買ったわけではありません。
  スマートフォンの音声入力機能を用いて
  書いたのです。本書は、私が音声入力機能を
  フルに活用して書いた最初の本です。」

これまで野口悠紀雄さんは、入力が面倒だったので、
スマートフォンは主に閲覧用の端末としてしか、
使っていなかったそうです。

しかし、音声入力を活用するようになって、
入力端末として積極的、能動的な使い方に変化し、
ついには1冊の本を音声入力で書き上げるまでに
なりました。

  「音声入力機能を使い始めた当初、私は、
  文章を “速く” 書けることに驚嘆しました。

  (中略)これは大きな驚きだったのですが、
  暫く使っていると、スピードはそれほど重要で
  ないことが分かりました。なぜなら、音声入力
  しただけでは完成品にならないからです。

  (中略)その半面、文章を書く作業が非常に
   “楽になる” ことが分かりました。」

音声入力しても、直ちに使える文章が出てくる
わけではありません。

かなり誤変換があるので、それを修正する
必要があるのです。

また、文章を書くためには、入力以外に
多くの時間を費やす作業があります。

テーマを決め、そのための材料を集め、
表現や構成がおかしくないかを確認して、
編集と推敲をくり返す。

こういった作業を伴うので、音声入力しても
全体の作業時間が大幅に短縮することは
ないのです。

では、音声入力にどんなメリットがあるのか?

  「文章を書くために最も重要なことは、
   “とにかく書き始める” ことです。
  ところが、スタートさせるのは、容易なこと
  ではありません。書き始めようとしても、
  非常に大きな慣性が働くのです。
  ニュートンの慣性の法則は、 “止まっている
  物体を動かすには力が必要” と言っていますが、
  それと同じことです。
  しかし、音声入力を用いると、
  この関門を突破することができます。
  つまり、 “出発” することが簡単にできます。
  なぜなら、思いついたことをしゃべるだけで
  文章が出てくるからです。」

私は、20年ぐらい前に、思いついたアイディアを
忘れないために、ボイスレコーダーに録音して
いたことがありました。

しかし、再生するのにも時間がかかるので、
いつの間にか、面倒になって止めていました。

それがスマホの音声入力では、
テキスト変換されるので、後から取り出したり、
検索したり、編集したりすることが容易に
できるので、随分、使い勝手がよくなりました。

ちなみに野口さんが、雑誌の記事を音声入力を
用いて書くには以下の手順を踏みます。

 1. テーマを決め、思いついた最初のメモを
  iPhoneのGoogleドキュメントに音声入力

 2. iPadでGoogleドキュメントの文章の順番を
  入れ替えるなど予備的に編集

 3. 追加メモをiPhoneに音声入力

 4. ある程度出来上がったところで、
  PCのテキストエディタを用いて本格的な編集

 5. 全体を一覧として把握するために、
  紙にプリントアウトして編集作業

 6. 雑誌誌面に掲載

一連の作業の中で、野口さんを悩ますのが、
「正本が複数できてしまう事故」が起こること。

野口さんは、この厄介な事故のことを
「ドッペルゲンガ・シンドローム」と呼んでいます。

音声入力も発展途上の技術ですが、
本書を読むと、野口さんが、新しいオモチャを
手に入れた子どものように楽しんでいることが
伝わってきます。

その好奇心こそが、野口さんが知的生産をする
原動力のように思えます。

この本から何を活かすか?

残念ながら、私はこのブログの記事を、
音声入力を使って書きしませんでした。

私は、音声入力を殆ど使っていなかったので、
今回はいつも通り、読書メモを紙に書いて、
そこからテキストエディタを使って書きました。

まずは、本書の補論にある「音声入力機能を
実際に利用するための具体的手引き」に従って、
最初の一歩を踏み出そうと思います。

散歩のときに思いついたアイディアを
メモするのに、音声入力は有用なようなので、
これから使ってみます。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.


このエントリーをはてなブックマークに追加

| 文章術 | 08:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT