活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

50代からのちょっとエゴな生き方

満足度★★★
付箋数:22

最近は、「人生100年」と言われます。

100歳まで生きるとすると、50代はちょうど
その折返し時点です。

50代になると、仕事、お金、人間関係、健康
など、今まで通りでいいのか、という焦りも
出てきます。

50代になって、避けられない多くの問題に
直面し、心配事や悩みを抱えている人がいます。

一方で、同じ50代でも、幸せで満ち足りた
日々を過ごしている颯爽とした人もいます。

誰しも、前者より後者のような人生を
過ごしたいと思うもの。

両者の違いは、どこから生じるのでしょうか?

  「後者は前者よりも、少しだけ自分のエゴ
  を通して、自分を大切にしています。
  これは、ちょっとした勘所を知れば、
  他人に迷惑をかけることなく、自分の
  心配事を小さくするすることができる、
  50代に与えられた特権だと言えます。
  この特権をうまく使いこなしましょう。」

本書は、50代からの生き方を指南する本です。

著者は、『1%の人だけが実行している45の習慣
や『「学び」を「お金」に変える技術』などの
ベストセラーの著者でもある井上裕之さんです。

井上さんは、歯科医師として活躍する傍ら、
自己啓発や経営プログラムの講演会なども
全国で実施するマルチな方です。

  「50代―。
  あなたは今まで、大切な人たちのために
  たくさんの貢献をしてきたはずです。
  そして、時間も費やしてきました。
  家族のために頑張ってきた人、
  会社のために力をつくしてきた人・・・。
  あなたから何かを与えられた人は、
  必ず心の中で感謝しています。
  そんなあなただから、一度一息ついて、
   “自分を大切にする” ことを考えて
  みてほしいのです。
  ちょっとだけ自分のエゴを出して、
  人生を楽しんでもいいと思うのです。」

例えば、仕事においては、スピード重視、
体力まかせの仕事をやめ、「勘所」を
押さえて定時に帰ることを目指します。

そのためには、「何をやればいいか」を
明確に捉え、ムダな仕事をしないこと。

これまでの経験があるからこそ、
求められていることに集中した効率的な
仕事ができるのです。

また、50代からは「品格」がものを
言い始めます。

品格を高めるためには、品格が高い人と
同じ環境にいる機会を増やすことが、
一番簡単な方法です。

井上さんは、「少し格式の高いレストラン」
へ行ってみることを勧めています。

格式の高いレストランでは、服装や言動も
その場にふさわしいものが求められますから、
下品なことができなくなります。

そして、50代で一番気になるのは健康に
ついてです。

30代、40代でも「若い頃とは違う」と
思いましたが、50代になると一層顕著に
そう思うようになります。

井上さん自身も50代になって真剣に
健康管理を始めたそうです。

  「健康管理を始めて気がついたのは、
  自分なりになんとなく健康であると
  感じていることと、健康に関する知識を
  持って自分を管理し健康であると感じる
  ことの差は、非常に大きいということ
  でした。」

ストイックな食事制限をする必要は
ありませんが、正しい知識を持って
食事も運動も意識的に健康管理を行う
必要があるのです。

本書では、仕事、お金、人、学び、
品格、健康の6つの分野について、
今までより、ちょっと「自分本位」な
生き方を勧めています。

50代の方は、参考にしたい本だと思います。

この本から何を活かすか?

  「私は歯科医ということもあり、
  歯の健康について語らないわけには
  いきません。
  歯と健康は大きく関係があります。」

井上さんが勧めているのが、
「3ヶ月に1度の歯のメンテナンス」です。

歯の不健康は万病の元と言われます。

確かに、今まで以上に少しでも歯の健康に
意識を向けて損はありません。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 人生論・生き方・人物・哲学 | 05:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

親も子もハッピーになる最強の子育て

満足度★★★
付箋数:19

著者の小川大介さんから献本いただきました。
ありがとうございます。

あなたの、子育てのゴールとは何ですか?

受験で行かせたい学校に合格することでしょうか。

もし、小中高の受験に合格しても、その先には、
大学受験があります。

更に、大学の次には、就職があります。

いったい、親はどこまで子どもの面倒を
見たら良いのでしょうか。

仮に、子どもが就職するまで関わりたくても、
共働きをしていると、そこまで時間が取れない
方がほとんどでしょう。

本書では、子育てのゴールを「自立」に
置いています。

  「小学校受験や中学校受験に取り組むのも、
  子どもにとってよりよい環境、受験生活を
  通じて子ども自身が考える力や耐える力、
  乗り越える経験を手に入れ、自分で決めた
  道を自分の力で歩めるようになってほしい
  という願いがあってのことだと思います。
  そうして子が育っていく過程に、
  親として一生懸命関われば関わるほど
  直面する悩みが “結局、最後は子どもが
  自分でやるしかない” という事実です。」

「自立」と聞くと、かなり大げさに聞こえる
かもしれませんが、それほど難しいこと
ではありません。

まずは、子どもが「今日の過ごし方」を
決められるようになることから始めます。

具体的には、「朝ごはんのあと、何する?」
といった5分先のことについて考えられる
ようになること。

  「まずは “今日1日” という単位からです。
   “今日1日” という単位を細分化して考え、
  自分でどう過ごすかを決められるように
  なった子は、さらにその先にある、
  こういう学校に行きたい、こういうことを
  体験してみたい、こういう職業に就きたい
  といった未来についても考えられるように
  なっていきます。」

この自立を促す子育ては、3歳くらいから
始めることができます。

本書で小川さんが勧めるのは、
「子どもがみるみる自立する」子育てです。

現在の家庭は「共働き」が主流となって
います。

共働き家庭には、とにかく時間がない。

たとえ、政府が働き方改革が推進しても、
現実問題として、仕事と子育てを両立する
には、まだまだ苦労している親が
ほとんどではないでしょうか。

本書では、「共働き子育て」の新しい
スタンダードを提案します。

それが、親も子もハッピーになる36の
メソッドです。

3歳からはじめて、子どもの計画力を
育てます。

そうすると小学4年生の頃には、自分で
1週間の予定が立てられる子に育ちます。

子どもが、自分のことを自分で決められる
ようになると、忙しい親にとっても、
気持ちと時間の自由につながります。

本書は受験に特化した本ではありませんが、
自立した子を育てることが、受験の際にも
きっと役立つはずです。

この本から何を活かすか?

子どもを自立させる「魔法の3フレーズ」

本書では、次の3フレーズを使いこなす
ことを推奨しています。

  1. 「何を手伝ったらいい?」
   基本的スタンスの声がけ

  2. 「お母さん(お父さん)できないよ〜」
   子どもの自主性を刺激する声がけ

  3. 「何があったの?」
   あきらめずにやり抜かせる声がけ

これらのフレーズは、「主体はあなただよ」
と伝え続けるために有効です。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 人生論・生き方・人物・哲学 | 05:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

子育て経営学 気鋭のビジネスリーダーたちはわが子をどう育てているのか

満足度★★★
付箋数:24

日経BP社の日野さんから献本いただきました。
ありがとうございます。

  「次世代を担う若きリーダーたちは、
  子育てにどのように関わり、どのような
   “人育て” に挑戦しようとしているのか。
  学校選びは? お小遣いのルールは?
  夫婦の協力体制は? 将来の職業選択にどんな
  アドバイスをする? 子育てのベースになる
  原体験として、彼らはどう育てられてきたのか。
  そして、ビジネスと子育ての相乗効果は
  あるのか。人生において、子育てはどんな
  意味を持つのか。聞きたいことが、次々に
  湧いてきた。」

本書は、このような興味に答える本です。

40代以下のビジネスリーダーに「子育て論」を
語ってもらったインタビューをまとめたもの。

インタビューしたのは、ノンフィクション
ライターの宮本恵理子さんです。

登場するビジネスリーダーは、次の10名。

 早稲田大学ビジネススクール准教授 入山章栄さん
 ソラコム社長 玉川憲さん
 ノバルティスファーマ社長 綱場一成さん
 建築デザイン事務所noiz代表 豊田啓介さん
 SOUSEI社長 乃村一政さん
 ソウ・エクスペリエンス社長 西村琢さん
 スペースマーケット社長 重松大輔さん
 ガイア社長 中桐啓貴さん
 NPO法人クロスフィールズ代表理事 小沼大地さん
 WiL共同創業者兼CEO 伊佐山元さん

それぞれのビジネスリーダーに子育てとの
関わり、平日と休日の24時間スケジュール、
6つの子育てQ&A、子育ての原体験なども
語ってもらいます。

そして最後に「あなたにとって、子育てとは?」
という問いに自筆の答えをもらっています。

登場する全員が、しっかりと子育てにも
関わっていることがよくわかります。

例えば、トップバッターで紹介されている
入山章栄さんはこのように語っています。

わが子に与えたいものは何ですか?

  「これからの世界を生き抜くための
  共通言語を与えてあげたいですね。(中略)
  1つは現時点で世界最大の共通語である英語。
  2つ目は数学。3つ目はプログラミング言語。
  そして4つ目が、意外に思うかも
  しれませんが、 “表情” です。」

あなたにとって、子育てとは?

  「何だかいいことばかり話していますが、
  実際には嵐のような衝突を経て、少しずつ
  学習して、やっとここまで来たという感じです。
  子育ては、 “正解のない究極の学習” 。
  このひと言に尽きます。」

よく言われることですが、子育ては教えること
より、教わることの多い体験です。

子育てを経験しなければダメという訳では
ありませんが、やると必ず人生に幅が出て、
深みが増すことは間違いありません。

その経験をどう活かすかは、あなた次第。

入山さんが「経営学より面白い!」と
書いているのもよくわかります。

ここでは入山さんの子育て論の考えの一部を
紹介しましたが、10名のビジネスリーダーの
子育て方針は、ずいぶん違います。

まさに、「子育てには正解はない」ことが、
改めて実感できます。

10人10様だからこそ、本書は条件の異なる
様々な子育て世代の参考になると思います。

欲を言えば、私は15年前に読みたかった。

もはや我が家の子育てに参考にするには
遅いですが、それでも非常に興味深く読む
ことができました。

本書は宮本さんが、日経ビジネスインライン
上で連載していた「僕らの子育て」を
ベースにまとめた本です。

この本から何を活かすか?

それぞれのビジネスリーダーが子育てに、
違った考えを持っていますが、
それでも、いくつかの共通点があります。

それをまとめたのが、次の7つの考えです。

  1. 経営計画と同じように中長期的な
   ビジョンを持つ
  2. 「チーム」として、夫婦で連携する
  3. 「好きなこと」を見つける多様な経験を
   与える
  4. オンとオフを分けすぎず、柔軟に働く
  5. 「共働き」は当たり前、妻と仕事に
   ついて語り尽くす
  6. 「家庭外」の力を、前向きに活用する
  7. 子育ての経験は、事業や組織を
   成長させるチャンス

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 人生論・生き方・人物・哲学 | 05:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

君が生きる意味 人生を劇的に変えるフランクルの教え

満足度★★★
付箋数:23

著者の松山淳さんから献本いただきました。
ありがとうございます。

あなたの日常に、「小さい変なおじさん」が
登場したらどうなるのか?

その小さなおじさんは、あなたに語りかけ、
「生きる意味」を見出すことになったら・・・。

本書は、ヴィクトール・E・フランクルさんの
心理学の教えを物語形式で学ぶ本です。

日本ではあまり知られていませんが、
フランクルさんは、フロイトさん、ユングさん、
アドラーさんに次ぐ、「第四の巨頭」と
呼ばれるオーストリアの心理学者です。

そのフランクルさんが創設したのが、
「ロゴセラピー」という独自の心理療法です。

ロゴセラピーとは、ギリシャ語で「意味」を
表す「ロゴス」と治療・癒やしという意味の
「セラピー」を合わせた造語です。

ロゴセラピーは「実存分析」とも呼ばれ、
「意味への意思」こそが、人間を最も強く
動かしているものだと考えます。

そして、心の虚しさを抱えて苦しむ人が、
自らの「生きる意味」を見つめ直して、
再発見することを援助します。

簡単に言うと、「生きる意味」に悩む
人々を救う心理療法です。

「意味付け」は、人に存在意義を与えます。

本書の著者・松山さんも、フランクルさんの
教えに救われた方の一人です。

  「かつて私は、人生のひどく辛い出来事に
  直面し、心の闇に陥って抜けられなくなった
  経験があります。その時、私を支えてくれた
  のが家族の存在とフランクルの言葉でした。
  フランクル心理学を知っていたからこそ、
  人生の難局を乗り越えることができたのです。
  そこで、ひとりでも多くの人にフランクルの
  教えを知ってもらいたいと本書を執筆しました。」

本書の特徴は、物語形式で伝えていることです。

心理学の本はとかく難解になりがちですが、
物語にすることで対話をするように
ロゴセラピーを学ぶことができます。

フランクル心理学は、読書療法に適していて、
物語で主人公の心理的な動きを追いながら、
読者は仮想のカウンセリングを体験する
ことができます。

物語の主人公は、世間からブラック企業と
叩かれているアパレル会社の店長を務める青年。

彼は、店長になって半年。

休日返上で働いても売上予算は達成できず、
部下からは店長失格と罵られます。

上司であるスーパーバイザーからは、
パワハラまがいの指導をされ、
エリア別店長会議では、部長から
「会社のクズ」と罵倒されます。

青年は、そんな憂鬱な日々を送るうちに、
自分が生きている意味があるのかに
疑問を持ち始めます。

  「ボクは何のために働いてるんだろう。
  何のために生きてるんだ。仕事辞めたい。
  会社辞めたいな。こんな人生、生きてて
  意味あるのかな・・・」

青年は、誰もいない自室のベッドで、
頭を掻きむしりながらつぶやいていましたが、
そこに急に話しかける声がしました。

  「意味はあるべ。いつでも人生は意味に
  満ちてるべ」

突如、青年の前に現れたのが、
東北弁なまりで、フランクル三世と名乗る
「小さい変なおじさん」でした。

青年は、小さいおじさんと不思議な7日間を
過ごすうちに、対話を通じて人生を生きる意味を
見出していきます。

青年の抱える心理的な問題は深刻ですが、
小さいおじさんのキャラのおかげで、
ユーモアを交えて、楽しく学べるところが
非常に有り難いところです。

あなたが、自分の生きる意味に疑問を持ち、
少しでも人生に行き詰まりを感じているなら、
本書の物語は参考になると思います。

悩める人にとって、小さいおじさんの
問いかけは、胸に響くもがあるでしょう。

この本から何を活かすか?

ユダヤ人だったフランクルさんは、
ドイツがオーストリアを占領した後、
1942年にナチスに捕らえられました。

収容されたのは、二十世紀最大の悲劇
といわれるナチスの強制収容所でした。

強制収容所でのフランクルさんの
体験を綴ったのが、世界的なベストセラー
にもなった『夜と霧』です。

この本は、17カ国語に翻訳され、60年以上に
わたって読み継がれている名著です。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 人生論・生き方・人物・哲学 | 04:35 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

AI時代の子育て戦略

満足度★★★
付箋数:21

  「すでに “ガリ勉をして東大” というルートは
  ヤバイ。私の肌感覚から言うと、東大卒で
  本当に使える人は10人に1人いるかどうかだ。
  幼い頃から難関校合格を目指して少中高と
  学習塾に通い、特定の正解を得るための
  テクニックを磨く。
  そうやって東大を卒業した結果、わが子が
   “使えない人材” になったら・・・・。
  私なら、そんなハイリスクな教育にベット
  しようとは思わない。」

本書は、マイクロソフト日本法人元社長で、
日本屈指のイノベーターである成毛眞さんが、
AI時代の「子育て」について語った本です。

こらから更にAIが発達すると、今ある職業の
多くは10年後、20年後には存在しないとも
言われています。

それはかつて存在した、一生懸命受験勉強させて、
一流大学へ合格させて、一流企業に就職させる
子育て路線が通用しなくなったことを意味します。

では、これからの時代、どんな子育てをしたら
よいのでしょうか?

  「最初の機会を親が与えるのはいい。
  ただ、そのときは親は無表情でいるべきだ。
  無表情でやらせてみて、ハマっているようなら
  続けさせればいい。それこそが、子どもにとって
  生きる術になる可能性がある。」

これは単に子どもの「習い物」のことだけを
言っているわけではありません。

「ハマるもの」を探して、それを続けさせる
ことが、これからの子育ての重要なポイント。

創造性の少ない仕事はAIに代替され、
学歴というブランドも通用しなくなるので、
秀才を育てる教育は必要なくなるのです。

本書には、成毛さんと堀江貴文さんの対談も
掲載されていますが、そこで堀江さんも
同じことを言っています。

  「僕はずっと “ハマることの大切さ” を
  言い続けてるんですよ。物事にハマる力は
  みんな持っているはずなのに、いつの間にか
  忘れてしまう。親とか学校から “ゲーム
  ばっかりするな、勉強しろ” って禁止され
  続けるからです。」

子どもが興味を持つ対象が見つけにくいなら、
ゲームをやらせればいい。

現代のゲームは親が思っているよりも、
かなりクリエイティブな作業で、攻略する
ためには、自分でいろいろと工夫しなければ
ならないからです。

特に成毛さんは、任天堂が2017年3月に発売した
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド - Switch
を推奨しています。

また、子どもがハマるものを見つけるきっかけ
として「STEAM」教育が重要であると説きます。

「S」はサイエンス、「T」はテクノロジー、
「E」はエンジニアリング、「A」はアート、
「M」はマセマティックスです。

AI時代になると真っ先に、「文系脳」の人が
食いっぱぐれてしまうので、できるだけ
「理系脳」を鍛えよ、ということです。

論理的な読解力を身につけさせるためには、
プログラミングを学ばせることも推奨されて
います。

そこまで本格的でなくとも、最新のデバイスは
子どもにどんどん与えた方がいいようですね。

また、SF・サイエンス系のマンガやアニメに
親しませるのもいいことですが、1つだけ注意点
があります。

それはファンタジーの要素が強い作品ではなく、
科学考証のしっかりしたSF作品を選ぶこと。

そういう作品でなければ、科学的な素養を
高めることはできません。

個人的には、本書は成毛さんの本にしては、
少しもの足りない印象を受けました。

それは、過激な発言が少ないからではなく、
本書の内容は、AI時代が来る遥か前から、
大前研一さんが主張していたことに近いからです。

この本から何を活かすか?

現在、企業が採用するときに最も重視している
とされるのが「コミュニケーション能力」です。

しかし、成毛さんは、「コミュニケーション
能力は伸ばさなくていい」と言います。

それは、コミュニケーション力はもともとも
能力差が大きすぎるために、才能がない人が
多少能力を伸ばしても、焼け石にだからです。

言語に関する能力は年数が経ってから開花する
こともあり、仮に「コミュ障」であったとしても、
成長すれば自然と治ると説明されています。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 人生論・生き方・人物・哲学 | 06:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT