活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

宗教はなぜ人を殺すのか ―平和・救済・慈悲・戦争の原理

満足度★★★
付箋数:20

さくら舎さんから献本いただきました。
ありがとうございます。

あなたの信仰する「宗教」は何ですか?

こう聞かれると、かなり多くの日本人は
「無宗教」と答えるそうです。

しかし、そうは言っても、死んだ場合は、
お坊さんに経を読んでもらい、戒名をつける
方も多いと思います。

また、正月には神社に参拝し、お盆には
お寺を訪れる方も多いでしょう。

日本人が「無宗教」と答える理由には、
いくつかの宗教と薄く関わっているから。

1つの教義だけを信仰するのではなく、
入会の儀式を経ていないことで、
信仰への自覚が少ないのでしょう。

そんな日本人には関心が薄い「宗教」ですが、
あなたは「宗教」という言葉を聞くと、
どのようなイメージを抱くでしょうか?

本書の著者、宗教学者の正木晃さんは、
相反する2つのイメージがあると言います。

1つは、平和、愛、救い、慈悲、心の平安
などの良いイメージです。

いずれも心地よく響くもばかりで、
各教の聖典やお寺や教会などの布教の場でも
こういった言葉が説かれています。

もう1つは、宗教の名のもとに行われる
テロ、戦争、殺人、暴力などのマイナスの
イメージです。

特にイスラム原理主義者によるテロ事件や、
オウム真理教の事件などの記憶もあって、
宗教に嫌悪感を抱く人もいるでしょう。

実は、宗教には常に暴力と共に歩んできた
歴史があります。

日本に初めて仏教が伝えられたときには、
崇仏派の蘇我氏と排仏派の物部氏が戦いました。

戦国時代には、浄土真宗の信者が一向一揆を
起こしました。

江戸時代には、キリスト教信者が蜂起して、
島原の乱を起こしました。

世界に目を向けてみても、十字軍の遠征や、
宗教戦争など、もっと大規模な暴力を
振るってきました。

  「洋の東西を問わず、また時代を問わず、
  宗教は戦い、人を殺してきたのです。
  これは否定できない事実です。
  では、平和、愛、救い、慈悲、心の平安
  などを説く宗教が、暴力と縁が切れない
  原因は、いったいどこにあるのでしょうか。
  宗教は、宗教以外の要素、たとえば政治的な
  圧力や強制をうけて、やむなく戦い、
  人を殺してきたのでしょうか。
  それとも、宗教の中に、もともと戦い、
  人を殺す論理や理由があるのでしょうか。」

本書は、それぞれの宗教の教義を紐解き、
宗教の持つ2面性の謎に迫ります。

 第1章 イスラム教
  -宗教の名のもとに戦う
 第2章 ユダヤ教
  -暴虐に満ちた『旧約聖書』の世界
 第3章 キリスト教
  -暴力を容認してきた愛の宗教
 第4章 仏教
  -「空」がもたらす殺人肯定
 第5章 宗教の陥穽

特定の宗教だけを扱うのではなく、
4大宗教について横断的に見ていくことで、
わかってくることがあります。

それは、どの宗教も殺人や戦争をもたらす
暴力を肯定してきたということ。

暴力を肯定どころか、それを積極的に
正当化してきた宗教もあります。

いずれにしても、暴力を正当化するのは、
聖典の解釈の「さじ加減」によるもの。

そこには、オウム真理教の「ポワ」の
論理に近いものがあるようです。

本書は、私のように宗教に疎い人でも
理解できる、宗教の入門書としても
読むことができます。

この本から何を活かすか?

私が本書で驚いたのは、ユダヤ教の
「旧約聖書」の持つ暴力性についてです。

まず、創世記の「カインとアベル」の
物語で、カインはアベルを殺します。

ヤコブの2人の息子は大量虐殺を行い、
ソドムとゴモラは町ごと天からの
硫黄の火によって滅ぼされます。

出エジプト記でモーセは大量殺人を命じ、
レビ記や民数記では戒律に背いた者は、
石で打ち殺されます。

とにかく、旧約聖書では神に従わない者は、
徹底的に滅ぼされるようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 人生論・生き方・人物・哲学 | 05:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

常識的で何か問題でも? 反文学的時代のマインドセット

満足度★★★
付箋数:21

朝日新聞が毎週発行する雑誌「AERA」。

そこに掲載される巻頭コラム「eyes」は、
900字ほどのエッセイで、4人の執筆陣が
毎週2人ずつ寄稿しています。

その4人とは、内田樹さん、姜尚中さん、
浜矩子さん、東浩紀さんです。

本書は、この4人の中で一番古くから
連載を続ける内田さんのコラムを
テーマ毎にまとめたものです。

 第1章 危機的時代の判断力とサバイバル力
 第2章 真の知的成熟とは何か
 第3章 「属国」日本とアメリカ
 第4章 地方と経済効果とお金の話
 第5章 国民国家はどこへ行くか
 第6章 情理を尽くさない政治に未来はあるか

それぞれのテーマの中で、各コラムは
時系列に並べられています。

内田さんと言えば、「思想家」という
イメージが強いですが、大学退職後は、
武道家を名乗っています。

現在は神戸に道場を建て、フルタイムで
武道に勤しみ、その合間で執筆活動を
しているようです。

しかし、「ウチダ節」と言われる、
一瞬で思考の深いところまで切り込む
言説は今も健在です。

まさに、「世相を斬る」という言葉に
ピッタリなコラムです。

本書を刊行するに当たって書かれた
「まえがき」や「あとがき」も
一般的な巻頭・巻末の言葉とは異なり、
それ自体が1つのコラムになっています。

気がつくと、いつもの内田ワールドに
引き込まれているといった感じです。

「まえがき」では、リスクを過小評価して、
最悪の事態に備えない、日本社会の病に
ついて言及しています。

「あとがき」では、政治を語ることの
是非について論じています。

簡単には始まらないし、終わるときも、
思考を巡らせてからでは終われない
という印象です。

さて、本書のコラムの中から、
いくつか気になったものを紹介します。

1つは「文系不要論」について。

国立大学から文系が消えようとしている
現状について、内田さんは次のように
コメントしています。

  「日本における高等教育の終わりが
  始まっている。」

  「これは教育行政が進めてきた
   “愚民化政策” のひとつの到達点である。
  彼らも国を滅ぼしたくてそのような政策を
  続けてきたわけではあるまい。
  だが、経済成長という短期目標を達成する
  ために “次世代の市民的成熟を支援する” 
  という教育本来の目標を放棄した人たちに
  教育を委ねることはできない。」

次に「無駄にならない思考習慣」について。

2017年12月に新幹線「のぞみ」の台車に
破断寸前の亀裂が見つかった問題に
コメントしたものです。

  「リスクヘッジというのは “最悪の事態に
  備える” ことである。それは “丁半賭博で
  丁半両方に賭ける” のに似ている。
  そのつど掛け金の半分は無駄になる。
  同じように “最悪の事態” に備えて打った
  手は、最悪の事態が起こらなければ
  すべて無駄になる。けれども、
  シスクヘッジとはそういうことである。
  そのためには、 “最悪の事態” が起こらない
  ために投じられた資源を決して無駄とは
  みなさない習慣を身につけるしかない。」

内田さんは、度々、日本企業のリスク意識の
低さについて指摘しています。

個人ではリスクに備えて必要以上の
「保険」に加入すると言われる日本人ですが、
集団だとリスク意識が欠如するようです。

この本から何を活かすか?

本書のコラムの中で、
「100年後も読まれて欲しい本」として、
内田さんは次の3冊を挙げています。

 『服従』ミッシェル・ウェルベックさん

 『プロット・アゲンスト・アメリカ
  フィリップ・ロスさん

 『1Q84』村上春樹さん

ちなみに、内田さんの「名著」の条件は
「100年後もリーダブルである」ことです。

21世紀に入ってからは、上記の3冊も含め、
この条件を満たす本はまだ存在しないと
書かれています。(2016年9月時点)

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 人生論・生き方・人物・哲学 | 05:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

即動力

満足度★★★
付箋数:15

言っていることは、わかるが何かが足りない。
個人的には、そう感じた本でした。

  「 “いま、悩みを抱えているんです” 
  そう嘆く人がいれば、それは動いていない
  証拠です。動かないから、悩みは同じ悩みの
  ままずっと存在してしまう。
  しかし動き出せば、悩みのかたちは
  変わってくる。そうすれば、少しずつ
  対処・改善できるようになるんです。
  なによりもまず動き出すことが大事
  なのです。」

人には、何も考えずに動く人、
動きながら考える人、考えるだけで
動かいない人の、3タイプいます。

どのタイプがいいのかは状況次第。

考えて動かないタイプでも、結局、
動かなくて正解だったということも
あるでしょう。

タレント、ロンドンブーツ1号2号の
田村淳さんは、考えることよりも
行動を優先する人の典型です。

  「感じたら、まず動く。
  何か思いついたら、すぐ動く。
  これを “即動力” といいます。
   “なんだ、行動力のことじゃないか” 。
  そう思う人に言いたい。
  行動力を超えた行動力2.0。
  それが “即動力” なのです。
  感じたら、 “今すぐ” 動く。
  思い立ったら、 “今すぐ” 動く。
  圧倒的なスピードをともなった
  行動力が、 “即動力” なのです。」

動けば悩みがなくなるかどうかは、
わかりません。

しかし、時代の流れが早くなり、
スピードが以前より求められるように
なっていることは、間違いないでしょう。

本書で田村さんは、瞬時に行動を起こす
「即動力」の必要性を自身の体験を交え
説明しています。

最初は、メディアでも話題になっていた、
田村さんの大学受験について。

結局、青山学院大学も同大学院も
合格には至りませんでしたが、
田村さんが感じて即動して得たもの
について書かれています。

世間では、田村さんの受験に対して、
批判的な意見が多かったように思えます。

そんな中でも、やりたいことを
続けられるのが田村さんの最大の強み
なのだと思います。

それは、田村さんが子どもの頃から
培ってきた哲学でもあるようです。

ただし、田村さんの中では成り立つ
理屈が、他の人にも通じるかどうかは
また別の話です。

個人的には、「あれ、ちょと違うな」
と感じる部分が、いくつかありました。

それは明らかに田村さんが
間違っているのではなく、好みの問題。

田村さん自身は、今の生き方に、
微塵も疑いを持たず突き進んでいるので、
それは幸せなことなのだと思います。

本書では最後に「即動のための5か条」
がまとめられていました。

  一.失敗しにいけ
  一.他人の評価は気にしない
  一.ゴールの変更を恐れるな
  一.100のニワカであれ
  一.二兎追う者、もっと得る

この中で、私が大事だと思ったのが、
「他人の評価は気にしないけれど、
アドバイスは受け入れる土壌は
作っておくべき」ということ。

自分を絶対に曲げないのではなく、
こうした柔軟性を持っていることが、
生き残って行くには必要なのです。

この本から何を活かすか?

私が本書で興味を持ったのは、
田村亮さんとのロンブーのコンビ
についてです。

淳さんは、ボケもツッコミもしない
亮さんに対して、わだかまりがあり、
長い間、解散を考えていたそうです。

しかし、亮さんの役割を理解して、
そのわだかまりは消えたそうです。

  「亮さんは役割でいうと、ボケでも
  ツッコミでもなく “見守る” 。
  守衛さんみたいな役割なんです。
  (中略)守衛さんがいるから、
  僕は自由に動ける。即動できる。
  コンビのボケ・ツッコミの固定観念に
  とらわれていたのは、僕でした。」

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 人生論・生き方・人物・哲学 | 06:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マンガ 宝くじで1億円当たった人の末路

満足度★★★
付箋数:17

日経BP社の日野さんより献本いただきました。
ありがとうございます。

2017年3月に刊行さんれた鈴木信行さんの
宝くじで1億円当たった人の末路』。

タイトルからすると、宝くじで大金が
当たった人たちの、人生を集めた本かと
思いきや、ちょっと違う本でした。

もちろん、宝くじで1億円当たった人の
行く末は紹介されています。

しかし、それは23のエピソードの中の
1つで、残りは宝くじに関係のない
人生の末路が紹介されていました。

宝くじのことだけを知りたい方にとっては、
少し期待外れだったのかも知れません。

しかし、人生でどのような選択をすると、
どんな行く末が待っているのかを知るには、
興味深い本でした。

15万部を超えるベストセラーになって
いますから、「宝くじだけじゃないのかよ」
と突っ込まれつつも、非常に好評だった
のだと思います。

この本が2018年春に、日本テレビ系列で
連続ドラマ化されたことが、人気があった
ことの証です。

さて、本書は『宝くじ~人の末路』の
中から、10のエピソードを選び抜いて
コミック化したものです。

  「本書は決して焼き直しの類では
  ありません。なぜそう言い切れるのかと
  言えば、漫画を見た時点で、
  ほかでもない著者の私自身が、
   “なにこれ!原作と違う” (いい意味で)
  と思ったからです。」

これは、「はじめに」に書かれている
原作者・鈴木信行さんの驚きの言葉です。

オリジナルの書籍と異なり、エピソードが
10に絞られて漫画化されていることが、
本書のメッセージ性をより際立たせて
いるようです。

本書に選ばれたエピソードは以下の通りです。

 第1章 宝くじで1億円当たった人の末路
 第2章 賃貸派の末路
 第3章 事故物件を借りちゃった人の末路
 第4章 「友達ゼロ」の人の末路
 第5章 教育費貧乏な家庭の末路
 第6章 外国人観光客が嫌いな人の末路
 第7章 キラキラネームの人の末路
 第8章 日本一顧客思いのクリーニング店
   の末路
 第9章 電車で「中ほど」まで進まない人
   の末路
 第10章 ワイシャツの下に何を着るか
   悩む人の末路

鈴木さんは書籍版とコミック版の両方に
共通して、「表テーマ」と「裏テーマ」の
2つを設定しています。

表テーマは、「やらかしちゃった人」、
あるいは「変わった人」の末路を
あらかじめ知って、「転ばぬ先の杖」に
にすることです。

裏テーマは、「同調圧力をぶっ飛ばせ」です。

とかく日本人は、「みんなと同じ」が
好きな人種です。

しかし、みんなと同じにしようと思えば
思うほど、そこには悩みが生まれます。

特に、「お金」「仲間」「才能」の3要素は、
他人より不足していると「自分は不幸」だと
思ってしまいがち。

鈴木さんは、本書でそんな人たちに向けて
次のメッセージを伝えています。

  「幸せの要素が1つ(場合によっては2つ)
  くらい足りなくても大丈夫、
  何の問題もない! 安心しましょう!」

実際に本書で紹介されるエピソードは
「末路」と言いつつも、ポジティブな
印象を与えてくれるストーリーがあります。

末路から見出した「希望」が見える本です。

本書は、コミック版なのでサラサラと
読めるのが有り難い。

各章は、それぞれ異なる漫画家さんが
作画を担当しています。

この本から何を活かすか?

私が10のエピソードの中で、
日本人にとって、特に重要だと感じたのは、
「外国人観光客が嫌いな人の末路」です。

これはバイト先で、中国人と一緒に働く
ことになった女子学生のエピソード。

これから2020年の東京オリンピックや
2025年の大阪万博でたくさんの外国人が
やって来ます。

外国人に偏見を持たず、異文化を受け入れる
姿勢は、私たち日本人に求められています。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 人生論・生き方・人物・哲学 | 05:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

50代からのちょっとエゴな生き方

満足度★★★
付箋数:22

最近は、「人生100年」と言われます。

100歳まで生きるとすると、50代はちょうど
その折返し時点です。

50代になると、仕事、お金、人間関係、健康
など、今まで通りでいいのか、という焦りも
出てきます。

50代になって、避けられない多くの問題に
直面し、心配事や悩みを抱えている人がいます。

一方で、同じ50代でも、幸せで満ち足りた
日々を過ごしている颯爽とした人もいます。

誰しも、前者より後者のような人生を
過ごしたいと思うもの。

両者の違いは、どこから生じるのでしょうか?

  「後者は前者よりも、少しだけ自分のエゴ
  を通して、自分を大切にしています。
  これは、ちょっとした勘所を知れば、
  他人に迷惑をかけることなく、自分の
  心配事を小さくするすることができる、
  50代に与えられた特権だと言えます。
  この特権をうまく使いこなしましょう。」

本書は、50代からの生き方を指南する本です。

著者は、『1%の人だけが実行している45の習慣
や『「学び」を「お金」に変える技術』などの
ベストセラーの著者でもある井上裕之さんです。

井上さんは、歯科医師として活躍する傍ら、
自己啓発や経営プログラムの講演会なども
全国で実施するマルチな方です。

  「50代―。
  あなたは今まで、大切な人たちのために
  たくさんの貢献をしてきたはずです。
  そして、時間も費やしてきました。
  家族のために頑張ってきた人、
  会社のために力をつくしてきた人・・・。
  あなたから何かを与えられた人は、
  必ず心の中で感謝しています。
  そんなあなただから、一度一息ついて、
   “自分を大切にする” ことを考えて
  みてほしいのです。
  ちょっとだけ自分のエゴを出して、
  人生を楽しんでもいいと思うのです。」

例えば、仕事においては、スピード重視、
体力まかせの仕事をやめ、「勘所」を
押さえて定時に帰ることを目指します。

そのためには、「何をやればいいか」を
明確に捉え、ムダな仕事をしないこと。

これまでの経験があるからこそ、
求められていることに集中した効率的な
仕事ができるのです。

また、50代からは「品格」がものを
言い始めます。

品格を高めるためには、品格が高い人と
同じ環境にいる機会を増やすことが、
一番簡単な方法です。

井上さんは、「少し格式の高いレストラン」
へ行ってみることを勧めています。

格式の高いレストランでは、服装や言動も
その場にふさわしいものが求められますから、
下品なことができなくなります。

そして、50代で一番気になるのは健康に
ついてです。

30代、40代でも「若い頃とは違う」と
思いましたが、50代になると一層顕著に
そう思うようになります。

井上さん自身も50代になって真剣に
健康管理を始めたそうです。

  「健康管理を始めて気がついたのは、
  自分なりになんとなく健康であると
  感じていることと、健康に関する知識を
  持って自分を管理し健康であると感じる
  ことの差は、非常に大きいということ
  でした。」

ストイックな食事制限をする必要は
ありませんが、正しい知識を持って
食事も運動も意識的に健康管理を行う
必要があるのです。

本書では、仕事、お金、人、学び、
品格、健康の6つの分野について、
今までより、ちょっと「自分本位」な
生き方を勧めています。

50代の方は、参考にしたい本だと思います。

この本から何を活かすか?

  「私は歯科医ということもあり、
  歯の健康について語らないわけには
  いきません。
  歯と健康は大きく関係があります。」

井上さんが勧めているのが、
「3ヶ月に1度の歯のメンテナンス」です。

歯の不健康は万病の元と言われます。

確かに、今まで以上に少しでも歯の健康に
意識を向けて損はありません。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 人生論・生き方・人物・哲学 | 05:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT