活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

これからの教養 激変する世界を生き抜くための知の11講

満足度★★★
付箋数:23

「編集者」としての、最大の楽しみは何か?

こう聞かれると、編集を生業とする、
株式会社グーテンベルクオーケストラ代表取締役
菅付雅信さんは、「人に会って、話を聞くこと」
と答えます。

  「 “人に会って、話を聞く” 。これが僕の仕事の
  基本だ。自分が知らない領域、もしくは自分より
  ももっと深い領域や最新の領域を極めている
  人たちに会い、なるべく丁寧に話してもらい、
  それを “彼らの日本語 ”から “僕らの日本語” 
  へ翻訳する。(中略)
  自分が知らない領域を極めている人の話を
  聞くのは、人生で最も楽しい行為のひとつで
  あるし、そういう人々と出会えることは、
  編集者の最大の役得でもある。」

菅付さんは、代官山蔦屋書店から依頼を受け、
人生で最も楽しい行為である、自分が知らない
領域を極めた人から話を聞くことを始めます。

それが2016年9月から2017年9月まで行われた
「菅付雅信 連続トーク:これからのライフ」
です。

これは、菅付さんが1年間で毎月1回、
12名の第一線で活躍する方たちと、
変わりゆく世界の「これから」をテーマに
行った対談です。

本書は、その対談を書籍化したもの。

各対談のテーマとゲストは以下の通りです。

  1. これからの思想――東浩紀さん
  2. これからの生命――池上高志さん
  3. これからの健康――石川善樹さん
  4. これからの建築――伊東豊雄さん
  5. これからの経済――水野和夫さん
  6. これからのメディア――佐々木紀彦さん
  7. これからのデザイン――原研哉さん
  8. これからのプロダクト――深澤直人さん
  9. これからの文学――平野啓一郎さん
  10. これからのアート――松井みどりさん
  11. これからの人類――山極寿一さん

この中から、複雑系と人工生命を専門とする
東京大学大学院情報学環教授の池上高志さん
との対談内容を一部紹介します。

池上さんは、「生命とはなにか」を突き詰めて
考えるために、生物学ではないアプローチを
取りました。

「生命の本質は物質に還元されるのではなく、
数学の一部なんじゃないか」と考えたのです。

その結果、行き着いたのが「人工生命」の
研究でした。

人工生命とは、生命が宿っているものに
備わっている「自律性」を人工的に生じさせた
もののことです。

自律性は、外部から動機づけされなくても
自分で決められることを意味します。

これはロボットがやる自動化とは、
全く次元の異なることです。

つまり、今の盛んに研究されている
ロボットや人工知能は自律性を持っていない
ことになります。

そして、池上さんは、自律しているものは、
「予測することができない」と考えました。

ただし、何度もそれを感じているうちに、
「意味が見えてくる」ことはあるようです。

このことから、生命をデザインすること
について、次のような結論を導いています。

  「人が生命をつくろうとするとき、
  通常ものをつくるときのような手順で
   “生きているもの” をデザインしようとして、
   “意味ありき” で始めようとします。
  だから、予測できてしまうものしか
  できあがらないんです。そうではなくて、
  予測できないような条件にしておいて、
  だんだんと意味が見えてくるようになる、
  といった手順を考えないと、生命を本当に
  デザインしたとはいえないんですね。」

池上さんが行う人工生命のデザインは、
はじめから「意味ありき」では始めません。

役に立つものを目指してしまうと、
人工生命の研究は崩壊してしまうようです。

個人的には、生命は機械を志向して、
機械には生命を志向させると考えると、
人間も機械も「人工生命化」していく
という考え方が非常に新鮮でした。

この本から何を活かすか?

私が注目したもう1つの対談は、
石川善樹さんとの「これからの健康」です。

これからの医学の主流が、治療から予防へと
変化しようとしているというもの。

予防医学は、限られた予算の中で、
誰を救い、誰を殺すかを決断しているのです。

「最新」でも「正義」でもなく、「最善」を
目指すのが、予防医学の基本的な考え方。

人生100年の長寿化の時代の鍵となるのが、
予防医学であることがよくわかりました。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 人生論・生き方・人物・哲学 | 05:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

WAIT、 WHAT?(ウェイト、ホワット?) ハーバード発、成功を導く「5つの質問」

満足度★★★★
付箋数:24

フロンティア・エンタープライズの黒田さんから
献本いただきました。ありがとうございます。

  「ご存知かどうかわからないが、
  生きていくうえで大切な問は五つしかない。
  ぜひとも折りに触れ、あなた自身にも人にも、
  この五つを問いかけてみてほしい。
  その習慣が身につけば、人生はより楽しくなり、
  より実り多いものになるだろう。
  そうして最終的には、究極の問いにも望ましい
  答えを返せるようになるだろう。
  究極の問いというのは、誰もがいつか
  必ず向き合うことになる、非常に重い問いの
  ことである。」

本書は、2016年にハーバード大学教育大学院で
行われた卒業式のスピーチを書籍化したもの。

スピーチしたのは、第11代学院長で本書の著者の
ジェイムズ・E・ライアンさんです。

このスピーチの動画は、インターネットに
アップされると、大きな共感を呼び、
たちまち世界中に拡散しました。

スピーチでは、ライアンさん自身の経験を元に、
「究極の五つの問い」が、どのように私たちの
人生に有効なのかを語りかけました。

私たちは、適切な問いが与えられれば、
自然とその問いに答えるように考えます。

問題解決は、正しい問いさえ設定できれば、
8割は解決したも同然とも言われます。

また、あのアインシュタインさんも
問いの重要性に関して次のような言葉を
残しています。

  「もし私がある問題を解決するのに1時間を
  与えられ、しかもそれが解けるか解けないかで
  人生が変わるような大問題だとすると、
  そのうちの55分は自分が正しい問いに
  答えようとしているかどうかを確認することに
  費やすだろう。」

これほどまでに、問いの影響力は大きく、
ライアンさんも、その重要性については、
次のように語っています。

  「答えのほうはどうでもいいと言っている
  わけではない。答えと同じくらい問いが大切
  であり、答え以上に大切な場合もしばしばある
  という意味だ。単純な真実だが、答えの質は、
  問題の質を超えられない。適切でない問には、
  適切でない答えしか返ってこない。」

それでは、ライアンさんが挙げる「究極の問い」
とは、どのような質問なのでしょうか?

以下が、その「究極の五つの質問」です。

1. Wait, what?(待って、何それ?)
 これは、対象を明確にし、理解を促す質問。

 この質問をすると、人間関係において、
 互いに理解し合うことができ、無意味な衝突を
 避けることができます。

2. I wonder…?(どうして~なんだろう?)
 好奇心を掻き立て、可能性を引き出す質問。

 この質問をしている限り、常に探究心を失う
 ことはなく、自分のいる世界に能動的に
 関わることができます。

3. Couldn't we at least…?
 (少なくとも~はできるんじゃないか?)
 状況を打開し、前進させる質問。

 行き詰まったときに、この質問をすると、
 ものごとは動き出します。
 人をスタートラインに立たせてくれる質問です。

4. How can I help?(何かできることはある?)
 これは、敬意のこもった関係を築く質問。

 あらゆる良き関係の大もとになる質問で、
 力になろうとする意志、相手への敬意、
 更にこちらも同じように助けられことになる
 かもしれないという謙虚な気持ちも伝わります。

5. What truly matters?(何が本当に大事?)
 人生の本質が見えてくる質問。

 この質問を特に自分自身にすることで、
 ものごとの要点や本質が見えてくるだけでなく、
 自分の人生の核心も見えるようになります。

これらの五つの問いは、生きていくうえで
大切にしたい領域を広くカバーしています。

さすがに卒業式のスピーチだけあって、
ライアンさんの語りは、思わず引き込まれる
ところがあります。

150ページほどの本ですが、おすすめです。

1時間ほどで読め、これらの問いを使いこなせる
ようになると、大きく人生が変わると思います。

この本から何を活かすか?

HarvardEducationが提供するライアンさんの
スピーチは以下の動画です。



6:49の動画で、字幕は英語のみで、日本語字幕はありません。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 人生論・生き方・人物・哲学 | 06:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

江副浩正

満足度★★★★★
付箋数:28

一般に江副浩正さんの名前を聞くと、
「リクルート事件」の贈賄側人物として、
思い出す人が多いでしょう。

リクルート事件は、戦後の日本における
最大の疑獄事件で、ロッキード事件と比肩する
一大事件でした。

政界、財界などを巻き込んで、
大スキャンダルになった事件の主人公として、
江副さんは世間に記憶されているので、
その点では仕方がありません。

しかし、あの辛口で有名な大前研一さんは、
江副さんとリクルートについて、
次のように評しています。

  「リクルートは例の事件で企業イメージが
  ずいぶん傷ついたが、いまでは日本で最も
  注目される人材養成所となっています。
  (中略)日本で最もダイナミックな人材を
  育てているリクルートの人事システムは
  偶然ではなく、企業の『染色体』とも呼んで
  良いほどの創業の時以来の思想、理念などが
  ここに色濃く反映していることがわかりました。
  若い社員にインタビューすると、江副さんの
  ことを悪く言う人はいませんでした。
  なぜなら、創業の精神は今の会社にも
  行き続け、そして、今や若者が最も入りたい
  と思う将来性豊かな、かつ大企業病に
  ならないその社風、体質が全て江副さん以来の
  伝統であると、はっきりわかっているからです」

ダメなものには容赦なく批判をする大前さんが、
これほど賞賛する江副浩正さんとは、
一体、どのような人物だったのでしょうか?

本書は、かつて「東大が生んだ戦後最大の起業家」
と呼ばれた、江副浩正さんの人物像に迫る正伝。

著者は、リクルート出身の馬場マコトさんと
土屋洋さんのお二人です。

かなり入念に関係者に取材を重ねて、
本書を執筆していることがよくわかります。

  「江副浩正の実像を明らかにすることが
  本書の目的である。彼だけが見ていた世界、
  目指したもの、そこに挑む彼の思考と行動。
  その中に、私たちを鼓舞し、思考と行動に
  駆り立てる何かが準備されていると信じる
  からである。」

本書には最初に「死体検案書」が掲載され、
江副さんの亡くなったときの描写から
はじまります。

以降その人生を、少年時代まで巻き戻し、
順を追って再生します。

江副さんらしさが徐々に出てくるのは、
東京大学新聞の広告取りをするところ
辺りからでしょうか。

その後読み進めるに連れ、江副さんの
人間力の凄さに圧倒され、気がついたら
完全に江副さんの虜になっていました。

江副さんは、リクルート事件のため、
表舞台からは姿を消しますが、
起業家としては、その凄まじいエネルギーで
最後まで走り続けます。

江副さんの経営者として側面だけでなく、
人間としてもその生き方にも感銘を受ける
ことは必至です。

現在、各界で活躍する多くのトップランナーに
江副さんの信奉者が多いのも頷けます。

本は好みの問題があるので、私は読むことを
強く勧めることは、多くありません。

しかし、この本は、是非とも勧めたい
「傑作」だと思います。

紙で読もうか、Kindleで読もうかなど、
迷っている時間がもったいない。

どちらでもいいので、兎に角、読んでみると、
2500円の最も有効な使い方だったことが
わかるはずです。

500ページ近い厚さがあるにも関わらず、
それほど、日数がかからず読み切れます。

なぜなら、本書を読み始めると、余りにも
江副さんの吸引力が強過ぎて、他のことが
できなくなってしまうからです。

そんなデメリットもないわけではありません。

それでも、本書を読むことに費やした時間は、
江副さんから、それ以上のエネルギーを
受け取れるので、時間の面でも最高の投資に
なることでしょう。

この本から何を活かすか?

  「自ら機会を創り出し、機会によって
  自らを変えよ。

  リクルート創業期に自らが創り出した
  このフレーズを、生涯にわたって実践して
  見せたのが江副浩正、その人であった。」

これは、本書の著者の1人、土屋洋さんの
あとがきの言葉です。

個人的には、リクルートの公式な社訓から、
この言葉が外されているのが残念です。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 人生論・生き方・人物・哲学 | 06:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

専業主婦は2億円損をする

満足度★★★
付箋数:20

本書は、橘玲さんの本にしては、
珍しくロジックに綻びが見える本でした。

その理由は、「専業主婦」というテーマに
橘さん自身がほとんど興味がなかった
にも関わらず、頼まれて書いた本だから。

本書は、橘さんの著書『幸福の「資本」論』を
若い女性向けにカスタマイズしたもの。

「金融資本」、「人的資本」、「社会資本」
の3つに分けて考え、幸福度を上げるための
人生設計するのが本書のベースにあります。

橘さんが本書の企画に乗ったのは、
「日本では専業主婦批判はタブー」に
なっていると聞いたからのようです。

本書は「専業主婦は何ひとついいことがない」
というところから始まります。

 ・専業主婦はお金がない
 ・専業主婦は自由がない
 ・専業主婦は自己実現できない
 ・専業主婦はカッコ悪い
 ・専業主婦になりたい女子は賢い男子に
  選ばれない
 ・専業主婦には“愛”がない
 ・専業主婦の子育ては報われない
 ・専業主婦は幸福になれない
 ・専業主婦は最貧困のリスクが高い

本書では、「なんでそんなことになるの?」
という理由を1つずつ説明していきます。

本書のタイトルにもなっている、
「専業主婦は2億円損をする」は、
単に専業主婦になって働かなくなると、
その分の収入がなくなるという話しです。

橘さんの話の前提には、「幸福とは自由
(自己決定権)のことであり、そのためには
経済的独立をしていかなければならない」
という考え方があります。

経済的独立を自分から捨ててしまう
専業主婦は「自由と幸福」からもっとも遠い
存在と考えるのです。

結婚しても「生涯共働き」するのが、
最強の人生設計だと、橘さんは言います。

本書は専業主婦を批判することが
本来の目的ではなく、若い女性に幸せな人生を
歩んでもらうことが最終目的です。

そのため、専業主婦にならないことも含め
以下の人生戦略を提示します。

  ・これからは、専業主婦はなにひとつ
   いいことがなくなる

  ・好きな仕事を見つけて、それを
    “スペシャルな仕事” にする

  ・スペシャルな仕事をずっと続けて
   「生涯現役」になる

  ・独身ならソロリッチ、結婚するなら
   ダブルインカムの「ニューリッチ」を
   目指す

  ・フリーエージェント戦略で、
   カッコいいファミリーをつくる

橘さんが書くように、日本では、
女性が子どもを産むと、差別を実感する
という面もあると思います。

また、働いて出世しようとすると、
まだまだ男女格差が存在します。

しかし、世の中には自分の時間を犠牲にして
働きたくないと考える人もいますから、
万人に共通する「これが正解」という
生き方はないと思います。

経済学の「限界効用の逓減」に基づくと、
世帯収入が1500万円を超えると、
幸福度にそれほど変化はないようです。

この理論に拠ると、結婚した旦那の収入が
1500万円以上あれば、女性は自分が働いて
収入を得る必要はないとも言えます。

本書は、橘さんの過去の著作を
読んでいる方にとっては、
それほどオススメできません。

しかし、橘さんの本をこれまで
読んだことのない方にとっては、
新しい視点を与えてくれる部分も
あると思います。

この本から何を活かすか?

橘さんは、結婚の対象として「同類婚」が
増えていくと言います。

同類婚とは、学歴などの社会的バックボーンが
同じ人同士の結婚です。

その方が趣味や会話が合うので、
結婚生活がうまくいくと言われています。

私と妻は、大学の同級生なので、
この同類婚そのものです。

私の家庭が、今のところ上手く行っているのは、
同類婚のおかげかもしれません。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.


このエントリーをはてなブックマークに追加

| 人生論・生き方・人物・哲学 | 06:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

SHOE DOG(シュードッグ)

満足度★★★
付箋数:24

世界的スポーツブランド「ナイキ」。

フィル・ナイトさんとビル・バウワーマンさん
によって1964年に設立された会社です。

ナイキはどのようにして、世界的シューズ
ブランドとして成功したのか?

ナイキの成功の影には、2つの日本の会社が
ありました。

1つは、アシックス。

正確には、アシックスの旧社名オニツカと
言ったほうがいいでしょう。

スタンフォード大学で経済学を学んだ
ナイトさんは、1963年に卒業旅行で
日本を訪れました。

そこで出会って感銘を受けた靴が、
オニツカタイガーでした。

ナイトさんは、そのまま神戸のオニツカ本社
まで足を伸ばし、役員にハッタリをかまして
売り込みました。

自分にアメリカでオニツカタイガーの
販売をやらせてほしいと。

それからオレゴン大学の陸上コーチだった
バウワーマンさんと共同で会社を設立し、
オニツカの輸入販売代理業務を開始しました。

つまり、ナイキの起源は日本で作られた
オニツカタイガーだったのです。

もう1つの、ナイキになくてはならなかった
日本の会社は、総合商社の双日です。

こちらも旧社名の日商岩井と言ったほうが
いいでしょう。

1971年、ナイキは輸入販売代店から脱し、
メーカーへの道を歩もうとしていましたが、
銀行で融資を断られ資金調達に困っていました。

しかし、東京銀行のポートランド支店に
行った際、こう言われました。

  「そこのエレベーターを上がって9階に行くと
  日商岩井があるから相談してみたら」

そのままナイトさんはアポなしで飛び込み、
日商岩井との取引をスタートさせました。

  「アジアのことを考えると、真っ先に浮かぶ
  のが日商岩井だ。日商という存在がなかったら
  私たちはどうなっていただろうか。
  日商の元CEOのマサル・ハヤミがいなかったら。
  彼とはナイキが上場した後に知り合った。
  必然的に私たちは絆で結ばれた。
  私は彼にとって最も有益な顧客であり、
  彼の教えを熱心に聞く生徒でもあった。
  そして彼は私がこれまで出会った中で
  最も賢い人かもしれない。
  他の賢者と違い、彼の知恵のある言葉は
  聞く者に大きな安らぎを与えてくれた。
  私もその恩恵を受けた1人だ。」

ナイトさんから最高の賛辞を送られいる
マサル・ハヤミさんとは、第28代日銀総裁を
務めた速水優さんのことです。

本書は、500ページ超のナイトさんの自叙伝。

現在の華麗なナイキからは想像できない、
泥臭い自転車操業の会社だった頃の様子が
克明に描かれています。

創業メンバーたちとともに、悪戦苦闘しながら、
スポーツ用品界の巨人、アディダスとプーマを
凌ぐブランドへとナイキを育ていきます。

若干、ぶっちゃけ過ぎている感もありますが、
ナイキは、ナイトさんの人生そのもの。

ナイトさんの熱い生き様が、
そのままナイキの歴史になっています。

ナイトさんは、スタンフォード大で
MBAを取得したエリートです。

しかし、本書ではどちらかと言うと、
ナイトさんのダメな面がクローズアップ
されているので、読んでいて熱くなると
同時に好感が持てます。

ビル・ゲイツさん、ウォーレン・バフェットさん、
アンドレ・アガシさんといった各界の著名人が
本書を絶賛するのも納得できる一冊です。

この本から何を活かすか?

ナイトさんが見て眠れなくなったという映画、
最高の人生の見つけ方』。

ジャック・ニコルソンさんとモーガン・フリーマン
さん主演の映画です。

余命6ヶ月を宣告された二人の男が、
死ぬ前にやり残したことを実現するために
冒険に出る物語。

「死ぬまでにやりたいことリスト」作りで、
ナイトさんのように眠れなくなるのは
避けたいですが、この映画見てみようと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 人生論・生き方・人物・哲学 | 06:05 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT