活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

資本家マインドセット


資本家マインドセット (NewsPicks Book)

満足度★★★★
付箋数:25

  「サラリーマンよ、これからの時代は
   “資本家” として生きていこう。
  そのためのマインドセット(思考様式、
  考え方の枠組み)を書いたのが、
  この本だ。」

なぜ、サラリーマンがサラリーマンの
まま生きてはダメなのか?

それは、サラリーマンというビジネスモデル
が、既に破綻する寸前になっているから。

もはや、ひとつの組織に所属して、
定年まで安定した給料をもらって働く
という生き方は難しい時代になりました。

本書の著者、株式会社日本創生投資
代表取締役CEOの三戸政和さんが勧めるのは、
「資本家」という生き方です。

いやいや、そんな資本家になるような、
お金はない。

そう思う方も多いかもしれません。

しかし、資本家になるには資産はいらない
と三戸さんは言います。

では、そもそも「資本家」とは、
どういう人を指すのか?

  「好きなことを、好きな人と、
  好きなようにやる人。
  これが私の考える “資本家” だ。」

具体的には、「他人の時間」を生きる
のではなく、「自分の時間」を生きること。

資本家は、最短の時間で最大の効果を
上げることを常に考え、実践しています。

そのためには、徹底した「仕組み化」が
必要です。

三戸さんが考える、資本家度の高い人の
お手本として、堀江貴文さんが挙げられて
いました。

イメージしやすい例ですね。

サラリーマンは、自分の時間を切り売り
しているので、稼ぐことに限界があります。

これは月給で給料をもらっていても、
結局は時給で働いているのと一緒。

一方、資本家は、サラリーマンと同じ
労力でも、その数十倍、数百倍以上、
稼ぐことが可能です。

なぜ、資本家はそんなことが可能なのか?

それは、資本主義がベースのこの世界では、
資本家に有利なルールになっているから。

では、資本家は、どのようにして、
自分の時間を使わず、儲けているのか?

本書では、次の「資本家の3原則」が
挙げられていました。

 その1. お金と人に働いてもらう
 その2. バランスシートで儲ける
 その3. ポートフォリオを組む

この中で最も重要なのは、「お金と人に
動いてもらう」仕組みづくりです。

この仕組みさえあれば、自分がいなくても、
勝手にお金を稼いでくれるのです。

実際に、すぐに資本家になれなくても、
まずは考え方を資本家と変えることを
本書では推奨しています。

それが、資本家マインドセット10か条。

 1. 「自分の時間」だけで生きる
 2. 始動前のアイドリングをなくす
 3. スケジュールを「他人の時間」で埋めない
 4. そのスーツとネクタイは本当に必要か?
 5. その名刺は本当に必要か?
 6. いつまで「定時出社」を続けるのか?
 7. インパクの大きいお金の使い方をする
 8. 好きなこと・やりたいことを仕事にする
 9. 「遊び偏差値リスト」をつくる
 10. 声は大きく!

「資本家だったら、こんなときどう
考えるだろう」という意識を持つだけで、
仕事のパフォーマンスが大きく変わる
ようです。

実際に資本家として生きている三戸さんの
言葉には、非常に説得力があります。

なかなか洗脳力のある本だと思います。

本書は、若い世代のビジネスパーソンに、
特に読んで欲しい一冊です。

この本から何を活かすか?

 75 キャンピングカー秘湯めぐり
 74 スカイダイビング
 73 沢登り

これが、三戸さんの「遊び偏差値リスト」
のトップ3です。

「遊び偏差値リスト」とは、自分が
面白いと思うものを、ランキングしたもの。

2つ以上の予定が被った場合は、
偏差値が高い遊びを優先するようです。

これも限られた時間とお金を効率よく
使うための「仕組み化」の1つ。

私もリストを作ってみることにします。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 人生論・生き方・人物・哲学 | 05:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

人生は攻略できる


人生は攻略できる

満足度★★★
付箋数:20

  「この本では、人生をロールプレイング
  ゲームだと考えて、 “君たちはこれから
  どう生きるか” を考える。
  ――というと、 “人生はゲームだなんて
  冗談じゃない” と怒られそうだ。
  これはもちろんそのとおりで、人生に
  必勝法があれば誰も苦労しないわけ
  だから、そんなのはウソだとすぐに
  わかる。でも、人生とゲームが
  まったく似ていないわけじゃない。」

本書は、「幸福」になるための「人生」
というゲームの攻略本。

必勝法ではないものの、幸福になる確率を
上げるために、「やった方がいいこと」と
「やってはいけないこと」が書かれて
います。

本書は、ライターの大隅光彦さんが
ベストセラー作家、橘玲さんへ行った
インタビューをもとにまとめられた本です。

本書での、「幸福」の定義は、
次の2つにまとめられています。

 1. 好きなことを夢中でやって、
  いまが楽しい

 2. あとから振り返って、「幸福だった」
  と思える

そして、幸福な人生をおくるために必要な
土台として、「お金(金融資本)」と
「仕事(人的資本)」、「愛情・友情
(社会資本)」の3つを挙げています。

つまり、人生とは幸福というゴールを
目指すために、いかにして金融資本、
人的資本、社会資本の3つのアイテムを
効率よく集めるかのゲーム。

これが、橘さんの基本的な考えです。

結論としては、人的資本は「好きなこと・
得意なこと」に一極集中する。

金融資本は、グローバルマーケットに
分散投資する。

社会資本は小さな愛情空間・友情空間と、
広大な貨幣空間のネットワークに
分割する。

人生というゲームは、これで攻略できる
確率が上がります。

  「これまで何冊か人生設計について
  書いてきたが、ここではそれを若い読者
  に向けてシンプルにまとめてみた。
  ここで述べたことはすべて証拠
  (エビデンス)があるが、煩わしく
  なるのでいちいち出典は示していない。
  詳しいことを知りたければ、
  以下の本を読んでみて欲しい。」

詳しく学ぶための推薦本として
挙げられているのは、いずれも橘さんの
過去の著書です。

新版 お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方
臆病者のための株入門
臆病者のための億万長者入門
残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法
言ってはいけない
もっと言ってはいけない
幸福の「資本」論
専業主婦は2億円損をする
「読まなくてもいい本」の読書案内
80's エイティーズ

要するに、本書は橘さんの過去の本の
いいとこ取りをした、総集編のようなもの。

橘さんの人生論を、本書を読むだけで、
短時間で知ることができます。

新しい論点は出てきませんが、橘さんの本
を初めて読む若い読者には、ちょうどいい
橘ワールドの入門編です。

私は、これまで橘さんの本を読んだこ
とのない人に、その考え(結論)を
伝えるのに、結構、苦慮してきました。

本書は、「まず、これ読んで」と
一冊だけ渡せば、すべて伝わるので、
その意味では、非常に有り難い本でした。

最近知り合った20代の知人に、
本書を渡そうと思います。

この本から何を活かすか?

  「宝くじは税金とよく似ているが、
  消費税や所得税などどちがって
  国民全員に課税されるわけではない。
  宝くじを通じて、 “税金” を納めて
  いるのは、確率を正しく計算できない
  ひとだけだ。そのため経済学では、
  宝くじは “愚か者に課せられた税金” 
  と呼ばれている。」

宝くじを買うのはもちろんですが、
「よく当たる売り場」などと言っている
人は、確率が計算できない最たる例です。

期待値がマイナスのゲームに
参加する回数が増えれば増えるほど、
負ける確率が高くなる。

この事実を意識していない人が、
あまりに多いことに、いつも驚かされます。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 人生論・生き方・人物・哲学 | 04:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シェアライフ 新しい社会の新しい生き方


シェアライフ 新しい社会の新しい生き方

満足度★★★
付箋数:23

日本でレイチェル・ボッツマンさんと
ルー・ロジャースさんの本、
シェア ―<共有>からビジネスを
生みだす新戦略
』が刊行されたのは、
2010年12月のことでした。

以来、「シェアリングエコノミー」
の到来について、多くの方が語るように
なりました。

しかし、ただ理論で語るだけでなく、
本書の著者、石山アンジュさんほど、
本当に「シェア」を実践している人は、
それほど多くないと思います。

  「 “シェア” こそ、これからの時代を
  幸せに生きていくために、誰にとっても
  欠かせないキーワードになっていくはず
  です。
  本書は、この “シェア” (共有)という
  概念によって、社会がどう変わっていく
  のかを考え、シェアすることで生まれる
  新しい生き方を提案していきます。」

石山さんは、内閣官房シェアリング
エコノミー伝道師です。

シェアリングエコノミー伝道師とは、
地方におけるシェアリングエコノミーの
導入推進について、豊富な知見を備えた
人物に与えられる役割。

石山さんは、内閣官房IT総合戦略室長より、
2017年3月に第1弾の5名の中の1人として
任命されました。

それだけでなく、石山さんは渋谷にある
「Cift」(シフト)というシェアハウスで
暮らしています。

ここは住むだけのシェアハウスではなく、
メンバーのスキルをシェアしながら、
「ともに働く」法人組織です。

ミュージシャン、作家、料理人、お坊さん、
政治家、美容師、弁護士など、
様々な肩書を持つ方がともに暮らし、
ともに働いているようです。

また、石山さんの実家もシェアハウスを
経営しているという筋金入りです。

さて、肝心の「シェア」についてですが、
本書では以下のように定義しています。

  「シェアにはさまざまな意味が
  ありますが、この本では “シェア”
  = “分かち合うこと” と定義します。
  それは、私的所有や経済的な利益を
  追求する社会(資本主義社会)が
  限界を迎え、お金の価値や社会的
  ステータスなど、これまでの豊かさの
  物差しが揺らぐ時代になってきた中で、
   “個人と個人が共感や信頼を物差しと
  して、あらゆるものをシェアしながら
  『つながり』を前提にいきていく” 
  という新しい生き方です。」

今の社会は、組織中心から個人中心へ
移りつつあります。

その個人と個人が「信頼」を媒介として
「つながり」を持つて活動していくのが、
石山さんが提案する新しい生き方。

しかし、この「シェア」という概念は、
昔からあったといいます。

それは、日本の「長屋文化」です。

特に江戸時代の日本では、生活のほとんど
すべてがシェアによって成り立っていた
といっても過言ではありません。

長屋のお隣さんとは、スペースを共用し、
お醤油なのどの生活必需品が、足りない
ときには、貸し借りし合っていました。

これは「お互いさま」の文化です。

この文化が最新のテクノロジーによって、
個人と個人の新しい「つながり」が
可能になりました。

そうすると、これまで見えなかった
ものが新しい価値になり、さまざまな
制限から開放されていきます。

そんな価値観の世の中で、どのように
暮らしていくとハッピーになれるのか?

本書では、個人面、社会面、マインド面
から、シェアライフ実践入門書として、
新しい生き方を提案します。

  第1章 新しい時代
  第2章 新しい価値観
  第3章 新しい生き方
  第4章 つながりが社会を救う
  第5章 シェアするマインド

この本から何を活かすか?

 北海道の天塩町での取り組み

この町では、ここ60年で少子高齢化が進み、
人口はかつての3分の1になりました。

そのため、公共交通、バスなどの本数も
減り、自分で車を運転できない方が
病院に行こうと思うと、片道3時間以上
かかるようになっていました。

そのため導入されたのが「相乗り交通」
というライドシェアサービス。

マイカーで移動する人と、車を持たない
人をつなぎ、相乗りする取り組みです。

過疎化の進む地方の自治体では、
今後広がっていきそうな仕組みですね。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 人生論・生き方・人物・哲学 | 05:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

僕たちは14歳までに何を学んだか


僕たちは14歳までに何を学んだか 新時代の必須スキルの育み方(SB新書)

満足度★★★
付箋数:23

新しい時代を切り開く、卓越した
革命家は、「根拠のない自信」を
持っています。

それは、前進すれば「なんとかなる」
という感覚です。

別の言葉では、「セルフ・エスティーム」
とも言うことができます。

卓越した革命家になる人たちは、
14歳までに勉強ばかりせずに、
ちゃんと遊び回っていたといいます。

本書は、教育改革実践家として活躍する
藤原和博さんが、4人の時代を代表する
革命家にインタビューした本です。

選ばれたスーパーヒーローは、
いずれも藤原さんと親交があり、
藤原さんがリスペクトする方々です。

キングコングの西野亮廣さん
ホリエモンこと堀江貴文さん
SHOWROOMの前田裕二さん
DMMの亀山敬司さん

  「僕自身が改めてインタビューし、
  彼らが14歳までにどんなふうに
  遊び、学び、育ったのかを根堀り
  葉掘り聞くことにした。
  子どもの頃、何をゲットしたことが
  今の “根拠のない自信” と行動力に
  結びついているかという謎解きだ。
  そのインタビュー集が本書である。」

実際に4人の方々が14歳までに、
どんなことをやったかについては、
本書をお読みください。

ここでは藤原さんが「頭の良さ」
について解説しているパートから
少しその考え方を紹介します。

単純に「頭がいい」といっても、
それは2つの要素に分けられます。

1つは「アタマの回転の速さ」。
もう1つは「アタマの柔らかさ」。

これは「情報処理能力」と
「情報編集力」と言い換えることが
できます。

情報処理能力は、現在使われている
基礎学力と近い能力です。

正解が問われたときに、早く正確に
その答えを出す能力。

一方、情報編集力は、正解がないか
1つではない課題に対して、
自分なりの仮説を生み出す力です。

正解がないから、答えを当てる
わけにはいかず、クリエイティブな
仮説を生み出さなければなりません。

藤原さんは、この2つの能力を、
「ジグソーパズル型学力」と
「レゴ型学力」とわかりやすく
喩えています。

従来の学校教育で身につけやすい
のは、「ジグソーパズル型」。

未来を拓く力でもあり、子どもの
頃から遊ぶことによって身につけ
られるのが「レゴ型」です。

この2つの能力はどちらも必要です。

今の学校教育のカリキュラムでは
9:1の割合でジグソーパズル型に
偏重しているようです。

藤原さんは、7:3が理想的な
バランスだと考えています。

本書は、お子さんの教育について
考えている方はもちろん、
それ以外の方にとっても興味深い
本だと思います。

この本から何を活かすか?

  「勘違いしてほしくないのは、
  だからと言って、子どものおもちゃ
  箱にあるジグソーパズルを捨てて
  レゴブロックを買ってくれば、
  未来を拓く “情報編集力” が身につく
  かというと、そうではないと
  いうこと。」

もし、そのように考えたとすると、
それこそ「正解主義」の弊害だと
藤原さんは指摘しています。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 人生論・生き方・人物・哲学 | 06:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あらゆる悩み・不満・ストレスが消える! 最強の人生相談


あらゆる悩み・不満・ストレスが消える! 最強の人生相談〈家族・結婚・夫婦編〉―ビジネスの成功にも共通する 人間関係、深すぎる40の教訓

満足度★★★
付箋数:23

  「本書は、 “東洋経済オンライン” の
   “ミセス・パンプキンの人生相談室” へ
  6年間にわたって寄せられた600件あまりの
  人生相談をもとに、家庭関係・人間関係の
  さまざまな悩みやコンプレックスを
  幅広く取り上げ、その解決策や考え方を
  学ぶ一冊です。」

東洋オンラインと言えば、ビジネス系サイト
では圧倒的なアクセス数を誇ります。

そこで2013年から「人生相談」の連載を
続けるのが、ミセス・パンプキンさんです。

ところで、「パンプキンさんて誰?」
と思う方も多いでしょう。

  「初めまして。大層なコラムを担当する
  ことに、なりました。
  まず “グローバルエリート” という言葉を
  息子が名乗るのは、息子特有の冗談とはいえ、
  大変恥ずかしく思っています。」

パンプキンさんが最初に連載を始めたときに、
このように語っています。

グローバルエリートを名乗る息子さんとは、
最強の働き方』や『最強の健康法』などの
ベストセラーの著者、ムーギー・キムさんです。

パンプキンさんは、キムさんのお母さんで、
4人のお子さんを、国際弁護士、国際金融マン、
海外著名大学教員、公認会計士に育てた
そうです。

パンプキンさんも、自身の子育て論を
執筆した『一流の育て方』が20万部を
超えるベストセラーになっています。

本書は、最強の母親であるパンプキンさんに
寄せられた、多くの人生相談の中から、
「家族・結婚・夫婦」に関する40ケースを
厳選してまとめた本です。

本書の対象読者は次のように書かれています。

  「未婚者と既婚者、そして離婚者を対象とした、
   “人間関係を改善する教科書” 」

結局、家庭問題を中心に扱っているものの
独身者を含めた、すべての人を読者として
想定しているようです。

 <相談ケース1>
  妻との会話が死ぬほどつまらない!

  ドラマやワイドショー、人の悪口しか
  話さない妻の話をやめさせたい

 <パンプキンさんからのアドバイス>
  嫌なことは、はじめから「嫌」と言うべし。
  家庭内で演技はしてはならない。

 <このケースに学ぶ3つのポイント>
  ・「時間泥棒」は、家族さえガマンしたら
   いいという問題ではない。
  ・妻は夫次第、夫は妻次第。
   伴侶が怠けているときほど、
   自分は建設的に。
  ・夫婦間で演技をしてはならない。

 <人間関係 最高の教訓>
  相手に対して不快に思うことは、
  伝えるのが誠意。
  率直に伝える前に軽蔑することは、
  時期尚早である。

お悩み相談もパンプキンさの回答も
この記事では、一部のまとめの部分しか
紹介していません。

しかし、実際は1つの質問に対して、
5ページ以上かけて丁寧に回答しています。

相談者の悩みを見ると、「ある、ある」と
共感できるものも多く、それに対して、
明快にパンプキンさんが答えています。

周りが見えていない人には、
視点を変えるきっかけを作ります。

また、自分で答えがわかっていても、
一歩が踏み出せに人には、
その背中を後押してくれます。

ときに優しく、ときに厳しく。

誠実に真剣に悩みに向きあって
回答している、人生相談だと感じました。

大なり小なり、悩みがある方には、
いい助けになる本だと思います。

この本から何を活かすか?

世相を反映して「不倫」に関する相談も
パンプキンさんには、多く寄せられています。

  「まずお断りしておきますが、
  私は不倫や浮気をとても卑しい行為だと
  思っています。心変わりを責めるのではなく、
  どうしても配偶者以外の人と一緒に
  なりたければ、婚姻関係を完全に解消
  してからにすべきだと考えるからです。
  最も近しい人との信頼関係を裏切ると
  いう意味で、よほどの例外的な状況でも
  ないかぎり、不倫行為はその人の
   “根本的な無責任さの象徴” なのです。」

反論の余地のない、至極真当な考え方ですね。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 人生論・生き方・人物・哲学 | 05:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT