活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ハッタリの流儀 ソーシャル時代の新貨幣である「影響力」と「信用」を集める方法


ハッタリの流儀 ソーシャル時代の新貨幣である「影響力」と「信用」を集める方法 (NewsPicks Book)

満足度★★★
付箋数:23

  「二年前、『多動力』という本を出版した。
  この本は30万部超えのベストセラーに
  なった。 “とにかく動く”  “手当り次第
  やってみる” という内容だ。(中略)

  多動力を生かして一気に突き抜ける人と、
  逆にあれもこれもと手を出した結果、
  器用貧乏になり、小さくまとまってしまう
  人がいるのだ。
  
  では、何がこの二つを分けるのか。
  
  それが “ハッタリ力” だ。」


本書は、これからの時代に必要な、
「ハッタリ力」の身につけ方と生かし方を
説く本です。

著者は、言わずと知れた堀江貴文さん。

ハッタリとは、一般的に相手を威圧する
ために、大げさな言動をしたり強気な態度
をとることを言います。

本書でのハッタリは、具体的に言うと、
「できないことを、できる」と言うことです。

ただし、大切なのはブラフをかますこと
ではありません。

ハッタリをかました時点では、できなくても、
その後、必死に努力して、本当にできる
ようになることが何よりも重要です。

その結果、最終的にできなくても、
問題ありません。

  「大切なのは、成功するという “結果” 
  ではない。 “挑戦する様を見せること” 
  なのである。
  こんな時代を最前線で生き抜くためには
   “大胆かつ正しくハッタリをかます力” 
  が必要なのである。」

堀江さん自身も、これまで多くのハッタリを
かましてきましたが、全てが成功してきた
わけではありません。

ライブドア営業利益世界一、テレビ局買収、
球団獲得、総選挙への出馬・・・

これらはハッタリをかましても、
実現しなかったことです。

しかし、堀江さんの言動は、注目を集め、
世間を熱狂させました。

  「そう、結果がいつもついてきている
  わけではない。みんなが腰を抜かすような
  ことを、いつも言い続け、そして踏み
  抜き続ける。大きくハッタリをかまし、
  そして、かましてしまったハッタリを
  実現するために、本気で勝負し続ける。
  その “過程” こそが大切であって、
  人とお金を巻き込むというわけだ。」

どんな夢を実現するにもお金は必要なので、
自分の夢を大きく語り、人々を魅了して、
人とお金を集めるのがホリエモン流。

今の堀江さんのハッタリは宇宙です。

安価なロケットを宇宙に安定的に
飛ばすことが夢です。

最初は、「そんなことできるわけない」
と誰もが思いました。

しかし、インターステラテクノロジズは、
2019年5月、日本初となる民間単独の
ロケットとして、宇宙空間に到達しました。

この宇宙事業は、今後も多くの人を
魅了し、更に多くのお金も集めていく
ことでしょう。

さて、本書で堀江さんが語るのは、
ハッタリをかまして、無謀な夢に挑戦する
ことですが、それには必ず、後から必死に
行う「努力」がセットになっています。

まずは、「できます」と言い切って、
辻褄を合わせるための「覚悟」を持ちます。

その後に、それを実現するために本気で
努力します。

  「本気で努力をする人は意外といない。
  大体が65点ぐらいまで。100点までやる
  人なんてほとんどいない。そして120点
  までやり切る人間は皆無だ。だからこそ
   “努力” はコスパがいい。ハッタリを
  できるだけ大きな花火にするために、
  努力という最大のカラクリを仕込んで
  おくのだ。」

堀江さん言っていることは至極真っ当です。

日本人は控えめなので、何も言わずに
やることを良しとする文化があります。

しかし、先に「やる」と宣言すると、
プレッシャーもかかるので、自分を
ストレッチし、成長させるスピードも
早くなるのでしょう。

この本から何を活かすか?

堀江さんは、ハッタリ人間が捨てるべき
3つのものがあると言っています。

  1. もっともらしい言葉
  2. 親の教え
  3. プライド

世間の目を気にせず、逆に利用すること
こそがハッタリ力です。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事論 | 05:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ニュータイプの時代 新時代を生き抜く24の思考・行動様式


ニュータイプの時代 新時代を生き抜く24の思考・行動様式

満足度★★★★
付箋数:26

  「本書のメッセージをまとめれば、
  次のようになります。
  20世紀の後半から21世紀の初頭にかけて
  高く評価されてきた、従順で、論理的で、
  勤勉で、責任感の強い、いわゆる
   “優秀な人材” は、今後 “オールドタイプ” 
  として急速に価値を失っていくことに
  なるでしょう。
  一方、このようなオールドタイプに対置
  される、自由で、直感的で、わがままで、
  好奇心の強い人材= “ニュータイプ” が、
  今後は大きな価値を生み出し、評価され、
  本質的な意味での “豊かな人生” を
  送ることになるでしょう。」

本書は、これからの時代を生き抜くために、
私たちの思考や行動様式をアップデート
するための本です。

著者は、『世界のエリートはなぜ
「美意識」を鍛えるのか?
』で話題になった
独立研究者の山口周さんです。

まず、私たちに求められるのは、
20世紀に良しとされた価値観を捨てる
ことです。

その1つが、マルコム・グラッドウェルさん
が『天才! 成功する人々の法則 』の中で
提唱した「1万時間の法則」です。

これは、「1万時間の練習を積み重ねれば、
あなたも一流になれます」という法則です。

しかし、山口さんは、これは子どもが
よくやる「逆の命題」のミスと指摘して
います。

 [命題1] 天才モーツアルトも努力していた

この命題が真だとすると、これによって
導かれる「対偶」は何か?

グラッドウェルさんが導いたのは、
次の命題でした。

 [命題2] 努力すればモーツアルトのような
    天才になれる

これは命題の証明から考えると、
明らかな間違いであることがわかります。

正しくは、次の命題となります。

 [命題3] 努力なしにモーツアルトのような
    天才にはなれない。

つまり1万時間の練習は必要条件であって、
十分条件ではないことを意味します。

  「グラッドウェルの主張する “1万時間
  の法則” が、いかに人をミスリードする
  タチの悪い主張かということがよく
  わかります。」

ここで山口さんが言っているのは、
「努力することは無駄」ということでは
ありません。

オールドタイプの価値観では、
今いる場所で踏ん張って努力をします。

しかし、ニュータイプの価値観では、
勝てる場所にポジショニングしてから
努力をするのです。

これ以外にも本書では、次のような
思考・行動様式の変更を求めています。

 [オールドタイプ] → [ニュータイプ]
 正解を出す → 問題を探す
 予測する → 構想する
 KPIで管理する → 意味を与える
 生産性を上げる → 遊びを盛り込む
 ルールに従う → 自らの道徳観に従う
 1つの組織に留まる → 組織間を越境する
 綿密に計画して実行 → とりあえず試す
 奪い、独占する → 与え、共有する
 経験に頼る → 学習能力に頼る

山口さんが言っていることが、
すべて正解かどうかはわかりませんが、
1つ1つの説明は納得感の高いものでした。

個人的には過去の価値観を全否定する
必要はないと考えます。

しかし、過去の価値観だけでは、
これからの時代を生き抜いていけない
のも事実です。

本書は、新しい思考や行動様式を
手に入れるヒントになる本だと思います。

この本から何を活かすか?

ニュータイプのキャリア戦略とは、
どういうものか?

これまでの時代は、1つの分野に絞って、
そこで粘り強く努力して専門性を高める
ことが良いとされてきました。

しかし、今は何が「良い」かが、
試さないとわからない時代です。

そのため、ニュータイプに必要な
キャリア戦略は、とりあえず試して、
ダメならまた試すこと。

成功は確率論なので、大量に試して、
うまくいったものを残すのが正解。

そのため、時間が有限である以上、
「うまくやめる」ことも求められます。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事論 | 05:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

なぜ日本の会社は生産性が低いのか?


なぜ日本の会社は生産性が低いのか? (文春新書)

満足度★★★★
付箋数:24

ずいぶん前から、日本の会社は生産性が
低いと指摘されています。

事実、日本生産性本部の調査によると、
時間当たりの労働生産性はOECD35カ国中、
日本は「20位」となっています。

トップのアイルランドやルクセンブルグの
およそ半分程度の生産性です。

生産性、生産性とうるさく言わなくても、
生活レベルはそれほど変わらないので、
別にいいんじゃないの?

そう思っている人もいるかもしれません。

しかし、生産性が低くなっていくと、
日本は確実に貧しくなっていきます。

個人の賃金水準が上がらないどころか、
いずれ下がっていくことになる。

特に日本では、医療・福祉・介護の分野で
生産性の低さが目立ちます。

また、他の生産性の高い国に比べて、
ニッチな分野において、突出した
非価格競争力をもつ企業が少ないのも
日本の特徴です。

そこで最近では「生産性を高めよう」が、
合言葉のようになっています。

しかし、本書の著者、人気エコノミストの
熊野英生さんは、それは「愚の骨頂」だと
指摘します。

なぜなら、「個人の工夫で生産性を上げる」
ことが前提になっているから。

  「筆者は本書の執筆を思い立ったとき、
  生産性に関する書籍をかき集めてみた。
  巷に溢れる書籍の多くは個人のスキル
  アップの指南書だった。
  これらはそれなりに役立つのだろうが、
  いくら個人が頑張っても、企業組織や
  チームの生産性は、全体の機能や
  ビジネスモデルが変わらなければ、
  大きく向上することはない。
  個人の仕事術を無数に積み上げても、
  集団的な生産性向上は難しいからだ。」

もちろん個人の生産性も上げるべきですが、
それだけでは問題の本質的なところは
解決しないというのが熊野さんの考えです。

そして、部下を持たない上級管理職が増え、
一人だけでする仕事が増えている現状で、
生産性向上を求められるのは、「旧日本軍」
に近い体質だと指摘しています。

熊野さんは、野中郁次郎さんらの名著
失敗の本質―日本軍の組織論的研究
から次の文の引用しています。

  「日本軍はある意味において、
  たえず自己超越を強いた組織であった。
  それは、主体的というよりは、そうせざる
  をえないように追い込まれた結果である
  ことが多かった。
  往々にして、その自己超越は、
  合理性を超えた精神主義に求められた。」

旧日本軍は失敗しているので、
その教訓から、旧日本軍がやった
逆を目指せばいいとの結論に至っています。

つまり目指すべき戦略は、「物量重視」で、
「持久戦志向」で、「判断の柔軟性」を
持つこと。

実際に今の日本の職場が、どの程度まで
旧日本軍に近いかはわかりませんが、
「働き方改革」に漂う不条理さを考えると、
熊野さんの説には説得力を感じます。

では、個人の頑張りだけに頼らずに、
生産性を上げるにはどうしたらいいのか?

本書では、次の3つの要因を掘り下げます。

  1. チームワークと協業のメリット
  2. 働く目線の高さ
  3. 職業への忠誠心と利他的行動

この中で3番の「忠誠心と利他的行動」が
生産性の向上につながるという考察は、
斬新でしたが、納得できる内容でした。

個人の生産性を最大化しても、必ずしも
組織全体の生産性の最大化につながらない
のは、組織には「協業」が存在するから。

その協業で成果を上げるために必要なのが
「利他的行動」に尽くすことなのです。

最近では、生産性向上を謳うビジネス書は
多くなりましたが、本書はその中でも、
独自の視点を持った、面白い本でした。

この本から何を活かすか?

熊野さんは、成果主義には限界があるとし、
メンバーが個人の利益ではなく、
もっと大きな目的を見出すべきと考えます。

そのため、サン・テグジュペリさんの
次の言葉を紹介しています。

  「船をつくろうとするなら、男たちに
  木材を集めさせたり、仕事や労働を
  割り当てて命令するなりするのでではなく、
  代わりに果てしなく広大な海への憧憬を
  伝えるといい」

これは、私の好きな名言の1つです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事論 | 05:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

GREAT @ WORK 効率を超える力


GREAT @ WORK 効率を超える力

満足度★★★★
付箋数:25

モートン・ハンセンさんは、24歳のときに、
ボストンコンサルティンググループ(BCG)
に就職しました。

ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスで
金融学の修士課程終えたばかりで、
BCGは夢にまで見た憧れの就職先でした。

若いハンセンさんは、コンサルティングの
仕事をした経験がなかったため、
その経験不足を残業で補おうと考えました。

それからの3年間、週に60時間働き、
それが次第に増え、ついには週90時間も
働くようになっていきました。

その甲斐があって、BCGのコンサルタントと
しては、納得できるアウトプットもでき、
自信も持てるようになっていました。

そんなある日、ハンセンさんは、合併買収の
プロジェクトと悪戦苦闘しているときに、
偶然、同僚の作ったスライドを見にします。

そこでハンセンさんは衝撃を受けました。

その分析は、簡潔明瞭で説得力ある見解と
アイディアに溢れていました。

美しいレイアウトは、見ていて楽しく、
何よりもわかりやすく、理に適っている。

つまり、ハンセンさんが自信をもって
やっていた仕事より、優れていたのです。

そのスライドを作ったのは、
チームメイトのナタリーさん。

しかも、彼女は決して残業をせず、
働くのは午前8時から午後6時まで。

もちろん休日出勤もしません。

ナタリーさんも、コンサルタントとしては、
ハンセンさんと同じ程度の経験しか、
持っていませんでした。

それなのに、自分より圧倒的に少ない時間で、
良い仕事をしている。

この事実を突きつけられて、ハンセンさんは
激しく動揺します。

なぜ、彼女は自分より少ない時間で優れた
業績を上げることができたのか?

これを「ナタリー問題」と呼びます。

ハンセンさんは、その後、BCGを辞め、
ビジネススクールの教授になってから、
大規模な調査を実施しました。

それは職場における個人の業績について、
5000人を調査するプロジェクトでした。

具体的にどのような行動が高い業績に
結びつくかを調べる一大調査です。

プロジェクトの分析結果で判明したのは、
優れた業績のかなりの部分は、
「 “賢く働く” 七つの習慣」によって、
生み出されているということでした。

本書は、5000人の調査からわかった、
「 “賢く働く” 七つの習慣」について
事例を交えながら詳しく解説する本です。

 1. 「すること」を減らし、そこに徹底する
 2. 今そこにある仕事を「再設計」する
 3. 「成長サイクル」を巧みに回す
 4. 「情熱×目的」を強力なエンジンにする
 5. 「しなやかな説得力」で勝ち抜く
 6. 解決を明日に持ち越さない
 7. 1個のプロジェクトに全力投球する

これらが、ハンセンさんが立てた問い、
「ナタリー問題」の答えです。

この中で、1番注目すべきなのは、
「することを減らして、とことんこだわる」
働き方です。

することを増やしてしまうと、2つの罠に
陥ってしまいます。

1つは、手を広げすぎると、ひとつひとつに
十分な注意が払えなくなってしまう罠。

もう1つは、複雑さが増し、それぞれの
タスク管理に多大なエネルギーが必要と
なってしまう罠。

本書では、この罠に陥らないように、
次の戦術を示しています。

  ・「オッカムのかみそり」を使え
  ・自分の体をマストに縛りつけよ
  ・上司に「ノー」を言う

また、本書ではミシュランの三ツ星を
獲得している「すきやばし次郎」の
事例が紹介さていました。

小野二郎さんの「タコを揉む執念」が
目を引きます。

個人的には、「 “賢く働く” 七つの習慣」
には非常に納得感がある本でした。

号令だけの「働き方改革」ではなく、
中身と根拠のある「働き方改革」が
示されていると思います。

この本から何を活かすか?

偉大な企業の条件を導き出した
名著『ビジョナリー・カンパニー』。

この本はジム・コリンズさんの著書として、
知られています。

ハンセンさんは、このシリーズ4作目の、
ビジョナリー・カンパニー4』の
共同執筆者です。

こちらの本は企業が「賢く働く」ための
本ですが、それを個人に落とし込んだのが
本書です。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事論 | 06:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

死ぬこと以外かすり傷

満足度★★★
付箋数:24

  「箕輪のやっていることは信者ビジネスだと
  批判されることがある。
   “箕輪の本は信者が買っているだけ” 
   “箕輪のオンラインサロンは信者を
  集めているだけ” 
  しかし誤解を恐れずに言えば、こらからの
  ビジネスはほとんどが宗教化していくと
  思っている。信者を集めることができなくて
  モノを売ることなどできない。
  その背景は人が孤独になったことと、
  物質的に満たされたことの2つだ。」

本書の著者は、ベストセラーを連発する
豪腕編集者の箕輪厚介さんです。

箕輪さんは、まさに本当の「教祖」でした。

箕輪さんは双葉社に在籍中に、 見城徹さんの
たった一人の熱狂』を担当しました。

その後、幻冬舎に移籍し、NewsPicks Booksを
立ち上げ、編集長に就任します。

それから、堀江貴文さんの『多動力 』、
落合陽一さんの『日本再興戦略』、
佐藤航陽さんの『お金2.0』、
前田裕二さんの『人生の勝算』などを編集。

いずれの本も、当ブログでも紹介させて
頂いたベストセラーです。

また、箕輪さんはオンラインサロンで
1300名以上の会員を集め、そこから給料の
20倍以上の収入を得ています。

本書は、そんな箕輪さんが自らを語った本です。

箕輪さんは、一体どのようしてベストセラーを
量産しているのか?

どのようにして、オンラインサロンで
信者を集めているのか?

本書では、その考え方と、行動が明かされます。

  「編集者として、サラリーマンとして、
  僕のスタイルは一般的ではない。
  異常だし、狂っているように見えるかも
  しれない。
  しかし、今の時代に狂っているということは、
  狂っていても間違っていないという何よりの
  証拠だ。新しい時代はいつだって狂っている
  人間が作っていて、その未来が現実になって
  から、初めて理解される。
  しかし、それでは遅い。」

箕輪さんは、仕事にも、自分自身にも熱狂します。
その突き抜け方が、物凄い。

勢いとエネルギー感がハンパないので、
信者と呼ばれるフリークの人たちが、
引き寄せられるのがよくわかります。

言っていることは論理性を欠くものの、
オンラインサロンの会員を扇動する熱量が
あることが伝わってきます。

しかし、与沢翼さんの『ネオヒルズ・ジャパン』
をリリースするぐらいのところから、
個人的には「あれ、この人なんだろう?」
という違和感がありました。

そして本書を読み終えるころには、
ちょっと離れたところから見る分には、
面白いけれど、一緒には働きたくないという
感想を持ちました。

箕輪さんは、「バカになって飛べ! 」と言います。

そして、箕輪さん自身は周りを一切見ず、
リスクをリスクと思わず、何度も何度も
無謀な勝負に打って出ます。

それを続けている限り、今後も箕輪さんは
編集者として、ベストセラーに本を
リリースすることができると思います。

何か、大きな事故が起きるまでは・・・。

そんな事を思うのは、私が理性を捨てられない
からであり、年を取った証拠だと思います。

真似しようと思ってもできないし、
なかなかいない人材なので、
今後も、箕輪さんの活躍に期待したいです。

  第1章 [考え方] 予定調和を破壊せよ
  第2章 [商売のやり方] 自分の手で稼げ
  第3章 [個人の立たせ方] 名前を売れ
  第4章 [仕事のやり方] 手を動かせ
  第5章 [人間関係のつくり方] 癒着せよ
  第6章 [生き方] 熱狂せよ

この本から何を活かすか?

箕輪さんは、本能を丸出し、好奇心剥き出しの
「3歳児のようであれ!」と説きます。

しかし、映画館で『リメンバー・ミー』を
観ているクライマックスシーンで、
尿意を感じたからといって、その場で
手元のコップにオシッコをしてはいけない。

本書の表紙で、ニコニコしながら、
コップに液体を入れて持っている写真が、
そのオシッコにしか見えなくなりました。

すると裏表紙の、目をつぶっている写真も
「オシッコ、やっちまったぜ!」的な表情に
思えてきました。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事論 | 06:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT