活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

新卒はベンチャー企業へ行きなさい

満足度★★★
付箋数:23

著者の清水宏さんから献本いただきました。
ありがとうございます。

あなたは、決められたルールを守ることに
安心を感じるタイプですか?

それとも、ルールに縛られるより、
自由な発想で、何でもやりたくなるタイプですか?

もし、あなたが20代で、かつ、後者のタイプ
であれば、ぜひ、本書を読んでみてください。

きっと響く内容が書かれていると思います。

学生に人気の「就職したい企業ランキング」の
上位を占める企業には、この10年間ほとんど
変化がありません。

また、景気回復で民間に流れたといっても、
公務員を目指す学生は多く、特に転勤のない
市職員の人気は依然高いままです。

  「私はそのランキングを見て、学生たちや
  その親の世代の人たちが、時代の変化に
  気づいていないのか、それとも敢えて目を
  背けているのかと訝しむほどです。
  いや、むしろ学生たちの安定志向は強まって
  いるのかもしれません。不確実な時代だから
  こそ、安定神話にすがり付こうとしている
  のかもしれません。

  しかし気づくべきです。

  これからの時代は安定にすがることが、
  むしろハイリスクであるということを。
  そして時代は、より柔軟な発想力と好奇心、
  そしてリスクを恐れない勇気を持った
  タフな人材を求めていることを。」

これからの時代、若い世代の人たちに
活躍して欲しい場所は、本書のタイトルにも
なっている「ベンチャー企業」です。

本書は、清水さんのこれまでの経験から、
ベンチャー企業で働くことの魅力を
存分に語った本です。

ところで、なぜ、若い人たちに安定志向が
根強いのかというと、それは親世代の影響が
色濃く出ているから。

小さな頃から、親の言う通り習い物をして、
良い学校を目指して受験してきました。

そして、高校生以上になっても独立心が
あまり育たたず、そのまま大人になって
しまう方も多いように感じます。

就職活動する段階でも親が口を出す家庭で
育った方が、本書を手にする可能性は少ない
と思いますが、実はそういった方にこそ、
本書を読んで目を覚まして欲しいものです。

  ・新規事業が新人に委ねられる
  ・「0→1」を体験しやすい環境にある
  ・トップとの距離が近い
  ・自分で目標を決め、自分で達成する

ベンチャー企業には、成長できるチャンスが
いくらでも転がっていて、稼ぐ力を伸ばし、
タフさを身につけることができるのです。

AIと共存していかなければならない時代
だからこそ、ベンチャーで鍛えられる力が
必要になります。

個人的には、清水さんが本書で説く内容に
大いに賛同します。

しかし、それはこれまでにいろいろな事を
経験してきたからこそ、そう思えるように
なったのだと思います。

ですから、本書が一番響くのは、これから
就活する「新卒」ではないかもしれません。

ブランド志向で一度は大企業に就職したものの、
実際に働いてみて、「本当にこれでいいのか?」
と迷いが生じてうる若手の社会人にこそ、
グッと刺さる本だと思います。

ところで、ベンチャーに就職・転職しようと
思っても、どんなベンチャー企業でもいい
という訳ではありません。

ただ自分が消耗してしまうだけのベンチャーも
あるので、そこは見極める必要です。

本書は、玉石混交のベンチャー企業の中から、
自分に合う会社の見つけ方も説明されているので、
飛び込む決心がついた方にも参考になります。

この本から何を活かすか?

私がベンチャーで身につけられる力の中で、
注目したのが「リスクテイク能力」です。

リスクテイクは若い時代にやっておかないと、
中高年になってから、急にできものでは
ありません。

投資の世界でも、リスクは利益の源泉と
言いますが、これはビジネスでも共通です。

過剰にリスクを取るのは、単なる無鉄砲ですが、
適切にリスクテイクして、それをコントロール
することが大切だと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事論 | 06:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

苦労して成功した中小企業のオヤジが新人のボクに教えてくれた 「上に立つ人」の仕事のルール

満足度★★★★
付箋数:26

著者の嶋田有孝さんから献本いただきました。
ありがとうございます。

  「本書は、私が社長を務める株式会社
  日経サービスにおいて研修資料として作成
  したもので、文中にでてくるオヤジは、
  当社の創業者、近藤勲です。」

株式会社日経サービスは、大阪に本社がある
アウトソーシングの総合企業。

主にビルメンテナンス、警備保障、人材派遣、
メディカルサービス、駐車監視などの
人材派遣を行っている会社です。

本書は、同社の創業者、近藤勲さんから、
嶋田さんが学んだ「教え」を小説仕立てで
まとめた本です。

近藤さんは、既に10年以上前に引退。

しかし、嶋田さんは、創業者の経営に
かける思いを、後輩たちに伝えたいと考え、
当時の経験を研修で語るようにようにしました。

本書は、その研修用のエピソードを
まとめて、書籍化したものです。

  「本書に出てくるエピソードは、二十年以上
  前のものばかりです。当時と比較すると、
  社会の環境も、人々の意識も、大きく変化
  しました。しかし、いくら時代が変わっても、
  決して変わらないものもあります。
  それが、原理原則であり、仕事のルールです。
  オヤジは、いつの時代も変わらない仕事の
  ルールを私たちに教えてくれたのです。」

話は、嶋田さんが入社した当時の平成元年、
バブル景気の真っ只中から始まります。

舞台は、ビル管理を営む大阪の中小企業。

嶋田さんは、入社後、社長室勤務を命じられ、
配属された初日から毎日1時間以上、
近藤さんから叱られる日々を送ります。

しかも、たしなめられるような叱り方
ではなく、凄まじい勢いの罵倒でした。

  「連日のように “アホ”  “ボケ”  “帰れ”
  と言われ、ときに書類を投げつけられた。
  今の時代だったら完全にパワハラだろう。
  何度も辞めようと思った。でも、辞めることは
  できなかった。それは、オヤジの叱り方が
  表面上は厳しかったが、中身はとても
  温かかったからだ。
  オヤジは、典型的な大阪の中小企業の経営者だ。
  とんでもなく時代遅れだが、その教えは、
  深く考えさせられる内容が多かった。」

まさに、「ザ・昭和」的な雰囲気ですが、
さすがに実体験に基づくストーリーだけあって、
どのエピソードも非常に説得力があります。

嶋田さんは入社後数ヶ月で、会社案内の
パンフレットを作ることを命じられます。

さまざまな企業の会社案内を研究し、
写真もふんだんに使い、デザインも優れた
パンフレットが出来上がりました。

しかし、近藤さんは、パラパラと数ページ
見て、「全然あかん、やり直せ」と一蹴。

嶋田さんが、どこがダメなのかを聞いても、
「全部ダメや」と納得できる答えは
返ってきませんでした。

その後も、嶋田さんは同じように、
納得できないまま何度もやり直しを命じられ、
やっとのことで会社案内は完成しました。

しばらく経ってから、嶋田さんは、
何度も却下された理由を聞くことができました。

  「お前に一つ教えといてやるわ。
  仕事をやっている本人は、『これが限界』
  『これで最高』と思ってる。だが、そこは
  まだ80点。すでに合格点やけど、もう一段
  上も目指せる。そういうケースがあるわな。
  ダメな上司は、そういうときに
  『まぁ、いいか』と妥協してオーケーする。
  これでは、最高のものはできへん。
  今回のケースだけでなく仕事すべてに
  言えることや」

近藤さんの教えは、仕事をしていく上で、
本当に必要な本質的なものばかりです。

本書は、特に若い世代の方には、
読むことを勧めたい一冊です。

この本から何を活かすか?

  「まずゴキブリは、なんといっても
  スピードが速い。そして、普段は目立たへん。
  小さな隙間でひっそりと生きとる。
  しかも少しの物音にも敏感や。
  中小企業は、ゴキブリのようにならなあかん。
  スピード、隙間、敏感。
  この3つを常に意識する。
  そうすれば大手も怖がる存在になれる。
  中小企業生き残りのコツは、そこにあるんや」

これは近藤さんが語る「中小企業ゴキブリ論」。

うまく伝えるのが上手い人は、
このように、予想外のものに喩えるのが
上手いですね。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事論 | 06:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

仕事にやりがいを感じている人の 働き方、考え方、生き方。

満足度★★★
付箋数:21

著者の毛利大一郎さんから献本いただきました。
ありがとうございます。

  「仕事で悩んでいる方々に、仕事の楽しさを、
  働くことの喜びを伝えたい。その想いを叶える
  ために、私はこの本を書こうと思い立ちました。
  おこがましいことは承知の上です。
  でも、本を通して、ひとりでも多くの方の
  仕事観を変えることができたらと、
  真剣に思っています。」

著者の毛利さんは、企業の採用や社員教育を
支援する会社に勤める方です。

そこで、求人や広報を作る仕事をしています。

毛利さんは、求人や企業PRの記事を書くために、
これまでアルバイトの方から社長さんまで、
年齢・性別・職位を問わず、1000人以上の方に
取材をしてきました。

本書は、毛利さんが取材した中で、
特に印象に残った10人の方の「働き方」を
紹介した本です。

  「本書にご登場いただいた十名は、私が心から
  尊敬できる方々であり、多くの方々にとって
  教訓となり得るような働き方や生き方を
  実践されています。しかし、十名とも、
  誰もが知るような有名人ではありません。
  私たちの近くにいる方ばかりです。
  近くにいるからこそ、 “なろうと思えば、
  なれる” 存在であると私は考えています。
  なれなくても “近づく” ことはできるはずです。
  つまり、本書は、本気で “なろう” と思って
  読んでいただける本であると思うのです。」

本書は、有名人ではない普通の人が、
普通の人について書いた、普通の人のための本。

紹介されているのは、いろいろな人生を
歩んできた一般の方々。

それぞれ生き方も、考え方も違います。

唯一共通しているのは、現在は「やりがい」
を感じて働いていることです。

だから、すごい偉業は達成していないけれど、
リアルな話としてスッと聞けて、
自分も「ちょっと頑張ってみようかな」と
思えるのです。

スティーブ・ジョブズさんや孫正義さんの
話を聞いて、異次元すぎて真似できないと
感じた方でも、本書なら大丈夫。

本書に登場するのは、本当の市井の人々です。

生き生きと働いている「職場の先輩」の話を
聞いているような印象でしょうか。

十人十色ですが、こんな考えを持っていれば、
今の職場にいても、楽しく働けて、
充実した人生を送れると感じるでしょう。

構成は、その方の写真、簡単なプロフィール、
現在の働き方をするようになった経緯、
本人からのメッセージ、となっています。

1人分、約20ページ程のボリュームです。

例えば、1人目として紹介される方は、
大手メーカーが扱う全館空調システムの
販売代理店事業を行う株式会社テクノスに
勤める、今津辰徳さん。

次のようなプロフィールの方です。

  「今津さんは、甲子園を目指した高校球児
  でした。その後、プロのミュージシャンに
  なる夢も追いかけました。現在の今津さんは
  テクノスで働くことに幸せを感じ、これからも
  ずっとテクノスで働こうと考えています。
  そんな今津さんが大切にしてきたのは、
  人との出会い、人とのつながりです。
  類まれなる義理堅さが、今津さんの人生を
  切り拓いていきました。」

本書に登場する10人の方の話を聞いていると、
どんな職場にいても、考え方ひとつで、
「自分らしい働き方」ができることが
よくわかります。

仕事に悩んでいる方は、働きがいのヒントを
何か見つけられるかもしれません。

この本から何を活かすか?

  「仕事は、紛れもなく人生の一部です。
  その人の一部であると言い換えてもいい。
  人生そして自分の一部を好きになれなければ、
  自分自身を好きになることもできないと
  思います。まずは、仕事を好きになる方法を
  探すことから始めてみてはいかがでしょうか。」

仕事は仕事と、割り切って働く考えも
ありますが、自分の仕事を好きになることが、
充実した人生を送るための一番の近道です。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事論 | 06:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「週刊文春」編集長の仕事術

満足度★★★
付箋数:23

その圧倒的なスクープ力から「文春砲」として、
著名人から恐れられる週刊文春。

なぜ、週刊文春だけが、大きなスクープを
連発することができるのか?

記者の取材能力に依るところもありますが、
やはり編集部の体質が大きく影響しています。

  「週刊文春がやっていることは、極めて
  シンプルである。毎週いいネタをバンバン
  取って来て、 “フルスイング” する。
  スクープを連発して部数を伸ばし、
  世の中の注目を集める。
  いいものを作るために全身全霊を捧げる、
  という “正攻法” でここまでやってきた。
  それによって多くの読者の支持を得た
  ことが素直にうれしかった。」

週刊文春は常に注目度の高いスクープを狙う
「フルスイング主義」。

週刊ポストや週刊現代が、ヘアヌードブームに
乗って部数を伸ばしたり、高齢者を狙った
「死ぬまでセックス」などの企画で当てた
こともありました。

しかし、そんなときも、週刊文春だけは、
目の前の「生ネタ」を追い続けていました。

人間の「知りたい」という好奇心を信じ、
スクープを狙う戦い方を変えませんでした。

その徹底して貫かれた姿勢が、大きな威力を
持つ現在の文春砲に成長したのです。

週刊文春のなかには、「マーケティング」という
考えは全くないようです。

特定の読者層を狙ったりせず、自分たちが
おもしろいと思ったネタを追い続けます。

計算のない、究極の「結果オーライ」ビジネス。

やってみないと、どうなるかわからないから
余計におもしろい。

本書は、そんな雑誌をづくりを行う、
週刊文春編集長、新谷学さんの仕事術を
まとめた本です。

新谷さんはダイヤモンド社の編集者から
「日々大量の仕事をさばき、最高の
パフォーマンスを発揮する編集長の仕事術は、
あらゆるビジネスパーソンに役立つはずだ」
と口説かれて、本書を執筆したようです。

語られている内容は、「仕事術」というより、
仕事への姿勢を示す「仕事論」。

役立つノウハウよりも、仕事への向き合い方や
考え方が中心に語られている本です。

週刊文春があれだけスクープする裏には、
山のような失敗があります。

「張り込んだけどダメだった」、「直撃した
けど否定された」、「裏が取れなかった」
などは日常茶飯事です。

ポイントは、そうした上手く行かなかった
記者に対して、上司がどう接するか。

トライしたことを尊重し、結果が出なくても、
現場を一切責めないことが、次の取材へ
記者を向かわせる秘訣です。

ネガティブな報告こそ寝かせずに、
一刻も早く報告できる組織にしていかないと、
組織は傷んでいく。

新谷さんは編集長として、このような考えで
記者に接しているようです。

週刊文春のやっている事自体は、
好ましくないと思う方もいるかもしれませんが、
突き抜ける結果を出す仕事への取り組み方は、
非常に参考になると思います。

 第1章 全てのビジネスは「人」から始まる
    情報/人脈
 第2章 予定調和はおもしろさの敵である
    企画/発想
 第3章 難攻不落の相手から「YES」を引き出す
    依頼/交渉
 第4章 ヒットを生み続かるチームはこう作る
    組織/統率
 第5章 リスクを恐れず壁を突破する
    決断/覚悟
 第6章 「売れない」時代のマーケティング
    戦略/本質

この本から何を活かすか?

週刊文春のショーンKさんのスクープは、
みんなが「右だ右だ」と言っているときに、
「ちょっと待てよ、左はどう?」という
発想から生まれたようです。

ショーンKさんが、フジテレビ「ユアタイム」の
キャスターに抜擢されたとき、超イケメンで、
声もいい、高学歴な新スターが出てきたような
扱われ方をしていました。

しかし、週刊文春では「生身の人間性」が
伝わってこないという違和感を持ちました。

それがショーンKさんを追うきっかけになり、
あのスクープが生まれたようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事論 | 06:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

トップ1%に上り詰めたいなら、20代は“残業”するな

満足度★★★
付箋数:23

本書はタイトルにある通り、「20代」の
働き方について書かれた本です。

著者は、電通、ボスコン、A.T.カーニーを
経て、組織開発を専門とするヘイグループで
シニア・クライアント・パートナーを務める
山口周さんです。

なぜ、20代でない私が本書を手にしたか
というと、過去に読んだ山口さんの本が
いずれもハズレがなかったからです。

 『外資系コンサルのスライド作成術
 『外資系コンサルの知的生産術
 『読書を仕事につなげる技術

さて、本書の「20代は “残業” するな」という
タイトルには、山口さんのどのような真意が
込められているのでしょうか?

  「 “残業する” というのは実にラクな逃げ道
  ですよね。なぜかというと結果的に成果が
  出なくても “でも、一生懸命やっているんです” 
  と言えますから。おそらく周囲も同情して
  くれるでしょうし、上司の評価も甘くなる
  でしょう。しかし、そういう “努力はしている
  けど成果は出せない” という人が多くなると、
  人件費が増えるばかりで価値は生まれない
  という最悪の状況に、会社も社会も陥ることに
  なります。」

山口さんが言っているのは、
「残業に逃げずに、結果にこだわれ」
ということです。

ところで、世の中には本当に残業せずに、
しっかりと結果を出しいる人たちがいます。

そういう人は、一体、何がちがうのでしょうか?

  「人生を変えたければ、何よりもまず、
  時間配分を変えなければなりません。
  (中略)
  彼らは重要な仕事だけに絞り込んで
  労力を集中し、他をスパッと切り落として
  いるからこそ、あれだけの豊かさを手に
  入れているのです。」

山口さんは仕事には、「スジの良い仕事」と
「スジの悪い仕事」の2種類があると言います。

いくら時間をかけて仕事をしても、
それが「スジの悪い仕事」なら、
結果も出ず、徒労感だけが残ります。

それに対して、「スジの良い仕事」は、
一生懸命取り組むことによって、
自分の人生の豊かさが増していきます。

仕事の時間配分を考えるときに、如何にして
スジの良し悪しを見極めるかがポイント。

その仕事が「スジの良い仕事」かどうかを
見極める着眼点は2つあります。

それは「成長につながるか」と
「評価につながるか」です。

理想は、組織内での評価につながる仕事で、
かつ、自分の成長にもつながる仕事です。

しかし、両方は無理でも、どちらか一方に
該当すれば、それは「スジの良い仕事」です。

反対にこの2つのどちらにも該当しない場合は、
それは「スジの悪い仕事」です。

もし「スジの悪い仕事」を依頼されたら、
できるだけ引き受けない、もしくは
引き受けても60%くらいの力でやり過ごす
ことが必要なのです。

「スジの悪い仕事」を何も考えずに
引き受けることも、漫然と残業することと
同じく、成長を妨げる「逃げ道」に
なってしまいます。

本書で山口さんがアドバイスするのは、
単純な仕事術ではなく、もっと大きな視点の
人生戦略です。

20代は「種をまく時期」で、この時期に、
焦って「刈り取り」に執着しすぎると、
将来的な収穫力に悪影響を及ぼすという
考えには、激しく同意します。

最後に本書に興味がある20代の方には、
ロバート・ルイス・スティーヴンソンさんの
名言を贈りたいと思います。

  Don’t judge each day by the harvest
  you reap but by the seeds that you plant.
  (毎日をその日の収穫高で判断せずに、
  まいた種で判断しなさい)

この本から何を活かすか?

山口さんは、世の中を変えるには、
2つのアプローチがあると言います。

1つは「外側からでかいハンマーでぶっ壊す」
方法で、毛沢東さんやレーニンさんが
採用したアプローチ。

もう1つは、「システムの中央制御室に入り、
強制終了ボタンを押す」方法で、
ゴルバチョフさんが採ったアプローチ。

これは企業を変えるアプローチも同じで、
山口さんが勧めるのは「後者」です。

なぜなら、前者は多くの人がトライして、
討ち死にしているからです。

本書は、確実に変革を成し遂げる
「企業内革命家」を育てる目的で
書かれています。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事論 | 06:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT