活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

孫社長のむちゃぶりをすべて解決してきた すごいPDCA

満足度★★★
付箋数:22

  「孫社長が言ってくることは無茶ぶりばかりで、
  常人の思考ではとてもついていけない。
  でも、孫社長は、実は誰もが無理だと思う
  ことをやっている。
  それなら、孫社長の仕事のやり方を徹底的に
  分析して、それを自分の仕事術にすればいい。」

三木雄信さんは、25歳の時に三菱地所から
ソフトバンクに転職して、孫正義さんと一緒に
働く機会を得ました。

その当時、三木さんは、孫さんの仕事ぶりを
観察して、次のような特徴があることを
発見しました。

  ・「目標へのこだわり」が異常に強い
  ・目標を達成するために「ありとあらゆる方法」
   を試している
  ・「数字で厳密に」試した方法を検証している
  ・「常にいい方法」がないかと探っている

これは、まさにPDCAを回していることに
他なりません。

しかし、通常のPDCAと少しだけ違います。

孫さんのPDCAは、通常のPDCAと
一体、どこが違うのでしょうか?

違うポイントは4つあります。

1つ目は、大きな目標と小さな目標を
持っていること。

2つ目は、複数の施策を同時に行うこと。

3つ目は、結果を毎日検証すること。

4つ目は、複数試した中から、一番効果の
あった方法に絞り、集中させること。

つまり、孫さんのPDCAは最初から
一つの正解を見つけようとするのではなく、
可能性のある施策に同時に取り組むことで、
最適解を見つけているのです。

ある意味、失敗を前提とした仕組みづくりに
なっています。

この方法を、本書では「高速PDCA」と呼びます。

改めて、高速PDCAの手順をまとめると、
次の8つのステップとなります。

  1. 大きな目標を立てる(週、月単位など)
  2. 小さな目標を立てる(1日が原則)
  3. 目標達成に有効な方法をリストアップする
  4. 期間を決めて、すべての方法を同時に試す
  5. 毎日、目標と結果の違いを検証する
  6. 検証をもとに、毎日改善する
  7. 一番すぐれた方法を明らかにする
  8. 一番すぐれた方法を磨き上げる

私は、このステップの中で、一番ポイントに
なるのは4番目のステップだと思いました。

なぜなら、すべての方法を同時に試すので、
当然、失敗することの方が多くなるからです。

8番目のステップに来るまで際立った成果が
出ないので、単に「失敗が多い」と見られて
しまう可能性があります。

組織の中でこの「高速PDCA」を回す場合は、
一定期間マイナスになることも想定して、
予め合意をとっておく必要があると思います。

そうしないと、結果が出る前に更迭される
ことも十分考えられるでしょう。

ソフトバンクの歴史を振り返ってみると、
最初は先行投資による赤字が膨らみますが、
数を押さえた後に、爆発的に利益を伸ばす
パターンが多いことがわかります。

「Yahoo!BB」でADSL事業へ参入した頃の
ソフトバンクは、2001年から2004年まで
4期連続で1000億円程の損失を出していました。

これが、あらゆる方法を同時に試していた
時期に当たります。

そして5年目で、確実に利益を出せる
「いちばんいい方法」だけに切り替えて、
黒字転換します。

その後は、その「いちばんいい方法」に
磨きをかけて急成長を遂げました。

本書では、そんなソフトバンクでの経験を
振り返りながら「高速PDCA」について、
具体的な使い方を解説します。

ソフトバンク流の「高速PDCA」は、
なかなか興味深い方法です。

ただ、個人的には少し前に紹介した
冨田和成さんの『鬼速PDCA』の方が、
実践しやすいように思えました。

この本から何を活かすか?

本書では「上手に人の力を借りるコツ」が
紹介されていました。

  ・話を聞く前に、本を読んでおく
  ・良い質問を用意しておく
  ・ビジョンを語る

特に孫さんの周りに、手を貸してくれる人が
集まってくるのは、孫さんが常にビジョンを
大々的に語っているからだと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 問題解決・ロジカルシンキング・思考法 | 08:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鬼速PDCA

満足度:★★★★
付箋数:26

  「断言するが、PDCAを簡単だと真顔で言う人は、
  本気でPDCAを回したことがない。
  それは簡単なPDCAしか回したことがない証拠だ。
  本気でPDCAを回したことがある人なら、
  その奥深さと難しさを肌身で知っているはずだ。
  PDCAは、そのPDCA自体も成長していくもので
  あって終わりなどない。」

PDCAは、誰もが知る古典的なフレームワーク。

社会人になって「PDCAを回せ!」と
言われたことがある人も多いでしょう。

しかし、本書の著者、冨田和成さんは、
PDCAほどわかっているつもりでわかっていない、
基本だと言われているのに実践している人が
少ないフレームワークも珍しいと指摘します。

本書は、実際に回すことが難しいPDCAを
超高速で回すノウハウをまとめた本です。

  「PDCAが “前進を続けるためのフレームワーク”
  である限り、それを、高速を超える “鬼速” で
  回し続けることで、会社、部署、そして個人が
  圧倒的なスピードで成果を出し続けることが
  できる。さらに、前進していることを実感
  することで自信が湧き、モチベーションに
  ドライブがかかり、さらにPDCAが速く回る。
  これが鬼速PCDAの真髄である。」

ちなみに本書では、PDCAのPは計画(PLAN)、
Dは実行(DO)、Cは検証(CHECK)ですが、
Aは改善(ACTION)ではなく、調整(ADJUST)
としています。

日本語にするとDOとACTIONは、
どちらも「する・やる」という意味で、
混乱する人も多いので、検証結果を踏まえ、
次のサイクルに渡す調整(ADJUST)を
最後の「A」としています。

さて、一般的にPDCAがうまく回らない原因は
どこにあるのでしょうか?

  「私の感覚ではPDCAで失敗する人の50%は
  この計画フェーズで失敗している。
  失敗する原因は大きく分けて2つある。
  慎重になりすぎるか、雑になりすぎるかだ。」

そこで本書では8つのステップで、
PDCAの最大の肝となる「計画」を立てます。

  ステップ1  ゴールを定量化する(KGIの設定)
  ステップ2  現状とのギャップを洗い出す
  ステップ3  ギャップを埋める課題を考える
  ステップ4  課題を優先度づけして3つに絞る
  ステップ5  各課題をKPI化する
  ステップ6  KPIを達成する解決案を考える
  ステップ7  解決案を優先度づけする
  ステップ8  計画を見える化する

本書では、期日を決めて定量化した
ゴールのことをKGI(Key Goal Indicator)
と呼んでいます。

あと、もう1つ「計画」の段階で重要視して
いるのが「因数分解」して考えること。

ロジックツリーを使って課題を因数分解すると、
見落としを防ぎ、ボトルネックが発見でき、
KPI化しやすいなどのメリットがあります。

最初に課題をしっかり因数分解して、
仮説の精度を高めておくと、最終的に、
PDCAは速く深く回ります。

この課題の因数分解の方法についても、
本書では細かく具体例を挙げて解説します。

本書全体を通して、鬼速PDCAで回す
事例としては、わかりやすさを重視して、
「営業」と「英語の勉強」を取り上げています。

PDCAは対象を選ばないので、ビジネスでも
プライベートでも使えます。

正直、本書を読んでも、PDCA自体が
簡単になるわけではありません。

しかし、ステップ・バイ・ステップで
解説されているので、つまずく場所がわかり、
実行度は確実に上がると思います。

また、冨田さんのPDCAへの思いが強く、
読めば「動かされる」ものを感じます。

鬼速PDCAをすぐに実践したくなる、
なかなか刺激的な本でした。

この本から何を活かすか?

PDCAを鬼速で回す10のポイント

  1. 因数分解で精度の高い仮説を立てる
  2. 仮説思考、リーン思考で動く
  3. 常にインパクトの大きい課題、
   行動から着手する
  4. 行動のアイディアが湧いたらすぐに
   タスク化する
  5. 行動目標も必ず数値化
  6. ToDoの進捗管理は毎日行う
  7. こまめに検証を行う
  8. 要因分析は「思い込み」を外す
  9. 次のサイクルを迅速につなげる
  10. 小さいPDCAを同時に多く回す

また、PDCAのサイクルは、週1回ではなく、
「半週ミーティング」で回すことが、
鬼速で成長するための大きなポイントです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 問題解決・ロジカルシンキング・思考法 | 06:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

佐藤オオキのボツ本

満足度★★★
付箋数:24

  「一見華麗に見えるかもしれない
  デザイナーのプロジェクト。しかしその陰には、
  死屍累々のボツ案が横たわっています。」

Newsweek誌の「世界が尊敬する日本人100人」
にも選ばれ、世界的なデザイン賞をいくつも
受賞しているデザイナーの佐藤オオキさん。

佐藤さんが率いるデザインオフィスnendoでは、
400を超えるプロジェクトが、いつも同時進行
しています。

nendoでは、デザインの依頼に対して、
多角的な視点からの提案を行うために、
早い段階で細部まで作り込んだデザイン案を
クライアントに複数投げかけます。

初期段階から多角的な視点で議論することで、
デザインを依頼する側も、依頼された側も
思考のプロセスを共有できます。

それが、発想の土台となって、
次々と新しいアイディアが生み出され、
完成されたデザインに近づいていくようです。

  「結果的にこのやり方は、膨大な “ボツ案” を
  生み出すことになります。仮に1プロジェクト
  あたり5つのデザインやアイディアの提案を
  行うとします。すると、400のプロジェクトを
  走らせていると、そこには2000のアイディアや
  デザインが生まれることになるのです。
  採用されるデザインが各プロジェクトにつき
  1個だとしたら、ボツ案は1600。
  供養してもしきれません。
  実際には、こうしたアイディアは
  ひょんなことから蘇ったり、別のアイディアと
  融合してもっと素晴らしいデザインになる
  こともあります。また、このボツ案が私たちの
  糧となり、その後のプロジェクトに生かされる
  ケースも珍しくありません。」

私たちが商品や製品として目にするのは、
最終的に採用された1つのデザインのみです。

その裏に、たくさんのボツ案があっても、
普段は、なかなか目にすることはできません。

しかし、採用されなかったたくさんの
ボツ案を見ることで、そこに至るまでの
思考のプロセスを知ることができます。

実は、ボツ案は不採用になって終わりでは
ありません。

その時に求められていたコンセプトや
アイディアとたまたま合致しなかっただけで、
別の機会に活用されることが多くあるのです。

本書は、「ボツ」を生かして最高のアイデアを
生むプロセス公開した本です。

本書の最初の事例には、大手飲料メーカーから
依頼された自動販売機用の「ゴミ箱」の
デザイン案が紹介されていました。

依頼されたのは、「飲みきってから捨てたく
なるようなゴミ箱」です。

このお題に対して、作られたモックアップ
(外見を実物に似せて作られた模型)は6つ。

 ・カバーをかぶせるタイプ
 ・プランター一体型
 ・絶対にキャップを開けさせるゴミ箱
 ・液体とボトルが区別できるゴミ箱
 ・伸縮して大きさが変わるタイプ
 ・液が残っていると吐き出されるゴミ箱

残念ながら、これら6つのデザイン案は、
さまざまな事情からすべてボツになった
ようです。

しかし、自動販売機用のゴミ箱1つについて、
どのような機能が考えられ、どのように議論
されたかの、アイディア形成の過程が
手に取るようにわかります。

「そこまで見せていいの」と思えるほど、
佐藤さんやnendoの頭の中を丸裸にして
見ている印象さえありますね。

本書は、デザインに関わる仕事をする方には、
必見の本だと思います。

個人的には、ボツになった多くのアイディアを
見ることで、デザインの凄さや佐藤さんの
思考の深さを実感することができました。

  第1章 散りゆくボツ案
  第2章 未来を導くボツ案
  第3章 ボツ案を育てる
  第4章 よみがえるボツ案
  第5章 ボツが人を育てる

この本から何を活かすか?

  「アイディアは、ゼロから生み出すだけでなく、
  既存の情報をなんらかの “方程式” に
  落とし込み、モノゴトを新しい視点から
  見ることで発生させることができます。」

本書では理美容ビジネスの新しいあり方を
考える際の「思考マップ」が掲載されていました。

こういうアイディアのメモを見られる機会は稀。

有り難いことに、アイディアを生み出す
「方程式」が、実際にどのように使われたかが
わかるように解説されています。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 問題解決・ロジカルシンキング・思考法 | 06:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ワンフレーズ論理思考

満足度★★★
付箋数:23

  「論理思考の本をひも解くと、演繹法、帰納法、
  因果関係、三角ロジック、MECEといった
  ロジカルシンキング “業界” 用語があふれ
  かえっています。小難しい話に脳みそが
  かゆくなって、挫折した方も多いのでは
  ないかと推察します。何とか頑張って
  理解しても、ディベートでもしない限り、
  実際の日常生活で使えるところはほとんど
  ありません。第一、そんなものを振りまわすと
   “意識高い系だ! ” と嫌がられるのがオチです。
  多くの人が求めているのは、コンサルタントや
  弁護士が用いるような厳密なロジックでは
  ありません。」

本書で説明されているのは、形式張った
論理思考ではありません。

たった一言フレーズを加えるだけで、
話の論理展開がはっきり見えてくる
「普段使い」のロジカルシンキングです。

  「本書では、ロジカルシンキングを進めるのに
  欠かせないワンフレーズを厳選して紹介して
  いきます。あわせて、背景にある論理思考の
  考え方を解説し、日常会話でのうまい使い方
  をお伝えしていきます。
  いずれも、ファシリテーターとして長年活動
  してきた私の経験から培われたものです。」

著者は、2003年に日本ファシリテーション協会
を設立し、初代会長を務めた堀公俊さん。

紹介されているのは厳選された24フレーズです。

論理的に考えるための「基本フレーズ8」、
コミュニケーションで役立つ「応用フレーズ8」、
一段深く考えるための「実践フレーズ8」に
分けて紹介されています。

論理的とは、話の道筋が通っている状態。

10人が聞いたら、10人がわかるように、
万人が認める筋を通さなければなりません。

論理思考で用いられる道筋は、大きく
「原因系」と「目的系」に分かれます。

本書の「基本フレーズ8」の中では、
原因系、目的系、それぞれ4つずつ
代表的なフレーズが紹介されています。

 <原因系>
  根拠を明らかにする「なぜ」
  結論を導き出す「だから」
  考えを抽象化する「要するに」
  具体的に考える「たとえば」

 <目的系>
  目的を明らかにする「何のために」
  手段を考える「どうやって」
  選択肢を広げる「他に」
  優先順位をつける「中でも」

では、この中から、「だから」の使い方を
見てみましょう。

次の発言は「だから」を使っていますが、
筋が通っているようで通っていません。

いったい、どこがおかしいのでしょうか?

  「業績が高い会社に見られる共通点に、
  社員がイキイキと働いていることがある。
  だから、もっと社員を活性化させれば、
  会社の業績がアップするに違いない。」

筋が通っていない理由は2つあります。

1つ目は、社員活性化(原因)→業績向上(結果)
なのか、業績向上(結果)→社員活性化(原因)
なのか、これだけではわからないこと。

2つ目は、他に隠れた原因(第3因子)が
あるかもしれないこと。

業績向上も、社員がイキイキもその結果で
あるかもしれないのです。

「だから」は根拠と結論をつなぐ
獣妖なフレーズです。

まずは、何が原因で何が結果なかの
「因果」を見極めて使います。

更に、「これだけの根拠でそれが言えるか?」
と「他にもっと適切な結論を導くことは
できないか?」についてもチェックすることが、
「だから」を使う時のポイントです。

本書は、日経新聞電子版に堀さんが
連載したコラム「最強のロジカルシンキング」
を改題・再編集したものです。

この本から何を活かすか?

  前提を明らかにする「そもそも」

長引く会議や紛糾する議論は、
テーマがあちこちに飛んでしまい、
論点(イシュー)がハッキリしていない
ことがあります。

  「それはわかるのですが、そもそも、
  私たちは、今何を議論すべきなのか?」

脱線した議論や瑣末な話に陥りそうな時は、
タイミングを見て「そもそも」で論点に
引き戻すことが必要です。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 問題解決・ロジカルシンキング・思考法 | 08:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新人コンサルタントが入社時に叩き込まれる「問題解決」基礎講座

満足度★★★
付箋数:24

あらゆる職場、あらゆる職種には、
解決すべき問題があります。

仕事とは、問題解決そのもの。

個人で解決できることは、たかが知れているので、
組織では一定の人数で問題解決に当たります。

そのために、会議を開くのが一般的。

しかし、その議論が迷走してしまい、
解決への歩みが全く進まないことがあります。

あるいは、理想論だけが飛び交い、
結局、何も解決されないこともあります。

議論が迷走する原因は、問題解決までの
プロセスが共有されておらず、
今、どの段階の議論をしているかが、
わからなくなっているから。

認識がバラバラだと、論点もバラバラになり、
話も噛み合わなくなって時間ばかりが
かかってしまうのです。

本書では、問題解決までのプロセスを
6つに分解しています。

 問題提起 → 問題確認 → 目標設定
 → 原因分析 → 解決策立案 → 解決策評価

一般的な問題解決へのプロセスより
細かく分けているのは、複数の論点を
1つのステップに入れないためです。

論点が複数入ってしまうと、議論が急に
難しくなってしまうのです。

本書で問題解決を行う場合は、例えば
会議室のホワイトボードの左上に
今いるステップを明示して、そこから
外れないように議論を進めます。

組織や企業が抱える問題は、様々ですが、
解決するためには、決まったプロセスがあり、
気をつけるべきポイントがあります。

本書は、そのプロセスとポイントを
「型」と「手順」を示した本です。

本書で重要視しているのは、
問題解決の実行性です。

  「どんなに素晴らしい解決策を見出しても、
  問題解決できなければ “絵に描いた餅” 。
  大切なのは、ベストな解決策の考案に全力を
  集中させることではなく、たとえベターな
  解決策であっても、確実に実行まで力を注ぐ
  ことです。」

最終成果は次の式で表すことができます。

  最終成果=解決策の考案×解決策の実行

つまり「考案」と「実行」のどちらかが
「0」になってしまえば、成果も「0」に
なってしまいます。

  「問題解決で一番大切なことは、問題を
   “解決” することです。しかし、いざ問題解決
  を始めると、ほとんどの人が問題解決のゴール
  である “問題の解決” に必要な“ 心と頭” の
  最適な状態を維持できなくなります。(中略)

  より効率的に、効果的に問題を解決する
  ためにはまず、 “ゴール志考” を身につけ
  ましょう。この“ゴール志考”とは、造語で
   “ゴール志向” と “ゴール思考” を合わせた
  ものです。」

タイトルには「新人コンサルタント」と
ありますが、内容は新人レベルを超えた
ものになっています。

しかし、決して難しいものではなく、
本当に問題解決するための現場で使える
ノウハウが詰め込まれています。

パラパラとページをめくったときに受ける
印象より、実際の中身は充実しています。

  第0章 問題解決の大前提
  第1章 問題解決のプロセス
  第2章 プロセスで注意すべきこと
  第3章 問題解決のポイント
  第4章 問題解決で役に立つ思考法

この本から何を活かすか?

  「ふせんと大きなホワイトボードがあると、
  論点が整理しやすく、かかわるメンバーの
  理解も進み、効率的にプロセスを進めることが
  できます。」

本書で使用するふせんのサイズは2.5cm×7.0cm。
これを2色用意します。

左側に後から分類するための余白を1cm残し、
問題点を記入します。

この時、意図がきちんと伝わるように
「客観性」、「時間軸」、「抽象度」の
3つの視点を持つことが大切のようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 問題解決・ロジカルシンキング・思考法 | 06:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT