活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ひとつ上の思考力

満足度★★★★
付箋数:25

世の中には、1を言えば10わかる人と、
1から10まで説明が必要な人がいます。

1を聞いて10わかる人は、少し説明するたけで、
「あ、そういうことですね」と理解します。

出てくる質問も的を射ていて、実際にやらせると
的確に行動して、そつなくこなします。

一方、1から10まで説明が必要な人は、
一見わかっているように見えても、
本当のところは、よくわかっていません。

出てくる質問も的外れで、実際にやらせると、
案の定うまくいきません。

この差は、どこから生まれてくるのでしょうか?

頭のいい人と、そうでない人の違いといった、
単なる分類だけで片づけてしまうと、
その本当の違いが見えてきません。

本書の著者、安澤武郎さんは、1を聞いて
10わかる人は、「ひとつ上の思考力」を
持っていると説明します。

ひとつ上の思考力があると、自分が経験した
ことから学ぶだけでなく、それを応用して、
自分で経験していないことにも活かせます。

だから1説明されただけで、説明されていない
9のことを導き出せるのです。

安澤さんは、この違いを「シングルループ」と
「ダブルループ」という言葉で説明します。

シングルループの人は、何か目標を持つと、
それを達成するために必要な行動を実践して、
何らかの結果を得ます。

この結果を得たところで、止まってしまうため、
その経験を他に活かすことができないのです。

一方、ひとつ上のダブルループ思考を持つ人は、
もう1つ別のサイクルを回します。

行動して得た結果を一度「内省」して、
それを「法則化」して、新たな挑戦に活かす
サイクルです。

内省では、自分の感じ方や考え方を自覚し、
解釈の仕方をコントロールします。

内省することで、思い通りにならないことが
起きても、自分自身のできることに目を向け、
思考を停止させません。

内省をうまくするには、何事も自分の問題
として受け止め、「やらねばならないこと」
を「やりたいようにやる」ように変えて、
前向きに取り組みます。

次の法則化とは、モノゴトの法則を見出し、
それを言語化することです。

このとき、モノゴトの「はたらき」を考えて
成功法則を見つけ、他の事例に具体的に
当てはめます。

モノゴトの「はたらき」に注目するのは、
いわゆる「ドリルを売るなら、穴を売れ」
という考えです。

本書では、グランドハイアット東京の
コンシェルジュ阿部佳さんの具体例を用いて、
説明していました。

阿部さんは、「ツアーで富士山に行きたい」
という相談を外国人観光客から受けましたが、
あいにくツアーは満席でした。

そこで、富士山に行って何がしたいのか
という「はたらき」を深掘りしました。

出てきたのは、「富士山の景色が見たい」
と「温泉卵が食べたい」という回答でした。

そこで阿部さんが提案したのは、
富士山ではなく、箱根の温泉ツアーでした。

箱根なら、富士山を見ることもできますし、
温泉卵を食べることもできます。

それに加えて、温泉や旅館などの日本文化も
体験することができるからです。

本書では法則化する際の成功法則の
見つけ方として、ロジックツリーの使い方を
解説していました。

WHYツリー、HOWツリー、WHATツリーを
組合せ、要素に分解して要因分析を行います。

安澤さんの説明は、非常に腹落ちし、
「ひとつ上の思考力」を身につける具体的な
方法に焦点を当てて書かれているので、
参考になりました。

この本から何を活かすか?

著者の安澤さんは、京都大学在学時代に
アメリカンフットボール部に所属し、
同部が2年連続日本一になることに貢献しました。

また卒業後の鹿島建設に勤務していた時代
も含めると、アメリカンフットボールの
オールジャパンに4度も選出されたそうです。

私は安澤さんの経歴に興味を持ったので、
他の著書も読んでみたくなりました。

京大アメフト部出身、オールジャパン4度選出
の組織変革コンサルタントが見つけた
仕事でもスポーツでも成長し続ける人の
「壁をうち破る方法」


Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 問題解決・ロジカルシンキング・思考法 | 06:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

論理的思考 最高の教科書

満足度★★★★
付箋数:24

次の2人の会話は、あまり噛み合っていません。

噛み合わない原因はどこにあるのでしょうか?

 先生:前回の試験の成績があまり芳しく
    なかったね。努力しないと成績は
    よくなりませんよ。

 学生:よく分っています。自分なりに努力は
    しています。試験前には1日に8時間程度
    勉強しています。ただ、いまのところ
    結果に結びついていないだけです。

 先生:そうかな。努力しているとは思えないな。
    だって、成績が伸びていないじゃないか。

ポイントとなるのは「努力」という言葉の
使い方です。

科学哲学者のノーウッド・ラッセル・ハンソン
さんは、言葉を2つに大別しました。

直接観察できる対象や性質を示す言葉のことを
「観察語」と呼びます。

一方、目で見えない対象や性質を示す言葉
のことを「理論語」と呼びます。

「理論語」というネーミングからすると、
わかりやすい言葉のようなイメージを持つかも
しれませんが、実際はその逆です。

理論語は、目に見えないものを表すので、
使用する「範囲」と「条件」を明示しないと
使えない語のことです。

冒頭の先生と学生の会話では「努力」が、
この理論語に当たります。

「努力」は直接に観察することができない
抽象的な概念です。

つまり、何をもって「努力」とするのか、
その範囲と条件が明示されていないまま
この言葉を使っているため、2人の会話は
噛み合っていないのです。

私たちは、何かの発言をするときに、
気づかずに理論語を使っていることがあります。

それが議論や討論が噛み合わない原因に
なっている場合が多いのです。

さて、本書は「論理的思考」をするための
基礎的なトレーニングを積むための本です。

著者は、早稲田大学文学学術院文学部
心理学コース教授の福澤一吉さんです。

誤解を生まないように「論理的思考」とは、
何を示すのか、本書での基礎的な定義を
確認しましょう。

  1. あることを前提にそこから何か新しいこと、
   結論を導き出す際に、

  2. 語と語、句と句、文と文などの関係に
   注意が払われていること

この定義の前半、1の部分は「思考」の
意味を表しています。

あることを前提に、そこから何か新しいことを
導き出すのが、「論証」の定義でもあります。

前提は、「根拠」とか「経験的事実」とも
呼ばれ、新しいことは、「結論」とか「主張」
とも呼ばれます。

定義の後半、2の部分は、「論理」を
表しています。

論理とは、語と語、句と句、文と文などの
関係性のことを指します。

つまり、論理的であるとは、文と文の
接続関係に注意を払うことに他なりません。

接続表現を正確に使うことが、
論理的思考の根幹にあるのです。

本書では、論理とは何か、論理的に思考する
とは何か、演繹と帰納はどのように違うのか
など、順を追ってわかりやすく解説します。

 第1章 論理的思考についての誤解を解く
 第2章 主張と主張をつなぎ合わせる
 第3章 論証の二大分類:演繹的論証と帰納的論証
 第4章 帰納的論証の詳細
 第5章 仮説演繹法
 第6章 論証を通して推論上の誤りに敏感になる
 第7章 認知スタイルを通して論証上の誤り
    に敏感になる
 第8章 相関と因果と論証

本書は、新書版の190ページ程の本ですが、
非常にわかりやすくまとまっています。

また、多くの練習問題も掲載されていて、
論理的思考のトレーニングを積める
コストパフォーマンスの高い本だと思います。

この本から何を活かすか?

「仮説演繹法」とは、科学的研究で一般的に
使われる手法の1つです。

これは、「帰納」と「演繹」の2つの論証を
組み合わせた強力な手法です。

 ステップ1 帰納法を使ってデータから仮説を作る
 ステップ2 仮説から予測を演繹する
 ステップ3 予測の内容を実験的に検証する
 ステップ4 実験結果から予測が正しいか検討する

仮説演繹法は、最初に帰納的論証で仮説を形成し、
予測を演繹的論証で導出し、実験結果をもとに
仮説の正否を再度、帰納的論証を使って決定する
流れとなります。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 問題解決・ロジカルシンキング・思考法 | 05:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

理系脳で考える

満足度★★★
付箋数:22

野村総研が2015年にまとめた研究結果では、
2030年には日本の労働人口の49%が、
AI(人工知能)やロボットによって
代替されるとレポートされていました。

あなたは、将来、AIやロボットに、
仕事を奪われる人でしょうか、
それとも、奪われない人でしょうか?

本書の著者、成毛眞さんは、
あなたの仕事が奪われるかどうかは、
「脳の種類」によって決まると言います。

それは、「文系脳」か「理系脳」か。

文系脳の人は、AIやロボットに仕事を奪われ、
理系脳の人は奪われないというのが、
成毛さんの主張です。

ここで注意したいのが、文系脳と理系脳は、
学生のときに文系出身だったか、あるいは
理系出身だったかには関係ないことです。

学んだ科目や学部では決まりません。

文系学部卒で理系脳の人もいれば、
理系学部卒で文系脳の人もいるのです。

では、AI時代にも生き残っていける、
理系脳の人の条件を見ていきましょう。

条件1. 新しいものに興味がある・変化が好き

 ここでの「新しいもの」とは、新しい技術の
 ことをいいます。

 最新のスマホに常に買い替えている人は、
 この条件に当てはまります。

条件2. 刹那主義で未来志向

 刹那主義は、一時的な快楽を求めようとする
 悪い意味で使われることがありますが、
 逆に、ここではいい意味で使っています。

 過去にこだわらず、現在に没頭することが、
 未来につながるという意味です。

条件3. コミットの範囲が明確

 理系脳の持ち主は、この分野のことならば、
 この程度のことはできると冷静に分析し、
 取り組みます。

 根拠のない万能感に溺れたり、自分が世界を
 変えられると妄想することはありません。

条件4. コミュニケーションが合理的

 理系脳の人が話す内容にはムダがなく、
 盛り込まれる情報には過不足がありません。

 対面でも文書でも、愛想を振りまくより、
 必要な事が最短で伝わるコミュニケーションを
 心掛けます。

本書では理系脳を持つ代表的な著名人として、
以下の名前を挙げていました。

イーロン・マスクさん、ジェフ・ベゾスさん、
マーク・ザッカーバーグさん、北野武さん、
習近平さん、豊臣秀吉さん。

もし、「イーロン・マスク」と聞いて、
ピンとこなければ、あなたは文系脳の
持ち主である可能性があります。

理系脳の人にとっては、マスクさんが
手掛けるテスラ・モーターズやスペースXの
事業は、新しい技術として興味の対象と
なるからです。

これらの特徴や著名人を見て、もし、
あなたが理系脳ではなく、文系脳だと
わかっても大丈夫です。

思考法を変えることで、文系脳から
理系脳に変えることができるからです。

そして、将来的に自分の仕事が奪われるか
どうかよりも、理系脳になると幸せな人生を
送ることができるかもしれません。

  「理系脳になることはストレスフリーに
  なることだ。理系脳の定義を思い出してほしい。
  新しいものに興味があって、刹那主義で
  未来志向で、コミットの範囲が明確で、
  コミュニケーションが合理的。
  これは移り気でその場しのぎでよく、
  世の中の難しいことを考えることも
  人付き合いに疲弊する必要もないという
  ことだ。」

この本から何を活かすか?

理系脳の人は、「仮説と検証」を繰り返します。

それが、遠回りしているように見えても、
確実に成功するための最短のルートです。

しかし、どれだけ仮説を立てても、
検証が追いつかないことがあります。

ここで重要なのが、何がなんでも検証する
ことにこだわらないこと。

世の中には、検証不可能なことは、
いくらでもあります。

できないことは、できないと割り切って
未来志向で前に進むことが大切なのです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 問題解決・ロジカルシンキング・思考法 | 06:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

本物の思考力

満足度★★★
付箋数:25

あなたは、直感が当たる方ですか?
それとも、直感が外れる方ですか?

もし、あなたの直感が間違うことが
多いなら、それは「インプットが足りない」
ことを意味しています。

直感とは、当てずっぽうではなく、
瞬間的な脳の総合判断の結果です。

脳を使っている自覚はありませんが、
直感は、判断するまでに時間をかけてい
ないだけです。

脳の意識部分までは信号を送らずに、
脳の無意識の部分だけで総合的に
判断しているのです。

無意識ではあるものの、判断材料は、
それまで自分の脳の中に蓄積してきた
情報量です。

だからインプットを増やしていけば、
直感が当たる確率も高くなるのです。

では、何によってインプットを増やして
いけば良いのか?

ライフネット生命会長の出口治明さんが、
一貫して述べているのは「人・本・旅」
によるインプットです。

たくさん人に会い、たくさん本を読み、
いろいろな場所に出かけて体験を重ねる
ことで、人は情報を蓄積します。

そうして得たインプットから、
「数字・ファクト・ロジック」を使って、
腹落ちするまで考え抜くことで、
本物の思考力は鍛えられる。

本物の思考力がみにつくと、ラディカルに
物事を考えられるようになります。

ラディカルな思考力とは、常識にとらわれず、
物事の根っこを掘り下げて根源的な部分から
考えられる力のことです。

ラディカルに考えると、必ず問題解決の
糸口が見えてくるようになり、
失敗することも少なくなります。

それが、本書が目指す本物の思考力です。

 ・日本は大学進学率が高い
 ・侘び、寂びが日本の伝統文化だ
 ・日本では夫婦同姓があたり前

これらの常識のように言われていることも、
「数字・ファクト・ロジック」で考えると、
単なる思い込みであることがわかります。

思い込みや固定観念に縛られてしまうと、
常識を疑うことができなくなり、
問題の本質を見誤ってしまうのです。

本書は、出口さんが長年実践している、
「人・本・旅」からインプットして、
「数字・ファクト・ロジック」をベースに
腹落ちするまで考え抜く方法を解説する本です。

「数字・ファクト・ロジック」を重視すると、
「理屈っぽくてイヤだ」、「窮屈だ」と感じる
人もいるかもしれません。

しかし、実際はむしろその逆です。

「数字・ファクト・ロジック」で考えると、
周囲の人や物事から受けるノイズが減り、
判断に迷うことが少なくなります。

常識に縛られることもないため、
自由に発想できるようになるのです。

だから、「数字・ファクト・ロジック」を
ベースにする出口さんの思考方法は、
考えることが楽しくなります。

本書では、そんな出口さんの思考方法を
実例を挙げながら詳しく解説しています。

過去の出口さんの著書と大きな違いは
ありませんが、新書版でコンパクトに
まとまっているのが良い点です。

  第1章 根拠なき「常識」が蔓延する日本
  第2章 日本の教育を再考する
  第3章 腹に落ちるまで考え抜く
  第4章 怠け癖には「仕組み化」
  第5章 構想する力

この本から何を活かすか?

出口さんは「定年制の廃止」を訴えています。

定年制の廃止で、労働力が確保できるのは、
数あるメリットの1つに過ぎません。

他にも健康寿命が延びて医療費が削減できる、
人材の流動性が高まり雇用が正常化できる
などの大きなメリットがあります。

定年という仕組みは、G7の他のどこの国も
採用していない労働慣行です。

そもそもアングロサクソン社会では、
年齢による差別は法律によって禁じられて
いるため、日本のように定年がある方が
非常識なのです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 問題解決・ロジカルシンキング・思考法 | 06:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

すべての仕事は「問い」からはじまる たった1秒の「問題解決」思考

満足度★★★
付箋数:24

あなたにとって、今、本当に大切なことは
何ですか?

このように問われると、誰でもその答えを
無意識のうちに探そうとします。

問われると、反射的に答えを考えるのは、
人の脳の自然な働きです。

つまり、「問い」を発することは、
脳を強制的に動かすスイッチなのです。

そして、良い方向に思考を向けるのも、
悪い方向に思考を向けるのも、
どんな「問い」を立てるかにかかっています。

  「 “問い” はとてもパワフルなツールです。
  自分の思考や行動をクリアにして、
  私たちの夢を叶える原動力になったり、
  問題の解決策を引き出したり、
  新しいアイディアを生み出したり、
  私たちのビジネスの質を劇的に上げる力を
  持っているのです。
  また、いい問いは、良い雰囲気の場をつくり、
  良いコミュニケーションを生み出し、
  人を勇気づけます。結果、良い人間関係や
  親しみや信頼感を構築します。」

本書は、「問い」によって、状況を大きく
変える力を身につける本です。

著者は、元マッキンゼーのコンサルタント、
大嶋祥誉さんです。

マッキンゼーで質問力を活用するといえば、
ずい分前に大前研一さんも同じような本を
書いていたと記憶しています。

問いを立てて問題解決するノウハウが
マッキンゼーの中で、継承されているという
ことなのでしょう。

さて、大嶋さんが本書で挙げる「問い」の
効果は大きく分けて6つあります。

 1. バラバラの情報をひとまとめにする
 →情報が整理でき、仕事で悩むことが減る

 2. 物事の核心がつかめ、時短につながる
 →仕事の無駄が減る

 3. 異なる物事をつなげて発想を広げる
 →アイディアが出やすくなる

 4. 状況を変える
 →硬直した状況、行き詰った思考に突破口を開く

 5. 人間関係がうまくいく
 →「説得」ではなく「質問」型で伝えると
  相手は自ら動いてくれる

 6. 自分を変える
 →本当に自分が大切にしたいこと、やりたいこと
  が腑に落ちるので、すぐに動けるようになる

このような効果があるから、コンサルタントは
「問い」を大切にするのです。

では、良い問いはどのように立てればいいのか?

実は、優れた問いには「型」があります。

マッキンゼーのコンサルタントや、
優秀なコーチは、皆、この「型」を
身につけていると、大嶋さんは説明します。

その「型」には4つの条件があります。

「問いは1行」、「自分の判断は入れない」、
「ポジティブにする」、「視座を高くする」

更に、良い問いにするためには、
型だけでなく、「方向性」も必要です。

大嶋さんは、「方向性」についても
4つの条件を挙げています。

 [根本を問う]
  Where「どこに問題があるの?」
  Why 「なぜ、そうなっているの?」
  How 「どうするのがいいの?」

 [未来志向の問い]
  「なりたい状態になるために、
  今、どうするのがいいのか?」

 [枠を外し可能性を広げる]
  「本当にそうなの?」と、視点を広げる

 [インスパイアする]
  「どんな感情になる?」と本当の声を見つける

本書では、仕事だけでなく、プライベートでも
使える、問題の本質に迫るパワフルな問いを、
数多く紹介しています。

これらを適切に使いこなせるようになれば、
質の高い人生が送れるようになると思います。

この本から何を活かすか?

本書では、巻頭に切り離して使える
種類別の問い一覧が綴じ込まれています。

また、巻末にもケース別の質問リストが
掲載されています。

良い問いを瞬時に立てられようになるには、
普段から「問いの筋力」を鍛えておく
必要があるようです。

そのために、すぐ引き出せるデータベース
として、こられの付録を活用したいですね。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 問題解決・ロジカルシンキング・思考法 | 06:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT