活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

世界一やさしい読書習慣定着メソッド

満足度★★★
付箋数:24

大和書房の若林さんより献本いただきました。
ありがとうございます。

世の中には、「読書が苦手だ」と思っている
人がけっこう多くいます。

もちろん、ディスレクシア(読字障害)という
障害を持つ方も実際にいますから、
本当に本が読めない人もいることでしょう。

しかし、「読書が苦手だ」というのは、
ほとんどの場合、単なる「思い込み」。

読書に対する固定観念がそうさせているのです。

  「 “本を読むのが苦手” というのは、
  詰まるところ思い込みでしかないという
  ことです。たとえ本を読むのが苦手だと
  いっても、それは現時点でのプロセス(過程)
  が苦手だというだけであり、 “本が苦手” 
  だということとは根本的に違う話なのです。
  でもコンプレックスのようなものが先に
  立ってしまうからこそ、必然的に “苦手だ” 
  という部分だけが強調されてしまい、
   “自分は読書に向いていない” とうような
  考え方につながってしまう。
  ただそれだけのことなのです。」

本書の著者は、ライフハッカー[日本版]
などで、ビジネス書を中心とした書評を
毎日書き続けている印南敦史さんです。

印南さんの前著『遅読家のための読書術
では、「本は好きだけど、読むのが遅い」
という方を対象にしていました。

今回は、もう少し本と距離がある方、
読書に苦手意識がある方を対象としています。

「本が苦手だ」と思っている方の多くが、
読書に対する「義務感」を持っています。

 ・きちんと読まなければいけない
 ・読んだら理解していなければならない
 ・1行でも読み飛ばしがあってはいけない
 ・積読なんてとんでもない
 ・ぜんぜん先に進まない自分に幻滅する

こんな「義務感」を持っていては、
ますます読書が嫌いになってしまいます。

読書に守るべきルールなんてありません。

本来、読書は自分のための体験だから、
ひたすら「ワガママ」でいい。

人の読書方法を参考にすることはあっても、
他人と比較する必要はありません。

本書は、読書に対する固定観念を振り払い、
「自分にとって心地よい読書スタイル」を
身につけるための本です。

本書でノウハウとして紹介されているのは、
「本が読みたくなる」読書術です。

 1. 「読みたくなる」メソッド
  100%理解するのを目指すのではなく、
  自分にとって価値のある1%を見つける
  ことを考えて読む。

 2. 「読み進める」メソッド
  読み進められないときは無理しない。
  読書には相性とタイミングがあるので、
  一度読むことをやめても、なんらかの縁が
  ある本は、いずれ読む機会がやってくる。

 3. 「習慣づける」メソッド
  短く、確実にライフサイクルに組み込む。
  「あらかじめ決めた数十分」と「細切れ読書」
  を組み合わせていけば、読書は必ず
  習慣化できる。

印南さんも、以前は読書に対する苦手意識が
非常に強かったといいます。

それが今では、年間700冊以上の本を読み、
1日1冊以上レビューを書き続けるように
なりました。

本書には、読書への苦手意識を克服して、
短期間で圧倒的読書量を誇るようになった
印南さんのノウハウが詰め込まれています。

しかし、本書を読む場合も、
「この本で読書の苦手をなくそう」などと
意気込んではいけません。

気になる部分だけでも、つまみ食いして、
1つでもヒントになる部分があればいい。

それぐらい軽い気持ちで読むことが、
一番大切なポイントです。

この本から何を活かすか?

  「僕はときどき意識的に、興味のない本を
  読むようにしています。(中略)
  自分の興味に引っかからないものを
  あえて読んでみると、そこから自分の
  好奇心の容積が広がっていく可能性が
  あるわけです。」

印南さんは、「興味がない」のは、
その時点での自分の主観でしかないと
説明しています。

私もたまに、あまり興味がない本を
読んでみることがあります。

すると、いつもではありませんが、
「こんな世界もあるのか」と
パッと視野が広がることがあります。

それも読書の1つの醍醐味です。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 読書法・速読術 | 06:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第二印象で取り戻せ 「挽回」の心理学

満足度★★★
付箋数:20

  「好ましい第一印象を与えることは、
  非常に重要である。出会った瞬間に
   “こいついいヤツだな” とか
   “とても気持ちのいい人だな” と相手に
  感じさせることができるなら、
  それに越したことはない。
  しかし、現実的な観点からいえば、
  そんなにすぐに自分の魅力を相手に
  わかってもらうことは、到底不可能である。
  外見も性格も、すべてがパーフェクトな
  人間など、この世にいるはずがない。
  探せばいるのかもしれないが、
  ごく少数であろう。
  そのため、大半の人にとっては、
  第一印象で勝負するというよりは、
  どうしても第二印象で勝負せざるを
  得ないということになる。」

第一印象が、良くないのはデメリットだけ
ではありません。

第一印象のいい人は、期待値が高いので、
ちょっとでもイマイチなことがあると、
残念な人だったと評価されることも
あります。

それに対して、第一印象が良くない人は、
ちょっとでも親切なことをすると、
「見かけによらず意外といい人だった」
とプラスの評価を受けることもあります。

これを心理学では「ゲイン・ロス効果」
と呼びます。

本書は、第一印象ではなく「第二印象」を
良くする心理テクニックをまとめた本です。

著者は、心理学者で一般向けの著書も
数多く執筆している内藤誼人さん。

人は「見た目が9割」とも言われますが、
内藤さんは、第一印象だけで、
すべてが決まることなど決してないと
主張します。

それは、私たちの脳には、とても柔軟な
「可塑性」と呼ばれる特徴があるから。

いったん脳に印象が刻まれたからと
いって、それが固定化されることは
ないということです。

一度、好きだと思ったものが、嫌いに
なることもあるし、嫌いだと思ったものが、
好きになることもあります。

私たちの脳は、そんな柔軟性を
備えているのです。

第一印象は「見た目」が重視されますが、
第二印象では「性格」が勝負になります。

オーストラリアの心理学者の調査によると、
長期的な付き合いでは、「マジメさ」、
「快活さ」、「優しさ」などの性格が
重視されていることがわかっています。

 「マジメなだけの人って・・・」
 「優しいだけの男って・・・」
 「ただ明るいだけじゃ・・・」

などど、あまり魅力がないように
言われることもありますが、現実的には、
マジメで、明るく、優しい人が好まれて
いるのです。

  第1章 第一印象の悪さなど、
     怖くもなんともない!!
  第2章 悪すぎる第一印象を逆手にとる
     心理テクニック
  第3章 上手な謝罪で、悪くなった第一印象を
     良くするテクニック
  第4章 どうすれば相手の記憶に残る
     人間になれるのか?
  第5章 あえて「2度目のチャンス」にかける
     心理戦術
  第6章 どんな人とも長く付き合うために

第一印象の悪さにコンプレックスを
持っている人には、大きな助けとなる本
だと思います。

しかし、個人的には心理学の本によくある
一般的なテクニックが多く、目新しさは
それほど感じませんでした。

この本から何を活かすか?

  土下座をするなら、本気でやる

土下座はひとつのビジネススキルなので、
練習しておかないと、うまくできません。

逆に練習すればするほど、うまい土下座が
できるようになるようです。

本書には土下座をするときのポイントが
まとめられていました。

  1. 膝を地面に付ける前に、2、3歩後ずさり、
   相手と少し距離をとる。
  2. 頭を下げる前に、相手の目をしっかり見て、
   反省の意を伝える。
  3. 躊躇せずに、思い切って頭を下げる。
  4. 相手から「もう、いいよ」と言われるまで、
   決して頭を上げない。

土下座は、見よう見まねでしたところで、
うまくできないので、このポイントを踏まえ、
入念な練習をしておく必要があるようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 読書法・速読術 | 12:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

僕らが毎日やっている最強の読み方

満足度★★★
付箋数:22

  「この本では池上さんと二人で、多忙な
  ビジネスパーソンが “新聞”  “雑誌”
   “ネット”  “書籍” をどうすれば深く、速く
  読むことができるのか、その技法について
  話していきます。私たちが日々実践している
   “読み方” をここまで体系的に解説するのは、
  この本がはじめてになりますね。」

  「そうですね。たとえば佐藤さんも私も、
  世の中を “知る” 基本ツールとして、
  新聞を重視していますが、当然ながら、
  読んでいる新聞や読み方には、それぞれ
   “共通点” もあれば “違い” もあります。
  雑誌や書籍、そして日々激変する
  ネットメディアにつても同じです。
  私たちが “何をどう読んでいるのか” 、
  読者には “何をどう読んでほしいのか” 、
  その両方についてできるだけ具体名を
  あげながら詳しく紹介したいですね。」

本書は、わかりやすく伝えることに関しては
右に出る者がいないジャーナリストの
池上彰さんと、圧倒的な知識量で知の巨人
とも呼ばれる作家の佐藤優さんの対談本です。

新聞、雑誌、ネット、書籍、それに加え、
教科書・学習参考書について、何を選び、
どのように読むべきかについて、
お互いの愛読紙・愛読書等を紹介しながら
語り合います。

それぞれの媒体について、お二人が読む際の
ポイントとして挙げていることをいくつか
紹介します。

<新聞>
 ・情報収集の基本は新聞だが、全国紙1紙
  では不十分。最低2紙に目を通さないと、
  ニュースの一部しか拾えない。

 ・「見出しだけで済ませる記事」「リード
  まで読む記事」「最後の本文まで読む記事」
  の3段階に分けて読む。

<雑誌>
 ・電子雑誌の定期読み放題は、まさに革命。
  雑誌との付き合い方が劇的に変わる。

 ・新聞と同じで、雑誌も「拾い読み」が基本。
  隙間時間には雑誌、まとまった時間には
  書籍を。

<ネット>
 ・ネットは「上級者」のメディア。
  情報の選別には、かなりの知識とスキルが
  必要。

 ・「非常に効率が悪い」メディア。
  同じ時間なら、新聞や雑誌を読むほうが
  効率的。

<書籍>
 ・世の中を「理解する」には書籍がベース。
  いい基本書を熟読し、基礎知識を身につける。

 ・いい本に出会うコツは「本をたくさん買う」
  こと。本は「迷ったら買う」が原則。
  本の情報は安い。

<教科書・学習参考書>
 ・読書で「知の型」「思考の型」を身につける。
  基礎知識を強化するには、小中学校の
  教科書が最適。

 ・歴史の学び直しには「日本史A」「世界史A」
  を活用。「基本」と「大まかな流れ」が
  いっきにわかり、効率的。

また巻頭にはお二人のオフィスの写真も
掲載されています。

書棚、スマホやタブレットのホーム画面、
スクラップやノート、その他使っている
小物まで惜しみなく公開されています。

佐藤さんが休憩する仮眠用のベッドには
動物のぬいぐるみが置いてあったのが
意外でした。

知の扱いについては突出したお二人なので、
完全に真似することはできませんが、
参考にできることは多いと思います。

この本から何を活かすか?

池上さんは、本にはA4コピー用紙の裏紙を
四つ折りにして挟んでおいて、気になる内容や
参考になる文章があると、その紙に書き込んで
おくそうです。

手を動かしながら読むことで、記憶にも定着し、
A4の紙をそのままクリアファイルに入れて
保管することもできるから。

書込みには速記用のシャープペンシルを使い、
芯の太さは0.9ミリで濃さは2Bを愛用して
いるようです。

私も書込みにはシャーペンを使っていて、
濃さは同じく2Bですが、太さは0.7ミリです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 読書法・速読術 | 06:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

一流の人は、本のどこに線を引いているのか

満足度★★★★
付箋数:26

  「本には、1冊あたり少ないものでも
  数千行の文章が記されている。
  だとしても――。1冊の本にたったの1本の
  線が引ければ、本の価値を十分回収して
  余りある成果になる。
  これまでに2万冊あまりのビジネス書を
  読んできた経験からは、1冊に100本の線を
  引くことよりも、100冊の本に1本ずつの線を
  見出すほうが現実的だし、実りが多い。
  この本は、あなたが自分自身の1本の線を
  引けるようになるために、新旧の山のような
  ビジネス書のなかから、どの本を見出し、
  何を吸収し、どのようなアクションに
  つなげていくかをまとめたものだ。」

私が本書で最初に付箋を貼ったのはこの部分。

私は「線を引く派」ではなく、「付箋を貼る派」
ですが、それはあくまでテクニカルな話で、
やっていることは同じです。

本書は、どんな本を読むべきで、
その本のどこに線を引くかについて
書かれた本です。

読書本の中には、どんなペンを使うとか、
どんなツールは便利だとか、枝葉末節を
語る本が多い中、本書は本質的な部分に
ついて論じています。

著者は、元アマゾンのカリスマバイヤーで
メルマガ「ビジネスブックマラソン」を
発行する土井英司さん。

まず、読むべき本を立ち読みで見抜く方法
として、本書では11の戦略が紹介されています。

 1.経営者の本は「創業者」か「中興の祖」を選ぶ
 2.「プロフィール」で本物か偽物かを見極める
 3.著者は「一流の変態」を選ぶ
 4.「コンサルタント」から学ぶのは王道の戦略
 5.著者が「専門外」を書いていたら避ける
 6.本の「タイトル」にだまされない
 7.「固有名詞」の多い本を選ぶ
 8.冒頭の数ページで「いい線」が引けそうなら買い
 9.膨大な「データ」に立脚した本を選ぶ
 10.「翻訳書」は良書の率が高い
 11.「箇条書き」に注目する

この本選びの11の戦略には、私も概ね賛成です。

ただし、5番目の「専門外の本」については、
脳研究者の池谷裕二さんが書いた
怖いくらい通じるカタカナ英語の法則
などの「当たり」を引いた経験もあるので、
個人的にはそれほど重視していません。

そして、本書の一番のキモとなる、
本のどの部分に線を引くかについては、
次のように説明されています。

  「本のなかに、 “◯◯社は20期連続増収増益を
  している” という記述があったとする。
  大したものだ、と感心しながらその1文に
  すっと線を引く。たしかに20期連続の
  増収増益とは、なかなかできることではない。
  しかし、である。ここに線を引いても、
  あなたにとって何らプラスになることはない。
  これはあくまで “結果” だ。大切なことは、
  その会社はなぜそのように成長し続けることが
  できるのか、という “原因” の部分である。」

本に線を引く場所は、「結果」ではなく「原因」。

原因とは、ボウリングの10本のピンのうち、
真ん中かつ最も手前にある、絶対に外せない
センターピンのことです。

こう言われて、私も読んだ本の付箋を
貼った箇所を見てみると、「結果」の部分に
貼っているものもいくつか見られました。

これまでは、「原因」と「結果」を意識せず、
気になった部分に付箋を貼っていましたが、
そこを見極めることで、自分の中の深い所まで
落とし込めるようになりそうです。

本書では巻末付録として、土井さんが
これまで読んだ2万冊の中から44冊を厳選して、
どこに線を引いたかが紹介されています。

この付録ページをあえて「カラー」で紹介する
必要性は感じませんでしたが、
自分の付箋を貼った箇所と比較するのは
なかなか興味深かったですね。

この本から何を活かすか?

「だまされた」こともビジネスの学び

  「買って損した、だまされた、と感じる人には、
  あえてこんな考え方を提案しよう。
  だまされることもまたビジネスの本質
  なのだから、 “なぜ、だまされてしまったのか” 
   “相手のどんな点が一枚上手だったのか” 
  を楽しみながら考察してみるといい。
  誤解をおそれずに言えば、ビジネスは
  だまし合いなのだ。」

「だまされた」経験から「だますテクニック」
を手に入れる。

もちろんこれは、だますことを推奨している
わけではありません。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 読書法・速読術 | 11:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

読書は格闘技

満足度★★★
付箋数:23

  「本書で私が強調したいのは、 “読書は格闘技”
  だということである。
  これは、自著『武器としての決断思考』で
  強調したことでもあるが、書籍を読むとは、
  単に受動的に読むのではなく、著者の語って
  いることに対して、 “本当にそうなのか” と疑い、
  反証するなかで、自分の考えをつくっていく
  という知的プロセスでもあるのだ。」

著者の瀧本哲史さんは京都大学の客員准教授で
あり、同時にエンジェル投資家でもある方。

非常に論理的かつ刺激的な文章を書く方で、
私の中で瀧本さんは知のデマゴーグ(扇動家)的な
印象です。

本書で、瀧本さんは1つのテーマにつき、
考え方の異なる2冊の本を紹介します。

その2冊をディベートさせるのが本書の特徴。

  「互いの本が評論の中で、激しく格闘を繰り
  広げる、そういう組み立てにしていこうと思う。
  私の役割は第一義的にはこの格闘技のレフリー、
  審判であるが、私が読むという行為自体が
  格闘技であるから、三者間でバトルロイヤルを
  展開していくということになる。」

更に、読者もこの知のバトルロイヤルに
参加することが求められます。

  「読者と本書との関係についても、述べて
  おきたい。この評論を読むということ自体も
   “読書” であるから、読書はこのアプローチの
  異なる本と私との間のバトルロイヤルの観客で
  終わることは許されない。読者自身が、読書を
  通じて、この “評論” という名の格闘技に
   “参加者” として、主体的に関わって頂きたい。
  つまり、批判的に比較し、それまでの自分の
  ものの見方と戦わせて頂きたい。」

こういった瀧本さんの考え方のベースに
なっているのが、『武器としての決断思考』で
紹介されていた「ディベート思考」です。

ディベート思考とは、二者択一で結論が出る
テーマを論題に選び、メリットとデメリットを
3つの条件で考え、論理的にツッコミを入れて、
主張が正しいかどうかを検討する思考法です。

この戦いに読者も参加するわけですから、
知的にハードなことが要求されています。

本書で提供されている戦いの場は、
イントロダクションを除くと全部で12ラウンド。

これは、ボクシングでいうと世界戦と同じ
ラウンド数なので、本書は読書の世界戦という
位置づけなのかもしれません。

では、いくつかの戦いの対戦者を見てみましょう。

 Round1 心をつかむ
  『人を動かす』VS『影響力の武器
 Round2 組織論
  『ビジョナリー・カンパニー』VS『君主論
 Round3 グローバリゼーション
  『フラット化する世界』VS『文明の衝突
 Round8 未来
  『一九八四年』VS『ニュー・アトランティス

まさに異種格闘技的な様相ですが、ここまでの
マッチメイクはわからないでもありません。

しかし、Round10の教養小説のマッチメイクは
私の想像の範囲大きく超えるものでした。

「大人になるということ」というテーマで
選ばれた本の1冊は、ドイツの詩人ゲーテさんの
ヴィルヘルム・マイスターの修業時代』。

これに対戦するは、総売上1億部を超える、
あだち充さんの漫画、『タッチ』でした。

個人的には『タッチ』を教養小説と
定義するところに、瀧本さんの懐の深さを
感じました。

この本から何を活かすか?

私はRound10の『ヴィルヘルム・マイスター』も
タッチ』も読んだことがなかったので、
この戦いは、単なる観衆として試合を見ていました。

これまで『タッチ』は生理的に受け付けない
ような気がして、ずっと避けていましたが、
この戦いを見て、読んでみようと決心しました。

『ヴィルヘルム・マイスター』は図書館で借り、
『タッチ』まんが喫茶にでも行って読んでみて、
改めてRound10の戦いに参加しようと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.


このエントリーをはてなブックマークに追加

| 読書法・速読術 | 06:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT