活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

頭がいい人の読書術


頭がいい人の読書術

満足度★★★
付箋数:23

  「私はこれまで優に1万冊以上の本を
  読み(インプット)、7000冊以上の
  本を記事化する(アウトプット)作業
  を繰り返してきました。ここ数年は、
  1年に1000冊の本を読み、400本の記事
  を書いています。」

本書の著者は、コラムニスト、著述家、
明治大学サービス創新研究所研究員の
尾藤克之さん。

尾藤さんは、1日10分で1冊の本を読み、
30分で記事にする習慣を、この10年間、
毎日続けているそうです。

なぜ、そんなことが可能なのでしょうか?

それは「3分の1リーディング」という
テクニックを使っているから。

そもそも、本は書いてあることを全部
読まなくてもかまわないというのが、
大前提です。

特にビジネス書の場合は、「はじめに」
「おわりに」「第1章」を読めば、
およそ内容の7割はつかめます。

それは、本の内容も「パレートの法則」で、
成り立っているから。

パレートの法則とは、2:8の法則とも
呼ばれ、重要な2割を押さえれば、
全体の8割を把握できるとする考えです。

尾藤さんが教える読書テクニック、
「3分の1リーディング」は、もう少し違う
読み方を加えています。

  「ほとんどの本は、ページの上部分の
  3分の1を読むだけでも、ある程度の内容
  を理解することができます。
  私が本を読むときは、ページの上部分の
  3分の1程度を読んで、そのまま左に読み
  進めます。」

なぜ、上部分の3分の1を読むだけで、
理解できるのでしょうか?

それには、いくつかの理由があります。

まず、1つ目はこれまでに読んできた
文章のパターンを脳が覚えていて、
内容を勝手に補足しているということ。

これまでにその分野の蓄積がある人ほど、
補完効果が高くなります。

そして、2つ目の理由は、人間の視野の
広さによるもの。

私たちの視野は、思った以上に広く、
3分の1しか読んでいなくても、
実際には50%程度は視野に入っている
と考えられます。

3つ目は、「タイポグリセミア現象」に
よる効果です。

タイポグリセミア現象とは、文章中の
単語を構成する文字を並べ替えても、
その文章を問題なく読めてしまう現象。

要は、文章中の最初と最後の文字さえ
読めていれば、その文章が読めている
状態になります。

ちなみに、 タイポグリセミア現象は
学術的な名称ではなく、「誤植(Typo)」
と「低血糖(Hypoglycemia)」を
組み合わせた造語のようです。

これらの理由により、上部分の3分の1
を読むだけで、およその内容を把握する
ことができるのです。

特に一般的なビジネス書は、結論を
先に書くスタイルを取っているので、
文頭の主語と述語さえ確認できれば、
文意が理解できるのです。

ただし、尾藤さんの読書術で最も肝心な
ことは速く読むことではありません。

一番重要なのは、「アウトプットありき」
で本を読むことです。

  「もし、本を月に100冊読んでいたと
  しても、読んだ内容や感想を、
  人に話したり、文章に書き起こしたり、
  アウトプットできないと、あまり有益
  な読書とはいえないでしょう。
  アウトプットできてはじめて、
  本の内容が自分の血となり肉となり、
  自分のものになります。」

私自身も本を読んで、ブログで内容を
紹介していることもあり、尾藤さんの
考えには、大いに同意できました。

この本から何を活かすか?

私自身が、1冊の読書かけている時間は、
およそ60~90分程です。

ただし、2回(2日)に分けて読んでいます。

1回目は、たいてい昼御飯を食べながら、
全体をザーッと流し見て、興味ある部分に
付箋をペタペタと貼っていきます。

これが20分程度。

2回目は、翌朝、付箋を貼った部分を
中心に読み込んでいいきます。

これが30~60分程度ですが、面白い本だと、
つい引き込まれ、2時間ぐらいかかって
しまうこともあります。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 読書法・速読術 | 05:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日本最高の英語コーチングスクール プレゼンス式TOEIC(R)L&Rテスト勉強法


日本最高の英語コーチングスクール プレゼンス式TOEIC(R)L&Rテスト勉強法

満足度★★★★
付箋数:28

ダイヤモンド社の上村さんより
献本頂きました。ありがとうございます。

働きながら、英語を勉強している人が
共通して抱えている悩みは何か?

それは、時間がないことではありません。

確かに仕事が忙しい人も多いので、
時間を作ることは簡単ではありません。

しかし、一番の問題は、勉強するための
「モチベーション」です。

最初は決意して勉強を始めるものの、
忙しくて勉強ができない、勉強しないから
点数が伸びない、点数が伸びないから
モチベーションが保てない。

このような悪循環に陥ってしまいます。

では、3ヶ月集中して勉強すれば、
TOEICのスコアが150点上がると
確約されていたらどうでしょうか?

ちょっと辛くても、3ヶ月なら短期集中で
やってみようという気になるのでは
ないでしょうか。

本書は、英語コーチングスクール
「プレゼンス」のTOEICのL&Rテスト対策
のコースを書籍化したもの。

プレゼンスでは、通常2ヶ月でTOEIC対策を
行っていますが、本書では独学者向けに、
3ヶ月用にアレンジしています。

TOEICの参考書ではありません。

短期間で、TOEICのスコアを最大限上げる
ための戦略的勉強方法を教える本です。

その人のスコアによっても異なりますが、
基本は週12時間×12週=144時間で、
150点アップを目指します。

週12時間は、1例として、平日は1日
1時間30分、休日は1日2時間15分で、
確保できます。

本書のメソッドの特徴は大きく2つ。

1つは、「仕組み化」です。

仕組み化とは、「何を」「どのように」
やればいいのかはもちろん、
「いつ」「どのくらい」やればいいのか
まで、すべて決めることです。

実は、この仕組み化さえできてしまえば、
一番のネックだったモチベーションさえ
関係なく、自然と勉強できるようになります。

もう1つの特徴は、「効率の最大化」です。

効率の最大化とは、同じ時間を使っても
最大限の効果が出るようにすること。

そのため、本書では144時間の中で、
どういう順番でやれば一番効率がいいかに
徹底的にこだわっています。

その順番とは、次の3ステップです。

ステップ1 基礎力を身につける

ここを疎かにすると、途中でスコアが
伸び悩むことになります。

必須単語の暗記、基本文法の理解、
英語脳の養成の3つを徹底してやります。

ステップ2 得点力を磨く

ここではステップ1の努力が、そのまま
スコアに直結する力をつけます。

公式問題集を使って、パートごとの
解答テクニックを身に付けます。

ステップ3 本番力にこだわる

本番当日にそれまで培ってきた基礎力と
得点力を最大限発揮できるようにします。

このステップで身に付けるのは、
本番からの逆算思考とコンディション
調整の2つです。

これが本書の戦略的勉強法ですが、
何と言っても肝となるのは、ステップ1の
基礎力だと思います。

単語の覚え方1つみても、記憶に定着させる
仕組みを使い、非常にシステマティックです。

私の勉強法の考えには、ものすごく
フィットしていて、すべてのTOEIC学習者に
勧めたい本だと思いました。

まずは、現在大学生に通っている娘に
この本を贈ります。

私自身は、最近はTOEICを受けておらず、
年2回VERSANTを受けるようにしているので、
本書のメソッドをVERSANT用にアレンジして
使いたいと思います。

この本から何を活かすか?

本書の編者である「プレゼンス」とは、
故杉村太郎さんが創設した、日本初の
英語コーチングスクールです。

杉村さんがハーバード・ケネディスクール
に一発合格した勉強法をベースに
カリキュラムが考案されています。

「英語さえ克服できれば、日本人は
世界一の存在感(プレゼンス)を発揮
できるのではないか」という杉村さんの
想いが社名になっているようです。

私は、杉村さんの大ファンで、
今でも『アツイコトバ』は私のバイブル
の1冊になっています。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 読書法・速読術 | 05:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

池上彰と現代の名著を読む


池上彰と現代の名著を読む (単行本)

満足度★★★
付箋数:24

池上彰さんは、2012年2月1日に、
東京工業大学の学内共同研究教育施設、
リベラルアーツセンターの専任教授に
着任しました。

東工大がリベラルアーツ教育に力を
入れるため、リベラルアーツセンター
を創設した際に、池上さんを招いたのが
きっかけでした。

池上さんが東工大で行った実際の
授業の内容は、2012年に刊行された
この社会で戦う君に「知の世界地図」
をあげよう 池上彰教授の東工大講義

に書かれています。

また、池上さんが東工大の学生に
向かって宣言した内容は、2013年1月に
刊行された『学び続ける力』に
書かれています。

さて、本書は池上さんが東工大で
行っていた「読書会」の様子を
実況中継したものです。

  「学生諸君の中から “読書会を
  開きたいんです。なにか本を選んで
  いただけませんか?” と声が上がり
  ました。おお、読書会かあ。
  私が大学時代によく開いたもの
  だけれど、東工大生は、どんな本を
  読みたいのか。 “私たちが絶対に
  選ばないような本を選んでほしい
  んです” 」

こんな経緯で、定期的な読書会が
スタートしました。

読書会には、東工大の学部生だけでなく、
院生や卒業生なども参加しています。

注目したいのは、いわゆる理系の
エリート学生と、文系人間の自認する
池上さんとの知のコラボレーション。

池上さんは、この読書会で学生たちと
感想や意見を交わすことが、
「禁断の果実を食べているような
甘美な時間だった」と振り返ります。

本の内容について議論する中で、
理系の学生らしいツッコミが入ります。

「著者の主張にエビデンスはあるん
ですか」
「データの摂り方が、恣意的すぎる」
「議論の前提の定義があいまいなまま
論を進めているのはおかしい」

こういった論理的思考によるツッコミは、
池上さんにとってもずいぶん新鮮だった
ようです。

以下、本書の読書会で取り上げられた
12冊です。(敬称略)

 半藤一利著『世界史のなかの昭和史
 橋本明子著/山岡由美訳『日本の長い戦後
 神谷美恵子著生きがいについて
 見田宗介著『現代社会はどこに向かうか
 H・ロスリング、O・ロスリング、
 A・R・ロンランド著/上杉周作、関美和訳
 『FACTFULNESS
 S・ギャロウェイ著/渡会圭子訳
 『the four GAFA(ガーファ)
 Y・N・ハラリ著/柴田裕之訳『ホモ・デウス
 C・オニール著/久保尚子訳
 AI・ビッグデータの罠
 S・レビツキー、D・ジブラット著/
 濱野大道訳『民主主義の死に方
 オルテガ著/神吉敬三訳『大衆の反逆

本書は、やはり読書会に自分も参加する
つもりで読むのがベストです。

そのためには、読書会で取り上げられる
本を読んでおくことが前提。

自分でも感想や意見を述べながら、
知のコラボレーションにエアーで参加
することが、本書を最も楽しむ方法です。

本書をブックガイドとして手元に
置いておいて、各課題本を読んでから、
そのパートを読むのがオススメ。

私も約半分の本が未読だったため、
そのパートは、さらっと流しました。

課題本を読んでから、あらめて議論に
参加しようと思っています。

この本から何を活かすか?

本書の第2章では「著書を囲む読書会」
として、『世界史のなかの昭和史』の
著者、半藤一利さんを招いています。

その中で半藤が理想とするリーダーの
6つの条件が挙げていました。

 1. 自分自身で決断すること
 2. 部下に明確な目標を与えること
 3. 常に権威を明らかにせよ
 4. 情報は自分の耳で聞け
 5. 想像と現実を引き離せ
 6. 部下には最大限の任務の遂行を求めよ

個人的には、名将・山本五十六さんが、
「2」ができていなかったという指摘は
なかなか新鮮でした。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 読書法・速読術 | 05:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

知識を操る超読書術


知識を操る超読書術

満足度★★★★
付箋数:25

本書の著者、メンタリストDaiGoさんは、
毎日10冊~20冊の本を読んでいるそうです。

日本の社会人の平均読書数は月3冊弱。

それと比べると、150倍ものスピードで
本を読んでいることになります。

なぜDaiGoさんは、そんなことが可能なのか?

  「魔法は何もありません。
  これまで科学的に根拠のある読書の方法を
  学び、自分なりに読んだ本の活かし方を
  身につけてきました。(中略)

  本書でこれから紹介していくメソッドを
  学べば、誰でも1日に5冊から10冊の
  読書ができるようになります。」

DaiGoさんの読書術で、基礎となるのは、
次の3つのサイクルで読書することです。

 1. 本を読む準備をする

  なぜ、この本を読むのか、この本から
  どんな知識を得るのかを明確にします。

  自分の「目的」や「動機」から欲しい
  知識を具体的に決めます。

 2. 本の読み方を知る

  次に、ただ単に本を読むのではなく、
  知識を使うことを前提とした読み方、
  テクニックを知り、実践します。

 3. 本から得た知識をアウトプットする

  最後に、本から得た知識やノウハウを
  実際に使ってみます。

  私たちの脳は情報をアウトプット
  しようとしたときに、記憶力が高まる
  ようにできているので、アウトプット
  することで記憶にも定着させます。

この3つのサイクルで最も重要なのが、
最初の「本を読む準備」です。

本書では、そのために有効な3つの
テクニックが紹介されていました。

1つ目は「メンタルマップ」。

これは、目標や行動を箇条書きにして
視覚化したものです。

なぜこの本を読むのか、この本から
何を得たいのか、読んだ後にどうなり
たいのかをメモして、見える状態に
しておきます。

そのメモを目にすることで、読書への
モチベーショを高く維持します。

2つ目は「キュリオシティ・ギャップ」。

これは本の内容を記憶に残す準備です。

「自分があらかじめ持っている知識」
と「本の中に書かれた自分の知らない
知識」の差を意識して、好奇心を刺激
して、記憶に残しやすくします。

具体的には、ノートの左ページには
すでに知っている知識を書き出します。

そして右ページには目次を見て、
興味や関心が湧いた、知らなかった
ことを書き出していきます。

3つ目は「セルフテスト」。

これは本を読んだ後にテストする
のではなく、事前に行うテストです。

本を読む前に5分間のセルフテスト
を行い、自分の現在位置を知ります。

事前に挫折しそうなポイントと
その対策がわかるので、本を読む際の
躓きをなくすことができます。

また、DaiGoさんにとって本書が、
3つのサイクルの中の「アウトプット」
に該当します。

DaiGoさんは本書を執筆するために、
多くの本や論文に目を通しています。

それらで得た知識を、自分で活用できる
レベルまで落とし込み、実践してみた
結果を本書のノウハウとしてまとめて
いるようです。

そのため、DaiGoさんの読書術は、
他の読書術の本に書かれている内容と
重複していることも多くあります。

しかし、他の読書術本も研究した上で、
効果的な手法を厳選し、独自のアレンジ
を加えているのはさすがだと思います。

DaiGoさん自身が他人の知識を
活用することに非常に長けているので、
まさにそのノウハウを解説をしたのが、
本書の読書術になっています。

この本から何を活かすか?

本書の読み方のテクニックの中で、
私が一番気になったのが、
「要するに」読みです。

まず、各章を拾い読みして、
「要するに、○○ということが
書いてある」とざっくり要約します。

そして、本を読み終えたときに、
きちんと自分の中に残しておきたい
内容を「自分の言葉」で要約して、
まとめてメモします。

自分の言葉にした時に、自分事化され、
活用できる知識になるようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 読書法・速読術 | 05:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アンチ整理術


アンチ整理術

満足度★★★
付箋数:23

1日にたった1時間しか執筆しない
小説家として知られる森博嗣さん。

その僅かな時間でも、定期的に面白い
作品を生み出しているのが凄いところです。

また、デビュー当時は国立大学工学部の
助教授をしながら、二足のわらじで、
小説を書いていたことも知られています。

森さんの作品では『すべてがFになる
や『スカイ・クロラ』シリーズなどが、
有名なところでしょうか。

そんな森さんには、ここ最近では
「仕事術」などビジネス書の執筆依頼
が多いようです。

  「これまでにも “仕事のやり甲斐に
  ついて書いてほしい” と頼まれて、
   “仕事のやり甲斐など単なる幻想
  である” という本を書いたし、
   “仕事に活かせる集中力について
  書いてほしい” との依頼には、
   “集中力はいらない” というずばり
  真逆の本を書いた。」

このように森さんは、人々が必要だと
思っていたことを、ことごとく否定
してきました。

そして、今回執筆したのが、
「アンチ整理術」というタイトルの本。

  「結局のところ、整理・整頓とは、
  元気を出すため、やる気になるため
  にするものである。それなのに、
  仕事ができるようになる、
  発想が生まれる、効果を高める、
  などと余計な効果を期待するから、
  勘違いが生まれる。もともと、
  物理的、科学的にそういった効果は
  ない、と僕は思っている。
  何故なら、元気もやる気も、
  単なる人間の幻想だからだ。」

さすが、自分でも天の邪鬼を自認
している森さんですね。

ですから、一般的な片付けや断捨離を
期待して本書を読むと、大変なことに
なります。

身の周りを整理・整頓するどころが、
逆に、整理・整頓しないことの正当性が
十分に納得できてしまいます。

そこで、本書の議論は、身の周りから
頭の中の整理にテーマが移ります。

  「どうやら、身の周りの物体を
  整理・整頓するよりも、まずは自身の
  頭の中を整理・整頓すべきではないか、
  ということらしい。
  頭脳明晰な人物というのは、いかにも
  きちんと頭の中が整理されている
  ように見受けられる。当然ながら、
  その様子を実際に見ることはできない
  のに、そう感じられるのは、どうして
  なのだろう?」

このように考察を進めていきますが、
最後は、頭を整理・整頓するよりも、
頭を使うことの方が重要であるという
結論に達します。

自分の立場はこちらだと決めずに、
常に周囲の条件などを評価して、
新しい判断をする姿勢を持つことが、
頭を使い続けることになります。

本書の最終着地点は、モノを整理する
のではなく、自分自身を整理すること。

いずれにせよ、今回もわたしたちの
「整理・整頓は善で、散らかっている
のは悪」という思い込みは開放され、
新しい見方を与えてくれます。

 第1章 整理・整頓は何故必要か
 第2章 環境が作業性に与える影響
 第3章 思考に必要な整理
 第4章 人間関係に必要な整理
 第5章 自分自身の整理・整頓を
 第6章 本書の編集者との問答
 第7章 創作における整理術
 第8章 整理が必要な環境とは

この本から何を活かすか?

  「信頼を得て、他者に使ってもらえる
  人間は、人間として片付いている必要
  がある。少なくとも、そう見えるよう
  でなければならない。これは、外見
  だけでは、わからないものだ。
  その人物の日頃の言動を観察する
  しかない。」

感情を抑えて、他人から見てわかる
理屈で、ものごとを判断する。

そのように人格が片づいていると、
人から信頼が得られるようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 読書法・速読術 | 05:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT