活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

人をつくる読書術


人をつくる読書術 (青春新書インテリジェンス)

満足度★★★★
付箋数:25

現代を代表する教養人として知られる、
元外交官の佐藤優さん。

その深く広い教養から、「知の巨人」や
「知の怪物」と形容されることがあります。

いかにして、佐藤さんは知の巨人と
なり得たのか?

本書は、その秘密がわかる本です。

  「本書で伝えたかった重要な事柄は
  二つある。よい本を読み、よい友人を
  持つことだ。具体的にいえば、
  中学生から30代前半までに出会う人生の
  先達からは大きな感化を受ける。
  それによって知的関心が広がり、
  読書の質が向上する。すると、さらに
  多くの人と深い部分でつながることに
  なる。それは人格の土壌を形成し、
  やがて豊かな実をつける栄養源になる
  だろう。つまり、人生を力強く生きる
  最大の力になる。」

知の巨人に少しでも近づこうと思うと、
佐藤さんがやってきたことを真似するのが
一番の近道です。

佐藤さんの人生の師や友人と、
知り合うことは簡単にはできませんが、
佐藤さんが読んできた本を読むことは
できます。

本書では、今の佐藤さんを形づくった
要素を6つ挙げ、それぞれの側面から
どんな本をどのように読むべきかが
解説されています。

「作家」、「外交官」、「人間」、
「教育者」、「教養人」、「キリスト教者」
をつくる本の読み方。

ところで、読む・聴く・話す・書くの
4つの力のうち、なぜ、読むことを優先
させるべきなのか?

  「言語能力は “読む”  “聴く”  “話す” 
   “書く” の4つの力から成り立ちます。
  そして聴く、話す、書くという三つの
  力が読む力を超えることは絶対に
  ありません。読む力が天井なのです。
  読む力があればつねによい表現ができる
  とは限りませんが、よい表現ができる
  人は必ず正確に読む力をもっている
  ものです。」

やはりインプットがあるからこそ、
アウトプットができるのです。

そのベースとなるのが読書による
インプットです。

佐藤さんは現在でも、どんなに少なくても
1日4時間以上は読む時間をとっていると
語っています。

読むべき本の種類は大きく分けると2つ。

まずは教養の基礎を身につけるための
高校の教科書や参考書です。

本書では、国語便覧や文英堂の参考書
理解しやすい政治・経済』が推奨
されていました。

そして教科書でベースができたら、
古典や名作と呼ばれる本に挑みます。

小説、哲学書、思想書などの一流作品です。

ただし、それだけでは苦しくなるで、
もっと気軽なエンターテインメント性の
高い本を織り交ぜて読むことも重要です。

  「アカデミックな分野で仕事をする人
  なら専門書を中心に体系的な知識を
  身につけなければなりませんが、
  一般のビジネスパーソンの場合は
  仕事に関する専門書を読む時間が
  3割から4割として、通俗本や小説など
  エンターテインメント性の高い本を
  6割から7割くらいでちょうどいい
  のではないでしょうか。」

このエンターテインメント性の高い本
の中には漫画も含まれます。

本書では原泰久さんの『キングダム』と
伊藤潤二さんの『うずまき』が紹介
されていました。

本書には、これまで佐藤さんが、
どのような人に出会って、どんな本を
読んできたかが書かれています。

知の巨人の自伝的な内容なので、
読み物としても面白い本です。

この本から何を活かすか?

何でも検索するとすぐに調べられる時代に、
「暗記」することは必要なのか?

佐藤さんは、知のベースに「暗記」は
不可欠だと述べています。

  「自分自身の体験から、高校までは
  丸暗記を基本にして受動的知識を
  最大化し、徹底的に知識を吸収する
  ことが一番だと考えています。」

受動的知識の積み重ねのないところに
創造性は生まれないようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 読書法・速読術 | 05:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

文芸オタクの私が教える バズる文章教室


文芸オタクの私が教える バズる文章教室

満足度★★★★
付箋数:25

非常に興味深い本ですが、
中身の良さをタイトルが的確に
表していません。

本当にターゲットとして人と、
実際に手に取る人期待のズレが、
ちょっと心配な本でした。

本書は、「バズらせる」ことを目的
とした文章術の本ではありません。

目的は、楽しく文章を書くこと。

それを続けることで、結果として、
バズることがあるかもしれません。

  「バズることを目的として、バズらせる
  方法もあるでしょう。いかにもバズり
  そうな、ちょっと過激なことを書くほうが、
  手っ取り早いと思われる方もいるかも
  しれません。(中略)
  でも、そうやってもしバズらせることが
  できたとしても、中身をともなわなければ、
  一過性のもので終わりやすい。
  一時的なブームで終わらせないためには、
   “みんなに好きになってもらえる文章” 
  を書けるようになることが、一番の近道
  だと私は思っています。」

では、どうしたらみんなに楽しんで
もらえる文章が書けるようになるのか?

それは文章の上手い人気作家の表現方法
を真似ることが近道です。

では、どの作家のどの部分を真似たら
いいのでしょうか?

本書の著者、三宅香帆さんは、
ものすごい文芸オタクです。

「本を食べて生きる女です。」と
自己紹介しているほど。

そんな三宅さんは、著名作家、人気作家、
アイドルからネット上のインフルエンサー
まで、人を惹き付ける文章を書く人の
表現方法を研究してきました。

本書では、それを法則として言語化した
た文章術を紹介します。

1つ取り上げると、村上春樹さんの
文章からは、読みたくなる「リズム感」
を学びます。

題材として『ダンス・ダンス・ダンス
の一節が引用されています。

そのリズム感を参考にした、文章の
修正例は以下の通りです。

 【ビフォア】
  10年前に買ったバッグが破けてしまった
  ので買ったお店に持っていったら、
  昔のモデルだから修繕できないと
  断られた。新しいバッグを買わなければ
  と思うが、忙しくてなかなかめぼしい
  バッグを見つけられない。

 【アフター】
  バッグが破けてしまった。10年前に
  買ったものだ。買ったお店に持っていくと
  「昔のモデルだから、直せへんよ」と
  言われてしまった。うーん、新しい
  バッグを買わなければ。でも、忙しくて
  なかなかめぼしいバッグが見つけられない。

村上春樹さん風かどうかはさて置き、
確かにリズム感が出て、読みやすい文に
なっています。

本書では、このリズム感を出す法則を
次のようにまとめています。

 1. 同じ語尾を3回繰り返す。
 2. 長い文章を、二文、三文に切ってみる。
 3. 似た意味の文を、音数を増やして
  連続させる。
 4. 後半部をそろえて、連続させる。

本書では、このように人気の文章家の
作品を、表現単位で詳細に分析して、
素人でも真似できるようにモデル化
しています。

モデル化されたのは、49の表現方法です。

星野源さん、森鴎外さん、林真理子さん、
開高健さん、三島由紀夫さん、秋元康さん、
J・K・ローリングさんなどなど。

古今東西の人を惹き付ける文章の
秘密を分析して、解説しています。

正直、それを読んでいるだけで面白く、
本書の目的を忘れてしまうほどです。

バズることだけを目的としていない、
本当に読んでいて楽しい文章を書きたい
人に、本書が届くことを願います。

この本から何を活かすか?

口語のセリフは、三浦しをんさんの
「口語過剰モデル」を使います。

  「台詞の見せ方を極端にすると、
  その人らしさを強調することができる。」

これはモノまねするときに、特徴的な
部分をデフォルメするのと同じ要領です。

セリフは、表現を盛り気味にした方が、
イキイキと伝わるようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 読書法・速読術 | 05:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

最短の時間で最大の成果を手に入れる 超効率勉強法


最短の時間で最大の成果を手に入れる 超効率勉強法

満足度★★★★
付箋数:25

  「現在の教育界は、昔ながらの非効率な
  勉強法であふれています。
  どれだけ時間をかけても “やったつもり” 
  になるだけで、真の成果は得られません。
  本当に必要なのは、科学に裏付けされた
   “正しいテクニック” だけを使うこと。
  そして1日でも早く、貴重な時間を限界
  まで有効に使う “超効率勉強法” に
  転換することなのです。」

本書は、科学的に効果が証明された
勉強法を紹介する本です。

著者は、メンタリストとして活動しながら、
多くの本を執筆するDaiGoさん。

DaiGoさんは、学校や塾で教わった勉強法の
「9割は間違っている」と指摘します。

特に科学的に「効率が悪い」勉強法として、
本書で挙げているのは、次の7つです。

  1. ハイライトまたはアンダーライン
  2. 語呂合わせ
  3. テキストの要約
  4. テキストの再読
  5. 集中学習
  6. 自分の学習スタイルに合わせる
  7. 忘れる前に復習する

この中で、7番の「忘れる前に復習する」
について補足すると、復習すること自体が
ダメと言っているわけではありません。

むしろ復習は、学習の王道です。

何がダメなのかと言うと、復習する
「タイミング」です。

「今日やったことを忘れないうちに復習」
するのは、実は逆効果です。

忘れる前に復習すると、脳はすでに
知っている情報だから記憶しなくてもいい
と判断するようです。

正しいタイミングは、「忘れたころに」
復習すること。

忘れかけた時点で復習すると、思い出す
作業が脳に刺激を与え、記憶の定着に
結びつきやすいようです。

では、DaiGoさんが推奨する「超効率勉強法」
とはどのような勉強法なのか?

  「結論から言えば、答えは “アクティブ
  ラーニング” です。これは、名前が示す
  通り、積極的(アクティブ)に学習
  (ラーニング)に取り組んでいく手法
  のこと。授業を聞きながらノートを取る
  ような受け身の姿勢ではなく、進んで
  頭を使いながら学ぶ、これがアクティブ
  ラーニングの定義です。」

DaiGoさんが、若干オーバーなのは、
このアクティブラーニングが、現在の
教育界でも全く取り入れられていない
ように言っていること。

昔ながらの非効率な指導法しかしない
教師がいることも事実です。

しかし、実際の教育の現場では、
アクティブラーニングを取り入れる動きが
大きなテーマになっています。

ちょっと扇動的な部分はあるものの、
DaiGoさんは、アクティブラーニングを
個人が実践できる学習テクニックとして
落とし込んでいます。

アクティブラーニング化のポイントは2つ。

1つ目は、「想起」すること。

簡単に言うと思い出すことで、本書では、
「クイズ化」「分散学習」「チャンク化」
の3つのテクニックが紹介されています。

2つ目のポイントは、「再言語化」。

こちらは、自分の言葉に置き換えることで、
「自己解説」「ティーチング・テクニック」
「イメージング」の3つのテクニックが
紹介されていました。

また、本書では勉強前のモチベーションを
高める方法や、勉強後に脳に定着させる
方法、更には地頭を良くする方法にまで
言及しています。

大小さまざまな、35のテクニックが
盛り込まれているため、どれが大事なのか、
少し見えにくくなる部分はあります。

しかし、いずれも効果があると科学的に
裏付けされた手法のみが厳選されています。

わかりやすく書かれていることもあり、
個人的には、期待以上の内容でした。

この本から何を活かすか?

私が試してみたいと思ったのは、
「インターリービング」という方法です。

分散学習の1つで、1回の練習時間の間に、
複数のスキルを交互に練習する手法です。

インターリービングのポイントは3つ。

  1. ジャンルの数は3つまで
  2. 時間は等分に
  3. ワンセッションことに休憩を入れる

実際に英語を学習する際に、
この手法を使ってみようと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 読書法・速読術 | 04:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

読書する人だけがたどり着ける場所


読書する人だけがたどり着ける場所 (SB新書)

満足度★★★
付箋数:24

  「映画を見た感想やニュースに対する
  コメントにしても、聞く人が刺激される
  面白い話ができる人と、みんなが言っている
  ような一般的なことしか言えない人がいます。
  浅い人と深い人。
  どちらの人の話が聞きたいか、聞くまでも
  ありませんね。
  では、その浅い・深いはどこから来ている
  のでしょうか。
  それは一言で言えば、教養です。」

あなたは、教養のある人生とない人生の
どちらがいいですか?

このように問いかけると、ほとんどの人は、
「教養のある人生がいい」と答えます。

なぜなら、教養がある方が人生を楽しめるから。

  「驚くべきことに驚けるのは、実は教養が
  あるからです。知識豊富で教養豊かな人は、
  もうあまり驚くべきことがないのではないか
  と思うかもしれませんが、逆なのですね。
  知れば知るほど、心の底から驚くことが
  できるのです。
  知識がないと、何がすごいのかわからない。
  ぴんとこない、ということになります。」

では、深さや知識の源泉となっている
教養はどうすれば、身につけられるのか?

それは、もちろん「読書」です。

「必要な情報はネットから得るから、
読書なんて必要ない」と考える人もいます。

しかし、いくらネットから効率的に情報を
拾っても、それは教養にはなりません。

それは向かい合い方が、まったく違うからです。

  「ネット上の情報を読むのと、読書とは
  行為として全然違います。
  ネットで文章を読むとき、私たちは “読者” 
  ではありません。 “消費者” なのです。」

本書は、読書の大家である齋藤孝さんが、
読書の意義と効用、そして読書の仕方を
語る本です。

読書は、人の深さを作ります。

その深さとは、思考力であり、知識であり、
人格であり、人生そのものです。

読書が人生のすべてとまでは言いませんが、
読書によって人生が変わることだけは
間違いありません。

「センス」は、いくら磨こうと思って、
努力しても万人に開かれいないところが
ありますが、「知性」は万人に開かれている。

それは知的好奇心や知的な欲求は、
誰もが持っているものだからです。

その知的好奇心を刺激して、知的な欲求を
満たすために、読書に勝るものはありません。

読書の効用を語ると、「実体験の方が大事」
だと反論する人もいます。

もちろん、実際に体験することが
大事なことは、言うまでもありません。

しかし、それは読書と比べて、
優劣をつけるものではありません。

  「私は読書と体験は矛盾しないと考えて
  います。本を読むことで、 “これを体験
  してみたい” というモチベーションに
  なることはありますし、それ以上に、
  言葉にできなかった自分の体験の意味に
  気づくことができます。
  実際の体験を何十倍にも生かすことが
  できるようになるのです。」

本書は、読書の素晴らしさを実感できる
本ですが、やはり「読書本のパラドックス」
からは抜け出すことはできません。

そもそも本書を読む人は、
はじめから読書の効能を知っています。

本を読まない人に、いくら読書の有用性を
語っても、本書を手にしないので伝わらない
ということです。

これは書籍で読書の良さを語るときの、
逃れられない限界です。

よって、本書は読書好きの人にとっては、
自分の行為を肯定してくれる訳ですから、
非常に満足感の高い本だと思います。

この本から何を活かすか?

本書では、ざまざまな名著を案内しています。

ここでは齋藤さんがオススメしていた、
「思考力を高める名著10」を紹介しておきます。

  『方法序説
  『論理哲学論考
  『五輪書
  『風姿花伝
  『この人を見よ
  『君主論
  『饗宴
  『歴史とは何か
  『寝ながら学べる構造主義
  『ファスト&スロー

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 読書法・速読術 | 05:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

東大生の本の「使い方」


東大生の本の「使い方」―――「考える武器」としての読書 (三笠書房 電子書籍)

満足度★★★
付箋数:18

  「東大生は頭がいいから、本から多くのものを
  得られているのでは? と思うかもしれませんが、
  私は逆だと考えています。
  一冊の本を最大限活用しているからこそ、
  頭が鍛えられる。その結果、読書の効果が
  上がり、さらに力がついていく。
  彼らはこうした好循環の中にいるからこそ、
  東大生になることができたのです。」

このように語る、本書の著者、重松理恵さんは、
元東大生協の書店員として働いてきた方。

書店員として働きながら、東大生と著者を
つなげるイベントを実施したり、
『東大生が買った本』などを出版して
います。

本書は、東大生と本の関係を身近で見て
分かった「本の使い方」を解説する本です。

それは東大生でなくとも実践できる、
誰もができる本との付き合い方です。

事実、重松さん自身も東大出身では
ありません。

しかし、東大生の実践している方法を
試すことで、間違いのない選書ができる
ようになり、本をより深く読み込むことが
できるようになったそうです。

まず、本書では東大生協の書籍部と
一般の書店との違いについて
紹介されています。

東大生協の書籍部では、世間でよく売れる
ベストセラーや話題書を前面に配置したり、
手書きのPOPなどを付けることはしない
ようです。

なぜなら、東大生は書店員からの
オススメがなくても、自分が読むべき本を
選ぶことができるから。

そして、東大生は次の「4つの目的」で、
本を選んでいるようです。

それは重松さんが、東大書籍部の売上
データを分析し、実際に東大生の生の声を
ヒアリング調査して解明したものです。

本書では、東大生が本を読む4つの目的別に
東大でベストセラーになった本の
上位20冊が紹介されています。

ここでは、その4つの目的とベスト3を
紹介しておきましょう。

 <世界で活躍するための本>
  1. これからの「正義」の話をしよう
  2. 20歳のときに知っておきたかったこと
  3. 米国製エリートは本当にすごいのか?

 <スキルアップするための本>
  3. できる研究者の論文生産術

 <幅広い教養をつけるための本>
  1. 正義論
  2. 一般意志2.0
  3. それでも、日本人は「戦争」を選んだ

 <最新のトレンドを追うための本>
  1. 人工知能は人間を超えるか
  2. 21世紀の資本
  3. 僕は君たちに武器を配りたい

また、本書の最終章では東大出身の
著名人へのインタビューが掲載されています。

インタビューされているのはこの6名。

伊沢拓司さん、水上颯さん、山口真由さん、
藤原和博さん、上田正仁さん、養老孟司さん

そこで語られているのは、それぞれの
「読書ルール」でした。

個人的にはこのパートが本書の中で、
一番参考になりました。

この本から何を活かすか?

本書は、東大生に売れているのか?

本書の中で、東大生に売れる本と、
売れない本の特徴が挙げられています。

東大生は東大関連の本が好きのようです。

一方、二番煎じの本は好きじゃない。

もし、本書が東大生協の書籍部で
売れていなければ、『東大生の本棚』や
東大生の本棚』の二番煎じとして
認識されたのかもしれません。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 読書法・速読術 | 06:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT