活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

仕事の「ムダ」が必ずなくなる 超・時短術


仕事の「ムダ」が必ずなくなる 超・時短術

満足度★★★★
付箋数:26

あなたは、毎日の仕事で時間は足りて
いますか?

ほとんどの方は、時間が足りないと
感じているのではないでしょうか。

では、なぜ、時間が足りなくなるのか?

それは無駄な時間を奪われているからです。

 社内会議・・・43%
 資料作成・・・14%
 メール・・・11%
 その他・・・32%

これが、社員がどのように時間を奪われて
いるかを調査した結果です。

このように会議やメールの送受信で時間を
奪われていては、いくら「働き方改革」が
叫ばれていても、それは虚しく聞こえて
しまいます。

  「実際、私たちが日本企業528社に調査
  して判明したのは、働き方改革の成功企業
  はたった12%しかないという実態でした。
  にもかかわらず、メディアに溢れるのは、
  きらびやかな成功事例ばかり。
  すると会社から “うちもこのやり方で
  行こう” と指示が来る。けれど、業種や
  事情の異なる手法を無理やり当てはめても、
  現場の混乱は深まるばかり・・・」

本書は、26社、16万人に対して実施した
壮大な時短の行動実験よる結果をまとめた
本です。

実際にやったエビデンスを積み上げた
ものなので、非常に「再現性のある時短術」
が紹介されています。

著者は、自ら「週休3日」を実践する
コンサルタントの越川慎司さんです。

まずは、行動実験の前に528社の調査の
結果から、88%の企業が失敗する理由が
わかりました。

 1. 成功の定義が決まっていない
 2. 目的と手段をはき違えている
 3. 何か有効な魔法があると信じて
  探し続けている

一方、12%の成功企業がやっているのは、
次の5つのことです。

 1. 量の改善だけでなく質の改善もしている
 2. デメリットではなくメリットに
  目を向ける
 3. マネージャーが社員は経営資源と
  捉えている
 4. 経営戦略の一環として取り組んでいる
 5. 成功パターンの発見プロセスだと
  思っている

このように失敗企業と成功企業では、
大きな違いがありました。

では、具体的にどのようにして時短を
図るべきなのか?

本書では、行動実験の結果から、
本当に実現性が高く効果があったものを
紹介しています。

<会議時間のダイエット>
A24Bルールの適用、口角を上げる、
45分の会議設定、100円タイマーの導入…

<メールの新ルール>
CCのルール化、本文は105文字以内、
メールチェックは1.5時間に1回、
送信予約・2分後送信・チャットの活用…

<伝わる資料作成>
「白」で視覚をコントロール、
手書きスタートで作業時間を減らす、
差し戻し撲滅「フィードフォワード」…

さすがに、26社総勢16万人で時短実験を
行ってみると、様々な抵抗や失敗が
ありました。

しかし、最終的には良い方向に修正でき、
成果を見いだせたようです。

本書は、そんな成功と失敗の中から得た
「現場に効く学び」を凝縮しています。

かなり実用性の高い本だと思います。

働き方改革に取り組む担当者だけでなく、
個人としても実践できます。

この本から何を活かすか?

何かを改革するには、変化がつきものです。

しかし、変化することは難しい。

なぜ、私たちは変化することが難しいのか?

それは「不確実と苦痛を避けたい」から。

そして、「現実思考のバイアスで未来を
軽視」してしまうからです。

本書では、こういった理由を踏まえて、
行動に踏み切るための4つの対策を示します。

 1. 先に行動を変えて、振り返ったら
  意識が変わった自分に気付く
 2. 具体的な行動を提示すると動きやすくなる
 3. 行動の目的を実験にして、小さな成功を
  継続する
 4. 計画に時間をかけない。初動が大切。
  具体的な目標を

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 読書法・速読術 | 05:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

本は読んだらすぐアウトプットする! ―「話す」「伝える力」「書く力」がいっきにつく55の読書の技法


本は読んだらすぐアウトプットする! ―「話す」「伝える力」「書く力」がいっきにつく55の読書の技法

満足度★★★
付箋数:21

  「 “本離れ” が叫ばれて久しい昨今ですが、
  おそらく多くの人が本を読まなくなった
  理由の1つは “読んだそばから忘れるから、
  何のために読んでいるかわからない” 
  ことにあるでしょう。
  本書で紹介する “アウトプット読書” は、
  そのむなしさを払拭するものであり、
   “話す”  “伝える”  “書く” 力など、
  仕事に必要なあらゆる能力を一気に上達
  させる読書法です。」

私の印象では、「読んでも忘れる」が、
本離れが進んだ理由とは思えません。

昔に比べて、ゲームやスマホなど、
興味を刺激する、他の手軽な選択肢が
増えました。

そのため、本の魅力に気づいていない
人が増えたことの方が、本離れの大きな
理由のように思えます。

さて、本書は齋藤孝さんによる読書法の
指南本です。

どんな本を、どう読めば、どんなスキルが
身につけられるかが、解説されています。

まず、本の読み方の5つのポイントです。

  1.本は読んだら人に伝える
  2. “2割読み” 飛ばし読みする
  3.順番通りに読まない
  4.1テーマで5冊読む
  5.線を引きながら読む

本を読むことに抵抗や苦手意識ががあったり、
「積読」になりがちな人には、「2割読み」
が有効だと思います。

「本は全部読まなければならない」と
思い込んで、最初の一歩が踏み出せない
人も多いように感じます。

本は、つまみ食いしてもいいんだ、
面白いと思ったところだけを読めばいいんだ、
と思うだけで、読書への心理的なハードルは
ぐっと下がるでしょう。

また、「線を引きながら読む」のパートでは、
齋藤さんお得意の「3色ボールペン」の
使い方が簡単に解説されていました。

次に、アウトプットする5つのポイントです。

  1.ライブ配信する
  2.「読書メモ」をつくる
  3.友だちと話す
  4.声に出して読む
  5.本で手にした知識を実行する

この中で、私が一番有効だと思うのは、
3番目の「友だちと話す」です。

自分が話すだけでなく、友だちの意見も
聞くことで、別の角度から見れたり、
より理解が深まることがよくあります。

ただ、相手と話す機会をつくること自体が
難しいので、これをアウトプットのメイン
とすることはできません。

その他の方法は、いずれも1人でできるので、
自分に合った方法を選んで実践するのが
いいと思います。

4番目の「声に出して読む」は、音読によって、
本の言葉を自分の身体化する方法です。

そういえば、『声に出して読みたい日本語
という本を齋藤さんは書いていましたね。

本書の後半は、読書の技法の解説という
よりは、各分野の推薦書案内となっています。

読書の習慣がない人にとっては、何を読めば
いいのかが書かれているので参考になると
思います。

本を読む、読んだ本をアウトプットする。

この循環があなたの人生を豊かにして、
仕事などのスキルの向上に役立つことは、
私も保証します。

読書の効果を最大限に活用するために、
本書の55の技法は役に立つと思います。

この本から何を活かすか?

本は何かを習得する目的だけでなく、
心身をリラックスさせる効果もあります。

  「本で “心の温泉” をつくる」

その1つの方法として本書では、
「時代小説」を読むことが推奨されて
いました。

藤沢周平さん
  『隠し剣孤影抄』、『蝉しぐれ
  『暗殺の年輪』、『竹光始末

池波正太郎さん
  『雲霧仁左衛門』、『鬼平犯科帳
  『剣客商売』、『仕掛人・藤枝梅安

山本周五郎さん
  『樅ノ木は残った』、『ながい坂
  『赤ひげ診療譚』、『さぶ

私も40歳を過ぎてから時代小説が
大好きになりました。

夜寝る直前にKindleで読んでいるのは、
これらの時代小説が多いですね。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 読書法・速読術 | 05:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

裏・読書


裏・読書 (ハフポストブックス)

満足度★★★
付箋数:23

  「40歳を目前に控えたとある日の午後、
  夏目漱石の『こころ』を読んで驚いた。
  何だ、この、男のマウンティング物語は?
  いまの男性社会の悪いところが
  詰まっているじゃないか・・・。
  これを中高生に読ませて、何を学んで
  貰おうと思うのだろうか。
  ふとページを閉じてかみしめたくなる
  ような美しい言葉使いの文章なのに、
  登場人物の自分よがりの葛藤。
  こんなものをいつまでも国語の教科書に
  載せているから、日本の男はウジウジ
  狭いところで小競り合いを続けている
  のではないだろうか?」

本書は、歌舞伎町でカリスマホスト
として活躍し、現在はホストクラブやBAR、
飲食店、美容室など10数件の経営者として
知られる手塚マキさんの書評本です。

紹介されているのは、次の13作品。

 ・夏目漱石さん『こころ
 ・村上春樹さん『ノルウェイの森
 ・又吉直樹さん『火花
 ・吉野源三郎さん、羽賀翔一さん
  『漫画 君たちはどう生きるか
 ・俵万智さん『サラダ記念日
 ・乙武洋匡さん『五体不満足
 ・山田詠美さん『ぼくは勉強ができない
 ・平野啓一郎さん『マチネの終わりに
 ・東野圭吾さん『容疑者Xの献身
 ・林真理子さん『野心のすすめ
 ・川端康成さん『眠れる美女
 ・太宰治さん『走れメロス
 ・西原理恵子さん『ぼくんち

よく知られた13作品ですが、
手塚さんの評価は、世間一般で認知されて
いるものと大きく異なります。

それは、ホストを育てる経営者の視点で
これらの作品を読んでいるから。

例えば、『ノルウェイの森』については、
このように評しています。

  「村上春樹さんの『ノルウェイの森』は
  すべてのホストが読むべき、バイブル
  のような本です。主人公のワタナベの
  ような男性でなければ、歌舞伎町で
  ホストとして生き残ることはできません。
  部下のホストたちにも “読んで研究しろ” 
  といって手渡しています。」

手塚さんの、これまでの評判と一線を画す
書評を読むと、読書本来の面白さを改めて
発見することができます。

それは、本との自由な付き合い方。

この作品は、こう読まなければならない
といった思い込みを一切排して、
思うまま、感じたままに読めばいい。

もちろん、途中でイヤになったら、
投げ出しても構いません。

  「読まなければならない本なんてない。
  読むべき本なんてない。
  読書って自分の心に一滴水を垂らす
  ぐらいの感覚でいいと思うんだ。」

特に最近は、本を購入するときに
Amazonなどのレビューを参考にする
ことが多いと思います。

すると、意識していなくても、
既にあるレビューに影響されて、
その作品を捉えてしまうことも
あるでしょう。

本書では、そういった先入観を
なくして読むことで、自分独自の見方が
できることを思い出させてくれます。

また、読書という行為自体にも、
手塚さんは独自の見解を持っています。

  「若い時に沢山本を読めといいますが、
  僕は大人になってから読書すれば良い
  と思っています。(中略)
  読書は人生の答え合わせでいいと
  思っている。」

手塚さんも、決して奇をてらった
わけではないと思いますが、
本書を読むと、これまでにない視点、
新しい価値観を知ることができます。

個人的には、途中途中で垣間見られる
ホストの世界についても、興味深く
読むことができました。

この本から何を活かすか?

私が本書で紹介されている13作品で、
未読かつ、最も読みたくなったのは、
西原理恵子さんの『ぼくんち』です。

  「痛々しく優しい人たちが許しあう
  ための、これからの “聖書” 。」

観月ありささん主演で映画化もされて
いる漫画ですが、スルーしていました。

読んでみようと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 読書法・速読術 | 05:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

人をつくる読書術


人をつくる読書術 (青春新書インテリジェンス)

満足度★★★★
付箋数:25

現代を代表する教養人として知られる、
元外交官の佐藤優さん。

その深く広い教養から、「知の巨人」や
「知の怪物」と形容されることがあります。

いかにして、佐藤さんは知の巨人と
なり得たのか?

本書は、その秘密がわかる本です。

  「本書で伝えたかった重要な事柄は
  二つある。よい本を読み、よい友人を
  持つことだ。具体的にいえば、
  中学生から30代前半までに出会う人生の
  先達からは大きな感化を受ける。
  それによって知的関心が広がり、
  読書の質が向上する。すると、さらに
  多くの人と深い部分でつながることに
  なる。それは人格の土壌を形成し、
  やがて豊かな実をつける栄養源になる
  だろう。つまり、人生を力強く生きる
  最大の力になる。」

知の巨人に少しでも近づこうと思うと、
佐藤さんがやってきたことを真似するのが
一番の近道です。

佐藤さんの人生の師や友人と、
知り合うことは簡単にはできませんが、
佐藤さんが読んできた本を読むことは
できます。

本書では、今の佐藤さんを形づくった
要素を6つ挙げ、それぞれの側面から
どんな本をどのように読むべきかが
解説されています。

「作家」、「外交官」、「人間」、
「教育者」、「教養人」、「キリスト教者」
をつくる本の読み方。

ところで、読む・聴く・話す・書くの
4つの力のうち、なぜ、読むことを優先
させるべきなのか?

  「言語能力は “読む”  “聴く”  “話す” 
   “書く” の4つの力から成り立ちます。
  そして聴く、話す、書くという三つの
  力が読む力を超えることは絶対に
  ありません。読む力が天井なのです。
  読む力があればつねによい表現ができる
  とは限りませんが、よい表現ができる
  人は必ず正確に読む力をもっている
  ものです。」

やはりインプットがあるからこそ、
アウトプットができるのです。

そのベースとなるのが読書による
インプットです。

佐藤さんは現在でも、どんなに少なくても
1日4時間以上は読む時間をとっていると
語っています。

読むべき本の種類は大きく分けると2つ。

まずは教養の基礎を身につけるための
高校の教科書や参考書です。

本書では、国語便覧や文英堂の参考書
理解しやすい政治・経済』が推奨
されていました。

そして教科書でベースができたら、
古典や名作と呼ばれる本に挑みます。

小説、哲学書、思想書などの一流作品です。

ただし、それだけでは苦しくなるで、
もっと気軽なエンターテインメント性の
高い本を織り交ぜて読むことも重要です。

  「アカデミックな分野で仕事をする人
  なら専門書を中心に体系的な知識を
  身につけなければなりませんが、
  一般のビジネスパーソンの場合は
  仕事に関する専門書を読む時間が
  3割から4割として、通俗本や小説など
  エンターテインメント性の高い本を
  6割から7割くらいでちょうどいい
  のではないでしょうか。」

このエンターテインメント性の高い本
の中には漫画も含まれます。

本書では原泰久さんの『キングダム』と
伊藤潤二さんの『うずまき』が紹介
されていました。

本書には、これまで佐藤さんが、
どのような人に出会って、どんな本を
読んできたかが書かれています。

知の巨人の自伝的な内容なので、
読み物としても面白い本です。

この本から何を活かすか?

何でも検索するとすぐに調べられる時代に、
「暗記」することは必要なのか?

佐藤さんは、知のベースに「暗記」は
不可欠だと述べています。

  「自分自身の体験から、高校までは
  丸暗記を基本にして受動的知識を
  最大化し、徹底的に知識を吸収する
  ことが一番だと考えています。」

受動的知識の積み重ねのないところに
創造性は生まれないようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 読書法・速読術 | 05:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

文芸オタクの私が教える バズる文章教室


文芸オタクの私が教える バズる文章教室

満足度★★★★
付箋数:25

非常に興味深い本ですが、
中身の良さをタイトルが的確に
表していません。

本当にターゲットとして人と、
実際に手に取る人期待のズレが、
ちょっと心配な本でした。

本書は、「バズらせる」ことを目的
とした文章術の本ではありません。

目的は、楽しく文章を書くこと。

それを続けることで、結果として、
バズることがあるかもしれません。

  「バズることを目的として、バズらせる
  方法もあるでしょう。いかにもバズり
  そうな、ちょっと過激なことを書くほうが、
  手っ取り早いと思われる方もいるかも
  しれません。(中略)
  でも、そうやってもしバズらせることが
  できたとしても、中身をともなわなければ、
  一過性のもので終わりやすい。
  一時的なブームで終わらせないためには、
   “みんなに好きになってもらえる文章” 
  を書けるようになることが、一番の近道
  だと私は思っています。」

では、どうしたらみんなに楽しんで
もらえる文章が書けるようになるのか?

それは文章の上手い人気作家の表現方法
を真似ることが近道です。

では、どの作家のどの部分を真似たら
いいのでしょうか?

本書の著者、三宅香帆さんは、
ものすごい文芸オタクです。

「本を食べて生きる女です。」と
自己紹介しているほど。

そんな三宅さんは、著名作家、人気作家、
アイドルからネット上のインフルエンサー
まで、人を惹き付ける文章を書く人の
表現方法を研究してきました。

本書では、それを法則として言語化した
た文章術を紹介します。

1つ取り上げると、村上春樹さんの
文章からは、読みたくなる「リズム感」
を学びます。

題材として『ダンス・ダンス・ダンス
の一節が引用されています。

そのリズム感を参考にした、文章の
修正例は以下の通りです。

 【ビフォア】
  10年前に買ったバッグが破けてしまった
  ので買ったお店に持っていったら、
  昔のモデルだから修繕できないと
  断られた。新しいバッグを買わなければ
  と思うが、忙しくてなかなかめぼしい
  バッグを見つけられない。

 【アフター】
  バッグが破けてしまった。10年前に
  買ったものだ。買ったお店に持っていくと
  「昔のモデルだから、直せへんよ」と
  言われてしまった。うーん、新しい
  バッグを買わなければ。でも、忙しくて
  なかなかめぼしいバッグが見つけられない。

村上春樹さん風かどうかはさて置き、
確かにリズム感が出て、読みやすい文に
なっています。

本書では、このリズム感を出す法則を
次のようにまとめています。

 1. 同じ語尾を3回繰り返す。
 2. 長い文章を、二文、三文に切ってみる。
 3. 似た意味の文を、音数を増やして
  連続させる。
 4. 後半部をそろえて、連続させる。

本書では、このように人気の文章家の
作品を、表現単位で詳細に分析して、
素人でも真似できるようにモデル化
しています。

モデル化されたのは、49の表現方法です。

星野源さん、森鴎外さん、林真理子さん、
開高健さん、三島由紀夫さん、秋元康さん、
J・K・ローリングさんなどなど。

古今東西の人を惹き付ける文章の
秘密を分析して、解説しています。

正直、それを読んでいるだけで面白く、
本書の目的を忘れてしまうほどです。

バズることだけを目的としていない、
本当に読んでいて楽しい文章を書きたい
人に、本書が届くことを願います。

この本から何を活かすか?

口語のセリフは、三浦しをんさんの
「口語過剰モデル」を使います。

  「台詞の見せ方を極端にすると、
  その人らしさを強調することができる。」

これはモノまねするときに、特徴的な
部分をデフォルメするのと同じ要領です。

セリフは、表現を盛り気味にした方が、
イキイキと伝わるようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 読書法・速読術 | 05:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT