活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

一番伝わる説明の順番

満足度★★★★
付箋数:26

世の中には2種類の人がます。

それは、物事をうまく説明できる人と、
うまく説明できない人です。

あなたは、どちらの人でしょうか?

うまく説明できないと、相手から
「何を言いたいのか、よくかわからない」
と指摘を受けることがあります。

うまく説明できる人と、できない人では、
一体、何が違うのか?

饒舌だからといって、説明がわかりやすい
とは限りませんし、賢いからといって、
説明上手とも限りません。

世の中には、立て板に水で喋っても、
何が言いたいかわからない人もいますし、
専門家と呼ばれる人でも、説明が難解な人も
います。

実は、説明ベタな人は、次の3つのことが、
できていません。

 1. 何をどの「順番」で説明するかが、
  整理できていない。

「自分が考えた順番」と「説明する順番」は
違うものです。

この事実を意識せず、自分の考えた順番や
経験した順番でそのまま話しても、
相手には決して伝わりやすくないのです。

この「順番」が伝わるかどうかの肝。

 2. 相手の理解レベルを意識していない。

これは専門家の話が伝わりにくい場合の
典型です。

話の前提となる知識が相手に不足している
ことを一切考慮せずに、説明を始めると
こうなってしまいます。

説明する言葉や内容は、相手に合わせる
意識を持つ必要があります。

 3. 自分で何が言いたいのか決まっていない。

至極当然のことですが、伝える側が、
何を伝えたいのかが決まっていなければ、
相手に伝わるはずがありません。

自分の伝えたいことを明確にして、
それを相手が受け入れられるように整理して
説明する必要があるのです。

本書は、説明する方法を説明する本。

著者は、株式会社ギックス取締役CMSOの
田中耕比古さんです。

本書は、田中さんが会社のWEBサイトに
掲載した「説明ベタを克服しよう」という
ブログ記事をベースに書かれた本です。

たかが説明、されど説明。

ビジネスのあれゆる場面で説明は、
求められますし、プライベートでも説明する
機会はいくらでもあります。

なぜなら、「説明=コミュニケーション」
だからです。

説明する上で、最も重要なことは、
何をどの順番で話すかの「順番」。

同じ内容を話しても、順番を変えるだけで、
その伝わりやすさは全く違うものになります。

ミスコミュニケーションの一例として、
「伝えたつもり」で、実は相手に伝わって
いないケースが良くあります。

これも、伝える順番に起因していることが
多いのです。

話の順番を意識するだけで、伝えた結果が
変わるだけでなく、あなたの印象や評価も
大きく変わってきます。

 第1章 説明が下手な人は、何が間違っているのか
 第2章 わかりやすい説明の順番
 第3章 説明力を高める!
    「自分の思考」を整理するコツ
 第4章 理解度が高まる!
    「相手の思考」を整理するコツ
 第5章 印象に残る伝え方のコツ
 第6章 説明力を磨く思考習慣&トレーニング

本書の解説は、小気味よいくらいにポイントが
まとまっていて、非常にわかりやすい本です。

それは、本書で田中さんが説いている、
説明の順番や説明の仕方が実践されている
からに他なりません。

説明ベタな方には、オススメしたい一冊です。

この本から何を活かすか?

ビジネスではよく、「結論から話しなさい」
と言われます。

しかし、実は「結論から話す」よりも先に
やるべきことがあります。

それは、「前提」をそろえることです。

前提情報、そのテーマの理解レベル、話す範囲。

これから話す内容について、これらの前提が
揃っていなければ、いくら結論を先に話しても、
全く理解されない状況が生じるのです。

十数年ぶりに会った友人に「仕事はどう?」と
聞かれて、同僚に答えるように話しても、
うまく状況が伝わりませんよね。

それは、話の前提となる情報が
共有されていないからです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 交渉術・伝える力・論理・人脈 | 04:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ゆるいつながり

満足度★★★
付箋数:21

本田直之さんが、『レバレッジ人脈術』を
書いてから10年、世の中は大きく変わりました。

特に変わったのは、人間関係のあり方、
つまり、人と人との「つながり方」です。

つながり方が変わった最大の理由は、
フェイスブック、ツイッター、インスタグラム
といったSNSの普及です。

SNSの登場によって、プライベートはもちろん、
ビジネスにおけるコミュニケーションも
ずいぶん変わりました。

10年前にあった、「人脈を広げる」という
考え方は、もう古いのです。

本書は、本田さんがSNS時代を生きるうえで、
必要な「ゆるいつながり方」を示した本です。

それは、ゆるくても、深いつながり。

共感をベースにした、一緒に成長していける
マインドの高い仲間との結びつきです。

「ゆるいつながり方」は、それぞれの道の
プロフェッショナルが集まって、
プロジェクトに取り組む関係に似ています。

各自が自分のスキルや知識に立脚した
高いプロ意識がある。

そして、相互に依存する関係ではなく、
独立した自由な関係で、そこには互いを
認め合う、強い仲間意識がある関係です。

本田さんは、「ゆるいつながり」の特徴を
示すために、あえて「昭和的強制のつながり」と
比較しています。

 <昭和的強制のつながり>
  1. 人間関係が濃密なようで、希薄
  2. 人と知り合うためのハードルが高い
  3. 知り合える人の幅が狭く、画一
  4. 出る杭は打たれる

 <ゆるいつながり>
  1. 人間関係が希薄なようで、濃密
  2. 人と知り合うためのハードルが低い
  3. 知り合える人の幅が広く、多様
  4. 出る杭は伸ばされる

日本人が強制的なつながりに疲れてきた
ところでSNSが登場し、「ゆるいつながり」へ
大きくシフトして行きました。

それは「タテ社会」から「ヨコ社会」への
変化とも言えます。

では、「ゆるいつながり」には、従来の
人間関係と比べ、どのようなメリットが
あるのでしょうか?

本田さんは、以下のメリットを挙げています。

  ・生き方の選択肢が増える
  ・柔軟な発想につながる
  ・クリエイティブになれる
  ・チャレンジ精神を維持できる
  ・自由になれる
  ・人間関係のストレスが減る

ただし、SNSの時代にも、フェイスブック疲れ、
インスタ疲れといった表現がある通り、
つながり方を間違えると、デメリットの方が
大きくなってしまうことがあります。

目指すのは、ゆるいけれど、深いつながり。

それは、SNSで知り合った人たちと、
無理をして関係を深めるものではありません。

あくまで、無理のないシンプルなつき合い方の
先にできていくものなのです。

特に、昭和の強制的な感覚が残っている人は、
SNSにおいても強制力を持ち込みがちなので、
気をつけなくてはいけないようです。

では、どうしたら、「ゆるいつながり」を
作ることができるのでしょうか?

その方法は、自分を高めること。
個人のブランディングをしっかり行うことです。

  「自分の価値さえ高めていれば、自然に人が
  オリジナリティのある自分のほうへ集まって
  くる時代。ブランディングという自分自身の
  努力がかなり報われやすい時代になって
  きているのです。」

この本から何を活かすか?

本書の本田さんの説明で、私が腹落ちしたのは、
インスタグラムに関する説明です。

  「インスタはコミュニケーションツールと
  いうよりも、自分の投稿の断片から世界観を
  つくっていくツールなのです。
  そして投稿者は、他のアカウントの投稿を
  目にすることで多様なセンスやライフスタイル
  に触れて、ますますセンスを高めていくことが
  できるのです。」

本書では、女優の石田ゆり子さんのインスタ
世界観のある「インスタらしいあり方」として
紹介されていました。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 交渉術・伝える力・論理・人脈 | 05:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

たった一言で人を動かす 最高の話し方

満足度★★★★
付箋数:24

  「あなたの今までの話し方を “最高の話し方” 
  に変えるエッセンス、それは “間” です。
   “間” が大切、そんなことはわかっている。
  という方が多いことでしょう。
  しかし、実際に “間” をとれているという方は、
  ごくわずかです。
  だからこそ、 “間” を身につければ
  最強の武器になります。」

話すときに「間」をとることを意識している
方も多いはずです。

しかし、話し方において、自分ではできている
つもりでも、一番できていないのが「間」の
とり方です。

世の中のスピーチが上手な人や、心を動かす
話し方ができる人は、「間」のとり方が
うまいと気づいている人でも、
本書を手にすると驚くことでしょう。

なぜなら、本書は丸々一冊、
「間のとり方」についての本だからです。

これまでにも話し方の本は、数多く刊行されて
きましたが、ここまで「間のとり方」だけに
特化した本は、他に見たことがありません。

著者は、NHKキャスターを17年務めた後、
現在はピーチコンサルタントとして政治家や
経営者のスピーチ指導を行っている矢野香さん。

ところで、なぜ、少し「間」をとるだけで、
今までの話し方が、「最高の話し方」に
変わるのでしょうか?

それは、「間」には、聞き手に気づかせたり、
考えさせたるする、能動的な行動を促す力が
あるからです。

「間」をとると、聞き手がリアクションを
示すようになり、それまで一方通行だった
コミュニケーションが双方向に変わるのです。

  「 “間” はとるものではなく、意図的につくる
  ものです。聞き手の反応を見ながら “間” を
  とるのではなく、 “聞き手に反応してもらい
  たい場面” で、積極的に自分から “間” を
  つくるのだ、と考えてください。」

例えば、ビジネスシーンで求められる
「結論から話す」話し方で、「間」をつくる
前と後の違いを見てみましょう。

<間をとる前の話し方>
  「結論から申し上げますと、A社との契約は
  成立したんですが、先方は条件として今までの
  取引先と同額の料金にしてほしいと望んで
  おりまして、それでコストを見直したところ、
  20%なら落とせるんじゃないかということに
  なりまして・・・」

<間をとった後の話し方>
  「結論から申し上げますと、
  ***(3秒の「間」)
  A社との契約は
  *(1秒の「間」)
  成立しました。
  ***(3秒の「間」)
  ただし、A社は
  *(1秒の「間」)
  『今までの取引先と同額の料金にしてほしい』
  *(1秒の「間」)
  と望んでいます。
  そこでコストを見直したところ、
  ***(3秒の「間」)
  20%落とせる部分を見つけました」

結論の前に3秒の「間」を入れると、
「契約成立」というポジティブな内容が
しっかり伝わります。

そのうえで「コストを見直した」という
情報を伝えれば、聞き手は「よくやった」と
好意的にとらえるようになります。

「間」にも長さによる使い分けがあり、
もたらす効果や使う目的も様々です。

たがが「間」と思ってはいけません。

本書を読むと、「間」の奥深さがわかり、
同時に意外と簡単に習得できる話し方の
スキルであることがわかります。

個人的には、話し方を改善するための
費用対効果が高い本だと思います。

この本から何を活かすか?

本書で、「間」をつくるために最適な話し方
として紹介されているのが、「一文一息」
というテクニックです。

一文一息とは、一文=ワンセンテンスを
一息で、息継ぎせずに話すことです。

一文をなるべく短くして一息で話すと、
聞き手にわかりやすく、力強さも伝わります。

一文を話し終わった後に息継ぎをするので、
そこで「間」をとります。

一文一息は、言葉で人を惹きつけるカリスマ
リーダーたちも使っているテクニックです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 交渉術・伝える力・論理・人脈 | 05:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

グラフをつくる前に読む本

満足度★★★
付箋数:23

  「本書は、勘と経験と過去の前例にそって、
  エクセルやパワーポイントを使ってなんとなく
  グラフを作ってきたビジネスマンのために、
  絶対に知っておかなければならない
   “データの見せ方” を超簡単・超丁寧に
  解説しています。」

著者は、マーケティングの領域で人工知能の
研究を行うデータサイエンティストの
松本健太郎さん。

なぜ、高度なビッグデータの分析を行う
データサイエンティストが、グラフなどどいう
初歩的なテーマの本を書いたのか?

それは、松本さんがある事実に気づいた
からです。

その事実とは、多くのビジネスマンが
「思い込みと勘違い」でグラフを
作っているということ。

その結果、何かが間違っていても、
作った本人も何が間違いかを指摘できない
グラフが生まれています。

それは、これまで一度もグラフの作り方を
教わった経験がないからです。

グラフに関して、足りない知識と誤った理解
によって、多くの人が使い方を間違え、
ビジネスの現場を混乱に巻き込み、
時間を無駄に浪費させています。

そのような状況を生み出さないために、
初歩的であっても正しいグラフの作り方を、
知ることは大切です。

そもそもグラフには2つのメリットと、
1つのデメリットがあります。

メリットの1つ目は、あなたの伝えたい
内容を言葉にしなくても相手に伝えやすい
ということです。

グラフは言葉を不要にするのです。

メリットの2つ目は、図だから覚えやすい
ということ。

グラフは数字を「絵」に変えて、
覚えやすい形で表現します。

これらのメリットがある一方で、残念ながら
グラフにはデメリットもあります。

それは、誰でもなんとなくそれっぽい
グラフが作れるということ。

そのため、わかりにくいグラフが
あちこちに蔓延しているのです。

グラフの生み出された歴史を考えると、
わかりにくいグラフは、グラフとは呼べません。

本書で解説されるのは、棒グラフ、折れ線グラフ、
円グラフ、レーダーチャート、ヒートマップ、
散布図、積み上げグラフの7種類。

例えば、最近よく見かけるようになった
ヒートマップを作る際には以下の3点に
注意します。

 1. ヒートマップが一番得意な表現方法は
  データの「偏り」。

 2. データが特定のデータ項目に偏っているか、
  あるいはまんべんないか、データの傾向を
  感覚的につかめるのが特徴。

 3. 色を見てざっくり判断するので、どのように
  データ項目を並べれば傾向が表れるかを
  考えよう。

データそのものにも「横断面データ」と
「時系列データ」の2つがあります。

それを踏まえて、ビジネスの現場で使われる
「比較」と「推移」を表現するには、
最適なグラフを選ぶ必要があります。

さらに、選んだグラフにどんな意味を持たせ、
どう表現するかも考えなくてはなりません。

同じグラフを選んでも、並べ方ひとつで、
意味合いが全く違って伝わるのです。

今まで、なんとなくグラフを作っていた方は、
一度本書でちゃんと学んだ方がいいでしょう。

また、適材適所なグラフの使い方が
わかっている人にとっても、本書はグラフの
「歴史」がわかる興味深い本になると思います。

この本から何を活かすか?

グラフの中で、一番良く使うのが棒グラフ。

あなたは、棒グラフの発明者を知っていますか?

棒グラフをよく使う人でも、発明者は知らない
人が多いのではないでしょうか。

発明者は、1957年生まれのスコットランド人、
ウィリアム・プレイフェアさんです。

彼が1786年に出版した著書の中で、
はじめて棒グラフが採用されました。

棒グラフが誕生してから、まだ230年ぐらい
しか経っていないのです。

また、折れ線グラフも円グラフも
実はプレイフェアさんが発明しました。

しかし、プレイフェアさんは波乱万丈の
人生を歩んだため、グラフの発明家として
評価されたのは、死後80年以上経ってから
だったようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 交渉術・伝える力・論理・人脈 | 05:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

英語で説明する全技術

満足度★★★
付箋数:23

著者の齋藤浩史さんは、以前、投資銀行業務を
中心に行う世界有数の国際金融グループ、
ゴールドマン・サックスに勤めていました。

そのときに、上司が使う英語を聞いて驚きました。

その英語は、お世辞にも「綺麗な英語」と
言えるものではありませんでした。

話すスピードも遅く、文法も不正確、
その上、話し方や発音も流暢ではありません。

どちらかと言うと、「たどたどしい英語」と
表現した方が適切でした。

しかし、その上司が使う英語は、とにかく、
「わかりやすい英語」でした。

そう感じたのは、齋藤さんだけでなく、
会議の参加者やプレゼンの相手も同様でした。

その上司が話す英語は、耳を傾けやすく、
何を伝えたいのかがよくわかり、
強い説得力を持っていました。

実は齋藤さんは、英語はかなり得意な方で、
留学経験もあり、英語を話すことに関しては
自信を持っていました。

その上司の英語より、発音も綺麗でなめらか、
語彙も豊富でした。

それでも、英語で仕事をすると、
スムーズに相手に伝わらないこともあり、
苦慮することがあったそうです。

なぜ、自分の流暢な英語よりも、
上司のたどたどしい英語の方が伝わるのか?

このような疑問を持った齋藤さんは、
その謎を解き明かしたいという
強い衝動に駆られるようになりました。

そこで、齋藤さんは、上司の話す英語を
ボイスレコーダーに録音し、繰り返し聴いて、
その秘訣を探ることにしました。

ボイスレコーダーを何度も何度も
繰り返し聴いていると、上司がある1つの
ルールに従って話していることに気づきました。

相手を説得するとき、資料を説明するとき、
スケジュールや自分の状況を報告するとき。

どんなときも、そのルールに沿って
説明していることがわかりました。

その法則に従ってさえいれば、
発音がたどたどしくても、英語のリズムに
乗っていなくても、語彙が豊富でなくても、
しっかりとした説得力を持って伝えることが
できていたのです。

それは、一体、どんな法則なのか?

それは「大中小の法則」。

その名の通り、大きなことがら話し始め、
少しずつ具体的なことに話を進めるという、
非常にシンプルな話し方の法則です。

例えば、ある写真について「日本語」で
説明すると次のようになります。

 大項目:写真は、会議でのワンシーンです。

 中項目:写真には4名いるのですが、
  ホワイトボードが中央にあって、男性が
  その前に立っています。また右側には女性が
  1人立っていて、男性女性の2人が椅子に
  座っています。

 小項目:ホワイトボードの前の男性は何か
  書いており、立っている女性がその彼に
  指示しています。他はホワイトボードに
  目を向けています。

大中小の3つの項目に分けて説明を聞くと、
写真がなくても、その場面のイメージが
湧いたのではないでしょうか。

これを英語にしたのが、本書で伝える
「ゴールドマン・サックス式」の英語です。

ゴールドマン・サックス式の英語と言うより、
齋藤さんの上司の英語と言った方が
正しいかもしれません。

しかし、他の外資系コンサルファームでも
この説明の技術が使われているようです。

非常にシンプルなフレームワークですが、
実際にこれをあらゆる場面で使うのは、
訓練を積まないと、なかなか難しい。

そこで本書では、図やグラフの説明、
写真や3次元空間の説明、動きがあるもの
の説明、時の経過があるストーリーの説明
など多くの場面を使って練習します。

英語の伝え方の技術を解説する本ですが、
日本語だけで読んでも十分にわかる内容に
なっています。

この本から何を活かすか?

本書の「大中小の法則」を身につけるには、
英語学習者が陥りがちな3つの「固執」を
捨てることが勧められています。

  1. 「英語を話す」を捨てる
  2. 「英文法」を捨てる
  3. 「音声学習」を捨てる

これらの学習が必要ないということではなく、
「こだわり過ぎない」ということです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 交渉術・伝える力・論理・人脈 | 05:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT