活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

言葉は凝縮するほど、強くなる - 短く話せる人になる! 凝縮ワード -


言葉は凝縮するほど、強くなる - 短く話せる人になる! 凝縮ワード -

満足度★★★
付箋数:22

  「2016年3月31日、『報道ステーション』
  のメインキャスターを自分のわがままで
  辞め、12年ぶりにバラエティの世界に
  舞い戻りました。そこで痛感したのが、
  自分のしゃべりが時代と噛み合って
  いないということでした。
   “とにかく話が長い。勘弁して!” 
   “実況解説がくどい。お腹いっぱい” 
   “自己主張が強い” 
  そんな声が視聴者からチラホラ聞こえ、
  呆然としました。12年の歳月を経て、
  僕はバラエティの “浦島太郎状態” 
  になっていたのです。」

本書は、そんな古舘伊知郎さんが、
短い時間の中で、いかに気の利いたこと、
面白いこと、鋭いことを端的に言えるかを
考え直して作ったフレーズ集。

古舘さんと言えば、報道ステーションの
ことを思い浮かべる方が多いと思います。

しかし、ある世代以上の方は、
テレビ朝日での新日本プロレスでの
実況中継や、フジテレビでのF1実況中継
を思い出すはずです。

マシンガントークもさることながら、
異次元の比喩力で、かつては実況中継を
盛り上げていました。

アンドレ・ザ・ジャイアントさんを
「人間山脈」や「ひとり民族大移動」と
形容したのはその真骨頂。

F1ではアイルトン・セナさんを
「音速の貴公子」と命名したのも
有名なところです。

ですから、もともと古舘さんは言葉を
凝縮することに関しては、異才を放って
いたのです。

  「この場を上手く切り抜けたいとき。
  あいつに言い返してやりたいとき。
  言いにくいことを、あえて言わなければ
  ならないとき。
  この感動をどうにか伝えたいとき。
  本書は、これら人間関係にまつわる
  様々なシーンの中で、 “言葉を凝縮” 
  して使うことで、今よりも
  コミュニケーションが楽しくて、
  円滑になるといいなという思いで
  お伝えしてきました。」

本書では全部で21のフレーズが
紹介されています。

まず、そのフレーズを「○○力」と
一言で表します。

そして最初のページで、写真と共に
そのフレーズを使うシーンを掲載。

その後は、そのフレーズはどのように
生まれたのか、どう言うとNGなのかを
詳しく解説しています。

例えば、自信のないことは断定しない
「すり抜け力」。

シーンは、VRのスコープを体験して、
もの凄く良かったけれど、「最高!」
と言い切る自信がないとき。

もし、「このVR、ウケますね!」と
言うと、上から目線になります。

そこで古舘さんが紹介するのが、
このフレーズです。

「このVR、控えめに言って、最高です!」

この言葉には、「控えめに言って」を
加えることで、「最高の中でも最上級」
という意味が込められます。

と同時に、控えめに言ったに過ぎない、
という断定しない「逃げ」の意味を
持たせています。

これは「~かも」と同じ意味を持つ、
表現を「曖昧にする」テクニックです。

そのため、実際に使うときには、
「控えめに言って」の方にアクセントを
置いて、その後に続く賛辞のフレーズは
あえて小さめに言うようにします。

「控えめに言って」を控えめに言わない
ことがポイント。

本書の写真と共に掲載されるフレーズの
使用例は、笑えるシーンが多いので、
水野敬也さんの『ウケる技術』を
思い出しました。

この本から何を活かすか?

  「1人と呼ぶにはあまりにも大き過ぎ、
  2人と呼ぶには人口の辻褄が合わない」

これもアンドレ・ザ・ジャイアントさんを
形容した名フレーズの1つです。

古舘さんは、このようなキャッチフレーズを、
一体、どのように考えているのか?

古舘さんが意識していたのは、たとえる
対象の「本質を見つける」ことでした。

そのために、まず対象の特徴を
「分解してみる」ことが有効です。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 交渉術・伝える力・論理・人脈 | 05:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

東大で25年使い続けられている「自分の意見」の方程式 最強のアウトプットの作り方


東大で25年使い続けられている「自分の意見」の方程式 最強のアウトプットの作り方

満足度★★★★
付箋数:24

あなたは、「自分の意見」を言うのが
得意でしょうか、苦手でしょうか?

自分の意見を言うのが得意な方でも、
「いい意見」をズバッと言えるときと、
そうでないときがあると思います。

自分の意見を言うのが苦手な方は、
きっと過去に何らかの苦い経験があった
のかもしれません。

いずれにしても、自分の「考え」を言う
だけでは「いい意見」にはならないのです。

例えば、意見を求められたときに、
あなたは次のような経験をしたことが
ありませんか?

・意見を言ったらかなり突っ込まれてた
・考えをまとめるのに時間がかかった
・自分なんかが言っていいのかと戸惑った
・結局何が言いたいのかわからなくなった

もし、このような経験ががあるなら、
それは「意見の方程式」を知らなかった
ことが原因だったのかもしれません。

本書の「意見の方程式」を使うと、
誰でも自分の頭で考えて、まとめて、
それをうまく言葉にして伝えることが
できるようになるようです。

本書の著者は、『東大読書』や
東大作文』などベストセラーを執筆し、
現在は『ドラゴン桜2』を総合プロデュース
している西岡壱誠さんです。

  「この本は、僕が東大で学んでいる
  ことや、多くの成功者から伺った
  意見を作るメソッドを、 “たった1つ
  の方程式” に落とし込んだものです。
  この方程式に当てはめさえすれば、
  誰でも簡単に、自分の意見を作れる
  ようになります。
  自分の頭で考えられる、自立した人・
  信頼される人になれます。」

さて、肝心の「意見の方程式」は、
次の通りです。

 「意見」=「1.事実」+「2.問題」
      +「3.自分」+「4.提案」

いい意見を出すは、この方程式が示す
4要素を漏れなく入れる必要があります。

では、4つの要素をもう少し詳しく
見ていきましょう。

1. 事実
 客観的で、意見の根拠となるデータ。

 この要素が足りないと、「なぜそう
 言えるのか」と、ツッコミが入ります。

2. 問題
 何が問題だと捉えているのか。
 あるいはどこが解決すべきポイント
 だと考えているのか。

 問題の切り口を見つけるのが苦手だと、
 考えをまとめるのに時間がかかります。

3. 自分
 意見を言う主体はどう考えているのか、
 どういう価値観を持っているのか。

 これがないと、そもそも自分の意見
 ではなくなっていまいます。

4. 提案
 結局、何をするべきなのかという
 結論やアドバイス。

 この要素がないと、「結局何だっけ」
 という尻切れトンボな感じになり、
 何を言いたかったのかが伝わりません。

本書では、「意見の方程式」の各要素を
4つのステップで埋めていく作業をします。

  STEP1 現状サーチ
  STEP2 ひとりブレスト
  STEP3 じぶん色作り
  STEP4 意見組み立てパズル

これらが、東大で25年間使い続けられて
いるメソッドなのかどうかはさておき、
自分の意見をまとめて伝えるためには
かなり有効だと思います。

この本から何を活かすか?

多用な視点から問題を捉えるために、
本書では「ひとりブレスト」の手法が
紹介されていました。

この手法では「事実」の種類によって、
視点を変え、問題の「数」を出します。

 ・事実が「出来事」なら、
 「人」、「場所」、「状況」などで
 悩みを分化していきます。

 ・事実が「数字」なら、
 「価値基準」を変えて問題点を探します。

 ・事実が「感情」なら、
 その感情は、なぜ?、どこが?、何が?
 と深堀りして、感想の多様化を図ります。

よい切り口を見つけるためには、
まず数を出します。

そして次にその中から1つを選んだり、
2つをくっつけたりします。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 交渉術・伝える力・論理・人脈 | 06:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

相手を巻き込む伝え方


相手を巻き込む伝え方

満足度★★★
付箋数:24

新しい商品やサービスを創出する。
新しい仕組みをつくる。
新しいやり方・働き方を考える。
新しい環境に進む。

現状を変えるためには、今とは違う何かを
生み出していく必要があります。

それをたった1人で行うことは、
現実的には不可能です。

周囲を巻き込み、協力を得て進めて
行かなければ実現しません。

そのために、必要なのは「提案」です。

提案とは、相手とともに新しい価値や
望ましい変化を創ることを目的とした
考え方や意見の提示です。

自分の描いた望む状態を相手にも
共感してもらい、相手も一緒になって
動いてくれることで、提案は実現します。

自分も巻き込む相手も、それをやりたいと
思えるかどうかが、提案のポイント。

本書は、相手の心を揺さぶる「提案」が
できるようになるための本です。

著者はキャリア・デベロップメント・
デザイナー、ワークショップデザイナーの
鵜川洋明さんです。

本書では、提案の「型」を身につけることで、
あなたの提案力を大きく向上させます。

  「この本の目的は、あなたに “提案する” 
  ことの本来の楽しさを思い出してもらう
  こと。そして、あなたの提案が “自分も
  相手もそれをしたくなる(ほしくなる)
  物語” になるような観点と方法を
  身につけてもらうことです。」

では、どうしたら相手が動きたくなる
提案ができるのでしょうか?

鵜川さんは、そのためのカギとなる
ことを2つ挙げています。

1つ目は、自分自身の内側から湧き上がる
思い(インサイドアウト)を起点に
すること。

2つ目は、「何をするか?」「どうやるか?」
というアクションを考える前に、「どういう
状態が生まれたら素晴らしいのか?」という
未来の状態(ビジョン)を起点にすること。

この2つを合わせることで、ただの問題解決
ではない、新たな発想を創造することが
できます。

本書では、ある「型」を身につけて、
相手を動かす提案ができるようにします。

それは、思いとロジックを両立させる
「ビジョン・フレーム」という型です。

ビジョン・フレームは、次の4つの要素で
構成されています。

「未来=Vision」、「今なぜ=Why」、
「価値=Happy」、「どうする=Key-idea」

そして、ビジョン・フレームで作った
提案を物語として相手に伝えます。

本書では、相手を動かす「提案」を
創るプロセスがわかるように
「ストーリー」を使って解説します。

「新規事業をつくる」というテーマに挑む
3人が、メンターの指導のもと成長していく
ストーリーです。

そのなかで、ビジョン・フレームを
作り込んでいく過程が示されているので、
非常に真似しやすいと思います。

自分の思いがなかなか相手に伝わらない
モヤモヤを感じたことがある人には、
参考になる本だと思います。

ストーリー以外の解説のパートも
図解が豊富で非常にわかりやすい。

 第1章 〈着想〉提案は3つの意味を重ねること
  STORY01 酷評
 第2章 〈構成〉提案を「物語」にする
    4つの「型」
  STORY02 「型」を知る
 第3章 〈表現〉提案の「解像度」が上がる
    物語の5要素
  STORY03 父の会社へ
 第4章 〈解放〉「提案」を楽しむ心の
     状態をつくる
  STORY04 不安

この本から何を活かすか?

本書では、ビジョンが実現したときの
イメージを広げるために、「オノマトペ」
を使ったワークも紹介されています。

オノマトペとは、擬音語や擬態語を表す
フランス語です。

このワークでは、2重になった3等分された
円を描いたフレームを用意します。

そこに各自がビジョンが実現したときの
シーンを想像して、思い付いたオノマトペを
書き込んでいきます。

自分が書き出したオノマトペを、
音やリズムを使って他の人に説明することで、
よりイメージを膨らませていくようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 交渉術・伝える力・論理・人脈 | 05:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

内向的な人のためのスタンフォード流 ピンポイント人脈術


内向的な人のためのスタンフォード流 ピンポイント人脈術 (ハフポストブックス)

満足度★★★★
付箋数:24

あなたは、「外交的」な性格でしょうか、
それとも「内向的」な性格でしょうか?

もし、「内向的」と自覚があるなら、
本書は必ず参考になります。

内向的とまでは言えなくても、人づき合い
が苦手だったり、人脈づくりが得意では
ない方には、読んでほしい本です。

名刺をパンパンに膨らませ、出会った人に
次から次へと話しかけまくり、会合が
終わった後も、飲みに行って人脈を築く、
「人脈モンスター」と呼ばれる方がいます。

しかし、「人脈モンスター」が活躍する
時代は、もう終わりを迎えています。

なぜなら、SNSの発展により、個人が組織に
頼らなくても、「本当に会いたい人」と
人脈を築きやすくなったから。

また、インターネットやテクノロジーの
進化で、個人が1人でできることが格段に
増えたからです。

  「人づき合いが苦手でも良い。
  誰とでもつながれるSNSが広がった
  からといって、みんなとつながら
  なくてもいい。 “人脈” という、
  得体の知れないものを追いかける
  よりも、自分の内面とじっくり
  向き合ったほうがいい。
  限られた好きな人たちとピンポイント
  でつき合っていくだけで、うまくいく
  と私は確信しているのです。」

著者は、世界最大級のニュースメディア、
ハフポスト日本版の編集長を務める、
竹下隆一郎さんです。

竹下さん自身も、極度の人嫌いで、
内向的な性格の方です。

そんな性格だからこそマッチしたのが、
本書で紹介される「ピンポイント人脈術」。

これは、竹下さんがスタンフォード大学
で学んだ、「じっくり考える人」向けの
人脈術です。

ピンポイント人脈術には、「キャリアを
自由に設計できる」、「新規プロジェクト
がうまくいく」、「組織を変える」
という3つのメリットがあります。

本書で紹介される、スタンフォード流の
「ピンポイント人脈術」は、次の7つです。

 1. まずは7人の「好きな人」を見つける
 →「正しいこと」よりも「好き」の感情
  を優先させ、7人とだけつながります。

 2. 「うん、でもね」「そうは言っても」
  を口にする人は相手にしない
 →賛成か、反対かをハッキリ言わない
  「Yes、But」人間は避けます。

 3. 名刺交換をせずに会話をはじめる
 →名刺に書いていない情報で会話をする
  ために、スモールトークのネタを3つ
  A4用紙1枚に書いておきます。

 4. 自分だけの「ビジネスコーチ」をつける
 →1週間で30分のコーチングを受ける
  時間を設ける。ピンポイント人脈で
  つながった人に頼んでもよい。

 5. 抽象的な話で会話と思考の幅を広げる
 →具体的な話は解釈の幅を狭くするので、
  ときには抽象的な問題提起をして、
  想像力をかき立てます。

 6. 「紙とペン」を使って引きつける
 →相手の目の前で、紙とペンを使った
  具体的なモノで表現して印象に残す。

 7. 不良が活躍する時代、「小さな変革者」
  を探す
 →会話によって物事を進める破壊願望が
  ある人や、1.1倍の改革を続けている人
  を見つけてつながる。

これらの「ピンポイント人脈術」は、
外交的・社交的な性格でなくても、
できることばかりです。

これまで、内向的であることにハンデを
感じていた人にこそ、実践して欲しい
人脈術です。

内向的な人にとって、大事な少数の個人と、
深い関係を築いた方がうまくいくのは、
本当に救いになると思います。

この本から何を活かすか?

  「不良でのし上がっていく奴は、
  口がうまい。勉強ができる人は名刺や
  書類などの “文字” で戦っているけど、
  不良は “会話” で勝負している」

これは本書で紹介されていた、歌舞伎町の
異色のホストクラブ経営者として知られる
手塚マキさんの言葉です。

私は、本書で初めて手塚さんを知り、
興味が湧きました。

せっかくなので、手塚さんが書いた本、
裏・読書』を読んでみようと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 交渉術・伝える力・論理・人脈 | 05:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

プレゼン資料のデザイン図鑑


プレゼン資料のデザイン図鑑

満足度★★★
付箋数:25

  「ビジネスにおいて、プレゼンは必須の
  スキルです。(中略)
  そして、プレゼンの巧拙を決めるのは
   “話し方” ではなく、 “資料(スライド)” 
  です。プレゼン資料は、プレゼン本番の
  シナリオのようなもの。ポイントを
  押さえた資料をつくることができれば、
  本番ではシナリオに沿って話すだけでOK。
  どんなに口下手でも、自信をもって話す
  ことができます。そして相手が納得するに
  足る情報を、効果的に伝えるスライドが
  あれば、必ず結果は出るのです。」

このように語るのは、かつてソフトバンクで
孫正義さんのプレゼン資料を作っていた
前田鎌利さんです。

本書は、400枚を超えるスライドの実例を
載せた、デザイン図鑑です。

プレゼン資料を作成する上では、
大きく2つのポイントがあります。

1つ目は、資料をどのような構成で
組み立てるかということ。

2つ目は、1枚1枚のスライドをどのように
作っていくかということ。

1つ目のポイントについては、鎌田さんの
過去の2冊の著作で詳しく解説されています。

  『社内プレゼンの資料作成術
  『社外プレゼンの資料作成術

大好評だった2冊の作成術本でしたが、
実際にスライドを作るときに、
具体的にどのようにすればいいのか
という声もあったようです。

そこで2つ目のポイントをカバーする
ために、書かれたのが本書です。

プレゼン資料作成の経験がある方は、
本書だけでも十分参考になりますが、
あまり経験のない方は、前著から順番に
読む方ことをオススメします。

本書は、全128パターンについて、
BeforとAfterのスライドが、カラーで
掲載されています。

そのまま本書を真似すればいいので、
手の届くところに置いておくと、
かなり便利だと思います。

また、横型の本で、見開きで1テーマを
確認できるので、開いたままの状態で
パソコン操作ができるように作られて
いるのが有り難いところ。

ただし、鎌田さんは本書を使う際の
注意点を1つ挙げています。

それは、プレゼン資料は企業文化に
よって異なるということです。

  「私は、本書で紹介したノウハウが
   “絶対的なもの” とは考えてはいません。
  それぞれの企業文化に合わせて、
  本書のノウハウを適宜アレンジしながら、
  現状のプレゼン資料を改善する参考に
  していただければと願っています。」

本書で紹介されているスライドは、
外資系のプレゼン本で紹介される
スライドとは若干印象が異なります。

どちらが良い、悪いということではなく、
それこそ企業文化、あるいは好みの違い
なのでしょう。

正直、外資系プレゼン本のスライドの
方が、もう少しスマートな感じがします。

しかし、見た目のカッコ良さよりも、
相手を動かす力強さはこちらの方が上。

そこは、鎌田さんが、孫正義さんに
鍛えられた経験値なのだと思います。

多くの国内企業では、本書を参考にして、
プレゼン資料を作った方が、成功率は
高くなるはずです。

本書は、Kindle版・電子書籍版も
ありますが、個人的には紙の本の方が
使いやすいと思いました。

この本から何を活かすか?

本書では、プレゼンの仕方についても、
簡単にアドバイスが書かれています。

  「人前に出ると緊張してうまく話せません。
  どうすればいいですか?」

この質問に対して、鎌田さんは次のように
回答しています。

  「最低30回は練習してください。
  そして、場数を踏んでください」

徹底した練習に勝るものはありません。

数回練習して、「本番は、なるようになれ」
では、やはり上手くいかないようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 交渉術・伝える力・論理・人脈 | 05:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT