活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

心に届く話し方 65のルール

満足度★★★★
付箋数:24

「英語でしゃべらナイト」や「NHK紅白歌合戦」
などの司会も担当した元NHKアナウンサーの
松本和也さん。

  「アナウンサーみたいにうまく話すには、
  どうしたらいいですか?」

松本さんは、仕事がらこんなふうに聞かれる
ことが多いそうです。

そんなとき、松本さんはいつも思うことが
あります。

  「うまく話したい?
  それよりも大切なことがあるんだけど・・・」

この思いが、本書を書く動機になったようです。

「うまい話し方」を目指してしまうと、
ともすると、話し手がかっこ良く見える
話し方になってしまうかもしれません。

本書が目指すのは、「自分をよく見せる
ことを第一に考える話し方」ではなく、
「聞いている人にとって心地よさを
第一に考える」話し方です。

この話し方を目指すには2つ理由があります。

1つ目は、「自分が気持ちいい」話し方が、
「聞き手が気持ちいい」とは限らないこと。

2つ目は、「聞いている人が心地いい話し方」
の方が「うまく聞こえる話し方」よりも、
比較的早く結果に結びつきやすいからです。

では、「聞いている人が心地いい」話し方とは、
どのような話し方なのでしょうか?

松本さんは、「聞いている人が心地いい」
話し方をするための、大切なポイントを
3つ挙げています。

 1. 「聞いていて理解しやすい」こと
 2. 「聞いていてストレスなく耳に入ってくる」
   こと
 3. 「聞いている人が話している人との距離を
   近く感じる」こと

本書では、この3つのポイントに従って、
聞いている人が心地いい話し方をシーン別に
「65のルール」としてまとめています。

心に届く話し方のルールの1番目は、
 「話は食べやすいように一口サイズにする」
というものです。

この前提としてあるのが、話している方と、
聞いている方では、感じ方が違うということ。

自分が言いたいことをどれだけ言えるかを
優先するのではなく、聞く人はどう感じるのか
を優先して考えます。

文章が長いと、聞いている側は疲れます。

話しが切れ目なく延々と続く状態は、
食べ物を口に入れて、飲み込む前に、
どんどん口に食べ物を放り込まれている
ような状態です。

だから、情報は小分けにして、
1つの文章には1つの情報にとどめて
話をするのです。

これは、理屈として良くわかります。

では、実際にどうしたら「一口サイズ」に
した話し方ができるのか?

それが、心に届く話し方のルールの2番目です。

  「途中で息継ぎをしなくても
  話せる長さの文章にする」

息で話せる長さは、およそ5秒以内です。

話の途中で息継ぎをして、「え~」とか
「~わけですが」、「~てですね」などで
文をつないでしまうと、どんどん文が長く
なってしまいます。

意味の切れ目で息継ぎをしたくなったら、
それを逆利用して、「。」を打って、
そこで文を終えるようにするのです。

ここでは、65のルールのうち2つだけを
紹介しましたが、さすがに松本さんは
元NHKのアナウンサーです。

話し方に細かな配慮がされていることが
非常に良くわかりました。

本書はコミュニケーション力を
大幅にアップさせる本だと思います。

是非、参考にしたい一冊です。

この本から何を活かすか?

個人的に特に参考にしたいと思ったのは、
「結婚式など、まとまったスピーチ」の
ルールです。

私は、形式ばったスピーチは苦手で、
これまでネット上のスピーチの仕方を
参考にしていました。

しかし、どうもシックリくるコツが
書かれたものはありませんでした。

本書で紹介されている、8つのルールは、
いずれも納得感が高く、いざという時は、
とても頼りになりそうです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 交渉術・伝える力・論理・人脈 | 05:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

図解 見せれば即決! 資料作成術

満足度★★★
付箋数:20

人は無意識のうちに、見た目だけで、
「良い・悪い」「好き・嫌い」を判断します。

その判断までに必要な時間はわずか「3秒」。

特に悪い・嫌いな場合は、3秒もかけずに、
直感的にその印象を決めてしまいます。

ビジネスで使う資料も、同様に3秒で
その良し悪しが判断されてしまいます。

資料の最初のページの印象が悪ければ、
その先のページをめくってもらえません。

  「本書では最初の3秒で “いい” と思って
  もらえるよう、資料の外見、特に表紙で
  相手の心を動かす手法や、 “読む” のではなく
   “見て” 直感してもらうためのテクニックを
  中心に紹介していきます。」

著者は、プレゼン・コンシェルジュの
天野暢子さんです。

これまで広告代理店や新聞社、テレビ局など
マスコミ業界で30年以上、「伝える」仕事に
携わってきた方です。

本書のゴールは「話さなくても見て分かる」
資料をつくること。

この考えが本書にも適用されていて、
本書自体も、読まなくても見て分かるように
書かれています。

見開きで1つのテーマを扱い、左ページは解説、
右ページは資料のビフォー・アフターが
掲載されている構成です。

納得して使い方は左ページを読めばいいし、
すぐに使いたい方は右ページだけ見て、
使うことができます。

本書を見ると「簡単にマネできそう」と
思えるのが最大の特徴です。

あまり高度なテクニックは紹介せず、
あくまで基本的なテクニックを徹底して
集めている印象を受けます。

本書の3大ポイント以下の通りです。

 1. マネすれば使える
  全項目ビフォー・アフターの図解と
  ダウンロードして使える即戦力テンプレート
  で、初心者の方がマネするだけでも
  資料の「決定力」が高まります。

 2. 社内用にも使える
  社外向けのプレゼン資料や提案書に限らず、
  社内向けのプレゼン資料、会議資料、
  報告書などにも幅広く活用できる
  ノウハウを紹介しています。

 3. 何度でも使える
  資料作成の基本から文章作成、編集、
  レイアウト、ビジュアル、アフターフォロー
  までを網羅しているので、何度でも
  参照しながら活用できます。

ダウンロードできる即戦力テンプレートは
全部で20パターンあります。

社外向け提案書から、社内向け広告書、
グラフや図表を使った資料、集客チラシ、
プレスリリース、プロジェクト用資料など。

実は今回、天野さんは2008年に出した本、
『図解 話さずに決める!プレゼン』を
改訂して出版することを考えていました。

しかし、いざ書き始めてみると、
この10年で資料を取り巻く環境が大きく
変わっていて、以前の内容があまり使えない
ことに気づきました。

そこで本文も図解もまったく別の
新刊として本書を執筆しました。

一方で、10年前の本と変わらない部分も
あることに気づきました。

  「不変なものとは、相手のことを思う
  気くばりでしょう。相手が求めているのは
  どんな情報か、相手がうれしのはどんな
  資料か、相手に感謝されるのはどんな
  渡し方なのか。これを考えるだけで、
  あなたが作る資料は見違えるほど変わり、
  スピーディーに決定されていくはずです。」

この本から何を活かすか?

あなたは、文章に含まれる「漢字」の割合を
気にしていますか?

  「読みやすい紙面にするために、漢字の比率を
   “3割に抑える” という目安があります。」

では、どの部分の漢字をひらがなに変えれば
良いのでしょうか?

もちろん任意で適当な漢字をひらがなに
して良いわけではありません。

変えるのは、接続詞、助動詞、補助動詞など。

共同通信社刊の『記者ハンドブック』や
朝日新聞社刊の『朝日新聞の用語の手引き』に
詳しい漢字・ひらがな・カタカナの使い分けが
書かれているそうです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 交渉術・伝える力・論理・人脈 | 06:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Google流 資料作成術

満足度★★★★
付箋数:24

世の中で見かける「グラフ」は2種類あります。

何を言いたいかが、すぐにわかるグラフと、
ごちゃごちゃしていて、何を言いたいかが
さっぱりわからない「ひどいグラフ」です。

しかも、この「ひどいグラフ」を
目にすることが、業界を問わず意外と多い。

なぜ、仕事ができる人でも、ひどいグラフを
作ってしまうのか?

その1つの理由は、エクセルにデータを入力
するだけで簡単にグラフ化ができてしまう
からです。

ボタンを3つか、4つ順番に押しただけで、
グラフ化の作業は終了。

それでは、言いたいことを端的に表した
グラフにはなりません。

データにはストーリーがありますが、
エクセルのボタンをいくつか押しただけでは、
決してそのストーリーを語ることは
できないのです。

さらにデータ分析の専門家であっても、
分析することは得意でも、それを相手に
わかりやすく伝えるデザインの
トレーニングを受けていません。

それらが、世の中に「ひどいグラフ」が
氾濫している理由です。

本書の著者の、コール・ヌッスバウマー
・ナフリックさんは、「ひどいパワーポイント
スライドをこの世からなくす」ことを
ミッションとしている方です。

本書は、データビジュアライゼーションの
教科書。

ストーリーを語れるグラフ化の技術を
6つのステップで学びます。

  1. コンテキストを理解する
  2. 相手に伝わりやすい表現を学ぶ
  3. 不必要な要素を取りのぞく
  4. 相手の注意をひきつける
  5. デザイナーのように考える
  6. ストーリーを伝える

これにケーススタディを加え、
複雑なデータでも、シンプルにわかりやすく
伝えるノウハウを伝えます。

まず、ナフリックさんが教える
データをうまくビジュアル化する秘訣は、
いきなりデータにふれないことです。

それは、データ作業を始める前に、
コミュニケーションをとることになった
文脈や背景(コンテキスト)を
理解する必要があるからです。

「誰に、何を、どのように」伝えるかを
確認することから始めます。

ビジュアル化のメインとなるグラフは、
主に4つの種類だけを使います。

 点グラフ:散布図
 線グラフ:折れ線、スロープ
 棒グラフ:縦棒、積み上げ縦棒、
      横棒、積み上げ横棒、
      ウォーターフォール
 面積グラフ(限定的に使用)

そして、次のグラフはナフリックさんは、
使うことにNGを出しています。

 円グラフ、ドーナツグラフ、3D、第2縦軸

特に、「円グラフ」と「3D」については、
ナフリックさんの「撲滅したい」という
熱意さえ伝わってきます。

グラフ化については、ビフォー・アフターを
示していますから、どこをどう変えると、
伝わりやすいグラフになるかが一目瞭然。

勘のいい人なら、一度、本書に目を通すだけで、
すぐに真似して、今まで作っていたグラフから
レベルアップすることができるでしょう。

ただし、本書のメインとなるのは
「グラフでストーリーを語る」部分です。

このパートについては、じっくり取り組み、
ストーリーテリングの技術を身に着けたい
ところです。

ビジュアル化に特化した本だったので、
個人的には非常に参考になりました。

この本から何を活かすか?

ナフリックさんのサイトでは、
本書で紹介されているグラフのサンプルも
見ることができます。

http://www.storytellingwithdata.com/


また、ナフリックさんが、グーグルで行った
講演の様子はこちらです。



Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 交渉術・伝える力・論理・人脈 | 06:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

教養バカ

満足度★★★
付箋数:24

本書のタイトルになっている「教養バカ」とは、
知識を知っているだけで、相手にかまわず、
自分本位で知識をひけらかすような人。

一見教養があるように見えますが、
話してみると「おもしろみ」に欠けます。

  「教養のある人と、教養バカの違い、
  それはずばりストーリーテラーになれるか
  どうか。教養人とは相手が興味を持つ
  ようにストーリーとして、伝えることが
  できる人です。」

言い方を変えると、教養のある人と、
教養バカの違いは、相手に「わかりやすく」
伝えることができるかどうか。

  「本書では、教養バカから、真の教養人に
  なるために、 “わかりやすさ” について
  お伝えします。
  本書は、これまでの教養本とは、
  一線を画すものになるでしょう。
  なぜなら知識を詰め込むのではなく、
  知識の伝え方をみなさんに伝授する
  ことになるからです。」

著者は、NHK Eテレ「サイエンスZERO」で
ナビゲーターを務めるなど、テレビ出演も
精力的に行こなうサイエンスライターの
竹内薫さんです。

教養のある人になる具体的な方法を
見る前に、あなたの周りいる教養バカの
7つのタイプを見てみましょう。

まずは、自分がそうなっていないかを
確認して、悪いクセがあれば、
それに気づくことが、最初の一歩となります。

  タイプ1. いつ終わるかわからない!
      長話族
  タイプ2. 正しさにこだわりすぎる!
      専門用語・連発族
  タイプ3. 「間違っちゃいけない」が生む悲劇
      メモ朗読族
  タイプ4. 一度つかまると逃げられない!
      リピート族
  タイプ5. まとめればいいというものではない!
      要するに族
  タイプ6. 「あれ? なんだっけ?」スムーズ
      だけど心に残らない! 間なし族
  タイプ7. そのマウンティングにご注意!
      高圧族

ここではタイプ名しか紹介していませんが、
それでも「そういう人いるいる」と
思えるのがいくつもありました。

教養のある人と教養バカの違いは、
相手に「わかりやすく」伝えられるかどうか
でしたが、そもそも「わかりやすい」とは
どのような状態なのでしょうか?

竹内さんが考える「わかった」状態とは、
「頭の中に『絵』が浮かび上がった」状態。

つまり、わかりやすく伝えられない人は、
相手の脳内に、なかなかうまく「絵」を
描かせることができません。

逆に、わかりやすく伝えられる人は、
相手の脳内に、すばやく「絵」を
描かせられる人なのです。

相手の脳内に上手に絵を描かせるコツは、
相手の想像力に訴える言葉で伝えること。

そのためには、「語彙力」は多いほうがいい。

語彙力が多ければ多いほど、相手にわかる
言葉で伝えたり、きめ細やかな表現が
できるようになります。

更に、思考そのものも、語彙力が多いと、
いろいろな角度からできるようになります。

本書の「わかりやすい伝え方」は、
実際に竹内さんがテレビ番組などで使って
効果があった折り紙つきの方法です。

理系の専門的な知識を文系の人にも、
わかりやすく伝えることを試行錯誤してきた
竹内さんだからこそ伝えられる方法です。

この本から何を活かすか?

本書では、「わかりやすさの王道10の技術」
が紹介されていました。

 1. 一瞬でロジカルになる! つなぎ言葉
 2. 相手を前のめりに! 脳内にハテナをつくる
 3. 言葉のミニマリズム! 一文は短く
 4. プロのプレゼンターが多用!
  とにかく、3を使え
 5. 「結論は、最初」かどうか決める
 6. 取扱注意! 二分法は伝え方の劇薬である
 7. NHKのワザ! 話すスピードは1分間300文字
 8. 結局、「準備する人」がすべて手に入れる
 9. ド忘れしても大丈夫! 最強の切り札
 10. ワンランク上の聞き方
  「つまり、こういうことですか?」

1番目の技術、つなぎ言葉として使うのは、
「たとえば」、「だから」、「つまり」、
「しかし」などです。

これらを使う時、次の言葉を話し始める
までに、ほんの少し「間」を空けるのが、
効果的に使うポイントです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 交渉術・伝える力・論理・人脈 | 06:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

一言力

満足度★★★★
付箋数:25

あなたの職場でのシーンを思い浮かべて
みてください。

会議などでクドクドと長い発言をする人に、
「結局何が言いたいの?」と思ったことは
ありませんか?

要領を得ないダラダラとした長い文章を
読むとイライラしませんか?

長くしゃべればしゃべるほど、長く書けば
書くほど、物事の本質は伝わりにくく
なります。

あなたは、「そんなことはわかっている」
と思ったかもしれません。

しかし、他人の長い発言や文章にはイライラ
するのに、知らず知らずのうちに自分も
「同じあやまち」をおかしている可能性は、
ありませんか?

本書の著者、コピーライターの川上徹也さんは
読者にこのように問いかけます。

  「この本を読めば、 “一言力” が身につきます。
   “一言力” とは、 “短く本質をえぐる言葉で
  表現する能力” のことです。身につければ、
  あなたにとって一生の武器になります。」

本書では、一言力を7つの能力に分解し、
「短く本質をえぐる言葉」の紡ぎ方を
解説します。

一言力の7つの能力は、各章の冒頭で
ズバッと言い切られていますので、
その冒頭の部分を見ていきましょう。

第1章
 「一言力」に必要な能力の1番目は「要約力」です。
 「要約力」とは、多くの情報の中から、
 「重要な部分を簡潔にまとめて伝える力」
 のことをいいます。要約できなければ、
 一言で言える道理はありません。「一言力」に、
 まず「要約力」が必要なのは自然の理です。

第2章
 「一言力」に必要な能力の2番目は「断言力」です。
 断言することは、話者の意思を明確にする
 ということです。自然に力が生まれ、信頼を
 勝ち取りやすくなります。歴史を振り返っても、
 優れた政治家・宗教家・経営者などは、
 必ずこの「断言力」を用いて引っ張ってきました。

第3章
 「一言力」に必要な能力の3番目は「要約力」です。
 誰かに何かを「問いかける」「語りかける」
 「質問する」という能力です。「質問」と
 「発問」は似ていますが、あえて違いを言えば、
 わからないことを聞くのが「質問」で、
 語りかける側が問いをつくるのが「発問」です。

第4章
 「一言力」に必要な能力の4番目は「短答力」です。
 相手から何か質問された時に短く鋭い答えを
 言えたり、何かについて意見や感想を
 求められた時に的確なコメントが言えたりする
 能力のことをいいます。「コメント力」と
 言い換えてもいいでしょう。

第5章
 「一言力」に必要な能力の5番目は「命名力」です。
  “興味をひく名前をつける力” のこと。
 「ネーミング力」「タイトル力」「造語力」
 とも言えます。「名前」はその人や物を表す
 「顔」とも言える、重要なポイントです。
 的確な名前をつけることで、長々と説明しなければ
 ならないことを、ずばり言い表すことができます。

第6章
 「一言力」に必要な能力の6番目は「比喩力」です。
 何かを説明する時、別の何かにたとえて表現する
 ことです。話し言葉においても、書き言葉に
 おいても、うまい「比喩」を使える人は、
 一目おかれます。うまいたとえ話があると、
 本来長々説明しなければならないことが、
 シャープにまとめられます。

第7章
 「一言力」に必要な能力の最後は「旗印力」です。
 「旗印」とは別の言葉に置き換えると、
 「標語」「指針」「合言葉」のこと。
 英語の「スローガン」もほとんど同じ意味です。

本書では、一言力に必要な各能力について、
手本となる事例を挙げ、わかりやすく説明します。

それらの事例を参考に7つの能力を駆使できる
ようになると、あらゆる場面で当意即妙な一言が
言えるようになると思います。

この本から何を活かすか?

私が本書で最も気に入ったのが、
壇蜜さんのコメント力です。

ある番組で、壇蜜さんと久米宏さんが、
話題の本をサカナにトークをしていました。

その本の中で、「最近の若者はラブホテル代も
割り勘」という記述を見つけて、
壇蜜さんは驚きます。

久米さんは「僕と君がラブホに行ったら
どちらが払うのかね」と質問をします。

「それはないと思いますよ」とかわす壇蜜さんに
久米さんは「万が一だよ」と重ねます。

その時の壇蜜さんの一言。

  「文春が払うと思います」

視点を変えて答える、秀逸なコメント例ですね。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 交渉術・伝える力・論理・人脈 | 06:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT