活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ビジネスで使えるのは「友達の友達」  「冬眠人脈」の底知れぬ力


ビジネスで使えるのは「友達の友達」 「冬眠人脈」の底知れぬ力

満足度★★★
付箋数:23

本書のタイトルとなっている、
『ビジネスで使えるのは「友達の友達」』
というのは、以前から聞くことがあります。

感覚的にも、わかる気がしますね。

なぜ、ビジネスでは強いつながりよりも、
弱いつながりの方が役に立つのでしょうか?

それは、新しい情報へのアクセス性の違い。

  「強いつながりの大部分は、1つのネットワーク
  の中で人間関係が重複している。
  緊密な集団の場合も多く、クラスタ(かたまり)
  の中で誰かが知っている情報は、ほぼ全員が
  既に知っている。
  一方、弱いつながりはクラスタと別のクラスタ
  を結ぶ橋(ブリッジ)となり、新しい情報に
  アクセスしやすくなる。」

親友がビジネスで使えないのは、緊密な関係の
人ほど、あなたと同じ情報しか持っていない
可能性が高い。

それに対して、疎遠になっていた友人や
まだあまり知らない人の方が、あなたの
知らない斬新な情報を持っていることが
多いのです。

本書は、科学的裏付けをベース とした、
ネットワーク・サイエンスの本。

著者は、オーラル・ロバーツ大学経営学部
准教授のデビッド・バーカスさん。

TEDトークでも人気のスピーカーの方です。

  「大切なのは、人と人のつながりだ。
  そして、つながっていることと同じくらい
  大切なのは、誰と、どのように、
  どこで知り合い、彼らが誰を知っているかと
  いうことだ。これらの要素はすべて、
  あなたを取り巻くネットワークによって
  ― あなたの友達の友達によって ―
  説明できる。」

本書は、つながりの強弱以外でも、
いくつか興味深いことに言及しています。

その1つは、人とつながる「場所」について。

1つのグループの中で、多くの人と
つながっているよりも、グループ間の
「橋渡し」をする立ち位置の人の方が、
業務改善の新しいアイディアを出しやすい。

これも新しい情報へのアクセスのしやすさ
という点から理解できます。

そして、もう1つはチームづくりについて。

長年力を合わせて、何度も結果を出して
きたチームよりも、一定期間だけの臨時の
チームとして集められた方が結果を
出しやすいということ。

何か新しいことを行うときに、いろいろな
部門から人を集めて、チームをつくることが
あります。

プロジェクトチームやタスクフォースを
つくる方が、科学的にも理に適っている
ということです。

本書では、多くのケーススタディを
示しながら、有効に働くネットワークの
作り方を解説します。

そして、各章の最後には「理論から実践へ」
つなげるための、ステップ・バイ・ステップの
アドバイスが書かれています。

また、SNSでネットワークを築く際の、
「オンライン練習」が掲載されているのも
特徴的です。

結構、情報量は多くて、以下の目次の
タイトルを見てもわかるように、
多くのヒントが示されいる本だと思います。

  1. 弱いつながりに強みを見つける
  2. ネットワークの全体像を見る
  3. 橋渡し役になって構造的空隙を埋める
  4. サイロを見つける
  5. ネットワークを総動員してチームを作る
  6. スーパーコネクターを目指す
  7. 「優先的選択」を活用する
  8. 「マジョリティ」という幻想を作り出す
  9. ホモフィリーに抗う
  10. ネットワーキングイベントに参加しない
    ―アクティビティを共有せよ
  11. 多重性で絆を強化する

この本から何を活かすか?

「ホモフィリー」とは同類性のことです。

私たちは、自分と似た人と関係を結びがちで、
そうした方が、居心地がいい状態が保てます。

しかし、さまざまな変動要因を伴うような
決断を下すときは、それはマイナス要因に
なります。

必要なのは、別の視点を与えてくれる
ネットワークです。

そのため、考えの近い人と緊密になることに、
意識的に逆らうことが必要なようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 交渉術・伝える力・論理・人脈 | 05:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

論破力

満足度★★★
付箋数:24

  「どうもおいら、ネットとかでは
   “論破王” と呼ばれているらしいのです。
  自分としては基本、ただ論理的に
   “それって、こうですよね?” と事実を
  淡々と語っているだけなのですが、
  相手のほうが反論できないことがわりと
  多くて、それを見聞きした人たちは
  論破したように見えるのでしょうね。」

ひろゆきさんは、本書の「まえがき」で
このように書いていますが、
なかなかどうして、論破するための
テクニックをいろいろと持っています。

そして、実際にそれらを駆使して、
負けないように議論しています。

  「相手を論破できるかどうかは、
  要するに “説得力のある話し方” が
  できるかどうかにかかっていると
  思います。」

本書は、論破力を高めて、説得力のある
話し方ができるようになるための本です。

さて、本書の一番の核心となる部分に
ついてです。

なぜ、ひろゆきさんは議論で負けないのか?

その答えは、非常にシンプルです。

  「要は、論破というのは話し方の技の
  問題というよりも、単に事実ベースの材料、
  つまり根拠を持っているかどうかの問題
  という気もするのですよ。」

ひろゆきさんは、議論をする際に、
自分の感情ベースで話すことが
ほとんどありません。

「こういう事実がありますよね」
という事実ベースの話をします。

実際にその事実があるわけですから、
相手はそれに対して反論できないのです。

事実に対して、相手が感情で反論しても、
論理的には既に破綻していますから、
陳腐な主張に見えてしまうのです。

実は、テレビの討論などでは、
理系のテーマを扱う場合でも、
理系の専門家がコメンテーターとして
呼ばれないケースがよくあるようです。

なぜなら、理系の専門家を呼んでしまうと、
番組が成り立たなくなってしまうから。

  「こういう資料があります、
  実験の結果はこうでした、
  なのでこれが結論です、以上」

このような話し方で終わってしまいます。

だから、ひろゆきさんは、
「文系の議論はイージー」と言います。

さらに、相手の主張の「あら」を見つけ、
そこにツッコミを入れ、怒りの感情を
引き出します。

怒りの感情に駆られた相手は、冷静さを
欠いた発言をするので、発言がどんどん
説得力を失っていくのです。

ひろゆきさんは、そんな「あら探し」を
喜々としてやっているので、人によっては、
そんな姿が受け入れられないのでしょう。

では、相手がなかなか言い返し難い、
「当たり前の常識」を振りかざしてきたら
どうしたらいいのでしょうか?

そんなとき、ひろゆきさんは、
たった1つの「例外」を示します。

  「それって真実ではなくて、
  <場合による><条件による>って
  いうことですよね」

このように確認すると、相手も
「ええ、まあ、そうですよね」と
同意するしかなくなります。

こうなったら、こちら側の主導で
話の切り口を変えていけばいいのです。

本書は、相手を論破したいときだけ、
使う本ではありません。

結論が出にくかったり、迷走しがちな
会議でも使えるテクニックが数多く
紹介されている本だと思います。

この本から何を活かすか?

本書では、議論のときに使える
ひろゆきさん流のキラーフレーズが
3つ紹介されていました。

 1. 「いま、なんで過去形ですか?」
 →面倒くさいヤツと思わせたいとき

 2. 「○○○ってどういう意味ですか?」
 →揚げ足取りは、相手の知識レベルの確認

 3. 「はい・いいえで答えてください」
 →強制的に前提条件を共有させる

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 交渉術・伝える力・論理・人脈 | 05:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

言葉の温度 話し方のプロが大切にしているたった1つのこと

満足度★★★
付箋数:22

  「 “温かい言葉に救われた” 
   “冷たい言葉に傷ついた” というように、
  言葉には “温度” があります。
   “言葉の温度” は話し手の “心そのもの” で、
  温もりのある言葉が相手の心に寄り添うように、
  熱い言葉が相手の心に火をつけるように、
  あなたの心が相手に届き、あなたの言葉が
  相手に伝わります。」

この言葉に「温度」があるという考えが、
本書のタイトルにもなっています。

著者は日本テレビ出身でフリーアナウンサー
として活躍している馬場典子さん。

本書は、総合的なコミュニケーション力を
つけるための本です。

言葉の温度は、本人が意識している場合は
もちろんですが、意識していない場合でも、
相手に伝わってしまいます。

褒め言葉にトゲを感じたり、謙遜が嫌味に
聞こえてしまったりするのは、無自覚に
言葉の温度が伝わる一例です。

そして、更に問題なのが、思いはあるのに、
感情が表に出にくかったり、上手く言葉に
できなかったりして、相手に誤解されて
しまうことです。

  「言葉の温度は、心を素にしながら、
  声のトーンや大きさ・話し方や聞き方・
  言葉遣い・ニュアンス・間・表情など、
  コミュニケーションの “総合力” なのです。」

アナウンサーは、一般的に相手に情報を
伝えにくい環境の中で仕事をしています。

それは、「不特定多数の人に向けて」、
「一方通行で」、「秒単位の限られた時間で」
という特殊な環境。

そのため、アナウンサーには、
次のような力が求められています。

 ・不特定多数の人に届けるために、
  より分かりやすく、より正確に伝える力

 ・一方通行だからこそ、聞き手に寄り添い、
  気持ちや立場を想像する力

 ・時間が限られているから、言葉や内容を
  吟味して無駄を省き、メッセージ性を高めて
  伝える力

こういったアナウンサーが持っている、
総合的なコミュニケーションのノウハウが
本書には詰め込まれています。

ところで、「伝える」と「伝わる」は、
まったく違うと、よく言われます。

馬場さんはこの違いを、キャチボールに
例えて説明しています。

 「伝える」は、自分がボールを投げた状態。
 「伝わる」は、相手がボールをキャッチした状態。

この2つは、自分本位か、相手本位かという
「意識」に大きな違いがあります。

しかも厄介なことに、キャチボールと違って、
コミュニケーションの場合は、相手がボールを
受け取れたかどうかが、目に見えません。

そのため自分が「伝えた」つもりでいても、
相手が「聞いていない」というすれ違いが
起こってしまうのです。

本書では、そんなミスコミュニケーションが
起こらないように、そして言葉の温度を
意図した通りに伝えられるように解説します。

  Part1 なぜアナウンサーの言葉は伝わるのか
  Part2 「体」 伝わる声を身につけよう
  Part3 「技1」 話し方を磨く
  Part4 「技2」 言葉を磨く
  Part5 「心」 伝え方を磨く
  Part6 受信力を高めるヒント
  Part7 シチュエーション別 伝え方のコツ

本書は、いわゆるタレント本的な要素を
含んでいますから、馬場さんの写真が
多く使われています。

基本的に本書を手にする人は、
馬場さんに好感を持っているはずなので、
ある意味当然だと思います。

しかし、私が驚いたのは、本書のイラストを
馬場さん自身が描いていることです。

発声法の解説があるので、図解イラストは
本書で重要な役割を果たしています。

それらを自ら描き、真摯に本作りを行う
ところに、馬場さんの人柄を感じました。

この本から何を活かすか?

  語尾を変えて知的な喋り方に

ビジネスでは、「語尾伸ばしをしない」
というのはよく言われることです。

それにプラスして3点、本書では知的に
聞こえる話し方のコツが紹介されていました。

 1. 語尾を「~でしたっ」と “っ” をつけて
  キレをよくする。

 2. 語尾は音を下げて落ち着いた印象を与える。

 3. 文末まで言い切り、一文をコンパクトにする。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 交渉術・伝える力・論理・人脈 | 05:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術

満足度★★★
付箋数:24

少し前に刊行された本ですが、かなり売れて
いるようなので読んでみました。

あなたの周りには、話が長い人はいませんか?

もし、話が長い人がいるなら、
さりげなく本書を勧めてあげましょう。

私は話しを聞いていて、「で、結局、何?」と
思うことがしばしばあります。

親しい人には、是非、本書を紹介したいですね。

本書は、Yahoo!アカデミア学長の伊藤羊一さん
による「1分で刺さる伝え方」を身につける本。

伊藤さんは言います。

  「まず、1つ気づいてほしいのは、そもそも、
   “人は、相手の話の80%は聞いていない” 
  ということです。」

余程、相手があなたのことが好きだったり、
興味を持っていない限り、人は話を聞きながら
いろいろな事を考えているものです。

80%いう数字が根拠があるかどうかは別にして、
「みんな人の話を聞いていない」ことを前提に、
話を組み立てていった方がいいでしょう。

では、80%聞いていない相手に対して、
どのように話したらいいのでしょうか?

  「そのために必要なのは、 “1分で話せる
  ように話を組み立て、伝えよう” 
  ということです。これが基本です。
  私が思うに、 “1分でまとまらない話は、
  結局何時間かけて話しても伝わらない” 
  逆にいえば、 “どんな話でも『1分』で
  伝えることはできる” ということなのです。
  特に忙しい上司や役員などは、 “1分” の
  ほうが聞いてくれる確率は高いでしょう。」

プレゼンをするときの、基本中の基本は、
「誰に、何を、どうしてもらいたいか」を
明確にすることです。

この中でカギになるのは「誰が」の部分。

ここはキーマンが誰かを確認することに
とどまらず、それがどんな人なのかまで、
具体的にイメージする必要があります。

 ・どういう立場にいるのか
 ・どんなことに興味があるのか
 ・どんなことをプレゼンに求めているのか
 ・専門的な要素をどのくらい理解できるのか
 ・何にネガティブな反応をするのか

このように聞き手のことをイメージして、
話す内容、言葉遣い、話し方などを変えます。

そして、プレゼンのゴールは理解してもらう
ことではなく、「相手を動かす」ことです。

キレイなプレゼンは必要ありません。

「動かして、なんぼ」なので、そのために、
できることはすべてやりきります。

また、本書の「1分で伝える」話の骨格は、
ロジカルシンキングでよく聞く、
ピラミッド・ストラクチャーです。

最初に、ピラミッドの頂点になる「結論」
を伝え、2段目でその「根拠」を3つ挙げます。

最後の3段目で、「実例」を示します。

それに加え、1分という短い時間の中でも、
自分の作ったイメージの中に、相手に
入り込んでもらうために、次のように
問いかけます。

  「想像してみてください、もし、
  あなたが、○○だったらどうでしょう」

最後に、いらない言葉を削り、不必要な話を
カットして、全体をシンプルにまとめます。

  「たくさん話したくなるのは、調べたこと、
  考えたことを全部伝えたい!、 “頑張った!” 
  と思ってほしいという話し手のエゴです。
  でも、聞き手は、必要最低限の情報しか、
  ほしくないのです。」

つい余計なことまで伝えたくなるのは、
人の性なので、これはかなり意識しないと
いけませんね。

本書の伝え方は、類書でもよく見かける方法
ですが、非常にシンプルにまとまっていて、
実践しやすい本だと思います。

この本から何を活かすか?

話が長い人が、つい言ってしまっていること。

それは次の4つの話が入っているから。

  1. 「プロセス」を話す
  2. 気を遣いすぎる
  3. 自分の意見とは違うことを言う
  4. 笑いを入れる

これらが原因で、話が長くなって、
伝わらなくなっているようです。

これらはプレゼンだけでなく、
会議などでも、気をつけたい点ですね。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 交渉術・伝える力・論理・人脈 | 05:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

一番伝わる説明の順番

満足度★★★★
付箋数:26

世の中には2種類の人がます。

それは、物事をうまく説明できる人と、
うまく説明できない人です。

あなたは、どちらの人でしょうか?

うまく説明できないと、相手から
「何を言いたいのか、よくかわからない」
と指摘を受けることがあります。

うまく説明できる人と、できない人では、
一体、何が違うのか?

饒舌だからといって、説明がわかりやすい
とは限りませんし、賢いからといって、
説明上手とも限りません。

世の中には、立て板に水で喋っても、
何が言いたいかわからない人もいますし、
専門家と呼ばれる人でも、説明が難解な人も
います。

実は、説明ベタな人は、次の3つのことが、
できていません。

 1. 何をどの「順番」で説明するかが、
  整理できていない。

「自分が考えた順番」と「説明する順番」は
違うものです。

この事実を意識せず、自分の考えた順番や
経験した順番でそのまま話しても、
相手には決して伝わりやすくないのです。

この「順番」が伝わるかどうかの肝。

 2. 相手の理解レベルを意識していない。

これは専門家の話が伝わりにくい場合の
典型です。

話の前提となる知識が相手に不足している
ことを一切考慮せずに、説明を始めると
こうなってしまいます。

説明する言葉や内容は、相手に合わせる
意識を持つ必要があります。

 3. 自分で何が言いたいのか決まっていない。

至極当然のことですが、伝える側が、
何を伝えたいのかが決まっていなければ、
相手に伝わるはずがありません。

自分の伝えたいことを明確にして、
それを相手が受け入れられるように整理して
説明する必要があるのです。

本書は、説明する方法を説明する本。

著者は、株式会社ギックス取締役CMSOの
田中耕比古さんです。

本書は、田中さんが会社のWEBサイトに
掲載した「説明ベタを克服しよう」という
ブログ記事をベースに書かれた本です。

たかが説明、されど説明。

ビジネスのあれゆる場面で説明は、
求められますし、プライベートでも説明する
機会はいくらでもあります。

なぜなら、「説明=コミュニケーション」
だからです。

説明する上で、最も重要なことは、
何をどの順番で話すかの「順番」。

同じ内容を話しても、順番を変えるだけで、
その伝わりやすさは全く違うものになります。

ミスコミュニケーションの一例として、
「伝えたつもり」で、実は相手に伝わって
いないケースが良くあります。

これも、伝える順番に起因していることが
多いのです。

話の順番を意識するだけで、伝えた結果が
変わるだけでなく、あなたの印象や評価も
大きく変わってきます。

 第1章 説明が下手な人は、何が間違っているのか
 第2章 わかりやすい説明の順番
 第3章 説明力を高める!
    「自分の思考」を整理するコツ
 第4章 理解度が高まる!
    「相手の思考」を整理するコツ
 第5章 印象に残る伝え方のコツ
 第6章 説明力を磨く思考習慣&トレーニング

本書の解説は、小気味よいくらいにポイントが
まとまっていて、非常にわかりやすい本です。

それは、本書で田中さんが説いている、
説明の順番や説明の仕方が実践されている
からに他なりません。

説明ベタな方には、オススメしたい一冊です。

この本から何を活かすか?

ビジネスではよく、「結論から話しなさい」
と言われます。

しかし、実は「結論から話す」よりも先に
やるべきことがあります。

それは、「前提」をそろえることです。

前提情報、そのテーマの理解レベル、話す範囲。

これから話す内容について、これらの前提が
揃っていなければ、いくら結論を先に話しても、
全く理解されない状況が生じるのです。

十数年ぶりに会った友人に「仕事はどう?」と
聞かれて、同僚に答えるように話しても、
うまく状況が伝わりませんよね。

それは、話の前提となる情報が
共有されていないからです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 交渉術・伝える力・論理・人脈 | 04:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT