活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

1秒でつかむ儲けのツボ


1秒でつかむ儲けのツボ (青春文庫)

満足度★★★
付箋数:21

著者の岩波貴士さんより献本頂きました。
ありがとうございます。

  「あなたは “金のタマゴを産むニワトリ” 
  を持っていますか?
  実はこの問いに “儲けるために必要な
  重要なヒント” が隠されています。
  なかなか稼げない人は “お金持ち” 
  になりたいと考えます。
  ところが、本当にお金をたくさん
  稼いでいる人は “仕組み持ち” に
  なりたいと考える人なのです。」

継続的に儲かっているビジネスには、
必ず「儲けの仕組み」があります。

ただし、それはパッと表面から
見ただけではわかりません。

よくよくそのビジネスを紐解いて、
裏側を見て、初めて「儲けの仕組み」が
わかるのです。

「儲けの仕組み」がわかると、
業種が違っていても応用が利きます。

むしろ違う業種の方が、「儲けの仕組み」
を真似しやすいのかもしれません。

本書は、様々なビジネスの裏に隠れている
「儲けの仕組み」を解説する本です。

岩波さんが、10年以上書き溜めてきた
ビジネス情報の中から、選りすぐりの
ネタを集めました。

そして、「個人が発信できる時代」
になっても、そのまま使えるように、
アレンジして紹介しています。

本書で紹介されている「儲けのツボ」は、
全部で72個。

これだけあると、あなたのビジネスでも
使えるネタがきっとあるはずです。

では、本書から1ネタ紹介しましょう。

なぜ、「まさかの美味しさ」を提供
するより、「値段のわりに美味しい」
レストランの方が繁盛するのか?

 <1秒でつかむ儲けのツボ>
  ビジネスに必要なのは、儲けにつながる
  「絶妙なレベル」の追求と、
  「ありふれた商品」を目指すこと

本書には、このように要点をスパッと
「1秒」でつかむための短いフレーズが
各テーマの最後に用意されています。

「値段のわりに美味しい」レストラン
の裏には、人間の心理を考えた絶妙な
レベルが調整されていました。

人は、過去の記憶を過大評価して
しまう傾向があります。

最初に「まさかの美味しさ」を
経験すると、それが過去の記憶と
なったときに、実際に感じた以上に
過大評価して記憶されてしまいます。

そのため、2回目以降の来店では、
「あれ? それほどでも・・・」と、
徐々に評価が下がってしまいます。

一方、「値段のわりに美味しい」
レストランが目指すのは、
第一印象も第二印象も第三印象も
変わらない、そこそこ美味しい均一さ。

そのように絶妙なレベルに調整すると、
「いつ行っても美味しい」となり、
常連客を増やすことになります。

確かに、私も物凄く美味しいと
感動した店に、次に行ったときには、
「それほどでもなかった」と思った
ことが何度もありますね。

本書は、1テーマが2~3ページに
まとめられていて、ビジネスエッセイ的
に気軽に読むことができます。

隅から隅まで読んで勉強しようと
頑張るよりも、コラムを読む感覚で
ページをめくった方が、新しい発見が
あるかもしれません。

これも、「値段のわりに美味しい」
レストランと同じで、事前期待と中身の
絶妙なレベル調整なのかもしれません。

本書は小さなアイディア辞典として、
手元に置いておいて、アイディアに
行き詰まったときに読むのもありです。

この本から何を活かすか?

本書の巻末に、「思考の幅を広げる情報源」
として27の書評ブログが掲載されています。

当ブログもその中の1つとして、
ご紹介いただいております。

岩波さん主宰の「日本アイディア作家協会」
の「書評ナビ」のサイトでは、
紙面には掲載できなかったブログを含め、
リンク付きで書評ブログが掲載されています。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| アイディア・発想法・企画 | 05:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Creative Selection Apple 創造を生む力


Creative Selection Apple 創造を生む力

満足度★★★
付箋数:23

iPhoneやiPadをはじめ、世界中の人々を
魅了するアップル製品。

アップルのユーザーは、今や20億人に
近いとも言われています。

人々を熱狂させるアップル製品は、
一体、どのように開発されているのか?

天才集団のヒラメキによって、
製品開発されているのでしょうか?

  「この本は、私がアップルで過ごした
  15年間についての記録であり、
  アップルに流れる創造のエッセンスを
  抽出するチャレンジである。
  すぐれたソフトウェアを開発する
  ために私が取り組んだこと、
  当時のエピソード、職場で気づいた
  ことなどを盛り込んだ。
  スティーブ・ジョブズ相手に行う
  デモがどんな感じだったか、
  iPhoneのタッチスクリーンが現在の
  形になったのはなぜか、あるいは何が
  アップルのものづくり文化を特別な
  ものにしているかを知りたければ、
  ぜひ読み進めてほしい。」

著者のケン・コシエンダさんは、
かつてiPhoneソフトウェア担当の
主席エンジニアでした。

ブラウザのSafariやiPhoneやiPadの
タッチスクリーン式キーボードの
開発を中心的に行った方です。

本書では経営幹部ではなく、
一人のクリエーターの独白として
アップルのモノづくりが語られています。

そこで明らかにされたのは、意外にも
地道な改善の繰り返しでした。

他社が真似できないような、ひらめきが
アップル製品を非凡なものにしている
わけではないことがわかります。

  「問題を一気に解決する天才的な
  ひらめきを待つことではなく、
  実際、 “ユーレカ” の瞬間が訪れる
  こともめったになかった。(中略)
  私たちはチームの一員として、問題
  の特定、設計、デモ(試作レビュー)、
  製品出荷と一歩一歩前に進み、
  前途有望なコンセプトをピックアップ
  しては改善方法を模索した。」

インスピレーションも必要ですが、
それは勤勉さなしでは報われません。

ダーウィンの進化論に基づくような
地道な選択の繰り返しによって、
アップル製品は洗練されていきます。

より良いものを繰り返し選び取って、
改善を続けることが、凡案を
驚異のアイディアに昇華させる秘訣。

これをクリエイティブ・セレクション
と、本書では呼んでいます。

この選択的改善のプロセスこそが
アップルの創造力の源泉です。

また、コシエンダさんは、
アップルのモノづくりに欠かせない
要素を以下の7つにまとめています。

 1. インスピレーション
 2. コラボレーション
 3. テクニック
 4. 勤勉さ
 5. 決断力
 6. テイスト
 7. 共感力

これらの要素を組み合わせて試作品を
作り、ひたすらデモを繰り返す。

それがアップルの創造力を生みます。

本書は、Safariの開発プロセスや、
iPhoneのタッチスクリーンの開発秘話を
中心に話が進みます。

そして、ジョブズさんへのデモの
様子も克明に書かれています。

アップルの開発現場のリアルな
空気感が伝わってくる本としては、
なかなか貴重です。

アップルのコアなファンはもとより、
アップルのモノづくり興味がある方には、
かなり響く一冊だと思います。

この本から何を活かすか?

  「アップルでは、会社全体がミーティング
  やチームを小さい単位にとどめることに
  よって、効率が保たれるとともに、
  最小の人員で最大の成果を上げるという
  強い基本方針があった。」

アップルのミーティングは少数精鋭で
話し合って結論を出します。

その成果物として、デモが行われ、
ジョブズさんが決断を下すサイクルが、
繰り返されていたようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| アイディア・発想法・企画 | 05:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

直感と論理をつなぐ思考法 VISION DRIVEN


直感と論理をつなぐ思考法 VISION DRIVEN満足度★★★★
付箋数:28

とんでもない本に出会ってしまった。
これは、いい意味のとんでもなさです。

これが私が本書を読み出して思った、
ファーストインプレッションです。

  「圧倒的な結果を出し続けている会社や
  チームの陰には、 “これがやりたい!” 
  という強い想いを持った人たちがいる。
  彼らを動かしているのは、 “論理的に
  導き出された戦略” や “データ分析に
  基づいたマーケティング” などではない。
  むしろ、その原動力になっているのは、
  根拠があるとは言えない “直感” 、
  得体の知れない “妄想” ・・・要するに、
  いわゆる “ビジョン” の素になっている
  ものなのだ。」

これまで、ビジネスの常識では、
「論理に裏打ちされた戦略があってこそ、
成功にたどりつける」というものでした。

こうした左脳的な発想があるからこそ、
大失敗する可能性は低くなります。

しかし、これではヒットは打てても、
ホームランは打てません。

成功するための確率を考えるのではなく、
「これがやりたい」という内発的な
妄想から始めないと、圧倒的なインパクト
を生むことができないのです。

例えば、イーロン・マスクさん。

彼は「2035年までに人類を火星に
移住可能にする」という、強烈な妄想に
衝き動かされています。

それは妄想の域を超え、現実世界でも、
驚くべき結果を出し続けています。

なぜ、マスクさんのような人たちは、
単なる「空想家」で終わらず、
現実世界でもインパクトを与えることが
可能なのでしょうか?

その答えが、本書が示す、直感と論理を
つなぐ思考法です。

それを本書では「ビジョン思考」と
呼びます。

著者は、株式会社BIOTOPE代表で、
京都造形芸術大学創造学習センターで
客員教授を務める、佐宗邦威さん。

P&Gマーケティング部に在籍時には、
「ファブリーズ」「レノア」などの
ヒット商品を担当した方です。

  「自分の妄想を解き放ったあとには、
  それを具体的な “かたち” へ落とし込み、
  周囲の人を納得させていくステップが
  不可欠だ。
   “直感から思考をはじめる” とは、
   “ただの妄想で終わる” ということ
  ではない。ビジョナリーな人たちは、
  途方もないビジョンを駆動力に
  しながらも、同時に “直感” を
   “論理” につなぎ、 “妄想” を
   “戦略” に落とし込むことを忘れて
  いないのである。」

普通にビジネスを回していこうとすると、
顕在化している課題(イシュー)があって、
それをどのように解決すべきかという
発想になります。

これを本書では、イシュー・ドリブン
なアプローチと呼びます。

一方、本書が提案する「ビジョン思考」は、
内発的な妄想からスタートして、
それを現実に落とし込んでいくので、
ビジョン・ドリブンなアプローチです。

それでは、どのようにしたら習慣的に
「ビジョン思考」ができるようになるのか?

佐宗さんは、次の2つが必須だと説明します。

1つは、ビジョン思考の「スペース」、
もう1つは、ビジョン思考の「メソッド」。

最初に思考するための「余白」を作る
方法を、次にそこに「手を使って」
どう描くかを解説します。

右脳思考をしっかりと具現化する
ノウハウが示されています。

正直、実際にやるのはなかなか難しいと
思います。

しかし、これをやらないと「0」から
「1」を作るイノベーションも生まれない
ようにも感じました。

本書は、思考の技法としても、それを実現
するためノウハウとしても、斬新でした。

米デザインスクールの技法をビジネスに
落とし込んだ、類稀な本だと思います。

既定路線の延長線上から、抜け出したい人
には、是非、読んで欲しい一冊。

この本から何を活かすか?

佐宗さんは、「はじめに」の中で、
ビジョン思考をするための「余白」を
作る方法を紹介しています。

 1. いますぐ1冊のノートを買うこと
 (A6、無地モレスキンノートがおすすめ)

 2. いますぐカレンダーに、毎日15分、
  ノートを書くためだけの予定をいれること

これは感情をアウトプットする、
「モーニング・ジャーナリング」
という手法のようです。

このノートに書くのは、主観的な感覚や
感情などの「いま感じていること」。

また、このノートを書くための時間を
スケジュールとしてしっかり確保
することも重要のようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| アイディア・発想法・企画 | 05:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

メモの魔力 The Magic of Memos


メモの魔力 The Magic of Memos (NewsPicks Book)

満足度★★★★
付箋数:25

  「人に指摘されて気づいたのですが、
  僕は毎日、尋常ではない量のメモをとって
  います。おそらく、人が1週間、いや、
  1ヶ月かけてとるメモの量を、平気で1日の
  うちにとります。
  なぜここまで狂ったようにメモをとるのか。
  それにはいくつか理由がありますが、
  まず何より大切な理由が、この残酷な
  までに時間が限られている人生という旅の
  中で、 “より本質的なことに少しでも
  多くの時間を割くため” です。」

本書は、仮想ライブ空間「SHOW ROOM」を
立ち上げた起業家、前田裕二さん独自の
「メモ術」を披露する本です。

当ブログで、前田さんの本を紹介するのは、
人生の勝算』に続き、本書が2冊めです。

前田さんは、メモを人生にとっての
「魔法の杖」だと考えています。

なぜ、メモは「魔法の杖」なのか?

  「まず、メモをとると、あらゆる日常の
  出来事を片っ端からアイディアに転換
  できます。一見価値のなさそうな、
  通常の感覚では誰もがスルーしてしまう
  小さな事象でさえ、メモすることで、
  それはアイディアになる。メモの魔力は、
  日常をアイディアに変えるのです。」

前田さんは、メモの種類を大きく2つに
分類します。

1つは、情報や事実をそのまま切り取って
伝えたり、保存しておく「記録」の
ためのメモ。

もう1つは、事実を出発点として、
アイディアを生む「知的生産」のための
メモです。

前田さんが本書で解説するのは、
後者の「知的生産のためのメモ術」です。

では、どのようにして、メモから
新しいアイディアを生み出すのか?

それは、次のフレームワークを使います。

  「ファクト → 抽象化 → 転用」

具体的には、まずノートは見開きで
使います。

左から順に、「標語(幅小)」、
「ファクト(幅大)」、「抽象化(幅中)」、
「転用(幅中)」に4分割します。

最初に「ファクト」欄に、事実や情報を
そのままメモします。

次に、ファクトをグルーピングして、
1言でまとめたものを「標語」欄に書きます。

右側のページに移り、ファクトの情報を
「抽象化」したメモを書き込みます。

最後に抽象化した要素を、実際に使える
ように「転用」したアイディアにまで、
落とし込んでいきます。

前田さんのメモ術で一番肝となるのは、
「抽象化」のパート。

抽象化は、自分に3つのタイプの「問い」
を投げかけることで行います。

 「What型」、「How型」、「Why型」

ここが、本書の最も重要なノウハウで、
具体例を交えながら解説されています。 

  「この “抽象化” こそが、僕のメモ術の
  根幹です。もっと言うと、人間に与え
  られた最も重要な思考機能であり、
  最大の武器であると、確信を持って
  断言できます。」

また、本書の後半では、自己分析の方法、
メモによって夢を叶える方法についても
解説しています。

私もメモは記録よりも知的生産のために
書くことが多いですが、それがノウハウ化
されていて参考になりました。

前田さんは、「メモが人生そのもの」
とまで言い切っています。

また、終章などを読むと、前田さんが
メモ魔なのは、努力してそうなったことが
わかります。

だとすると、冒頭の「他人から指摘
されるまで尋常ではない量のメモを
取っている自分に気づかなかった」
というのは、少し違和感がありました。

あと、若干、自分に酔っている感じが
するのが、好みが分かれるところかも
しれません。

この本から何を活かすか?

前田さんは、メモすることによって増す
5つの能力があると説明しています。

 1. 知的生産が増す
 2. 情報獲得の伝導率が増す
 3. 傾聴能力が増す
 4. 構造化能力が増す
 5. 言語化能力が増す

これだけメモの効用があるので、
単に記録だけでメモを終わらせるのは、
非常にもったいないと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| アイディア・発想法・企画 | 05:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

世界初は「バカ」がつくる! ―「バカ」の育ち方あります!


世界初は「バカ」がつくる! ―「バカ」の育ち方あります!

満足度★★★
付箋数:21

さくら舎の岩越さんから献本いただきました。
ありがとうございます。

  「私はずっと “バカ” です。 “バカ” で
  あることに誇りを持っています。
  この本を手にとったからには、あなたも
  きっと “バカ” にちがいありません。」

このように、「バカ」であることを自認し、
「バカ」に誇りを持っているのは、
世界初のヘビ型ロボットを発明した
生田幸士さんです。

生田さんは、東京大学で「バカゼミ」を
手がけることでも有名な教授です。

  「 “バカ” は世界初をなし遂げます。
   “ふつう” ではできない。 “秀才” でも
  できない。 “まじめ” でもダメ。
   “バカ” だけがそれを実現します。
   “バカって天才のことでしょう?” 
  そんな声が聞こえますが、ちがうのです。
  似ているけれど、ちょっとちがう。
   “オリジナリティーのことでしょう?” 
  という声も聞こえます。似ているけれど、
  やっぱりちょっとちがう。
  もっと豊かで、強く、深く、そのくせ
  笑えて、迷惑で、かと思うと胸が痛く
  なるような、あるものです。」

本書で生田さんが、伝えるのは「バカ」に
なることのススメ。

それは与えられた能力の質のことではなく、
「バカ」という生き方です。

本当のイノベーションは「バカ」な
発想からこそ生まれる。

本書では、生田さんの研究人生と諸先輩の
生き方を振り返りながら、ブレイクスルー
をするため条件を導き出します。

生田さんの「バカゼミ」は、
まだ生田さんが大学院生だった
1984年に始まります。

その頃、「バカゼミ」でグランプリを
取ったのは、こんな研究テーマでした。

 「女性の生理の周期を振動子として
 ホロニックコンピュータをつくる研究」

女性が同じ部屋にずっといると、
それまでバラバラだった生理の周期が
同期するという現象から発想したそうです。

女性を1人ずつ個室に入れておいて、
部屋ごとに空気の流れを制御してやると、
人間の脳のようなコンピュータができる
という研究です。

正直、すごいのか、バカげているのか、
よくわかりませんが、ぶっ飛んだ発想で
あることは間違いなさそうです。

生田さんは、常にこのような発想を
しているおかげで、世界初の能動内視鏡、
ヘビ型ロボットの発明に成功しました。

そこには、人に笑われることから始まり、
妄想を現実にする力が備わっています。

本書では、生田研究室の「バカゼミ」で、
培われる8つの効用が紹介されていました。

 1. イマジネーションを膨らます訓練になる
 2. プレゼンの訓練になる
 3. エンターテイナーセンスを磨く
 4. 新しい研究のネタが見つかる
 5. 新たな個性が発見できる
 6. 懇親会の話題のネタ
 7. 潜在的装置の稼働訓練
 8. 本番の研究の訓練

あくまでも本書では研究室ベースの話が
中心となっていますが、ビジネスの上でも
十分に応用可能だと思います。

本書を読むと、「何かおもしろいことを
やってみよう! 人に喜ばれたい! 」という
気持ちが湧き上がってきます。

  「 “バカ” は閉塞感を感じません。
  みんなが寄り集まっているところには
  近づかず、誰も歩かない手つかずの
  場所をひとりで歩きます。
  みんなのハピネスを求めて “バカ” が
  歩いて行った道なき道で、あるとき、
  ブレイクスルーが起こります。」

この本から何を活かすか?

ユニバーシティとカレッジの違い。

一般的には、総合大学と単科大学だと
認識されています。

ただし、生田さんは日本のユニバーシティ
には足りないものがあると指摘します。

それは「芸術」です。

アメリカのユニバーシティには、
芸術学部があるので、設計とデザインが
一体となった発想が出てきやすいようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| アイディア・発想法・企画 | 05:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT