活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

直感と論理をつなぐ思考法 VISION DRIVEN


直感と論理をつなぐ思考法 VISION DRIVEN満足度★★★★
付箋数:28

とんでもない本に出会ってしまった。
これは、いい意味のとんでもなさです。

これが私が本書を読み出して思った、
ファーストインプレッションです。

  「圧倒的な結果を出し続けている会社や
  チームの陰には、 “これがやりたい!” 
  という強い想いを持った人たちがいる。
  彼らを動かしているのは、 “論理的に
  導き出された戦略” や “データ分析に
  基づいたマーケティング” などではない。
  むしろ、その原動力になっているのは、
  根拠があるとは言えない “直感” 、
  得体の知れない “妄想” ・・・要するに、
  いわゆる “ビジョン” の素になっている
  ものなのだ。」

これまで、ビジネスの常識では、
「論理に裏打ちされた戦略があってこそ、
成功にたどりつける」というものでした。

こうした左脳的な発想があるからこそ、
大失敗する可能性は低くなります。

しかし、これではヒットは打てても、
ホームランは打てません。

成功するための確率を考えるのではなく、
「これがやりたい」という内発的な
妄想から始めないと、圧倒的なインパクト
を生むことができないのです。

例えば、イーロン・マスクさん。

彼は「2035年までに人類を火星に
移住可能にする」という、強烈な妄想に
衝き動かされています。

それは妄想の域を超え、現実世界でも、
驚くべき結果を出し続けています。

なぜ、マスクさんのような人たちは、
単なる「空想家」で終わらず、
現実世界でもインパクトを与えることが
可能なのでしょうか?

その答えが、本書が示す、直感と論理を
つなぐ思考法です。

それを本書では「ビジョン思考」と
呼びます。

著者は、株式会社BIOTOPE代表で、
京都造形芸術大学創造学習センターで
客員教授を務める、佐宗邦威さん。

P&Gマーケティング部に在籍時には、
「ファブリーズ」「レノア」などの
ヒット商品を担当した方です。

  「自分の妄想を解き放ったあとには、
  それを具体的な “かたち” へ落とし込み、
  周囲の人を納得させていくステップが
  不可欠だ。
   “直感から思考をはじめる” とは、
   “ただの妄想で終わる” ということ
  ではない。ビジョナリーな人たちは、
  途方もないビジョンを駆動力に
  しながらも、同時に “直感” を
   “論理” につなぎ、 “妄想” を
   “戦略” に落とし込むことを忘れて
  いないのである。」

普通にビジネスを回していこうとすると、
顕在化している課題(イシュー)があって、
それをどのように解決すべきかという
発想になります。

これを本書では、イシュー・ドリブン
なアプローチと呼びます。

一方、本書が提案する「ビジョン思考」は、
内発的な妄想からスタートして、
それを現実に落とし込んでいくので、
ビジョン・ドリブンなアプローチです。

それでは、どのようにしたら習慣的に
「ビジョン思考」ができるようになるのか?

佐宗さんは、次の2つが必須だと説明します。

1つは、ビジョン思考の「スペース」、
もう1つは、ビジョン思考の「メソッド」。

最初に思考するための「余白」を作る
方法を、次にそこに「手を使って」
どう描くかを解説します。

右脳思考をしっかりと具現化する
ノウハウが示されています。

正直、実際にやるのはなかなか難しいと
思います。

しかし、これをやらないと「0」から
「1」を作るイノベーションも生まれない
ようにも感じました。

本書は、思考の技法としても、それを実現
するためノウハウとしても、斬新でした。

米デザインスクールの技法をビジネスに
落とし込んだ、類稀な本だと思います。

既定路線の延長線上から、抜け出したい人
には、是非、読んで欲しい一冊。

この本から何を活かすか?

佐宗さんは、「はじめに」の中で、
ビジョン思考をするための「余白」を
作る方法を紹介しています。

 1. いますぐ1冊のノートを買うこと
 (A6、無地モレスキンノートがおすすめ)

 2. いますぐカレンダーに、毎日15分、
  ノートを書くためだけの予定をいれること

これは感情をアウトプットする、
「モーニング・ジャーナリング」
という手法のようです。

このノートに書くのは、主観的な感覚や
感情などの「いま感じていること」。

また、このノートを書くための時間を
スケジュールとしてしっかり確保
することも重要のようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| アイディア・発想法・企画 | 05:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

メモの魔力 The Magic of Memos


メモの魔力 The Magic of Memos (NewsPicks Book)

満足度★★★★
付箋数:25

  「人に指摘されて気づいたのですが、
  僕は毎日、尋常ではない量のメモをとって
  います。おそらく、人が1週間、いや、
  1ヶ月かけてとるメモの量を、平気で1日の
  うちにとります。
  なぜここまで狂ったようにメモをとるのか。
  それにはいくつか理由がありますが、
  まず何より大切な理由が、この残酷な
  までに時間が限られている人生という旅の
  中で、 “より本質的なことに少しでも
  多くの時間を割くため” です。」

本書は、仮想ライブ空間「SHOW ROOM」を
立ち上げた起業家、前田裕二さん独自の
「メモ術」を披露する本です。

当ブログで、前田さんの本を紹介するのは、
人生の勝算』に続き、本書が2冊めです。

前田さんは、メモを人生にとっての
「魔法の杖」だと考えています。

なぜ、メモは「魔法の杖」なのか?

  「まず、メモをとると、あらゆる日常の
  出来事を片っ端からアイディアに転換
  できます。一見価値のなさそうな、
  通常の感覚では誰もがスルーしてしまう
  小さな事象でさえ、メモすることで、
  それはアイディアになる。メモの魔力は、
  日常をアイディアに変えるのです。」

前田さんは、メモの種類を大きく2つに
分類します。

1つは、情報や事実をそのまま切り取って
伝えたり、保存しておく「記録」の
ためのメモ。

もう1つは、事実を出発点として、
アイディアを生む「知的生産」のための
メモです。

前田さんが本書で解説するのは、
後者の「知的生産のためのメモ術」です。

では、どのようにして、メモから
新しいアイディアを生み出すのか?

それは、次のフレームワークを使います。

  「ファクト → 抽象化 → 転用」

具体的には、まずノートは見開きで
使います。

左から順に、「標語(幅小)」、
「ファクト(幅大)」、「抽象化(幅中)」、
「転用(幅中)」に4分割します。

最初に「ファクト」欄に、事実や情報を
そのままメモします。

次に、ファクトをグルーピングして、
1言でまとめたものを「標語」欄に書きます。

右側のページに移り、ファクトの情報を
「抽象化」したメモを書き込みます。

最後に抽象化した要素を、実際に使える
ように「転用」したアイディアにまで、
落とし込んでいきます。

前田さんのメモ術で一番肝となるのは、
「抽象化」のパート。

抽象化は、自分に3つのタイプの「問い」
を投げかけることで行います。

 「What型」、「How型」、「Why型」

ここが、本書の最も重要なノウハウで、
具体例を交えながら解説されています。 

  「この “抽象化” こそが、僕のメモ術の
  根幹です。もっと言うと、人間に与え
  られた最も重要な思考機能であり、
  最大の武器であると、確信を持って
  断言できます。」

また、本書の後半では、自己分析の方法、
メモによって夢を叶える方法についても
解説しています。

私もメモは記録よりも知的生産のために
書くことが多いですが、それがノウハウ化
されていて参考になりました。

前田さんは、「メモが人生そのもの」
とまで言い切っています。

また、終章などを読むと、前田さんが
メモ魔なのは、努力してそうなったことが
わかります。

だとすると、冒頭の「他人から指摘
されるまで尋常ではない量のメモを
取っている自分に気づかなかった」
というのは、少し違和感がありました。

あと、若干、自分に酔っている感じが
するのが、好みが分かれるところかも
しれません。

この本から何を活かすか?

前田さんは、メモすることによって増す
5つの能力があると説明しています。

 1. 知的生産が増す
 2. 情報獲得の伝導率が増す
 3. 傾聴能力が増す
 4. 構造化能力が増す
 5. 言語化能力が増す

これだけメモの効用があるので、
単に記録だけでメモを終わらせるのは、
非常にもったいないと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| アイディア・発想法・企画 | 05:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

世界初は「バカ」がつくる! ―「バカ」の育ち方あります!


世界初は「バカ」がつくる! ―「バカ」の育ち方あります!

満足度★★★
付箋数:21

さくら舎の岩越さんから献本いただきました。
ありがとうございます。

  「私はずっと “バカ” です。 “バカ” で
  あることに誇りを持っています。
  この本を手にとったからには、あなたも
  きっと “バカ” にちがいありません。」

このように、「バカ」であることを自認し、
「バカ」に誇りを持っているのは、
世界初のヘビ型ロボットを発明した
生田幸士さんです。

生田さんは、東京大学で「バカゼミ」を
手がけることでも有名な教授です。

  「 “バカ” は世界初をなし遂げます。
   “ふつう” ではできない。 “秀才” でも
  できない。 “まじめ” でもダメ。
   “バカ” だけがそれを実現します。
   “バカって天才のことでしょう?” 
  そんな声が聞こえますが、ちがうのです。
  似ているけれど、ちょっとちがう。
   “オリジナリティーのことでしょう?” 
  という声も聞こえます。似ているけれど、
  やっぱりちょっとちがう。
  もっと豊かで、強く、深く、そのくせ
  笑えて、迷惑で、かと思うと胸が痛く
  なるような、あるものです。」

本書で生田さんが、伝えるのは「バカ」に
なることのススメ。

それは与えられた能力の質のことではなく、
「バカ」という生き方です。

本当のイノベーションは「バカ」な
発想からこそ生まれる。

本書では、生田さんの研究人生と諸先輩の
生き方を振り返りながら、ブレイクスルー
をするため条件を導き出します。

生田さんの「バカゼミ」は、
まだ生田さんが大学院生だった
1984年に始まります。

その頃、「バカゼミ」でグランプリを
取ったのは、こんな研究テーマでした。

 「女性の生理の周期を振動子として
 ホロニックコンピュータをつくる研究」

女性が同じ部屋にずっといると、
それまでバラバラだった生理の周期が
同期するという現象から発想したそうです。

女性を1人ずつ個室に入れておいて、
部屋ごとに空気の流れを制御してやると、
人間の脳のようなコンピュータができる
という研究です。

正直、すごいのか、バカげているのか、
よくわかりませんが、ぶっ飛んだ発想で
あることは間違いなさそうです。

生田さんは、常にこのような発想を
しているおかげで、世界初の能動内視鏡、
ヘビ型ロボットの発明に成功しました。

そこには、人に笑われることから始まり、
妄想を現実にする力が備わっています。

本書では、生田研究室の「バカゼミ」で、
培われる8つの効用が紹介されていました。

 1. イマジネーションを膨らます訓練になる
 2. プレゼンの訓練になる
 3. エンターテイナーセンスを磨く
 4. 新しい研究のネタが見つかる
 5. 新たな個性が発見できる
 6. 懇親会の話題のネタ
 7. 潜在的装置の稼働訓練
 8. 本番の研究の訓練

あくまでも本書では研究室ベースの話が
中心となっていますが、ビジネスの上でも
十分に応用可能だと思います。

本書を読むと、「何かおもしろいことを
やってみよう! 人に喜ばれたい! 」という
気持ちが湧き上がってきます。

  「 “バカ” は閉塞感を感じません。
  みんなが寄り集まっているところには
  近づかず、誰も歩かない手つかずの
  場所をひとりで歩きます。
  みんなのハピネスを求めて “バカ” が
  歩いて行った道なき道で、あるとき、
  ブレイクスルーが起こります。」

この本から何を活かすか?

ユニバーシティとカレッジの違い。

一般的には、総合大学と単科大学だと
認識されています。

ただし、生田さんは日本のユニバーシティ
には足りないものがあると指摘します。

それは「芸術」です。

アメリカのユニバーシティには、
芸術学部があるので、設計とデザインが
一体となった発想が出てきやすいようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| アイディア・発想法・企画 | 05:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

すぐメモする人がうまくいく


すぐメモする人がうまくいく

満足度★★★
付箋数:23

仕事で成功する人には、共通する行動習慣が
あるようです。

それは、「すぐにメモする」こと。

すごくシンプルで、やろうと思えば誰でも
できる行動習慣です。

なぜ、「すぐにメモする」ことが大事なのか?

それは、人間はしばらくたつと考えたことを
忘れてしまうからです。

もし、思いついたことを、忘れないように
記憶に留めておこうとすると、脳にとっては
かなり負荷がかかります。

その負荷やストレスを軽減するためにも、
メモに書いて、スッキリすることは重要です。

  「何かを感じたら、6秒以内にメモして
  それをシェアしましょう。
  この本を一言でまとめると、こうなります。
  
  なぜ6秒以内にメモしなくてはならない
  のでしょうか?

  それは、人の感情のピークは6秒で
  過ぎ去っていくと言われているからです。」

怒りの感情をコントロールするメソッド
として知られる、アンガーマネジメント。

このメソッドでも、怒った時には6秒待って
やり過ごすことが大切と言われています。

  「歩いている時に何かが頭に浮かんできたら、
  そんな時こそ立ち止まってアイディアを
  すぐメモしてみましょう。
  ふと頭に降りてきたアイディアは、まるで
  シャボン玉のようにとてもこわれやすく
  すぐに消えていくはかないものです。
  その場で書き留めておかないとすぐに
  どこかに行ってしまいます。」

本書では、すぐメモする行動習慣のことを
「すぐメモ」と表現します。

本書は、「すぐメモ」を使って、
新しいアイディアを生み出すための本です。

著者は、広告業界でリアルとデジタルを
融合させた新しい広告を作るクリエイターの
堀 宏史さんです。

先日、当ブログで紹介した須藤亮さんの
スマホメモ』にかなり近い内容の本でした。

須藤さんも、マーケティングプランナー
だったので、アイディアを生むことを生業に
している方にとって、すぐにメモする習慣は、
ゴールデンルールなのでしょう。

基本的に、気なることがあったら、
自分がどう感じたか、その時の感情も
併せてメモしておくことは共通です。

そしてメモするツールはスマホを使います。

本書が違うところは、メモした後に、
すぐに情報をアウトプットするために
Twitterでシェアすることです。

  「情報というネタを握って(加工して)
  すぐに出す(公開する)。
  これはちょうどお寿司屋さんがお寿司を
  握ってお客さんに出す工程と一緒なのです。
  このお寿司屋さん的なライブなパフォーマンス
  そすぐメモにも応用してみましょう。」

そして、もう1つ本書で面白いことを
言っていたのは、「情報のスループット化」。

ただ大量に情報をインプットして、
それをシェアしているだけでは、
あまりその人にプラスになりません。

情報が右から左に流れるだけでは、
その人の身にならないからです。

そこで本書ではスループット化を勧めています。

スループットとは、一定時間にどれくらいの
データを処理できるかという通信関係の用語
ですが、ここでは少し違った意味で使います。

外部から取り込んだ知識を、腹落ちさせて、
一旦、自分ごと化してから使います。

具体的には、その情報の面白いところは
どこなのか、その記事は何を言いたかったのか、
などのポイントをメモしてシェアします。

本書はこのように、アウトプットについても、
ページを割いて詳しく解説しています。

この本から何を活かすか?

本書には、あなたの今のすぐメモスキルを
判定する「すぐメモ検定」が掲載されています。

以下の質問の答えが「はい」になる個数を
数えてください。

 ・to doをメモしている
 ・メモアプリはスマホとPCを連携している
 ・自分のメモのテーマを決めている
 ・インプットの自動化を意識している
 ・立ち止まってメモしている
 ・手書きのメモも活用している
 ・メモをSNSで公開している
 ・メモを1ヶ月に1回は見返している
 ・メモを1ヶ月に1回は整理している
 ・メモを使ってアイディアを開発したことがある

 全て「はい」=すぐメモ黒帯
 「はい」7~9個=すぐメモ1級
 「はい」4~6個=すぐメモ2級
 「はい」1~3個=すぐメモ3級
 「はい」0個=すぐメモ白帯

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| アイディア・発想法・企画 | 05:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スマホメモ

満足度★★★★
付箋数:24

私たちは、日々、いろいろなものを目にし、
外部から刺激を受けた脳は、そこから
いろいろなことを考えています。

このとき脳は瞬間的に高速回転していて、
「○○だったらな~」とか「○○はどうだろう」
などと様々な妄想を膨らませています。

そういった浮かんでは消え、浮かんでは消え
するアイディアの中には、実は大きな
ビジネスにつながるものもあります。

しかし、私たちの脳はフラッシュメモリーの
ようなもので、残念ながら瞬時にそれらの
アイディアは忘れてしまいます。

それをスマホを使ってメモしておくことを、
勧めるのが本書の「スマホメモ」です。

著者は博報堂出身のマーケティングプランナー
の須藤亮さんです。

本書もスマホメモによって生まれた成果物の
1つだと言います。

  「スマホメモとは、星の数ほどある、
  浮かんでは消える脳の思いつきを文字に
  落とすことです。」

スマホメモは、単なる事実を記録したり、
やるべきことを忘れないようにする備忘録
ではありません。

外部から得た事実や情報からどう感じたか、
何を考えたかをセットにした思考メモです。

あなたの周りで、スマホで思考メモを
取っている方は、どれだけいますか?

私は、それを実践している人を見たことが
ありません。

恐らく、あまり多くないことでしょう。

スマホでメモしていても、たいていは
スケジュール帳への記入か単なる備忘録
だと思います。

では、なぜ、須藤さんはスマホに自分の
思考をメモすることを勧めるのか?

それは、スマホメモは自分の知のデータベース
になり、脳力を拡張することになるから。

思考が整理され、脳から引き出しやすく
なるので、発想力が増します。

そうすると脳も喜ぶようになり、毎日の生活が
今まで以上に楽しくなるようです。

では、具体的にスマホメモはどうやるのか?

大きくは3つのステップに別れています。

ステップ1. メモる

使うアプリはiPhoneだと標準の「メモ」アプリ。
最初にメモの格納場所を分類します。

例えば「仕事」「投資」「家庭」「趣味」など。

後は、事実でも意見でも、何でもメモします。

事実をメモするときは、どう思ったかの
感情も併せて入力しておきます。

ステップ2. 見返す

メモが溜まってきたら、最初は結構大変ですが、
毎日暇をみて見返します。

何度も見返すことで、自分の問題意識と
すり合わせができ、脳が活性化されます。

場合によっては、上書きで文章を修正します。

ステップ3. 俯瞰する

実はスマホにも弱点があって、それが総覧が
できないこと。

ここでは、一度「紙」の総覧力を借りるため、
メモをiCloudを通じてパソコンに落とし、
A3用紙にプリントアウトして見ます。

それを「KJ法」的に、分類と関連を考えて、
手書きしながら着想をまとめます。

このスマホメモを習慣にすると、次のような
知恵化が起こるそうです。

 ・まったく違うと思っていたことがつながる
 ・大きなコンセプトが見えてくる
 ・思い込みをただす(違う方向が見えてくる)
 ・いい解がみつかる(根っこが見えてくる)

スマホメモは自分の思考のビックデータ
であり、いずれは人工知能につながるとも
須藤さんは言います。

個人的には、ステップ2を習慣化できるかが、
大きな鍵になると思いました。

でも、始めてみたいですね。

この本から何を活かすか?

  「スマホによる思考メモは、とてもいい習慣
  なのです。とは言え、新しい習慣を身につける
  には、それなりのモチベーションと確信が
  必要でしょう。そんなあなたは、まずは自分の
  得意分野から始めてみてはどうでしょうか。」

習慣化のコツは、最初はハードルを低くして、
小さなことからコツコツと始めること。

私は「読書」に関するメモから始めてみます。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| アイディア・発想法・企画 | 06:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT