活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

共感SNS 丸く尖る発信で仕事を創る


共感SNS 丸く尖る発信で仕事を創る

満足度★★★★
付箋数:25

  「本書では、私がこれまでに培ってきた
  SNSの効果的な使い方をできる限り
  わかりやすくお伝えしていきます。
  どのように自分をブランディングし、
  新規フォロワーを獲得し、フォロワーを
  コアなファンに高めていったのか。
  そして、どのようにSNSを仕事につなげ、
  お金を稼いでいるのかをすべて隠さずに
  公開しようと思っています!」

本書は、SNSを使ってブランディングする
方法を解説した本です。

著者は、「ゆうこす」さんこと菅本裕子さん。

ゆうこすさんは、HKT48の元メンバーで、
2012年にグループを脱退。

その後、一時期はお料理アイドルとして
活動しましたが、あまり人気が出ません
でした。

しかし、2016年からモテクリエイター
として、「モテるために生きている」
というキャッチコピーで、Youtube、
Instagram、Twitterなどで発信を開始。

以来、SNSで発信を続け、2019年2月には、
総フォロワー数が150万人を超える
強力なインフルエンサーとなりました。

どうしたら、フォロワー数を増やす
ことができるのか?

どのようにしたら、ゆうこすさんの
ように、SNSで稼げるようになるこか?

ゆうこすさんは、このような質問を、
受けることが多いそうです。

  「自分のやりたいことや方向性を語り、
  思い入れを持ってもらうことが
  どんなテクニックよりも、一番大事
  なのです。」

恐らく、質問した人はノウハウや
テクニックを聞こうと思ったのでしょう。

しかし、テクニックだけ真似ても、
それは一時的なものに過ぎません。

それだけだは、本当に熱量のある
アカウントを作ることはできないのです。

熱量のあるアカウントを作るには、
寝食を忘れるほどの軸を見つけること。

その軸をSNSでのなりたい自分として、
セルフプロデュースしていくべきと、
ゆうこすさんは説きます。

  「自分がワクワクすることじゃなければ、
  発信しても意味がないし継続できない。
  今なら、はっきりとそう断言できます。
  SNSは、発信する人の熱量がそのまま
  フォロワーに伝わってしまう場所
  だからです。中途半端なモチベーション
  で発信していては、発信力も影響力も
  つけることはできないのです。」

私は、本書を読むまで、ゆうこすさんの
ことは、ほとんど知りませんでした。

表紙の写真を見て、たまたまSNSで人気が
出た可愛い娘が、後付で理由を書いた
本だろう、ぐらいに思っていました。

しかし、実際に本書を読んでみると、
たまたまではなく、ゆうこすさんは
戦略的に自分をブランディングして
いったことがわかります。

正直、思った以上にビジネス書として、
書かれていて、ビックリしました。

なぜ、ゆうこすさんは、戦略的に
ブランディングすることができたのか?

それは、常に「何で?」を自分に問う
習慣を持っていたから。

自分に「何で? 何で?」と問うことで、
自分の夢への理由や想いを明確にして、
セルフプロデュースしていったのです。

  「私が “モテ” をポップに明るく
  発信することで、ぶりっ子ちゃんが
  自信を持ってくれたら嬉しいなと思い
  発信しています!」

本書がビジネス書としての体裁を
整えているのは、編集者の力量なのかも
しれません。

しかし、その分を差し引いたとしても、
本書は「SNSアドバイザー」としての
ノウハウが十分に詰め込まれた本だと
思います。

この本から何を活かすか?

  「発信する時は、いろいろな立場を
  想像して俯瞰する。
  誰も傷つけない、誰も挑発しない。
  けれど、埋もれるような内容ではなく
  尖っている。
   “丸く尖る” を意識して発信する。」

この言葉を聞くと、本書の推薦の言葉を
もらっている堀江貴文さんよりも、
ちゃんとビジネスのことを考えている
ようにさえ思えます。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ブランディング | 05:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1本5000円のレンコンがバカ売れする理由


1本5000円のレンコンがバカ売れする理由 (新潮新書)

満足度★★★
付箋数:22

  「僕が力を尽くしてきたのは、両親が経営
  する株式会社野口農園と野口農園で生産
  するレンコンの価値を高めることです。
  中でも大きかったのが、1本5000円という
  超高級レンコンのブランディングです。
  レンコンは1本1000円ほどが標準的な
  価格ですから、単に5倍の価格で販売して
  いるわけです。」

本書は、民俗学者でありながらレンコン
生産農業にも従事する野口憲一さんが、
1本5000円のレンコンのブランド化に
成功するまでの物語を記した本です。

ブランド化と聞くと、マーケティング
を駆使した華麗なブランド戦略といった
イメージがありますが、本書の内容は
全く違います。

その真逆をいくような、非常に泥臭い、
個人的なストーリーです。

それは野口さんが、マーケティングの
専門家ではなく、内省的な民俗学の
研究者であったことも一因です。

農業が儲からないのは周知の事実です。

一方で、農業は「お金は儲からない
けれど、自然の近くで仕事ができる」
とか、「都市生活で希薄になった
人間関係を取り戻せる」などど語られる
ことがあります。

しかし、野口さんはこの農業の状況を
「やり甲斐搾取」だと考えています。

  「自然の近くで働くことができ、
  濃厚な人間関係を築くことができれば、
  それで満足なのか。僕は全くそうは
  思わない。やり甲斐があって収入がある
  仕事こそ一番でしょう。僕は農家でも
  やり甲斐と収入を確保できる社会を
  構想したいのです。」

そのために、野口さんが取った行動は、
農業の「生産性の向上モデル」との
決別でした。

これまでの日本の農業は、生産すれば
するほど、儲からなくなるシステムに
なっていました。

その負のループから抜け出すために、
必要だったのが、ブランド化です。

最終的に野口農園のレンコンは、
ニューヨーク、パリ、フランクフルト
などの高級和食屋で使われるブランドに
成長しました。

全く売れなかったレンコンが、
今ではバカ売れし過ぎて、注文を断る
ほどに人気が出たのです。

どのようにして、野口さんはレンコンの
ブランド化に成功したのか?

これは簡単なノウハウで語ることは
できません。

なぜなら、農家の悲しみを背負った結果、
なし得たことだからです。

  「結局のところ、1本5000円のレンコン
  がバカ売れするようになった理由は
  何なのか。その秘密は、実はたった1つ。
  両親はもちろん、顔も名前も知らない
  先祖が苦労して育ててきたレンコンを、
  何があっても安売りすることが
  できなかったからです。」

試行錯誤の末、逆張り戦略によって、
ブランド化に成功しているものの、
他の農家が同じようにブランド化する
ことは難しいように思えます。

それだけ背負っているものが重い
からこそ、本書は想いを秘めた物語
として読む価値があるのです。

本書は、既存のブランディング本とは、
一線を画する本でした。

 第1章 やり甲斐搾取が農業を潰す
 第2章 1本5000円レンコンを着想する
 第3章 物の売れる理由を考える
 第4章 「竹レンコン」を売る
 第5章 農家の哀しみを引き受ける
 第6章 農業には未来しかない

この本から何を活かすか?

農家が作りたい野菜を生産して、
売りたい価格で販売するために誕生した
「農産物直売所」。

当初は、物流コストもかからず、
消費者からみても画期的な試みでした。

しかし、ある程度時間が経つと結果的に、
農産物直売所も、単に「安売り競争の舞台」
になってしまいました。

これも今では、農業の「やり甲斐搾取」の
1つになっているようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ブランディング | 04:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新世界

満足度★★★★
付箋数:24

本書は、西野亮廣さんが高校を卒業してから、
吉本興業の養成所に入り、梶原雄太さんと
出会った頃の回想から始まります。

「独白」のような感じです。

キングコングを結成して、ガムシャラに働き、
『はねるのトびら』で注目を集めます。

そして、冠番組も持つようになり、25歳にして、
売れっ子芸人の仲間入りを果たします。

若手芸人として大成功を収めた西野さんは、
そこで、どんな景色を見たのか?

  「その山を登れば景色が広がるものだと
  信じて、誰よりも努力して登ってみた。
  だけど、そこから見えた景色は、タモリさんや、
  たけしサンや、さんまサン、ダウンタウンさん、
  ナインティナインさん・・・といった先輩方の
  背中だった。(中略)

  その当時ボクが走っていたレールというのは、
  タモリさんや、たけしサンや、さんまサン
  といった先輩方が、もともと何も無かった
  世界に敷いてくださったレールだ。

  当然、そのレールを走ると、最終的には、
  最初にレールを敷いた人の背中を押す作業
  に入る。
   “『踊る! さんま御殿!!』で結果を出せば
  出すほど、さんまサンの寿命が伸びる” 
  という構図だ。」

だから西野さんは、まだ諸先輩方が足を
踏み入れていない、芸能界の「外」で勝負
することにしました。

それは、有名人が手を出しやすい飲食店や、
よくあるタレントショップではありません。

西野さんが、未開の地としてその足を
踏み入れたのは「クラウドファンディング」
と「オンラインサロン」でした。

そして、ダイレクト課金を押さえにいきます。

西野さんは、芸人としてはバッシングされ
続けてきましたが、「新世界」で挑戦を
し続けています。

それは「信用」と「情報」をベースとした
新しい世界です。

本書では、その世界を縦軸を「認知度」、
横軸を「信用度」にした、2軸のマトリックス
でポジションを明確にしています。

目指すは、認知度も高くて信用度も高い
象限で活動することです。

当然、西野さんは、その象限に入っていて、
堀江貴文さん、落合陽一さん、箕輪厚介さんも
同じ象限に入っていると分析しています。

ここで言っている「信用度」とは、
世間一般での信用度ではなく、ネットの世界で、
「嘘をつなかい」ことを言っています。

確かに、ここに名前を挙げた方々の本を
読むと、西野さんと同じニオイがしますね。

時代を牽引する「革命家」。

さすがに、そう言われるだけあって、
本書には、終始、読む人をアジテートする
言葉が並べられています。

そこが、新世界に入ることを迷っている人を
後押しして、オンラインサロンに集客している
のかもしれません。

  「夢を語れば笑われて、行動すれば叩かれる。
  挑戦する以上、この道は避けて通れない。
  でも、大丈夫。
  キミは、キミの最初の一歩を決して諦める
  ことはない。
  ぼくが証拠だよ。
  あれだけボッコボコに殴られても、
  死んでないだろ?」

正直、誰もがクラウドファンディングや
オンラインサロンを運営できるわけでは
ありませんが、本書を読むと新しい世界が
垣間見えてくると思います。

今の子どもがユーチューバーを憧れの職業に
挙げるように、間違いなく成功するための
選択肢が広がっているのです。

この本から何を活かすか?

西野さんのファンの方にはお馴染みなのかも
知れませんが、私は本書で「しるし書店」や
「レターポット」の仕組みについて知りました。

しるし書店とは、古本屋のプラットフォーム。

信用度の高い人が、読んだ本に線を引いたり、
付箋を貼ったり、ページを折ったりすることに
付加価値をつけて古本を売る仕組みです。

レターポットとは、1文字5円で文字を購入し、
付加価値のついたメッセージを誰かに送る
サービスです。

お金を介在するので、仮想通貨の一種です。

西野さんが凄いと思うのは、アイディアだけ
でなく、これらをちゃんと実行に移している
ところだと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ブランディング | 06:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あの明治大学が、なぜ女子高生が選ぶNo.1大学になったのか?

満足度★★★
付箋数:24

明治大学が、そんなことになっているなんて。

これが、本書のタイトルを見たときの
私の率直な感想でした。

現役の高校生や、教育熱心な母親にしてみると、
明治大学が「高校生が最も志願したい大学」
であることは、既に当然の事実のようです。

かつての明治大学は、いい大学ではあるものの、
少なくとも明るく華やかなイメージの
大学ではありませんでした。

早稲田、法政、中央などと同じように、
バンカラな男っぽいイメージの大学でした。

しかし、現在の明治大学は伝統を維持しつつ、
おしゃれな大学に変貌しました。

高校生が志願したい大学ランキングの
関東エリアにおいて、8年連続で1位を獲得
しています。

どのようにして、明治大学は変わったのか?

本書は、その理由を探った本です。

著者は、明治大学のOBではない上阪徹さんです。

上阪さんは、明治の出身ではないからこそ、
客観的な目線で、その改革をレポートできたと、
「あとがき」で振り返っています。

明治大学の人気が出たのは、高層ビルの
「リバティタワー」を建てて、キャンパスが
キレイになってからという単純な理由では
ありません。

もちろん、キャンパスが高層ビルであることも
人気の一因ですが、それは本筋ではありません。

明治大学が人気を博しているのは、
「ブランドイメージ」を大きく変えることに
成功したからです。

特に、女子の支持を得るべく広報が中心に
なって、ブランドイメージをシフトさせました。

  「明治大学のブランドイメージは2段階で
  アップした、といえるかもしれない。
  リバティタワーの建設で、明治のブランド
  イメージが変わっていくと見たタレントや
  モデルなど情報感度の高い女子学生が
  集まってきた。

  そして次に、そうして集まって来た
  女子学生という情報価値を最大化し、
  大きく打ち出していって、まだ大学イメージを
  あまり持っていない高校生たちにアプローチ
  していったのだ。

  2つの相乗効果が、志願したい大学
  ナンバーワンを生み出したのである。」

俳優の向井理さん、ジャニーズの山下智久さん、
女優の北川景子さんや井上真央さんらも
自ら希望して、明治大学に入学してきました。

明治大学は、イメージ戦略を進めると同時に、
大学の中身の改革も行いました。

 受験生に配慮した入試制度と標準的な勉強を
 していれば点数が取れる入試問題。

 日本で唯一の「数学」を全面に打ち出した学部。

 1日5000人が集まる使いやすい図書館。

 アメリカのディズニー・ワールドへの
 インターンシップ留学。

 1人当り最大300万円の留学助成金。

 1400人も募集する大規模な給費奨学金。

箱物の充実だけでなく、学生目線からの
中身を魅力的にする改革も同時に行っています。

個人的にウマイなと思ったのは、学生だけでなく、
親が納得する材料を用意しいるところです。

いくら高校生に魅力的な大学に映っても、
それだけでは納得しない親も多いでしょう。

しかし、「就活の明治」という言葉がある通り、
就職に強いことがわかれば、親も安心して
子供を明治大学に進ませることができます。

明治大学は、「全国指導教諭が勧める大学」
でも、ずっとNo1の座をキープしています。

実際に就職支援ガイダンスも高い出席率で、
年間で100を超える就職支援行事が行われ、
高い内定率を誇っているようです。

本書は、ブランディングの成功事例として
非常に良くレポートされた本だと思います。

この本から何を活かすか?

我が家では、娘が高校2年生です。

しかし、私も妻も地方の国立大出身なので、
首都圏の私立大学については、
ほとんど情報を持っていませんでした。

あまり子供の進学に関わる予定はありませんが、
親として最低限知っておいた方がいいことも
あるので、本書は妻にも薦めたいと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.


このエントリーをはてなブックマークに追加

| ブランディング | 06:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

もうモノは売らない  「恋をさせる」マーケティングが人を動かす

満足度★★★
付箋数:25

  「これは本ではない。
  あなたが最短距離でマーケティングを学ぶ
  ためのマニュアルだ。
  これを読めば、成功を最大化し、
  失敗を最小化するための考え方が身につく。
  ここでは、マーケティングは、どうすれば
  うまくいくのかを説明している。
  荒れ狂う大海原のような世界を渡っていき、
  変化を推進するためのガイドとなるだろう。」

原題「MARTKETING」。
これはMARKETINGのスペルミスではありません。

技法の「Art」と数学の「Math」を意識した
造語です。

サブタイトルは「The Heart and the Brain
of Branding(心と脳のブランディング)」。

これを「 “恋をさせる” マーケティングが
人を動かす」と訳しています。

著者は、元「コカ・コーラ」全世界統括
マーケティング・ディレクターの
ハビエル・サンチェス・ラメラスさんです。

ラメラスさんはコカ・コーラに移る前は、
P&Gでもマーケティングを担当していました。

  「誰と結婚するか、なぜ家の車、あるいは
  服や時計を買うのかといった、重要な決断は
  感情脳が下している。
  その仕組みはこうだ。
  正確な時間を教えてくれて、しかも何年も
  使える道具を買うための費用は、およそ
  20ドル―これが理性脳による判断だ。
  ところが、もし自分の成功やセンスの
  よさを表現したいと思えば、その道具に
  2000ドルを払うこともある。
  その差は明らかだ。純粋な合理的判断と比べて、
  百倍もの費用がかかることになる。」

これは、なぜ高級時計に人々は高いお金を
払うのかという事例です。

人々は「理性」ではなく「感情」によって、
より高い金額を払っています。

そうさせているのは、「ブランド」です。

ブランドは単なる商品名ではありません。

マーケティングというプロセスによって、
製品に結びつけられる価値であり、
それが人々の欲望を生み出しています。

ブランドに魅せられた欲望は、感情的であり、
人が恋をするときと同じように、
ブランドにも恋をしてしまうのです。

  「一度ブランドに恋をし、プレミアム価格で
  買い続けるようになると、次第に本能を
  つかさどる脳(反射脳)が支配しはじめる。
  我々はスーパーに無意識のうちに入っていき、
  競合製品の誘惑を無視していつもブランドを
  買う。こうしてブランド・ロイヤルティが
  形成される。」

ブランドへの忠誠は、自分の考えを表明した
ものであり、人間的な価値さえも表している
ように感じてしまいます。

本書は、大きく分けてこのような感情に訴える
ブランディングのパートと、数字をベースにした
マーケティングのパートに分かれています。

  第1章 マーケティングは感情分析だ
  第2章 マーケティングを最適化するアプローチ
  第3章 ブランドへの恋を生み出す対話
  第4章 財布を開きたくなる数字のマーケティング

ページを占める割合は、マーケティングより
ブランディングの方が多い印象です。

ただし、海外の本によくありがちな、
エピソードトークばかりで、どこが大切なのか
わかりにくい本ではありません。

ポイントも具体的にまとめられているので、
読んだ後に行動に結びつけやすい本だと
思います。

この本から何を活かすか?

本書には「マーケティングにおける10の結論」
として、以下のまとめが掲載さています。

  1. マーケティングは手段だ
  2. 恋をさせよ
  3. 新メディアはチャンスだ
  4. デザインが生死を分ける
  5. 一貫したメッセージを出し続ける
  6. 正しく質問する
  7. 価格変更はフレキシブルに
  8. リピート売上を念頭におく
  9. マーケティング部門は工場化する
  10.徹底的に理性で判断する

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ブランディング | 05:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT