活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

海駅図鑑 海の見える無人駅

満足度:★★★
付箋数:21

著者の清水浩史さんから献本いただきました。
ありがとうございます。

清水さんの本は、毎回、旅の虫を刺激します。

最初は、2012年6月に刊行された
海に癒される。 』でした。

次は、2015年7月に刊行されて話題になった
秘島図鑑』です。

そして、今回が海が見える無人駅をテーマ
にした『海駅図鑑』です。

どの本も「海」絡みであるのは、
学生時代に、早大水中クラブに所属していた、
清水さんらしいところでしょうか。

  「海の見える無人駅は、どこか島に似ている。
  海に面して駅舎やホームがポツンと佇む姿は、
  まるで大海原に浮かぶ孤島のよう。
  海と駅の他には何もない。
  そんな無人駅を訪れると、時間が止まって
  いるかのように感じる。
  島と同じく、ゆるやかな時間が流れている。
  海の見える無人駅―。
  いったい、そこにはどんな景色と暮らしが
  あるのだろう。」

清水さんは、2015年から2016年にかけて、
全国の海駅をめぐる旅を重ねました。

本書は、海駅を紹介するガイドというより、
海と駅を中心とした「旅行記」です。

海駅に行くことが旅のゴールではなく、
そこは旅の出発点でもあります。

  「海駅を旅の目的地とすれば、
  そこが旅の “終着駅” になる。
  しかし本書では、目の前の海から
  見えてくるもの、駅の周辺から
  見えてくるものにも、旅を広げていきたい。
  駅がある。海がある。
  でもそこから目を凝らせば、
  もっと多くのものが見えてくる。
  何もない(ように思える)場所が、
  多くのことを語りかけてくる。
  いうなれば、海駅は “終着点” であり、
  新たな旅の “始発点” にもなる。
  そんな “はじまりの海駅” へと、旅立とう。」

本書では、海駅を次のように定義します。

  ・駅のホームから海が見える
  ・ホームからの眺めが優れている
  ・レトロな雰囲気がある
  ・駅員がない
  ・ひっそりとした趣がある
  ・駅周辺に知られざる場所や物語がある

海駅とは、海の眺めが良くて旅情をそそる
無人駅です。

本書では、日本全国9000の駅の中から、
選りすぐりの海駅30箇所をカラー写真付きで
紹介しています。

清水さんが2年間かけて全国の海駅を巡り、
気づいたのは、海岸線を走る路線は
数あれど、ホームから海がバッチリ見える
駅は意外と少ないということでした。

それだけ、海駅は貴重な存在なのです。

そして、何と言っても海駅がいいのは、
思い立ったら気軽に行けることです。

「秘島」もすごく魅力的でしたが、
きちんと計画を立てないと行けない、
ハードルの高さがありました。

しかし、陸続きの海駅は、
急に予定のなくなった休みの日にでも、
ふらっと行くことができます。

しかも、他の人と予定を合わせていくよりも、
1人で行った方が、海駅の持つ魅力や風情を
より感じることができるように思えます。

清水さんから、本書を読んで海駅を
訪れる読者に1点だけ注意があります。

  「ただ一点だけ拘りたいのは、
  やはり海駅は鉄道を使って訪れたい、
  ということ。
  今回の旅は、すべて鉄道を使って、
  ひとりで海駅を訪ねた。」

この本から何を活かすか?

私の住む北海道で紹介されていた海駅は
次の4駅です。

  ・釧網本線 北浜駅(網走市)
  ・室蘭本線 北舟岡駅(伊達市)
  ・室蘭本線 大岸駅(虻田郡豊浦町)
  ・函館本線 石倉駅(茅部郡森町)

北海道の海駅は、夏に訪れるよりも、
雪景色の見られる冬に訪れる方が、
深い趣があってイイかもしれません。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 旅行・アウトドア | 05:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

別世界旅行──地球を遊び尽くす旅へ

満足度★★★★
付箋数:18

日本経済新聞出版社の堀内さんから
献本いただきました。ありがとうございます。

最初に断っておくと、残念ながらこの記事では、
本書の魅力を、十分に伝えられません。

なぜなら、本書は写真が非常に美しい
A5判サイズのオールカラー本だからです。

  「一生忘れない旅、別世界旅行に出かけよう。

  ただ訪れることを目的にしないで、
  旅先で “何をしたい” か、 “何を食べたい” か、
   “どんな宿に泊まりたい” か・・・・。
  そんなところまでこだわった生涯の記憶に
  残る旅を、本書では22章にわたって紹介します。
  あえて量より質にこだわり、またできるだけ
  日常から離れた別世界の旅の素晴らしさを
  感じていただきたいという思いから、
  この本をつくりました。」

本書は、あなたの探究心を満たしてくれる
究極の旅行ガイドブックです。

テーマは、大自然に囲まれ、大人の冒険心を
満たし、人生観が変わる旅。

 ・短い夏の北極で、野生のシロクマと出会う
 ・最高のサファリ体験
 ・オーロラの下で見る夢
 ・ゾウとの出会い
 ・優雅に、南の極みの世界へ
 ・砂漠で優雅なピクニックを
 ・ベトナムの秘島で最高の島風を浴びる

厳選された「別世界」が体験できる旅先が
紹介されています。

また、本書は最近多く見かける「絶景本」とは、
一線を画しています。

素晴らしい写真が並べられている点では、
同じように見えますが、旅のストーリーが語られ
細部の情報もしっかり掲載さています。

どこに泊まって、どんな過ごし方をするのか。

本書では、実際に行った気になれるように、
旅先での行動を順番にトレースして、
ミニ旅行記のように紹介されています。

普通の絶景本が絶景スポットを「点」で紹介
しているのに対し、本書は「線」でつなぎ、
記憶に残る1つの物語にしています。

宿泊先、食事、アクティビティ、過ごし方、
旅行予算、交通手段、予約方法、スケジュール例、
周辺情報などもコンパクトに紹介。

例えば、北極までの8泊10日の旅程は、
次のように示されています。

 1日目 成田発~コペンハーゲン乗継
    オスロへ 【ラディソンブルー泊】
    オスロ発ロングイェールビエンへ
    着後 ホテルへ
 2日目 オーシャンエンデュラー号乗船
    出航 【オーシャンエンデュラー泊】
 3~8日目 終日 スヴァルバード諸島クルーズ
     【オーシャンエンデュラー泊】
 9日目 オーシャンエンデュラー号下船
     ロングイェールビエン発オスロ乗継
     コペンハーゲンへ
     着後 コペンハーゲン発成田へ【機中泊】
 10日目 成田着

また、予算は1人あたり18万円(4泊6日)から
180万円(6泊10日)までの、かなり広い
レンジです。

中心は50万円~100万円ですが、
思った以上に20万~30万円前後の予算で
行ける別世界があることがわかりました。

この本に限っては、Kindle版ではなく、
紙の本で良かったと思います。

電子書籍媒体では、この本を美しい本を
手元に置いておきたいという所有欲が
満たされないからです。

それにしても、22もの別世界を堪能できる
オールカラーの本が1500円+税とは、
ちょっと安過ぎるように感じました。

この本から何を活かすか?

本書で紹介される別世界で、最も低予算で
行けるのが「バリ島」。

通常の旅行でもバリは人気の高い島ですが、
本書では、美しいビーチに近いバトラー付きの
ヴィラを借り、アクティビティの富んだ
過ごし方を提案します。

これに対し最も予算がかかるのは南極大陸。

南極も今や人気の旅行先ですが、
本書では世界一の荒海ドレーク海峡を
2時間のフライトで越える、優雅で快適な
極地旅行として紹介しています。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.


このエントリーをはてなブックマークに追加

| 旅行・アウトドア | 06:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パラダイス山元の飛行機のある暮らし

満足度★★★
付箋数:21

飛行機に乗る際に受ける手荷物検査と身体検査。

ハイジャック防止が目的で行われていますが、
毎回受けるのも、なかなか煩わしいものです。

この検査、実は搭乗者負担の「有料」で、
行われていることはご存知でしたか?

「旅客保安サービス施設使用料」という名目で、
成田空港の場合、大人も小人も同額で、
1回あたり520円を支払っているそうです。

つまり、あのゲートを通過するだけで、
520円取られているというわけです。

この旅客保安サービス施設使用料について、
本書の著者、パラダイス山元さんは、
次のように書いています。

    「せめて、ポケットにライターを入れていて
    ピンポンと鳴ったり、カバンの中にハサミとか
    入れていて “中を拝見してもよろしいでしょうか”
    と言われた客からだけにしてほしいと、
    切に思います。ゲートを通過する際ピンポンが
    鳴り響き、お立ち台の上に立たされ、
    手を横に伸ばし、女性の保安警備員から、
    全身マッサージをされているかのような客が
    うらやましく思えることさえあります。」

本書は、2013年に刊行されて大好評だった
パラダイス山元の飛行機の乗り方』に続く
シリーズ第二弾。

何がシリーズかというと、
「すべて飛行機の中だけで執筆する」
ことをルールとしたシリーズです。

    「仕方ない状況の中、地上で生活していると、
    締め切りを大幅に過ぎる事態となり、
    今度は、この本を書くという目的を持って、
    元日、羽田からパリ行きに搭乗しました。
    本来なら、 “目的地へ訪れるという目的”
    などは決して定めず、飛行機で暮らすが
    ごとく、ただ純粋に搭乗することそのものが
    楽しみでしたのに、最初から執筆目的の
    搭乗とわかっているのは、少々ツライものが
    あります。」

実際に羽田からパリ行きの飛行機の中では、
数ページしか執筆できなかったようですが、
パラダイスさんにとっては、それはそれで、
飛行機に乗ることができればOKなのです。

パラダイスさんは、毎年ダイヤモンドメンバー
資格を維持しているミリオンマイラーです。

年間の搭乗回数は、なんと1000回以上。

平均して、毎日3回乗っている計算ですから、
パラダイスさんって、何をしている人なの?
と疑問が生まれてくるのは当然です。

私も真っ先に、プロフィールを確認しました。

    肩書は、ハイパーミリオンマイラー。
    本業は、マンボミュージシャン。
    所属は、株式会社よしもとクリエイティブ
    ・エージェンシー。
    役職は、グリーンランド国際サンタクロース
    協会 日本代表。
    前職は、富士重工業株式会社 技術本部
    デザインセンター。
    特技は、保安検査場で身体検査されずに
    通過すること。
    信条は、貯めたマイルは裏切らない。
    日課は、マイルをコツコツ貯めること。
    趣味は、献血

これが、本書に書かれているパラダイスさんの
プロフィールです。

餃子王、マン盆栽家元、入浴剤ソムリエという
肩書などもあり、結局、何をしている方かは、
よくわかりません。

何をしている人と、明確に定義すること自体が、
パラダイスさんにとっては無意味なのかも
しれませんね。

本書は、そんなパラダイスさんの
飛行機にまつわる脱力系のエッセイです。

この本から何を活かすか?

私は本書をちょっと前から目をつけていましたが、
どうせ読むなら、飛行機に乗った時に読もうと
決めていました。

地上で読まれるよりも、機内で読まれた方が、
きっと、パラダイスさんも嬉しいはず。

そんな訳で、今回、搭乗する機会があったので、
やっと本書を読むことができました。

正直、爆笑というわけではありませんが、
やはり機内で読むと、ニヤリとする所や、
さすがミリオンマイラーと思う箇所が
多かったですね。

私の場合は、読むのは機内でしたが、
この記事を書いているのは、都内のホテルです。

ブログ程度の短い文章とはいえ、
搭乗中に記事を書くことはできませんでした。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 旅行・アウトドア | 04:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

人生を変える南の島々。アジア編

満足度★★★
付箋数:22

  「本書は、アジアに点在する100以上の南の島々を
  高城剛がまわり、そのなかから独断と偏見で
  選んだ島をリストアップしたものです。
  近年、一般的な旅行ガイドブックは、美しい写真を
  どこかから借りてきて、行ったこともない場所を
   “絶景” などという言葉だけで販売する悪しき習慣
  がまかり通っています。映画評論でも音楽評論でも
  見たこともない映画を論じる人や、聴いたことも
  ない音楽を論じる人は皆無ですが、不思議なことに
  日本の旅行ガイドブックは、行ったこともない
  場所を行ったことがない人におすすめすることが
  許されています。」

最初は、いくらカラー写真が多いとはいえ、
250ページ程度の本で税抜き2480円とは、
ちょっと高いなと思いました。

しかし、紹介されている島々を実際に高城剛さんが、
何度も自分の足で周ったと考えると、
それほど高くはないような気もします。

旅行ガイド本には、豊富で正確な情報を売りにする
タイプの本と、旅へのモチベーションを上げる
タイプの本の2種類がありますが、本書は後者です。

今の時代、ネットの情報がありますから、
お金を出して買う価値があるのは後者の方
なのかもしれません。

高城さんも「独断と偏見」と言っている通り、
本書は一般化された旅行情報を得る本とは、
少し違います。

近所の旅行好きの兄ちゃんから、ついこの前まで、
行っていた旅先の話を聞くようなイメージです。

私は、旅については高城さんと趣向が合うので、
かなりその情報を信用しています。

かつて高城さんが愛用していた旅行バック、
karrimorエアポートプロ40」を、
私も真似して使っているほどです。

さて、本書で紹介されているのは、
30余りの美しいアジアの南の島々。

  「本書に記載したアジアの南の島々は、日本からの
  直行便がほとんどありません。しかし、各国の
  主要都市から片道数千円台で行くことが可能な島を
  多く選んでいます。」

人が集まれば集まるほど、海は汚れるもの。

直行便がなくて、簡単に行けないからこそ、
海の美しさが保たれているのでしょう。

本書で、高城さんが一押ししているのが、
タイのリペ島です。

  「世界で最も美しい海だ、といわれたタイのピピ島
  が、今や渋谷スクランブル交差点同様の人混みと、
  それによる環境の悪化で見る影もなくなって
  きているが、そのような “美しかったタイの島” を
  追いかけている人たちが最後にたどり着くのが、
  このリペ島である。」

リペ島は、タイの南端に位置するため、実際は
タイから入るよりも、マレーシアから入る方が
アクセスがいいようです。

  「マレーシアの有名な観光地であるランカウイから
  船で小一時間も行けば、アジアの最後の楽園リペ島
  にたどり着くが、残念ながらほとんどの
  旅行ガイド本には、その記載がない。
  なぜならリペ島はタイで、マレーシアの
  旅行ガイド本の “管轄外” だからだ。」

これは一般的な旅行ガイド本が、国別に刊行されて
いることによって起こる弊害。

こういった点が、実際に現地を自分の足で
周っている高城さんだからこそわかる情報です。

そして、もう1つ本書の大きな特徴は、
「変化」が書かれていることです。

それは1度訪れるだけでなく、何度も訪れて
いないとわからない情報です。

  「訪れるたびに驚くのは、増え続ける人混みである。
  この島は欧州からの学生バックパッカーの入り口で、
  港の人混みは週末の原宿と変わらない。
  近年は、イギリス人が減り、北欧からのゲストが
  増えた。ドイツ人と中国人は変わらず多くいる。」

これは先程、リペ島と比較されていた、
タイのピピ島の紹介文です。

今は、レオナルド・デカプリオさん主演の映画、
ザ・ビーチ』の舞台となった頃のピピ島では、
なくなってしまったようです。

この本から何を活かすか?

本書で唯一日本の島として紹介さていたのが、
「座間味島」です。

  「この島の隣りにある阿嘉島と共に、この15年間
  僕が通い続けているのが座間味島。どちらの島を
  “日本が誇る最高の島” として掲載するか
  迷いに迷った挙句、アクセスが良く、ファミリー
  にも向いている座間味島を取り上げることにした。」

シュノーケリングのシーズンは、4月の海開きから
10月下旬までなので、是非、行ってみたいですね。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 旅行・アウトドア | 12:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

TraveLife

満足度★★
付箋数:15

  「本書でシェアしたいことは、旅こそひとりの人間として
  成長するための良き師であり、インスピレーションの源では
  ないかということ。そして旅という最良のツールとリソースを、
  より多くの方々に活用してほしいということ。」

本書はハワイと東京の2拠点でデュアルライフを送りつつ、
世界中を旅してまわっている本田直之さんが、
旅から得た35の大切な気づきをまとめた本です。

旅の有用性は、昔から多くの賢人によって語られてきました。

本書の中でも紹介されていますが、旅にまつわる名言を
いくつか挙げてみましょう。(以下、敬称略)

  ・旅をしない者は人間の価値を知ることはできない。
   ―ムーア人の諺

  ・世界は1冊の本のようであり、旅をしない者は本の最初の
   ページだけを読んで閉じてしまうようなものだ。
   ―アウグスティヌス/神学者

  ・真の発見の旅とは、新しい景色を探すことではない。
   新しい目で見ることなのだ。
   ―マルセル・プルースト/作家

  ・旅は真の知識の大きな泉である。
   ―ディズレーリ/政治家

  ・旅の過程にこそ価値がある。
   ―スティーブ・ジョブズ/起業家

  ・移動距離とアイデアは比例する。
   ―高城剛/クリエイター

本田さんは、人生で初めての3つの旅を通して
旅が自分の人生を形づくり、大きな刺激を与えて
くれることに、気がついたようです。

最初は1990年に行った1ヶ月間のフィジーの旅。

まだ英語もあまりできない大学生だった本田さんは、
この旅で、語学や知識などの自己表現のツールを身につける
必要性を痛烈に感じました。

次が1991年に卒業旅行で行ったハワイの旅。

この1ヶ月の旅で、本田さんはハワイの文化に触れ、
「いつかここに住みたい」と目標を明確に持ちました。

3度目は1995年から2年間の米アリゾナのビジネススクールへの留学。

この留学で自己主張の必要性や本物の個人主義を体感し、
年功序列ではないキャリアデザインがあることを知りました。

こういった経験が原体験となり、年の半分をハワイ、3カ月を東京、
2カ月をヨーロッパ、1カ月をオセアニア、アジアなどの国で
生活する、現在の本田さんのライフスタイルが形づくられました。

ところで、なぜ、旅はクリエイティビティを高めるのか?

それは「不便や制約から何かを生み出す能力」が
磨かれるからと、本田さんは解説します。

  「旅とは、不便や制約のもとで工夫し、何かを生み出す
  最良のトレーニングだ。まず、言葉が通じないという不便があるし、
   “時間を誰も守ってくれない、ほしいものがすぐ手に入らない”
  といった制約もある。(中略)
  制約の中でどうやるかという工夫を楽しめば、どこに行っても
  自分のベストのパフォーマンスができるということだろう。」

この本から何を活かすか?

では、本田さんのように、いつでも自由に旅ができない人は
どうしたらいいのでしょうか?

  「旅するように暮らす」

例えば、日常生活で2つの選択肢があったとします。

1つは、いつもやっていること。
もう1つは、今までにやったことのないこと。

この2つの選択肢があったら、迷わず初めての方を選択する。

本書には、このように書いているわけではありませんが、
常にやったことのない方、選んだことのない方を選択するように
心がけていれば、毎日が旅するように変わると思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 旅行・アウトドア | 11:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT