活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

大前研一 稼ぐ力をつける「リカレント教育」


大前研一 稼ぐ力をつける「リカレント教育」(誰にも頼れない時代に就職してから学び直すべき4つの力) (OHMAE KENICHI RECRUIT EDITION)

満足度★★★
付箋数:23

  「2018年頃から “リカレント教育” 
  という言葉をようやく日本でも耳にする
  ようになった。
  リカレント教育とは、基礎学習を終えた
  社会人が、自身のキャリアのために
  10年ごとなどに学び直しを繰り返し行う
  ことである。日本ではまだこの存在自体
  を知らない人も多いが、国際的には
  昔から知られていたものだ。」

リカレント教育とは、スウェーデンの
経済学者、ゴスタ・レーンさんが
考え出した教育概念です。

この考えを経済協力開発機構(OECD)が
1970年代に提唱したことで注目されたと
言われますから、欧米では随分前から
知られていたようです。

ちなみに、「リカレント(recurrent)」
とは、辞書的には再発・回帰・周期的に
起こるなどを意味します。

今、リカレント教育が日本でも注目され
始めたのは、日本政府がこの教育の拡充を
検討すると言い始めたからです。

しかし、日本政府が拡充しようとしている
リカレント教育は、大前研一さんが考える
本来のリカレント教育と違っています。

日本政府が言っているリカレント教育は、
人生100年時代において、定年退職後の
再就職や失業対策を主眼としたもの。

年休受給開始年齢を70歳以降まで、
引き上げようとしている伏線です。

一方、大前さんが考えるリカレント教育
とは、若年層から生涯にわたり行うべき
と考えているもの。

リカレント教育は、いつから初めても
いいですが、遅くとも、40代には
始めるべきとしています。

目的は、シンギュラリティや
デジタル・ディスラプションに
打ち勝って生き残るためです。

時代に淘汰されない「稼ぐ力」を
身につけることを主眼とします。

本書では、リカレント教育先進国の
北欧やドイツの事例を見ながら、
日本に必要なリカレント教育の姿を
明らかにしていきます。

それでは、日本人はリカレント教育で、
何を学ぶべきなのでしょうか?

大前さんは、AI時代にビジネスパーソンが
身につけるべき能力を4つ挙げています。

 1. 問題解決力
  すべての年代で必要な、現場で求め
  られる能力。

 2. ハードスキル
  IT、ファイナンス、マーケティング、
  統計など、若い時代から身につける力。

 3. ソフトスキル
  リーダーシップやコミュニケーション
  (英語を含む)などで、こちらも
  あらゆる年代で必要な能力。

 4. 構想力
  0から1を生み出す能力で、特に経営層
  などで必要とされる能力。

社会人になってすぐにリカレント教育に
取り組めるなら、ハードスキルから順に
身につけていくのがいいでしょう。

すでに中間管理職以上になっている方は、
構想力を鍛えるトレーニングをメインで
やるのがいいようです。

特に日本人は、0から1を生み出すことが
苦手とも言われています。

最終的に構想力を身につけなくては、
世界と戦える力にならないのです。

本書で、大前さんはリカレント教育を
通じて、答えのない時代でも生き残って
いく能力の身につけ方を説いています。

 第1章 人工知能時代の「リカレント教育」
 第2章 デジタル時代に不可欠な
    「リカレント教育」
 第3章 「リカレント教育」で日本の教育は
    変わる
 第4章 北欧、ドイツの「リカレント教育」
    先進国から学べ
 第5章 「リカレント教育」で構想力を
    育てよ

この本から何を活かすか?

構想力をトレーニングする際に、
次の2つのポイントを念頭に置いておくと
いいようです。

  1. 構想は、コンセプトやビジョンよりも
   ひとつ大きな概念であること。

  2. 構想は、「見えないもの」を個人の
   頭の中で見えるようにものであること。

トレーニングの際は、答えをすぐに手に
入れようとしないことも重要のようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事術・スキルアップ・キャリア | 05:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

会社を50代で辞めて勝つ! 「終わった人」にならないための45のルール


会社を50代で辞めて勝つ! 「終わった人」にならないための45のルール

満足度★★★
付箋数:23

オトバンクの上田さんより献本頂きました。
ありがとうございます。

あなたは、何歳までサラリーマンとして、
働くつもりですか?

2013年に高齢者雇用安定法が改定され、
希望する人全員を企業は雇用することが
義務付けられました。

そのため60歳で定年した後、65歳まで
再雇用する会社が多くなっています。

あなたがその気なら、今の会社で
65歳まで働くことが可能です。

しかし、企業側からすると、
特殊な技能を持っている人を除けば、
50歳以上の人には、早く辞めてもらいたい
のが本音のようです。

「終わった人」と言われながらも、
会社には残りたくはないですね。

  「だが、がっかりすることはない。
  会社という場所を一歩離れれば、
  自分の経験や知識を活かす場所が
  存在しているかもしれない。
  自分自身の未来をもっと輝かせたいと
  思うなら、外の世界へ一歩踏み出す
  という選択肢もあるはずだ。」

本書は、50代になってから会社を辞めて、
フリーランスとして働くことを勧める
本です。

著者は、実際に54歳7ヶ月のときに、
トヨタを辞めてフリーランスとなった、
高田敦史さんです。

辞める前の役職は、レクサスブランド
マネジメント部部長だった方です。

本書には、高田さんの体験で得られた、
知恵やノウハウが盛り込まれています。

50代でフリーランスになるための、
実務的な指南書です。

ところで、なぜ、50代でフリーランス
として独立すべきなのでしょうか?

その理由の1つは、フリーランスには
定年がないことが挙げられます。

会社勤めでは、働けても65歳まで。

しかし、人生100年時代において、
豊かな老後を送るには、少なくとも
70歳までは働いておきたいところです。

また、現在、中高年の独立に
追い風が吹いています。

政府も税制や社会保険の制度などを
フリーランスが働きやすい方向に整える
方針を示しています。

更に、50代で会社を辞めることは、
若い世代のチャレンジと比べると、
リスクは多くありません。

50歳を過ぎてから辞めれば、
退職金もそれなりにもらえますし、
企業によっては、早期退職制度で
退職金の割増もあります。

また、支給年が繰り下げられたとは言え、
65歳からは厚生年金ももらえるので、
全くお金がない中でのチャレンジには
ならないのです。

しかし、本書では闇雲に全員に、
50代でフリーランスになることを
勧めているわけではありません。

やはり、独立に向く人と向かない人が
います。

本書では、「50代で会社を辞めるための
10の心得」で、独立の適性が診断できる
ようになっています。

その中から、いくつか紹介しましょう。

 ○ 辞められる人は、40代までに
  自分の専門分野が固まっている
 × 辞められない人は、社内事情には
  詳しいが専門分野を持っていない

 ○ 辞められる人は、「会社から
  ノウハウを盗む」と考える
 × 辞められない人は、「仕事は
  お金のため」と割り切る

 ○ 辞められる人は、オフタイムでも
  専門分野の勉強は欠かさない
 × 辞められない人は、年を取ってまで
  勉強したくないと考える

このように適正もあれば、50代になる
までに準備も必要です。

何の準備もない人が、急に50代になって
独立して成功するわけではありません。

ですから本書のタイトルは「50代」と
なっていますが、30代や40代の人にこそ、
将来を見据えて読んで欲しい本です。

この本から何を活かすか?

本書では、「起業」は勧めていません。

50代でやるのは、それまでの経験や
知識を活かして、「個人」でフリーランス
として生きていくことです。

起業するのではなく、あくまでも個人です。

50代で、過度なリスクを取るのは禁物。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事術・スキルアップ・キャリア | 05:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1日の仕事を3時間で終わらせるダンドリ術


1日の仕事を3時間で終わらせるダンドリ術

満足度★★★
付箋数:19

  「私が会社を辞めて独立し、税理士業を
  始めたのは2005年です。そして今から
  13年前の2006年頃、税理士として脂が
  乗ってきた私は、1日16時間以上仕事を
  していました。
  しかし今は、1日のうち3~4時間しか
  実質的に仕事をしていません。
  これは誇張でもなんでもなく、
  本当のことです。」

本書は、仕事、環境、行動を徹底的に
見直すことで、1日の労働時間を8割減らす
ことに成功したノウハウを公開した本。

著者は、『「仕事が速い人」と
「仕事が遅い人」の習慣
』なども執筆
している、税理士の山本憲明さん。

このように紹介すると、山本さんは、
税理士で自営しているからできたのでは
ないかと思うかもしれません。

しかし、職種や働く形態に関わらず、
仕事の効率化は可能だと、山本さんは
言います。

  「ほとんどの人は “ムダな仕事” や
   “やらなくていい仕事” で時間を
  浪費しています。また、 “これを
  やらなきゃ” という仕事も、
  よくよく考えてみると単なる
   “思い込み” だったりします。
  私の経験上、 “これをやらなきゃ” 
  と思っていた仕事の大半をやめて
  しまっても、何の問題もありません
  でした。」

本書では、ムダな8割を捨てて、
重要な2割だけに集中することを
目指します。

そのために、最初にするのは
「考え方」を変えることです。

「やらなくてはならない」と思っている
仕事の大半は、実は単なる思い込み。

実際は、今やっている多くの仕事が、
「機械にまかせる」、「人にまかせる」、
「その仕事自体をやめてしまう」の
いずれかの方法で手放すことができる
と山本さんは説明します。

最初に、「やること」を決めると、
仕事がどんどん増えてしまうので、
先に「やらないこと」を決めます。

今やっている仕事を棚卸しして、
ムダな8割と重要な2割を把握します。

レコーディングダイエットのように、
2週間から1ヶ月くらいの期間、
詳細な行動記録をつけながら
仕事をすることが勧められています。

これは仕事だけでなくプライベート
でもやってみると、日頃なんとなく
やっているムダなことが浮かび上がり、
やらなくなっていきます。

例えば、ことあるごとにスマホや
SNSをチェックしてしまう人。

チェックするたびに記録するので、
それが面倒で回数が自然と減って
いくようです。

また本書では、働いてお金をもらう
時給感覚とは、逆の考えを持つことを
推奨しています。

それは、「時間を使ってお金を得る」
のではなく、「お金を使って時間を
増やす」という考え方。

この考え方に変えると、今までよりも、
良質な人生が送れるようになる。

個人的には、本書のノウハウよりも、
考え方の方が役に立ちました。

 第1部 仕事と人生の「ムダな8割」
    を徹底的に手放す
 第1章 身のまわりの「ムダ」を洗い出す
 第2章 あなたのまわりは「ムダなモノ」
    だらけ
 第3章 あなたの1日は「ムダな時間」
    だらけ
 第4章 あなたの頭の中は
    「ムダな気持ち」だらけ
 第5章 あなたの仕事を邪魔する
    「ムダな言葉」を手放す
 第2部 「重要な2割」を徹底的に磨く
 第6章 言葉の使い方を変えて思考を磨く
 第7章 仕事の使い方を磨いて
    仕事の質を上げる

この本から何を活かすか?

本書で、手放すことが勧められて
いたのは、以下の言葉です。

 「だと思います」、「○○みたいです」、
 「いいんじゃないの」、「とりあえず」、
 「考えてみます」、「忙しい」、
 「申し訳ありません」などなど。

こられは、つい使ってしまいがちな、
仕事の邪魔をする言葉です。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事術・スキルアップ・キャリア | 05:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「いつでも転職できる」を武器にする 市場価値に左右されない「自分軸」の作り方


「いつでも転職できる」を武器にする 市場価値に左右されない「自分軸」の作り方

満足度★★★★
付箋数:26

このまま今の会社にいていいのか?

多くの人が、このようにモヤモヤと
悩んでいます。

2018年6月に紹介した北野唯我さんの
転職の思考法』は、転職本の中では、
非常に面白い本でした。

本書は、それに匹敵する本。

いや、本書の方がオススメできる
かもしれません。

あなたには、「自分の人事権」を
持っていますか?

自分の人事権とは、就きたい
ポジションがあれば、そこに自由に就く
ことのできる力です。

1つの会社にいて、自分自身の人事権を
持っている人は、滅多にいないでしょう。

しかし、好きなタイミングで、
自分がやりたい仕事に「転職」できると
すると、それは人事権があるのと同じ
ことになります。

本書は、自分軸で価値を作り、
「いつでも転職できる」を武器にする
ための本です。

著者は、人事・戦略コンサルタントの
松本利明さんです。

松本さんは、これまで5万人以上の
リストラと、6500人を超える次世代
リーダーの選抜や育成を行ってきた
「人の目利き」。

本書では、その豊富な経験から、
会社や世の中がどのように変わっても、
戦っていける、キャリア構築の方法を
伝授します。

まずは、最近よく聞くようになった
「やりたいこと」をやって、
本当に稼げるのかという問いについて。

実際、「これがやりたい」と、
明確にやりたいことを持っている人は
少ないものです。

なぜなら、やりたいことの9割は、
情報によってもたらされるものだから。

頭だけで考えても、本当にやりたいか
どうかは、わからないのです。

そこで、松本さんは、やりたいこと
よりも、「向いていること」を
見つけることを推奨しています。

向いている仕事の中で、
次に「儲かる」仕事を探すのです。

例えば、経理の仕事が向いているとして、
同じ経理職に就いたとしても、
業界によって報酬は大きく異なります。

TV局なら年収1000万円を超えますが、
介護の業種なら年収350万円ほどです。

これは業界によって、儲けの構造、
いわゆるビジネスモデルが違うため、
ほとんど同じ仕事をしていても、
年収に3倍もの差が生じるのです。

自分軸に合っていて、かつ、
儲かる市場構造の仕事に就くのが、
探すべき「自分の居場所」です。

「自分の居場所」で働くことで更に、
自分をいつでも好きなときに高値で
売ることができるようになります。

そして、キャリアはアップさせる
のではなく、スライドさせるのが正解。

キャリアはアップすれば、するほど、
市場自体は狭くなってしまいます。

そこで、同じキャリアでも横に
スライドさせることで、楽に市場が
広がっていきます。

スライドする方向は、「逆張り」。

ライバルの少ないアウェイに
スライドすると、成功する確率が
高くなります。

そのために、本書では自分軸で売れる
キャラを組み立て、市場価値をつくる
方法を解説します。

松本さんの説明は、かなり納得感があり、
今後、自分がこれから歩むべき道が
明確に見えてきます。

本書は、今すぐにでも転職しようと
考えている人にはもちろん、
まだ具体的に転職を考えていない人の
キャリア形成にも役立つ本です。

この本から何を活かすか?

  「これからの時代は、『北斗の拳
  ではなく、『ONE PIECE』で
  いきましょう。」

これが松本さんからの提案です。

北斗の拳のように、一生のうちで
使うか使わないかわからない技、
秘奥義まで習得すると時間がかかり、
無駄が多くなります。

それよりも、これからの時代は、
「自分が食べた悪魔の実=自分の資質」
をハッキリさせて、それに磨きをかる
キャリア形成の方が合っているようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事術・スキルアップ・キャリア | 04:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ゼロから“イチ”を生み出せる! がんばらない働き方


ゼロから“イチ"を生み出せる! がんばらない働き方

満足度★★★★
付箋数:25

  「みなさん、こんにちは。ピョートルです。
  いきなりですが、いま私がみなさんに
  一番お伝えしたいのは、
   “がんばらないでください!” ということです。」

本書の著者は、元Google人材育成統括部長の
ピョートル・フェリクス・グジバチさん。

日本人にとって「がんばる」ことは、
美徳であり、良いこととされています。

しかし、ピョートルさんは、
「がんばる」は日本特有の表現であると指摘し、
本書では、「がんばらない」働き方を勧めます。

なぜ、「がんばらない」方がいいのか?

それは、「がんばろう」と考えた時点で、
思考停止に陥ってしまうから。

本来は、どんなプロセスでやれば成果が
出るか話し合うべきなのに、「がんばる」と
決めた時点で、精神論になります。

  「 “がんばる” はソリューションでは
  ありません。がんばることをよしとする
  働き方を続けても、目先の仕事に追われ
  続けるばかりで、いずれ疲弊してしまう
  のではないでしょうか。
  その仕事の意味をじっくり考える余裕も
  なければ、仕事を心から楽しむことも、
  大きな課題を解決すことも、できない
  でしょう。」

「がんばる」ことは目的ではありませんが、
同時に「がんばらない」ことも目的では
ありません。

大切なことは、その先にあります。

それは、インパクトの大きい仕事をすること。

インパクトの大きい仕事は、何も考えず、
すぐに仕事に飛びついて、いつも作業に
追われている状態ではできません。

落ち着いて、頭を整理する余裕がないと、
何が重要で、何が重要ではないか、
判断がつかないのです。

ですから「なるはやで」、「すぐやる」も
日本人のやってしまう悪い癖だと、
ピョートルさんは指摘しています。

もちろん、すぐに行動すること自体が
悪いことではありません。

本来の目的やゴールを確認せずに、
また、どの手段を使うと最も効果的かを
整理せずに、条件反射的に動いてしまう
ことがいけないのです。

仕事のスピードは、がむしゃらさで出す
ものではありません。

例えば、最初から完成品を仕上げにいく
のではなく、まずはプロトタイプを作って、
イメージをしっかり、すり合わせる。

会議では、全員のコンセンサスを取らずとも、
必要最小限の人数で骨格を固めて進める。

交渉の場では、持ち帰って検討せずに、
その場で決済者にコンタクトを取り、
決断してしまう。

こうしたプロセスで、アウトプットの
スピードを上げていくのです。

また、ピョートルさんは生産性を
上げるために、職場でのコミュニケーション
にも言及しています。

それは、忖度がはびこらない職場。

  「 “忖度” が多い職場も、ムダながんばりを
  求められ、疲れるばかりで心理的安全性を
  損ねています。(中略)
  忖度する必要のない組織は、仕事に集中でき、
  パフォーマンスも高まります。」

個人的には、本書で示されている
ピョートルさんの考えは、しっくりくる
ものが多くありました。

「がんばらない」ことから始めて、
1つずつ、今までの凝り固まった働き方を
変えていくことが、生産性のアップに
つながる鍵だと思います。

  1章 なぜ「がんばらない」ほうが
    うまくいくのか?
  2章 to doをこなそうとがんばっていませんか?
  3章  “意図のないX” をやめよう
  4章 自分の影響力が上がるネットワーク術
  5章 「インパクト」が大きくなる働き方
  6章 「心理的安全性」をキープする方法
  7章 自分にしかできない「新しい価値」の
    生み出し方

この本から何を活かすか?

あなたの仕事のやり方は、「マラソン型」?
それとも「スプリント型」?

  「グーグルらしい働き方に “スプリント” 
  があります。マラソンのようにずっと
  走り続けるのではなく、全力ダッシュと
  休養を繰り返すものです。仕事に集中する
  時間と、休息にあてる時間を、意識的に
  つくります。」

本書が勧める働き方は、「スプリント型」。

1つのことに集中する単位を「90分」とし、
その後に、10~15分の休憩を入れます。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事術・スキルアップ・キャリア | 05:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT