活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

働けるうちは働きたい人のためのキャリアの教科書

満足度★★★
付箋数:21

あなたは、何歳まで働く予定ですか?

平均寿命が延びて、いまや「人生90年時代」と
言われています。

そんな中で、ほとんどの会社の定年は60歳。

そこから定年再雇用で働いたとしても、
今の会社では65歳までしか働けないという方が
多いと思います。

これからの時代のシニアはかなり元気なので、
60歳から先、65歳から先には、まだまだ長い
人生が残っています。

定年後は働かないという選択肢もありますが、
働いて誰かに必要とされることで、
得られるものも大きいはずです。

だからと言って、ある年齢を過ぎたら、
「交通整理の日雇いアルバイト」や「清掃」、
あるいは「ビル管理」の仕事しか選べない
人生になるのは、非常に寂しいものです。

本書は、現在40代・50代の方が、できるだけ
長く働くためのキャリアプランを考える本です。

著者は、中高年専門の人事のプロで、
ライフデザインアドバイザーの木村勝さんです。

木村さんは、長年企業の人事部に籍を置き、
現在も人事領域で独立業務請負人として、
人事・キャリア実務に携わっている方です。

木村さんは30年間のサラリーマン生活の中で、
出向、M&A、独立などの様々な
キャリアチェンジを経験されたそうです。

さて、少しでも長く働こうと思ったときに、
定年になってから、「さてどうしようか」
と考えては遅すぎます。

もし、キャリアチェンジを考えるなら、
定年前の準備で9割が決まってしまうので、
40代・50代からの備えが必要です。

そこで、現在会社勤めをしている方にとって、
現実的な選択肢は4つしかありません。

  1. 今の会社に勤め続ける
  2. 転職する
  3. 出向する
  4. 独立起業する

それぞれメリット・デメリットがあるので、
どれが良くて、どれが悪いかという話では
ありません。

本書では、それぞれのシナリオを見て、
自分にはどの選択肢が合っているかを
検討します。

重要なのは、流されることなく、
「自分の意思を持って選択し実行」
すること。

しかし、本書のテーマが「働けるうちは、
いつまでも働ける」ようにすることなので、
どちらかと言うと、最終的に「独立起業」を
目指すキャリアプランを想定しています。

  「シニアの強みを活かして “定年のない
  エイジレスな働き方” を実現することこそ
  シニアにとって目指すべきキャリアの
  最終ゴールと私は考えています。(中略)
  年齢にかかわりなく働けるまで
  働き続けるキャリアを志向するためには、
  会社での雇用には期間制限がありますので、
  最終的には勤め人を卒業して、
  個人で働くことになります。」

以前紹介した東京大学高齢社会総合研究機構の
東大が考える100歳までの人生設計』は、
人生設計全体を考える本でしたが、
本書は定年以降も働くことに特化した本です。

実際に独立起業するかどうか別にして、
一度自分のキャリアを棚卸しして、
90年の人生の中で、「自分は何がしたいのか」
を真剣に考えることは必要だと感じました。

  第1章 人生90年時代、どうキャリアを
     考えるのか
  第2章 人事のプロがリアルに教える
     4つのキャリア選択肢
  第3章 定年前に知っておきたい
     キャリアチェンジの基礎知識
  第4章 人生90年時代の
     実践的キャリアチェンジ術

この本から何を活かすか?

シニアが学ぶべき映画『マイ・インターン

これは、主演がロバート・デ・ニーロさんと
アン・ハサウェイさんの2015年アメリカ製作の
コメディ映画です。

デ・ニーロさん演じるベンが熟年力を発揮し、
シニアとして魅力的かつ理想的な働き方を
しているそうです。

木村さんが、あまりにも絶賛しているので、
今度、見てみようと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事術・スキルアップ・キャリア | 06:01 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

図解 2割に集中して結果を出す習慣術 ハンディ版

満足度★★★
付箋数:22

著者の古川武士さんから献本いただきました。
ありがとうございます。

あなたの周りには、次のような人はいませんか?

 ・いつも他の人より早く帰っているのに、
  きちんと成果を出している。

 ・いつも余裕があるように見えるのに、
  締切や納期をちゃんと守っている。

 ・あまり仕事をやっているように見えないのに、
  いつの間にかやるべきことを仕上げている。

一般の人から見ると、こういう人の
仕事ぶりは、不思議に思えるかもしれません。

このような人の仕事の仕方は、何が違うのか?

  「その人は、仕事の本質を見極め、成果が出る
  ポイントに全力投球し、それ以外の部分は
  上手に力を抜いているのです。」

力が抜けない人は、「完璧主義」に嵌まる
傾向があります。

細部までこだわって、完璧を目指す完璧主義は、
決して悪いものではありません。

特にスポーツ選手や芸術家、職人といた、
1つのことを極めることが求められる職種では、
完璧主義は人を感動させる仕事につながります。

しかし、一般のビジネスパーソンにとって
過剰な完璧主義は、仕事の弊害になることが
少なくありません。

多くのビジネスパーソンは、1つの仕事に
没頭するより、次々とやるべき仕事が舞い込み、
限られた時間の中で、成果を出すことが
求められます。

ビジネスで求められるのは、
完璧主義ではなく、「最善主義」。

最善主義とは、力の入れどころ、抜きどころを
見極めて、より無駄をなくし、限られた時間で
最大の結果を出す働き方です。

完璧主義も最善主義も、その人の性格ではなく、
「思考習慣」だと古川さんは指摘します。

習慣であれば、変えることができるのです。

本書では、33の項目について、完璧主義の人と、
上手に力を抜く人(最善主義の人)を比較します。

 ・完璧主義の人は、がんばること自体に
  美徳を感じている
 ・上手に力を抜く人は、結果が出ることに
  美徳を感じている

 ・完璧主義の人は、無制限にがんばる
 ・上手に力を抜く人は、制限をもうけてがんばる

 ・完璧主義の人は、妥協することを許せない
 ・上手に力を抜く人は、戦略的に妥協して
  最適化する

 ・完璧主義の人は、すべて網羅しようとする
 ・上手に力を抜く人は、結果が出る部分を
  徹底する

 ・完璧主義の人は、自力でがんばり続ける
 ・上手に力を抜く人は、他人の力を
  上手に借りる

このように2つの行動習慣を対比させることで、
完璧主義から最善主義への移行をすすめます。

人類は、楽をすることを考えて、
いろいろなモノを発明し、
これまで進歩を重ねてきました。

ですから、力を抜くことを考えることは、
生産性を上げるためのキーポイントなのです。

本書は2014年11月に刊行された
力の抜きどころ』の内容を抜粋し、
大幅に加筆修正し、ハンディ版にしたものです。

私は、オリジナル版も読んでいますが、
かなり別の本になった印象を受けました。

それは本書が、かなり図解化されたからです。

紹介されている項目数は、減っていません。

しかし、本書では文章での説明を短くし、
その分わかりやすい図を大きく入れています。

大事な2割に集中して、効率よく成果を上げる
最善主義は、本書を改訂する際にも、
活かされたのだと思います。

この本から何を活かすか?

「戦略」にはいろいろな定義があります。

「戦略とは何をやらないかを決めることである」
と言ったのは、ハーバード大学経営大学院教授の
マイケル・ポーターさんでした。

本書で古川さんが伝える最善主義は、
正にこのポーターさんの戦略の定義そのもの。

  「上手に力を抜く人は、限られた時間で
  相手の要望を最大限満たすために、
  時間や人、エネルギーを効率的に使おうと
  します。そのために、戦略的に切り捨てたり、
  諦めたり、ハードルを下げたりと当初の
  予定を柔軟に変えていきます。」

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事術・スキルアップ・キャリア | 06:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いらない部下、かわいい部下

満足度★★★★
付箋数:25
アジア・ひと・しくみ研究所さんより
献本いただきました。ありがとうございます。

人事評価に対して、常に不満を言っている人と、
ほとんど言わない人がいます。

どういう人が、常に不満を言っているのか?

それは、成果の出せないローパフォーマー。

もし、あなたが上司や人事評価に対して、
常に不満を言っているなら、それは自分が
ローパフォーマーであることを認めている
ことになります。

 「自分は、はっきりとモノを言い過ぎて、
 上司に嫌われている」

 「上司は自分の働きぶりを見ていない、
 見ようともしていない」

 「ゴマすりやヨイショの上手い同僚に、
 手柄をもっていかれる」

 「上司は部下の手柄を自分の手柄に、
 責任は部下に押し付ける」

このような不満を言っている人は、
会社という組織自体を大きく誤解しています。

そもそも、査定する側の上司と、
される側の部下の関係は理不尽なもの。

詰まるところ、待遇や出世は、最終的には
上司が部下を「えこひいき」するか否かで
決まります。

だから、「えこひいき」されている部下は、
上司や評価への不満は口にしないし、
その反対に「えこひいき」されていない部下が
不満をぶちまけるのです。

では、どんな部下が「えこひいき」されるのか?

それは昔からいる、太鼓持ち、イエスマン、
腰ぎんちゃくといったタイプではありません。

上司が求める部下のタイプも時代とともに
変わりました。

 ・自分から離れたところで、上司としての
  自分の価値や評判を上げてくれる部下

 ・明るく元気に、大きな声で挨拶をする
  知性があり過ぎない部下

 ・時には上司に議論をしかけ、時には相手が
  上司であっても毅然とした態度で苦言を
  呈する「健全なイエスマン」

大きな声では言えなくても、このような部下が
欲しいのが、いまどきの上司の本音です。

昔の腰ぎんちゃくタイプは、上司にすり寄る
だけで実務能力がありませんでした。

しかし、いまの「かわいがられる部下」は、
成果も出せて、上司を盛り立ててくれる、
「社内接待」ができる部下なのです。

著者の新井健一さんは、誰も書かなかった
サラリーマン社会にある「暗黙のルール」を
本書で明文化しています。

若手のビジネスパーソンにとっては、
「そんな理不尽な話は納得できない」
と思うかもしれません。

しかし、組織の中で経験を積めば積むほど、
ここに書かれていることが真実であると、
身に沁みてわかるはずです。

中堅以上の組織人でわからない人は、
その人はローパフォーマーなのかも
しれません。

本書は、どんな部下になるべきかについて
だけに言及した本ではありません。

上司と部下の健全で現実的な関係の築き方。

部下にとっても、上司にとっても、
これからの時代を生きていくために
必要な考え方について書かれています。

部下の立場でも、上司の立場でも参考になる
ということは、「生涯キャリアの築き方」
がわかることを意味しています。

社会の変化を的確にとらえながらも、
人間関係の変わらない部分に注目した
「こらからの働き方」がわかる本です。

 第1章 かわいい部下は「お土産」を欠かさない
 第2章 無視していい上司、侮ってはいけない上司
 第3章 選ばれる部下は上司を見ていない
 第4章 部下の人間性は飲み会の支払いでバレている
 第5章 大企業サラリーマンこそなぜ副業が必要か

この本から何を活かすか?

  「実は、上司から、かわいい部下として
  認識されるサラリーマンは、同期に先んじて、
  あることを押さえている。
  それは会社のノリと上司のノリを把握する
  ことだ。」

上司のノリを把握すると、「パーッとまとめて」
とか「いい按配で」といった非常に抽象的な
指示でも通じるようになります。

すると余計に話のわかる部下として、
上司から贔屓されるようになるのです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事術・スキルアップ・キャリア | 06:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

世界一速く結果を出す人は、なぜ、メールを使わないのか

満足度:★★★
付箋数:24

日本企業は、欧米の企業と比べて
ホワイトカラーの生産性が低いと言われます。

なぜ、日本企業の生産性は低いのか?

本書の著者、グーグルで人材育成等を行った
ピョートル・フェリクス・グジバチさんは、
その理由を3つ挙げています。

1点目は、「持ち帰って検討しすぎる」こと。

2点目は、「分析や検討をしすぎる」こと。

3点目は、「打ち合わせや会議などが多く
コミュニケーションがコストやムダにしか
ならない」こと。

特にグーグルでは、1点目の「持ち帰り」とは
真逆の仕事の仕方が標準で、「1回で終わらせる」、
「今やる」ことが強く意識されているようです。

例えば、顧客との打ち合わせで社内の誰かの
意見を聞かなければならない場面があったと
します。

こんな場合日本の企業では、「では、弊社の
担当者に確認してから、あらためてご連絡
させていただきます」と持ち帰ることが
多いでしょう。

しかし、グーグルでは、客先から直接
メッセンジャーで担当者に質問して、
その場で回答をもらって交渉を進めます。

また、グーグルでは、その場の1回で話を
決めるために、意外と「メール」を使わない
文化があるようです。

例えば、ミーティングを行った後に、
内容をまとめて議事録や企画書、報告書を
つくる場合。

誰かが自席に戻ってから、まとめの作業をして、
できたらメールで連絡し、確認してもらい、
完成したら、再度関係者にメールするという
流れが一般的です。

しかし、グーグルではミーティングの時に、
参加者がクラウド上のグーグルドキュメントに
同時に書き込んで作業をします。

参加者それぞれが書き込んでいる文書を
部屋のスクリーンに映し出し、みんなでそれを
見ながら議論を進めます。

するとミーティングが終わると同時に、
資料の骨格くらいは、その場でできてしまう
ようです。

また、日程調整の際にもメールは使わず、
共有されている相手のグーグルカレンダーに
直接書き込んで、すぐに決めてしまいます。

グーグルの仕事に対する考え方が
日本企業と最も違う点は、常に、
「10%アップではなく、10倍」の成果が
出るように考えて行動すること。

これは、キーボードのショートカットを
たくさん覚えて、1分1秒を短縮することとは
レベルが違います。

10%アップを目指すと、従来の延長線上の
発想から抜け出せず、しかも仕事量が
増えてしまうことさえあります。

しかし、10倍の成果を目指すなら、
今までのルールや前提、固定観念を破り、
飛び抜けた発想で考えなければなりません。

この10倍の成果を上げるように考えることが、
グーグルが世界をリードする原動力に
なっているのです。

本書では、これまでのグジバチさんの経験から、
圧倒的に成果を高める仕事の方法や考え方を
紹介しています。

一生懸命やっているのに、仕事が終わらない。
頑張っているのに、なかなか成果が出ない。

本書は、そんな状態が続いている方の悩みを
根本的に解決するための本です。

 第1章 世界より速く動くための仕事術
 第2章 ロジカルシンキングなんてしている
    暇はない!
 第3章 忙しくても、10倍の結果をだすために
 第4章 仕事の加速度を上げる人間関係の
    つくり方
 第5章 必要なことを高速で学ぶ方法
 第6章 グーグルの疲れない働き方
 終章 自分の仕事を壊せる人が、
    次の時代をつくる

この本から何を活かすか?

AI(人工知能)が発達することで、将来仕事が
なくなることを心配する人がいます。

しかし、グジバチさんは、そんな時代には、
むしろ「どうしたら自分の仕事をITに置き換え
られるか」を考えた方がいいと言います。

AIに仕事を奪われないために、今できることは、
自ら自分の仕事をなくしてしまうこと。

つまりイノベーションを起こす側になって、
AIを使う側として生き残るのです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事術・スキルアップ・キャリア | 06:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

仕事の結果は「はじめる前」に決まっている

満足度★★★
付箋数:23

あなたの仕事ぶりを振り返ってみてください。

・忙しいばかりで仕事の成果が出ない

・一生懸命やっているのにお客様や上司から
 評価されない

・いつもバタバタしていて、締め切りギリギリ、
 または間に合わない

これらの状況に1つでも当てはまるなら、
仕事に取りかかる「段取り」に問題があるかも
しれません。

 「もし8時間、木を切る時間を与えられたら、
 そのうち6時間を私は斧を研ぐのに使うだろう。」

これはアメリカ合衆国第16代大統領の
エイブラハム・リンカーンさんの言葉です。

木を切るつながりで、「木こりのジレンマ」
という話もあります。

 ある日、旅人が森の中を歩いていると、
 一生懸命、木を切っている1人の木こりに
 出会いました。

 旅人は、木こりが木を切る姿を見ていて、
 一所懸命切っている割には、なかなか切れない
 ことを不思議に思いました。

 そこで木こりが使っているのこぎりを見てみると、
 かなり刃こぼれしていることが分かりました。

 そこで、旅人は言いました。

 「木こりさん、そののこぎりは随分
 刃こぼれしているようだ。のこぎりの刃を
 研ぎ直してから、あらためて木を切ったら
 どうだろうか。」

 すると、木こりは旅人に向かって言いました。

 「あなたの忠告は非常にありがたいが、
 私は今、木を切るのにとても忙しく、
 それどころではないのです。」

 木こりは、その刃こぼれしたのこぎりを
 使って、一心不乱で木を切り続けました。

最初に挙げた状況で仕事をしている人は、
もしかすると「木こりのジレンマ」に
陥っているかもしれません。

さて、本書の著者、大嶋祥誉さんは、
元マッキンゼー・アンド・カンパニーの
コンサルタントです。

大嶋さんは、マッキンゼーを辞めて、
違う環境の中で仕事をしたときに
「みんなこんなにゆっくり仕事をしているんだ」
と感じたそうです。

そう感じるぐらい、マッキンゼー時代に、
仕事の質とスピードの両方を上げる方法を
鍛えられたのです。

その仕事の仕方のベースになっているのが、
本書で紹介される「ミニマム思考」です。

ミニマム思考とは、限られた時間の中で、
最高の質のアウトプットを出す思考法。

そのためには、より多くのことをやろうと
せず、もっとも重要なことにフォーカスし、
それ以外のことは捨てて、成果を出します。

このミニマム思考で仕事をすれば、
ムダを省き、重要なことのみに集中するので、
質もスピードも自然とアップするのです。

そのために最も重要なのが、「段取り」です。

段取りは、リンカーンさんが、斧を研ぐのに
費やす時間であり、木こりのジレンマに
陥っている人が、できていないことなのです。

では、どうしたら、最小の力で最大の成果を
得られるミニマム思考ができるのか?

大嶋さんは、本書で次の3つの技術を中心に
解説します。

  1. 仮説を立てる技術
  2. 全体を設計する技術
  3. アウトプットをデザインする技術

これらの技術を身につけて、しっかりと
段取りができれば、結果が出ることは、
仕事を始める前に、すでに決まるのです。

本書で解説されるのは、コンサルタント独自の
仕事術というより、一般的な段取り術です。

仕事の経験の浅い人をメインターゲット
として書かれた本だと思います。

この本から何を活かすか?

質の高いアウトプットをするためには、
数ある情報の中から、特定の情報を
ピックアップして、それをアレンジする
「編集力」が求められます。

それは、どんな切り口で情報を切り取るか
ということ。

情報を切り取るときに有効なのが、
2軸(2×2)のマトリックスです。

センスのいい2軸が取れれば、ぐっとくる
「セクシー」な切り口が見つかるようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事術・スキルアップ・キャリア | 05:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT