活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

仕事の結果は「はじめる前」に決まっている

満足度★★★
付箋数:23

あなたの仕事ぶりを振り返ってみてください。

・忙しいばかりで仕事の成果が出ない

・一生懸命やっているのにお客様や上司から
 評価されない

・いつもバタバタしていて、締め切りギリギリ、
 または間に合わない

これらの状況に1つでも当てはまるなら、
仕事に取りかかる「段取り」に問題があるかも
しれません。

 「もし8時間、木を切る時間を与えられたら、
 そのうち6時間を私は斧を研ぐのに使うだろう。」

これはアメリカ合衆国第16代大統領の
エイブラハム・リンカーンさんの言葉です。

木を切るつながりで、「木こりのジレンマ」
という話もあります。

 ある日、旅人が森の中を歩いていると、
 一生懸命、木を切っている1人の木こりに
 出会いました。

 旅人は、木こりが木を切る姿を見ていて、
 一所懸命切っている割には、なかなか切れない
 ことを不思議に思いました。

 そこで木こりが使っているのこぎりを見てみると、
 かなり刃こぼれしていることが分かりました。

 そこで、旅人は言いました。

 「木こりさん、そののこぎりは随分
 刃こぼれしているようだ。のこぎりの刃を
 研ぎ直してから、あらためて木を切ったら
 どうだろうか。」

 すると、木こりは旅人に向かって言いました。

 「あなたの忠告は非常にありがたいが、
 私は今、木を切るのにとても忙しく、
 それどころではないのです。」

 木こりは、その刃こぼれしたのこぎりを
 使って、一心不乱で木を切り続けました。

最初に挙げた状況で仕事をしている人は、
もしかすると「木こりのジレンマ」に
陥っているかもしれません。

さて、本書の著者、大嶋祥誉さんは、
元マッキンゼー・アンド・カンパニーの
コンサルタントです。

大嶋さんは、マッキンゼーを辞めて、
違う環境の中で仕事をしたときに
「みんなこんなにゆっくり仕事をしているんだ」
と感じたそうです。

そう感じるぐらい、マッキンゼー時代に、
仕事の質とスピードの両方を上げる方法を
鍛えられたのです。

その仕事の仕方のベースになっているのが、
本書で紹介される「ミニマム思考」です。

ミニマム思考とは、限られた時間の中で、
最高の質のアウトプットを出す思考法。

そのためには、より多くのことをやろうと
せず、もっとも重要なことにフォーカスし、
それ以外のことは捨てて、成果を出します。

このミニマム思考で仕事をすれば、
ムダを省き、重要なことのみに集中するので、
質もスピードも自然とアップするのです。

そのために最も重要なのが、「段取り」です。

段取りは、リンカーンさんが、斧を研ぐのに
費やす時間であり、木こりのジレンマに
陥っている人が、できていないことなのです。

では、どうしたら、最小の力で最大の成果を
得られるミニマム思考ができるのか?

大嶋さんは、本書で次の3つの技術を中心に
解説します。

  1. 仮説を立てる技術
  2. 全体を設計する技術
  3. アウトプットをデザインする技術

これらの技術を身につけて、しっかりと
段取りができれば、結果が出ることは、
仕事を始める前に、すでに決まるのです。

本書で解説されるのは、コンサルタント独自の
仕事術というより、一般的な段取り術です。

仕事の経験の浅い人をメインターゲット
として書かれた本だと思います。

この本から何を活かすか?

質の高いアウトプットをするためには、
数ある情報の中から、特定の情報を
ピックアップして、それをアレンジする
「編集力」が求められます。

それは、どんな切り口で情報を切り取るか
ということ。

情報を切り取るときに有効なのが、
2軸(2×2)のマトリックスです。

センスのいい2軸が取れれば、ぐっとくる
「セクシー」な切り口が見つかるようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事術・スキルアップ・キャリア | 05:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

障がい者の就活ガイド

満足度★★★
付箋数:19

左右社の樋口さんより献本いただきました。
ありがとうございます。

本書はタイトルの通り、障がいを持つ方が
就職活動するための本です。

就活の準備から面接、内定、そして就労まで、
その流れとノウハウを解説します。

正直に言うと、献本いただかなければ、
私は読むことはなかった本です。

が、結果として読んで良かったと思います。

その理由は2つあります。

1つ目は、もし、障がいを持って就活する方や
そのご家族に知り合いがいれば、間違いなく
参考になる本として、本書を薦められること。

2つ目は、障害者雇用の制度やその実態を
知ることができたことです。

障がいを持たない方も読むべき本とまでは、
偽善っぽくなるので言いませんが、
こういう本があることを知っていただくのは
いいことだと思い紹介させていただきます。

  「働くことであなたの人生は劇的に変わるの
  です。私がある障がい者の方から聞いたお話で、
  印象に残る言葉があります。その方は、
  いままで人に “ありがとう” とばかり言って
  いたのですが、会社で働くことで、
  逆に人から “ありがとう” と言われる人生に
  変わったそうです。そのとき、これまでにない
  充実感をもったといいます。」

本書の著者、紺野大輝さんも生まれつき
脳性麻痺という障がいを持つ方です。

大学卒業時には一般採用で就職し、
その後、障がい者採用で転職し、
2社で15年間働いている現役会社員の方です。

紺野さんが就活した当時は、障がい者を
雇用することに理解のある企業が少なく、
就職するまで、かなり悪戦苦闘しました。

紺野さんは、重度の脳性麻痺がありましたが、
幼稚園から普通学級に通い、大学入学まで
していますから、それまで自分の障がいを
意識することは、あまりなかったそうです。

しかし、アルバイトを含む就活をして、
初めて「自分は障がい者なのだ」ということを
強く意識し、現実の厳しさを知りました。

面接室に入っただけで「うちの会社は、
障がい者は雇わないから」と言われたり、
椅子に座らせてもらえず「出て行け!」と
言われるような、差別的な対応が当たり前の
ように行われていました。

現在は障害者雇用促進法と納付金制度があり、
以前より働きやすい環境に変わってきています。

また、企業側からすると労働者が減少する中で、
必要な労働力を確保しなければなりませんから、
障がいを持つ方が就職するには、
追い風の就労環境となってきています。

障害者雇用促進法では、従業員が50人以上いる
企業に対しては、障がい者を雇わなければ
ならない法定雇用率を設定しています。

現在の法定雇用率は2%、50人に1人の割合で
障がい者を雇うことが義務付けられています。

この2%を達成できない企業は、不足人数1人
につき、毎月5万円の納付金を払わなければ
なりません。

一方、障がい者を2%以上雇っている企業は、
2%を超えた人数につき月2万7千円の
調整金をもらえることになっています。

この納付金制度があることを知っていても、
「罰金」と解釈している方が多いといいます。

しかし、この制度は障がい者を雇った企業も
雇えなかった企業も、全体で障がい者を
支える制度ですから、懲罰的な意味合いとは
違うものです。

こういった点をちゃんと理解できただけで、
私にとっては読む価値のある本でした。

この本から何を活かすか?

さて、実際に障がいを持つ方は、本書を読むと
次のような疑問を解決することができます。

  どうやって求人を探すの?
  障がいのことはどう伝えればいいの?
  応募や面接のしかたは?
  相談できる機関や制度はあるの?

また本書は、実際に就労した後の、
働き方のポイントまで解説しているので、
大きな助けになる本だと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事術・スキルアップ・キャリア | 05:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

結論を言おう、日本人にMBAはいらない

満足度★★★
付箋数:21

  「私は2005年に早稲田大学ビジネススクール
  (WBS)の教授に就任した。2003年から客員教授
  として教えていたので、その期間を含めると
  通算13年にもなる。日本経済の未来を築く
  エンジンとなるような次世代ビジネスリーダー
  を育てる一助になりたいという思いをもち、
  自分なりに奮闘努力してきた。しかし、大きな
  壁にぶつかり、限界を感じていた。
  結論を言えば、ビジネススクールという
   “不完全な装置” では、優れた経営者や
  ビジネスリーダーを育てるのはできないこと、
  そしてMBAという “金メッキの勲章” には
  何の価値もないことを認めざるをえなかった。
  ならば、去るしかない。
  私は2016年3月、WBSの教授を退任した。」

本書はローランド・ベルガー日本法人会長、
遠藤功さんが書いた「日本のMBA」を否定する本。

遠藤さん自身も海外のMBAを取得し、
日本および海外のビジネススクールで
長い期間教えてきました。

それなのに、なぜMBAは不要と言い切るのか?

遠藤さんが「日本人にMBAなんていらない」と
考える主な理由は次の2つです。

1つ目は、ほとんどの日本企業は、
MBAの価値を認めていないこと。

海外のトップMBAを取得すると、CEOになれたり、
年収が2000万円程度になるなど実入りの部分で
費用対効果があります。

MBAを取得するのに1000万円かかっても、
それを1年で回収することができるので、
借金をしてでも取る価値があるのです。

それに比べて日本では企業側がMBAを
ほとんど評価しないので、就職や転職時に
プラスになることはないのです。

2つ目は、日本のMBAの「質」が低すぎること。

日本のビジネススクールは新設ラッシュで、
名門校でも定員割れし、全員入学できる状態。

MBA取得に必要な単位数もわずか30単位ほどの
ビジネススクールも存在します。

修了要件として、論文さえ書かせないで
学位を与える甘いプログラムのスクールも
まかり通っています。

更には、そもそも教員自体が経営の何たるかを
知らないと遠藤さんは指摘します。

ある程度会社で仕事をこなせるようになった
ビジネスパーソンの「心の隙間」を埋めるのが
ビジネススクールだとも書いています。

いずれにせよ、そこまで書いていいのかと
思うほど、遠藤さんは日本のMBAを全否定して
います。

いいことばかりを並べられると、信用できない
と思う心理が働くのと同様に、ここまで悪いこと
ばかりが並べられると、何かあったの? と
思ってしまうほどネガティブに書かれています。

遠藤さんにWBSで何があったかについては、
「有名ビジネススクール責任者としての苦闘」
のパートで、その内幕が書かれています。

恋愛でも、あまりに好きになり過ぎると、
嫌いになった時の反動が大きいように、
遠藤さんのMBAに対する理想が高すぎたため、
嫌気が差した度合いも凄かったように思えます。

MBA取得を礼賛する本はたくさん出ていますから、
それを中和する意味ではいい一冊だと思います。

ただし、この本だけを素直に読んでしまうと、
MBAに対して強い偏見を持ってしまう
可能性があります。

この本から何を活かすか?

本書で遠藤さんはMBA取得に頼らない勉強法を
伝えています。

 Ⅰ 基礎を身につける勉強
  経営の「原理原則」、ビジネスの「ルール」、
  「基本コンセプト」を学びます。

 Ⅱ 潮流についていく勉強
  日経新聞を読む時も自分にとっては異質の
  分野に目を光らせ、畑違いの情報から
  新たな発想や切り口のヒントを得ます。
  また、毎日の株価を追うなどして、
  全体の大きな流れを掴むことも重要です。

 Ⅲ 現場で感性を磨く勉強
  お手本となるような「非凡な現場」を訪ね、
  そこで何を大事にし、何に取り組んでいるかを
  知ること。それによって自分なりの
  「物差し」が持てるようになります。

 Ⅳ アウトプットを生み出す勉強
  「ビジネスプランや企画書を書く」、
  「人に教える」、「本や記事、論文などを書く」
  など具体的な目的やアウトプットを意識した
  勉強が必要。

ビジネススクールで学ぶかどうかは別にして、
自分の市場価値を高めるためには、
学び続けることは欠かせません。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事術・スキルアップ・キャリア | 06:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

給料戦争

満足度★★★
付箋数:21

本書は、経営コンサルタントの竹内謙礼さんと
公認会計士の青木寿幸さんのコンビによる
大好評「ビジネス戦略ノベル」シリーズの第5弾。

第1弾の『会計天国』では、決算書と会計知識を
学びました。

第2弾の『戦略課長』では、事業計画書や
経営戦略の立て方から、投資のルールまでを
学びました。

第3弾の『猿の部長』では、実践的な
マーケティング戦略を学びました。

第4弾の『貯金兄弟』では、貯金からローン、
保険、老後資金までのマネー戦略を学びました。

そして、第5弾の本書で学ぶのは、
会社員必須のキャリアアップの秘訣です。

税金と社会保険制度、給与体系、人件費削減、
転職、出向、人事評価制度などがトピックです。

このシリーズ、学べる内容もさることながら、
物語の面白さが秀逸。

今回も、笑いながら読めて、思わずホロリと
させられ、最後は笑顔で終わります。

主人公は、辻屋食品で営業課長をつとめる
浅野敬一、34歳。

非常にお人好しで、ちょっと間の抜けた
サラリーマンです。

出世競争に勝つために、上司に媚びを売ったり、
同僚を出し抜いたりできない性格。

上司から無理やり押しつけられて、
東南アジアのラオスに出張していましたが、
休日にレンタルバイクでバローンの滝まで
ツーリングしてた際に、ある男性と遭遇します。

滝壺から浮かび上がってきた衰弱した男性を
浅野が見つけ、助けたのが2人の出会いです。

助けた相手は、1945年の終戦間際から
タイムスリップしてきた日本兵の花沢武でした。

2人は、日本に戻り一緒に暮らすことになります。

この2人に、浅野の恋人で社会保険労務士の
倉田由美子を加えた3人の会話を軸に、
ストーリーは進行します。

会社の仕組みを学ぶ上での先生役が由美子で、
生徒役が浅野と花沢という構図です。

花沢は、熱い性格で天然も入っていますが、
旧日本兵の視点で、現代の会社の制度に
ツッコミを入れるのが、本書の肝になっています。

辻屋食品では、同期入社でエリートの
椿山良介が本部長に昇進し、浅野の上司になります。

この椿山が、性格の悪い敵役です。

 第1章 基本給は25万円なのに、手取り額が
    20万円ちょっとになる理由
    ―税金と社会保険料はどういう計算で
     差し引かれるのか
 第2章 サラリーマンが、給料を上げるために
    絶対にやるべき5つのこと
    ―会社に必要な人材であるとアピール
     しなければ、給料は上がらない
 第3章 会社の業績を回復させるためには、
    人件費の削減も必要
    ―社員のモチベーションが下がらない
     リストラの方法
 第4章 転職する95%の人が失敗してしまう理由
    ―転職に成功して、キャリアアップ
     するためのコツ
 第5章 買収した子会社への転籍は、
    栄転か? 左遷か?
    ―転籍と出向、そのメリットとデメリット
     を冷静に分析する
 第6章 社員が自分の給料の決定プロセスを
    知らない会社は儲からない
    ―社員が納得できる人事の評価基準を
     導入する

34歳の浅野が課長の割には、もの知らなさ過ぎ
という印象を受けますが、ストーリーの面白さは、
折り紙つきの一冊です。

この本から何を活かすか?

由美子は飲み屋の席で、浅野と花沢に
サラリーマンが給料を上げる方法を示します。

  1. 会社に利益をもたらすこと
  2. 組織を作って、その中核になること
  3. 上司に信頼されること
  4. 自分の目標を持つこと
  5. チャレンジすること

ここでは、会社での組織と、旧日本陸軍の組織を
比較しながら、日本が戦争で負けた原因までを
学べるところが興味深い。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事術・スキルアップ・キャリア | 06:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

7つのゼロ思考

満足度★★★★
付箋数:29

オトバンクの上田さんから献本いただきました。
ありがとうございます。

次のような状況の場合、あなたなら、
どの順番で仕事をしますか?

現在、あなたは3つの仕事を抱えています。
そんなあなたに、新たな仕事の依頼がありました。

その仕事は、他の3つの仕事より難易度は低く、
30分もあればこなせる仕事でした。

 1)新たな仕事を加えた優先順位を考えて、
   最も優先順位の高い仕事から順に終わらせる。
 2)新たな仕事を後回しにする。
 3)新たな仕事を先に終わらせる。

本書の著者、中村一也さんは、金融機関に
勤めていた時に、通常1週間かけて行う仕事を、
たった1日でこなさなければならない
かなり過酷な状況に追い込まれました。

これは一時的な状況ではなく、人員が減った
ことなどで、恒常的にそうなってしまったのです。

そんな圧倒的に時間がない中でも、
結果を出すために生み出されたのが、
本書で紹介される「7つのゼロ思考」です。

  1. ボール=0
  2. 期待値=0
  3. デスク=0
  4. オリジナル=0
  5. 作業=0
  6. モレ=0
  7. モノマネ=0

この内、最も仕事のスピードに関係するのが、
ボール(仕事)を受けたらすぐ離す
「ボール=0」思考です。

最初に質問した、3つの仕事を抱えている時に、
新たに簡単な30分の仕事を依頼された場合の
正解は「3:先に終わらせる」です。

一般的には、「緊急度」と「重要度」の
2軸で優先順位をつけて仕事をすることが
推奨されています。

しかし、現実的にこの方法では
うまくいかないことが多くあります。

なぜなら、緊急度と重要度の高い仕事が
次々と入ってくるからです。

トータルの作業時間を最小化するには、
一見些細な仕事であっても、後回しにせず、
可能な限り早く対応することがポイント。

この仕事を先にやってしまうと、30分後には
仕事は3つに戻りますが、後回しにすると、
しばらく仕事が4つの状態が続きます。

後回しにするデメリットは2つ。

1つ目は、その仕事をすることを常に頭の片隅に
置いておかなければならないこと。

2つ目は、この後も次から次に仕事が来ると、
些細な仕事ほど後回しになってしまうことです。

些細な仕事でも後回しにすることで、
相手の仕事への期待値は上がってしまい、
レスポンスが遅いと、相手の心証も悪くなります。

中村さんが本書で強調しているのは、
「仕事は受ける瞬間が勝負」で、その場で
依頼主に「仮説のある質問」をすることが、
仕事量を大きく左右する点です。

仮説のある質問とは、自分が主導権を握った
先制提案のクローズド・クエスチョンです。

「◯◯はどうしましょうか?」などのオープンな
質問は相手に仕事の方向性を委ねてしまうので、
仕事量が増大してしまう極めて大きなリスクを
抱えています。

一方、「◯◯の件ですが、私は××でいこうと
思っています。それでよろしいでしょうか?」
と「イエスorノー」で答えられる質問をすると、
こちらで仕事のストーリーを作れるので、
仕事量もコントロールできるのす。

仕事を受けた時に自分で考えることをサボって、
ただ「わかりました」と受けてしまったり、
「どうしますか?」と聞いてしまってはダメ。

この瞬間に最大限に脳を回転させ、
想定されることを考えて、シナリオを作り、
先制提案することが仕事量を減らす鍵なのです。

本書では、仕事を効率化するテクニックから、
本当の論理的思考で仕事の「質」を上げること
にも言及していました。

最近私が読んだ実務的な本の中では、
最も大きな影響を受けた本になりました。

若手から中堅までのビジネスパーソンには、
強く推奨したい一冊です。

この本から何を活かすか?

  「論理的に考えるとは、より広く選択肢を探り、
  より確かに選択肢を絞り込み、あらゆる批判に
  耐える一本の道を作ること」

本書で説明される、「論理的に考える」は、
私にとっては、目からウロコでした。

ロジックツリーやMECEで広い選択肢から探り、
バーバラ・ミントさんのピラミッド構造で
選択肢を絞り込む。

そうすることで「網羅性」と「事実と論理」
に対する批判に耐えうる、筋の通った主張が
作れるようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.


このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事術・スキルアップ・キャリア | 11:02 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT