活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ポスト平成のキャリア戦略

満足度★★★
付箋数:24

  「この本のテーマはずばり、 “ポスト平成の
  時代に若者はどんなキャリア戦略を描くべきか” 
  ということです。なぜ “ポスト平成” を強調
  するのかというと、最近 “昭和モデル” 、
  さらには “平成モデル” の陳腐化や崩壊の
  気配をひしひしと感じるからです。
  過去数十年で言うと、日本人の仕事観に
  与える影響がとくに大きかったのは、
  山一證券やリーマンショックだったと思います。
  それに比肩する変化、よりおおげさに言うと、
  明治維新や戦後復興なみの大変化が訪れる
  のではないかと読んでいます。」

本書は、「これからどう生きるべきか」の
キャリア戦略についての対談本です。

なぜ、新しいキャリア戦略が必要なのか
というと、昭和の考えは言うに及ばず、
平成の考えも、過去のものになっているから。

それらに縛られていては、今後生きていく上で、
足枷にしかならないのです。

対談したのは、経営共創基盤(IGPI)取締役
マネージングディレクターの塩野誠さんと、
NewsPicks編集長の佐々木紀彦さんです。

佐々木さんが、塩野さんをゲストに迎えて
対談した形になっています。

お二人は、まず、これから起こる大変革に
ついて語り、その後、20代・30代・40代と
年代別にキャリア戦略を提示します。

塩野さんは、AIやロボットの進化で自動化
できることが増えてくると、ヒューマンタッチ
(人間味)やハイタッチ(感性)の価値が
相対的に高くなると予想します。

これまでの人を評価する物差しが変わります。

そんなポスト平成の時代に求められるのは、
「ハングリー&ノーブル」な人材だといいます。

この2つは両立するのが、なかなか難しい。

  「ハングリーさがないと事を成せないですし、
  何でも貪欲に吸収し、決断する度胸も
  持てません。その一方で、ノーブルさがないと、
  悪いことをしてしまう。」

貪欲に金銭や名誉を求めるハングリーさが
旺盛な人はいます。

また、公の精神を持ち、高貴な気概に満ちた
ノーブルな人もいます。

しかし、この両方を兼ね備えた
「野蛮な貴族」は、なかなかいません。

どんなにハングリーで、儲ける才能があっても、
高貴さがないと、得た富も地位も上手に使えず、
最後には自滅してしまいます。

お二人は、過去にハングリーさとノーブルさを
両立させた人物として、次の方々の名前を
挙げています。

白洲次郎さん、吉田茂さん、緒方貞子さん、
盛田昭夫さん、本田宗一郎さん、松下幸之助さん。

昭和の時代を生きた本物リーダーには、
ハングリーさとノーブルさがありました。

また、そのバランスを欠いていた人物としては、
堀江貴文さん、村上世彰さんの名前を挙げています。

  「堀江氏はパブリック(公益)がなく、
  リバタリアン(自由至上主義者)に見えます。
  リバタリアンたる自分は、大変楽しい。
  そして “楽しく自由な個には誰でもなれる” 
  という主張に、ファンがついてくるという
  現象です。個としての欲望に忠実で、多くの
  ファンに憧れや夢を持たせるのはよいことだと
  思います。ただ、自分の能力をパブリックに
  活かす発想はないように見えます。」

この堀江さんの分析には、説得力がありました。

自分のエゴを越えなければ、偉大なリーダー
にはなれないのです。

各年代への指南も的を射ていて、
かつ、上を目指したい人にとっては、
非常に刺激的な対談だと思います。

この本から何を活かすか?

塩野さんは、「AIブームはあと2年で終わる」
と予想します。

それは、AIがなくなるのではなく、
普通になって、空気のように日常に
入り込むという意味です。

インターネットが今では当たり前になった
ように、AIも普通になるのです。

そして、AIが一般的になった世界で、
ビジネスに最もインパクトがあるのは、
「エネルギー」の分野だと指摘します。

エネルギーは規模が大きいので、
AIによるコスト削減効果が大きいのです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事術・スキルアップ・キャリア | 05:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

最速のリーダー 最少の時間で最大の成果を上げる

満足度★★★
付箋数:20

  「あなたは、最少の時間で、最大の成果を
  上げていますか? また、部下や後輩の能力を
  引き上げ、チームとして生産性を上げて
  いますか?

  本書は、このような質問に首をかしげた
  プレイングマネージャー、またはすべての
  リーダーの生産性・効率性を高めるための
  ものです。」

著者は、小松製作所からスタンフォード大学院
を経て、マッキンゼーでソウルオフィスを
立ち上げるなど活躍した赤羽雄二さんです。

本書は端的に言うと、残業ゼロを実現して、
私たち一人ひとりがもっと充実した生活を
送ることを目標にした本です。

日本では残業が多いことが常態化している
企業がかなりあります。

なぜ、残業はなくならないのか?

理由はいくつかありますが、
その中で最も大きな要因は、日本企業では
労働時間が長いほど昇進の可能性が上がり、
労働時間が短いほど昇進の可能性が下がる
という現実があることです。

日本人としても真面目さや責任感が、
さらに状況を悪くしています。

  「仕事が終わるまで帰らない、残業してでも
  終わらせないといけない、家族の問題で
  会社を速く出たり仕事に穴を空けたりしては
  いけないという思い込みが強く、滅私奉公に
  なってしまうことです。」

このような状態をなくすために、
赤羽さんは9つのステップで、残業ゼロを
実現する方法を提案します。

  ステップ1 残業を3ヶ月でゼロにすると宣言する
  ステップ2 マネージャー自ら、会社の会議・
       書類を半分以下に減らす
  ステップ3 事業部門・部門長が会議、書類、
       部下のすべての仕事を見直す
  ステップ4 「残業ゼロ促進・生産性向上チーム」
       を置き、活動を強力に支援する
  ステップ5 3ヶ月間、残業代の減額分を
       残業削減報奨金としてフルに出す
  ステップ6 一人ひとりの貢献度の評価方法を
       確定し、四半期目標に合意する
  ステップ7 事業部・部門ごとの貢献度給の
       総額を確定する
  ステップ8 残業ゼロ実現以降、四半期ごとに
       貢献度給を支払う
  ステップ9 残業ゼロが競争力向上に貢献して
       いるか、半年ごとに評価する

残業をゼロにすることは、1人のリーダーの
力だけで実現することはできません。

企業全体で、上は経営陣から下は一般社員まで
総出で取り組む必要があります。

ですから、本書はすべてのポジションの方に
読んで欲しいということなのでしょう。

ただし、読む側からすると、
「いやいや、それは自分の権限では無理」
と思うことが多くあります。

残業削減報奨金や貢献度給を出したりするので、
これらは完全に経営判断になりますし、
さらに組織が大きな企業では労組との調整も
必要となってくるでしょう。

残業ゼロ実現は、それだけ大掛かりな
取り組みですが、個人的にビジネス書としては、
マネージャーやその前後のポジションの方に
ターゲットを絞って書いた方が良かったように
思えました。

第3章以降は、個人にフォーカスしたテーマで
書かれているので、そのパートを前面に出す方が
読者にとっては実現性は高く感じられるはずです。

この本から何を活かすか?

赤羽さんは、残業ゼロ実現のためには、
次の7つの発想の転換が不可欠であると
指摘します。

  発想の転換1 残業という概念を捨てる
  発想の転換2 仕事の8時間を自分の最高速で進める
  発想の転換3 残業ゼロで浮いた時間を自分の
        成長に投資する
  発想の転換4 家族・パートナー・友人・仲間との
        時間を十分確保する
  発想の転換5 年休を完全消化する
  発想の転換6 夏休み、冬休みなどの長期休暇を
        取得する
  発想の転換7 そろそろ世界標準の仲間入りをする

特に注目したいのは、2番目の発想の転換、
「仕事の8時間を最速で仕事を進める」です。

これには無数の改善を続けることが必要です。

仕事に慣れるほど、忘れてしまいがちなので、
発想の転換と言うより、「習慣」として
身につけたいところですね。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事術・スキルアップ・キャリア | 06:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「もう、できちゃったの!?」と周囲も驚く! 先まわり仕事術

満足度★★★
付箋数:24

本書は、ダイヤモンド社の逸見さんより
献本いただきました。ありがとうございます。

あなたの周りには、「もう、できちゃったの!?」
と驚くほど仕事の早い人はいないでしょうか?

また、みんな忙しそうにしているのに、
一人だけ余裕で仕事をしていて、しかも高い
成果を上げている人はいないでしょうか?

こういう人は、「いったい、いつ仕事を
やっているのだろう?」と不思議に思える
ものです。

実は、仕事が圧倒的に速くて、しかも質が
高い人が、共通でやっていることがあります。

それが本書で説明される「先まわり」です。

「先まわり」してやっているわけですから、
そのスピードに周囲は驚き、余裕をもって
高い成果を上げられるのは、当然のことです。

  「 “先まわり” には、仕事で成果を上げる
  ためのエッセンスがすべて詰まっている。

   “先まわり” はどんな仕事においても、
  効率的に、素早く仕事を進めるための、
  必須のスキルといっても過言ではない。」

本書は、アジア・ひと・しくみ研究所の
代表取締役の新井健一さんが、
外資系コンサル会社に勤務していた時代に
身につけ、まとめた「先まわり仕事術」を
解説する本です。

具体的には、仕事の結果に「先まわり」する
ために、次の6つのスキルを身につける方法
について説明します。

  1. 議事録
  2. 勉強法
  3. 部下力
  4. ミーティング力
  5. スケジュール力
  6. プロ思考

これらのスキル中で一番意外に思ったのは、
やはり「議事録」です。

「議事録なんて、新人や若手の仕事」と
思った人も多いのではないでしょうか。

しかし、新井さんは議事録について、
次のように考えます。

  「議事録がきちんと書けるなら、
  どこで何をしようとも成果が上がる」

いい議事録を作るには、自分がやるべき
仕事を理解していないといけません。

その上で、論理的ものごとを考えることができ、
かつ、伝えたいことを上手につたえることが
できなくては書けません。

実は、議事録は「仕事ができない素人」を
「できるビジネスパーソン」に鍛え上げる
最高のトレーニングツールなのです。

いい議事録が書けるようになれば、
「まとめる力」「社内・業界用語を理解する力」
「資料を読む力」「問題解決力」の4つの力を
同時に身につけることができるのです。

この4つの力で、「本当にそこまでできるの?」
と思うのが「問題解決力」でしょう。

なぜ、議事録で「問題解決力」を身につける
ことができるのか?

それは議事録の作成過程が、問題解決の
プロセスそのものだからです。

 ・会議の目的を理解している → 現状把握
 ・会議のポイントを書き起こせる → 問題整理
 ・会議の結論がどうなったか、
  次に何をするかが分かる → 問題解決

従って、いい議事録が書ければ、問題解決力が
身につき、いい仕事もできるようになるのです。

本書では、議事録から始まる「先まわり」に
必要な6つのスキルの身につけ方を丁寧に解説。

「先まわり」で仕事をやっていけば、
すべてがいいサイクルで回り出します。

これまで、なかなか成果が上がらないと
悩んでいた人ほど効果がある仕事術だと思います。

この本から何を活かすか?

本書で、「議事録」と同じくらい重要と
位置付けているのが知識のインプットである
「勉強法」のスキルです。

ここでは超効率的な勉強法として、
「3冊同時読み」が推奨されています。

これは、同じ分野の本を同時に3冊読むと、
重要な部分は共通して書かれているので、
その部分に的を絞って読むと、最速で必要な
知識を身につけられるというもの。

「3冊同時読み」は、新井さんが色々試した
インプット方法の中では、効率性、
コストパフォーマンのどれをとっても
最も優れた方法だったようです。

この方法は、すぐに試してみたいと思いました。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事術・スキルアップ・キャリア | 05:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ACTION! トヨタの現場の「やりきる力」

満足度★★★
付箋数:23

  「同じ事象が起こっても、捉え方は人それぞれ
  です。その “ものの見方” や “捉え方” が
  異なる時点で、その後の人生が大きく変わる
  のではないかと思います。
  この本で書いたようなActionの考え方を
  常に意識することで、 “ものの見方” は
  変わっていくはずです。 “ものの見方” が
  変われば、行動が変わります。
  行動は習慣になり、性格として定着します。
  その性格は運命を変え、人生が変わって
  いくのです。」

本書の著者、原マサヒコさんは、
はじめは神奈川トヨタ自動車に
現場のメカニックとして入社しました。

トヨタの現場で、独自のカイゼン手法や
PDCAなどのActionを叩き込まれ、
現在は独立し、Webマーケティングの会社を
経営している方です。

本書では、トヨタの現場で学んだ4つのAction
について解説します。

1つ目のActionは「行動力」。

結果を出すためには、実際に行動するしか
ないので、一番の成功の秘訣は、
理論よりも、「まず動く」ということです。

トヨタでは、「巧遅より拙速」という
発想が基本で、完璧より完了を目指します。

また、指示1つとっても「SMARTの法則」で、
具体的に伝えられます。

「ネジをしっかり締めろ」などの抽象的な
表現は使われず、「105N・mで締める」など
具体的に数値が入った指示が出されます。

2つ目のActionは「振る舞い」。

結果を出す人は、普段の振る舞いが違います。

運やツキも、入念な準備をして迎え入れる
体制を整えているからこそ巡ってくるのです。

また、トヨタの現場で、何かトラブルが起こった
ときには、「人を責めるな、仕組みを責めろ」
という社風があるようです。

これは人材育成にもつながりますし、
同時に再発防止にもなる考えですね。

3つ目のActionは「作用」。

自分の力を最大限作用させるために、
本来の目的を明確化します。

考えることを諦めて「ルールだから」と
諦めてしまうことはしません。

ここで出てくるのがトヨタで有名な
「なぜ5回」の考え方です。

問題発生時にモグラ叩きをせずに、
根本的な問題を正確に把握するために、
なぜを5回繰り返します。

4つ目のActionは「カイゼン」。

さらに成長するために、カイゼンは必要です。

これはPlan、Do、Check、ActionのPDCAを
回すことに他なりません。

目の前の仕事に対して、「もっと良くしよう」
とカイゼン活動することこそが仕事です。

ですから現場の作業で、言われた通りに
やっただけでは、仕事とはみなされません。

逆に「お前、言われた通りにやって
どうすんだよ・・・」と怒られることも
あるそうです。

自分の頭を使って、以前よりも少しでも
いい状態にすることを常に考えることこそが
重要だと叩き込まれるのです。

本書で解説されている4つのActionは、
誰でも身につけることができる行動習慣で、
言わば一種の技術です。

この4つの技術は、どんな業界や職種
であっても使えると思います。

それは、原さん自身が全く畑違いの業界で
起業し、成功ていることで証明しています。

この本から何を活かすか?

リーダーやマネジャーは、部下から力を
引き出すために、自らが「助けられやすい人」
になることも必要です。

本書では周囲から助けを得る5つのポイントが
紹介されていました。

  1. 話を聞くための姿勢と空気を作れ
  2. ジャッジをしないこと
  3. 尋問や詰問をしてはいけない
  4. 何ができるかを一緒に考えてあげること
  5. 自分を頼りにしてくれたことへの感謝を

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事術・スキルアップ・キャリア | 06:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カリスマヘッドハンターが教える のぼりつめる男課長どまりの男

満足度★★★
付箋数:22

  「のぼりつめていく人と、課長になれても、
  部長・役員クラスになれない人。
  そこにはどんな違いがあるのか。
  それは広い溝なのか?
  ひとまたぎできる段差なのか?
  数万人のビジネスパーソンと関わり、
  2000社以上の役員クラスの人材支援に
  携わってきた私の究極の “関心事” を、
  在籍したリクルート卒業を機に徹底的に
  整理してみて、私は驚きました。
   “こんな小さなことが、結果の違いを
  生んでいたのか” と。
  この本は、いわば私自身の驚きから
  生まれた一冊なのです。」

本書の著者、森本千賀子さんはリクルートの
営業トップウーマンとして名を轟かせた方。

その後、リクルートエグゼクティブエージェント
にて、経営幹部や管理職の採用支援に従事し、
「日本一の転職エージェント」と謳われました。

2013年3月に株式会社moriichを設立して、
さらに多方面に活動の場を広げています。

森本さんが、数万人のビジネスパーソンを
支援してきて見えたのは、
のぼりつめていく人は、次の2つを必ず
持っているということでした。

  「仕事のセンスがいい」
  「人として、気持ちがいい」

ずいぶん感覚的な話だと思った方も
多いことでしょう。

実は、こうした「センスがいい」とか、
「人として気持ちいい」といったことは、
その人のちょっとした行動に表れるものです。

非常に細かな配慮を積み重ねることが、
相手に感覚的にいい印象を与えるかどうかの
分かれ道なのです。

一事が万事であり、神は細部に宿るのです。

本書では、ぼのりつめる男と、そうでない人の
ほんの少しの意識の差、行動の差を32の事例で
対比しながら解説します。

例えば、面会のアポイントをとる場合。

のぼりつめる男は、「こちらの希望を3つ
お伝えします」とアポをとります。

課長どまりの男は、「ご希望の日時を
お知らせください」と伝えます。

後者は、相手の希望を希望を聞いて尊重した
つもりでいて、結果的に相手に余分な手間を
かけさせてしまうパターンです。

相手の希望の日時が、こちらの都合が悪いと、
そこから何度かのやり取りが発生してしまいます。

そもそも、こちらから面談のお願いをするのに、
相手に候補日を出させておいて、
それを断るケースが発生するのは失礼です。

一方、前者のあらかじめこちらの希望日を
3つ伝えるのは、お願いする立場だからこそ、
相手の手間を想像したアポのとり方です。

お願いする立場なのに、こちらから候補日を
指定するのは、一見失礼に感じる人もいる
かもしれません。

しかし、結果的に相手の手間を
減らしているのです。

加えて「いったん、私の方から候補日を
出させていただきますが、ご都合が悪いよう
でしたら、ご希望日時をご指示ください」
とひと言入れておくと、なお良いようです。

実際に、ぼのりつめる男と同じような
アポのとり方をしている人も多いでしょう。

結局、ぼのりつめる人とそうでない人の、
1つ1つの行動の差は、それほど大きな
ものではないのです。

本書で紹介されている32の違いは、
すべて誰にでもできる些細な行動です。

しかし、その小さな配慮の積み重ねが、
何年も経って、大きな違いになるのです。

本書は、非常に具体的書かれていて、
それぞれのハードルも高くないので、
行動を変えやすい本だと思います。

この本から何を活かすか?

あなたは、新幹線ではどのこ席に座りますか?

3人席の場合、通常、窓側・通路側が先に
埋まります。

これは新幹線だけでなく、飛行機でも同じです。

しかし、のぼりつめる男は、
「3人席の中央」に座るようです。

それは、誰かの隣に座ることが、
「いい御縁のチャンス」と考えるからです。

そのチャンスを増やすために、
あえて中央の席に座り、タイミングを
見計らって、両方の席の人に話しかけます。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事術・スキルアップ・キャリア | 05:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT