活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

いらない部下、かわいい部下

満足度★★★★
付箋数:25
アジア・ひと・しくみ研究所さんより
献本いただきました。ありがとうございます。

人事評価に対して、常に不満を言っている人と、
ほとんど言わない人がいます。

どういう人が、常に不満を言っているのか?

それは、成果の出せないローパフォーマー。

もし、あなたが上司や人事評価に対して、
常に不満を言っているなら、それは自分が
ローパフォーマーであることを認めている
ことになります。

 「自分は、はっきりとモノを言い過ぎて、
 上司に嫌われている」

 「上司は自分の働きぶりを見ていない、
 見ようともしていない」

 「ゴマすりやヨイショの上手い同僚に、
 手柄をもっていかれる」

 「上司は部下の手柄を自分の手柄に、
 責任は部下に押し付ける」

このような不満を言っている人は、
会社という組織自体を大きく誤解しています。

そもそも、査定する側の上司と、
される側の部下の関係は理不尽なもの。

詰まるところ、待遇や出世は、最終的には
上司が部下を「えこひいき」するか否かで
決まります。

だから、「えこひいき」されている部下は、
上司や評価への不満は口にしないし、
その反対に「えこひいき」されていない部下が
不満をぶちまけるのです。

では、どんな部下が「えこひいき」されるのか?

それは昔からいる、太鼓持ち、イエスマン、
腰ぎんちゃくといったタイプではありません。

上司が求める部下のタイプも時代とともに
変わりました。

 ・自分から離れたところで、上司としての
  自分の価値や評判を上げてくれる部下

 ・明るく元気に、大きな声で挨拶をする
  知性があり過ぎない部下

 ・時には上司に議論をしかけ、時には相手が
  上司であっても毅然とした態度で苦言を
  呈する「健全なイエスマン」

大きな声では言えなくても、このような部下が
欲しいのが、いまどきの上司の本音です。

昔の腰ぎんちゃくタイプは、上司にすり寄る
だけで実務能力がありませんでした。

しかし、いまの「かわいがられる部下」は、
成果も出せて、上司を盛り立ててくれる、
「社内接待」ができる部下なのです。

著者の新井健一さんは、誰も書かなかった
サラリーマン社会にある「暗黙のルール」を
本書で明文化しています。

若手のビジネスパーソンにとっては、
「そんな理不尽な話は納得できない」
と思うかもしれません。

しかし、組織の中で経験を積めば積むほど、
ここに書かれていることが真実であると、
身に沁みてわかるはずです。

中堅以上の組織人でわからない人は、
その人はローパフォーマーなのかも
しれません。

本書は、どんな部下になるべきかについて
だけに言及した本ではありません。

上司と部下の健全で現実的な関係の築き方。

部下にとっても、上司にとっても、
これからの時代を生きていくために
必要な考え方について書かれています。

部下の立場でも、上司の立場でも参考になる
ということは、「生涯キャリアの築き方」
がわかることを意味しています。

社会の変化を的確にとらえながらも、
人間関係の変わらない部分に注目した
「こらからの働き方」がわかる本です。

 第1章 かわいい部下は「お土産」を欠かさない
 第2章 無視していい上司、侮ってはいけない上司
 第3章 選ばれる部下は上司を見ていない
 第4章 部下の人間性は飲み会の支払いでバレている
 第5章 大企業サラリーマンこそなぜ副業が必要か

この本から何を活かすか?

  「実は、上司から、かわいい部下として
  認識されるサラリーマンは、同期に先んじて、
  あることを押さえている。
  それは会社のノリと上司のノリを把握する
  ことだ。」

上司のノリを把握すると、「パーッとまとめて」
とか「いい按配で」といった非常に抽象的な
指示でも通じるようになります。

すると余計に話のわかる部下として、
上司から贔屓されるようになるのです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事術・スキルアップ・キャリア | 06:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

世界一速く結果を出す人は、なぜ、メールを使わないのか

満足度:★★★
付箋数:24

日本企業は、欧米の企業と比べて
ホワイトカラーの生産性が低いと言われます。

なぜ、日本企業の生産性は低いのか?

本書の著者、グーグルで人材育成等を行った
ピョートル・フェリクス・グジバチさんは、
その理由を3つ挙げています。

1点目は、「持ち帰って検討しすぎる」こと。

2点目は、「分析や検討をしすぎる」こと。

3点目は、「打ち合わせや会議などが多く
コミュニケーションがコストやムダにしか
ならない」こと。

特にグーグルでは、1点目の「持ち帰り」とは
真逆の仕事の仕方が標準で、「1回で終わらせる」、
「今やる」ことが強く意識されているようです。

例えば、顧客との打ち合わせで社内の誰かの
意見を聞かなければならない場面があったと
します。

こんな場合日本の企業では、「では、弊社の
担当者に確認してから、あらためてご連絡
させていただきます」と持ち帰ることが
多いでしょう。

しかし、グーグルでは、客先から直接
メッセンジャーで担当者に質問して、
その場で回答をもらって交渉を進めます。

また、グーグルでは、その場の1回で話を
決めるために、意外と「メール」を使わない
文化があるようです。

例えば、ミーティングを行った後に、
内容をまとめて議事録や企画書、報告書を
つくる場合。

誰かが自席に戻ってから、まとめの作業をして、
できたらメールで連絡し、確認してもらい、
完成したら、再度関係者にメールするという
流れが一般的です。

しかし、グーグルではミーティングの時に、
参加者がクラウド上のグーグルドキュメントに
同時に書き込んで作業をします。

参加者それぞれが書き込んでいる文書を
部屋のスクリーンに映し出し、みんなでそれを
見ながら議論を進めます。

するとミーティングが終わると同時に、
資料の骨格くらいは、その場でできてしまう
ようです。

また、日程調整の際にもメールは使わず、
共有されている相手のグーグルカレンダーに
直接書き込んで、すぐに決めてしまいます。

グーグルの仕事に対する考え方が
日本企業と最も違う点は、常に、
「10%アップではなく、10倍」の成果が
出るように考えて行動すること。

これは、キーボードのショートカットを
たくさん覚えて、1分1秒を短縮することとは
レベルが違います。

10%アップを目指すと、従来の延長線上の
発想から抜け出せず、しかも仕事量が
増えてしまうことさえあります。

しかし、10倍の成果を目指すなら、
今までのルールや前提、固定観念を破り、
飛び抜けた発想で考えなければなりません。

この10倍の成果を上げるように考えることが、
グーグルが世界をリードする原動力に
なっているのです。

本書では、これまでのグジバチさんの経験から、
圧倒的に成果を高める仕事の方法や考え方を
紹介しています。

一生懸命やっているのに、仕事が終わらない。
頑張っているのに、なかなか成果が出ない。

本書は、そんな状態が続いている方の悩みを
根本的に解決するための本です。

 第1章 世界より速く動くための仕事術
 第2章 ロジカルシンキングなんてしている
    暇はない!
 第3章 忙しくても、10倍の結果をだすために
 第4章 仕事の加速度を上げる人間関係の
    つくり方
 第5章 必要なことを高速で学ぶ方法
 第6章 グーグルの疲れない働き方
 終章 自分の仕事を壊せる人が、
    次の時代をつくる

この本から何を活かすか?

AI(人工知能)が発達することで、将来仕事が
なくなることを心配する人がいます。

しかし、グジバチさんは、そんな時代には、
むしろ「どうしたら自分の仕事をITに置き換え
られるか」を考えた方がいいと言います。

AIに仕事を奪われないために、今できることは、
自ら自分の仕事をなくしてしまうこと。

つまりイノベーションを起こす側になって、
AIを使う側として生き残るのです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事術・スキルアップ・キャリア | 06:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

仕事の結果は「はじめる前」に決まっている

満足度★★★
付箋数:23

あなたの仕事ぶりを振り返ってみてください。

・忙しいばかりで仕事の成果が出ない

・一生懸命やっているのにお客様や上司から
 評価されない

・いつもバタバタしていて、締め切りギリギリ、
 または間に合わない

これらの状況に1つでも当てはまるなら、
仕事に取りかかる「段取り」に問題があるかも
しれません。

 「もし8時間、木を切る時間を与えられたら、
 そのうち6時間を私は斧を研ぐのに使うだろう。」

これはアメリカ合衆国第16代大統領の
エイブラハム・リンカーンさんの言葉です。

木を切るつながりで、「木こりのジレンマ」
という話もあります。

 ある日、旅人が森の中を歩いていると、
 一生懸命、木を切っている1人の木こりに
 出会いました。

 旅人は、木こりが木を切る姿を見ていて、
 一所懸命切っている割には、なかなか切れない
 ことを不思議に思いました。

 そこで木こりが使っているのこぎりを見てみると、
 かなり刃こぼれしていることが分かりました。

 そこで、旅人は言いました。

 「木こりさん、そののこぎりは随分
 刃こぼれしているようだ。のこぎりの刃を
 研ぎ直してから、あらためて木を切ったら
 どうだろうか。」

 すると、木こりは旅人に向かって言いました。

 「あなたの忠告は非常にありがたいが、
 私は今、木を切るのにとても忙しく、
 それどころではないのです。」

 木こりは、その刃こぼれしたのこぎりを
 使って、一心不乱で木を切り続けました。

最初に挙げた状況で仕事をしている人は、
もしかすると「木こりのジレンマ」に
陥っているかもしれません。

さて、本書の著者、大嶋祥誉さんは、
元マッキンゼー・アンド・カンパニーの
コンサルタントです。

大嶋さんは、マッキンゼーを辞めて、
違う環境の中で仕事をしたときに
「みんなこんなにゆっくり仕事をしているんだ」
と感じたそうです。

そう感じるぐらい、マッキンゼー時代に、
仕事の質とスピードの両方を上げる方法を
鍛えられたのです。

その仕事の仕方のベースになっているのが、
本書で紹介される「ミニマム思考」です。

ミニマム思考とは、限られた時間の中で、
最高の質のアウトプットを出す思考法。

そのためには、より多くのことをやろうと
せず、もっとも重要なことにフォーカスし、
それ以外のことは捨てて、成果を出します。

このミニマム思考で仕事をすれば、
ムダを省き、重要なことのみに集中するので、
質もスピードも自然とアップするのです。

そのために最も重要なのが、「段取り」です。

段取りは、リンカーンさんが、斧を研ぐのに
費やす時間であり、木こりのジレンマに
陥っている人が、できていないことなのです。

では、どうしたら、最小の力で最大の成果を
得られるミニマム思考ができるのか?

大嶋さんは、本書で次の3つの技術を中心に
解説します。

  1. 仮説を立てる技術
  2. 全体を設計する技術
  3. アウトプットをデザインする技術

これらの技術を身につけて、しっかりと
段取りができれば、結果が出ることは、
仕事を始める前に、すでに決まるのです。

本書で解説されるのは、コンサルタント独自の
仕事術というより、一般的な段取り術です。

仕事の経験の浅い人をメインターゲット
として書かれた本だと思います。

この本から何を活かすか?

質の高いアウトプットをするためには、
数ある情報の中から、特定の情報を
ピックアップして、それをアレンジする
「編集力」が求められます。

それは、どんな切り口で情報を切り取るか
ということ。

情報を切り取るときに有効なのが、
2軸(2×2)のマトリックスです。

センスのいい2軸が取れれば、ぐっとくる
「セクシー」な切り口が見つかるようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事術・スキルアップ・キャリア | 05:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

障がい者の就活ガイド

満足度★★★
付箋数:19

左右社の樋口さんより献本いただきました。
ありがとうございます。

本書はタイトルの通り、障がいを持つ方が
就職活動するための本です。

就活の準備から面接、内定、そして就労まで、
その流れとノウハウを解説します。

正直に言うと、献本いただかなければ、
私は読むことはなかった本です。

が、結果として読んで良かったと思います。

その理由は2つあります。

1つ目は、もし、障がいを持って就活する方や
そのご家族に知り合いがいれば、間違いなく
参考になる本として、本書を薦められること。

2つ目は、障害者雇用の制度やその実態を
知ることができたことです。

障がいを持たない方も読むべき本とまでは、
偽善っぽくなるので言いませんが、
こういう本があることを知っていただくのは
いいことだと思い紹介させていただきます。

  「働くことであなたの人生は劇的に変わるの
  です。私がある障がい者の方から聞いたお話で、
  印象に残る言葉があります。その方は、
  いままで人に “ありがとう” とばかり言って
  いたのですが、会社で働くことで、
  逆に人から “ありがとう” と言われる人生に
  変わったそうです。そのとき、これまでにない
  充実感をもったといいます。」

本書の著者、紺野大輝さんも生まれつき
脳性麻痺という障がいを持つ方です。

大学卒業時には一般採用で就職し、
その後、障がい者採用で転職し、
2社で15年間働いている現役会社員の方です。

紺野さんが就活した当時は、障がい者を
雇用することに理解のある企業が少なく、
就職するまで、かなり悪戦苦闘しました。

紺野さんは、重度の脳性麻痺がありましたが、
幼稚園から普通学級に通い、大学入学まで
していますから、それまで自分の障がいを
意識することは、あまりなかったそうです。

しかし、アルバイトを含む就活をして、
初めて「自分は障がい者なのだ」ということを
強く意識し、現実の厳しさを知りました。

面接室に入っただけで「うちの会社は、
障がい者は雇わないから」と言われたり、
椅子に座らせてもらえず「出て行け!」と
言われるような、差別的な対応が当たり前の
ように行われていました。

現在は障害者雇用促進法と納付金制度があり、
以前より働きやすい環境に変わってきています。

また、企業側からすると労働者が減少する中で、
必要な労働力を確保しなければなりませんから、
障がいを持つ方が就職するには、
追い風の就労環境となってきています。

障害者雇用促進法では、従業員が50人以上いる
企業に対しては、障がい者を雇わなければ
ならない法定雇用率を設定しています。

現在の法定雇用率は2%、50人に1人の割合で
障がい者を雇うことが義務付けられています。

この2%を達成できない企業は、不足人数1人
につき、毎月5万円の納付金を払わなければ
なりません。

一方、障がい者を2%以上雇っている企業は、
2%を超えた人数につき月2万7千円の
調整金をもらえることになっています。

この納付金制度があることを知っていても、
「罰金」と解釈している方が多いといいます。

しかし、この制度は障がい者を雇った企業も
雇えなかった企業も、全体で障がい者を
支える制度ですから、懲罰的な意味合いとは
違うものです。

こういった点をちゃんと理解できただけで、
私にとっては読む価値のある本でした。

この本から何を活かすか?

さて、実際に障がいを持つ方は、本書を読むと
次のような疑問を解決することができます。

  どうやって求人を探すの?
  障がいのことはどう伝えればいいの?
  応募や面接のしかたは?
  相談できる機関や制度はあるの?

また本書は、実際に就労した後の、
働き方のポイントまで解説しているので、
大きな助けになる本だと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事術・スキルアップ・キャリア | 05:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

結論を言おう、日本人にMBAはいらない

満足度★★★
付箋数:21

  「私は2005年に早稲田大学ビジネススクール
  (WBS)の教授に就任した。2003年から客員教授
  として教えていたので、その期間を含めると
  通算13年にもなる。日本経済の未来を築く
  エンジンとなるような次世代ビジネスリーダー
  を育てる一助になりたいという思いをもち、
  自分なりに奮闘努力してきた。しかし、大きな
  壁にぶつかり、限界を感じていた。
  結論を言えば、ビジネススクールという
   “不完全な装置” では、優れた経営者や
  ビジネスリーダーを育てるのはできないこと、
  そしてMBAという “金メッキの勲章” には
  何の価値もないことを認めざるをえなかった。
  ならば、去るしかない。
  私は2016年3月、WBSの教授を退任した。」

本書はローランド・ベルガー日本法人会長、
遠藤功さんが書いた「日本のMBA」を否定する本。

遠藤さん自身も海外のMBAを取得し、
日本および海外のビジネススクールで
長い期間教えてきました。

それなのに、なぜMBAは不要と言い切るのか?

遠藤さんが「日本人にMBAなんていらない」と
考える主な理由は次の2つです。

1つ目は、ほとんどの日本企業は、
MBAの価値を認めていないこと。

海外のトップMBAを取得すると、CEOになれたり、
年収が2000万円程度になるなど実入りの部分で
費用対効果があります。

MBAを取得するのに1000万円かかっても、
それを1年で回収することができるので、
借金をしてでも取る価値があるのです。

それに比べて日本では企業側がMBAを
ほとんど評価しないので、就職や転職時に
プラスになることはないのです。

2つ目は、日本のMBAの「質」が低すぎること。

日本のビジネススクールは新設ラッシュで、
名門校でも定員割れし、全員入学できる状態。

MBA取得に必要な単位数もわずか30単位ほどの
ビジネススクールも存在します。

修了要件として、論文さえ書かせないで
学位を与える甘いプログラムのスクールも
まかり通っています。

更には、そもそも教員自体が経営の何たるかを
知らないと遠藤さんは指摘します。

ある程度会社で仕事をこなせるようになった
ビジネスパーソンの「心の隙間」を埋めるのが
ビジネススクールだとも書いています。

いずれにせよ、そこまで書いていいのかと
思うほど、遠藤さんは日本のMBAを全否定して
います。

いいことばかりを並べられると、信用できない
と思う心理が働くのと同様に、ここまで悪いこと
ばかりが並べられると、何かあったの? と
思ってしまうほどネガティブに書かれています。

遠藤さんにWBSで何があったかについては、
「有名ビジネススクール責任者としての苦闘」
のパートで、その内幕が書かれています。

恋愛でも、あまりに好きになり過ぎると、
嫌いになった時の反動が大きいように、
遠藤さんのMBAに対する理想が高すぎたため、
嫌気が差した度合いも凄かったように思えます。

MBA取得を礼賛する本はたくさん出ていますから、
それを中和する意味ではいい一冊だと思います。

ただし、この本だけを素直に読んでしまうと、
MBAに対して強い偏見を持ってしまう
可能性があります。

この本から何を活かすか?

本書で遠藤さんはMBA取得に頼らない勉強法を
伝えています。

 Ⅰ 基礎を身につける勉強
  経営の「原理原則」、ビジネスの「ルール」、
  「基本コンセプト」を学びます。

 Ⅱ 潮流についていく勉強
  日経新聞を読む時も自分にとっては異質の
  分野に目を光らせ、畑違いの情報から
  新たな発想や切り口のヒントを得ます。
  また、毎日の株価を追うなどして、
  全体の大きな流れを掴むことも重要です。

 Ⅲ 現場で感性を磨く勉強
  お手本となるような「非凡な現場」を訪ね、
  そこで何を大事にし、何に取り組んでいるかを
  知ること。それによって自分なりの
  「物差し」が持てるようになります。

 Ⅳ アウトプットを生み出す勉強
  「ビジネスプランや企画書を書く」、
  「人に教える」、「本や記事、論文などを書く」
  など具体的な目的やアウトプットを意識した
  勉強が必要。

ビジネススクールで学ぶかどうかは別にして、
自分の市場価値を高めるためには、
学び続けることは欠かせません。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事術・スキルアップ・キャリア | 06:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT