活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

同時通訳者のカバンの中 ツールを使いこなせば英語力3割アップ!

満足度★★★
付箋数:20

  「『同時通訳者のカバンの中』という
  タイトル通り、この本はもしかしたら、

  This is about my bag of tricks.

  これはわたしの bag of tricks についての
  本です。」

bag of tricks とは、(有効な)あらゆる手段
という意味です。

  「この本は、今まで英語学習に関して
  わたしが試してきて、効果があったと思う
  方法を bag of tricks としてご紹介した
  ものになります。」

著者は、NHKラジオ講座「入門ビジネス英語」
の元講師の関谷英里子さんです。

本書は2013年に祥伝社から刊行された
同時通訳者の頭の中』の姉妹本。

同時通訳者の関谷さんが、これまで
カバンの中にどんなものを入れきたかを
紹介します。

学生時代、商社務め時代、同時通訳者に
なりたての頃までを振り返ります。

それは単純にアイテムの説明というよりも、
関谷さんが、どのように英語を学んできたか
の変遷を辿ることになります。

本書では、以下のアイテムとその具体的な
活用方法が紹介されています。

 <学生時代>
  フォニックスの表
  洋画のDVD/ネットドラマ
  ディクテーション用のノート

 <会社員時代>
  単語帳
  英語雑誌(エコノミスト)
  ツイッター

 <同時通訳者ビギナー時代>
  ユーチューブ
  オンライン辞書

 <NHKラジオ講師時代>
  NHKラジオ講座のテキスト
  オンライン英会話

 <現在>
  プレゼン資料
  メモ帳
  ペン
  クリップボード
  タイマー
  イヤホン
  電子辞書
  のどスプレー
  菓子
  水

 <スマホの中身>
  ポッドキャスト
  英語アプリ

この中で、いくつかのアイテムについて、
実際の使い方を見てみましょう。

まず、「単語帳」について。

これは既存の単語集ではなく、関谷さん自身が
日々の仕事の中で出会ったボキャブラリーを
書き留めたものです。

なぜ単語帳を作る必要があるかと言うと、
ビジネス英語と学校で習う英語の間には、
ボキャブラリーの違いがあるからです。

関谷さんは、海外の取引先が使う英語は、
「コンパクトでインパクトがある」と感じ、
日々の業務での発見をメモするように
なったそうです。

次に「NHKラジオ講座のテキスト」。

元講師として、関谷さんはこのプログラムは
想像以上に役に立つので、活用しない手はない
と説明しています。

活用方法は、講座を聞くのはもちろんですが、
オススメは会話文形式の英文の音読。

ただ声に出すだけでなく、誰かに読み聞かせる
ようなつもりで音読するといいようです。

人に伝えるように英文を読むことで、
日本人に決定的に足りないアウトプットを
補うことができるのです。

この本から何を活かすか?

私がメインで聞いているNHKラジオ講座は
杉田敏さんの「実践ビジネス英語」です。

この講座は、もの凄く内容が面白いので、
リスニング用にずいぶん昔から聞いています。

ただし、私の英語の実力からすると、
自分が本当に会話で使う表現としては
少し難しいと感じています。

そこで、現在は柴田真一さんが講師を務める
「入門ビジネス英語」をアウトプット用に
聞くことにしました。

こちらは、シンプルな英語を使いこなすための
講座なので、誰かに伝えるように読む練習には
ちょうど良いと感じています。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 勉強法 | 06:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

働く大人のための「学び」の教科書

満足度★★★
付箋数:25

私たちは、なぜ、学び続けなければならないのか?

以前の世界は、安定的で変化のスピードは、
あまり速くありませんでした。

そのため、人が一生のうちに過ごす社会は、
せいぜい1つでした。

その社会で、一度しっかり学んで、子どもから
大人になってしまえば、私たちはそのまま、
大人でいることができました。

しかし、現在の進歩する世界では、人が一生に
おいて過ごす社会は1つではありません。

時間と共に世界は変わるので、大人になってから
時代が変わってしまうと、新しいルールを
一から学び直さなくてはならないのです。

つまり、大人になっても、何も学ばなければ、
次の時代の子どもに抜かれてしまいます。

今や学び続けなければ、大人が大人のままで
いられない世界になっているのです。

しかし、ここで重大な落とし穴があります。

それは、私たちは「大人の学び方」を誰からも
教わっていないということです。

  「大人が、新世代の子どもレベルに堕して
  しまわないためには、来し方を振り返り、
  未来を構想し、次のステージに自らを
  振り向ける。つまり、学び続けていくことが
  必要になるのです。
  かくして本書は、学校では教えてくれなかった
  効果的な “大人の学び” を取り扱って
  いきます。」

著者は、東京大学 大学総合研究センター准教授
の中原淳さんです。

本書は、中原さんがこれまで行ってきた
人材研究のアカデミックな知見に基づいて
書かれた「大人の学び方」を指南する本です。

まず、示されているのは学びの「OS」に当たる
3つの原理原則です。

1. 背伸びの原則

 実現は難しいけれど、なんとか頑張れば、
 やれそうなことに挑戦する。

 その中でも、楽しみを感じ、誰かに感謝される
 ことを見つけてチャレンジします。

2. 振り返りの原則

 「振り返り」は経験を学びに変えます。

 定期的に次の3つの問にで振り返ります。

  What?「過去に何が起こったのか?」、
  So What?「どのような意味があったのか?」
      「何がよくて何が悪かったのか?」
  Now What?「これからどうするのか?」

3. つながりの原則

 人は、一人で変わっていくには限界があります。

 他者とのつながりには学びがあるので、
 成長には他者からの支援は不可欠なのです。

学ぶためのOSを実装したら、アプリケーション
に相当する「7つの行動」を身に付けます。

 行動1  タフアサインメント=タフな仕事から学ぶ
 行動2  本を1トン読む
 行動3  人から教えられて学び
 行動4  越境する
 行動5  フィードバックをとりに行く
 行動6  場をつくる
 行動7  教えてみる

私たちは、行動しなければ、今後の可能性や
今後の変化の方向性がわかりません。

ですから、失敗しても成功しても、
行動することなしに、学べないのです。

ただし、これら7つの行動は「すべてやるべき」
というものではないようです。

自分に足りていないものや、手の届きやすい
ものから実践すればいいと説明されています。

人生100年の時代と言われていますから、
これからますます、「大人の学び方」は
必要になってきます。

本書は、そんな時代でも生き残っていくための、
大人の学びの教科書です。

この本から何を活かすか?

中原さんは、大人の学びには「本を読む」ことが
欠かせないとして、その利点を2つ挙げています。

1つ目の利点は、本を読むと、自分のなかに
「地図」が持てるようになります。

本を読めば読むほど、広い地図を持てるのです。

2つ目の利点は、他者の経験や思考を代理学習
することができること。

もちろん直接経験することの方が学びの効果は
大きいですが、時間とお金のコストがかかります。

その点、本を読むと、学びの効果は直接経験より
少ないものの、圧倒的コストがかからず、
効率よく学ぶことができるのです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 勉強法 | 05:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

世界で活躍する日本人エリートのシンプル英語勉強法

満足度★★★★
付箋数:25

日本人は、帰国子女でもない限り、
どんなレベルの人でも、「英語が苦手」と
思っている人がほとんです。

実際には、それほど苦手でない人まで、
そう思うのには理由があります。

それは、「英語ができる=ペラペラ話す」
を目標にしてしまっているから。

しかし、本書の著者、戸塚隆将さんは、
それは日本人が「目指すべき英語」として、
間違っていると指摘します。

戸塚さんは、ゴールドマン・サックスや
マッキンゼーで働き、グローバルで活躍する
日本人を多く見てきました。

実際にそこで活躍する人たちは、
私たちが一般的に想像するイメージと姿と
ちょっと違うようです。

  「もしかすると、ネイティブスピーカー
  のような綺麗な発音で、難しい英単語や
  表現を随所に散りばめ、よどみなく
  ペラペラと話をする―。
  そんな姿を想像するかもしれません。
  しかし、彼らの英語はそうではありません。
  むしろ、日本語アクセントの残る英語で、
  聞き慣れた単語や表現のみを用い、
  ゆっくりと手短に話をする。
  そういう人が多かったのです。」

ただし、ペラペラ話す必要はありませんが、
相手の話すスピードで言っていることを
聴き取るリスニング力は必要です。

つまり、聴くときは相手のペースで、
話すときは自分のペースに切り替えます。

本書は、世界のエリートが使う
シンプルな英語を身につける方法を
解説した本です。

スティーブ・ジョブズさんや、
カルロス・ゴーンさんのスピーチを聞くと、
意外なほどシンプルな英語を使っている
ことがよくわかります。

本書が目指すシンプルな英語は、
次の3つの特徴を持ちます。

  1. 結論が明確で、短く、わかりやすい
  2. 論理が明確で、ストレート
  3. 簡単でわかりやすい語彙

戸塚さんは、日本人の英語に対する
「誤解」を解くことから本書を始めます。

その1つが、「英語学習はスキマ時間に
やればいい」という誤解。

やらないより、やった方がいいかも
しれませんが、それだけで英語を
学ぼうとするのは土台無理な話。

英語は「だらだら3年」続けるより、
「集中して3ヶ月」勉強する方がいいのです。

短期集中の方が、習得の手応えが感じられ、
英語学習の好循環が生まれやすいからです。

英語学習は短期集中的に基礎力を身につける
アプローチをとるべきなのです。

さて、本書ではシンプルに伝える英語を
身につける方法を6ステップで解説します。

 STEP1 「ブロークン」でもいいからとにかく話す
 STEP2 正しい発音を「まず頭で」理解する
 STEP3 英文を「前から」解釈しながら読む
 STEP4 「音読とセットで」ひたすら聴く
 STEP5 結論と根拠を明確にして「ロジカル」に書く
 STEP6 かならず「フルセンテンスで」話す

これらの方法は、決して特別なものもなく、
目新しい方法でもありません。

しかし、これこそが非ネイティブが、
本格的な海外生活なしに英語を身につける
一番の近道だと戸塚さんは説明します。

私自身は、これまで試行錯誤しながら、
英語を勉強してきましたが、
「本書の勉強法は正解」だと思います。

もし、ビジネスで英語を身につける必要があり、
勉強方法で迷いがあるなら、本書を読むことを
お勧めします。

個人的には、もっと若い頃にこの本に
出会いたかったと思いました。

この本から何を活かすか?

本書では、英語力以外に「伝える」うえで
大切なポイントが挙げられています。

  1. 大きな声で話す
  2. 「結論」と「根拠」を示す
  3. メッセージの中身をハッキリさせる
  4. 簡単な言葉を使う

これらは、コミュニケーションするうえで
大切なことですから、日本語で話すときでも
意識すべきことだと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 勉強法 | 06:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

不安な未来を生き抜く最強の子育て

満足度★★★
付箋数:24

オトバンクの上田さんから献本いただきました。
ありがとうございます。

  「本書は現在進行中の一連の教育改革、
  中でも特に影響の大きい、2020年からの
  大学入試改革を前に、どのように子どもの
  教育に取り組んでいけばいいかについて
  佐藤先生と私で語り合いたいと思います。」

本書は、作家・政治家・社会活動家の
井戸まさえさんと、知の巨人として知られる
佐藤優さんの3冊目の対談本です。

お二人は、これまで『子どもの教養の育て方』、
小学校社会科の教科書で、政治の基礎知識を
いっきに身につける
』の2冊の教育関係本を
刊行しています。

しかし、大学以上の高等教育について、
中心的に論じたのは今回が初めてです。

以前から、日本の教育は変えなければ
ならないと言われ続けてきました。

しかし、何度となく教育改革を試みても、
実際のところあまり大きく変わりませんでした。

なぜなら、これまでの教育改革は大学入試と
連動していなかったからです。

  「要は日本の学校教育が大きく変わるのは
  大学入試が変革したときだけなんです。
  それは過去に2回あって、一度目は戦後
  おこなわれた旧制高校から新制大学への改編、
  二度目は1979年、今のセンター試験の前身
  となる共通一次試験。今回はこれらに次ぐ
  大きな改革になってくるから、これは注意深く
  見ていく必要があります。」

佐藤さんの言葉を借りると、今回の教育改革は
「日本社会のOSの大転換」に相当します。

実際に、いつまでも40年前の教育システムを
マイナーチェンジしているだけでは、
グローバル化やAIなどテクノロジーの発達に
よる社会の変化について行けません。

  「もし、この改革がうまくいけば、
  ざっくりいって10年後に社会人になる連中は、
  新しい、要するにバージョンアップしたOSに
  なるわけです。
  まもなく小学生からプログラミングを授業に
  取り入れるようになるし、 “文理融合” も
  進むから、文系でもプログラミングとか、
  アルゴリズムとかがわかる子どもたちが
  普通に出てくる。そうすると、今の大学生
  というのは、最後の古いOSで、つまり
  Windows98みたいなのを使わされている
  ようなもの。だから、もう少したつと
  アプリが動かなくなるかもしれない。」

2020年の大学入試改革の流れを受けて、
幼稚園から大学まで、さまざまな指導要領や
制度が更新されようとしています。

親世代の持つ、過去の成功体験や常識は
通用しなくなるどころか、大きな足枷に
なってしまう可能性もあるのです。

大きく変わる社会を生き抜いていくために、
子どもをどのように育てたらいいのか。

本書は、そんな不安や疑問に答える本です。

これから導入される「大学入試共通テスト」が
今のセンター試験とどう違うかについては、
新聞やネットの情報でも十分にわかることです。

しかし、そういった表面的なことではなく、
根底にある本質的な変化について
お二人は本書で語り合っていますから、
子を持つ親としては、読んでおくべき本
だと強く感じました。

我が家の例では、2019年の大学入試改革前に
子どもが受験を終える予定です。

つまり、旧OSで受験する最後の世代に
なるわけですが、大学に受かる受からない
というレベルの話ではなく、新OSに比べて
何が足りないかがよくわかりました。

新しい教育制度は、新OSで育つ本人にとっては、
それが当たり前になるので、旧OSで育った世代
にこそ必要な本だと思います。

  第1章 戦後最大級の大学入試改革を迎え撃て
  第2章 「4技能」時代に勝てる語学力の身につけ方
  第3章 大学受験改革後、価値ある大学に進むには?
  第4章 卒業後の人生を分ける、大学での学び方
     の極意
  第5章 佐藤優が直伝!子どもの学力をグンと
     伸ばす方法
  第6章 教育とお金の問題
  第7章 あなたの子どもはAI時代を生き残れるか
  第8章 自立できる子ども、できない子ども

この本から何を活かすか?

本書で、良い進学先として推奨されていたのは、
「公立大学」でした。

その判断基準は、「良い教員」がいるから。

公立大は国立大に比べ、教員は異動が少ないので、
継続して質の高い授業ができるようです。

また、経済的に地元とのつながりも強いので、
地方銀行などへ就職する場合は、公立大の方が
有利になるようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 勉強法 | 06:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

脳が認める外国語勉強法

満足度★★★
付箋数:25

ダイヤモンド社の上村さんから献本いただきました。
ありがとうございます。

  「学習の最大の敵は “忘れること” であり、
  これを何とかしないといけない。
  忘れることなく外国語を見事マスターするには
  どうすればいいのか?(中略)
  その方法をこの本でお教えする。
  学んだことを忘れなくなれば、外国語を実際に
  使えるようになる。また、何を覚えるべきかも
  明らかにするので、学習を始めて戸惑うことも
  ない。それと同時に、未知の音を聞き取れる
  耳に変え、未知の音やアクセントを発音できる
  舌に変える方法についても触れる。
  言語の構造や、思ったことを言葉にするときの
  文法の役割についても見ていき、いちいち
  母国語に訳して時間をムダにすることなく
  思ったことを外国語で口にする方法についても
  見ていく。」

本書は、英語を母国語とする著者が書いた、
効果的な外国語の学習法を解説する本です。

多くの日本人が求めている「英語学習」の方法が
ストレートに書かれている本ではありません。

しかし、本書は「脳の忘れる性質」に対処する
学習法を示しているので、何語の学習であっても
有効だと思います。

著者の、ガブリエル・ワイナーさんの本業は
語学学習の専門家ではなく、オペラ歌手です。

オペラ歌手として、忙しい毎日を送りながら、
ドイツ語、イタリア語、フランス語、ロシア語
などをマスターし、本書の土台となるメソッドを
見つけました。

15カ国以上の言葉を操ったとも言われる
ハインリッヒ・シュリーマンさんの
「現代版」と言ってもいいかもしれません。

ちなみに、シュリーマンさんは、ギリシャ神話
に出てくる伝説の都市トロイアが実在することを
発掘によって証明した方です。

実際に、シュリーマンさんの外国語習得法と
本書でワイナーさんが示す方法には、
いくつもの共通点があります。

ワイナーさんが示す、最速で外国語を学ぶための
ポイントは以下の3つです。

  カギ1 発音を最初に学ぶ
  カギ2 翻訳しない
  カギ3 SRSを使う

3つ目の「SRS」とは、分散学習をシステム化
するツールのことです。

また「分散学習」とは、 一定の間隔をあけて
何度も同じことを復習することで、
学んだことを忘れにくくする学習法です。

具体的には、暗記ソフトとして有名な「Anki
というフラッシュカードを使って、
繰り返し学習して、記憶へ定着させます。

ここで重要なのは、フラッシュカードは
作った本人にしか効果がないということです。

他人が作ったフラッシュカードで勉強しても
あまり効果がなく、時間の無駄になります。

そこで本書の後半では、「Anki」を使った
カードを自作する方法を詳しく解説しています。

PCやスマホで作るフラッシュカードなので、
自作する手間はかかりますが、記憶のフック
となる音声や画像を貼り付けられるので、
高い学習効果が得られるのです。

語学学習で大きな障害となるのは、
学習を継続することです。

SRSの学習では、やればやるほど
快感になるので、無理せず続けることが
できるようです。

  「学習によって脳内に分泌されるホルモンは、
  人をいい気分にさせる。その体験を重ねて
  いけば、通勤電車に座ったとたん、手が自然と
  フラッシュカードに伸びるようになる。」

本書の学習法は一定の手間はかかるものの、
脳の機能に即した学習方法だと思います。

この本から何を活かすか?

「エビングハウスの忘却曲線」は記憶の分野で
非常に有名なので、聞いたことがある方も
多いことでしょう。

これはヘルマン・エビングハウスさんが
1885年に発表した研究で、「実験心理学史上、
単独で実施された最も素晴らしい調査」
と言われています。

ところで、エビングハウスさんは、
どのようにして忘却曲線を発見したのか?

忘却曲線の発見には、私たちの想像を超える、
地味で時間のかかる努力が必要でした。

エビングハウスさんは、Guf、Ril、Zhikなどの
無意味な音節を覚えるまでにかかった時間と
忘れるまでの時間、そして再度覚え直してから、
また忘れるまで時間を、ひたすら記録しました。

部屋に1人座ってメトロノームを鳴らしながら
頭痛や体調に異変が起こる状態になるまで、
無意味な音節を600万回以上唱えたそうです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 勉強法 | 05:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT