活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

東大医学部在学中に司法試験も一発合格した僕のやっている シンプルな勉強法

満足度★★★
付箋数:24

この本を読んで真似をしても、残念ながら、
あなたは河野玄斗さんにはなれません。

しかし、少なくとも目標を達成する成功率は
上がると思います。

日本テレビの「頭脳王」で優勝して、
有名になった河野玄斗さん。

東大医学部在学中に司法試験にも一発合格し、
英検も数検も1級を取得している天才です。

「神脳」というキャッチフレーズも、
決して大げさではないような気がします。

その上、ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト
ベスト30入りするようなイケメンですから、
マスコミが彼を放って置くわけはありません。

河野さんは、どのように勉強して「天才」
になったのか?

本書では、紙面の許す限り詳しく、
河野さんが自身の勉強法を公開しています。

  「執筆にあたっては、本書がみなさんの
   “勉強大全” となるよう、勉強に必要なすべて
  を網羅的に、かつ、詳しく記したつもりです。
  その際、TwitterやInstagramのDM(ダイレクト
  メッセージ)等でいただいた質問も大いに
  参考にして、みなさんの悩みが多かった
  内容については特に厚く扱いました。」

本書を読んでわかったのは、河野さんが、
ものすごく勉強が好きだということです。

勉強することが、河野さんにとっては、
他の人にとって、漫画を読んだり、
音楽を聞いたり、スポーツをするのと
同じように楽しいことなのです。

そして、勉強することのメリットがわかった
上で、効率よく勉強しているということ。

それは河野さんが以前に、Twitterで発言した
考えに象徴されています。

  「1000時間勉強して将来の年収が100万円
  上がる場合、勉強の時給は100万円×40年
  ÷1000時間=時給4万円になるよ。
  なんでみんなそんなに勉強しないの?」

勉強することが、河野さんの「幸福の最大化」
につながっているのです。

小さい頃から、そういった考えで勉強し、
かつ、勉強する環境も整っていたことが、
天才を作った要因なのでしょう。

では、具体的には、どのような勉強法を
しているのでしょうか?

本書で1つの章を割いて説明されていたのが、
効率を極限まで重視した「逆算勉強法」です。

逆算勉強法のステップは以下の通りです。

 1. 目標を知って具体的なゴールを設定する
 2. ゴールまでにやりたいことを決める
 3. やるべきことをスケジュールに落とし込む
 4. 実践する
 5. 進み具合を定期的に確認する

実践の手順は、奇をてらったものではなく、
非常にありふれたものです。

ノウハウがあるとすると、「実践する」の
パートだと思います。

河野さんは、アウトプットを重視して、
勉強しています。

その比率は、インプットが2~3割に対し、
アウトプットが7~8割です。

そのためには、インプットをいかに速く
回すかがカギとなります。

また、アウトプットの方法としては、
「誰かに教える」ことが推奨されていました。

本書では、友達を相手にアウトプットする
ことが勧められています。

私の記憶では、テレビ番組に出演したときに、
母親を相手にアウトプットしていたという
エピソードが披露されていたと思います。

学校では友達を相手にして、家に帰ってからは
親を相手にしていれば、「誰かに教える」
時間は十分に確保できているのでしょう。

本書の後半では、高校・大学受験の科目別
勉強法、そして司法試験対策のノウハウが
紹介されていました。

個人的には、トコトン勉強好きになることが、
河野さんに近づく一番の鍵だと感じました。

この本から何を活かすか?

  「具体と抽象を行き来して理解を加速する」

私は、具体と抽象を行き来できることが、
頭の良さの1つの要素だと思っています。

河野さんは、勉強でそれを実践しています。

  「重要なのは、 “具体的な問題” はたくさん
  あるけれども、それらの問題は “同じような
  考え方・知識を用いて解くことができる” 
  という共通点でまとめることができる
  ということです。」

勉強の際に「要するにこういうことでしょ」
を常に意識しているようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 勉強法 | 05:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Learn Better――頭の使い方が変わり、学びが深まる6つのステップ

満足度★★★★
付箋数:24

  「データがあふれ、自動運転車まで走るように
  なったこの時代、私たちは新しい形の専門知識
  を早くしかも効果的に獲得できなければ
  ならない。学習の方法を学ぶことは、専門家が
  言うところの “究極のサバイバルツール” 、
  つまり、現代において最も重要な能力の
  一つであり、あらゆるスキルの前提となる
  スキルである。なぜなら学習の方法さえ
  覚えれば、ほとんど何でも学ぶことができる
  からだ。そして社会にはもっと豊かな教育の
  形があるべきだ。問題解決という真に重要な
  スキルを育てるために、情報と知識を
  活用する教育が。」

「魚を与えるのではなく、魚の釣り方を教えよ」
という格言が昔からありますが、学び方を学ぶ
とはまさに、魚の釣り方を知ること。

どのような方法で学ぶと、表面的ではない
「深い学び」を得ることができるのか?

本書が伝えるのは、本質的な「学び方」に
ついてです。

小手先のテクニックではないので、私たちに
とって、かなり重要なテーマです。

著者は、米国先端政策研究所シニアフェロー
で、学びについての研究と発信を行っている
アーリック・ボーザーさん。

本書は、全米トップのシンクタンクにおける
ボーザーさんの仕事の集大成です。

  「本書はよくある “アメリカの教育システムの
  ここがおかしい” と指摘する研究書ではない。
  その類の政策提言はもう十分に世に出ている。
  それよりも、私は学習という概念をつぶさに
  解説し、研究からわかった普遍的な知識習得の
  手法を説明する。」

本書は学びへの体系的なアプローチとして、
次の6つのプロセスを示します。

 1. 価値を見いだす

  学びたいと思わなければ学ぶことはできない。
  学ぶ対象の知識に価値があるとみなし、
  その意味づけが行われていなければならない。
  そのためには、こらから学ぶことの意味を
  最初に知る必要がある。

 2. 目標を決める

  知識を習得する初期の段階では、集中が重要。
  何を学びたいのかを厳密に見極めて、
  目的と目標を設定しなければならない。

 3. 能力を伸ばす

  練習にも、他人と差がつく力をつけられる
  ようなものがある。学習のこの段階では、
  スキルを磨き、パフォーマンスを向上させる
  ことに特化した手段を講じる必要がある。

 4. 発展させる

  この段階では、基本から踏み出し、知識を
  応用したい。スキルと知識に肉付けして、
  より意味のある形の理解を形成したい。

 5. 関係づける

  すべてがどう噛み合うかがわかるフェーズ。
  私たちは、個別の事実や手順だけを知りたい
  のではなく、それが他の事実や手順とどう
  関わり合うかを知りたいのだ。

 6. 再考する

  学習には間違いや過信がつきもの。
  そのため、自分の知識を見直し、自分の
  理解を振り返って、自分の学習したことから
  学ぶ必要がある。

本書の章は、この6つのプロセスに沿って
立てられています。

ボーザーさんの経験からか書かれている
のではなく、多くの実証研究を基にした
エビデンスがあります。

そのため、単純に結果だけ知りたい方に
とっては、少々読みにくと感じるかも
しれません。

しかし、時間をかけて読んでこそ、
本質的な学び方に到達できるようにも
思えます。

米Amazon2017年ベスト・サイエンス書
だけあって、非常に濃い内容の本でした。

この本から何を活かすか?

本書の最初のステップは「価値を見いだす」
こと。

これは、学ぶ対象の意味を知ることです。

では、なぜ意味を知る必要があるのか?

この問の答えは、人間の根源的な欲求と
関わっています。

  「意味への欲求とは、多くの点で発見への
  欲求なのである。私たちが学習への
  モチベーションを持つは往々にして、
  学びたいからだ。価値を求める生き物として
  進化したから、人間は価値を求める。」

人間の探究心を利用して、学ぶ対象の価値を
見出すと、学習効率が上がるのでしょう。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 勉強法 | 05:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

共働きだからできる 中学受験必勝法!

満足度★★★
付箋数:17

あさ出版の星野さんに献本いただきました。
ありがとうございます。

  「最初にお伝えしたいことがあります。
  中学受験は、やりようによっては親の負担が
  とても大きです。
   “共働きでは無理、子どもに中学受験・合格を
  させたいなら仕事を諦めなければ” 
  そんな話を聞いたことがある人もいるかも
  しれません。お父さんかお母さんが子どもの
  横にみっちりついて伴走しなければならない
  から、と。
  ここ最近、私のところにもこうしたご相談が
  多く寄せられます。
  しかし、これは間違いです。」

本書は、共働きの家庭が中学受験する際の
対策に特化した本です。

著者は、プロ家庭教師集団 名門指導会代表の
西村則康さん。

本書では、両親が忙しく働いていても、
子どもに密着してフォローできなくても、
中学受験に合格することができると言います。

合否を決めるのは、共働き家庭としての、
受験に向けての戦い方を知っているか否か。

本文に入る前に、2点、西村さんからの
お願いが書かれています。

1つ目は、親自身の受験経験は忘れること。

自分自身もかつて中学受験を経験した
親御さんも中にはいるでしょう。

しかし、それは20~30年前のことで、
中学受験の様相はその頃と大きく変わって
いるようです。

問題のレベルも上がり、過去の常識はまったく
通用しなくなっているのです。

2つ目は、受験は意識した瞬間からその対策を
始める必要があること。

共働きの家庭では、子どもと一緒にいる時間が
限られています。

中学受験は時間との戦いでもあるので、
完全に受験することを決めてからでは、
遅すぎるのです。

少しでも中学受験をする可能性があるなら、
数年先を意識した勉強法に切り替えることを
西村さんは勧めています。

本書では7章立てで、中学受験に関する質問に
答えます。

 Q. 共働き家庭が中学受験を目指す場合、
  何をすればいいですか?

 A1. 勉強に必要な基礎力を高めておくことが大切

  中学受験をする、しないに関わらず、身体感覚、
  非認知能力は身につけておく必要があります。

 A2. 上手に役割分担する

  親が何から何まですべてやってあげなければ
  ならないと考えないでください。

  親ができることとできないこと、他人の力を
  借りてはじめてできることがあります。

本書では、準備に関するアドバイスから、
親としての心構え、具体的な学校選びから、
塾・家庭教師の見極め方、スケジュールの
立て方まで、細かく疑問に答えています。

私が本書でいいなと思ったのは、受験に関する
テクニックだけでなく、子育ての本質的な
アドバイスも書かれていることです。

  ・お父さんとお母さんで役割を分ける
  ・子どもの気持ちを尊重する
  ・お母さんの心の平穏が何より大事
  ・子どもを「小さな王子様」にしない
  ・子どもの嘘は追い詰め過ぎない

中学受験を決めた共働き家庭はもちろんですが、
そうでなくても、子育てをしている家庭なら
参考になる部分があると思います。

この本から何を活かすか?

どのように学力をつけるべきか?

この質問に対して、西村さんは次のように
答えています。

  「学力をつけるには自問自答力を鍛える
  学力とは、いろいろな知識を必要に応じて
  つなぎ合わせる力です。自問自答して、
  自分の頭で考えることが学力を伸ばします。
  問題を読みながら “何がわかっているの?” 
   “何が聞かれているの?” と自分に問いかけ、
  意識して考えるようにするのです。」

この自問自答力は、受験に限らず、
生きていく上で必要な力だと感じました。

このように自ら頭を使う習慣は
大人になっても生かされることでしょう。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 勉強法 | 07:43 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

筋トレ英会話 ビジネスでもジムでも使える超実践的英語を鍛えなおす本

満足度★★★
付箋数:21

  「 “目標が見つからない” ……そんな人にこそ、
  英語と筋トレをお勧めしたい。英語と筋トレは、
  どの分野においても必ず役に立つ万能の力だ。
  そして努力を絶対に裏切らない。才能なんて
  関係なく、やったらやった分だけ確実に
  成長する。100%リターンが得られる投資と
  言っても過言ではないだろう。」

著者のTestosteroneさんは、これまで常に
「筋トレしろ」というメッセージを伝えて
きました。

今回は、初めてそのメッセージから外れます。

本書は、筋トレ好きによる筋トレのための
楽しく学べる英語本。

Testosteroneさんは、日本語・英語・中国語の
トリリンガルです。

子どもの頃から海外で生活していた訳ではなく、
英語・中国語をマスターするとう明確な目標を
持って、試行錯誤を繰り返して習得した方。

最初に英語を学んだときに、習得の心得や
学習のスタイルを確立したそうです。

そのため、次に取り掛かった中国語では、
かなり習得するまでの時間が短かったと
振り返ります。

本書では、Testosteroneさん流の英語習得の
「4つの心得」が示されています。

心得1. 自信を持て!
 君はすでに英語を話せる。

  「俺が断言しよう。 “自分は英語が話せる” 
  と認識した瞬間から、君は英語が話せる
  ようになる。君には今すぐにでも海外に行き
  生活する基礎的な英語力が備わっている。」

心得2. 他人の目を気にするな!
 意思の疎通ができれば、発音なんてどうでもいい。

  「ハッキリ言おう。英語を話すのに、発音が
  完璧である必要も、難しい構文や語彙を
  使いこなす必要も一切ない。(中略)
  英語はコミュニケーションツールだ。
  意思の疎通がもっとも重要な役割であり、
  発音とかカッコよさとかそんなものは
  二の次だ。」

心得3. ふてぶてしくあれ!
 「俺のつたない英語を理解するのは君たちの
 仕事だ!」ぐらいの精神でいこう。

  「 “英語は君たちにとっては第一言語だけど、
  俺にとっては第二言語なんだから、
  君たちが頑張って俺のつたない英語を
  理解しろ!” というふてぶてしいロジックで、
  アメリカ人と堂々と偉そうに話す。」

心得4. 英語学習は質より量
 英語は楽しんだもん勝ち。

  「(英語学習の)第1ステップは単語や
  基本的な文法など、基礎的な知識の暗記だ。
  (中略)英語の第2ステップで一番大切
  なのは質より量という単純明快な事実である。
  要は、第1ステップを乗り越えたあとは
  ただひたすらに英語と触れ合う時間を
  長くするという方法がもっとも効率的な
  学習法なのである。」

本書では、動詞と基本の文型から、
時制や助動詞、疑問詞など順番に英語の
型を学びます。

そこまでは、一般的な英語学習の本と同じ
ですが、基本例文はすべて筋トレをする
シチュエーションです。

  ・I love to lift weights.
  ・His body is covered with muscle.
  ・What is your favorite exercise ?
  ・Losing weight is not easy.
  ・I want to get a six pack, so I decided
   to go to a gym.

更に筋トレ好きのために、特別枠として、
「筋トレ英語」のコーナーを設け、
日常会ではあまり役に立たない単語や
フレーズを解説しています。

本書を読むと「筋トレに比べたら英語など楽勝」
と思えるようになるかもしれません。

この本から何を活かすか?

質より量をどうやって確保するのか?

Testosteroneさんは、英語字幕付きで
「海外ドラマ」を見ることを勧めています。

  「海外ドラマは “製作費を何十億円もかけた
  最高の英語教材” であり、これに敵う教材は
  ほかに存在しない。選ぶべき作品は
  『フレンズ』や『ゴシップガール』といった
  日常生活が中心のもの。」

見るときのポイントは、分からない単語や
表現の意味を片っ端から「調べない」こと。

主人公がよく使う言い回しや、何度も出てくる
表現など、どうしても「気になった場合のみ」
調べるのがいいようです。

私は『ゴシップガール』は、未視聴なので、
見てみようと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 勉強法 | 06:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

同時通訳者のカバンの中 ツールを使いこなせば英語力3割アップ!

満足度★★★
付箋数:20

  「『同時通訳者のカバンの中』という
  タイトル通り、この本はもしかしたら、

  This is about my bag of tricks.

  これはわたしの bag of tricks についての
  本です。」

bag of tricks とは、(有効な)あらゆる手段
という意味です。

  「この本は、今まで英語学習に関して
  わたしが試してきて、効果があったと思う
  方法を bag of tricks としてご紹介した
  ものになります。」

著者は、NHKラジオ講座「入門ビジネス英語」
の元講師の関谷英里子さんです。

本書は2013年に祥伝社から刊行された
同時通訳者の頭の中』の姉妹本。

同時通訳者の関谷さんが、これまで
カバンの中にどんなものを入れきたかを
紹介します。

学生時代、商社務め時代、同時通訳者に
なりたての頃までを振り返ります。

それは単純にアイテムの説明というよりも、
関谷さんが、どのように英語を学んできたか
の変遷を辿ることになります。

本書では、以下のアイテムとその具体的な
活用方法が紹介されています。

 <学生時代>
  フォニックスの表
  洋画のDVD/ネットドラマ
  ディクテーション用のノート

 <会社員時代>
  単語帳
  英語雑誌(エコノミスト)
  ツイッター

 <同時通訳者ビギナー時代>
  ユーチューブ
  オンライン辞書

 <NHKラジオ講師時代>
  NHKラジオ講座のテキスト
  オンライン英会話

 <現在>
  プレゼン資料
  メモ帳
  ペン
  クリップボード
  タイマー
  イヤホン
  電子辞書
  のどスプレー
  菓子
  水

 <スマホの中身>
  ポッドキャスト
  英語アプリ

この中で、いくつかのアイテムについて、
実際の使い方を見てみましょう。

まず、「単語帳」について。

これは既存の単語集ではなく、関谷さん自身が
日々の仕事の中で出会ったボキャブラリーを
書き留めたものです。

なぜ単語帳を作る必要があるかと言うと、
ビジネス英語と学校で習う英語の間には、
ボキャブラリーの違いがあるからです。

関谷さんは、海外の取引先が使う英語は、
「コンパクトでインパクトがある」と感じ、
日々の業務での発見をメモするように
なったそうです。

次に「NHKラジオ講座のテキスト」。

元講師として、関谷さんはこのプログラムは
想像以上に役に立つので、活用しない手はない
と説明しています。

活用方法は、講座を聞くのはもちろんですが、
オススメは会話文形式の英文の音読。

ただ声に出すだけでなく、誰かに読み聞かせる
ようなつもりで音読するといいようです。

人に伝えるように英文を読むことで、
日本人に決定的に足りないアウトプットを
補うことができるのです。

この本から何を活かすか?

私がメインで聞いているNHKラジオ講座は
杉田敏さんの「実践ビジネス英語」です。

この講座は、もの凄く内容が面白いので、
リスニング用にずいぶん昔から聞いています。

ただし、私の英語の実力からすると、
自分が本当に会話で使う表現としては
少し難しいと感じています。

そこで、現在は柴田真一さんが講師を務める
「入門ビジネス英語」をアウトプット用に
聞くことにしました。

こちらは、シンプルな英語を使いこなすための
講座なので、誰かに伝えるように読む練習には
ちょうど良いと感じています。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 勉強法 | 06:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT