活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

10年後、君に仕事はあるのか?

満足度★★★
付箋数:23

今の中高生が、これから歩む人生は、
親世代がこれまで歩んできた人生とは
以下の3つの理由により大きく違います。

1つ目は、親が体験した「標準的な人生モデル」
は追求できないこと。

2つ目は、親が過ごしてきた時代と違って、
ネットにつながった世界が広がっていること。

3つ目は、人生の長さ(ライフスパン)が、
かなり長くなること。

こうした今までの常識が通用しない
不確かな時代に、今の中高生はどんなチカラを
身につけていったらいいのか?

  「この本には、僕が現在務める奈良市立
  一条高校で、機会あるごとに生徒や先生、
  そして主に40代、50代の保護者の方たちに
  語りかけている10年後(2020年代)の
  近未来の姿とその対処方法をキッチリ
  盛り込んでおきました。」

本書の著者は、元リクルート社フェローで、
教育改革実践家の藤原和博さん。

本書で藤原さんは、「10年後の世界は
どうなっているのか?」、「不確かな未来を
生き抜くために、どんな力を身につける
べきなのか?」などの問いに答えます。

こらからの時代に必要なのは「雇われる力」
(エンプロイアビリティ)です。

これは組織に雇われるだけでなく、
店を開業したり、独立や起業したり、
あるいはボランティアを行う場合でも、
どんな仕事をする時にも必要となる力です。

このエンプロイアビリティは次の3つの力で
構成されます。

 1. 基礎的人間力

  体力、忍耐力、精神力、集中力、持久力・・・

  最も土台となる力で、家庭教育、学校での
  人間関係、旅やバイトなどさまざまな体験を
  通じて培われます。

 2. 情報処理力

  国数社理英、体育、芸術、家庭、情報

  これは従来の狭い意味での基礎学力のことで、
  多くのことを覚えて、必要に応じて思い出し、
  1人で早く正確に処理できるかを示す力です。

 3. 情報編集力

  コミュニケーション、ロジカルシンキング、
  シミュレーション、ロールプレイ、
  プレゼンテーションの5つのリテラシーから
  構成されます。

  この力こそが、これからの時代、
  最も必要とされる、正解がないか、
  正解が1つではない問題を解決する力です。

ちなみに、従来の暗記による勉強が
一切いらなくなったり、学力を測る偏差値が
必要なくなるというのは、幻想に過ぎません。

これ一辺倒ではダメですが、まったく必要
なくなるわけではありません。

あくまで、基礎的人間力、情報処理力、
情報編集力の3つのバランスが大切なのです。

また藤原さんは、情報処理力と情報編集力を
次のように例えて説明しています。

  「情報処理力は “ジグソーパズル” を
  やるときの力に例えることができ、
  情報編集力は “レゴ” をやるときの力に
  例えるのがピッタリなんです。」

ジグソーパズルは正解主義でレゴは修正主義
のゲームであるとも説明されています。

また、基礎的人間力のベースとなる「人柄」
を高めるためには、「挨拶ができること」、
「約束を守ること」、「人の話が聴けること」
の3つが大切であるとも述べられていました。

ですから、2020年代以降を生き抜くためにも、
従来の学校教育で大切にされていたことを
完全に否定してはいけないのです。

本書は、中高生もわかる言葉で書かれて
いますから、親子で一緒に読みたい本です。

この本から何を活かすか?

本書の最後には、親から見た場合の
「子育て三原則」が紹介されていました。

  1. 10歳までは思い切り遊ばせる
  2. 海外を経験させる
  3. 「面倒なほう、厳しい道、よりタフな状況」
   を選ばせる

この「子育て三原則」は情報編集力を鍛えます。

「可愛い子には旅をさせよ」が、未来社会にも
通用する名言であるようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 勉強法 | 06:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

仕事の英語 いますぐ話すためのアクション123

満足度★★★
付箋数:23

私たちは、最低限、中学・高校の
合計6年間、英語の勉強をします。

その後も、仕事で英語を使うことを考え、
努力している方も多いでしょう。

しかし、「私は英語で仕事ができます」と
自信を持って言える方は、あまり多くいません。

なぜ、私たちは、努力しているにもかかわらず、
英語で仕事ができるようにならないのか?

仕事の英語パーソナルトレーナーの
河野 木綿子(こうの ゆうこ)さんは、
私たちが、「英語で話せない」10の理由を
挙げています。

  1. 圧倒的に「話す」練習が足りないから
  2. なんでもかんでも丸暗記しようとするから
  3. 日本語でも伝えたいことがはっきり
   していないから
  4. 「言い間違えてはいけない」と思って
   いるから
  5. 正解がたった1つだと思っているから
  6. 英語ができる人に頼ってしまうから
  7. 「わかり合うのに言葉はいらない」という
   ロマンに浸っているから
  8. 「なんとなくわかる」で流してしまうから
  9. 「できる方法」より「できない言い訳」
   が先に立ってしまうから
  10. 「どうして英語ではそういうの?」と
   考え込んでしまうから

私も自分の事を考えてみると、
6番や8番が思い当たります。

さて、できない理由はさておき、
覚悟を決めて本気でやらないことには、
いつまで経っても、英語で仕事が
できるようにはなりません。

では、何から始めたらいいのでしょうか?

その答えが本書の中にあります。

  「練習の成果が現れるのは、はじめてから
  だいたい3ヶ月。それまでは、1日10分でも
  いいので、話す練習を継続する行動習慣を
  作っていくことが何より大切です。
  そのために役立つ練習法、習慣術、ツールや
  使い方、そしてとっさのとき使える便利な
  フレーズや、仕事を上手に回すためのコツ
  などを、 “仕事の英語” が話せるようになる
  ためのアクションとして、123項目にわたって
  紹介します。」

本書は、仕事で英語を使うことに特化した本。

市販の英語テキストで自分の日常と
関係のない言い回しや単語よりも、
実際に日々仕事をしていることと関連がある
ことを中心に勉強を進めます。

そのために必要なのは「自分単語帳」。

ノートを1冊用意して、左ページには、
日付・単語・発音・品詞・意味を書きます。

右ページには類義語/反義語・例文を書きます。

既に英語を使う職場にいるかどうかで
違ってきますが、職場で毎日出会う単語や
言い回しをメモしておいて、帰宅してから
「自分単語帳」に書いて調べて復習します。

さらに明日使いたいフレーズなども、
調べて少しずつ足していきます。

「自分単語帳」に書いた例文は、
初め2回は例文を見ながら発話し、
その後3回は例文を見ないで、合計5回の
アウトプットで練習します。

「5回くらいで覚えられるの?」と思うかも
しれませんが、実際に職場にいる人を
当てはめてリアルにイメージして練習すると、
これくらいの回数でも忘れないそうです。

本書では英会話スクールやオンライン
英会話の活用方法や、会議やプレゼンを
英語で乗り切るヒントなども紹介しています。

河野さんが、25年間の日々の業務の中で
実践して培ってきたノウハウが
本書には詰め込まれています。

本当に仕事で英語を使わなければならない
立場に追い込まれている人には、
大きな助けになる本だと思います。

この本から何を活かすか?

 結論ファーストでもクッション言葉は必要

とかく英語では、結論を先にストレートに
言うイメージがありますが、例外もあります。

それは相手にとって精神的にショックなことを
伝えるときです。

そういう場合は、日本語で「とても残念だけど」
や「なかなか言いにくいんだけど」に当たる
クッション言葉を入れるといいようです。

  ・I'm afraid I have some rather bad news
   for you.

  ・I know this is going to be hard for you
   to take in, but...

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 勉強法 | 06:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日本人の9割が間違える英語表現100

満足度:★★★
付箋数:21

  「日本に来てから、長い年月が経過しました。
  この間、インターネットの普及などにより、
  日本語のなかに多くのカタカナ英語が入り込み、
  英語に親しみをもつ日本人が増えたようです。
  しかしながら、いまでも変わらないものが
  あります。それは “日本人の英語” です。
  日本人の話す英語のなかに、
  脈々と受け継がれている勘違いが数多く
  存在するのです。」

著者のキャサリン・A. クラフトさんは、
アメリカ・ミシガン州生まれで、オハイオ州で
育った英語のネイティブスピーカー。

1985年に、南山大学交換留学生として来日し、
現在は、オンラインマガジン「ET PEOPLE!」
を発行する傍ら、通訳、翻訳者、英語科講師
として活躍しています。

クラフトさんは、英語を間違えること自体が
悪いと言っているわけではありません。

日本人が英語を習得していく過程で、
数多くの間違えることは、必要な通過点
だからです。

しかし、日本人がよく使う英語の中には、
コミュニケーションに支障をきたすような
勘違いが含まれていると言います。

それは、意図したこととは別の意味で
ネイティブに伝わってしまう英語です。

完全に伝わらないならまだしも、
別の意味で伝わってしまうから、
余計に厄介なのです。

  「本書は、日本人の9割が勘違いしている
  と思われる英語を遡上にのせ、それを
  ネイティブがどのように感じるかを
  論じたものです。また、意味や解釈の
  ズレを指摘して、意図したことがちゃんと
  伝わるように、ネイティブ流の英語に
  修正して提示してあります。」

本書で指摘されている英語の誤用は、
英語を勉強した方なら、さすがに「9割」も
勘違いしていることはないと思います。

しかし、カタカナ英語として日常的に
使われるため、ネイティブにも通じると、
勝手に思い込んでいる表現が多いのです。

代表的な例は「ドンマイ」。

  「日本へやってきたころ “ドンマイ” なる
  言葉をあちこちで聞いて、何度も首を
  かしげたものです。 “気にするな” という
  意味だということはやがてわかったのですが、
  どうしてこの奇妙な英語が日本中に浸透して
  しまったのでしょう。」

そもそも、「Don't mind.」という表現が
英語にはありません。

実際に英語にある表現は「Never mind.」や
「Don't mind me.」です。

しかし、「Never mind=大したことじゃない
から気にとめないで」で、「Don't mind me
=「私のことは気にしないでください」
というニュアンスなので、これも間違いです。

ちなみに「Never mind.」は次のような
シーンで使います。

 A : What did you say?(いま何て言った?)
 B : Never mind.(なんでもない)

日本で「ドンマイ」を使う場面とは
明らかに違うのです。

正しく、ネイティブにも伝わる表現は、
「Don't worry about it.」です。

これ自体は、かなりの日本人が知っている
表現ですが、「ドンマイ」があまりにも
浸透しずぎて、正しい表現を習っていても、
とっさに出てこないのでしょう。

本書は昔からよくある種類の本ですが、
スッキリとまとめられているので、
一度自分の英語をチェックしてみるには
丁度いい本だと思います。

この本から何を活かすか?

本書の編訳者、里中哲彦さんがオススメする
英語学習法は「海外ドラマを観る」こと。

日本では、アメリカ産のTVドラマを数多く
観られるので、これを英語学習教材として
利用しない手はないと推奨しています。

観るときは、漫然と観るのではなく、
リスニングの勉強に役立てようという
気持ちで、臨むことがポイントのようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 勉強法 | 06:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

成績アップと合格をかなえるコツとわざ もう悩まない中学受験

満足度:★★★
付箋数:21

著者の小川大介さんより、献本いただきました。
ありがとうございます。

・テレビもゲームも我慢して勉強しているのに、
 なかなか成績が上がらない。

・毎日夜遅くまで、塾から出される宿題を
 こなしているのに、成果が出ない。

・受験の本やネットの合格体験記を読んで、
 真似していても、不安でしょうがない。

・親も子どもと一緒に、色々なことを我慢して
 打ち込んでいるのに、あまり上手くいかない。

中学受験をするご家庭では、悩みは尽きません。

ほとんどのご家庭では、塾に通っていると
思いますが、成果が出ずに焦りを感じている
親御さんも多いことでしょう。

お子さんの成績が思ったように上がらないのは、
努力が足りないからなのでしょうか?

通っている塾の指導にすべて従っていれば、
そのうち成果は出てくるのでしょうか?

中学受験の指導を始めて25年。

個別指導教室SS-1の代表として、灘、筑駒、
開成、桜蔭、麻布などの難関中学に、
これまで8000人以上を合格させてきた
小川大介さんは、次のように指摘します。

  「与えられたものをこなすだけの勉強では、
  結果が出ないのはむしろ当然。
  お子さんは悪くない。」

なぜなら、中学受験の入試問題は、
年々難しくなっているから。

最難関のいくつかの中学校では、毎年、
誰も見たことがないような問題が出題されます。

その翌年以降には、その問題を見た
他の難関校が、形や条件を変えて出題します。

更に数年遅れて、その問題パターンが、
もっと偏差値の低い学校でも採用されます。

塾でも、この時点で標準的な問題として扱われ、
テキストにも掲載されるようになります。

こうして塾のテキストに掲載される問題が増え、
覚えのが不可能な量までに膨れ上がります。

実は、塾のテキストに掲載される頃には
出題傾向も変わり、それを一生懸命解いても
成果が出ないようになっているのです。

そして、小川さんは本書で中学受験における
大切な真実を伝えています。

  「中学受験で成績が上がらないのは、
  お子さんの能力のせいではないのだということ。
  そして親のせいでもないということ。
  誰のせいではなく、中学受験の仕組みを
  誰も教えてくれなかったことが問題なのです。
  何をどうすればいいのか分からないまま、
  手探りで恐るおそる暗闇を歩くような立場に
  追いやられているから、不安にもなるし、
  感情的にもなってしまうのです。」

では、中学受験には、どう挑めばいいのか?

小川さんが、本書で、最も重要なポイントと
して述べているのが、「戦略」を持つことです。

「戦略」は、ビジネスでよく聞く用語です。

目標があって、それをどのように達成するかが
問われているので、中学受験もビジネスも
考え方は一緒なのです。

塾から言われたことを、そのままやるだけでは、
塾に振り回されてしまいます。

そうならないためにも、「戦略」が必要なのです。

 ・戦略がない
  =今まで通り、周りと一緒に、言われたことを
   必死にやり続けていく。

 ・戦略がある
  =今までのやり方を変えることを恐れず、
   目標がなにで、どうやれば、一番成功
   しやすいのかを考えて、行動する。

戦略と聞くと、何か難しい話のように
感じるかもしれませんが、そんなことは
ありません。

本書では、精神論ではなく、中学受験のために
家庭でできることを具体的に解説します。

現在、中学受験で塾に通っている方も、
これから通うことを検討している方も、
本書で塾との上手な付き合い方が
良くわかると思います。

 Chapter1 少子化なのにますます難しくなる
     受験事情

 Chapter2 合格力を高める父母の思考と行動

 Chapter3 悩みと不安を解消。
     子どもの将来が見えてきた!

この本から何を活かすか?

本書では、国語の勉強方法として、
次のような解説がありました。

  国語の物語文で、登場人物の感情を
  読み取る問題は、感受性で解いてはダメ。

  感情も知識だと割り切り、パターン化して、
  暗記することが得点をとる鍵。

私が以前、娘の勉強を見ていた時に、
同じように教えていたことを思い出しました。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 勉強法 | 06:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

頭がよくなる 謎解き 理科ドリル/社会ドリル

満足度:★★★
付箋数:21

小川大介さんが代表を務める
中学受験専門個別指導教室SS-1さんより
献本いただきました。ありがとうございます。

今回紹介するのは、かんき出版から刊行された
「頭がよくなる謎解きドリル」シリーズの
理科編と社会編の2冊です。

理科編を執筆するのは、SS-1副代表として、
さまざまなメディアで教育に関する
情報発信をする辻義夫さん。

  「実は、本書を執筆した理由は2つあります。
  1つは、私がかかわる中学受験の世界に限らず、
   “理科の楽しさがわからない” という
  お子さんが増えていると感じることが
  多くなったからです。(中略)
  もう1つの理由は、 “中学受験の勉強は
  知識偏重の詰め込み型” という考えが、
  あらゆる中学校の入試問題に当てはまるかの
  ように誤解されている風潮があることです。」

社会編を執筆するのは、SS-1社会教科主任で、
中学受験情報局「かしこい塾の使い方」で
主任相談員も務める馬屋原吉博さん。

  「 “考える”と は、“突飛な発想をする”
  ということではありません。
   “考える” とは、 “複数の知識を正しく
  組み合わせる” ことです。
  この本の、特に後半の60題は、社会に関係する
  様々な謎を、複数のヒントを使って
  解き明かしていく問題です。解き進めていく
  だけで、新しい知識を手に入れつつ、
  それらをつなげていくという貴重な体験を
  重ねていくことができます。」

どちらのドリルもパート1が思考の土台を
身につけるための知識問題編で、
パート2がパート1の知識をベースに
とことん考える思考問題編となっています。

タイトルに「謎解き」と入っている通り、
問題集というよりもクイズを解いている
感覚に近いドリルです。

著者お二人は難関中学に多くの合格者を
輩出する中学受験専門教室の指導者ですが、
本書は、中学受験専用の問題集ではありません。

もちろん、中学受験に必要な力が身につく
ように考えられていますが、受験しない
お子さん、あるいは大人が読んでも
楽しみながら思考力が鍛えられるように
書かれています。

では、各1問ずつドリルに掲載されている
問題を紹介します。

理科-知識問題編-人体 Q25.

  ヒトと他の動物を比べると、骨格に次の
  ような違いがあります。この違いは、ヒトが
  あることをするのに大きく関係があります。
  それは何?

  1. 頭の骨が大きい
  2. 骨ばんが大きい
  3. かかとの骨が大きい

社会-知識問題編-地理 Q5.

  北海道の都市で海に近い札幌市と海から遠い
  旭川市、1月がより寒いのはどちらでしょうか?

  A. 海から近い札幌市
  B. 海から遠い旭川市

(解答は記事の最後に掲載します)

ここではスペースの関係から知識問題の
紹介に留めておきましたが、それでも単に
知っているか、知らないかを問うのではなく、
「なるほど」と思えるような問題と解説が
掲載されています。

子どもにとっては、勉強している感覚が少なく、
ワクワクしながら知識や考える力を
身につけられる本だと思います。

私も全部の問題は解いていませんが、
いくつか解いてみると、つい面白くなって
先に進みたくなりました。

この本から何を活かすか?

理科-知識問題編-人体 Q25.解答

  解答:二足歩行

  背骨が縦になっていることで、四足歩行の動物に
  比べて大きな頭を支えることができるんですね。

社会-知識問題編-地理 Q5.

  解答:B

  一般的に、液体は「温まりにくく、冷めにくい」、
  個体には「温まりやすく、冷めにくい」という
  特徴があります。そのため、冬は海の近くに
  ある札幌市よりも、内陸部にある旭川市の方が
  寒くなります。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 勉強法 | 06:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT