活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

日本人の9割が間違える英語表現100

満足度:★★★
付箋数:21

  「日本に来てから、長い年月が経過しました。
  この間、インターネットの普及などにより、
  日本語のなかに多くのカタカナ英語が入り込み、
  英語に親しみをもつ日本人が増えたようです。
  しかしながら、いまでも変わらないものが
  あります。それは “日本人の英語” です。
  日本人の話す英語のなかに、
  脈々と受け継がれている勘違いが数多く
  存在するのです。」

著者のキャサリン・A. クラフトさんは、
アメリカ・ミシガン州生まれで、オハイオ州で
育った英語のネイティブスピーカー。

1985年に、南山大学交換留学生として来日し、
現在は、オンラインマガジン「ET PEOPLE!」
を発行する傍ら、通訳、翻訳者、英語科講師
として活躍しています。

クラフトさんは、英語を間違えること自体が
悪いと言っているわけではありません。

日本人が英語を習得していく過程で、
数多くの間違えることは、必要な通過点
だからです。

しかし、日本人がよく使う英語の中には、
コミュニケーションに支障をきたすような
勘違いが含まれていると言います。

それは、意図したこととは別の意味で
ネイティブに伝わってしまう英語です。

完全に伝わらないならまだしも、
別の意味で伝わってしまうから、
余計に厄介なのです。

  「本書は、日本人の9割が勘違いしている
  と思われる英語を遡上にのせ、それを
  ネイティブがどのように感じるかを
  論じたものです。また、意味や解釈の
  ズレを指摘して、意図したことがちゃんと
  伝わるように、ネイティブ流の英語に
  修正して提示してあります。」

本書で指摘されている英語の誤用は、
英語を勉強した方なら、さすがに「9割」も
勘違いしていることはないと思います。

しかし、カタカナ英語として日常的に
使われるため、ネイティブにも通じると、
勝手に思い込んでいる表現が多いのです。

代表的な例は「ドンマイ」。

  「日本へやってきたころ “ドンマイ” なる
  言葉をあちこちで聞いて、何度も首を
  かしげたものです。 “気にするな” という
  意味だということはやがてわかったのですが、
  どうしてこの奇妙な英語が日本中に浸透して
  しまったのでしょう。」

そもそも、「Don't mind.」という表現が
英語にはありません。

実際に英語にある表現は「Never mind.」や
「Don't mind me.」です。

しかし、「Never mind=大したことじゃない
から気にとめないで」で、「Don't mind me
=「私のことは気にしないでください」
というニュアンスなので、これも間違いです。

ちなみに「Never mind.」は次のような
シーンで使います。

 A : What did you say?(いま何て言った?)
 B : Never mind.(なんでもない)

日本で「ドンマイ」を使う場面とは
明らかに違うのです。

正しく、ネイティブにも伝わる表現は、
「Don't worry about it.」です。

これ自体は、かなりの日本人が知っている
表現ですが、「ドンマイ」があまりにも
浸透しずぎて、正しい表現を習っていても、
とっさに出てこないのでしょう。

本書は昔からよくある種類の本ですが、
スッキリとまとめられているので、
一度自分の英語をチェックしてみるには
丁度いい本だと思います。

この本から何を活かすか?

本書の編訳者、里中哲彦さんがオススメする
英語学習法は「海外ドラマを観る」こと。

日本では、アメリカ産のTVドラマを数多く
観られるので、これを英語学習教材として
利用しない手はないと推奨しています。

観るときは、漫然と観るのではなく、
リスニングの勉強に役立てようという
気持ちで、臨むことがポイントのようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 勉強法 | 06:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

成績アップと合格をかなえるコツとわざ もう悩まない中学受験

満足度:★★★
付箋数:21

著者の小川大介さんより、献本いただきました。
ありがとうございます。

・テレビもゲームも我慢して勉強しているのに、
 なかなか成績が上がらない。

・毎日夜遅くまで、塾から出される宿題を
 こなしているのに、成果が出ない。

・受験の本やネットの合格体験記を読んで、
 真似していても、不安でしょうがない。

・親も子どもと一緒に、色々なことを我慢して
 打ち込んでいるのに、あまり上手くいかない。

中学受験をするご家庭では、悩みは尽きません。

ほとんどのご家庭では、塾に通っていると
思いますが、成果が出ずに焦りを感じている
親御さんも多いことでしょう。

お子さんの成績が思ったように上がらないのは、
努力が足りないからなのでしょうか?

通っている塾の指導にすべて従っていれば、
そのうち成果は出てくるのでしょうか?

中学受験の指導を始めて25年。

個別指導教室SS-1の代表として、灘、筑駒、
開成、桜蔭、麻布などの難関中学に、
これまで8000人以上を合格させてきた
小川大介さんは、次のように指摘します。

  「与えられたものをこなすだけの勉強では、
  結果が出ないのはむしろ当然。
  お子さんは悪くない。」

なぜなら、中学受験の入試問題は、
年々難しくなっているから。

最難関のいくつかの中学校では、毎年、
誰も見たことがないような問題が出題されます。

その翌年以降には、その問題を見た
他の難関校が、形や条件を変えて出題します。

更に数年遅れて、その問題パターンが、
もっと偏差値の低い学校でも採用されます。

塾でも、この時点で標準的な問題として扱われ、
テキストにも掲載されるようになります。

こうして塾のテキストに掲載される問題が増え、
覚えのが不可能な量までに膨れ上がります。

実は、塾のテキストに掲載される頃には
出題傾向も変わり、それを一生懸命解いても
成果が出ないようになっているのです。

そして、小川さんは本書で中学受験における
大切な真実を伝えています。

  「中学受験で成績が上がらないのは、
  お子さんの能力のせいではないのだということ。
  そして親のせいでもないということ。
  誰のせいではなく、中学受験の仕組みを
  誰も教えてくれなかったことが問題なのです。
  何をどうすればいいのか分からないまま、
  手探りで恐るおそる暗闇を歩くような立場に
  追いやられているから、不安にもなるし、
  感情的にもなってしまうのです。」

では、中学受験には、どう挑めばいいのか?

小川さんが、本書で、最も重要なポイントと
して述べているのが、「戦略」を持つことです。

「戦略」は、ビジネスでよく聞く用語です。

目標があって、それをどのように達成するかが
問われているので、中学受験もビジネスも
考え方は一緒なのです。

塾から言われたことを、そのままやるだけでは、
塾に振り回されてしまいます。

そうならないためにも、「戦略」が必要なのです。

 ・戦略がない
  =今まで通り、周りと一緒に、言われたことを
   必死にやり続けていく。

 ・戦略がある
  =今までのやり方を変えることを恐れず、
   目標がなにで、どうやれば、一番成功
   しやすいのかを考えて、行動する。

戦略と聞くと、何か難しい話のように
感じるかもしれませんが、そんなことは
ありません。

本書では、精神論ではなく、中学受験のために
家庭でできることを具体的に解説します。

現在、中学受験で塾に通っている方も、
これから通うことを検討している方も、
本書で塾との上手な付き合い方が
良くわかると思います。

 Chapter1 少子化なのにますます難しくなる
     受験事情

 Chapter2 合格力を高める父母の思考と行動

 Chapter3 悩みと不安を解消。
     子どもの将来が見えてきた!

この本から何を活かすか?

本書では、国語の勉強方法として、
次のような解説がありました。

  国語の物語文で、登場人物の感情を
  読み取る問題は、感受性で解いてはダメ。

  感情も知識だと割り切り、パターン化して、
  暗記することが得点をとる鍵。

私が以前、娘の勉強を見ていた時に、
同じように教えていたことを思い出しました。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 勉強法 | 06:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

頭がよくなる 謎解き 理科ドリル/社会ドリル

満足度:★★★
付箋数:21

小川大介さんが代表を務める
中学受験専門個別指導教室SS-1さんより
献本いただきました。ありがとうございます。

今回紹介するのは、かんき出版から刊行された
「頭がよくなる謎解きドリル」シリーズの
理科編と社会編の2冊です。

理科編を執筆するのは、SS-1副代表として、
さまざまなメディアで教育に関する
情報発信をする辻義夫さん。

  「実は、本書を執筆した理由は2つあります。
  1つは、私がかかわる中学受験の世界に限らず、
   “理科の楽しさがわからない” という
  お子さんが増えていると感じることが
  多くなったからです。(中略)
  もう1つの理由は、 “中学受験の勉強は
  知識偏重の詰め込み型” という考えが、
  あらゆる中学校の入試問題に当てはまるかの
  ように誤解されている風潮があることです。」

社会編を執筆するのは、SS-1社会教科主任で、
中学受験情報局「かしこい塾の使い方」で
主任相談員も務める馬屋原吉博さん。

  「 “考える”と は、“突飛な発想をする”
  ということではありません。
   “考える” とは、 “複数の知識を正しく
  組み合わせる” ことです。
  この本の、特に後半の60題は、社会に関係する
  様々な謎を、複数のヒントを使って
  解き明かしていく問題です。解き進めていく
  だけで、新しい知識を手に入れつつ、
  それらをつなげていくという貴重な体験を
  重ねていくことができます。」

どちらのドリルもパート1が思考の土台を
身につけるための知識問題編で、
パート2がパート1の知識をベースに
とことん考える思考問題編となっています。

タイトルに「謎解き」と入っている通り、
問題集というよりもクイズを解いている
感覚に近いドリルです。

著者お二人は難関中学に多くの合格者を
輩出する中学受験専門教室の指導者ですが、
本書は、中学受験専用の問題集ではありません。

もちろん、中学受験に必要な力が身につく
ように考えられていますが、受験しない
お子さん、あるいは大人が読んでも
楽しみながら思考力が鍛えられるように
書かれています。

では、各1問ずつドリルに掲載されている
問題を紹介します。

理科-知識問題編-人体 Q25.

  ヒトと他の動物を比べると、骨格に次の
  ような違いがあります。この違いは、ヒトが
  あることをするのに大きく関係があります。
  それは何?

  1. 頭の骨が大きい
  2. 骨ばんが大きい
  3. かかとの骨が大きい

社会-知識問題編-地理 Q5.

  北海道の都市で海に近い札幌市と海から遠い
  旭川市、1月がより寒いのはどちらでしょうか?

  A. 海から近い札幌市
  B. 海から遠い旭川市

(解答は記事の最後に掲載します)

ここではスペースの関係から知識問題の
紹介に留めておきましたが、それでも単に
知っているか、知らないかを問うのではなく、
「なるほど」と思えるような問題と解説が
掲載されています。

子どもにとっては、勉強している感覚が少なく、
ワクワクしながら知識や考える力を
身につけられる本だと思います。

私も全部の問題は解いていませんが、
いくつか解いてみると、つい面白くなって
先に進みたくなりました。

この本から何を活かすか?

理科-知識問題編-人体 Q25.解答

  解答:二足歩行

  背骨が縦になっていることで、四足歩行の動物に
  比べて大きな頭を支えることができるんですね。

社会-知識問題編-地理 Q5.

  解答:B

  一般的に、液体は「温まりにくく、冷めにくい」、
  個体には「温まりやすく、冷めにくい」という
  特徴があります。そのため、冬は海の近くに
  ある札幌市よりも、内陸部にある旭川市の方が
  寒くなります。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 勉強法 | 06:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

40歳を過ぎて英語をはじめるなら、TOEICの勉強は捨てなさい。

満足度★★★
付箋数:16

フィリピン・セブ島に拠点を置く英会話学校
QQイングリッシュ」。

約800人の講師を擁し、年間5000人が語学留学し、
1万人を超える生徒がスカイプを使って、
オンライン英会話の授業を受けるスクールです。

2009年に同社は創業し、現在は東京、セブ、
上海、ソウル、サンパウロ、テヘランでも
スクールを展開しています。

2016年現在では、留学者実績と講師数において、
フィリピンでNo.1の語学学校に成長しました。

本書の著者、藤岡頼光さんはQQイングリッシュ
の代表の方です。

そんな英会話スクールを経営しているぐらい
ですから、藤岡さんはもともと英語の得意な方
だったのかと思いきや、全くその逆。

  「読者のみなさんは、きっと私のことを、
  もともと英語がペラペラで、得意の英語を
  活かして英会話ビジネスをはじめたんだろう、
  と思われたかもしれません。
  実を言うと、その180度逆です。
  私は30代まで、英語とはまったく無縁の
  人生を送ってきました。(中略)
  私が英語を勉強し直すことを決意したのは
  40歳のときでした。ほぼ英語力ゼロの状態
  からスタートし、10ヶ月後には、ビジネスの
  現場で外国人とコミュニケーションが取れる
  レベルになることができたのです。」

本書は、40歳で英語力ゼロからスタートし、
短期間のうちにビジネスで英会を使えるように
なった藤岡さんの方法を伝える本です。

ただし、英語を身につけようとした段階で、
藤岡さんはバイク関連会社の社長だったので、
普通のサラリーマンとは条件が違います。

社長業が忙しいながらも、休みを取る裁量は
自分にあり、セブ島の語学学校の籍を確保
するために年間130万円を払っておくなど、
一般の方が簡単には真似できないことも
やって英語を身につけた面があります。

真似するのは、英語を身につける方法論に
留めておく必要がありそうです。

まず、藤岡さんが身をもって体験したのは、
マンツーマンでフィリピン人の先生と
英会話をしていれば、自然と英語が使える
ようになると思っていたのは幻想だったこと。

  「正直に言うと、1対1で英会話をしている
  だけでは英語が使えるようにはなりません。
  英語力がほぼゼロの段階では、なおさらです。
  それはなぜかというと、マンツーマンの
  レッスンでは英語の “インプット” が
  ほとんどできないからです。インプットとは、
  具体的には、単語やイディオム、日常会話で
  よく使う構文、基礎的な文法知識などを
  指します。」

そこで藤岡さんがインプット用として選んだ教材が、
鈴木陽一さんの『DUOセレクト』です。

受験用には『DUO 3.0』を使うのが一般的ですが、
薄めのテキストで必要最小限のことを徹底的に
覚え込んだほうがいいとの考えから、
377本の例文に厳選されている『セレクト』を
選びました。

最初にこの1冊をひたすら徹底反復して、
反射的にフレーズが出てくるようになるまで、
身体に染み込ます。

その後はフィリピン人の英会話講師と
マンツーマンでアウトプットの練習をするだけ。

このときに必要なのは、私たちの英語学習に
対する固定概念を捨てることです。

 ・「ネイティブ至上主義」は捨てなさい
 ・「正確に話さなきゃ!」は捨てなさい
 ・「細かいニュアンスまで伝えなきゃ!」
  は捨てなさい
 ・「日本語で考えてから英語に訳す」
  は捨てなさい
 ・「聞き取りは100%を目指す」は捨てなさい
 ・「TOEICのための勉強」は捨てなさい

40歳を過ぎてから英語を身につけるには、
捨てるものを捨てて、今の自分に必要な
英語だけを身につければいいという
「割り切り」が必要です。

この本から何を活かすか?

英語は「続ける」ことなしで身につけられません。

そこで、本書では藤岡さんが実践した、
「続ける」ための5つのコツが紹介されています。

 1. トレーニング期間を設定し、集中して取り組む
 2. 1日のノルマを決め、それ以外は
  「やらなくてよし」とする
 3. 自分に「言い訳」をしない
 4. いまのレベルを楽しむ
 5. つらいときこそチャンス!と考える

個人的に参考になったのは、4番目のコツです。

どのレベルでもコミュニケーションは取れる
と発想を切り替えて、実際に英語を話すことが
必要なようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 勉強法 | 06:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

英語の勉強は後まわし! "カタチ"から入るビジネス英会話

満足度★★★
付箋数:24

私の大好きな本、『パンツを脱ぐ勇気』。

2011年に読んだ本ですが、今でもその
熱い熱い内容は、鮮明に記憶に残っています。

その本の著者、児玉教仁さんは、
ビジネスパーソンが英語を話せるように特訓する
「イングリッシュ・ブートキャンプ」を
主宰しています。

ブートキャンプの期間は、たったの2日間。

4年間で1000人以上が参加し、「喋れた」、
「英語が口をついて出るようになった」と
好評を得ているそうです。

このキャンプでは、英語力の強化はしていません。

では、一体、何をしているのか?

特訓しているのは、わずか2つのことです。

1つ目は、瞬時に英語をひねり出す力。

英語の90%を理解するために必要な
英単語数は900語というリサーチがあります。

実は、ビジネスで英会話するための
基礎英語力は、意外に低くてもいいのです。

TOEIC350程度あれば、会話が始められるとか。

英語で言おうとして、「あ、思い出せない」、
「あれ、なんだっけ」とベストな言い回しが
パッと思い浮かばないと思ってからが勝負。

英語は非母国語なんだから、
まず通じればいいと割りきって
「セカンドベスト」の表現を瞬時にひねり出す
ことが最大のポイントです。

日本語は、「1」伝えると「10」わかってくれる
ハイコンテクスト文化ですが、そこから
「10」伝えるためには「100」説明しなければ
ならない世界へ、発想を大転換します。

2つ目は、伝達する技術。

英会話というと英語力の向上に集中しがちですが、
会話の技術が、私たちが思っている以上に重要。

そもそも英会話は、非母国語という不完全な
言語でのやり取りで、相手は文化的背景や
コミュニケーションスタイルが違う異文化人です。

そこで会話を成り立たせるためには、
「伝達の技術」が必要となるのです。

例えば、新たに難解な英単語を100個覚えるより、
アイコンタクトの練習をする方が、
実践の場では役に立ちます。

これら2つのを力を目に見える「型」、
つまり会話の「カタチ」として会得するのが
「イングリッシュ・ブートキャンプ」の
コンセプトです。

本書は、その訓練の内容を書籍化したもの。

知識を身につけて英会話をできるように
するのではなく、持っている知識だけで、
会話の「カタチ」から、なんとかビジネスで
英会話ができるようにすることを目指します。

個人的には、次のフレーズが衝撃的でした。

 「こつこつ勉強を続けても、喋れる日はこない」

日テレの「世界の果てまでイッテQ!」で
以前に放送された、出川哲朗さんの
「出川イングリッシュ」が話題になりましたが、
あのコミュニケーション力を身につけるような、
イメージに近いかもしれません。

本書では、アイコンタクト、握手、笑顔、
相づち、声の大きさ、ボディーランゲージなど
英会話での実践力を高める練習を行います。

本書で、英語力そのものは上がりません。

しかし、「TOEIC900以上なのに喋れない」
といった、知識はあるのに会話ができない状況は、
一定、解消されると思います。

私はこれまで、あまり英語の知識はないのに、
ペラペラと喋れる人や、自分より
TOEICスコアが低いのに、喋れる人を見て、
羨ましいなと思っていました。

そんな思いをしたことがある方には、
本書は必要な本だと思います。

この本から何を活かすか?

セカンドベストをつくり出すノウハウ

 1. パッと中学英語で置き換えられないときの
  3つの心がけ
   ・1人で完璧を目指さない
   ・一発解決を狙わない
   ・言いたいことの本質を見極める

 2. 似ていものや状態にたとえる
   It's like ~.
   It's as if ~.

 3. 反対の状態を使う(反対の状態を否定)
   It's the opposite of ~.

 4. 周辺情報を使う
   You usually find it in ~.
   You usually use it for ~.

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.


このエントリーをはてなブックマークに追加

| 勉強法 | 06:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT