活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

英語は3語で伝わります【どんどん話せる練習英文100】

満足度★★★★
付箋数:26

ダイヤモンド社の中村さんより、
献本いただきました。ありがとうございます。

2016年10月に刊行されて30万部を超える
ベストセラーになった、中山裕木子さんの
会話もメールも 英語は3語で伝わります』。

正直、この本のおかげで、私の英語に対する
考えも、ずいぶん変わりました。

中山さんはその後、日本テレビ系の
「世界一受けたい授業」にも出演しています。

さて、本日はその待望の続編を紹介します。

  「本書では、 “日本人にありがちな英語” 
  を “3語の英語” に組み立て直す練習をします。
  その手段として、100の英文を用意しました。
  100の英文はすべて、 “日本人にありがちな
  英語” と “3語の英語” を対比させる形に
  なっており、 “どこをどう考えれば、3語の
  英語になるのか” を詳しく解説しています。」

中山さんがススメる「3語の英語」とは、
主語・動詞・目的語をこの順番で並べた、
シンプルな英語です。

いわゆるSVOで構成される、第3文型を使って、
伝わりやすい文をつくります。

この「3語の英語」には10のコツがありました。

  コツ1 be動詞を避けよう
  コツ2 受動態を捨てよう
  コツ3 イディオムと難しい単語も捨てよう
  コツ4 現在形で「今」を大切にしよう
  コツ5 There is/are構文を捨てよう
  コツ6 SVOOとSVOCも捨てよう
  コツ7 仮主語It is...を捨てよう
  コツ8 否定のnot文を減らそう
  コツ9 はっきり詳しく言おう
  コツ10 シンプル単文を作ろう

本書は、前著の「おさらい」もあるので、
続編でありながら、本書を読むだけでも、
「3語の英語」の作り方がよくわかります。

ちなみに、本当に3語だけで話せるかと言うと、
当然、そんなことはありません。

しかし、SVOだけで割り切って文を作ると、
簡単になるだけでなく、躍動感のある英語に
なります。

例えば、「練習すれば、大丈夫」。

日本人にありがちな英語は次の文です。

  If you practice, you'll be just fine.

これを3語の英語で作るとこうなります。

  Practice makes perfect.

ポイントは、「動詞」の使い方です。

本書は、何がイイかというと、Chapter6の
実践編で徹底的に「練習」できるように
なっていることです。

この章では、30個の英文テンプレートが
用意されています。

主語と目的語はテンプレート通り言って、
目的語を入れ替えて、どんどん練習します。

この練習をすると、自分だけのオリジナルの
英文を蓄積することができます。

  「 “英語を話せるようになるコツは?” 
   “英語がペラペラになるには?” と聞かれる
  ことがあります。残念ながら、一夜にして
   “ペラペラになる” コツはありません。
  1つ、また1つと英文を組み立てる経験を積み、
  地道に練習するしかありません。
  私たちは非ネイティブです。 “何かを練習
  すれば英語がペラペラになる” という幻想は
  捨て去りましょう。自分の頭で考えて、
  組み立て、一歩一歩、着実に前に進みましょう。
  自分にまつわる英文を組み立て、それらを
  蓄積していくのがポイントです。」

あなたは、よく使うと言われる英文を懸命に
暗記しても、実際にはあまり使わないな、
と思った経験はありませんか?

私は、自分が言いたい表現は、フレーズ集
の中には、意外と少ないと感じます。

そこで、本書のテンプレートの空欄に
自分が使う目的語を入れて、使ってみる。

自分で考えて、声に出して練習すると、
それが本当に自分の英語になります。

本書は、英文がスラスラ出てこない
初級者・中級者の方には、
本当にオススメしたい本です。

この本から何を活かすか?

  「英語を話す近道は、まず “自分の話” が
  できるようになることです。自分は何を
  していて、何が好きか。何に興味を持って
  いるか。 “自分のことを話す英文” を
  組み立て、蓄積しましょう。」

自分のことを話す相手は、オンライン英会話
の講師がお手軽です。

しかも、毎回同じ講師を選ぶのではなく、
違う講師に変えると、「自分のことを話す」
練習が繰り返しできます。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 勉強法 | 05:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

なぜヒトは学ぶのか 教育を生物学的に考える

満足度★★★★
付箋数:25

あなたや、あなたの子どもの学業成績は、
本人の努力によって決まるのでしょうか?

それとも、教え方によって差が出る
のでしょうか?

実は行動遺伝学では、驚くべき事実が
証明されています。

先生の教え方や本人の努力による影響は
大きく見積もっても全体のわずか20%に
過ぎません。

それに対して、遺伝の影響は50%、
そして残り30%は家庭環境の違いに
よるものだと分かっています。

なんと、学習者本人がどうすることも
できない遺伝要因と家庭環境で、
なんと80%も決まってしまうのです。

では、教育や学習はたった20%しか影響
しないので、意味がないのでしょうか?

そう考えてしまうのは大きな誤解です。

そもそもこの行動遺伝学のエビデンスは、
教育制度がきちんと働いていることを
前提としています。

もし教育や本人の努力が同じであれば、
遺伝と家庭環境の差が成績の差になる
ことを意味していています。

つまり、本人の努力がなければ、
もっと差が開いてしまうのです。

  「それでも可能な範囲で、この世界に
  ついてわかっていること、この世界を
  成り立たせていることについて、
  その人の遺伝的素質に沿った形で
  理解しておくこと、そしてより深く
  知ろうとし続けることはその人の
  人生においてより確信に基づいた
  意思決定を可能にし、その人の生き方を
  左右することになります。」

本書は、教育とは何か、
学ぶとはどういうことかについて、
「生物学的な視点」から考える本です。

著者は慶應義塾大学文学部教授の
安藤寿康さんです。

私たちが、学校や学校以外の機会を
通じて学ぶのは、頭を良くするため
でも、よい成績を取るためでも
ありません。

さらに、豊かな暮らしをするため
でもありません。

それは、ヒトが生物として生き延びる
ために、異なる遺伝的要素を持った
人たち同士で、知識を共有する必要が
あるのです。

  「教育とは決して他人よりも
  よい成績をとろうと競い合うため
  ではなく、また自分自身の楽しみを
  追求するためだけでもなく、むしろ
  他の人たちと知識を通じてつながりあう
  ためにあった。その意味でヒトは
  進化的に、生物的に、教育で生きる
  動物なのです。」

本書は、勉強する根源的意味がわかる本。

本書の考えは、私にとっては斬新でしたが、
非常に納得感はありました。

生物学的に考えると、あなたのこれまでの
教育観が大きく変わるかもしれません。

 序章 教育は何のためにあるのか?
 第1部 教育の進化学
  第1章 動物と「学習」
  第2章 人間は教育する動物である
 第2部 教育の遺伝学
  第3章 個人差と遺伝の関係
  第4章 能力と学習
 第3部 教育の脳科学
  第5章 知識をつかさどる脳

この本から何を活かすか?

一般知能の高い人はおしなべて何でも
できる傾向があります。

これはIQが高い人は、入試科目が多い
国立大学の入学試験で有利だということ。

しかし、IQが高くなくても遺伝的に
得意な科目を伸ばせば、入試科目の少ない
私立大学の入試では不利になりません。

一方、社会に出たときに求められるのは、
それぞれの職務に応じた固有の能力です。

全部にできなくても、専門性を磨けば、
社会では十分に活躍できるのです。

逆に、これが学校秀才が、必ずしも
社会で活躍できるとは限らない理由に
なっています。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 勉強法 | 06:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

東大医学部在学中に司法試験も一発合格した僕のやっている シンプルな勉強法

満足度★★★
付箋数:24

この本を読んで真似をしても、残念ながら、
あなたは河野玄斗さんにはなれません。

しかし、少なくとも目標を達成する成功率は
上がると思います。

日本テレビの「頭脳王」で優勝して、
有名になった河野玄斗さん。

東大医学部在学中に司法試験にも一発合格し、
英検も数検も1級を取得している天才です。

「神脳」というキャッチフレーズも、
決して大げさではないような気がします。

その上、ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト
ベスト30入りするようなイケメンですから、
マスコミが彼を放って置くわけはありません。

河野さんは、どのように勉強して「天才」
になったのか?

本書では、紙面の許す限り詳しく、
河野さんが自身の勉強法を公開しています。

  「執筆にあたっては、本書がみなさんの
   “勉強大全” となるよう、勉強に必要なすべて
  を網羅的に、かつ、詳しく記したつもりです。
  その際、TwitterやInstagramのDM(ダイレクト
  メッセージ)等でいただいた質問も大いに
  参考にして、みなさんの悩みが多かった
  内容については特に厚く扱いました。」

本書を読んでわかったのは、河野さんが、
ものすごく勉強が好きだということです。

勉強することが、河野さんにとっては、
他の人にとって、漫画を読んだり、
音楽を聞いたり、スポーツをするのと
同じように楽しいことなのです。

そして、勉強することのメリットがわかった
上で、効率よく勉強しているということ。

それは河野さんが以前に、Twitterで発言した
考えに象徴されています。

  「1000時間勉強して将来の年収が100万円
  上がる場合、勉強の時給は100万円×40年
  ÷1000時間=時給4万円になるよ。
  なんでみんなそんなに勉強しないの?」

勉強することが、河野さんの「幸福の最大化」
につながっているのです。

小さい頃から、そういった考えで勉強し、
かつ、勉強する環境も整っていたことが、
天才を作った要因なのでしょう。

では、具体的には、どのような勉強法を
しているのでしょうか?

本書で1つの章を割いて説明されていたのが、
効率を極限まで重視した「逆算勉強法」です。

逆算勉強法のステップは以下の通りです。

 1. 目標を知って具体的なゴールを設定する
 2. ゴールまでにやりたいことを決める
 3. やるべきことをスケジュールに落とし込む
 4. 実践する
 5. 進み具合を定期的に確認する

実践の手順は、奇をてらったものではなく、
非常にありふれたものです。

ノウハウがあるとすると、「実践する」の
パートだと思います。

河野さんは、アウトプットを重視して、
勉強しています。

その比率は、インプットが2~3割に対し、
アウトプットが7~8割です。

そのためには、インプットをいかに速く
回すかがカギとなります。

また、アウトプットの方法としては、
「誰かに教える」ことが推奨されていました。

本書では、友達を相手にアウトプットする
ことが勧められています。

私の記憶では、テレビ番組に出演したときに、
母親を相手にアウトプットしていたという
エピソードが披露されていたと思います。

学校では友達を相手にして、家に帰ってからは
親を相手にしていれば、「誰かに教える」
時間は十分に確保できているのでしょう。

本書の後半では、高校・大学受験の科目別
勉強法、そして司法試験対策のノウハウが
紹介されていました。

個人的には、トコトン勉強好きになることが、
河野さんに近づく一番の鍵だと感じました。

この本から何を活かすか?

  「具体と抽象を行き来して理解を加速する」

私は、具体と抽象を行き来できることが、
頭の良さの1つの要素だと思っています。

河野さんは、勉強でそれを実践しています。

  「重要なのは、 “具体的な問題” はたくさん
  あるけれども、それらの問題は “同じような
  考え方・知識を用いて解くことができる” 
  という共通点でまとめることができる
  ということです。」

勉強の際に「要するにこういうことでしょ」
を常に意識しているようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 勉強法 | 05:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Learn Better――頭の使い方が変わり、学びが深まる6つのステップ

満足度★★★★
付箋数:24

  「データがあふれ、自動運転車まで走るように
  なったこの時代、私たちは新しい形の専門知識
  を早くしかも効果的に獲得できなければ
  ならない。学習の方法を学ぶことは、専門家が
  言うところの “究極のサバイバルツール” 、
  つまり、現代において最も重要な能力の
  一つであり、あらゆるスキルの前提となる
  スキルである。なぜなら学習の方法さえ
  覚えれば、ほとんど何でも学ぶことができる
  からだ。そして社会にはもっと豊かな教育の
  形があるべきだ。問題解決という真に重要な
  スキルを育てるために、情報と知識を
  活用する教育が。」

「魚を与えるのではなく、魚の釣り方を教えよ」
という格言が昔からありますが、学び方を学ぶ
とはまさに、魚の釣り方を知ること。

どのような方法で学ぶと、表面的ではない
「深い学び」を得ることができるのか?

本書が伝えるのは、本質的な「学び方」に
ついてです。

小手先のテクニックではないので、私たちに
とって、かなり重要なテーマです。

著者は、米国先端政策研究所シニアフェロー
で、学びについての研究と発信を行っている
アーリック・ボーザーさん。

本書は、全米トップのシンクタンクにおける
ボーザーさんの仕事の集大成です。

  「本書はよくある “アメリカの教育システムの
  ここがおかしい” と指摘する研究書ではない。
  その類の政策提言はもう十分に世に出ている。
  それよりも、私は学習という概念をつぶさに
  解説し、研究からわかった普遍的な知識習得の
  手法を説明する。」

本書は学びへの体系的なアプローチとして、
次の6つのプロセスを示します。

 1. 価値を見いだす

  学びたいと思わなければ学ぶことはできない。
  学ぶ対象の知識に価値があるとみなし、
  その意味づけが行われていなければならない。
  そのためには、こらから学ぶことの意味を
  最初に知る必要がある。

 2. 目標を決める

  知識を習得する初期の段階では、集中が重要。
  何を学びたいのかを厳密に見極めて、
  目的と目標を設定しなければならない。

 3. 能力を伸ばす

  練習にも、他人と差がつく力をつけられる
  ようなものがある。学習のこの段階では、
  スキルを磨き、パフォーマンスを向上させる
  ことに特化した手段を講じる必要がある。

 4. 発展させる

  この段階では、基本から踏み出し、知識を
  応用したい。スキルと知識に肉付けして、
  より意味のある形の理解を形成したい。

 5. 関係づける

  すべてがどう噛み合うかがわかるフェーズ。
  私たちは、個別の事実や手順だけを知りたい
  のではなく、それが他の事実や手順とどう
  関わり合うかを知りたいのだ。

 6. 再考する

  学習には間違いや過信がつきもの。
  そのため、自分の知識を見直し、自分の
  理解を振り返って、自分の学習したことから
  学ぶ必要がある。

本書の章は、この6つのプロセスに沿って
立てられています。

ボーザーさんの経験からか書かれている
のではなく、多くの実証研究を基にした
エビデンスがあります。

そのため、単純に結果だけ知りたい方に
とっては、少々読みにくと感じるかも
しれません。

しかし、時間をかけて読んでこそ、
本質的な学び方に到達できるようにも
思えます。

米Amazon2017年ベスト・サイエンス書
だけあって、非常に濃い内容の本でした。

この本から何を活かすか?

本書の最初のステップは「価値を見いだす」
こと。

これは、学ぶ対象の意味を知ることです。

では、なぜ意味を知る必要があるのか?

この問の答えは、人間の根源的な欲求と
関わっています。

  「意味への欲求とは、多くの点で発見への
  欲求なのである。私たちが学習への
  モチベーションを持つは往々にして、
  学びたいからだ。価値を求める生き物として
  進化したから、人間は価値を求める。」

人間の探究心を利用して、学ぶ対象の価値を
見出すと、学習効率が上がるのでしょう。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 勉強法 | 05:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

共働きだからできる 中学受験必勝法!

満足度★★★
付箋数:17

あさ出版の星野さんに献本いただきました。
ありがとうございます。

  「最初にお伝えしたいことがあります。
  中学受験は、やりようによっては親の負担が
  とても大きです。
   “共働きでは無理、子どもに中学受験・合格を
  させたいなら仕事を諦めなければ” 
  そんな話を聞いたことがある人もいるかも
  しれません。お父さんかお母さんが子どもの
  横にみっちりついて伴走しなければならない
  から、と。
  ここ最近、私のところにもこうしたご相談が
  多く寄せられます。
  しかし、これは間違いです。」

本書は、共働きの家庭が中学受験する際の
対策に特化した本です。

著者は、プロ家庭教師集団 名門指導会代表の
西村則康さん。

本書では、両親が忙しく働いていても、
子どもに密着してフォローできなくても、
中学受験に合格することができると言います。

合否を決めるのは、共働き家庭としての、
受験に向けての戦い方を知っているか否か。

本文に入る前に、2点、西村さんからの
お願いが書かれています。

1つ目は、親自身の受験経験は忘れること。

自分自身もかつて中学受験を経験した
親御さんも中にはいるでしょう。

しかし、それは20~30年前のことで、
中学受験の様相はその頃と大きく変わって
いるようです。

問題のレベルも上がり、過去の常識はまったく
通用しなくなっているのです。

2つ目は、受験は意識した瞬間からその対策を
始める必要があること。

共働きの家庭では、子どもと一緒にいる時間が
限られています。

中学受験は時間との戦いでもあるので、
完全に受験することを決めてからでは、
遅すぎるのです。

少しでも中学受験をする可能性があるなら、
数年先を意識した勉強法に切り替えることを
西村さんは勧めています。

本書では7章立てで、中学受験に関する質問に
答えます。

 Q. 共働き家庭が中学受験を目指す場合、
  何をすればいいですか?

 A1. 勉強に必要な基礎力を高めておくことが大切

  中学受験をする、しないに関わらず、身体感覚、
  非認知能力は身につけておく必要があります。

 A2. 上手に役割分担する

  親が何から何まですべてやってあげなければ
  ならないと考えないでください。

  親ができることとできないこと、他人の力を
  借りてはじめてできることがあります。

本書では、準備に関するアドバイスから、
親としての心構え、具体的な学校選びから、
塾・家庭教師の見極め方、スケジュールの
立て方まで、細かく疑問に答えています。

私が本書でいいなと思ったのは、受験に関する
テクニックだけでなく、子育ての本質的な
アドバイスも書かれていることです。

  ・お父さんとお母さんで役割を分ける
  ・子どもの気持ちを尊重する
  ・お母さんの心の平穏が何より大事
  ・子どもを「小さな王子様」にしない
  ・子どもの嘘は追い詰め過ぎない

中学受験を決めた共働き家庭はもちろんですが、
そうでなくても、子育てをしている家庭なら
参考になる部分があると思います。

この本から何を活かすか?

どのように学力をつけるべきか?

この質問に対して、西村さんは次のように
答えています。

  「学力をつけるには自問自答力を鍛える
  学力とは、いろいろな知識を必要に応じて
  つなぎ合わせる力です。自問自答して、
  自分の頭で考えることが学力を伸ばします。
  問題を読みながら “何がわかっているの?” 
   “何が聞かれているの?” と自分に問いかけ、
  意識して考えるようにするのです。」

この自問自答力は、受験に限らず、
生きていく上で必要な力だと感じました。

このように自ら頭を使う習慣は
大人になっても生かされることでしょう。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 勉強法 | 07:43 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT