活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

牙を研げ 会社を生き抜くための教養

満足度★★★★★
付箋数:28

  「私自身が過去に教養関連で出した
  ほとんどが、 “間接に” 役立つ、
  哲学、神学、マルクス経済学、歴史学
  などの本だった。今回は、 “直接に” 
  役立つ本を作ってみようと思った。」

本書は佐藤優さんが2016年に実施した、
講談社早朝講座「社会人のための使える教養」
を書籍化した本です。

佐藤さんと言えば、元外交官で、
「知の巨人」として知られる作家です。

私も、これまでに何冊も佐藤さんの本を
読んでいて、その知力の凄さについては、
分ったつもりでいました。

しかし、本書では佐藤さんの「本気」の
一面が少しだけ見えて、佐藤さんの知力の
底が知れなさを改めて感じました。

本書は7章構成になっいて、社会人にとって、
直接役立つ教養を学びます。

 第1章 中間管理職のための仕事術
   ― 独断専行の研究
 第2章 ビジネスパーソンのための宗教入門
   ― 国際社会を動かす論理を体得する
 第3章 論理力を鍛える
   ― 論理的思考法の身につけ方
 第4章 教養としての地政学
   ― 国際ニュースの読み方
 第5章 貧困と資本主義
   ― 商品社会のカラクリ
 第6章 ビジネスパーソンのための日本近代史
   ― なぜ学び直さなくてはならないのか
 第7章 武器としての数学
   ― 組織力を高めるために

早朝講座は1回1時間半の限られた
時間での講義でした。

講義では、テーマとする教養を
身につけるための推薦書籍を何冊か挙げ、
その本の中から、いくつかのトピックを
取り上げて解説するスタイルです。

ですから、1から10まで知識を教えてくれる
ような教養講座ではなく、「学び方を知る」
ための講義と言えます。

1つ1つのテーマは、本書の講義を道標として、
少なくとも数ヶ月、標準的には1~2年を
かけて学ぶべきものです。

すべてのテーマを学ぶには、10年ぐらいは
かかる覚悟が必要だと思います。

では、本書で採り上げられているテーマの内、
どのテーマから学ぶべきなのか?

それを決めるためには、佐藤さんが外務省で
研修指導官をやっていた時のエピソードが
参考になります。

当時、佐藤さんは、日本の外交官試験に
合格した2名の研修生をモスクワの
国立高等経済大学に送りました。

しかし、研修生は2名とも「成績不良」で
退学になってしまいました。

愛国心を刺激された佐藤さんは、直接、
モスクワに出向き、何に問題があったのか、
教務部長に問いただしたそうです。

ロシア語に問題があったのかと。

すると、違う、3つあると言われました。

  「1番目は数学です。まず、偏微分方程式が
  まったく解けない。それから線形代数に
  関する知識がないので経済学の専門書を
  読むことができない。2番目は、論理学に
  関する知識が欠けているからディベートが
  できない。3番目は、哲学史に関する知識が
  欠けている。日本人の学生たちは優秀
  だけれども、教育のシステムがかなり
  違うから、そのような大きな穴ができる
  ようなことが起きるのではないか。」

数学はハードルが高いと思う方も多いので、
個人的には、まずは「論理学」から学ぶのが
いいと思います。

この本から何を活かすか?

次の文章のどこに問題があるか指摘してください。

 「吠える犬は弱虫だ。うちのポチはよく吠える。
 だから、うちのポチは弱虫だ。」

これは、本書の第3章「論理力を鍛える」で
推薦書籍として挙げられている野矢茂樹さんの
論理トレーニング101題』に掲載されている
問題です。

この問題では、論理の無前提にされている
ところの前提に気づくことが大切なポイント。

ポチが犬だとは、どこにも書いていません。

だから「吠える犬は弱虫だ」ということと、
「うちのポチはよく吠える」が正しくても、
ポチが犬でなければ、弱虫だとは言えない
ことになります。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 勉強法 | 06:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ムダにならない勉強法

満足度★★★
付箋数:24

  「 “ムダにならない勉強法” ということで、
   “ムダにならない”  “やった分だけ必ず
  効果が出る” ことにフォーカスし、
  最新の研究にもとづく脳科学、心理学的な
  根拠のある勉強法を紹介してきました。
  一言でいうと、 “アウトプットしよう” 
  ということです。 “アウトプットの重要性” 
  について書かれている勉強法の本は
  ありますが、本書のように
   “インプットは前座、アウトプットが真打ち”
  とまで言い切った本は、今までなかった
  と思います。」

人に教えることが最高の学びとなる。

本書で精神科医の樺沢紫苑さんが、
最も伝えたかったのは、このことです。

 「勉強しても、身についている気がしない」
 「勉強しているのに、全く効果を実感できない」
 「勉強していても、自己成長につながっていない」
 「勉強しても、社内の評価も給料も上がらない」

もし、あなたがこのように感じているなら、
それは「勉強=インプット」だと思っていて、
アウトプットの量が不足していることが
原因かもしれません。

ムダなく効率的に勉強するためには、
インプットしたら、アウトプットする。

アウトプットしたら、またインプットする。

このようにインプットとアウトプットを
繰り返して、螺旋階段を上がるように
自己成長していくのが、最も効率的。

しかも、このインプットとアウトプットの
割合には「黄金比」があります。

インプット3に対して、アウトプットは7。

インプットに要した時間の2倍以上の時間を
アウトプットに使う、「3:7」の割合を
樺沢さんは推奨しています。

  「1ヶ月に10冊本を読んでも、そのうち1冊も
  アウトプットしていないのであれば、
  それは読んでいないのと同じことです。
  それであればインプットの冊数を減らして、
  アウトプットの量を増やすべきです。
  例えば、読む本を厳選して3冊に減らして、
  3冊の本の感想、気づきをしっかりと
  アウトプットする。そのほうが、10冊本を
  読む人よりも時間がかからないうえに、
  自己成長もスピードアップします。」

本書は、樺沢さんが教えてきたことの
「集大成」であると書かれています。

とにかく、ありとあらゆる勉強法が
詰め込まれているという印象です。

その中から、自分にあった方法を選べば
いいわけですが、あまりにも「○○勉強法」、
「△△理論」、「□□の法則」などが
多く登場します。

あまりにも種類が多過ぎて、心理学で言う
「選択回避」が起こりそうな気もします。

ただし、樺沢さんが選択肢を多く示すのは、
効率的に勉強するには、勉強を開始する前の
「戦略」こそが大切だと考えているから。

  「勉強の第一歩は、勉強法を学ぶことです。
  つまり “勉強法勉強法” こそが、
  勉強のスタート。勉強を始める前に、
  結果は9割決まるのです。」

効果があるかどうかわからない勉強法で
いきなり勉強を始めても、
時間がムダになる可能性があります。

ですから勉強を始める前には、
一定の勉強法の研究は必要だと思います。

しかし、勉強法の勉強ばかりしていて、
頭でっかちになってしまっては本末転倒。

そうならないために、勉強法の本は、
斜め読みぐらいにとどめておいて、
方針が決まったら、実際に勉強を始める
ことが大切だと思います。

この本から何を活かすか?

  「ネット書店のレビューを読むと、
   “自分の読みたいことが書かれていない”
   “知っていることしか書かれていない”
  という批判をよく見かけます。
  私の本にもそうしたレビューが書かれて
  いますが、著者の立場から言わせて
  いただければ、 “なぜ、自分が読みたいこと
  が書かれていない本を買うのか” 疑問です。」

樺沢さんは、自分が読みたいことが
書かれているかどかは、「買う側の責任」
と言い切っています。

ですから本書についても、レビューや書評
だけで判断せず、実際に書店で手に取って、
納得してから購入しましょう。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 勉強法 | 08:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

10年後、君に仕事はあるのか?

満足度★★★
付箋数:23

今の中高生が、これから歩む人生は、
親世代がこれまで歩んできた人生とは
以下の3つの理由により大きく違います。

1つ目は、親が体験した「標準的な人生モデル」
は追求できないこと。

2つ目は、親が過ごしてきた時代と違って、
ネットにつながった世界が広がっていること。

3つ目は、人生の長さ(ライフスパン)が、
かなり長くなること。

こうした今までの常識が通用しない
不確かな時代に、今の中高生はどんなチカラを
身につけていったらいいのか?

  「この本には、僕が現在務める奈良市立
  一条高校で、機会あるごとに生徒や先生、
  そして主に40代、50代の保護者の方たちに
  語りかけている10年後(2020年代)の
  近未来の姿とその対処方法をキッチリ
  盛り込んでおきました。」

本書の著者は、元リクルート社フェローで、
教育改革実践家の藤原和博さん。

本書で藤原さんは、「10年後の世界は
どうなっているのか?」、「不確かな未来を
生き抜くために、どんな力を身につける
べきなのか?」などの問いに答えます。

こらからの時代に必要なのは「雇われる力」
(エンプロイアビリティ)です。

これは組織に雇われるだけでなく、
店を開業したり、独立や起業したり、
あるいはボランティアを行う場合でも、
どんな仕事をする時にも必要となる力です。

このエンプロイアビリティは次の3つの力で
構成されます。

 1. 基礎的人間力

  体力、忍耐力、精神力、集中力、持久力・・・

  最も土台となる力で、家庭教育、学校での
  人間関係、旅やバイトなどさまざまな体験を
  通じて培われます。

 2. 情報処理力

  国数社理英、体育、芸術、家庭、情報

  これは従来の狭い意味での基礎学力のことで、
  多くのことを覚えて、必要に応じて思い出し、
  1人で早く正確に処理できるかを示す力です。

 3. 情報編集力

  コミュニケーション、ロジカルシンキング、
  シミュレーション、ロールプレイ、
  プレゼンテーションの5つのリテラシーから
  構成されます。

  この力こそが、これからの時代、
  最も必要とされる、正解がないか、
  正解が1つではない問題を解決する力です。

ちなみに、従来の暗記による勉強が
一切いらなくなったり、学力を測る偏差値が
必要なくなるというのは、幻想に過ぎません。

これ一辺倒ではダメですが、まったく必要
なくなるわけではありません。

あくまで、基礎的人間力、情報処理力、
情報編集力の3つのバランスが大切なのです。

また藤原さんは、情報処理力と情報編集力を
次のように例えて説明しています。

  「情報処理力は “ジグソーパズル” を
  やるときの力に例えることができ、
  情報編集力は “レゴ” をやるときの力に
  例えるのがピッタリなんです。」

ジグソーパズルは正解主義でレゴは修正主義
のゲームであるとも説明されています。

また、基礎的人間力のベースとなる「人柄」
を高めるためには、「挨拶ができること」、
「約束を守ること」、「人の話が聴けること」
の3つが大切であるとも述べられていました。

ですから、2020年代以降を生き抜くためにも、
従来の学校教育で大切にされていたことを
完全に否定してはいけないのです。

本書は、中高生もわかる言葉で書かれて
いますから、親子で一緒に読みたい本です。

この本から何を活かすか?

本書の最後には、親から見た場合の
「子育て三原則」が紹介されていました。

  1. 10歳までは思い切り遊ばせる
  2. 海外を経験させる
  3. 「面倒なほう、厳しい道、よりタフな状況」
   を選ばせる

この「子育て三原則」は情報編集力を鍛えます。

「可愛い子には旅をさせよ」が、未来社会にも
通用する名言であるようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 勉強法 | 06:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

仕事の英語 いますぐ話すためのアクション123

満足度★★★
付箋数:23

私たちは、最低限、中学・高校の
合計6年間、英語の勉強をします。

その後も、仕事で英語を使うことを考え、
努力している方も多いでしょう。

しかし、「私は英語で仕事ができます」と
自信を持って言える方は、あまり多くいません。

なぜ、私たちは、努力しているにもかかわらず、
英語で仕事ができるようにならないのか?

仕事の英語パーソナルトレーナーの
河野 木綿子(こうの ゆうこ)さんは、
私たちが、「英語で話せない」10の理由を
挙げています。

  1. 圧倒的に「話す」練習が足りないから
  2. なんでもかんでも丸暗記しようとするから
  3. 日本語でも伝えたいことがはっきり
   していないから
  4. 「言い間違えてはいけない」と思って
   いるから
  5. 正解がたった1つだと思っているから
  6. 英語ができる人に頼ってしまうから
  7. 「わかり合うのに言葉はいらない」という
   ロマンに浸っているから
  8. 「なんとなくわかる」で流してしまうから
  9. 「できる方法」より「できない言い訳」
   が先に立ってしまうから
  10. 「どうして英語ではそういうの?」と
   考え込んでしまうから

私も自分の事を考えてみると、
6番や8番が思い当たります。

さて、できない理由はさておき、
覚悟を決めて本気でやらないことには、
いつまで経っても、英語で仕事が
できるようにはなりません。

では、何から始めたらいいのでしょうか?

その答えが本書の中にあります。

  「練習の成果が現れるのは、はじめてから
  だいたい3ヶ月。それまでは、1日10分でも
  いいので、話す練習を継続する行動習慣を
  作っていくことが何より大切です。
  そのために役立つ練習法、習慣術、ツールや
  使い方、そしてとっさのとき使える便利な
  フレーズや、仕事を上手に回すためのコツ
  などを、 “仕事の英語” が話せるようになる
  ためのアクションとして、123項目にわたって
  紹介します。」

本書は、仕事で英語を使うことに特化した本。

市販の英語テキストで自分の日常と
関係のない言い回しや単語よりも、
実際に日々仕事をしていることと関連がある
ことを中心に勉強を進めます。

そのために必要なのは「自分単語帳」。

ノートを1冊用意して、左ページには、
日付・単語・発音・品詞・意味を書きます。

右ページには類義語/反義語・例文を書きます。

既に英語を使う職場にいるかどうかで
違ってきますが、職場で毎日出会う単語や
言い回しをメモしておいて、帰宅してから
「自分単語帳」に書いて調べて復習します。

さらに明日使いたいフレーズなども、
調べて少しずつ足していきます。

「自分単語帳」に書いた例文は、
初め2回は例文を見ながら発話し、
その後3回は例文を見ないで、合計5回の
アウトプットで練習します。

「5回くらいで覚えられるの?」と思うかも
しれませんが、実際に職場にいる人を
当てはめてリアルにイメージして練習すると、
これくらいの回数でも忘れないそうです。

本書では英会話スクールやオンライン
英会話の活用方法や、会議やプレゼンを
英語で乗り切るヒントなども紹介しています。

河野さんが、25年間の日々の業務の中で
実践して培ってきたノウハウが
本書には詰め込まれています。

本当に仕事で英語を使わなければならない
立場に追い込まれている人には、
大きな助けになる本だと思います。

この本から何を活かすか?

 結論ファーストでもクッション言葉は必要

とかく英語では、結論を先にストレートに
言うイメージがありますが、例外もあります。

それは相手にとって精神的にショックなことを
伝えるときです。

そういう場合は、日本語で「とても残念だけど」
や「なかなか言いにくいんだけど」に当たる
クッション言葉を入れるといいようです。

  ・I'm afraid I have some rather bad news
   for you.

  ・I know this is going to be hard for you
   to take in, but...

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 勉強法 | 06:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日本人の9割が間違える英語表現100

満足度:★★★
付箋数:21

  「日本に来てから、長い年月が経過しました。
  この間、インターネットの普及などにより、
  日本語のなかに多くのカタカナ英語が入り込み、
  英語に親しみをもつ日本人が増えたようです。
  しかしながら、いまでも変わらないものが
  あります。それは “日本人の英語” です。
  日本人の話す英語のなかに、
  脈々と受け継がれている勘違いが数多く
  存在するのです。」

著者のキャサリン・A. クラフトさんは、
アメリカ・ミシガン州生まれで、オハイオ州で
育った英語のネイティブスピーカー。

1985年に、南山大学交換留学生として来日し、
現在は、オンラインマガジン「ET PEOPLE!」
を発行する傍ら、通訳、翻訳者、英語科講師
として活躍しています。

クラフトさんは、英語を間違えること自体が
悪いと言っているわけではありません。

日本人が英語を習得していく過程で、
数多くの間違えることは、必要な通過点
だからです。

しかし、日本人がよく使う英語の中には、
コミュニケーションに支障をきたすような
勘違いが含まれていると言います。

それは、意図したこととは別の意味で
ネイティブに伝わってしまう英語です。

完全に伝わらないならまだしも、
別の意味で伝わってしまうから、
余計に厄介なのです。

  「本書は、日本人の9割が勘違いしている
  と思われる英語を遡上にのせ、それを
  ネイティブがどのように感じるかを
  論じたものです。また、意味や解釈の
  ズレを指摘して、意図したことがちゃんと
  伝わるように、ネイティブ流の英語に
  修正して提示してあります。」

本書で指摘されている英語の誤用は、
英語を勉強した方なら、さすがに「9割」も
勘違いしていることはないと思います。

しかし、カタカナ英語として日常的に
使われるため、ネイティブにも通じると、
勝手に思い込んでいる表現が多いのです。

代表的な例は「ドンマイ」。

  「日本へやってきたころ “ドンマイ” なる
  言葉をあちこちで聞いて、何度も首を
  かしげたものです。 “気にするな” という
  意味だということはやがてわかったのですが、
  どうしてこの奇妙な英語が日本中に浸透して
  しまったのでしょう。」

そもそも、「Don't mind.」という表現が
英語にはありません。

実際に英語にある表現は「Never mind.」や
「Don't mind me.」です。

しかし、「Never mind=大したことじゃない
から気にとめないで」で、「Don't mind me
=「私のことは気にしないでください」
というニュアンスなので、これも間違いです。

ちなみに「Never mind.」は次のような
シーンで使います。

 A : What did you say?(いま何て言った?)
 B : Never mind.(なんでもない)

日本で「ドンマイ」を使う場面とは
明らかに違うのです。

正しく、ネイティブにも伝わる表現は、
「Don't worry about it.」です。

これ自体は、かなりの日本人が知っている
表現ですが、「ドンマイ」があまりにも
浸透しずぎて、正しい表現を習っていても、
とっさに出てこないのでしょう。

本書は昔からよくある種類の本ですが、
スッキリとまとめられているので、
一度自分の英語をチェックしてみるには
丁度いい本だと思います。

この本から何を活かすか?

本書の編訳者、里中哲彦さんがオススメする
英語学習法は「海外ドラマを観る」こと。

日本では、アメリカ産のTVドラマを数多く
観られるので、これを英語学習教材として
利用しない手はないと推奨しています。

観るときは、漫然と観るのではなく、
リスニングの勉強に役立てようという
気持ちで、臨むことがポイントのようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 勉強法 | 06:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT