活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

才能の正体

満足度★★★★
付箋数:25

2013年に刊行され、ベストセラーのなった
坪田信貴さんの『学年ビリのギャルが1年で
偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話
』。

有村架純さん主演で映画化されたので、
ご覧になった方も多いと思います。

私もAmazonプライムで『ビリギャル』を
見ました。

さて、ビリギャルは、偏差値30以下で、
学年ビリだった、さやかちゃんが、
猛勉強して現役で慶應義塾大学に合格した
ストーリーでした。

この本や映画を見た方から、よく、
坪田さんは次のように言われるそうです。

「彼女は、もともと才能があったんでしょう?」

こう尋ねてくる人は、「才能」は特別な
もので、一部の人にしか備わっていない
特別なものだと考えています。

ビリギャルの娘が、地アタマが良くて、
もともと才能があったと言われるのは、
「結果」だけを見て、判断されているから。

そして、坪田さんは次のように答えます。

  「才能は、誰にでもある。
  みんな、その才能をどう見つけたらいいのか、
  どう伸ばせばいいのかが、わからないだけ
  なのです。自分の才能も、我が子や、
  教え子や、部下や、後輩の才能も。
  そればかりか、多くの人たちは、その才能を
  潰してしまうことばかりしている・・・。
  そのことにこそ、気づくべきなのです。」

本書は、才能とは何なのか、そしてそれを
どう見つけて、どう伸ばしたらいいのかを
解説した本です。

一般的に「才能」とは、もともとデキる人
に備わっている能力の意味として使われますが、
本書では、次のように定義します。

才能の正体は、「洞察力」。

  「相手が何を求めているのか?
  ―これを想像し、洞察し、察知することは、
  勉強にもビジネスにも必要最低限のこと。
  (中略)相手の思考や行動を見抜けるように
  なる人のことを、いわゆる “才能がある” 
  と言うべきではないかな、と僕は思います。」

洞察力とは、物事を深く鋭く観察し、
その本質にあるものを見抜く力のことです。

では、どのようにすると、洞察力の
ある人に育てることができるのか?

坪田さんは、最初にすべきことは、
相手との「信頼関係」をつくることだと
言います。

  「まずは現実になってほしいことを
  言葉にする。言葉にして、その言葉を
  何度もアウトプットして、それによって
  感情を動かす。
   “歩むべき大切で正しい道(大義)” を
  定め、目的を明確化する。
  同じ目的に向かって進むための信頼関係を
  作る。―これをやれば、必ず才能は伸びるし、
  人材も育ちます。」

そして、個人を伸ばしていくのは、
正しいやり方で「フィードバック」する
ことです。

フィードバックで、相手の間違った点や
マイナス面だけを伝えるのはNGです。

プラスの意図も、マイナスの意図もなく、
ただ客観的な事実のみを伝えるのが、
正しいフィードバックです。

自分の価値観を挟まずに、ただひたすら、
中立的なフィードバックをするのが正解。

なぜなら、人はフィードバックを受けると、
より良くなろうとする生き物だからです。

事実のみで、中立的なフィードバックを
続けると、もともと本人が持っていた
理想の姿に少しずつ近づいていくのです。

本書は、後半、話が少し冗長になって、
若干見えにくい部分も出てきますが、
個人的には非常に得るものがありました。

勉強をするときなどの事例も多く、
100%仕事やビジネスについて、
語っているわけではありません。

しかし、それをどう活用するかは、
あなた次第だと思います。

この本から何を活かすか?

「やる気」とは、「動機付け」のことです。

坪田さんは、これを「認知」、「情動」、
「欲求」の3つの行動に分けて説明します。

そのうち、最も大切なのは最初に
「認知」することです。

「これなら自分にできそう」で、しかも
「これはきっと人生に役に立つに違いない」
と「認知」させることが、やる気を起こす
ためのスタートです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 目標達成本 | 06:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ビジネスと生活を100%楽しめる! 陰山手帳2019

満足度★★★★

ダイヤモンド社の上村さんから頂きました。
ありがとうございます。

毎年、9月になると各社の翌年1月始まりの
手帳が発売されるようになります。

私は、翌年版の手帳が発売されたことを知り、
「今年も残り僅か、そろそろ来年に向けての
準備をしなくては」と毎年実感します。

本日紹介するのは、「陰山手帳2019」です。
本ではないので、付箋数は書いていません。

昨年も陰山手帳を頂きましたので、
満足度は2018版を実際に使用しての評価です。

私が陰山手帳を使用するようになったのが、
2017年版からなので、来年で3年目です。

ご存知のない方に念のために説明しておくと、
これは陰山英男さんが考案した手帳です。

陰山さんと言えば、反復学習で基礎学力の
向上を目指す「陰山メソッド」を確立し、
全国から脚光を浴びた方です。

「百ます計算」をメジャーにした方と言った
方がわかりやすいかもしれません。

文部科学省中央教育審議会特別委員や
立命館大学教授、大阪府教育委員長などを
歴任し、現在は陰山ラボ代表(教育クリエイター)
として活躍されています。

そんな陰山さんが考案しプロデュースして
いるのが「陰山手帳レビュラー版」と
「陰山手帳ライト版」です。

レギュラー版は11年間で73万人が使用する
ビジネス手帳の「ド定番」になっています。

特徴は、たっぷり書き込めるフリーページ。

「左ページは縦型週間予定+右ページはメモ欄」
タイプの手帳が今では各社から発売される
ようになりましたが、陰山手帳はその元祖です。

このレイアウトの手帳が増えてきているのは、
陰山手帳が使いやすいことの証拠でしょう。

レギュラー版の表紙の色は「黒」、「茶」、
「アイボリー」の3色展開です。

そして陰山手帳が目指すのは3つの管理です。

  「長年、教育の世界にたずさわってきて、
  確信したことがあります。
  それは日常の生活習慣の重要性です。
  規則正しい生活をしている子どもは
  どんどん伸びますし、そうでない子どもは
  伸び悩む傾向があります。
  大人でも、それは同じことです。
  睡眠が足りなかったり、食事がいい加減では、
  仕事で力を発揮することはできません。
  つまり、時間だけでなく生活も管理する
  必要があるのです。この手帳は、
  ・生活管理
  ・時間管理
  ・目標管理
  の3点をマネジメントすることに配慮して
  作成しています。」

実際に私が使ってみて、実感したのは、
やはりビジネスシーンでより力を発揮する
手帳であるということです。

週間予定のページと、プロジェクト管理の
ページ、そして月間カレンダーの3つを
使うと、全体の予定を俯瞰しながらも、
細かなスケジュールの管理が可能となります。

また、週間予定の右側のたっぷり書ける
メモ欄ですが、方眼になっているので、
図表を書く際には、非常にありがたいですね。

このメモ欄だけで足りなくなった場合は、
後ろにも方眼メモのページが100ページほど
あるので、そちらも使うことができます。

ここの右上にはページ数が振ってあるので、
週間予定のページから参照するときも便利です。

以下の画像は陰山さんのオフィシャルサイト
から借りてきた、2018年版のものです。
(クリックすると拡大します)

陰山手帳 

この本から何を活かすか?


今年の陰山手帳ライト版は新色が加わり、
「ターコイズブルー」と「ガーネットレッド」
の2色展開となりました。

新色のガーネットレッドがかなりいい感じです。

また「しおり紐」が赤・黄・青の3本になり、
強度も上がって更に丈夫になったようです。

レギュラー版が完成され過ぎているので、
あまり改訂はありませんが、ライト版の方は
更に使いやすく進化しています。

陰山手帳ライト版 

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 目標達成本 | 05:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

QUEST 結果を勝ち取る力

満足度★★★★
付箋数:25

サンクチュアリ出版の南澤さんから
献本いただきました。ありがとうございます。

  「どうすれば、自分が計画したとおりに、
  自分を行動させることができるのか。
  どうすればたった今 “やるべきこと” に、
  自分の行動を集中させることができるのか。
  その方法を伝えるのが、この本である。」

本書の仕事術は、以下の先人たちの知恵を
実社会で使いやすいようにアレンジして、
まとめています。

 ●チクセントミハイさんのフロー体験
 ●ロウ・バウマイスターさんの意志力
 ●デビッド・アレンさんのGTD、
 ●トム・ピーターズさんのプロジェクト
  マネジメント
 ●ハイラム・W・スミスさんの
  タイムマネジメント
 ●ピーター・ブレグマンさんの18分の法則

本書は、「やる気」を意志の力ではなく、
技術で継続させる方法について解説した本です。

著者は、リーダーシップ・行動心理学の
スペシャリストである池田貴将さん。

なぜ、わたしたちは、こんなに忙しいのに、
やるべきことが片付かないのでしょうか?

池田さんは、私たちの「行動のモード」に
問題があると指摘します。

私たちの行動は、次の3つのモードに分かれます。

  1. 意思モード
   自分で選んだことをやっている

  2. 反応モード
   まわりの出来事に対応している

  3. 惰性モード
   思考を止めて習慣に流れている

私たちは、行動を起こすたびに、
いずれかのモードを選んでいるのです。

「意思のモード」は、自分が「こうしよう」と
思ったことをやっている状態。

やるべきことが片付かないのは、自分の行動が、
「反応モード」または「意思モード」に
入っている時間が、思っているより長いから。

自分が取っている行動が、どのモードなのかを
確認しないと、周りからの刺激を受けて
反応していたり、流されて無意識に続けて
時間を潰しているのです。

池田さんは、「やろう」「やらなきゃ」と
考える自分と、その行動を実際に「やる」自分は、
別人であると指摘します。

だから、「やろう」「やらなきゃ」と思った
ことを、他人に伝えるように整理して、
「やる」自分に伝える必要があるのです。

「やろう」「やらなきゃ」を整理するには、
思いにふけらず、無感情で4つの箱に振分けます。

まず、「やるつもりがあるかどうか?」を
自分に問いかけます。

答えが「ない」なら「ゴミ箱」へ。

答えが「どちらでもない」なら
「メモする」の箱へ。

この箱に入れたものは、更に「連絡待ち」、
「判断材料」、「ルーチン」の3つに分けます。

答えが「あるけど今じゃない」なら、
「次やること」の箱へ。

この箱も更に、「ここでやる」、「この日にやる」、
「あとでやる」の3つに振分けます。

答えが「ある」で、それが2~3分でできることなら、
「やる」の箱へ。

「ある」でも、今すぐにできないなら、
「次やること」の箱へ入れます。

これは本書で紹介されるタスク管理の一例です。

基本は、「やるべきこと」を1ヶ所にまとめて、
いつやるかを決め、反応や惰性で動かないように、
集中できる状態を作ることです。

惰性でスマホをいじってしまう時間が多いなら、
その誘惑が起こらないよう工夫をします。

雑念を振り払って、竜だけを倒す。

表紙や挿絵も相まって、ワクワクする冒険に
出るような気分にさせられる本です。

無味乾燥なタスク管理本と違い、タスクをこなす
ことが、楽しみになると思います。

この本から何を活かすか?

  「私たちが “やりたくない” とか “不安だ” と
  感じる気持ちの強さは、やることをためらった
  時間の長さに比例します。ですから早く手を
  動かせば動かすほど、次にまた同じ行動を
  取るとき、抵抗感なくその行動に移ることが
  できるはずです。」

「次にやること」が決まったら、時間を開けずに、
そこに向かって、ただ手を動かすだけ。

心の準備など、しない方がいいのです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 目標達成本 | 06:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

やり抜く人の9つの習慣 コロンビア大学の成功の科学

満足度★★★
付箋数:23

  「これまで多くの心理学の調査によっても、
  仕事や私生活で目標を達成した、いわゆる
   “成功者” と呼ばれる人たちには、共通する
  思考や行動パターンがあるということが
  明らかになっています。
  つまり “才能が成功に導いた” のではなく、
  彼れは “ある種の思考や行動によって、
  自らを成功に導いている” のです。
  本書では、こうした目標を達成できる人に
  共通する思考や行動を “9つの習慣” に
  まとめて紹介していきます。」

著者のハイディ・グラント・ハルバーソンさん
は、コロンビア大学モチベーション・
サイエンス・センター副所長。

モチベーションと目標達成の分野の第一人者です。

本書は、ハルバーソンさんが書いていた
ハーバードビジネスレビュー誌のブログ記事を
まとめたものです。

では、心理学的に正しい目標達成の
「9つの習慣」を見ていきましょう。

習慣1. 目標に具体性を与える

 もし、「やせたい」と思うならば、
 目標は「やせる」ではなく「5キロやせる」
 とすべきです。

 具体的かつ詳細に、自分が達成したいことを
 考え抜くことが、最初にやるべきことです。

習慣2. 目標達成への行動計画をつくる

 目標達成のためにやるべき行動を着実に
 実行するためには、「いつ何をやるか」を
 あらかじめ予定に入れておく必要があります。

 例えば、「月・水・金には出勤前に必ず
 30分運動する」のように。

習慣3. 目標までの距離を意識する

 目標を達成するには、ただがむしゃらに
 努力するのではなく、日々、どれだけ進歩
 したのかを確認しながら、モチベーション
 を維持します。

習慣4. 現実的楽観主義者になる

 「目標は達成できる」と信じることは大切
 ですが、「簡単に達成できる」と考えては
 いけません。

 「非現実的な楽観主義者」になることなく、
 目標達成が簡単でないことを意識した、
 「現実的な楽観主義者」になるべきです。

習慣5. 「成長すること」に集中する

 「今、何ができるのか」ではなく、
 「これから、何ができるようになりたいか」
 を考えるようにします。

 失敗しても「また、ひとつ学んだ」と考え、
 他の人と比べず、過去の自分と比べる
 ようにします。

習慣6. 「やり抜く力(グリット)」を持つ

 グリットとは、困難にも屈せず、
 長期的な目標達成に向けて全力を尽くす
 「やり抜く力」のことです。

 「うまくいかないのは自分に能力がないから」
 と考えずに、「成功は自分の頑張り次第」と
 考えて、困難な状況でも努力を続けます。

習慣7. 筋肉を鍛えるように意志力を鍛える

 意志力は筋力と似ていて、使わなければ
 衰えますが、定期的に正しい方法で使えば、
 少しずつ強くすることができます。

 まずは小さな目標に取り組み意志力を鍛え、
 いつしか、大きな目標に取り組むための
 意志力を徐々に育てていきます。

習慣8. 自分を追い込まない

 意志力は有限なので、使えば消耗します。

 目標は1つに絞り、誘惑と出会いやすい
 時間や場所を把握して、できるだけそれを
 避けるようにします。

習慣9. 「やめるべきこと」より「やるべきこと」
    に集中する

 目標をどう表現するかで結果が変わります。

 「~しない」という目標を「~する」に変え、
 「やりたいこと」、「やるべきこと」に
 集中します。

本書は120ページの非常に薄い本です。

しかし、そのシンプルさ、読みやすさが魅力で、
実践しやすい本だと思います。

この本から何を活かすか?

ハルバーソンさんの書いた記事は、
ハーバードビジネスレビュー誌において、
歴代最多の閲覧数を記録したと言います。

本書のベースとなった、その記事(英語)が
こちらです。

Nine Things Successful People
Do Differently


Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 目標達成本 | 05:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

自分を劇的に成長させる! PDCAノート

満足度:★★★
付箋数:20

  「PDCAが重要だというのは、誰もがわかって
  いることでしょう。しかし、ここで問題が
  あります。それは、多くの人がPDCAを
  知っているにもかかわらず、PDCAを回せて
  いないことです。PDCAを回さないのではなく、
  回せないのです。
   “PDCAは重要だ”  “PDCAを回そう” と思って
  いても、ほとんど9割の人が回せていないと
  感じています。」

PDCAとは、Plan(計画)→Do(実行)
→Check(評価)→Action(改善)という
サイクルを回すビジネスのフレームワーク。

もともとは製造業で品質管理や生産性向上を
目的にエドワード・デミングさんらによって
考案されたものです。

現在では、製造業に限らず、ビジネスの
あらゆるシーンで「PDCAを回せ」と
言われるようになりました。

実際にこのサイクルをしっかり回すことが
できれば、あらゆる問題を解決・改善する
ことができる強力なツールです。

しかし、本書の著者、岡村拓朗さんは、
ほとんどのビジネスパーソンは、
PDCAが回せていないと指摘します。

なぜ、ほとんどの人はPDCAを回せないのか?

その理由は単純で、「PDCAの回し方」を
知らないからです。

確かに、社会人になってPDCA自体は
教えられていても、その回し方は
あまり教えられていないように思えます。

岡村さんは、PDCAを回すためには、
次の3つの「ルール」が必要と言います。

  ルール1 見える化
   PDCAは視覚化できれば回る

  ルール2 仕組み化
   PDCAは仕組みで回る

  ルール3 習慣化
   PDCAを回すことを習慣化する

この3つのルールを押さえているのが、
本書で紹介される「PDCAノート術」です。

毎日5分、PDCAノートを書くだけで、
自分自身のPDCAも、仕事のプロジェクトの
PDCAも、夢を実現するためのPDCAも、
回せるようになるようです。

用意するものは、A4サイズ以上のノートと
ペンだけです。

ノートは方眼ノートがオススメ。

PDCAノートのフレームは次のように書きます。

 1. ノートを横向きに置く
 2. 上から3~5cmのところに水平線を引く
 3. 水平線の下部分を垂直直線で4分割する
 4. 水平線の上に日付とタイトルをつける
  目標やテーマでもOK
 5. 4分割した枠の上部に「P」「D」「C」「A」
  を書き入れる
 6. 左端のPのフレームに時間軸を縦に記入

このフレームを作ったら、手帳からP欄に
予定を書き入れます。

手帳に書かれていなくても、思いついた
行動があれば、追加で記入します。

次に、その日に実行したことや実績が出たら
D欄に記入します。

そして、C欄には事実を踏まえて、
自分視点で気づきを書きます。

最後に、気づきから、次に計画するための
「よりよくする行動」を書き出します。

PDCAノートには、デイリー用、目標達成用、
プロジェクト用などの、いくつかの種類が
ありますが、基本的な書き方は同じです。

ポイントとなるのは、このPDCAノートを
書くことを習慣化できるかどうかでしょう。

  「PDCAノートが書けなくなる人は、
  計画通りに事が進まなかったことを “失敗” 
  と捉えているのです。逆に、PDCAノートを
  書き続けられる人は、計画通りに
  進まなかったことを “気づきと改善が
  生まれるチャンス” として捉えています。
  PDCAを回している限り、本来的な意味での
  失敗ではなく、すべて成長するための
   “チャンス” なのです。」

この本から何を活かすか?

  PDCAの前に「G」をつけよ

PDCAを回していくためには、何よりも先に、
「ゴール」の設定が必要です。

何のためにPDCAを回すのかという、
具体的なゴールが明確になっていなければ、
方向性を見失ってしまうからです。

本書では、このゴールをつけたフレームを
「G-PDCA」と表現しています。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 目標達成本 | 06:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT