活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

こじらせママ 子育てしながらココナッツオイルで年商7億円。

満足度★★★
付箋数:23

オトバンクの上田さんに献本いただきました。
ありがとうございます。

ダイエットや美容への効果が注目され、
2015年頃から「ココナッツオイル」が
ブームとなっています。

美容食材としては、息の長いブームですね。

ダイエット効果、美容効果、アンチエイジング、
アルツハイマー予防、動脈硬化予防など、
様々な効用があると言われています。

日本でも人気のあるのファッションモデル、
ミランダ・カーさんが愛用していることで、
さらにブームに拍車がかかりました。

もともと、珍しい輸入食材という程度でしか
認知されていなかったココナッツオイルを、
日本で流行らせたのは誰か?

  「はじめまして。株式会社ブラウンシュガー
  ファースト代表、荻野みどりです。
   “ブラウンシュガーファースト” といっても、
  知らない方もいるかもしれませんね。
   “ココナッツオイルブームの火付け役” とよく
  呼んでいただきますので、もしかすると、
  オーガニックのココナッツオイルを販売して
  いる会社と言ったほうが、ピンと来るかも
  しれません。」

本書は、一大ココナッツオイルブームを
巻き起こした女性起業家が「働き方・生き方」
について綴った本です。

女性起業家と聞くと、スマートな女性という
イメージですが、荻野さんは、女性としても
母親としても、ずいぶん苦しみ、葛藤しながら、
事業を成功させました。

4つも大学に行って、そのすべてを1年で中退。

21歳で家出同然で福岡から上京してからは、
履歴書に書ききれないくらい職を転々とします。

結婚して専業主婦になると、何もしていない
自分に落ち込み、仕事を再開しても、
それが本当にやりたい仕事か悶々としました。

娘さんを生み、ブラウンシュガーファーストを
始めてからも仕事と育児の両立に悩みます。

そして離婚も経験し、シングルマザーに。

タイトルに「こじらせママ」とありますが、
いつも自分に自信がなく、迷い続けた人生です。

  「全然スマートじゃないわたし。
  この本ではそんなわたしが、どうやって
  会社を作り、成長させていったのか。
  こじらせていた自分とどう向き合ったのか。
  そして子育てと仕事をどう両立しているのかを
  お伝えするものです。」

荻野さんが、ココナッツオイルに注目したのは、
まだ小さかった娘さんに湿疹が出たり、
便秘になって、食の大切さを痛感したことが
きっかけでした。

ココナッツオイルが健康に良いことを知り、
最初は通販でアメリカから取り寄せて、
お菓子作りで使うことから始めました。

ここからが、荻野さんの行動力のすごい
ところです。

輸入ではお菓子に使うには高すぎると考え、
ココナッツオイルの産地に行って、
仕入れさせてもらうように直談判しました。

フィリピンの製造現場に来た荻野さんは、
「ココナッツオイルを商品化しよう」という
事業への思いと、8ヶ月の娘さんを日本に
残してきた後悔の念が湧き上がり、
自己嫌悪に苛まれます。

  「母親としての自分、働く女性としての自分。
  どちらも半人前。
  この葛藤から抜け出すには、そうしたらいいの?
  いくら考えても、答えは見つかりませんでした。」

しかし、荻野さんは自分をシンプルにすることで、
悩みの解決策が見えてくるよになります。

そして、子育てをしなからでも、
ワクワクして働くポイントを見つけていきます。

結果として、資本金20万円でスタートした
ブラウンシュガーファーストは4年間で、
年商7億円の企業に成長しました。

最初は、自分の娘のために始めた商売が、
いつしか高い志を持つようになりました。

女性であれば、共感することは必至で、
荻野さんの成長の過程が追体験できます。

また、男性の私が読んでも、
参考になる行動や考え方がある本でした。

この本から何を活かすか?

  人生の指針として、「おばあちゃんの自分」
  を想像してみよう

荻野さんは、自分が本当にやりたいことを
見つけるための方法として、70歳になった
自分を想像することをススメています。

なぜ、70歳かというと、今の年齢に近いと、
今あるしがらみの延長で考えてしまうから。

何の制約もないところで、何をしていたら
幸せなのかを考えることがポイントです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 心に効く本 | 06:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

敏感すぎるあなたが人付き合いで疲れない方法

満足度★★★
付箋数:24

フォレスト出版の三上さんから献本頂きました。
ありがとうございます。

ビジネスでもプライベートでも、私たちの悩みは、
その多くが「人間関係」に起因しています。

良好な人間関係を築くことさえできれば、
私たちの悩みのほとんどは消えてなくなり、
安心して自分らしい生活が送れるようになります。

誰しも、多かれ少なかれ人間関係の悩みは
持っているものですが、特に悩みを抱えがちなのが、
「人の気持ちがわかる感受性の高い人」や、
「心がとても優しい平和主義な人」です。

本書では、そういった人を「敏感過ぎる人」と
呼びます。

「敏感過ぎる人」は、人の気持ちを
察し過ぎてしまうが故に、つい自分よりも
相手を優先してしまいます。

その結果、いつも他人に振り回されてしまい、
心も身体も疲れ切ってしまうのです。

自分を軸にするのではなく、他人を軸に行動
してしまっているのです。

本書は、敏感過ぎて、つい「他人軸」になって
しまう人が、「自分軸」を取り戻すための本です。

著者は、予約が3ヶ月先まで取れないほどの
人気心理カウンセラー、根本裕幸さん。

「anan」「CLASSY」「日経ビジネス・アソシエ」
などの雑誌や 読売新聞、毎日新聞などへも
多くを記事を寄稿している方です。

本書では、「いい人」であるほど陥りがちな
「他人軸」の人を、次の3つのパターンに
分類します。

 1. NOが言えない気をつかう人

  いい人は気をつかい、相手から拒否される
  ことをとても恐れます。

  「相手の気分を害したらどうしよう」などと
  考えてNOが言えなくなってしまいます。

 2. YESが言えない自分がない人

  このタイプは、違うことはわかるので、
  NOと言うことができます。

  しかし、自分の意思や考えをはっきりと
  示せないので、YESが言えません。

 3. YESもNOもわからない流される人

  自分でも、YESもNOもわからなくいる場合は
  常にまわりに流されてしまいます。

  自分でもわからないぐらいですから、
  当然、相手にわかるはずはありません。

それでは、具体的どうしたら、他人軸の人は、
自分軸を取り戻すことができるのでしょうか?

本書では、自分軸を取り戻すための
レッスンをいくつも紹介しています。

その中で、私が面白いなと思ったのは、
「1人居酒屋」という練習です。

  「1人で居酒屋に行って楽しめるかどうかは、
  自分軸に立ち、かつ相互依存状態をつくれて
  いるかをはかる1つの指標となります。
  人目が気になる人は楽しめませんよね。
  自分がどう思われるのか? という他者目線
  (すなわち依存状態であり、他人軸の状態)
  に意識が集中してしまうからです。
  馴れていない人はいたたまれなくなるかも
  しれません。そもそも常連客の中にたった
  1人で飛び込むのはアウェー感満載です。」

私は、自分のことを「敏感過ぎる人」とは
思っていませんでしたが、「1人居酒屋」に
行く勇気はありません。

いつも「孤独のグルメ」の井之頭五郎さんを
羨ましいと思いつつ、なかなか自分では
行けないなとも感じていました。

それができないのは、自分では気づいて
いませんでしたが、他人の視線を気にして
いるからなのかもしれません。

本書は、他人軸になってしまいがちな人には、
良い処方箋を示してくれますし、
そうでない人にも、何かしらの発見がある
本だと思います。

イラストも豊富で非常に読みやすい本です。

この本から何を活かすか?

あなたの愛は、罪悪感を与えているかもしれない。

根本さんのカウンセリングを受ける方で、
次のような方がいるようです。

  「主人や子どもにはいい服を買うけれど、
  私は安い服で我慢しているの。
  だって夫や子どもは外に出て人目に触れる
  でしょう? だから恥ずかしい思いはして
  ほしくなくて。私はいいの。そんなに人前に
  出たりしないから」

こうした「自分だけ我慢すればいい」という
姿勢は、一見、美しいものとして見られます。

しかし、「愛」を振りまいているのではなく、
相手に「罪悪感」を与えてしまうこともある
ので要注意です。

特に男女関係にはよくあるケースのようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 心に効く本 | 05:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

男の子の育て方/女の子の育て方

満足度★★★
付箋数:22

オトバンクの上田さんから献本いただきました。
ありがとうございます。

「男の子版」と「女の子版」に分かれています。

お子さんが、1人なら該当する方だけ
読めばいいでしょう。

お子さんが男女両方なら、違いがあるので
両方読んだ方がいいと思います。

交流分析という心理学では、人はみな、
「子ども時代の親との関わり方」によって、
その後の人生が決まると言われています。

具体的に言うと、親から子に与える
次の3つのメッセージが子どもの人生に
大きな影響を与えるようです。

 1つ目が、「親の言葉」
 2つ目が、「親の態度や振る舞い」
 3つ目が、「親の生き方」

この3つのメッセージは表面的に伝えるよりも、
深いところで伝える方が効果的。

その深いところとは、「潜在意識」です。

そもそも、人の心には大きく分けて
2つの領域があります。

1つは、自覚できる心の部分である「顕在意識」。

顕在意識は、思考、分析、選択、判断などの
働きを司っています。

そしてもう1つは、自覚できない心の部分
である「潜在意識」です。

潜在意識は、感情、感覚、直感、想像力などの
働きを司っています。

この2つはよく「氷山」にたとえられます。

海上面に出ている小さな部分が顕在意識で、
海面下に沈んでいる大きな部分が潜在意識です。

この2つの意識の内、私たちの人生に、
より大きな影響を与えるのが、潜在意識です。

  「ズバリ、この本は、子どもの潜在意識に
  働きかける子育て法を説いたものである。」

私たち大人でも、直接命令されるよりも、
自分で気づいた方が行動を変えやすいものです。

その気づきを与えるのが、潜在意識への
働きかけなのです。

子どもには、大人以上に潜在意識への
働きかけが大きく影響します。

本書の著者、中野日出美さんは20年近く
心理セラピストとして活動している方です。

潜在意識へ働きかける心理セラピストと
しては、日本で最も深く、長く親と子の
関係性に焦点を当ててアドバイスしてきた
実績がある方です。

本書では、子どもの潜在意識へ親がどのような
「種」を撒くかをアドバイスしています。

男の子に撒く「成功の種」は次の7つです。

  1. 自分を愛する種
  2. 学力アップの種
  3. 人づき合いがうまくなる種
  4. 愛される男になる種
  5. 打たれ強さの種
  6. セルフコントロールの種
  7. たくさんお金を稼ぐ種

女の子に撒く「幸せの種」は次の7つです。

  1. 自分で稼げる女になる種
  2. 自分を傷つけない種
  3. 選ばれる女ではなく、選ぶ女になる種
  4. 女子の戦場を上手に生き抜く種
  5. しなやかに、たくましく人生を切り拓く種
  6. 理想のパートナーを引き寄せる種
  7. 絶対に幸せになる種

いくら昔に比べて男女平等な世の中になった
と言っても、男の子と女の子の脳や体の違い、
そして取り巻く環境の違いがあります。

従って、親が子に撒く種も違ってくるのです。

どちらにしても、潜在意識へ訴えることは、
子どもに言外のメッセージを与えることです。

それは、親が自分の態度や振る舞いを変える
ことを意味しています。

その意味では、本書は親に自身とっても
多くの学びがある本だと思います。

この本から何を活かすか?

『女の子の育て方』の方で、
私は、「それはどうかな」というところが、
1点だけありました。

それは、「自分で稼げる女になる種」の中の
次のアドバイスです。

  「一生食べていける仕事、専門性のある資格
  を持たせる」

このアドバイスが違うというのではなく、
私は、親が10年先、20年先の世の中を
予想するのことが難しいと思ったのです。

親の時代に「一生安泰」と思っていた仕事は、
子どもの時代には、職業として無くなっている
可能性もありますから。

個人的には、ここは親の古い価値観で
考えない方がいいと思いました。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 心に効く本 | 05:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

人事担当者・管理職のためのメンタルヘルス・マネジメントの教科書

満足度★★★
付箋数:22

オトバンクの上田さんから献本いただきました。
ありがとうございます。

近年、「メンタルヘルス」や「メンタルヘルス
対策」という言葉をよく聞くようになりました。

メンタルヘルスとは、「精神的健康」のこと。
言い換えると、「心の健康」です。

厚生労働省の調査によると、メンタルヘルス不調
になる方は、年々増加傾向にあります。

多くの企業で、メンタルヘルス不調の中でも、
特に「うつ病休職」が急増していて、
企業経営にとっても深刻な問題となっています。

メンタルヘルス不調は、本人に自覚がない
場合もありますが、その兆候は必ず現れます。

あなたは、部下や同僚のメンタルヘルス不調の
兆候に気づけていますか?

不調の兆しは、「行動」の変化に出るようです。
以下は、その代表的な兆候です。

 ・普段とは異なる「有給休暇取得」の申請
 ・つまらないミスが頻発するようになる
 ・ちょっとした怪我をすることが増える
 ・残業時間の増加
 ・行動や言動の変化

一番良くないのは、こういった兆しに気づいても、
「まあ、ちょっとしたことだからいいか」と
放置してしまうことです。

この段階で必要なのは、不調が疑われる社員
とのコミュニケーションです。

もし、話してみてメンタルヘルス不調の
疑いがある場合は、上司は勝手な判断をせず、
その社員をしかるべき相談窓口に
連れていく必要があります。

しかし、実際にどんな言葉をかければいいか
わからないと感じている方も多いでしょう。

本書では、言葉のかけかたの注意点として、
以下の4つを挙げています。

 1. 「病気っぽい」「メンタルヘルス不調の
  ようだ」「うつっぽい」「おかしい」
  「精神的」とは言わない。
  身体の症状を話したら、それを中心に話す。

 2. 具体的事例を挙げて、話の目的を明確に言う。

 3. 注意することは具体的に明確に言う。
 4. 自分なりのアドバイスをすくに話さない。

さて、本書はタイトルの通り、「メンタルヘルス
・マネジメント」の教科書です。

メンタルヘルス・マネジメントとは、
精神疾患の早期発見と早期治療という
メンタルヘルス不調への対策だけでなく、
広い意味で職場環境および社員の健康を
向上させていくことを意味しています。

例えば、職場の人間関係や部下が担当している
業務量の調整、業務プロセスの改善、
職場環境の改善、社員の士気向上、
医学的な観点からの配慮など、幅広い視点で
メンタルヘルス不調を予防することを目指します。

著者は、産業医として20年以上の経験を持つ、
日本メディカル研究所所長の清水隆司さん。

メンタルヘルス不調の兆候の見極め方から、
診断書の病名の読み方、休職・職場復帰までを
わかりやすく解説します。

理想的なのは、メンタルヘルス不調になるのを
未然に防ぐとです。

しかし、実際に不調になってしまう人も
いますから、本書で解説されている、
通院から休職までの流れや、復職への手順は、
知っておくべきでしょう。

また、労働安全衛生法に基づき、一定の基準に
該当する職場では、「衛生委員会」を設置して
いるはずです。

実情として、この衛生委員会が機能しているか
どうかは、会社によってかなり差があります。

本書では、メンタルヘルス・マネジメント
全般について説明しますから、衛生委員会の
活用方法についてまで言及しています。

正直、読んでいて楽しいという種類の
本ではありませんが、会社には、
一冊置いておくべき本だと思います。

この本から何を活かすか?

「精神科主治医」と「産業医」の違いは?

同じ医者なのに、判断が異なる場合がある
精神科主治医と産業医。

同じ症状を診ても、それぞれ立場が違うので、
意見が異なることもよくあるようです。

主治医が患者個人との治療契約であるのに対し、
産業医は企業との業務契約です。

そのため、主治医は患者本人や家族の意見を
尊重しますが、産業医は患者本人と企業に対し
中立的な立場となります。

主治医は、患者本人の訴えや症状から最適解を
導き出そうとし、産業医は患者を取り巻く
職場関係者や環境も加味して判断します。

このように考慮するポイントが異なるので、
導き出される答えも違ってくるようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 心に効く本 | 06:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

教養は児童書で学べ

満足度★★★
付箋数:18

ライフネット生命創業者、出口治明さんは、
以前から人が教養を身につける方法として、
3つのことを勧めていました。

それは「本を読む」こと、「人に会う」こと、
「旅に出る」ことです。

この3つのうち、最も効率がいいのが、
「本を読む」ことです。

それは、アメリカ大統領に会いたいと思って
ワシントンへ行っても会えませんが、
リンカーン演説集』(岩波文庫)を読めば、
リンカーンさんに会うことができるから。

出口さんは、特に本の中でも、これまでは
「古典」と呼ばれるものを読むことを
推奨してきました。

古典には、リアルな人間が描かれているので、
読むと人間に対する洞察力が高まります。

ビジネス書を10冊読むよりも、古典を1冊
読む方がよほど役に立つと推奨していました。

例えば、過去の著書では塩野七生さんの
チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷
などが薦められていました。

しかし、今回はうって変わって「児童書」が
推薦されています。

まあ、児童書といっても昔からあるものは
「古典」と言ってもいいかもしれませんが、
今回はこれまでとは少し趣が違います。

なぜ、出口さんは「児童書」を薦めるのか?

  「子ども向けに本をつくろうとしたら
  ごまかしがききません。つまらないと
  すぐにそっぽを向いてしまいますから。
  だから、いい児童書は、無駄をすべて
  削ぎ落としたうえで、ていねいに
  つくってあるのです。
  児童書は、子どもの気持ちにならないと
  楽しめない本ではなく、優れたものは、
  子どもが子どもとして楽しめるのと同時に、
  大人も大人として楽しめます。
  この本で紹介する十冊は、すべて、
  子どもに読むためだけの本ではなく、
  大人が純粋におもしろいと思える本
  ばかりを選んでみました。」

本書で紹介される10冊の児童書は、
絵本からファンタジー小説まであります。

大人が読んで完結するのではなく、
読んで面白かったものを子どもに薦めたり、
読んであげることが目的です。

ですから、本書のメインターゲットは
「小学生以下の子どもがいる親」
になるでしょう。

大人が自分の教養を高める目的で
児童書を読むことを優先的に薦めている
わけではありません。

やはり、大人のためだけであれば、
「古典」を読んだ方がいいと思います。

ただし、本書自体は、各児童書の
解説の端々に出口さんの高い教養が
現れているので、興味深い内容です。

読んでいて「なるほど、そうか」と
思える部分がたくさんありました。

個人的には、小学生以下の子どもがいる
親御さんが本書を予め読んでおき、
お子さんと一緒に、図書館に行くことを
お勧めします。

図書館の書架から、本書で紹介されていた
本を数冊持ってきて、子どもの前に並べ、
興味を持って手を伸ばした本を借りると
いいでしょう。

やはり子どもにも好みがありますから、
いくら親がいいと思っても、
それを子どもが読むかどうかは別の話です。

もちろん、子どもが気に入った本なら、
書店で購入しても構いませんが、
子どもと一緒に図書館に行って本を選ぶ
経験も大切だと思います。

この本から何を活かすか?

本書で紹介される児童書は、次の10冊です。

 『はらぺこあおむし』偕成社
 『西遊記』岩波少年文庫
 『アラビアン・ナイト』福音館書店
 『アンデルセン童話集』岩波少年文庫
 『さかさ町』岩波書店
 『エルマーのぼうけん』福音館書店
 『せいめいのれきし』岩波書店
 『ギルガメシュ王ものがたり』岩波書店
 『モモ』岩波少年文庫
 『ナルニア国物語』光文社古典新訳文庫

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 心に効く本 | 05:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT