活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ミライの授業

満足度★★★★
付箋数:26

小学高学年から大学生までの子どもがいる
家庭では、本書を1冊買って、
リビングに置いておきましょう。

ただし、決して「この本を読みなさい」と
強要してはいけません。

手が届くところに何も言わずに置いておいて、
子どもが興味を持って読み始めるのを
辛抱強く待つこと。

本書を手に取ってページを開いてみると、
すぐに続きを読みたくなるはずです。

しかも、あれだけ口酸っぱく「勉強しなさい」
と言い続けても、全然勉強しなかった子どもが、
本書を読んだ後は、自然と机に向かうように
なるかもしれません。

私もこんな本を14歳のときに読みたかった。

いやいや、未来をつくるのは、
この歳になってもまだ間に合う。

本書は、そんな気持ちにさせる本です。

  「未来を予測する最善の方法は、
  自らそれを創りだすことである」

これは本書の冒頭でも紹介されていた、
計算機科学者、アラン・ケイさんの言葉。

  「みなさんはじめまして。瀧本哲史です。
  ぼくはふだん、京都大学で日本の将来を担う
  大学生たちに、新しい時代を生き抜くための
  考えについて講義しています。
  今日の講義は、その14歳バージョン。
  語り口はやさしくても、中身は超本格派です。
  大学生はもちろんのこと、大人たちでさえ
  知らないような “未来をつくる5つの法則” 
  をお話ししていきます。
  きっと大人たちは、みなさんのことを
  うらやましく思うでしょう。人生を変え、
  世界を変えるようなトップシークレットに、
  その若さで触れられるのですから。」

本書は2015年に瀧本哲史さんが、
全国の中学校を飛び回って講義した内容を
まとめた本です。

瀧本さんは、超難関校として知られる灘中学校や、
原発事故で避難生活を余儀なくされている
福島県飯舘村飯舘中学校などを訪れました。

それらの中学校で行われたのは、
未来に生きる14歳の中学生に贈る特別講義です。

まず、瀧本さんは、学校では何のために
勉強しているのかを語ります。

  「いい高校、いい大学へ進むため?
  それにいい会社に就職するため?
  ・・・・そんなつまらないことのために
  勉強するなんて、あまりに寂しい話ですよね。
  正解はもっと別のところにあります。

  みなさんが学んでいるものの正体、
  それは “魔法” です。
  ハリー・ポッターと同じ “魔法” を
  学んでいるのです。」

なぜ、瀧本さんが、「魔法」なんて、
突飛に思える話から始めたかについては、
是非、本書をお読みください。

そして、未来をつくるために、過去を知る。

この講義では、かつて世界を変えてきた
人たちのことを学び、「未来をつくる法則」を
導き出します。

登場するのは、ニュートン、コペルニクス、
ナイチンゲール、ビル・ゲイツ、大村智、
ココ・シャネル、伊能忠敬など(以上敬称略)
19名の偉人たち。

彼らは、どんなふうに育ち、どんなことを考え、
どんなことに疑問を抱いたのか。

そして、どんな壁にぶつかり、
どうやって壁を突破したのか。

未来を変えた先人たちの歴史を学ぶことで、
自分でも未来をつくりだすことができると
わかるはずです。

そのメッセージは、もう未来はないと思って
あきらめかけていた、わたしたち大人にも
しっかりと届きます。

この本から何を活かすか?

私が本書で最も興味を持ったのは、
わずか22歳にして、日本の歴史を大きく変えた
女性の話です。

その女性とは、オーストリアのウィーン生まれの
ベアテ・シロタ・ゴードンさん。

彼女は、一体、日本の何を変えたのでしょうか?

  「彼女は、日本に “男女平等” という概念を
  もち込み、定着させた女性です。
  男尊女卑で女性が虐げられていた日本社会を、
  たった一行のルールでひっくり返した女性です。」

シロタさんは、憲法や法律の専門家ではない
6か国語に堪能な通訳の民間人女性でした。

そんな彼女は、わずか9日間で、
日本国憲法の草案をつくることになります。

そして、彼女が訴え続けた女性の権利は、
現在の日本国憲法第24条として残っています。

1946年当時、男女平等が憲法に明記されたことは、
世界的に見てもかなり異例のことだったようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.


このエントリーをはてなブックマークに追加

| 成功哲学 | 06:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

最強の成功哲学書 世界史

満足度★★★
付箋数:22

  「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」

これは、鉄血宰相と呼ばれたドイツ帝国の首相
オットー・ビスマルクさんの言葉。

  「洋の東西を問わず、古今を問わず、
  歴史にその名をとどめし偉人たちが口を揃えて
  言う言葉、それが “歴史に学べ” です。
  ここで注意すべきは “歴史を学べ” ではない、
  ということ。嘆かわしいことに、現在の学校教育
  の現場では、歴史(用語)を丸暗記させることに
  終始しています。」

このように嘆くのは、河合塾世界史講師で、
世界史ドットコムを主宰する神野正史さん。

神野さんは、世界史こそが、最強の成功哲学書
であると説きます。

この世に生を受けて、一度も失敗せずに
人生を全うした人は、ただのひとりもいません。

それは、歴史上で偉業を成し遂げた人物でも
同じことです。

どんな偉人でも、数多くの失敗を重ねた後に、
やっと成功しているのです。

私たちは人生において、自分が進む道で、
大きな岐路に立つことがあります。

どう考え、どう行動すべきなのか?

その答えは、誰も教えてくれません。

しかし、「歴史」の中には、必ずヒントがあります。

歴史を紐解けば、ありとあらゆる立場で、
ありとあらゆる状況において、
失敗と成功が繰り返されています。

偉人たちは、どのように行動して失敗したのか、
あるいは、どのように判断して成功したのか。

人生で判断に迷った時に、唯一、
進むべき道の手掛かりを示してくれるのが
歴史なのです。

本書は、世界史上の23人の偉人を取り上げ、
そこから15の人生訓をまとめた本です。

偉人たちが直面した試練をストーリーとして
追体験して、そこから教訓を得ることを
目指しています。

紹介される偉人(敬称略)は以下の通りです。

  ナポレオン・ボナパルト、劉備玄徳、
  ユスティニアヌス大帝、東郷平八郎、
  韓信、ハンニバル、オットー・ビスマルク、
  上杉謙信、ミルティアデス、昭襄王、
  フリードリヒ大王、フィリップ・ペタン、
  小モルトケ、ヘラクレイオス1世、
  メフィスト2世、豊臣秀吉、タフマーブス1世、
  徳川家康、賈ク文和、桜井規矩之左右、
  劉邦、島津義弘、孫武

一人物15ページ前後のストーリーの中で、
どのような失敗を重ね、どのような転機から
成功に至ったのかが紹介されています。

400ページを超える厚めの本ですが、
象徴的なエピソードを綴ったミニ偉人伝
でもあるので、読んでいて純粋に面白い。

頭から順に読まなくても、気になった人物から
読めば、知らず知らずのうちに、
歴史の魅力に引き込まれてしまいます。

ちなみに、私は原泰久さんのマンガ
キングダム』のファンなので、
昭襄王のパートから読み始めました。

本書を読むと、出来事を羅列した無味乾燥な
歴史から、人の血の通ったリアルな歴史へ
変わります。

受験勉強に役立つかどうかはわかりませんが、
少なくとも、高校時代に本書を読んでおけば、
世界史が好きになったことでしょう。

この本から何を活かすか?

神野さんの「世界史ドットコム」、
なかなか面白そうです。

  「本講座は、20年にもわたって河合塾の
  教室で絶大な人気を誇ってきた世界史講義を、
  多方面からの要望を受けて一般公開したもの
  ですが、いざ公開してみるや、受験生は
  言うに及ばず、社会人の方からも絶賛されている
  世界史講座です。」

まずは、YouTubeで公開されている神野さんの
『「神野の世界史劇場」付属CD全公開!』を
いくつか見てみようと思います。



Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 成功哲学 | 06:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

成功する人の考え方

満足度★★★
付箋数:19

著者の加地太祐さんは、2015年2月6日、
仕事を終えてロードバイクを運転して帰宅する
途中に交通事故を起こしました。

すぐに救急車で病院に運ばれましたが、
5日の間、意識不明の重体に。

事故から6日目に、やっと意識が戻りましたが、
鼻は折れ、顔面も68針縫い、
まるでフランケンシュタインのような顔に
なってしまったそうです。

意識が朦朧とする中で加地さんは、
「このまま死んだら自分は何もこの世界に
残していないことになる」と思いました。

そして、自分に残せるものは言葉だと悟り、
「成功するための考え方」というウェブサイトを
立ち上げ、成功するためのコラムを
毎日書き続けることにしました。

それがフェイスブックで月間リーチ数250万の
人気コラムになりました。

  「本書に書いている内容は、すべて自分が
  これまでに実践して効果があったことや、
  今も実践し続けていることです。
  すべての原稿は、新たに書き下ろしました。
  どんなに困難な状態にあろうとも
   “成功する人の考え方” は、人を幸せにする
  チカラを持っていると僕は信じています。
  僕は自分の全人生を通して、それを証明しようと
  思っています。
  人生は、いつも僕らにドラマチックな物語を
  用意してくれています。
  その物語を実現させるかしないかは、
  僕らの考え方と行動で決まると思います。」

成功するための考え方を伝える、
加地さん自身は成功者なのでしょうか?

現時点では、世間で言うような成功者では、
ないかもしれません。

しかし、成功するための教えを現在進行形で実践し、
成功の過程にいることは間違いありません。

加地さんは、人生のどん底にいるときに、
それまでの考え方を大きく変える人生の師に
出会いました。

その師は、大企業の会長という立場でありながら、
時間をかけて加地さんに、成功するための考え方を
教えてくれたそうです。

その師の教えをすこしずつ実践するうちに、
徐々に出会う人間の質が変わっていきました。

年間数兆円を売り上げる起業家から、
日本を代表するスポーツ選手、
更には世界的な大富豪にまで出会うようになり、
加地さんは多くの成功するための考え方を
学びました。

本書は、そこから「45の教え」をまとめたもの。

  Chapter1 人生をコントロールする
  Chapter2 出会いと智恵の扉を開ける
  Chapter3 困難を乗り越える
  Chapter4 己との戦いに勝つ
  Chapter5 成功する人生の生き方

いわゆる自己啓発書ですが、目線が読者と同じ
位置にあるためか、非常に読みやすいです。

等身大の自己啓発書という感じがしますね。

加地さん自身も師から学んだ考え方を、
自分でもよく考え、実践した上で書いていることが
よくわかります。

この本から何を活かすか?

  やる気のスイッチの押し方

加地さんの娘さんは、高校受験に失敗し、
毎日、憂鬱な気持ちのまま、
滑り止めで受けた高校に通っていました。

加地さんは、そんな娘さんを師に会わせました。

すると次のような質問があったそうです。

  「こんにちはお嬢さん。何か将来の夢は
  あるのかい?」

娘さんは、キャビンアテンダントだと答えました。

すると加地さん師は次のように言いました。

  「いい夢ですね。でもこの調子でお父さんと
  学んでいたら、もしかしたら航空会社の社長
  というのもあり得るかもしれませんね」

こう聞いて、娘さんは苦笑いしました。

  「ムリだと思ったでしょう。でもね。
  高校1年生で航空会社の社長になろうと
  思っている人がキミ以外にいると思いますか?
  きっといないでしょう。だから今から頑張ったら
  誰よりもスタートが早いのですから、
  きっと叶うでしょうね」

この一言で、娘さんのやる気のスイッチが
入ったそうです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 成功哲学 | 05:58 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ドラマ思考のススメ

満足度★★★
付箋数:23

  「本書は、人生はドラマであるという仮説から考えることで、
  戦うのでも逃げるのでもない、 “全体を俯瞰しながらステージを
  演出する” という新しい切り口で、仕事も人生も
  ハッピーエンドのシナリオに書き換える方法を提案します。」

感動プロデューサーである、平野秀典さんは、人やチームの
魅力を引き出すために、本書で「ドラマ思考」を紹介します。

人生をドラマと考えるので、仕事や日常で出会う人は、
みなドラマの共演者です。

ビジネスで出会うお客様は、商品を売りつける相手ではなく、
ドラマを一緒に創る共演者。

職場の上司や同僚、取引先もステージを一緒に創る共演者。

そして、ドラマを盛り上げるために欠かせないのが、
主人公の行く手を阻む「悪役」の存在です。

悪役や意地悪なキャラクターがキャスティングされず、
全員がいい人だけのドラマは、人を惹きつける魅力がありません。

あなたにとって、嫌いな人や苦手な人は、人生をドラマティックに
盛り上げてくれる重要な共演者なのです。

そして、人生というドラマで大切なのは、「日常」こそが、
本番のステージであるということです。

なぜなら、最も多く過ごす時間こそが日常だからです。

すると、毎日が安全で安定した日常だったらどうでしょうか?

何も変化のない、マンネリ化したドラマになってしまいます。

平穏な日もあれば、思いがけないトラブルや、
心を痛めるニュースが飛び込んでくる日もある。

時には、絶体絶命のピンチに遭遇することも。

そして迎えるハッピーエンド。

あなたは、自分の人生の主人公として、ドラマを演じることで、
日常が感動に溢れた、ハッピーな人生を送れるようになるのです。

このように考えるのが、平野さんが本書で伝える
「ドラマ思考」です。

  プロローグ 日常が感動の舞台に変わる
  第1話 人生はドラマ、あなたは主人公
  第2話 ビジネスシーンに感動を生み出す
  第3話 ハッピーエンドの創り方
  エピローグ イッツショータイム

映画監督や脚本家は、ストーリーを考えるときに、
ラストシーンから書く人が多いそうです。

スティーブン・スピルバーグさんも、『未知との遭遇』を
ラストの宇宙人と地球人との音楽によるコンタクトや
巨大な美しい宇宙船が現れるシーンを先に決めてから、
ストーリーを考えたそうです。

私たちも、人生の最後を「ハッピーエンド」を選んでおけば、
失敗するシーンも、挫折するシーンも、停滞するシーンも、
すべてハッピーエンドにつながる序章となるのです。

もし、あなたが人生のテーマをハッピーエンドではなく、
「悲劇」を選んでいたら、逆に成功するシーンも、
幸せになるシーンも、あとに来る悲劇の前触れになってしまいます。

私たちは、人生のテーマとして「ハッピーエンド」を選ぶか、
「悲劇」を選ぶかは、自分で決めることができます。

しかし、無意識のうちに「悲劇」を選んでいる人が多いと
平野さんは指摘します。

本書では、人生というドラマのテーマとして、
意識的にハッピーエンドを選択し、自分という役者の演技を
舞台の外側から見る、演出家の視点も合わせてもつことも
勧めています。

この本から何を活かすか?

  「現代のトップセールスは、お客様と正面から向き合って売る
   “対面セールス” ではなく、お客様とドラマを共演するような
   “共演セールス” へとシフトしています。」

共演セールスでは、同じ方を向いてビジョンを共有するので、
説得されて買ったり、お願いされて買ったりするのではない
お客様との関係性が築けるようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 成功哲学 | 09:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

わたしが神さまから教わった成功するビジネスパーソンの新流儀



満足度:評価せず
付箋数:16

タイトルの「わたしが神さまから教わった」というのは、
「神さまのような人」から教わったという比喩表現かと思いましたが、
どうやら本当に神さまから教わっているようです。

  「わたしが神さまとお話できるようになったのは、
  いまから26年前のことです。最初は、単語だけの会話でしたが、
  子どもがことばを覚えるように、わたしと神さまの会話も、
  時には、冗談も入り、そうかと思えば、哲学的な話に
  なることもあり、ずいぶん高度(笑)になりました。」

私は著者の井内由佳さんのことを何も知らず、注文しましたが、
本書は「ビジネス・スピリチュアル本」でした。

井内さんのプロフィールには、鎌倉で生涯の師と出会い、
25歳で神さまからのお告げが降りるようになったと書かれています。

1991年からいろいろな人の相談に乗るようになり、
現在は福岡と東京を中心に講演を行っているそうです。

インターネットで調べてみると、井内さんが鎌倉で出会ったのは、
富士和教会という新興宗教で、師というのはその会の指導者の
戸村和男さんという方のようです。

井内さんは、神さまと話ができるスピリチュアル能力で、
多くのビジネスパーソンからも相談を受けるようになりました。

本書は、その相談者の中でも、優秀なエグゼクティブや、
成功者に共通する考え方や生き方の流儀を、
井内さんがまとめた本です。

基本的に、井内さんと交流のある成功者の考え方を紹介し、
その間にちょいちょい神さまの教えを挟むという構成です。

  「頭角を現したビジネスパーソンはみんな結果にとことん
  拘るのです。 “結果が出なかった” ことに、反省点や改善点を
  見つけられないまま、次に進むようなことはしないのです。
  (中略)
  神さまも “仕事は、とことん結果に拘りなさい” と
  おっしゃいます。結果に拘るから、その仕事に集中し、
  また集中するからこそ、いいアイディアが浮かび、
  結果が出るということになっていくのです。」

井内さんと話をする神さまは、かなり現実的で、
このような一般的な仕事のアドバイスをするだけでなく、
テレビを見て芸能人の話なんかもするようです。

  「10年くらい前、テレビでは俳優の陣内孝則さんが
  引っぱりだこでした。その年の暮れにテレビを観ていたときに、
  神さまが、 “彼は、人にごちそうしたり、プレゼントしたり
  することが好きなんですよ。だから、こんなにたくさんの仕事が
  あるんですよ” と教えてくれたのです。」

神さまと話ができるというのも、会話の途中で突然出ると
ドン引きしてしまいますが、井内さんのように最初からオープンにし、
その能力を商売にする方がスッキリしますね。

それが嫌いな人は最初から寄ってきませんし、
スピリチュアルが好きだったり、何かにすがりたい人には
良いアイコンになりますから。

本書の流儀は、神さまが途中に出てくるからといって、
突飛なものではなく、一般のビジネス常識で考えても
十分に納得できるものです。

私も最初に神さまが出てきた時には、ちょっと距離を置こうと
思いましたが、意外とちゃんと読める内容でした。

この本から何を活かすか?

本書で、私が驚愕したのは「しおり」でした。

オリジナルの「しおり」挟まっているな~と思って、
引き出してみると、そこには井内さんの全身写真が。

本書の表紙もそうですが、ご自身のビジュアルを
最大限活用しているのでしょう。

また、井内さんのブログを拝見すると、ご自身が「憧れの的」と
なるように意識して書かれています。

単に教義を説くのではなく、私のように考え振る舞うと、
こんな生活ができますよ、という見せ方をしているのが、
井内さんの成功の秘訣なのかもしれません。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.



このエントリーをはてなブックマークに追加

| 成功哲学 | 08:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT