活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

人前で変に緊張しなくなるすごい方法


人前で変に緊張しなくなるすごい方法

満足度★★★
付箋数:23

あなたは、次のような経験はありませんか?

  ・プレゼンで頭が真っ白
  ・上司の前で口ごもる
  ・面接でテンパる
  ・商談前に体がブルブル
  ・会議で発言できない
  ・会社の電話でドキドキ
  ・初対面が憂鬱
  ・グループの輪に入れない
  ・機嫌が悪い人がいると心臓がバクバク
  ・告白できない

「緊張」しやすい人ほど、このような経験が
多いはずです。

緊張してしまうと、自分で思ったように
行動できなくなってしまいますね。

緊張は、脳内ホルモンの1種、
ノルアドレナリンが過剰に分泌されて、
自律神経のバランスが崩れて起こります。

その結果、心拍数が上がり、胸はドキドキし、
手足や声は震え、冷や汗が出たり、
顔が赤面するといった、様々な症状が
出てきます。

本書は、「緊張しやすい人」の悩みを
解消するための本です。

  「世の中には “これで緊張がとれる” と
  ばかりに、 “目的に向かって集中しよう” 
   “誰もが緊張すると思え” などと気休め
  のようなことで、 “内面(メンタル・心)” 
  を直接操作しようとする方法があります。
  でも、メンタルは自分の意志で操作
  できるものではありません。(中略)

  では、どうすればいいのか?

  考えるより先に行動すること。
  たとえ気分がともなっていなくても、
  そう見えるように体を動かしたり、
  声を出したりすることで、心は勝手に
  その動きや言葉が示す状態に誘導されて
  いきます。」

本書の著者、伊藤丈恭さんは、
演技トレーナー、吉本興業沖縄ラフ&ピース
専門学校演技コース講師。

伊藤さんは、これまで3万人以上の
俳優や俳優志望者の緊張をとることに
成功してきました。

その方法が「伊藤式・緊張撃退メソッド」。

演技理論の「スタニスラフスキー・システム」
をベースに伊藤さんが開発した方法です。

普通は、「緊張しないようにしよう」と
考えれば考えるほど、逆に緊張してしまう
ものです。

そこでこのメソッドでは、思考を一旦停止し、
「緊張している人が絶対しない行動」を
とることで、自分の心を楽しませます。

すると心は勝手に「緊張」から「楽しい」
に誘導されていくようです。

体を強制的に動かすことで、素の自分から
別の自分に切り替え、緊張しない自分に
変わることができるのです。

  「このメソッドのベースは、
  演技の役者さんが別人を演じるために
  行っている方法。
  性格そのものは変えられなくても、
  本番前にこのメソッドを行えば、
  あなたはその瞬間だけは、別人になれ
  ます。人前で話すのも、会議に出るのも
  怖くないあなたになれるのです。」

本書は、そんな役者さん向けのメソッドを
一般の人でもできるようにアレンジして
まとめたものです。

読んで納得するための本ではありません。

騙されたと思って、実際にやってみて、
その効果を実感して欲しい本です。

この本から何を活かすか?

「伊藤式・緊張撃退メソッド」では、
具体的に次の5つの方法で、当日の朝、
出発前に行って、別人になりきります。

SCENE1 自宅にて
 1.笑いの7変化(2分)
  人生でしたことのない笑い方を、
  さまざまなバリエーションでする。

 2.ジブリッシュダンス(2分)
  ジブリッシュとは「めちゃくちゃ言葉」
  の意。架空の外国語を話しながら踊る。

 3.悪役レスラー登場(1分)
  悪役レスラーになりきって毒を
  吐きまくる。

SCENE2 現場・職場の近くにて
 4.その場ダッシュ(20秒)
  立っている場所で全力でモモ上げ
  ダッシュをする。

 5.本番直前の4つのお守り
  現場で万一、緊張を感じたときに行う。
  「全身グッ・パー」「地響き呼吸」
  「肩ストン」「超低速・手あげさげ」

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 自己啓発・セルフマネジメント | 05:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

理想の人生をつくる 習慣化大全


理想の人生をつくる 習慣化大全

満足度★★★
付箋数:24

ディスカヴァー・トゥエンティワンの
藤田さん、木下さんから献本いただきました。
ありがとうございます。

あなたは、「幸福の公式」をご存知ですか?

幸福の公式は、ポジティブ心理学の第一人者、
ソニア・リュボミアスキーさん、
エド・ダイナーさん、マーチン・セリグマン
さんの3人が研究開発したものです。

「H=S+C+V」、これが幸福の公式。

H=幸福(Happiness)
S=規定値(Set point)40%
C=生活状態(Condition of living)10%
V=自発的活動(Voluntary Activities)50%

この公式によると幸福は、「規定値」と
「生活状態」と「自発活動」の3つの要素で
構成されています。

これらの要素を具体的に見てみましょう。

規定値とは、ものの考え方や捉え方のこと。

これは「思考習慣」のことで、同じ状況でも、
それをピンチと考えるか、チャンスと
考えるかで、その後の行動が変わります。

思考習慣で幸福度は40%左右されます。

生活状態とは、人生におけるで出来事のこと。

これは幸運だったり不幸だったりする、
人生で一時的に起こるイベントです。

生活状態は、幸福度へ10%しか影響しません。

自発的活動とは、自分で選択した活動を
しているか、自分で選んだ感覚を持って
生きているかどうか。

これは「行動習慣」のことで、何をするときも
「~させられている」ではなく、
「~している」という感覚を持つことです。

この行動習慣で、幸福度は50%影響します。

つまり、人生の幸福度の90%は、「思考習慣」
と「行動習慣」で決まるのです。

本書の帯に「人生の豊かさの9割は習慣で
決まる!」と書かれているのは、上記の
幸福の公式が根拠となっています。

本書は、意思や根性に頼らずに習慣化する
方法を知って、理想の人生を手に入れる
ための本です。

著者は、習慣化に特化したコンサルティング
を行っている、古川武士さん。

 ・早起きやダイエットが続かない
 ・いつも先延ばしして追い込まれてしまう
 ・マイナス思考で自信が持てない
 ・生きがいや働きがいを見いだせない
 ・1年前からぜんぜん成長を実感できない

こういった悩みを「習慣化」の力を使って
解消します。

ところで、やると決めたことを続ければ、
人生は変わるとわかっていても、
私たちは、なぜそれを続けられないのか?

それは、習慣化を妨げる、ボトルネックを
把握してアプローチしていないからです。

そのボトルネックは、次の6つの深層構造の
いずれかに存在します。

行動レベル、思考レベル、感情レベル、
ビリーフレベル、本質レベル、環境レベル

本書では、これら各レベルで対策をする
習慣化の方法を、合計65パターン紹介します。

なぜ、65ものパターンが必要なのかと言うと、
その中から、自分に合った方法を見つける
ためです。

本書がメインテーマとしているのは、
「自分を乗せて」習慣化することです。

人によって、自分が乗るためのスイッチは、
違うため、65の切り口を用意しているのです。

最初から順番に試すのではなく、パラパラと
全体を見てから、自分に合いそうな方法を
選んで試してみるのがいいでしょう。

必ず、自分をうまく乗せられる習慣化の
方法が見つかるはずです。

これまで古川さんは数多くの習慣化の本を
執筆していますが、本書はそのノウハウの
集大成になっています。

習慣化で迷ったら、本書を買うのが正解です。

この本から何を活かすか?

私が、試してみようと思ったのは、
「他人ではなく昨日の自分を超える」
スイッチです。

他人と比べるのではなく、自分がどんな
行動を積み重ねたかを測ります。

目指すのは、過去の自分より1ミリでも
成長して、自分史上最高を更新すること。

私は、最近、自分の成長を実感して
いませんでしたが、振り返ってみると、
今年もこのブログで100冊近い本を
紹介していました。

日々、自分史上最高を更新していると
考えることにします。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 自己啓発・セルフマネジメント | 05:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「承認欲求」の呪縛


posted with ヨメレバ満足度★★★★
付箋数:27

あなたは、部下を育成するために
「承認」することを大切にして
いませんか?

もしそうなら、「承認」を活用する
前に、絶対に本書を読んだ方がいい。

コーチングが一般的になってから、
褒めるのではなく「承認する」ことが、
推奨されてきました。

人は、承認されたい生き物です。

これを裏付けるのが、米国の心理学者、
アブラハム・マズローさんが提唱した
「欲求段階説」です。

人は自分が価値ある存在だと
認められたいからこそ、人は努力するし、
健全に成長していくと考えられます。

しかし、「承認」には、とてつもない
ダークサイドが存在します。

それはアナキン・スカイウォーカーが
堕ちるべくして、堕ちてしまったように、
「承認欲求」は使い方によっては、
マイナスに働くことがあるのです。

それは、自分がいくら認められたいと
思っても、相手が認めてくれなければ、
この欲求は満たされないからです。

  「スポーツ界で次々と発覚した、
  暴力やパワハラ。社会問題化している、
  イジメや引きこもり。官僚による
  公文書改ざんや事実の隠蔽。
  日本を代表する企業で続発する、
  検査データの捏造や不正会計などの
  不祥事。電通事件をきっかけに、
  あらためて深刻さが浮き彫りになった
  過労自殺や過労死。掛け声だけで、
  なかなか進まない “働き方改革” 。
  これらの問題の背後に隠れているのは
   “承認欲求の呪縛” である。」

著者は、同志社大学政経学部教授の
太田肇さんです。

太田さんは、これまで承認や承認欲求の
ポジティブな面に焦点を当てた本を
何冊も執筆してきました。

しかし、それらを書いている中で、
承認や承認欲求にはネガティブな面が
あり、それが多くの社会問題の原因に
なっていることに気づいたそうです。

本書は、承認欲求の持つダークサイドを
解明する本です。

承認欲求は、人間にとって「最強」の
欲求の1つです。

これが満たされると、芋づる式に、
他の有形無形のさまざまな欲求も
満たされることになります。

更に、尊敬や信頼といった好ましい
対人関係も築くことができます。

しかし、あることがきっかけで、
今度は獲得した報酬や人間関係に
とらわれるようになります。

しかも、そこからは容易に逃れる
ことはできません。

それが、「承認欲求の呪縛」です。

なぜなら、人は失うときの価値を、
得るときの価値の何倍も大きく
感じるからです。

これはR・セイラーさんが提唱した
「保有効果」として知られています。

本書は、誰もが持つ「承認欲求」の
正体を明らかにし、それを制御する
方法を教えます。

私は本書を読んでいて、恐ろしさを
感じました。

それが、単なる煽りではなく、
論理的に少しずつ解明されていくので、
より恐ろしく感じました。

あの事件も、この事件も、その背後には
承認欲求があった・・・・。

それは他人事ではなく、誰しも、
「承認欲求の呪縛」に陥る可能性が
あるということです。

本書は、是非、読むべき本として
薦めたい一冊です。

この本から何を活かすか?

プレッシャーに押し潰されないため
には、「問題を相対化」するのが、
効果的なようです。

本書では、白鵬さんに王貞治さんが
与えた助言が紹介されていました。

それは白鵬さんが、大鵬さんの大記録、
優勝32回を目前に控えて、大きな
プレッシャーを感じていたときのこと
でした。

  「32回と考えるのではなく、
  35回、40回と考えたら楽になる」

王さんのアドバイスは、目の前の
目標より、はるか先に目標を置く
ことで、問題の相対化を図ったのです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 自己啓発・セルフマネジメント | 06:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

100%集中法


100%集中法

満足度★★★★
付箋数:25

フォレスト出版の三上さんより、
献本いただきました。ありがとうございます。

あなたは、「集中力」が高い方ですか?

私は残念ながら、あまり集中力は
高くはありません。

何かをやっていても、すぐに他のことが
気になってしまいます。

ちなみに、2013年にカナダで行われた実験では、
現代人の集中力は「8秒」しか続かないという
結果が出ています。

集中力が9秒しか続かない金魚より短いため、
「現代人の集中力は金魚以下」と報道された
ことで話題になりました。

本書は、自分の集中力を自在にコントロール
できるようになるための本です。

そのテクニックとして使われるのが、
自己催眠(セルフ・ヒプノシス)の技法です。

著者は國學院大學文学部准教授で、
催眠療法士(ヒプノセラピスト)としても
活動する藤野敬介さんです。

本書では、藤野さんが院長を務める、
催眠療院て使う技法を公開しています。

ところで、集中力を高めるために、
なぜ、自己催眠が有効なのでしょうか?

それは、催眠に入ると心身がリラックスして、
同時に意識が1点に集中して、その状態が
一定時間続くようになるからです。

また、話には聞くことがありますが、
催眠とは実際にどんな状態なのでしょうか?

よくテレビのバラエティー番組では、
催眠術師が呼ばれて、実演する様子を
見かけることがあります。

そういった番組で催眠にかかる人は、
一瞬で眠ってしまうようにも見えますが、
催眠とは、必ずしも眠ってしまう状態では
ありません。

本書では催眠状態について、
「人の顕在意識と潜在意識の優位性が
逆転した状態」と説明しています。

そして、アスリートなどが集中力が高まると
「ゾーンに入る」などと表現しますが、
本書ではそこまでの状態を求めていません。

集中力の高さで、私たちの状態を4つに
分けています。

ナチュラル < ニュートラル < フロー < ゾーン

集中力の高い「フロー」は人間の領域で、
さらにそれを研ぎ澄ました「ゾーン」は、
神の領域のようです。

これらは心身にも負担がかかりますので、
本書では主にフローに近い状態の
「ニュートラル」に自己催眠で持っていく
ためのエクササイズを行います。

では、どのようにしたら自己催眠で、
ニュートラルの状態を作れるのか?

本書では、「ニュートラル・テクニック」が
詳しく解説されていますが、ここでは
大まかな手順だけ紹介しておきます。

  0. どんな姿勢ではじめてもOK。
   しかし、椅子に座るときは猫背にならない。

  1. 両手をぶらぶら振る。

  2. 両手をぎゅっと握ってから放す。
   それを数度繰り返す。

  3. ゆっくり鼻から息を吸うと同時に、
   眼球をぐるんと上に回しながら目を閉じる。

  4. 「ハー」などの音を出しながら、
   口からゆっくり息を吐き、自分の吐く息の
   音に意識を集中させる。

  5. 必要なときだけ呼吸を繰り返したら、
   ゆっくり目を開き、両手をぶらぶら振って
   終了する。

本書ではイラスト付で、エクササイズを
行うときの注意点も説明されているので、
詳しくは本書をご覧ください。

正直、実際の効果はエクササイズを続け、
自己催眠ができるようになってみないと、
集中力がどう変化するかわかりません。

しかし、私はこれまで持っていた催眠に
対するイメージが変わり、納得感もあるので、
「やってみよう」と思える本でした。

私たちが仕事や生活をする環境では、
集中力を削ぐ要因が多くなっているので、
本書のテクニックは身につけたいところです。

この本から何を活かすか?

催眠状態に入った人には、時間の感覚が変わる
「タイム・ディストーション」と呼ばれる
現象があるそうです。

ゾーンに入ると「時間が止まる」ように
感じるのは、その極端な例です。

そこまでの状態にならなくても、
集中力が高まり、時間感覚が変わることは、
タイム・マネジメントにもつながるようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 自己啓発・セルフマネジメント | 06:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

こころが片づく「書く」習慣

満足度★★★
付箋数:22

日本実業出版社の板谷さんより
献本いただきました。ありがとうございます。

心理学では、大量の雑念に意識を奪われている
状態のことを「マインドレス」といいます。

これは、集中できず、心ここにあらずの状態。

一方、雑念がなく、今やるべき目の前のことに
集中している状態を「マインドフル」といいます。

この状態のときは、高い集中力を発揮していて、
心にも大きなストレスがありません。

どうすれば、マインドレスの状態から
マインドフルの状態になれるのでしょうか?

1つの方法は、瞑想すること。

瞑想には、心を落ち着かせてスッキリさせる
効果があります。

しかし、現実の問題が何1つ解決していないと、
瞑想が終わると、すぐにマインドレスの
状態に引き戻されてしまいます。

そこで、本書の著者で習慣化コンサルタント
の古川武士さんが勧めるのが「書く習慣」を
持つことです。

昔から、嫌なことがあると、全て書き出して、
心を落ち着かせる方法が知られています。

これは「筆記開示」と呼ばれていて、
心理療法としても使われている手法です。

人が不安になるのは、先が見えないような
状態のときです。

モヤモヤしていると、本当は解決できる
問題でも複雑に思えて、混乱してしまうのです。

これを書き出すことで、問題が見える化され、
1つずつ問題に取り組むことができるように
なります。

目指すべき方向が明確になるだけで、
私たちの心は混乱状態から脱して、
マインドフルになっていきます。

しかし、いきなり白紙に書き出すのは、
ちょっとハードルが高い。

せっかくだったら、効率よく問題を整理し、
問題解決につながるようなフォーマットに
書き出した方がいいでしょう。

そこで本書では目的を6つに分類し、
全部で18種類のワークシートを用意しました。

 ・不安と焦りを手放す(3シート)
 ・自己嫌悪から解放される(3シート)
 ・イライラを鎮める(2シート)
 ・「考えすぎて動けない」をなくす(3シート)
 ・怠惰な生活から脱け出す(4シート)
 ・わくわくする毎日をつくり出す(3シート)

これらのワークシートを使って「書く習慣」
を身につけると、頭も心も整理されて、
冷静に行動できるようになります。

また、「書く習慣」には次の3つの特徴が
あります。

 特徴1. 自分一人でできる

  自分で書いて、自分で問題を解決する
  セルフコーチングできるのが魅力。

  自分の悩みを客観視できるようになります。

 特徴2. 簡単に取り組める

  瞑想と違い、いつでも、どこでも、
  人目を気にせず、行うことができます。

  仕事中やスキマ時間でも取り組めます。

 特徴3. 多様な感情・問題を扱える

  18のシートが用意されているので、
  状況や目的に合わせて使い分けできます。

  しかも、空欄を埋めるだけで、
  問題解決に近づけるのは有り難い。

本書では18シートの記入例を掲載し、
実例を挙げて、使用方法を解説しています。

また、シートは古川さんのサイトから
ダウンロードできるようになっています。

この本から何を活かすか?

激しい怒りから解放される
「バイロン・ケイティワーク」。

これはアメリカの心理カウンセラー、
バイロン・ケイティさんが開発した手法です。

4つの質問と3つの置き換えに答えるだけで、
相手の見方がガラリと変わり、
根深い怒りでも開放できるようです。

バイロン・ケイティワークは、
次の本で詳しく解説されています。

新しい自分に目覚める4つの質問

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 自己啓発・セルフマネジメント | 06:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT