活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「承認欲求」の呪縛


posted with ヨメレバ満足度★★★★
付箋数:27

あなたは、部下を育成するために
「承認」することを大切にして
いませんか?

もしそうなら、「承認」を活用する
前に、絶対に本書を読んだ方がいい。

コーチングが一般的になってから、
褒めるのではなく「承認する」ことが、
推奨されてきました。

人は、承認されたい生き物です。

これを裏付けるのが、米国の心理学者、
アブラハム・マズローさんが提唱した
「欲求段階説」です。

人は自分が価値ある存在だと
認められたいからこそ、人は努力するし、
健全に成長していくと考えられます。

しかし、「承認」には、とてつもない
ダークサイドが存在します。

それはアナキン・スカイウォーカーが
堕ちるべくして、堕ちてしまったように、
「承認欲求」は使い方によっては、
マイナスに働くことがあるのです。

それは、自分がいくら認められたいと
思っても、相手が認めてくれなければ、
この欲求は満たされないからです。

  「スポーツ界で次々と発覚した、
  暴力やパワハラ。社会問題化している、
  イジメや引きこもり。官僚による
  公文書改ざんや事実の隠蔽。
  日本を代表する企業で続発する、
  検査データの捏造や不正会計などの
  不祥事。電通事件をきっかけに、
  あらためて深刻さが浮き彫りになった
  過労自殺や過労死。掛け声だけで、
  なかなか進まない “働き方改革” 。
  これらの問題の背後に隠れているのは
   “承認欲求の呪縛” である。」

著者は、同志社大学政経学部教授の
太田肇さんです。

太田さんは、これまで承認や承認欲求の
ポジティブな面に焦点を当てた本を
何冊も執筆してきました。

しかし、それらを書いている中で、
承認や承認欲求にはネガティブな面が
あり、それが多くの社会問題の原因に
なっていることに気づいたそうです。

本書は、承認欲求の持つダークサイドを
解明する本です。

承認欲求は、人間にとって「最強」の
欲求の1つです。

これが満たされると、芋づる式に、
他の有形無形のさまざまな欲求も
満たされることになります。

更に、尊敬や信頼といった好ましい
対人関係も築くことができます。

しかし、あることがきっかけで、
今度は獲得した報酬や人間関係に
とらわれるようになります。

しかも、そこからは容易に逃れる
ことはできません。

それが、「承認欲求の呪縛」です。

なぜなら、人は失うときの価値を、
得るときの価値の何倍も大きく
感じるからです。

これはR・セイラーさんが提唱した
「保有効果」として知られています。

本書は、誰もが持つ「承認欲求」の
正体を明らかにし、それを制御する
方法を教えます。

私は本書を読んでいて、恐ろしさを
感じました。

それが、単なる煽りではなく、
論理的に少しずつ解明されていくので、
より恐ろしく感じました。

あの事件も、この事件も、その背後には
承認欲求があった・・・・。

それは他人事ではなく、誰しも、
「承認欲求の呪縛」に陥る可能性が
あるということです。

本書は、是非、読むべき本として
薦めたい一冊です。

この本から何を活かすか?

プレッシャーに押し潰されないため
には、「問題を相対化」するのが、
効果的なようです。

本書では、白鵬さんに王貞治さんが
与えた助言が紹介されていました。

それは白鵬さんが、大鵬さんの大記録、
優勝32回を目前に控えて、大きな
プレッシャーを感じていたときのこと
でした。

  「32回と考えるのではなく、
  35回、40回と考えたら楽になる」

王さんのアドバイスは、目の前の
目標より、はるか先に目標を置く
ことで、問題の相対化を図ったのです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 自己啓発・セルフマネジメント | 06:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

100%集中法


100%集中法

満足度★★★★
付箋数:25

フォレスト出版の三上さんより、
献本いただきました。ありがとうございます。

あなたは、「集中力」が高い方ですか?

私は残念ながら、あまり集中力は
高くはありません。

何かをやっていても、すぐに他のことが
気になってしまいます。

ちなみに、2013年にカナダで行われた実験では、
現代人の集中力は「8秒」しか続かないという
結果が出ています。

集中力が9秒しか続かない金魚より短いため、
「現代人の集中力は金魚以下」と報道された
ことで話題になりました。

本書は、自分の集中力を自在にコントロール
できるようになるための本です。

そのテクニックとして使われるのが、
自己催眠(セルフ・ヒプノシス)の技法です。

著者は國學院大學文学部准教授で、
催眠療法士(ヒプノセラピスト)としても
活動する藤野敬介さんです。

本書では、藤野さんが院長を務める、
催眠療院て使う技法を公開しています。

ところで、集中力を高めるために、
なぜ、自己催眠が有効なのでしょうか?

それは、催眠に入ると心身がリラックスして、
同時に意識が1点に集中して、その状態が
一定時間続くようになるからです。

また、話には聞くことがありますが、
催眠とは実際にどんな状態なのでしょうか?

よくテレビのバラエティー番組では、
催眠術師が呼ばれて、実演する様子を
見かけることがあります。

そういった番組で催眠にかかる人は、
一瞬で眠ってしまうようにも見えますが、
催眠とは、必ずしも眠ってしまう状態では
ありません。

本書では催眠状態について、
「人の顕在意識と潜在意識の優位性が
逆転した状態」と説明しています。

そして、アスリートなどが集中力が高まると
「ゾーンに入る」などと表現しますが、
本書ではそこまでの状態を求めていません。

集中力の高さで、私たちの状態を4つに
分けています。

ナチュラル < ニュートラル < フロー < ゾーン

集中力の高い「フロー」は人間の領域で、
さらにそれを研ぎ澄ました「ゾーン」は、
神の領域のようです。

これらは心身にも負担がかかりますので、
本書では主にフローに近い状態の
「ニュートラル」に自己催眠で持っていく
ためのエクササイズを行います。

では、どのようにしたら自己催眠で、
ニュートラルの状態を作れるのか?

本書では、「ニュートラル・テクニック」が
詳しく解説されていますが、ここでは
大まかな手順だけ紹介しておきます。

  0. どんな姿勢ではじめてもOK。
   しかし、椅子に座るときは猫背にならない。

  1. 両手をぶらぶら振る。

  2. 両手をぎゅっと握ってから放す。
   それを数度繰り返す。

  3. ゆっくり鼻から息を吸うと同時に、
   眼球をぐるんと上に回しながら目を閉じる。

  4. 「ハー」などの音を出しながら、
   口からゆっくり息を吐き、自分の吐く息の
   音に意識を集中させる。

  5. 必要なときだけ呼吸を繰り返したら、
   ゆっくり目を開き、両手をぶらぶら振って
   終了する。

本書ではイラスト付で、エクササイズを
行うときの注意点も説明されているので、
詳しくは本書をご覧ください。

正直、実際の効果はエクササイズを続け、
自己催眠ができるようになってみないと、
集中力がどう変化するかわかりません。

しかし、私はこれまで持っていた催眠に
対するイメージが変わり、納得感もあるので、
「やってみよう」と思える本でした。

私たちが仕事や生活をする環境では、
集中力を削ぐ要因が多くなっているので、
本書のテクニックは身につけたいところです。

この本から何を活かすか?

催眠状態に入った人には、時間の感覚が変わる
「タイム・ディストーション」と呼ばれる
現象があるそうです。

ゾーンに入ると「時間が止まる」ように
感じるのは、その極端な例です。

そこまでの状態にならなくても、
集中力が高まり、時間感覚が変わることは、
タイム・マネジメントにもつながるようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 自己啓発・セルフマネジメント | 06:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

こころが片づく「書く」習慣

満足度★★★
付箋数:22

日本実業出版社の板谷さんより
献本いただきました。ありがとうございます。

心理学では、大量の雑念に意識を奪われている
状態のことを「マインドレス」といいます。

これは、集中できず、心ここにあらずの状態。

一方、雑念がなく、今やるべき目の前のことに
集中している状態を「マインドフル」といいます。

この状態のときは、高い集中力を発揮していて、
心にも大きなストレスがありません。

どうすれば、マインドレスの状態から
マインドフルの状態になれるのでしょうか?

1つの方法は、瞑想すること。

瞑想には、心を落ち着かせてスッキリさせる
効果があります。

しかし、現実の問題が何1つ解決していないと、
瞑想が終わると、すぐにマインドレスの
状態に引き戻されてしまいます。

そこで、本書の著者で習慣化コンサルタント
の古川武士さんが勧めるのが「書く習慣」を
持つことです。

昔から、嫌なことがあると、全て書き出して、
心を落ち着かせる方法が知られています。

これは「筆記開示」と呼ばれていて、
心理療法としても使われている手法です。

人が不安になるのは、先が見えないような
状態のときです。

モヤモヤしていると、本当は解決できる
問題でも複雑に思えて、混乱してしまうのです。

これを書き出すことで、問題が見える化され、
1つずつ問題に取り組むことができるように
なります。

目指すべき方向が明確になるだけで、
私たちの心は混乱状態から脱して、
マインドフルになっていきます。

しかし、いきなり白紙に書き出すのは、
ちょっとハードルが高い。

せっかくだったら、効率よく問題を整理し、
問題解決につながるようなフォーマットに
書き出した方がいいでしょう。

そこで本書では目的を6つに分類し、
全部で18種類のワークシートを用意しました。

 ・不安と焦りを手放す(3シート)
 ・自己嫌悪から解放される(3シート)
 ・イライラを鎮める(2シート)
 ・「考えすぎて動けない」をなくす(3シート)
 ・怠惰な生活から脱け出す(4シート)
 ・わくわくする毎日をつくり出す(3シート)

これらのワークシートを使って「書く習慣」
を身につけると、頭も心も整理されて、
冷静に行動できるようになります。

また、「書く習慣」には次の3つの特徴が
あります。

 特徴1. 自分一人でできる

  自分で書いて、自分で問題を解決する
  セルフコーチングできるのが魅力。

  自分の悩みを客観視できるようになります。

 特徴2. 簡単に取り組める

  瞑想と違い、いつでも、どこでも、
  人目を気にせず、行うことができます。

  仕事中やスキマ時間でも取り組めます。

 特徴3. 多様な感情・問題を扱える

  18のシートが用意されているので、
  状況や目的に合わせて使い分けできます。

  しかも、空欄を埋めるだけで、
  問題解決に近づけるのは有り難い。

本書では18シートの記入例を掲載し、
実例を挙げて、使用方法を解説しています。

また、シートは古川さんのサイトから
ダウンロードできるようになっています。

この本から何を活かすか?

激しい怒りから解放される
「バイロン・ケイティワーク」。

これはアメリカの心理カウンセラー、
バイロン・ケイティさんが開発した手法です。

4つの質問と3つの置き換えに答えるだけで、
相手の見方がガラリと変わり、
根深い怒りでも開放できるようです。

バイロン・ケイティワークは、
次の本で詳しく解説されています。

新しい自分に目覚める4つの質問

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 自己啓発・セルフマネジメント | 06:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

神メンタル 「心が強い人」の人生は思い通り

満足度★★★
付箋数:21

世の中には「頑張っても結果が出ない人」と
「何をやっても上手くいく人」がいます。

両者の差は、一体、何なのでしょうか?

結果が大きく違っていても、実は才能や能力に
大きな差はありません。

本書の著者、星渉さんは「 “心が強い人” の
人生は思い通り」になっていると指摘します。

つまり、その差は「メンタル」によるもの。

  「人生の9割はメンタルで決まります。
  心が強い人、不安に強い人は大抵、
  何をやってもうまくいく。
   “満月の夜に月に向かって引き寄せを
  祈りましょう” 
  そんな非科学的なものではなく、本書では、
  脳科学や心理学、私自身や私の周りにいる
  多くの “自分を変えた人々” の実例に基づいて、
   “今の自分” から脱却する方法をわかりやすく
  科学的に紹介していきます。」

本書は、行動経済学や脳科学の知見に
著者の経験を加えた自己啓発書です。

何をやるにしても、「メンタル」は重要だと
言われます。

ところで、「メンタル」とは何なのか?

本書では、メンタルとは、「心」であり、
「自己評価」であり、「脳」であると
定義します。

心や脳と言っても、実際のところ、
それもよくわからないので、本書では、
「自己評価」に注目します。

  「あなたが変えるべきは、
  メンタル=自己評価である。」

自己評価が変わらない限り、他にどんなに
条件が揃っても人生は変わりません。

では、どのように自己評価は決まるのか?

星さんは、2つの要素から構成されると
説明します。

  自己評価=「自己肯定力」×「自己効力感」

自己肯定力とは、どんな自分であっても、
受け入れて、認めてあげる力のこと。

簡単に言うと、「どんな自分でも好きだ」と
思うことです。

一方、自己効力感とは、物事に対して、
「自分はできる」と実感できる感覚のこと。

自分自身の能力に対しての評価です。

本書では、この2つの要素からなる
自己評価を更新するために、
アフェアメーションを行い心を鍛えます。

理想的なアフェアメーションの手順は、
以下の通りです。

  1. 実現したイメージを思い浮かべる
  2. イメージを体験したら、紙に
   アフェアメーションの言葉を書き出す
  3. 最後に鏡の前に立ち、自分の目を見て
   宣言をする
  4. これを「毎日繰り返す」

朝と夜の1日2回、これを繰り返すのが効果的。

私たちは、なりたい自分があっても、
日々の忙しさの中で、そのイメージは
つい忘れてしまうものです。

飛行機が正確に目的地に着くのは、
目的地を明確にして、常にその目的地から
目を逸らさないようにしているから。

それと同じように、なりたい自分を実現する
ためには、アフェアメーションを繰り返し、
目的地を見失わないように、常にイメージを
刷り込む必要があるのです。

本書では他にも、メンタルトレーニングの
方法をいくつか紹介しています。

自己啓発書としては、充実した内容の本
だと思いますが、個人的にはアマゾンの
レビューが「高すぎる」のが気になりました。

星さんのプロフィールに書いてある、
「6カ月以内に0から月収100万円超えの
成功率91.3%」の謳い文句も逆に怪しい
印象を与えている気がします。

この本から何を活かすか?

星さんは、目標を実現するためには、
「モチベーションは絶対に上げてはいけない」
と言います。

一度モチベーションを上げてしまうと、
いずれ下がってしまうから。

上がっているときは行動できても、
下がったら行動できないという事態を
引き起こしてしまいます。

  「実は、目標に向かって行動し続けるために
  上げるべきものは、モチベーションではなく、
   “上げても下がらない” 別のものです。
  それは “あなたの基準” です。」

自分の基準は、日々の選択と行動に影響し、
人生を変えることにつながるのです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 自己啓発・セルフマネジメント | 05:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

心を休ませるために今日できる5つのこと マイクロ・レジリエンスで明日のエネルギーをチャージする

満足度★★★
付箋数:23

オトバンクの上田さんから献本いただきました。
ありがとうございます。

ここ数年、「レジリエンス」という言葉を
よく聞くようになりました。

当ブログでも何冊かのレジリエンス本を
紹介していますが、一番最初は2014年4月の
「レジリエンス」の鍛え方』でした。

レジリエンスとは、「折り曲げられたり、
圧縮されたり、引き伸ばされたりしたのちに、
もとの形状に戻る力」のこと。

一言で表すと、「再起力」となり、
心が折れそうな逆境から立ち直る力のことです。

スポンジを絞ると、必ず元の形に戻ることを
レジリエンスとして、イメージしてください。

本書では、そこからもう一歩進んで、
もと通りなるだけでは不十分で、最初の形より、
ちょっとだけ良い形に戻す方法を紹介します。

それを「マイクロ・レジリエンス」と呼びます。

疲労やストレスで心が折れそうになる前に、
小さな工夫を少しずつ実行し、心を回復させ、
そこから更に、自分が持っている能力を
最大限に発揮させます。

本書は2人の方の共著です。

1人目は、1984年のパラリンピックのスキーで、
銀メダル、銅メダルを獲得したボニー・セント・
ジョンさん。

現在はリーダーシップ専門のコンサルタント
として、活躍しています。

2人目は、ソニー、ディズニー、フォックスなどの
経営幹部にアドバイスとコーティングを行ってきた
アレン・P・ヘインズさんです。

本書では、次の5つのフレームワークで、
「マイクロ・レジリエンス」を実践する方法を
紹介しています。

 1. 脳の使い方を切り替える
  ・ゾーンによる切り替え
  ・脳への負担を減らす切り替え
  ・決断による切り替え
  ・運動による切り替え

 2. 原始的な恐怖をリセットする
  ・ラベリングによるリセット
  ・意識的なリラクゼーションによるリセット
  ・感覚のリセット
  ・パワーポーズによるリセット

 3. 思考のクセを見直す
  ・ジョイキットによる見直し
  ・ABCDEモデルによる見直し
  ・逆転発想法による見直し
  ・「3つのP」→「3つのC」による見直し
  ・日々の見直し

 4. 体をリフレッシュする
  ・水分補給によるリフレッシュ
  ・血糖バランスによるリフレッシュ

 5. 心を活性化する
  ・試金石による活性化
  ・スケジュールによる活性化
  ・フローによる活性化

この5つのフレームワークのテクニックで
構成されるマイクロ・レジリエンスは、
一日を通して、ごく小さいことを少しずつ
変えていき、エネルギーと生産性を高めます。

では、これらのテクニックの中から、
「脳への負担を減らす切り替え」の方法を
少しだけ紹介しましょう。

まず、「やることリスト」に書き出して、
脳に記憶しておく負担を減らします。

次に、どこに行くときも小さなメモ用紙と
スマホを持参します。

それに、突然ひらめいた考えを図に描きます。

また、アイディアを表す吹き出しや、
ホワイトボードへの書き込みをスマホで
撮影し、決まったフォルダへ保存します。

これらを習慣として継続的に行うことで、
脳から情報の重荷を減らし、脳の能力を
最大限に高めることができるようになります。

このように、本書で紹介されるテクニックは、
特に難しいものではないので、
日々の生活の中で、実践しやすいと思います。

この本から何を活かすか?

あと、私が実際にやってみたのは、
「運動による切り替え」の中で解説されていた
「胸をひらく体操」です。

これがなかなか気持ちよかった。

 1. 椅子の端に座り、後ろに手を伸ばして、
  両手で背もたれを掴む。

 2. 息を吸い込んで胸を張り、背中を反らす。

 3. そうした方が気持ちよければ、頭を少し後ろに
  倒してみる。

 4. 呼吸を続けながら、30秒以上この姿勢を保つ。

他にも、肩まわし、つま先上げ、首のストレッチ
などデスクの前で軽い運動をするレパートリーを
いくつか持つといいようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 自己啓発・セルフマネジメント | 05:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT