活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

教養としての平成お笑い史


教養としての平成お笑い史 (ディスカヴァー携書)

満足度★★★
付箋数:24

本日、紹介するのは当ブログとしては、
異色の一冊です。

お笑い評論家のラリー遠田さんによる、
『教養としての平成お笑い史』。

  「本書では、14の “事件” を題材にして
  平成のお笑いの歴史を振り返っている。
  事件とひとくちに言っても、その当時に
  日本中を騒がせたような大事件もあれば、
  一部のお笑いファン以外には知られて
  いないようなマイナーな出来事もある。」

「事件」を取り上げているので、
お笑いでありながらネガティブな内容も
含まれています。

華やかに見えるお笑いの世界の裏では、
芸人の方たちは、血のにじむような努力や、
人知れず苦悩を抱えています。

表舞台で輝く「陽」の部分がより鮮やかに
浮かび上がるように、あえて歴史の「陰」
の部分に、遠田さんは注目したようです。

本書で紹介されているのは以下の事件です。

 平成4年 明石家さんま離婚
 平成6年 ビートたけしバイク事故
 平成7年 山田邦子、不倫報道で人気凋落
 平成9年 松本人志『ごっつええ感じ』降板
 平成10年 萩本欽一、長野五輪閉会式の司会
 平成12年 上岡龍太郎、引退
 平成15年 笑福亭鶴瓶、深夜の生放送で
     局部露出
 平成19年 有吉弘行、品川祐に「おしゃべり
     クソ野郎」発言
 平成19年 サンドウィッチマン『M-1』で
     敗者復活から優勝
 平成22年 スリムクラブ『M-1』で放射能ネタ
 平成23年 島田紳助、引退
 平成26年 タモリ『笑っていいとも!』終了
 平成27年 又吉直樹、芥川賞受賞
 平成28年 ピコ太郎『PPAP』が世界中で大ヒット

単に事件性のある出来事を並べたのでは
なく、そこからお笑いの歴史が変わった
出来事も含まれています。

私は、各事件に対する、遠田さんの締めの
コメントが、なかなか秀逸だと感じました。

明石家さんまさんの離婚については、
次のように語られています。

  「離婚後のさんまは、ただのアイドルでも
  なくただの芸人でもない、 “明石家さんま” 
  という1つのジャンルになった。(中略)
  現在もさんまが完全無欠の存在に見える
  のは、結婚期間という試行錯誤の時期が
  あったからだ。芸能人生で最大の危機を
  乗り越えたさんまは、平成の世に君臨する
  笑いの王となった。」

個人的に、完全に存在を忘れていたのは、
山田邦子さんでした。

  「山田邦子は、のちに出てくる女芸人の
  あらゆる要素を備えていたモンスター的
  な存在だった。ただ、優等生だった彼女は
  これまでどんな女芸人も達したことが
  なかったような高みまで上り詰めて
  しまったため、そこから落ちていくときの
  勢いもすさまじく、地道に撤退戦を
  戦い抜くことはできなかった。」

確かに、売れていた当時の山田さんの
好感度はものすごく高く、一発屋とは
違った形で、あらゆる番組に引っ張りだこ
でした。

まさに、それ以降に活躍する女芸人の道を
切り開いた逸材だったと言えます。

本書に、「教養」としての価値が
あるかどうかはわかりませんが、
平成の文化の象徴的な出来事を絶妙に
切り取っています。

もしかすると、芸人ではない評論家が、
お笑いを分析することに、抵抗がある方も
いるかもしれません。

しかし、そんな方でも、本書はお笑いの質
そのものよりも、価値観や時代の変化に
注目しているので、違和感なく読めると
思います。

個人的には、平成前半の出来事は、
非常に懐かしく読むことができました。

この本から何を活かすか?

遠田さんが、大きな事件と考えている
のが、有吉弘行さんの品川祐さんへの
「おしゃべりクソ野郎」発言でした。

これは、個人的には意外な考察でしたね。

  「歴史がイエス誕生の以前と以後に
  分けられるように、テレビの笑いの
  歴史も “おしゃクソ事変” の以前と
  以後に分けられる。あの瞬間から
  テレビは建前を捨てて、より本音志向
  になったのだ。」

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ビジネス一般・ストーリー | 05:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アマゾンの倉庫で絶望し、ウーバーの車で発狂した


アマゾンの倉庫で絶望し、ウーバーの車で発狂した

満足度★★★★
付箋数:25

  「現在、イギリスでは約20人に1人が
  最低賃金で生活している。そのような人々
  の多くは、かつて産業と製造業の中心地
  として栄えた町や大都市に暮らす。
  国内で生まれたイギリス人も多いものの、
  最近では海外からの移民も増え続けている。
  今日のイギリスの低賃金労働の実態に
  ついて探るためにはどうすればいいか?
  私が出した答えは、自分がその一部に
  なるというものだった。」

本書は、イギリスのジャーナリスト、
ジェームズ・ブラッドワースさんによる
最低賃金労働の職場への潜入レポート。

ただの取材ではなく、一般労働者といて、
本当に仕事に就いての実体験です。

ブラッドワースさんが潜入に選んだ現場は、
アマゾンの倉庫、訪問介護、コールセンター、
そしてウーバーの運転手です。

この中で、注目すべきなのは、
やはり本書のタイトルにもなっている、
「アマゾン」と「ウーバー」でしょう。

それは21世紀のニュー・エコノミーの
旗手として注目されている企業だからです。

これらの企業から、便利で安価なサービスを
受ける側としては、本当に有り難い限りです。

その一方で、裏でサービスを支える側の
人たちの労働実態はどうなのか?

本書はそこにスポットライトを当て、
克明にレポートします。

日本でも、アマゾンの配送を支えた
ヤマト運輸などの問題が、以前に取り沙汰
されましたが、同じような問題が、
他にも起こっていることがよくわかります。

光と陰の、光の部分が明るく注目されるほど、
陰の部分は闇の深さを増していくようです。

  「結局のところ、これは21世紀の労働階級
  の生活についての本だ。多くの人にとって、
  かつては誇りの源だった “仕事” は、
  尊厳と人間性を奪おうとする容赦ない
  攻撃に変わった。本書は、その変化を
  記録しようとする試みである。」

アマゾンの倉庫が進出してきたときに、
地元では雇用機会が増えたとして、
両手を挙げて歓迎しました。

しかし、ワンクリックの向こう側に
あったのは、「懲罰ポイント」などの
非人道的な労働実態でした。

そうした状況が明らかになるにつれ、
地元の労働者は逃げ出していきました。

最後にアマゾンの倉庫に残ったのは、
最低賃金で働くしか選択肢のない、
移民労働者だけでした。

また、簡単に運転者になれるウーバーでは、
「自分の好きなように働けます」と説明を
受けます。

しかし、その実態は、ギグ・エコノミー
という新たな搾取でした。

価格競争でドライバーの尊厳は失われ、
乗客による評価システムによって、
がんじがらめにされていきます。

そこで見えてきたのは、『一九八四年』の
著者、ジョージ・オーウェルさんが描いた
徹底した監視管理社会の姿でした。

本書でレポートされているのは、
ブリクジットが議論を呼んでいる
英国特有の問題ではありません。

日本では、アマゾンやウーバーでの
労働環境は同じではないかもしれませんが、
訪問介護やコールセンターの実態は
大差がないように感じます。

そして労働力不足から、外国人労働者に
頼らざるを得ない日本の将来は、
移民労働者問題に悩む現在の英国の姿に
重ねて見ることができます。

本書は、優れたルポルタージュなので、
一読の価値がある本だと思います。

2019年5月8日の時点では、紙の本と
Kindle本の価格差が1300円以上あるので、
Kindleで読むことをお薦めしたい。

この本から何を活かすか?

  「一部のコールセンターでは、大規模な
  監視システムが利用されている。
  従業員のすべての行動が監視、追跡、
  記録されるこの管理システムについて、
  学者のスー・ファーニーとデビット・
  メトカルフは “電子式パノプティコン” 
  と揶揄した。」

パノプティコンとは、18世紀に考案された
完全な監視システムを備えた円形刑務所。

考案したのは、イギリス人哲学者の
ジェレミー・ベンサムさんです。

生産性至上主義のコールセンターでは、
すでに「電子式パノプティコン」に
近い状況になっているのかもしれません。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ビジネス一般・ストーリー | 06:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

優れた発想はなぜゴミ箱に捨てられるのか? 限界を突破するTOCイノベーションプロセス


優れた発想はなぜゴミ箱に捨てられるのか? 限界を突破するTOCイノベーションプロセス

満足度★★★★
付箋数:25

ダイヤモンド社の小川さんより、
献本頂きました。ありがとうございます。

優れた発想はなぜゴミ箱に捨てられるのか?

  「多くの優れた発想はゴミ箱に
  捨てられている。しかも、発想が優れて
  いればいるほど、その可能性は高い。
  なぜならば、今まで世の中にない
  新しい発想を、従来の考え方しか
  知らない人たちが正しく評価するのは
  難しいからである。」

優れた発想=イノベーションは、
経営者にとって企業を存続させるために、
是が非でも欲しいものです。

しかし、イノベーションを実現する
までには、社内で何段階もの承認の
プロセスを経なければなりません。

特に、最終段階では経営幹部の方々から
「ありがたいご指導」をいただくことも
少なくありません。

判断するのは、過去の成功体験を
ベースに考える方々です。

結果、従来の考えの延長線上にない、
新しい発想は却下され、従来の路線の
改善策だけが採用されてしまうのです。

しかし、発想をちょっと変えてみると、
各プロセスの関門さえ突破できれば、
実はイノベーションを起こしやすく
なるのです。

ものすごい天才でなくても、
誰でも起こせるイノベーション。

本書の著者、岸良裕司さんが
紹介するのが、プロセスを変えて、
イノベーションを起こす方法です。

それが、TOCイノベーションプロセス
「E4V(Eyes for Value)」。

これはエリヤフ・ゴールドラット博士が
考案した「TOC(制約条件の理論)」を
ベースにしたものです。

TOCは、1984年に発表された小説
ザ・ゴール』で披露され、世界中で
有名になりました。

これは各プロセスをつながりと考え、
全体最適でマネジメントする手法です。

TOCは、もともと主にサプライチェーン・
マネジメントで用いられました。

それをイノベーションを起こすまでの
プロセスの全体最適へと応用したのが、
「E4V」です。

この手法では、各プロセスの障害を
乗り越え、その都度、支援者を増やして
イノベーションを実現するように、
次の3つのSTEPで設計されています。

 STEP1 価値を創る

「顧客の目」「市場の目」「商品の目」
の3つの目で価値を見つけます。

そして商品のイメージを視覚化する
「WOW!カタログ」や、中期経営計画の
「WOW!ロードマップ」を創ります。

 STEP2 価値を伝える

お客様の立場になって、商品コンセプトを
「変化の4象限」で見つめ直します。

更に、「市場の教育」するための6つの
質問で伝える方法を具体化します。

 STEP3 実現への道のりを創る

商品がビジネスで成功するための仮説を
創り、検証します。

ここでは「ミステリー分析」「ODSC」
「バックキャスト工程表」「断れない提案」
などのツールも活用します。

本書の「E4V」は、理論上の話だけではなく、
マツダ、パナソニック、トヨタ自動車、
LIXIL、京都きものルネッサンスなどの
事例を交えて紹介されています。

ベースとなっているTOCは、巻末に
参考論文として、20ページ程にまとめて
紹介されているのも有り難いですね。

また、本書には「WOW!トリ」など、
独自のイラストが挿入されています。

これは岸良さんの奥様、絵本作家の
きしらまゆこさんが描いたもの。

本書に難しいイメージを持たずに、
和ませてくれるのに貢献しています。

この本から何を活かすか?

LIXILが開発したのは、開けても閉めても
心地よい窓でした。

商品名は「TOSTEM LW」。

桟がまったく見えないサッシを採用し、
リビングに外とつながっている開放感を
もたらす商品です。

E4Vのプロセスで考え抜かれて、
商品化されたため、高額にもかかわらず、
ヒット商品になりました。

あまりにカッコいいので、岸良さんも
家をリフォームして導入したそうです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ビジネス一般・ストーリー | 06:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マンガでわかる 伝説の新人 20代でチャンスをつかみ突き抜ける人はここが違う!


マンガでわかる 伝説の新人 20代でチャンスをつかみ突き抜ける人はここが違う!

満足度★★★
付箋数:21

オトバンクの上田さんより献本頂きました。
ありがとうございます。

ビジネスで、圧倒的な実績を残す人は、
「ビジネスを楽しむルール」を知っています。

このルールを新人の20代の頃から知って、
習慣として実践し続けると、将来、
「突き抜けた存在」になれます。

では、「ビジネスを楽しむルール」とは
どんなものなのか?

例えば、「ランチミーティングを
するから弁当を10個買ってきて」と
頼まれたら、あなたはどうしますか?

これを「雑用」と考えるか、「チャンス」
と考えるかでも、大きく違います。

デキる人は、弁当の買い方1つでも違う。

デキる人は、ランチミーティングへ
参加する人の好みや希望を調べて、
弁当の種類がバラバラになっても、
満足してもらえるものを用意します。

  「相手の嗜好や希望を考えて、期待を
  超えるパフォーマンスで応えていくと、
  依頼者は高い満足度や感動を覚え、
  今度は別の仕事をお願いしてみようと
  思うようになるのです。」

相手に喜んでもらうことを積み重ねるのが、
その相手がお客様でも、上司でも共通の
ビジネスの基本です。

「ビジネスを楽しむルール」で、
最も重要なのは、「101%の法則」です。

あなたは、「101%の法則」を継続して
実践していますか?

これは知っているだけでなく、
実践し続けていないと、意味がありません。

「101%の法則」とは、相手の期待を
1%でもいいから上回り続けること。

  「期待値を上回るのは1%で構いません。
  たった1%でも依頼者の潜在的な期待を
  超えることができれば、相手に強い
  印象を残せます。逆に1%でも下回れば、
  その1%のマイナスが目立ってしまい、
  依頼者はもう一度仕事を頼もうとは
  思わなくなります。」

101%と99%は、たった2%の違いです。

しかし、2%の違いでも相手に与える
印象は、天と地ほどの差を生みます。

さて、本書は紫垣樹郎さん著で、
2012年7月に刊行したロングセラー、
伝説の新人 20代でチャンスをつかみ
突き抜ける人の10の違い
』をマンガ化
した本です。

一番読んで欲しい対象は、これから社会人
になる学生と、入社3年以内の新人です。

また、新人を指導する立場の人にも
参考になるでしょう。

正直、私は読む前は、「所詮、マンガ
だからな・・・」と思っていました。

しかし、実際に読んでみるとそれが、
単なる思い込みだったと気づきました。

社会人になりたての頃は、ビジネス書を
読んだ方がいいと言われても、どの本から
読めばいいかわからないものです。

名著と呼ばれる本に手を出しても、
難しくて挫折する方も少なくありません。

そんな新人時代に、最初の一冊として
読むには、本書はベストな選択です。

ビジネス書や自己啓発書を数冊分の
内容が詰め込まれています。

新人の頃から、本書の主人公のような
働き方をしていれば、30代、40代になって
「突き抜けた存在」になっていることは、
間違いないと思います。

本書に関して1つだけ欲を言えば、
もっと深く学習したい人向けの参考書籍を
巻末に載せてくれれば、更に良い本に
なったと思います。

この本から何を活かすか?

人は何歳になっても成長できます。

ある程度の年齢になって「もう、年だから」
というのは単なる言い訳に過ぎません。

しかし、人生全体の「成長角度」は、
20代の頃に決まってしまうのも事実です。

  「時間をかけて自分が身に付けた
  成長角度を変える事はなかなか難しい
  のが現実です。30歳や40歳になって、
  あわてて成長角度を変えようと思っても、
  一度身に付けてしまった習慣は簡単に
  変えられません。」

新人時代にこそ、仕事に対する質の高い
思考習慣と行動習慣を身に付けるべき
なのです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ビジネス一般・ストーリー | 05:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「数字で考える」は武器になる


「数字で考える」は武器になる

満足度★★★★
付箋数:26

求人広告、人材派遣、販売促進などの
サービスを手掛けるリクルートグループ。

世間では、「リクルート出身」と聞くと、
それだけで「スゴイ!」というイメージを
持つ方も多いでしょう。

そんなリクルートグループでは、どの部署も
「数字で判断」することが求められます。

もちろん、「数字で判断」するためには、
その前に「数字を理解」していることが
前提です。

  「私が29年間在籍していたリクルート
  グループは、その “数字を理解” し、
  その “数字で判断” する企業でした。
  つまり、数字で判断し、実際に行動を
  起こすのです。また “数字の理解” と
   “数字の判断” の間隔も短い。
  これが “数字で判断” するということです。」

本書は、リクルートグループの能力開発の
ための企業内大学、「メディアの学校」で、
11年間続いた人気講座の内容をまとめた
本です。

この講座を担当したのは、本書の著者の
中尾隆一郎さんです。

中尾さんが担当したのは「数字の読み方・
考え方」と「KPI(重要業績指標)」という
2つをテーマにした講座でした。

この内、KPIに関しては2018年6月に
最高の結果を出すKPIマネジメント』を
フォレスト出版より刊行しています。

本書は、もう1つの「数字の読み方・考え方」
にオリジナルの内容を加えて書籍化したもの。

ところで、「数字で考える」とどのように
仕事で役立つのでしょうか?

中尾さんは、大きく3つ挙げています。

まず1つ目は、経営者やマネジメント職と
「数字」という共通言語で会話ができる
ようになること。

具体的には、数字を使った資料を作ると、
「説得力」や「伝える力」が向上して、
リーダーシップが発揮できるように
なります。

2つ目は、数字の「意味」が読み取れる
ようになること。

これは計数感覚が高まることを意味し、
結果、「儲けのセンス」のある人材に
なります。

3つ目は、常にインプットに対する
アウトプットを意識するようになります。

これはROI(投資対効果)を意識するという
ことで、「仕事のスピード」や「生産性」
が向上します。

これらの3つを併せ持った人は、企業で
利益を出すことのできる「黒字社員」です。

会社が手放したくない存在だけでなく、
他の業界からも欲しがられる人材になります。

そうは言っても、「数字は苦手」という
方も多いかもしれません。

しかし、安心してください。

統計などの高度な知識はなくても大丈夫です。

  「本書で扱う “数字” とは、統計の話では
  ありません。もっとシンプルな数字活用法
  です。具体的には、四則演算(+・-・
  ×・÷)でできる “数字で考える力” 
  なのです。こう説明すると、大半の方が、
   “本当?” と疑いながらも “それなら
  できるかも” という顔に変わります。
  実際、四則演算を上手に使うだけで、
  驚くほど様々な仕事の場面で役立つのです。
  これは、誇大広告でもなく、事実です。」

本書では、「数字」の本質的な扱い方を
身につけるので、高度な数学の知識は
一切不要です。

本質的であらからこそ、どんな業種でも
活用することが可能なのです。

本書は、かなり数字が苦手な方でも、
「数字で考える力」が身につく、
非常に優れた本です。

また、数字が得意な方が読んでも、
目から鱗が落ちることが何度もあるはず。

ビジネスの現場で、間違いなく役に立つ、
私も自信を持ってお薦めできる一冊です。

  第1章 Speed is Power
  第2章 数字の裏を読む
  第3章 儲けるセンスを高める数字力
  第4章 人を動かすリーダーの数字力
  第5章 数字力を自在に操る7つのフレーム
この本から何を活かすか?

ビジネスの現場では、対立する2つのテーマを
同時に実現することを迫られることがあります。

「二兎を追う者は一兎をも得ず」では、
許されないときには、どうすべきなのか?

  「一見対立する概念は、それぞれの視点や
  視野が固定されていることが原因である
  ことが少なくありません。
  それらの視点・視野を変化させることで、
  アウフヘーベンできるのです。」

1つ高い次元で統合する弁証法の手法、
「アウフヘーベン」で対立する2つのテーマを
同時に実現します。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ビジネス一般・ストーリー | 05:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT