活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

勝負論

満足度★★★
付箋数:21

  「先に断っておきますが、この本で語る
  勝負論は “勝利至上主義” に立脚したもの
  ではありません。何事も勝たないと
  気がすまないという姿勢は、悪いとは
  言いませんが、戦わなくてもいい勝負で
  時間や労力を消耗したり、無駄に敵を
  つくったりすることは必ずしも褒められた
  ことではないからです。
  私が勝負論で最も重視し、実際にいままでの
  人生で実践してきたのは “それが勝負するに
  値するかどうか” という基本に立ち返った
  目線を忘れないことです。」

勝負で大切なことは、「なぜ戦うのか」
という戦う目的を忘れないこと。

この基本に立ち返ることを竹中平蔵さんは、
「Back to Basic」と表現しています。

本書は、小泉政権の郵政民営化において
反対勢力と壮絶な戦いを繰り返した
元大臣の竹中平蔵さんが語る勝負論です。

2016年8月18日に行われた外為どっとコムの
セミナー『勝負論』を書籍化したもの。

竹中さんは、外為どっとコム総合研究所の
首席研究理事として、このセミナーの
講師を務めています。

世間から激しい批判を受けながらも
竹中さんが一貫して取り組んできテーマが、
「健全な競争社会の実現」ですから、
勝負論を語る講師として適任だと思います。

さて、勝負において大切なのは、
時機の見極めと、勝つための準備です。

  「チャンスを待て。だが決して時を待つな」

これは18世紀のドイツの詩人、
ヴィルヘルム・ミュラーさんの言葉。

勝負においてタイミングは極めて重要で、
小沢一郎さんの「日本改造計画」は、
時期尚早だったために、実現できなかった
と竹中さんは指摘しています。

また、勝つための準備として必要なことは、
ゴールから逆算した戦略を練ること。

本書では、政治の世界でよく見かける
7つの戦略が紹介されていました。

 1. 「戦わずして勝つ」
   孫子の兵法の基本中の基本

 2. 「自分の土俵で戦う」
   勝負の舞台を自分の得意なフィールドに
   持ち込むのが常勝の秘訣

 3. 「先手必勝か後出しジャンケンか」
   first mover's advantageは世界共通の戦略
   勝負が長引く場合は後出しジャンケン

 4. 「勝ち馬に乗るか、勝ち馬になるか」
   早い段階で自分を勝ち馬に見せる

 5. 「流れを作るための
  アーリー・スモール・サクセス」
   初期段階の小さな成功実績で期待を集める

 6. 「長期政権のためのロング・サクセス」
   抜本的な改革や創造的な改革

 7. 「ストラテジック・アンビギュイティ」
   意図的に自体を曖昧にする戦略的曖昧性

この中で、いかにも政治的だなと思ったのが、
最後のストラテジック・アンビギュイティです。

この戦略の目的は2つあります。

1つ目は、曖昧さを残すことで、
勝負のタイミングをコントロールすること。

2つ目は、立場を曖昧にすることで、
相手の戦略を立てづらくすること。

実際にこの戦略を意図的に使えるのは、
かなり熟練の勝負師だと思います。

本書は、もともとセミナーがベースになって
いるので非常に読みやすい本でした。

竹中さんの自分のこれまでの経験を
若い世代に伝え、世界で勝負できる人材を
育てたいという情熱が伝わってきました。

この本から何を活かすか?

自分の思考の枠を取り払って俯瞰力を
鍛える方法が、本書で紹介されていました。

それは、「積極的な自分への問いかけ」。

私たちの行動は、自分への問いかけが
起点になっていることが多いようです。

つまり、どのような問いかけを自分にするか
によって、自分の行動も変わるのです。

自分の中で「なぜ?」を繰り返すことが、
物事を多面的に見ることになり、
勝負で大切な「Back to Basic」にも
つながるようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ビジネス一般・ストーリー | 06:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

AI時代の人生戦略

満足度:★★★
付箋数:20

アメリカ国立科学財団(NSF)によって
使い始められた言葉で、バラク・オバマ大統領
の時代に注目を集めた「STEM」。

STEMとは、
サイエンス(科学)の「S」
テクノロジー(技術)の「T」
エンジニアリング(工学)の「E」
マセマティックス(数学)の「M」
を並べた造語です。

これにアート(美術)の「A」を加えたのが、
成毛眞さんが必須と説明する「STEAM」。

テクノロジーや人工知能の発達によって、
今ある仕事が将来なくなっていくとは、
よく言われることです。

オックスフォード大学のマイケルオ・ズボーン
准教授は、今後10~20年間に現在の約47%の
仕事が機械に代替されると予想しました。

STEAMを知っているかどうかが、
今後、人工知能やロボットを「使う側」と
「使われる側」の分かれ道になると言います。

  「三角関数も二次方程式もわからない人が、
  これから急速に社会に浸透してくる
  人工知能(AI)やロボットを “使う側” に
  回れるとはとても思えない。
  あなたはAIに “使われる側” になりたい
  だろうか?」

これまでの人生、高校以降は理数系を
完全に避けて通ってきた人も多いはず。

しかし、これまで通り理数系を避けたまま、
人生の逃げ切りが許されるのは、
今現在、50代よりも上の世代だけ。

それよりも若い世代は、もう1度STEAMを
学ぶべきと、成毛さんは言います。

では、どのようにして学べばいいのか?

あらためて学校に通う必要はありません。

  「独学だ。独学で十分なのだ。
  基本的にこれからの学びは高等教育でこそ
  自習になると思う。
  といっても、参考書を読んだり、
  通信制大学・大学院の “放送大学” を
  視聴したりする必要などない。
  いきなり難しいことを学ぼうとすると、
  高校時代と同じになってしまう。
  まずは身近なサイエンスやテクノロジーを
  肌で感じることが先決だ。
  それで面白さを実感し、自ら率先して
  詳しくなりたいと思うように、
  自分をしかける。そうすることが、
  遠回りなようで近道である。」

成毛さんは、まず、プレイステーションVRを
体験することを勧めています。

このVRを早く体験するかどうかが、
人生の分かれ道になるとまで言います。

その上で、テレビ、雑誌、本などから
STEAMについて学びます。

テレビでは、ハードディスクに録画した
サイエンス系の番組を1.3倍で再生します。

雑誌は、『ナショナルジオグラフィック』、
『ニュートン』、『日経ものづくり』や
ビジネス誌などがお勧め。

本では、ノンフィクションばかりでなく、
フィクションのSF小説も推奨されています。

本書では「残酷な10年後に備えて
今すぐ読みたい本」として26冊の
STEAMを学ぶ本が紹介されています。

また、文部科学大臣補佐官の鈴木寛さん
との対談と、堀江貴文さんとの対談も
掲載されています。

本書は、興味を引く話題には富んでいますが、
それほどSTEAMについて深く掘り下げた
本ではありません。

文系の方が理数系に興味を持つきっかけに
読むのがいいかもしれません。

この本から何を活かすか?

成毛さんが推薦する、STEAMを学ぶのに
適しているSF小説は以下の6冊です。

  ・『銀河ヒッチハイク・ガイド
  ・『エンダーのゲーム
  ・『異星の客
  ・『順列都市
  ・『しあわせの理由
  ・『星を継ぐもの

この中で、『銀河ヒッチハイク・ガイド』は
イーロン・マスクさんの、『エンダーのゲーム』は
マーク・ザッカーバーグさんの愛読書です。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ビジネス一般・ストーリー | 06:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ビジネスエリートの新論語

満足度:★★★
付箋数:18

  「私の本には “ユーモア新論語” という
  副題がふられている。なにも、孔子さまの
  向こうを張って、昭和の論語を編むという
  オソルベキ考えはサラサラない。
  なにぶん、孔子さまとは、天の星と
  地のミミズほどの違いもある薄汚れた
  安サラリーマンなのである。
  気よう気ままに書いた楽書にすぎない。
  アプレサラリーマンらしいフテイさも、
  当然まじっていよう。その点からいえば、
  一種の “悪書” であるかもしれない。」

本書は、昭和30年に産経新聞の記者だった
司馬遼太郎さんが、本名、福田定一の名前で
刊行した本の復刻版です。

司馬さんが、新聞記者のかたわら、
作家デビューしたのが昭和31年。

梟の城』で第42回直木賞を受賞したのが
昭和35年のことでした。

本書は、司馬さんが司馬遼太郎になる前の
サラリーマンを題材にしたエッセイ集。

竜馬がゆく』、『燃えよ剣』、
国盗り物語』、『坂の上の雲』などの
司馬さんのファンにとっては、
思わず手を伸ばしたくなる、気になる一冊。

「へ~、あの司馬さんが、こんなことを
考えていたんだ」と、「人間・司馬遼太郎」
が理解できる本です。

植木等さんが、「サラリーマンどんと節」で、
「サラリーマンは 気楽な稼業と来たもんだ」
と歌ったのが昭和37年。

それよりも少し前の時代の
サラリーマン世相が反映されています。

なぜ、サラリーマンエッセイに「論語」
というタイトルが入っているのか?

それは司馬さんの、次の考えに拠ります。

  「私は、この本で日本のサラリーマンの
  原型をサムライにもとめた。
  サムライも発生から数百年間、
  サラリーマンではなかった。
  戦闘技術者という、レッキとした、
  職業人であったのだ。
  だから当然、イクサの駈けひきや、
  刀槍の使い方、戦陣での心得などの面で、
  彼らの行動や思考のヒントとなる金言が
  山とあった。
  ところが、徳川幕府の平和政策は、
  いちように彼らをサラリーマン化して
  しまったのである。もはや、刀槍を
  ふりまわす殺人家としての金言は要らない。
  が、彼らのブッソウなキバは抜いてしまった
  ものの、平凡な俸禄生活者としての
  公務員に甘んじさせるために何らかの
   “サラリーマン哲学” が要った。
  これが儒教というやつである。」

サラリーマンの原型は江戸時代の武士。
武士の精神的な拠り所は儒教。
儒教といえば、バイブルの「論語」。

だから、当時のサラリーマンが共感する
エッセイを「新論語」としたわけです。

サラリーマンも現在と昭和30年代当時とは、
おかれている状況がまったく異なります。

戦後10年、「モーレツ社員」という言葉が
生まれる前の高度経済成長期真っ只中。

本書は、そんな時代にサラリーマンとして、
がむしゃらに働く人たちに対して、
古今東西の名言を引用して励ます
応援歌でもあります。

ただし、現在の私たちが読むと、
感覚的なズレはあるのは否めません。

ですから、当時のサラリーマンの生活や
空気感を知るために読むのがいいでしょう。

この本から何を活かすか?

日本のサラリーマンの元祖を知っていますか?

司馬さんが、元祖と考えるのは、鎌倉時代の
下級官人だった、大江広元さんです。

大江広元さんは、源頼朝さんに
事務手腕を認められ、鎌倉幕府創設時の
政所初代別当を務めた方です。

武力が圧倒的な力を持っていた時代に、
知力だけで生き抜き、当時としては珍しく、
78歳の天寿を全うした、サラリーマン。

「益なくして厚き禄をうくるは窃むなり」
は大江広元さんの座右訓です。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ビジネス一般・ストーリー | 06:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アリさんとキリギリス ―持たない・非計画・従わない時代

満足度:★★★
付箋数:25

  「本書で描写するのは思考やそのベースとなる
  価値観の対立構造です。人類の歴史において
  数えきれないほど描写されてきた
   “新” と “旧” 、 “保守” と “革新” 、
   “自由” と “規律” 、 “新参者” と
   “エスタブリッシュメント” という対立構造の
  根底に潜む価値観とその要因を、
   “アリとキリギリス” にたとえることで
  探ります。」

イソップの寓話「アリとキリギリス」では、
働き者のアリはその美徳が賞賛され、
怠け者のキリギリスはすっかり
悪者扱いされてきました。

イソップの寓話が書かれたのは紀元前6世紀。

それから2500年以上にわたってキリギリスは、
汚名を被り続けてきました。

しかし、21世紀の現代になると、キリギリスが
汚名を返上できるような世の中に変化して
きています。

  「本書の目的は、 “ついにやってきた”
  キリギリスが活躍できる時代において、
  キリギリスたちの価値観を見直し、
  現代における彼らの市民権を取り戻し、
  来るべき時代の生き方や価値観について
  考え直してみることです。
  ただしそれは、アリの価値観を否定する
  ものではありません。
  アリにもキリギリスにも活躍できる場があり、
  両者の特質を理解すれば、共存共栄が
  図れるのです。」

本書の著者は『地頭力を鍛える』で知られる
ビジネスコンサルタントの細谷功さんです。

本書は、2014年11月刊行の『具体と抽象』、
2016年2月刊行の『「無理」の構造』に続く
シリーズ第3弾。

寓話には擬人化されたキャラクターが
登場して、私たちに教訓を与えてくれます。

しかし、時代が変わり新しい価値観が
生まれたことで、寓話の解釈も変わって
きています。

最近では価値観が見直された例として、
「ウサギとカメ」や「三匹の子ぶた」などが
知られているところです。

そんな中で三谷さんが、「アリとキリギリス」を
題材として選んだのには理由があります。

それは、アリとキリギリスの間には、
他の寓話にはない3つの二項対立の
構図があるからです。

1つ目は、「貯める」アリと「使う」キリギリス。

この違いは「ストック重視」と「フロー重視」と
言い換えることもできます。

貯めたり使ったりするものは、食料やお金に
とどまらず、知識や考え方にまで
広げることができます。

2つ目は、「巣がある」アリと「巣がない」
キリギリス。

アリは「巣の中」のことを優先して考え、
自分の身内とその外という線引を明確に
行っています。

これに対してキリギリスは物事を
2つに分けて明確に線引するという
発想がありません。

これは「閉じた系」と「開いた系」の発想の
違いです。

3つ目は、「二次元」のアリと「三次元」の
キリギリス。

アリの移動手段は主に「歩くこと」ですが、
キリギリスはこれに加え「跳ぶ」ことが
できます。

この違いは行動の自由度の違いで、
考え方や行動パターンに大きな影響を
与えます。

制約を基に考える「固定次元」のアリと、
自由を最優先で考える「可変次元」の
キリギリスと言い換えることができます。

価値観が多様となっている現代では、
私たちがこれまで常識と考えてきたことも、
一度棚卸しをして、本当にそれが正しいか
見直しをした方がいいのかもしれません。

この本から何を活かすか?

具体を好むアリ、抽象を好むキリギリス

アリは具体的な指示や説明を求め、
指示が抽象的だとストレスを抱えます。

これに対して、キリギリスは指示が
あまりにも具体的だとやる気をなくします。

キリギリスは、大きな方向性だけがあれば、
それでいいのです。

「頭がいい」とは、一般的に「抽象度を
上げて考えることができる」とも言えるので、
その意味ではアリよりキリギリスの方が
頭がいいことになりますね。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ビジネス一般・ストーリー | 06:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「出る杭」は伸ばせ! なぜ日本からグーグルは生れないのか?

満足度:★★★
付箋数:23

  「いつの時代も本物の “出る杭” を見つけて、
  その人達を鍛えたり応援したりすることが
  重要なのは当然だ。インターネットや
  ソーシャルメディアが劇的に発達し、
  まさに今は “Wisdom of Crowds(群衆の叡智)” 
  の時代だ。一人一人の “個” の才能、生き方、
  倫理観などが最大限に尊重されねばならない。
  ましてやこれから未曽有の歴史的大変化の
  時代を迎えるに当たり、必要なのは秀でた
  個人、 “出る杭” 達だ。」

本物の「出る杭」とは、打たれても打たれても
へこたれず、自分の信ずる道を貫いて
必ず結果を出すような知的バイタリティーの
持ち主です。

ただ生意気で傲慢なだけの人とは違います。

個人だけでなく、企業でも「出る杭」はあります。

「出る杭」企業を目指して、邁進している
会社の1つがグーグルです。

グーグルは、2004年にナスダックに上場した
時に、創業者のラリー・ペイジさんと
サーゲイ・ブリンさんが書いた株主宛の
書簡の冒頭で「グーグルは普通の会社ではない」
と宣言しました。

その宣言通り、グーグルは「出る杭」企業
として、数々のイノベーションを生み、
世の中を変えてきました。

本書は、グーグル日本法人代表取締役社長を
務めた辻野晃一郎さんによる、「出る杭」の
個人や企業になるためのコラムです。

辻野さんは、前著『グーグルで必要なことは、
みんなソニーが教えてくれた
』で書いている
通り、ソニーからグーグルへ移籍した方です。

  「私は現在、自分が創業した会社を経営する
  立場だが、もともとはソニーに長く勤めていた。
  そのソニーを2006年3月に退社し、
  翌2007年4月からグーグルに入った。
  その時の第一印象として “なんだ、
  グーグルって、昔のソニーみたいだな” と
  感じたことを今でもよく覚えている。」

本書は、週刊文春に辻野さんが連載した
「出る杭は伸ばせ! 辻野晃一郎の
ビジネス進化論」をベースに再構成したもの。

週刊誌の連載コラムなので、当時起こった
出来事をソニーやグーグルで経験したことを
踏まえて解説しています。

また、書籍化に際しては、新しいコラムを
各章末に書き下ろしています。

 第1章 世界一の「出る杭」企業、グーグルが
    見る未来
 第2章 私が出会った「出る杭」なリーダーたち
 第3章 「出る杭」がいない組織は衰退する
 第4章 次々に登場する「出る杭」ビジネス
 第5章 「出る杭」企業が世界を変える

私が本書の中で印象深く感じたのは、
「アップルとソニーの分かれ道」について。

かつて、ソニーは創造的なものづくりを行い、
世界中の人々を魅了しました。

そして、辻野さんがソニーに在籍した時期は、
アップルとは良きライバル関係にありました。

しかし、現在この2社には、簡単には埋め難い
大きな差がついています。

一体、この差はどこから生まれたのか?

  「同じハードウェア製造業からスタートした
  アップルとソニーの現在の格差は、アップルが
  ジョブズの復帰後、iPodとiTunesの投入を
  起点に、 “プラットフォーマー” への転換に
  成功したことに尽きる。そしてそこには、
  これから本格的なIoTや人工知能や
  ビッグデータの時代を迎えるにあたり、
  多くの日本企業に投げかけられている
  根源的なテーマが含まれているのだ。」

辻野さんは、アップルとソニーに
格差がついた理由を述べるだけでなく、
今後の日本企業の課題にも言及しています。

この本から何を活かすか?

あなたは、自分の手元の業務が忙しい時に、
割り込みで新しい仕事を依頼されたら、
どのように対応しますか?

一般的には、「今取り込んでいるので
後にして欲しい」といった反応がありがち。

しかし、グーグルでは、そのような割り込み
依頼があっても、直ちに手元の業務を中断して、
向き合ってちゃんと話を聞いて、迅速に対応
してくれることが普通だったそうです。

この柔軟性がグーグル社員の特徴。

もちろん、割り込み依頼の話を聞いて、
「やっぱり後にしてもらう」ことも
あるはずです。

しかし、グーグル社員は、忙しい時にも、
まず話を聞いて、全体的な視点から
優先順位をつけて、対処できている
のだと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ビジネス一般・ストーリー | 06:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT