活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

平均思考は捨てなさい

満足度★★★
付箋数:23

  「ゆりかごから墓場まで、平均という尺度は
  常につきまとい、平均値にどれだけ近づいて
  いるか、あるいは平均値をどれだけ上回って
  いるかによって人物が判断される。
  学校では、平均的な学生の成績と比較して
  評価やランク付けが行われる。
  大学への選抜では、評価やテストの点数が
  平均的な受験生と比べられる。
  就職の際には、評価やテストの点数だけでなく、
  スキルや経験年数、性格検査の得点までが
  平均的な応募者と比較される。
  そして採用されれば、同じ職務レベルの
  平均的な社員を基準にして、毎年かならず
  業績が評価される。
  金銭的な機会も例外ではない。
  クレジットの信用度は平均からどれだけ
  乖離しているかによって決定される。」

私たちが、何かを評価するときに、
最も重宝している基準が「平均」です。

平均身長、平均点、平均年収、平均層など、
何かにつけ、知らず知らずのうちに、
「平均と比較してどうなのか?」と考える
習慣が身についています。

本書の著者、トッド・ ローズさんは、
この何でも平均と比べてしまう思考には、
大きな弊害があると指摘します。

そもそも、平均はいくつもある代表値の
1つに過ぎません。

そして、特に人物を評価する場合には、
1つの尺度だけで、人物を評価できないので、
平均との比較に囚われてしまうと、
偏った一次元的な評価になってしまいます。

例えば、もし手元にある人物のIQテストの
スコアが「120」という資料があるとします。

すると、私たちはIQ「100」を基準にして、
「その人物は賢い」と判断してしまいがちです。

しかし、実際には、いろいろな種類の賢さ
があり、必ずしもIQが高いからといって、
問題解決能力が高いとは限らないのです。

平均は、あくまで集団同士を比較する際に
役立つ指標です。

それを個人の評価に持ち込んでしまうと、
いろいろな弊害が出てしまうのです。

特に、日本人は出る杭になるよりも、
横並びになるのが好きなので、
平均思考の罠に陥りやすいでしょう。

ローズさんは、本書の「はじめに」で、
「みんなと同じになるための競争」が
存在することを指摘していますが、
正に、言い得て妙だと思います。

本書では、平均思考を捨てて、個性を重視して
人物を見ることを推奨しています。

個性を生かすための3つの原理、
「バラツキの原理」、「コンテクストの原理」、
「迂回路の原理」を紹介しています。

個性重視の原理を、様々な事例をもとに
解説していていますが、最も頻繁に登場
する事例が、ローズさん自身の人生です。

ローズさんは、高校を中退し、21歳のときには、
妻と2人の子供を養うために、最低賃金労働を
いくつも転々とした経験があります。

その後、個性重視の道を見つけたことで、
高校を中退してから15年後には、
ハーバード教育大学院の教員となりました。

現在は、心・脳・教育プログラムの
責任者を務めています。

いわゆる平均的なエリート路線とは、
これまで全く異なる人生を歩んで成功した
実例そのものなのです。

 第1部 平均の時代
  第1章 平均の発明
  第2章 私たちの世界はいかにして標準化されたか
  第3章 平均を王座から引きずりおろす
 第2部 個性の原理
  第4章 才能にはバラツキがある
  第5章 特性は神話である
  第6章 私たちは誰もが、行く人の少ない
     道を歩んでいる
 第3部 個人の時代
  第7章 企業が個性を重視すると
  第8章 高等教育に平均はいらない
  第9章 「機会均等」の解釈を見直す

この本から何を活かすか?

コンテクストの原理とは、私たちの性質は、
常に首尾一貫したものではなく、
特定の背景(コンテクスト)においてのみ、
一貫しているという考えです。

例えば、いつも冷静沈着に行動する人が、
車のハンドルを握ると、人が変わるというのは、
コンテクストの原理の典型です。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ビジネス一般・ストーリー | 06:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

人生の勝算

満足度★★★
付箋数:24

  「SHOWROOMが立ち上げからわずか数年で、
  一定の評価を得るサービスに成長できた
  理由を、しばしば聞かれます。
  前職の営業でも、かなりスピード感を持って
  成果を上げていたと思います。
  このスピードの源泉はどこにあるのか。
  なぜ速く成長できるのか。
  繰り返しになりますが、これもシンプルです。
   “頑張るから” です。
  投入努力量が、人より圧倒的に多いからです。」

本書は、仮想ライブ空間「SHOWROOM」を
立ち上げた前田祐二さんの自伝的なビジネス書。

SHOWROOMは、2013年11月にスタートした
ライブ配信サービスです。

素人からプロまで、あらゆるジャンルに
またがる「配信者・演者」と呼ばれる放送主が、
駅前の路上でパフォーマンスをするかのように、
ネット上でライブを配信します。

実際に見てみると、売れる前のアイドルが、
ファンとライブでコミュニケーションをとる
サイトといった印象です。

  「この本を書こうと思ったのは、今、
  不幸や苦境に直面していたり、自分から見える
  景色が真っ暗だ、という人に、ほんの少しでも
  頑張る勇気を持ってもらいたかったからです。」

これまでの前田さんの人生の中の、
大きく3つの時代のエピソードが語られています。

小学生のときに「弾き語り」をしていた話と、
外資系投資銀行に勤務していた時の話、
そしてSHOWROOMのサービスを立ち上げる
前後のストーリーです。

まず、驚愕するのは、前田さんが
子どもの頃の話しです。

8歳のときに両親を亡くし、小学生ながら、
アコースティックギター1本を持って、
路上で歌をうたっていたそうです。

前田さんは、客のニーズを探りながら、
トライアンドエラーで工夫を重ね、
多いときには月10万円ほどのお金を
弾き語りで稼いだと言います。

ここで前田さんが学んだのは「絆の大切さ」。

どこまで信じてよいかわからない話ですが、
後にSHOWROOMを立ち上げる原点に
なった話として語られています。

そして、新卒で入社したUSB証券では、
入社直後の苦労話と、2年目でニューヨークへ
異動して活躍した話しが紹介されています。

ここで語られているのは「努力の大切さ」。

日本でも、アメリカでも圧倒的なエネルギー
で働くことで、前田さんは抜きん出た成績を
出しました。

そして、DeNAに入社してからのSHOWROOM
立ち上げと独立時のエピソード。

南場智子さんや秋元康さんとの出会いや、
挫折に次ぐ挫折の中でも、「コンパス」を
持つことの大切さが語られています。

前田さんは、1987年生まれの若手起業家と
呼ばれる世代です。

粗削りなところはありますが、非常に熱い。

圧倒的な熱量で生きていることがわかります。

多くの文字が詰まった本ではありませんが、
内容がどうこうというよりも、その熱量だけ
でも伝わればいいと感じました。

特に若い方ほど刺激になる本だと思います。

  第1章 人は絆にお金を払う
  第2章 SHOWROOMが作る新しい
     エンターテイメントのかたち
  第3章 外資系投資銀行でも、求められたのは
     「思いやり」
  第4章 ニューヨーク奮闘記
  第5章 SHOWROOM起業
  第6章 SHOWROOMの未来

この本から何を活かすか?

前田さんがSHOWROOMを立ち上げる際に、
参考にしたのが中国最大級のライブ
ストリーミングサイト「YY直播」でした。

中国では、ライブストリーミングの
プラットフォームが急成長しているようです。

配信者はファンとコミュニケーションが
取りやすく、AKBのビジネスと同じように、
ファンがお金を投じやすい仕組みを
作り出しているようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ビジネス一般・ストーリー | 08:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リーダーの教養書


満足度★★★
付箋数:22

なぜ、日本のエリートは、米国のエリートに
勝てないのか?

なぜ、日本のリーダーは、米国のリーダーに
勝てないのか?

NewsPicks編集長の佐々木紀彦さんは、
その理由は両者の「教養の差」にあると考えます。

それも、ちょっとの差ではなく、
量と質の両方で圧倒的な差があると。

ところで、「教養」とは、一体、何なのか?

  「そもそも、教養とは何かというと、
  私は “普遍的な知恵” のことだと思う。
  歴史の風雪や、科学の洗礼をくぐり抜けて
  きた “時代を超えた知” こそが教養と
  言えるだろ。」

一方、経営学者の楠木建さんは、
教養とは何かについて、もともとの意味から
説明します。

教養は、「リベラルアーツ」が明治期に
日本語に翻訳されて定着した日本語です。

直訳すると、「自由の技術」。

  「僕にとって一番しっくりくる教養の
  定義は、人が他者に強制されず、
  自分自身でつくりあげていく独自の
   “価値基準” を持っているということです。」

この「教養=自由の技術」という意味で
考えると「教養がない=奴隷の状態」
ということになります。

ところで、世間で「教養がある」と言うと、
テレビ番組に出ているクイズ王的な
「物知り」のイメージが広がっています。

教養は、いろいろなことを知っていて、
知識の量が人よりあるといった状態を
指すのではありません。

また、役に立つ情報を持っていること
とも違います。

教養があることのメリットはたくさん
ありますが、短期的に恩恵をもたらして
くれるものではないのです。

もっと長い、中長期において、わたしたちの
人生を豊かにしてくれるものなのです。

本書は、NewsPicksと幻冬舎のコラボで
始めた「NewsPicks Book」シリーズの
第一弾の本です。

本書は、教養人が知悉すべき分野を
11選び、それぞれの分野で精力的に
活動する識者が、その分野で読むべき
推薦本を挙げたガイドブックです。

その分野と識者は以下の通りです。

 ・歴史 出口治明さん
 ・経営と教養 楠木建さん
 ・経済学 大竹文雄さん
 ・リーダーシップ 岡島悦子さん
 ・日本近現代史 猪瀬直樹さん
 ・進化生物学 長谷川眞理子さん
 ・コンピュータサイエンス 中嶋聡さん
 ・数学 森田真生さん
 ・医学 大室正志さん
 ・哲学 岡本裕一朗さん
 ・宗教 上田紀行さん

全部で130冊が紹介されているので、
簡単に読み切れるものではありませんが、
地道にコツコツと読んで、普遍的な知恵を
身につけたいものです。

この本から何を活かすか?

私が注目したのは数学の分野で
森田真生さんが推薦した10冊です。

その中でも、次の本を読んでみたいと
思いました。

  『数学記号の誕生
  『無限小 世界を変えた数学の危険思想
  『チューリングの大聖堂
  『素数の音楽
  『岡潔 数学の詩人

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ビジネス一般・ストーリー | 05:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

世界のピークパフォーマーが実践する脳を操る食事術

満足度★★★
付箋数:23

あなたは、次のように健康のことを考えて
飲食に気を使っていませんか?

 ・余計な糖分は取りたくないので、ドリンクは
  カロリーゼロを選ぶようにしている

 ・お腹を凹ますために、ご飯やパン、麺類など
  糖質をとらないようにしている。

 ・ダイエットのために、油はいっさい
  とらないようにしている。

もし、このように考えているなら、
逆効果になってしまう場合があるので
注意が必要です。

まず、カロリーゼロの飲料水でも、
注意したいのはアスパルテームなどの
人工甘味料が使われている飲み物。

人工甘味料が入った飲み物をとり続けると、
徐々にインスリンの働きが悪くなります。

すると、他の食べ物をとったときにも
インスリンが働かなくなり、太りやすい
身体になってしまうことがあります。

次に、糖質を極端に制限し続けた場合。

糖質をとらないとエネルギー不足の状態が
続くことになります。

すると、身体はその状態に慣れてしまって、
どんどん低燃費になっていきます。

糖質をとらないことが、逆に脂肪が
たまりやすい体質をつくってしまう
場合があるのです。

3つ目の、油抜きダイエットの場合でも、
やはり限度が大切です。

私たちの細胞はリン脂質と呼ばれる
油脂の細胞膜で覆われています。

油脂も細胞膜の材料となる、
身体をつくる欠かせない要素です。

油は私たちの身体を守るクリームの
ような働きを担っています。

極端な油抜きをすると、肌のツヤは
なくなり、記憶や思考といった
脳の機能にも問題が生じる場合が
あるようです。

  「あなたのからだは、食べものでできている。
  だから、食事を変えれば、あなたに変化が
  生まれます。」

本書は、ビジネスパーソンが脳疲労や
ストレスを解消して、高いパフォーマンスを
発揮するための食事について指南する本です。

  「本書は、いつどんな状況でも、
  ハイパフォーマンスを出し続ける人に
  なる手助けをするために書きました。
  そのためのソリューションこそが、
   “食事” です。」

著者は、これまで多くのトップアスリートや
チームを栄養面からサポートしてきた、
栄養管理士の石川三知さん。

石川さんは、荒川静香さん、高橋大輔さん、
末續慎吾さん、岡崎朋也さん、長友佑都さん、
ケンブリッジ飛鳥さんなどの一流選手を
育ててきた最強の栄養士です。

アスリートとビジネスパーソンでは、
最も使う身体の部位が違います。

  「ビジネスパーソンは常にからだを酷使
  しています。お気づきでしょうか。
  それは、 “脳” です。
  営業資料をつくる、企画を考える、
  プレゼンテーションをする、
  経費の計算をする・・・
  脳を使って行うものばかりです。
  つまりビジネスパーソンは脳の
  コンディションが大切、ということです。」

そこで本書では、ビジネスパーソン向けに
脳の働きを最大化するための食事術が
公開されています。

  PART1. 食事を変えれば、脳が変わる
  PART2. 脳疲労をためる、やってはいかない
     食習慣
  PART3. パフォーマンスを最大化する!
     脳に効く食事
  PART4. 【シーン別】何を、どのように
     食べればいいのか?
  PART5. いくら食べてもお腹が凹む
     痩せる食べ方と運動
  PART6. 超ハードワークを乗り越える!
     サプリメントの正しい使い方

この本から何を活かすか?

ビジネスパーソンにとって意外と重要なのが、
コーヒーブレイクの時間です。

この時に、コーヒーと一緒にとりたいのが、
「ドライフルーツやナッツ」です。

これらは、血糖値をゆっくり上げるうえに、
ビタミンやミネラルの補給もできます。

すると、神経伝達系に働いて、疲れた脳を
リフレッシュしてくれる効果も期待できる
ようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ビジネス一般・ストーリー | 05:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

宝くじで1億円当たった人の末路

満足度★★★
付箋数:17

宝くじに当たった多くの人に取材を行い、
その人たちが、宝くじに当たった後、
どのような人生を送ったのかを描く・・・。

タイトルから、こんな内容をイメージするかも
しれませんが、そのような本ではありません。

本書は、人生において1つの選択をした後、
最終的にどのような「末路」が訪れるのかを
その道の専門家にインタビューした本です。

  「ここで紹介するのは、 “結婚” や
   “マイホーム購入” 、 “進路” といった
   “自分の意思で決められる選択” だけでは
  ありません。 “宝くじ当選” のような、
   “受動的な選択” も含まれます。
  それはそれで、その末路を知っておくことは、
  思わぬ幸運(不幸)が舞い込んだ際の
  心構えになると思います。」

本書に登場するのは24のパターンの末路です。

  ・宝くじで1億円当たった人の末路
  ・キラキラネームの人の末路
  ・賃貸派の末路
  ・自分探しを続けた人(バックパッカー)の末路
  ・8時間以上寝る人の末路

本書のタイトルの「宝くじで1億円当たった人」
は、あくまで24の末路の中の1つです。

また、「末路」とありますが、必ずしも不幸に
なるとは限りません。

「賃貸派の末路」では、むしろ「持ち家派」
より、人生の自由度が増すという結論に
なっています。

さて、肝心の「宝くじで1億円当たった人」は
その後、どのような人生が待っているのか?

家族・親族内でトラブルが起きることが
最もポピュラーです。

家族はもちろん、それまで縁遠かった親戚
までもが、直接・間接的に「おすそわけ」を
要求してくるようです。

そして、家族の間でも、お金以外の話題が
食卓の会話に出なくなる。

こんなことが起こるなら、宝くじに当たっても
「黙っていよう」と考える人も多いはず。

しかし、当たる前にこう思っていても、
実際は多くの人はバレてしまうようです。

我慢しきれずに自らカミングアウトする人も
いるし、隠そうとしてもついつい生活が
派手になり隠しきれなくなる人もいます。

「自分は大丈夫」と思っている人ほど危険。

そして、1億円は一度使い始めると、
想像以上の速さでなくなっていく。

1億円当たって今の仕事を辞めたり、
自分で事業を起こした人たちは、
冷静な判断や緻密なプランを欠いていて、
失敗している人も多いようです。

結局、宝くじに当たったときの正しい行動は、
まず、税理士や弁護士に相談する。

次に、複数の金融機関などに相談して、
今後の資金プランをきちんと立て、
「今の生活を変えない」こと。

決して、今の仕事を辞めず、
人付き合いも何も変えないことです。

ですから、宝くじが当たったときの「夢」を
思い描いたり、その夢を実現しようとしない
ことが、最も正しい選択なのです。

更に、身も蓋もない結論が続きます。

  「当たっても当たらなくてもろくでもない
  末路になるなら、 “そもそも宝くじは
  買わないという選択が正しい”
  という結論にならざるを得ません。」

宝くじは、数あるギャンブルの中でも、
最も割に合わない賭け事です。

テラ銭と呼ばれる控除率は約50%。

期待値で考えると、たくさん買えば買うほど
マイナスになります。

それが宝くじが「愚か者に課せられた税金」と
言われる所以です。

この本から何を活かすか?

宝くじで当たる夢を見たい人に、
本書で是非、聞いて欲しいと推奨されて
いたのが、古典落語の「芝浜」です。

魚屋の勝が、浜辺でとんでもない大金が
入った財布を拾うという話しです。

私はこの話、アニメの『昭和元禄落語心中
で聞きました。

確か、このアニメの「助六再び篇」に
出てきたと記憶しています。

Amazonプライムでは、シーズン1も2も
無料で見れますからオススメ。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ビジネス一般・ストーリー | 06:07 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT