活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

明治日本の産業革命遺産 ラストサムライの挑戦! 技術立国ニッポンはここから始まった

満足度★★★
付箋数:24

オトバンクの上田さんから献本いただきました。
ありがとうございます。

書店やAmazonを見ているだけでは、
その存在に気づかなかったかもしれません。

しかし、今回は献本で出会うことができ、
非常に良質なノンフィクションであることが、
わかりました。

2015年7月に、日本の近代化の足跡が、
世界遺産に登録されました。

登録されたのは、「明治日本の産業革命遺産
製鉄・製鋼、造船、石炭産業」です。

この世界遺産は、大きな2つの特徴があります。

1つ目は、「シリアル・ノミネーション」方式で
世界遺産に登録されたこと。

これは複数の資産が関連しあって全体として
1つのテーマとして価値を有すると認められ、
一括して登録される方式です。

この世界遺産は、幕末から明治にかけての
産業施設や史跡群で、鹿児島、長崎など
九州各地や山口から静岡、岩手の八県に
またがる23の施設で構成されています。

これほど広範囲に分散した資産が世界遺産として、
登録されたケースはあまりありません。

そして、もう1つの特徴は、現在でも稼働中の
施設も登録されたことです。

三菱長崎造船所、官営八幡製鉄所、三池港の
一部の施設は、今なお100年以上に渡って
稼働し続けています。

この「明治日本の産業革命遺産」に登録されて
いるのは、長崎市の旧グラバー住宅や端島炭鉱、
山口県萩市の松下村塾、鹿児島市の旧集成館、
静岡県伊豆の国市の韮山反射炉などです。

これらは、日本のモノづくりの原点である
だけでなく、今の日本経済の土台を作った
産業革命の遺産です。

そこには幕末のサムライたちにが、日本の危機
から救うために行った、熱いドラマがありました。

それは明治維新版の「プロジェクトX」です。

著者の岡田晃さんは、登録された23の各遺産に
足を運び丹念に取材し、当時の時代背景や
建設のいきさつ、そしてそれに携わった多くの
リーダーや職人の奮闘を紹介していています。

本書は幕末から明治の激動の時代に奔走し、
高い志をもって挑戦し続けたラストサムライ
たちを描いたノンフィクションです。

本書の第1章で紹介されている遺産は、
薩摩藩の第11代藩主・島津斉彬さんが
建設した一大工場群の集成館です。

これは、「西郷どん」や「五代様」を育てた
幕末の名君、島津斉彬さんの挑戦を描いた
ドラマでもあります。

島津さんは、欧米列強による侵略の危機を
乗り切るため、軍備増強と殖産興業に取り組み、
多くの人材を育てました。

西郷隆盛さん、大久保利通さん、五代友厚さん
らも島津さんがあってこそ、世に出ることが
できたのです。

彼が行った集成館事業は、大砲鋳造、造船、
機械、紡績、ガラスなどの数多くの工場と
研究施設を建設した、近代化プロジェクトです。

この事業に着手したのが、ペリー来航前の
1851年だったというから驚きですね。

そして注目すべき点は、近代化プロジェクトを
単に西洋の技術を導入しただけでなく、
日本固有の伝統技術と融合させていることです。

大砲を鋳造する反射炉の建設においては、
蘭書の翻訳本を頼りにするだけでなく、
薩摩焼の伝統的技術も活用して成功させました。

他にも日本初の蒸気船の建造、機械紡績の開始、
日本初のガス灯実験の成功させるなどして、
集成館は当時、東洋最大の工業地帯となりました。

こういった事業、1つ1つがのちの明治維新に、
そして日本の近代化につながっていったのです。

本書で多くの人間ドラマを読んでいると、
日本の底力を感じますし、奮い立たせられる
ものがあります。

本書は、明治日本の産業革命遺産を撮影した
カラー口絵のほか、昔の貴重な写真なども
掲載される、資料としても価値が高い一冊です。

この本から何を活かすか?

明治日本の産業革命遺産の中で、ロケーション的
に有名なのは、端島炭鉱、通称「軍艦島」です。

1890年に三菱が買収、開発し、主力坑とした
海底炭鉱によって栄えた島です。

ピーク時には、5000人以上が住み、人口密度が
東京の9倍にもなりました。

日本初の鉄筋コンクリート造のアパート、
世界初の海底水道敷設、テレビの普及率日本一
など、当時の島の生活は豊かだったようです。

軍艦島の廃墟がちょとしたブームなりましたが、
幾度となく開発に失敗したことを乗り越え、
明治の産業革命から戦後の高度成長までを
支えた貴重な存在だったのです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 社会・国家・国際情勢 | 06:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

AI時代の新・ベーシックインカム論

満足度★★★★
付箋数:24

  「現在、世界ではベーシックインカム(BI)に
  関する議論がかつてないほど盛り上がっている。
  その背景には、人工知能(AI)やロボットが
  多くの人々の雇用を奪うようになるのでは
  ないかという予想がある。
  日本でもこうした議論がなされるように
  なってきたので、いずれBIが導入されるだろう
  と私は楽観的に考えている。
  だが、できる限り早くBIを導入するには、
  この制度を多くの人々に知ってもらう必要が
  ある。本書は、まずはそのために書かれている。」

これまでに、『人工知能と経済の未来』や
ヘリコプターマネー』などの著書がある、
駒澤大学経済学部准教授の井上智洋さん。

本書は、AI時代におけるBIのあり方につて、
井上さんが多角的に考察した本です。

最近は、BIに関する本も多く出ていますが、
まずはBIの基本的な制度について、
念のために確認しておきましょう。

  「私はしばしば、BIを “子ども手当+大人手当、
  つまりみんな手当” と表現している。
  例えば、毎月7万円のお金が老若男女を問わず
  国民全員に給付される。世帯ごとではなく
  個人を単位として給付されるというのも重要な
  特徴だ。」

無論、B財源の確保が必要となりますが、
BIは生活保護に比べてもコストは安上がりで、
優れているといいます。

なぜなら、生活保護は、申請者の収入や財産を
調べなければならず、この救済に値する者と
そうでない者を選別するコストが、
馬鹿にならないほどかかっているからです。

一方、BIは受給者を選別しないので、
その分のコストはかかりません。

そして、今言われているのが、
2030年頃に汎用AIが出現し、2045年頃までに
普及すると、多くの人の雇用が奪われる
可能性があることです。

その時に残っているのは、クリエイティビティ、
マネージメント、ホスピタリティ(CHM)に
関する仕事だけ。

そういった仕事ですら、半分はAIに奪われて
いてもおかしくありません。

CHMに関わる仕事の半分しか働いていないと
すると、それは全人口の1割ほどにしか
なりません。

井上さんは、そのような状態になった社会を
「脱労働社会」と呼んでいます。

脱労働社会においては、収入源を絶たれた
9割の人を救うために、BIのような普遍的な
社会保障制度が必要になるのです。

BIの導入において、財源の確保以外でもう1つ
問題になってくるのは、私たちの勤労美徳です。

それは「働かざる者食うべからず」という考え。

この勤労美徳に関して、井上さんは次のように
述べています。

  「そもそも労働意欲がないこと、怠惰である
  ことはそんなに罪深いことであろうか?
  AIが高度に発達し、BIが普及した未来の社会
  である “脱労働社会” では、むしろ勤勉で
  あることは今ほど美徳ではなくなるだろう。
   “脱労働社会” は、今日の “社畜” などと
  呼ばれ猛烈に会社に奉仕する人たちに
  とっては、大変残念は社会となる。
  労働に生きがいを感じるそうした人々は、
  早晩価値観の転換を迫られるだろう。」

では、労働がなくなった未来の社会では、
人々は何をして過ごすのでしょうか?

そのヒントは古代ギリシアの社会にあります。

アテネのようなポリスの市民は、労働を
忌み嫌い奴隷に任せて、自分たちは政治や
芸術、学術、スポーツに勤しんでいました。

脱労働社会が、古代ギリシアのような
活気に満ちた社会になることが予想されます。

しかし、そうならないシナリオを井上さんは、
1つだけ挙げています。

それは、発達したヴァーチャルリアリティ
(VR)にハマる人が多数でること。

VRにハマり続ける人が続出すると、
活力がない退廃した社会になってしまう
リスクがあると指摘されています。

この本から何を活かすか?

本当にBIは実現できるのでしょうか?

井上さんは、次のようなロードマップを
描いています。

  「日本が今すぐにでも導入すべきなのは、
  国債を財源にしたお金の給付である。
  既存の制度をそのままにして、
  1年目には国民全員に毎月1万円の給付、
  2年目には毎月2万円の給付という形で、
  給付額を年々増大させていくような
  ロードマップが考えられる。
  目標額は例えば7万円である。
  もちろん、その国債は日銀が買い入れる
  ことになる。」

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 社会・国家・国際情勢 | 06:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

東大教授が挑む AIに「善悪の判断」を教える方法

満足度★★★★
付箋数:24

  「私は東京大学で医学と工学を教えています。
  具体的には、医学と工学を融合した医工学
  という分野で、医療機器や医療材料の研究に
  携わっています。
  さらに最近では、ロボットが人間と共生する
  近い将来に向けて、ロボットの行動を
  制御するための “道徳エンジン” について
  研究しています。
   “道徳エンジン” とは聞きなれない単語だと
  思いますが、簡単に言うと、ロボットに
   “善悪の区別” を自分でつけさせるには
  どうすればいいか、という研究です。」

1952年に連載が開始され、その後、
国民的なアニメとなった手塚治虫さんの名作、
「鉄腕アトム」。

アトムは、物凄い「7つの力」を備えていて、
その1つ目が「善悪を見分けられる電子頭脳」
でした。

本書の著者、東京大学教授の鄭雄一さんが
やっているのは、まさに鉄腕アトムの電子頭脳
をつくる研究に他なりません。

まず、ロボットに善悪を判断させるために
やらなければならないことは、人間の道徳が
どのような構造で成り立っているかを
明らかにすることです。

多くの人が道徳的に絶対に「してはいけない」
と考える「殺人」は、ロボットに「NO」と
インプットできるのでしょうか。

  「私たち人間は、本当にこの(人を殺しては
  いけないという)道徳を “絶対に” 厳守して
  いるのでしょうか。ロボットに命令する
  からには、その元となる、私たちの道徳に
  破綻があってはならないはずです。」

しかし、現実の世界では戦争で人を殺す
ことや、死刑という制度もあります。

ロボットに「人を殺してはいけない」を
インプットするためには、戦争や死刑などで
殺人を容認する矛盾を明らかにして、
整理しなければならないです。

本書では、殺人が容認される理由を
「社会中心の考え」と「個人中心の考え」の
2つに分けて深掘りしていきます。

社会中心の考えとは、「権力者の命令や
法律でそう決まっているから」、
「社会を守るために仕方ないから」などの
理由です。

個人中心の考えとは、「そうしないと自分が
殺されるから」、「人を殺したら、同じく
殺されるのが当然だから」などの理由です。

鄭さんは、私たち人間がこれまで培ってきた
道徳的思想を、「社会中心の考え」と
「個人中心の考え」に分けて整理することで、
道徳のモデル化を試みています。

この「抽象的概念のモデル化」をしていく
過程が非常に面白い。

本書では、アリストテレスさんから、
マイケル・サンデルさんまで、古代から
現代思想までの道徳思想を整理分類します。

その上で、古今東西の道徳思想がどのような
構造で成り立っているかを分析して、
道徳システムの共通の原理を抽出します。

  第1回講義 「人を殺してはいけない」とい
       う道徳は普遍的だろうか?
  第2回講義 これまでの道徳思想を分類してみよう
  第3回講義 そもそも「人を殺してはいけない」の
      「人」って誰だろう?
  第4回講義 道徳をモデル化してみよう
  第5回講義 道徳の階層を分類してみよう
  第6回講義 道徳エンジンをロボットに
       搭載してみよう

本書の最後には、ロボット工学三原則
として広く知られる「アシモフの三原則」
についても手を加えていきます。

  「この三原則は、あまりに有名で、一部の
  人々はロボットの従うべき道徳律の決定版
  のように扱っていますが、私が見る限り、
  根本的に大きな問題をはらんでいて、
  このままでは使えないと考えています。」

この本から何を活かすか?

私たちは「道徳」が「二重性」を持っている
ことをあまり意識していません。

道徳には、全社会に「共通の掟」と、
各社会ごとに異なる「個別の掟」がある
二重性です。

「共通の掟」は、世界中どこにいようとも、
変わらない内容です。

一方、「個別の掟」は、場所や仲間の範囲と
ともに、内容が変化するものです。

本書では「共通の掟」と「個別の掟」を
統合する基本原理を「仲間らしくせよ」と
結論づけ、道徳エンジンの鍵としています。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 社会・国家・国際情勢 | 06:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

10年後の仕事図鑑

満足度★★★
付箋数:21

  「あなたが落ち込んでいるならば、
  あなたは過去に生きている。
  不安でいるならば、未来に生きている。
  でも心が穏やかならば、今を生きている。」

これは中国の賢人・老子の言葉です。

本書の冒頭で、堀江貴文さんは同じような
ことを言っています。

  「僕は、未来のことを考えるのが嫌いだ。
  未来を想像したところで、その通りに実現
  することなんてありえない。
  未来を想像して怯えるなんて暇人の
  やることだし、今を懸命に生きることが
  大事だと思っている。」

なぜ、こんなことを堀江さんが言っている
のかというと、AI(人工知能)の発達で
「AIに仕事が奪われる」という不安の声が
聞こえてくるからです。

本書は、新たに始まる時代でどう生きるか
について、堀江貴文さんと落合陽一さんが
交互に語った本です。

朋友であるお二人が何度も対談を重ねて
作られた本ですが、対談形式ではありません。

堀江さんがいつものように、周りを気にせず、
ぶっちゃけているので、それに触発された
落合さんも、ずいぶん本音を言ってしまった
印象があります。

いい意味で「本音の本音」が語られてる
本だと言えます。

お二人は次のように言います。

AIに仕事を奪われると思っている時点で、
「搾取される側」になっていると。

仕事を奪われて、価値を失うことを
恐れる前に、AIを使いこなし、
「価値を生み出す側」の視点を持てと。

お二人は「搾取する側になれ」とまでは
言わないまでも、AIの時代は「古代ローマ」
に似ているとも言います。

古代ローマには奴隷制度がありました。

ローマの市民クラスは、その奴隷に労働させ、
自分たちは豊かな暮らしをしていました。

生きるために働く必要がなく、学問や芸術など、
自分が興味を持つことに、存分に自分の時間を
使うことができたのです。

AIが、古代ローマの奴隷の役割を果たします。

つまり、私たちはAIを使いこなしさえすれば、
ローマ市民のように豊かに暮らすことが
できるようになるのです。

また、堀江さんは「なくなる仕事リスト」
なんて、血液型占いくらいの精度しかない
とも言っています。

1年後だってどうなるかわからないのに、
10年後の未来を想像することは、
まったく何の意味もないことなのです。

そんなことは「暇人のやること」とまで、
言っていますが、なぜか本書では、
10年後の職業の未来をイラスト入りで、
解説しています。

10年後に「なくなる仕事」、「変わる仕事」、
「生まれる仕事」、「伸びる仕事」を
かなりのページを割いて紹介しています。

発言内容と矛盾する部分がありますが、
そこは口述筆記の「ノリと勢い」で、
本書を作ったからでしょう。

個人的には、逆に、あまり深く考えて、
言葉を選んで語られていない点が
本書の一番の魅力だと思います。

  Chapter0 激動の時代を生きるあなたへ
  Chapter1 すべてが逆転するこれからの働き方
  Chapter2 なくなる仕事・変わる仕事
  Chapter3 生まれる仕事・伸びる仕事
  Chapter4 お金の未来
  Chapter5 日本の幸福と社会について
  Chapter6 ピュアな情熱に導かれた
      “自分の人生”を生きよ

この本から何を活かすか?

私が本書で注目したのは、中国の信用評価の
システム、芝麻信用(セサミ・クレジット)が
紹介されていたことです。

これは、中国のIT企業・阿里巴巴(アリババ)が
運営する電子マネー「支付宝(アリペイ)」を
利用する上で活用する、使用者の信用度を
数値で算出するサービスです。

信用度を表すスコアが高いと、融資の審査が
すぐに通ったり、部屋を借りる時の敷金が
「なし」になったりするようです。

この評価システムで信用度が可視化され、
社会全体が最適化できると、堀江さんは言います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 社会・国家・国際情勢 | 12:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

分断した世界 逆転するグローバリズムの行方

満足度★★★★
付箋数:24

オトバンクの上田さんから献本いただきました。
ありがとうございます。

高城剛さんと言えば、世間一般では、
まだまだ「沢尻エリカさんの元夫」という
イメージが強いと思います。

高城さんって、「一体、何をしている人?」と
思っている人も少なくないはずです。

本書は、高城さんに対してそんな印象しか
持っていない人には、是非、読んで欲しい本です。

きっと、見る目が変わることでしょう。

また、過去に高城さんの著書を読んだことの
ある人は、その突き抜けた発想に、
荒唐無稽な印象を抱いたかもしれません。

しかし、やはり本書を読むと、良い意味で、
期待を裏切られると思います。

高城さんのファンである私も、正直、
「こんな緻密なルポルタージュを書くのか?!」
と驚きました。

本書は、高城さんが立てた「ある仮説」を
検証するために書かれた本です。

高城さんは、その仮説の検証のために、
歴史を振返りながら、およそ1年半かけて
世界中を回りました。

そして、市井の人たちから、
政治家まで話を聞き、今何が起きていて、
これから何が起こるのかを考察しました。

では、高城さんは、どんな仮説を検証しようと
したのでしょうか?

それは、次のような仮説です。

  「世界最古の金融バブルと言われるオランダの
  チューリップバブルから最近の仮想通貨まで、
  人類史におけるバブルとその破綻は
   “情報の爆発” によって引き起こされると、
  僕は考えている。
  あるとき、 “魔法の機械” を手にした日から、
  人々はまったく知らない世界の情報を簡単に
  手にするようになり、どこからともなく
  欲が湧き、悪巧みを考える。
  どうにか、ひと儲けできないか。
  こうして、バブルが巻き起こり、
  いずれそれが崩壊するのは、歴史の教えだ。」

直近では、2000年に崩壊したインターネット
バブルや、その後に起こったサブプライム問題
が記憶に新しいところです。

そして、高城さんは、今後起こるであろう
バブルの崩壊について警告します。

  「現在、まだわれわれは、スマートフォンと
  高速ワイヤレス回線によるバブル崩壊を
  迎えていない。」

高城さんは、新しい「魔法の機械」である
スマホを手に入れ、欲に駆られた人類は、
「情報の爆発」によって、再びバブル崩壊を
迎えると予想します。

その仮説が、本当に起ころうとしているのか、
あるいはどこまで状況は進んでいるのかを
自分の目で確かめるために、高城さんは
世界の端から端まで時間をかけて回りました。

そこで実感したのは、グローバリゼーションの
逆転現象であり、世界は「分断」の方向に
進んでいるという事実でした。

その象徴的な出来事が、米トランプ大統領の
就任や、イギリスのEU離脱です。

 ・レーガンは「統一」だったが、トランプは
 「分断」した “強いアメリカ” 復活を目指す
 ・トランプ旋風は21世紀の “百姓一揆” なのか
 ・イギリスはEUと無事に “離婚” できるのか?
 ・低迷が続くイタリアは、日本に酷似している
 ・メルケル失墜。ドイツは極右政党AfDが第三党に

グローバリゼーションの反動で世界中で起こる
「分断」の兆候を、実際に現地に行って取材し、
1つ1つ事実を積み上げ、その本質に迫ります。

世界が今後どこに向かていくのか、
データを見て理論で考えられる学者はいても、
高城さんのように、自分の目で見た実感を込めて
レポートできる人は滅多にいません。

そういった意味で、本書は世界の流れを掴む
ための貴重な一冊だと思います。

ちなみに、高城さんは、前編と後編の2冊に
分けて執筆しており、本書は前編に当たります。

前編では、世界がひとつになった1989年から、
2019年までを「分断」という視点で検証します。

今後、刊行される予定の後編は、2020年から
2049年までの世界が、今起こっている分断から
「再びひとつとなる」予測を書いているようです。

後編の刊行にも期待が高まります。

この本から何を活かすか?

高城さんは、この20年ほどアフリカの
エチオピアを定期的に訪れているそうです。

そこで、どのような変化が起こっているのか?

かつては、写真を撮影しているだけで、
大人も子供も珍しがって寄ってきたそうです。

しかし、2017年10月の訪問では、
水も電気もない村の多くの人たちが、
スマホや携帯を持っていたそうです。

ちなみに、充電は近隣の電気がある村まで
出向くとか。

そして、高城さんが撮影しようとすると、
「ひとりにつき5ブル(25円)払え」と請求し、
子供を写すなら、更にその倍払えと迫って
きたそうです。

こんなことから、ITとグローバリゼーション、
そして資本主義が世界の隅々まで行き渡ったと
高城さんは実感しました。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 社会・国家・国際情勢 | 06:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT