活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

上級国民/下級国民


上級国民/下級国民 (小学館新書)

満足度★★★
付箋数:23

「上級国民/下級国民」という分類は、
非常に差別的で、ネットの世界では
好まれそうな表現です。

これは一種の階層論です。

階層論としてよく知られるのは、
支配階級のブルジョアジーと
労働階級のプロレタリアートに
分類したマルクス主義です。

それに対して、「上級国民/下級国民」
という分類は、更に絶対的・根源的で、
階級闘争にさえならない分類のように
思えます。

  「現代社会では “エリート” や “セレブ” 
  は “努力して実現する目標” です。
   “上層階級(アッパークラス)/
  下層階級(アンダークラス)” は
  貴族と平民のような前近代の身分制を
  表していましたが、その後、階級
  (クラス)とは移動できる(下流から
   “なり上がる” )ものへと変わりました。
  それに対して “上級国民/下級国民” は、
  個人の努力がなんの役にも立たない
  冷酷な自然法則のようなものとして
  とらえられているというのです。
  いったん “下級国民” に落ちてしまえば、
   “下級国民” として老い、死んでいく
  しかない。幸福な人生を手に入れられる
  のは “上級国民” だけだ――。」

本書は、「上級国民/下級国民」という
分断をテーマにした社会論の本です。

著者は、最近では『言ってはいけない
シリーズがベストセラーになっていた
橘玲さんです。

本書は、元々、日本生物地理学会の
市民シンポジウムとして行われた
「リベラル化する社会の分断」という
橘さんの講演内容をに書籍化したもの。

ですから、入口は「上級国民/下級国民」
になっていますが、大きなテーマ
としては、リベラル化による分断に
なっています。

まずは、現代の世界では、国や歴史、
文化、宗教が違っても、どこも似た
ような社会になってきていること。

その中で、「上級国民/下級国民」の
ような、新たな階層の分断が生まれて
いるのです。

そのような社会の中で、どのようにして、
生き延びていけばいいのでしょうか?

橘さんは、大きく2つの人生戦略を
提案しています。

1つは、高度化する知識社会に最適化
した人的資本を形成する戦略。

具体的には、データサイエンティストや
エンジニアとしての専門性を高めていく
生き方です。

もう1つは、SNSで多くのフォロアーを
集めて、その「評価資本」をマネタイズ
していく戦略です。

フェイスブック、インスタグラム、
ツイッター、ユーチューブなどから
収入を得ていく生き方です。

たとえ、社会の中で解決できない
階層の分断が起こっていても、
個人としては解決できるというのが、
橘さんの考えです。

  「私たちがどのような社会に生きており、
  そこでなにが起きていて、これから
  どのような世界がやってくるかを
  (かなりの精度で)予測できれば、
  自分と家族が生き延び、幸福な人生を
  手に入れるのにきっと大きな助けに
  なるでしょう。」

本書でも、橘さんはいつものように、
様々な論文やエビデンスを集めてきて、
帰納法的に結論をまとめています。

それが、身も蓋もない話になることは、
実は最初から織り込み済みです。

ですから、そこに至る過程を楽しむ本
だと個人的には思います。

この本から何を活かすか?

階層論とは別の話ですが、若い女性の
「エロス資本」についても、本書は
言及していました。

  「若い女性は大きな “エロス資本
  (エロティック・キャピタル)” を
  持っており、それを資本市場で
  マネタイズ(換金)している。
  (中略)
  女性のエロス資本は年齢によって
  大きく変動し、10代後半からの
  10年間で最大になって、それが徐々に
  減っていき、それが35歳を過ぎると
  ほぼ消滅します。」

これも「言ってはいけない」ことの
1つなのだと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 社会・国家・国際情勢 | 05:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1970年体制 「縮み志向」が日本経済を停滞させた


1970年体制 「縮み志向」が日本経済を停滞させた

満足度★★★
付箋数:23

日経BP社の山崎さんより献本頂きました。
ありがとうございます。

少子高齢化による労働力不足や年金問題、
原発事故を起点にしたエネルギー問題、
モラルなき政治家による混迷・・・。

こららの令和の時代になっても、
日本を悩ませている構造的な問題は、
つい最近、降って湧いたものでは
ありません。

実は、令和の時代の社会問題は、
今から50年前、1970年代から指摘されて
いたことでした。

終戦後、どん底の状態だった日本は、
人口増、円安、世界経済の拡大などの
追い風に乗って、世界が驚くほどの勢いで、
奇跡的な復興を遂げました。

しかし、およそ20年近く続いた高度成長は
1973年に終わり、日本は大きな転換点を
迎えます。

円高、原油高、人口減と少子高齢化、
中国など新興国の台頭・・・・

日本経済を取り巻く環境は1970年代を
境に急変しました。

この時、日本では抜本的な改革を
先送りし、企業はリスクを避けるだけの
減量経営に走りました。

それ以来、日本に染み付いてしまったのは、
縮小均衡の「縮み思考」でした。

つまり、今日まで続く日本の長期低迷は、
「縮み思考」による人災とも言えます。

  「本書の出発点は、1990年のバブル崩壊
  以降、日本経済はなぜ成長力を失い、
  停滞を続けているかに改めて迫るところ
  にある。(中略)
  見えてきたのは、73年まで20年近く
  続いた黄金の高度成長期が同年の
  石油危機、変動相場制移行という
  大変動から一変した日本経済の姿
  だった。日本企業、政官は抜本的な
  改革ができず、その対応力のなさが
  後の時代まで続いたのである。」

本書は、「失われた30年」以降も、
低迷を続けている日本経済の根本的な
原因を探り、解決の糸口を見つけようと
する本です。

著者は、日経ビジネス編集委員で、
日経トップリーダーの編集委員でもある
田村賢司さんです。

田村さんは、日本経済は危機に直面
するたびに、同じ対応で生き残ろうと
してきたと考えます。

その同じ対応が「縮み思考」です。

これは1970年代に芽生えて、日本人の
思考法や行動様式に根付いてしまったと
指摘しています。

本書では、縮み型の思考法や行動様式が
なぜ、どのようにして生まれ、今日まで
続いているのかを多くの取材を重ねて
解明します。

一橋大学名誉教授の野口悠紀雄さん、
元通産事務次官の小長啓一さん、
ホンダ元副社長の入交昭一郎さん、
元ダイエー副社長の中内潤さん、
元松下電器産業社長の谷井昭雄さん、
日本電産会長CEOの永守重信さん・・・

ここにはすべての名前を書ききれませんが、
本書では、当時を知る十数名の方から
証言を取り、1970年体制が生まれた経緯を
読み解いていきます。

この取材の部分が本書の大きな特徴で、
私たちが学ぶべき貴重な証言でもあります。

本書には、今こそ抜本改革が必要なことを
改めて考えさせられる説得力があります。

変われなかった、50年を終わらせるために、
是非、読んでおきたい本です。

 第1章 1970年代に根付いた縮小均衡思考
    が今も続く
 第2章 リーダーは何を変え、何を変え
    られなかったのか
 第3章 日本企業の挑戦と挫折
 第4章 令和に先送りされた構造問題
 第5章 アベノミクス超え、新経済モデル
    構築へ何が必要か

この本から何を活かすか?

小泉純一郎首相時代に鳴り物入りで
行われた郵政民営化。

その後、実態としてどうなったのか?

本書では、日本郵政公社初代総裁の
生田正治さんへの取材を行っています。

  「規制緩和のような既得権と戦う
  改革はプランと実行が大事なのですが、
  それが07年の民営化以降、進まなく
  なりました。それどころか明らかに
  後退しています。」

やはり、郵政の民営化は骨抜きにされ、
国民の利便性は向上していないようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 社会・国家・国際情勢 | 06:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

世界を戦慄させるチャイノベーション


世界を戦慄させるチャイノベーション

満足度★★★★
付箋数:24

日経BP社の山崎さんより献本頂きました。
ありがとうございます。

あなたは、中国企業の技術革新に対して、
「所詮は中国」と思っていませんか?

もし、そんな上から目線で中国企業の
技術力をナメていると、本当の実力を
見誤るかもしれません。

  「米国はテクノロジーで中国に後れを
  取り、もう追いつけないと思っている。
  だからこそ米トランプ大統領は中国の
  通信機器大手のファーウェイを
  あらゆる手段を使って排除しようと
  している。(中略)
  かつて中国は、米国や日本、韓国の
  技術をコピーしていたが、逆に
  こうした国々が中国の技術をまねる
  時代がやってくるだろう。」

これはリーマンショックの到来を
予言したことでも知られる投資家、
ジム・ロジャーズさんの言葉です。

中国のやっていることが、嫌いとか
言っていられる段階は、もう過ぎた
のかもしれません。

これまで世界の技術革新をリード
してきたのは、いわゆる「GAFA」
(グーグル、アマゾン、フェイスブック、
アップル)と呼ばれる米国の企業でした。

しかし、技術力でも時価総額でも、
それに迫る勢いがあるのは、
中国の「BATH」です。

これはインターネット検索の百度、
ネット通販のアリババ集団、
ネットサービスのテンセント、
通信機器のファーウェイの4社です。

しかし、この4社にとどまらず、
非上場ながら企業価値が10億ドルを
超えるユニコーン企業が中国では
次々と生まれています。

その中でも2017年に日本に上陸し、
月間の利用者が1000万人に迫って
いる企業があります。

それは動画投稿アプリ「TickTok」
を提供する北京字節跳動科技
(バイトダンス)です。

ティックトックは、日本では若者を
中心に大流行しましたね。

私たちが知らないうちに、
中国の技術力は日本にも入り込み、
大きな存在感を示すようになっています。

本書は、中国発の技術革新、
「チャイノベーション」を
豊富な取材を行こない徹底解剖した本。

日経ビジネスで特集された記事が
ベースになっていますが、
かなり読み応えがありました。

そして、タイトルにある通り、
チャイノベーションには戦慄を感じます。

それは、中国では私たちの常識では
考えられない、「タブーなき」
技術革新が行われているからです。

SFに出てくるマッドサイエンティストが、
狂気の技術開発を行っているのに、
近い印象さえあります。

例えば、倫理上問題がある遺伝子を
編集した赤ちゃんを誕生させる。

例えば、自動運転技術に必要なデータを
集めるために、街丸ごと実験場とする。

こうした常識破りのことをやってでも、
技術開発を行う姿勢はやはり脅威です。

その結果は、技術力を裏付ける指標の
1つである特許出願数にも表れています。

中国の特許出願数は、2010年には
日本を抜き、2011年には米国も抜いて、
今では世界トップを独走しています。

存在感を示すチャイノベーションは、
日本にとって敵か味方か?

本書では、中国の技術革新に対して、
ポジティブに見る識者とネガティブに
見る識者の両方のインタビューを掲載。

一方的な見方にならない、バランスの
取れた本に仕上がっています。

本書は、中国脅威論から一歩先に
踏み出すために最適な本だと思います。

この本から何を活かすか?

半導体の分野では、性能と消費電力を
左右する「微細化」技術で覇権争いを
しています。

最初に7ナノメートルの半導体を開発
したのは、米アップルでした。

それとほぼ同時に7ナノメートルの
半導体を開発したのが、ファーウェイ
傘下の海思半導体(ハイシリコン)。

微細化では、世界最大手のインテルや
クアルコムは出遅れているようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 社会・国家・国際情勢 | 05:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

もう銀行はいらない


もう銀行はいらない

満足度★★★
付箋数:20

  「この本の執筆を通して、私はある結論に
  至りました。銀行業界が抱えるさまざまな
  問題をすべて解決するための方法は、
  1つしかありません。
  それは銀行業務から人を排除することです。
  (中略)
  ここまで発達したIT(情報技術)やAI
  (人工知能)の技術があれば、
  近い将来、銀行は巨大な情報システムの
  塊となって、それをメンテナンスする
  プログラマー以外、人はいらなくなります。
  銀行の9割が消え、銀行員は99%リストラ
  される。それが銀行の未来像です。」

これが上念司さんの考える結論です。

本書は、現在の銀行の様々な問題を指摘し、
銀行大崩壊時代を予測する本です。

なぜ、上念さんは銀行は不要と考える
のでしょうか?

それは、今の銀行には融資の審査能力が
ないと考えるからです。

実績がない、新しい会社は銀行から
お金を借りることができません。

ただし、実績や将来性がなくても、
コネや紹介があると、非常に良い条件で
お金を借りることができます。

そして、主に銀行がお金を貸している先は、
不動産などの担保を持っている会社。

もともとお金を持っていて、返すことが
できる会社にしかお金を貸しません。

つまり事業の将来性に融資は関係なく、
失敗しても取りっぱぐれのない所にしか
銀行はお金を貸さないのです。

  「ブランド物の時計やバックを質として
  預かる代わりに、お金を貸して利子を得る
  質屋とやっていることは変わりません。」

銀行がマクロ経済の中で果たすべき、
大きな役割は「信用創造」をすること。

信用創造とは、銀行が貸し出しを
繰り返すことで、最初に受け入れた預金額の
何倍ものお金をつくりだすことです。

つまり、お金を回してお金を増やす機能。

上念さんは、このお金創造機能を持たない
銀行は存在価値がないと言っています。

本書の序章では、これまで上念さんが銀行と
関わった際のトラウマ体験が語られています。

独立した直後、メガバンクで預金口座の
新規開設を断られたこと。

そして、総合格闘技ジムのフランチャイズ
経営で、融資を申請した際に、相対融資
ではなく、制度融資を勧められたこと。

この2つの実体験により、上念さんは
今の銀行の無能さをリアルに感じました。

ただし、これを冒頭で語っていることで、
個人的に銀行に恨みがあるように感じて
しまいます。

その後、銀行の抱える問題を指摘し、
そのエビデンスを示しても、
恨みの延長のような印象が残りました。

2014年にオックスフォード大学の
マイケル・A・オズボーンさんが、
10年後になくなる仕事を発表して
話題になっていました。

その中にも銀行窓口や融資担当なども
含まれています。

ですから、今の銀行の大半の仕事が、
AIの発達によってなくなる事自体は、
大げさなことではないように思えます。

本書は、いくつも鋭い指摘をしていながら、
どこかバランスを欠いていて、
ちょっともったいない印象が残りました。

 序章 質屋と同じ銀行なんていらない
 第1章 非効率極まりない銀行業務
 第2章 銀行の消える日がやってくる
 第3章 消費者金融も焼け石に水
 第4章 銀行経営はがんじがらめ
 第5章 銀行と裏社会
 第6章 何も変わらない銀行の体質
 第7章 「銀行大崩壊時代」の結末
 終章 日本の銀行が変わる究極のプラン

この本から何を活かすか?

本書では、金融後進国である日本が、
一発逆転するプランが紹介されています。

  「それは日銀による円の仮想通貨化です。
  ブロックチェーン(分散型台帳)の技術
  を使って、日本円と “1:1” でペッグ
  (連動)した“円コイン”を発行し、
  最終的には現金(お金と硬貨)を廃止
  して仮想通貨に統合する。
  これが究極プランです。」

実際に日銀も仮想通貨発行の研究を
していますし、仮想通貨えお発行する
こと自体には私も賛成です。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 社会・国家・国際情勢 | 06:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ディープテック 世界の未来を切り拓く「眠れる技術」


ディープテック 世界の未来を切り拓く「眠れる技術」

満足度★★★
付箋数:24

日経ビジネスの原さんより献本頂きました。
ありがとうございます。

  「最近、いろいろなところで
  ディープテックの話をするものの、
   “んっ?” という顔をされることが
  まだ多い。今後、日本が世界に貢献して
  いくうえではディープテックこそが
  最善の方法なのに、その意味を深く
  理解している人は、思いのほか少ない。
  それはつまり、社会貢献の機会を逸して
  いるばかりか、ビジネスの機会を
  みすみす逃していることにほかならない。」

あなたは、ディープテックという
言葉を聞いたことがありますか?

実は、私は本書で初めて耳にしました。

最近、世界への影響力が下がっている
日本ですが、ディープテックによって、
今まで以上に大きな貢献ができる
可能性があるようです。

ディープテックとは、テクノロジーを使い、
社会の根深い課題(ディープイシュー)を
解決していく考え方、もしくはその活動
を指します。

使うテクノロジーは、最先端のもので
ある必要はありません。

いわゆる「枯れた技術」であっても
一向に構いません。

では、1つ事例を見てみましょう。

世界で最も生産されている植物油に
パーム油があります。

世界のパーム油の85%を生産している
のがインドネシアとマレーシアです。

この2つの国で、パーム油は産業を
支える大きな役割を果たしていますが、
同時に、このまま生産を続けると、
環境汚染が広がると指摘されています。

それはパーム油を搾汁した後の、
「搾りカス」問題です。

年間540万トンも排出される搾りカスの
多くは放置され、メタンガスを発生
させているのです。

このディープイシューの解決に、
日本が培ってきた技術が生かされ
始めています。

搾りカスを微細な繊維にして、
そこにディープテックベンチャーが
開発した素材を加えることで、
「マンナン」が抽出可能になりました。

このマンナンは、鶏の餌に必要な
成長促進剤の代わりに使われます。

これまで処分に困っていた搾りカスが、
ディープテックによって、新たな商品へと
生まれ変わったのです。

本書では、ディープテックによって、
ディープイシューを解決する世界中の
事例を数多く紹介しています。

著者は、リバネス代表取締役グループ
CEOの丸幸弘さんと、人工知能に詳しい
フューチャリストの尾原和啓さんです。

  「日本には多くの “眠れる技術” がある。
  だが、多くの日本人は、こうした技術が
  世界各国が抱えている社会課題を解決する
  ために役立つことに気づいていない。」

これは非常に、もったいないことです。

社会的な問題を抱える国は東南アジアに
多く、立地から考えても、持っている
技術から考えても、日本は大きな
ポテンシャルを秘めているのです。

本書では、日本企業がディープテックの
領域で活躍できる3つのパターンを
示しています。

1つ目は、エマージングマーケットで、
ディープイシューを解決しようとする人々
に対して、事業を拡大させる役割です。

2つ目は、優れた技術であっても、時代の
変遷についていけなかったテクノロジーを
エマージングマーケットで再び生かす方法。

3つ目は、日本が抱えるディープイシュー
を解決しようとするスタートアップ企業が、
そのままエマージングマーケットに
飛び込んでいくパターンです。

輝きを失っていた技術のある日本企業が、
ディープテックによって、再び脚光を浴びる。

本書は、日本にとっても新興国にとっても、
明るい未来が見えてくる一冊です。

この本から何を活かすか?

ディープテックの本書での定義を
念のため紹介しておきます。

 1.社会的インパクト
 2.ラボから市場に実装するまでに、
  根本的な研究開発を要する
 3.市場に出回るまでに時間を要し、
  相当の資本投入が必要
 4.知財だけでなく、情熱、ストーリー性、
  知識の組み合わせ、チームといった
  観点から参入障壁が高いもの
 5.社会もしくは環境的な地球規模の
  課題に着目し、その解決のあり方を
  変えるもの

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 社会・国家・国際情勢 | 06:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT