活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

9プリンシプルズ:加速する未来で勝ち残るために

満足度★★★
付箋数:24

  「2012年の春の日にエージェントが電話を
  よこして、本の共著に興味あるかと尋ねた。
  真っ先に言ったのは “ない” の一言だった。
  物書きが集まって苦労話をするとき、
  最もぞっとするものはクリエイティブな
  協働作業がおかしくなったものについての
  話なのだ。ほんの好奇心で “ちなみに相手の
  書き手は誰?” と尋ねた。
   “伊藤穰一” とエージェント。
   “おっと。それなら、ある” と私は答えた。」

こう語っているのは、本書の共著者の一人、
ノースウェスタン大学助教授で、
MITメディアラボ客員研究員のジェフ・ハウさん。

ハウさんは、現在、普通に使われている
「クラウドソーシング」という言葉の
生みの親です。

ハウさんが、名前を聞いただけで、
一緒に仕事をしたいと心変わりした相手は
伊藤穰一さんです。

伊藤さんはベンチャーキャピタリストとして
世界的に有名で、現在はMITメディアラボの
所長を務めている方です。

日本ではNHK Eテレのる語学教養番組、
「スーパープレゼンテーション」の
ナビゲーターとしても知られています。

恐らく、本書を手に取った方のほとんどは、
「伊藤穰一」という著者名を見たからに、
違いないでしょう。

ハフさんをはじめ、みんな伊藤さんが
何を語るのかを知りたいのです。

原題「Whiplash: How to Survive
Our Faster Future


Whiplashとは、むち打ち症のことです。

むち打ち症になってしまうほどの
急激な速さで変化する未来を、私たちは
どう生き延びるかを論じた本です。

その未来を生き残るための術が、
「9つの原理(ナイン・プリンシプルズ)」
としてまとめられています。

  1. 権威より創発
  2. プッシュよりプル
  3. 地図よりコンパス
  4. 安全よりリスク
  5. 従うより不服従
  6. 理論より実践
  7. 能力より多様性
  8. 強さより回復力
  9. モノよりシステム

伊藤さんの哲学がまとめられているので、
具体的なノウハウではなく、少し抽象的な
内容です。

未来を生き抜くための術ですから、
あまり内容が具体的過ぎると、
すぐに陳腐化してしまいます。

そのため、この程度の抽象度は
必要だと思います。

個人的に気に入ったのは、5つ目の原則
「従うより不服従」です。

  「不服従、特に問題解決のような極度に
  重要な領域での不服従は、しばしばルール準拠
  より大きな見返りをもたらす。
  イノベーションには創造性が必要で、
  創造性は―善意の(そしてあまりに善意でない)
  管理職たちの大いなるフラストレーションの
  源ではあるけれど―しばしば制約からの自由を
  必要とする。(中略)
  偉大な科学的進歩に関するルールは、
  進歩のためにはルールを破らねばならない
  ということだ。言われた通りにしているだけで
  ノーベル賞を受賞できた人はいないし、
  だれかの設計図にしたがっていただけで
  ノーベル賞をもらえた人もいない。」

社会の役に立つ、良心を持った「不服従」が
イノベーションを生むのです。

解釈が少し難しい部分もありますが、
なかなか刺激的な本だと思います。

この本から何を活かすか?

  「台風が吹き荒れたとき、鋼鉄のように
  強い樫の木は砕けるが、柔軟で回復力のある
  葦は低くたわみ、嵐が通り過ぎるとまた
  跳ね起きる。失敗に抵抗しようとして、
  樫の木はかえってそれを確実にして
  しまったわけだ。」

本書では、サイバーセキュリティの分野で
「強さより回復力」が語られていました。

個人的には、この原則は他の分野でも
広く応用が効くと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 社会・国家・国際情勢 | 05:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

本当は中国で勝っている日本企業

満足度★★★
付箋数:21

オトバンクの上田さんから献本いただきました。
ありがとうございます。

  「この本のタイトルは『本当は中国で
  勝っている日本企業』だが、現在、中国で
  成功している日本(日系)企業は、
  皆さんが思っているよりずっと多い。

  なぜ中国で勝っている会社ほど、
  あまり知られていないのか?

  ひとつは中国企業に売ることが増えたから
  である。一般の中国人消費者に売る消費財
  と違い、メディアも企業も、積極的には
  伝えてこなかった。」

日本国内での市場の伸びが限界に近づいた
企業にとって、巨大な人口を抱える中国は、
どうしても押さえておきたい市場です。

しかし、日本企業が中国で成功することは
簡単ではありません。

これまでにも多くの企業が、一度は中国に
進出するものの、日本でのやり方が通用せず、
撤退を余儀なくされてきました。

しかし、日本ではあまり知られていなくても、
中国市場で成功を収めている企業があります。

中国では、どんな日本企業が、どのように
して勝っているのか?

本書は、中国でビジネスを行う日本企業と
現地のビジネスパーソンに丹念に取材を重ね、
中国市場で勝つための秘訣を探った本です。

著者は、ダイエーと中国の合弁会社で
5年間勤務した後、北京大学経済学部に留学し、
そのまま北京で執筆・創作活動を続けている
谷崎光さんです。

谷崎さんの本では、商社時代の中国での
ビジネスの様子をコミカルに描いた
中国てなもんや商社』が大ヒットして、
1998年に松竹で映画化もされました。

谷崎さんは、今年で北京在住17年目。

本書で紹介される日本企業は7社あります。

 第1章 三菱電機
  中国全土にファクトリーオートメーション
  を売れ!
 第2章 富士電機
  スマホ支払い自動販売機で中国大陸を
  制覇する
 第3章 伊勢半
  アジア全域の口コミパワーが爆売れを
  呼んだ
 第4章 キユーピー
  中国人の舌と胃袋をとりこにした
  「味」の秘密
 第5章 良品計画 ユニ・チャーム 名創
  中国人を離さない、
  品質の良さ×デザイン性×マーケティング
 最終章 中国で本当に勝つ方法
  匿名でしか語れない本音のホンネ

個人的に気になったのは、中国で自動販売機の
ビジネスが成立するかです。

自販機の中の現金や商品が盗まれたり、
売上がごまかされることが多かった中国。

しかし、フィンテックが発達することで、
スマホ決済が可能になり、この問題が
解決しました。

現在の中国の自販機には、お金をスマホで
支払える液晶パネルが搭載されています。

この決済方法が可能になってから、
中国での自販機の設置台数は、
劇的に伸びました。

何よりも、このスマホでの支払い方法だと
日本では考えられないリスクも回避できます。

それはニセ札をつかまされるリスクです。

日本では、固定電話から携帯電話を経て、
スマホと段階を踏んで普及しましたが、
中国では地域によっては最初からスマホが
普及しています。

こうした一足飛びで物事が進化する波が、
中国では何度も訪れているようです。

本書では日本で聞く「中国経済崩壊論」
では伝わってこない、中国の実情を
リアルに、かつコミカルに伝えています。

この本から何を活かすか?

中国のマヨネーズ市場は99%はキューピーが
占めています。

キューピーが中国で躍進したのは、中国人の
舌にあった商品を開発したからです。

それはキューピースイートマヨネーズ。

果物に使う酸味を抑えて甘くした味付けの
マヨネーズです。

中国では、果物にこのマヨネーズを
和える食べ方が、大好評を得たようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 社会・国家・国際情勢 | 05:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アメリカを動かす『ホワイト・ワーキング・クラス』という人々

満足度★★★
付箋数:24

オトバンクの上田さんに献本いただきました。
ありがとうございます。

2017年1月20日、第45代アメリカ合衆国大統領に
ドナルド・トランプさんが就任しました。

当初は、誰もがトランプさんが大統領に
なることを予想せず、ただのジョークとして
語られることさえありました。

なぜ、トランプ大統領は、生まれたのか?

それは、トランプさんが「忘れられた人々」
と呼んだ層からの支持を得たからです。

この「忘れられた人々」が本書で解説される
「ホワイト・ワーキング・クラス」と呼ばれる
層です。

ホワイト・ワーキング・クラスとは、
その名の通り、「白人労働者」層のことです。

白人労働者層は、貧困層でもなければ、
エリート層や富裕層でもありません。

かつてのアメリカの製造業を支えていた
いわゆるブルーワーカーです。

彼らは1つの企業で真面目に勤め上げ、
家族を養うことを美徳としてきましたが、
時代の流れとともに、居場所を失いました。

白人労働者層は、これまでの政府やメディア
からは軽んじられ、大きな怒りと失望を
抱えていました。

彼らの怒りは、ポピュリズム=反権威主義
として政治的に大きな力となって、
トランプ大統領誕生の原動力となりました。

従来の白人至上主義が、アメリカ社会全体
から黒人やユダヤ教徒などの異分子を
排除しようとしたのに対し、トランプさんの
掲げた白人至上主義は異なりました。

トランプさんは、白人労働者こそ社会の
犠牲者であるという被害者意識に立って、
アイデンティティや尊厳の復権を訴えました。

こうした白人労働者の怒りがアメリカ社会の
背景にあったため、トランプ大統領は
生まれるべくして生まれたとも言えます。

ところで、ホワイト・ワーキング・クラス
とは、一体、どのような人々なのか?

実は、トランプ大統領が誕生するまで、
彼らはメディアからも疎外されていたので、
日本に住む私たちは、その実態をよく知らない
というのが本当のところでしょう。

実際、アメリカのエリート層にとっても、
「なぜ、ホワイト・ワーキング・クラスは?」
という疑問がたくさんありました。

本書の著者、ジョーン・C・ウィリアムズさんは
大統領選挙の日の夜から、この「なぜ?」に
答える記事をハーバード・ビジネス・レビュー
誌のウェブ版に発表してきました。

この記事は「アメリカのワーキング・クラス
について多くの人々が知らないこと」という
タイトルで掲載され、同誌の歴史において
最大の読者数を誇る記事となっています。

本書はそれをベースにまとめられた本です。

  ・なぜ、ワーキング・クラスは貧困層に
   反感を抱くのか?

  ・なぜ、ワーキング・クラスは専門職に
   反感を抱き、富裕層を高く評価するのか?

  ・なぜ、ワーキング・クラスは仕事がある
   場所に引っ越さないのか?

  ・なぜ、ワーキング・クラスは大学に
   行こうとしないのか?

  ・なぜ、ワーキング・クラスは子供の教育に
   熱心に取り組まないのか?

  ・ワーキング・クラスは製造業に仕事が
   戻ってこないことを理解していないのか?

私たち日本人は、この「なぜ?」という問い
によって、そもそも白人労働者に
そのような考えがあることを知ります。

本書は、世界に吹き荒れるポピュリズムを
支える「真・中間層」の実態をレポートする
良書です。

なかなか日本のメディアでは伝えられない、
ホワイト・ワーキング・クラスの真の姿と
その政治的影響がよくわかります。

この本から何を活かすか?

ホワイト・ワーキング・クラスの人々は、
自分たちより階層が下の、貧困層に対しては、
怒りを持っています。

それは貧困層に仕事を奪われ、彼らを救済する
医療保険制度によって、自分たちの負担が
増えているからです。

一方、ホワイト・ワーキング・クラスの人々は、
富裕層に対しては反感がないどころか、
逆に高く評価しています。

それは、そもそも富裕層とはあまり接点がなく、
彼らに対しては、手を差し伸べてもらいたい
という欲求があるから。

自分たちのすぐ上の階層の専門職からは、
日常的に差別や侮辱を受ける機会が多いので、
それと対比して富裕層がよく見えるのです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 社会・国家・国際情勢 | 05:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

世界一訪れたい日本のつくりかた

満足度★★★★
付箋数:28

日本を代表する観光都市、「京都」。
その素晴らしさは世界も認めるところです。

アメリカで発行部数100万部を誇る
大手旅行雑誌「Travel+Leisure」の
世界都市ランキングでは、2014年、2015年と
2年連続で京都は第1位に輝きました。

また、イギリスの権威ある観光雑誌、
「ワンダートラスト」の読者投票でも
京都は世界観光都市ランキングで、
第1位に選出されています。

これらの評価を見ると、京都は名実共に、
世界No1の観光都市と言いたいところですが、
残念ながら「実」の方がまだ伴っていません。

外国人宿泊数世界トップ都市ランキングでは、
2015年の調査で京都は「世界第89位」の
観光都市に過ぎないのです。

つまり、京都は世界中の人々が行きたい
憧れの観光都市ではあるものの、
その潜在能力を十分に生かし切れて
いないのです。

もっと多くの外国人観光客が訪れて、
今以上にお金を落としてもらう余地が
残されているのです。

ここでは、京都を例に挙げましたが、
本書の著者、デービッド・アトキンソンさんは
日本全体の観光業が同じような状況にあると
指摘します。

日本を訪れる外国人観光客の数は、
2007年にはおよそ800万人でしたが、
2016年には2400万人を突破しました。

わずが10年足らずで、3倍になりましたが、
それでも、まだまだ不十分なのです。

  「日本の観光業は、そのポテンシャルを
  十分に発揮できていると言えるでしょうか。
  本書のタイトルにあるように、 “世界一
  訪れたい国” になっているでしょうか。
  私は、まだまだそんなことはない、
  と断言します。

  2016年の2400万人という数字は通過点に
  すぎません。安倍政権は2020年に4000万人、
  2030年に6000万人という目標を立てて
  いますが、私は “やるべいこと” をやれば、
  日本は “世界一訪れたい国” となり、
  この目標も簡単にクリアできると
  考えています。」

本書には、日本が真の観光先進国になる
ための提言が述べられています。

2015年に刊行され大ベストセラーになった
前著、『新・観光立国論』も素晴らしかった
ですが、本書のアトキンソンさんの指摘は、
それにも増して、非常に納得感があります。

さすがに、元ゴールドマン・サックスで
金融調査室長を務めたアナリスト。

データの扱い方が非常に上手いですね。

アトキンソンさんは、2017年から
日本政府観光局特別顧問に就任して
いますが、もう日本の観光戦略は、
アトキンソンさんに任せておきたい、
と思えるような内容でした。

今や観光産業は、世界経済のGDPの
10%を占め、世界中の雇用の11分の1を
生み出すほど、大きく伸びている
成長産業になっています。

観光産業は、世界経済において、
エネルギー、化学製品に次ぐ、
「第3の基幹産業」という位置づけ
なのです。

当然、日本にとっても観光は有益な
産業で、その潜在能力を生かすと、
日本経済を活性化する可能性を
十分に秘めています。

本書には、現状分析と日本が観光先進国に
なる方法論が理論的かつ具体的に提案
されています。

現在、観光業に関わっている方もいない方も
ぜひ読んで欲しい一冊だと思います。

 第1章 日本の「実力」は、こんなものじゃない
 第2章 「どの国から来てもらうか」がいちばん大切
 第3章 お金を使ってもらう「魅力」のつくりかた
 第4章 自然こそ、日本がもつ「最強の伸び代」
 第5章 「誰に・何を・どう伝えるか」を
    もっと考えよう
 第6章 儲けの9割は「ホテル」で決まる
 第7章 観光は日本を支える「基幹産業」

この本から何を活かすか?

アトキンソンさんは、観光において日本には
「地の利」があると指摘まします。

それは、国際観光客は、隣国へ旅行した
ときよりも、遠い国へ旅行したときのほうが、
より多くのお金を落とす傾向があるから。

  「欧州やアメリカという、ただでさえ観光に
  お金を使う傾向のある人々が “遠方” に
  いるというのは、日本にとって非常に大きな
  プラスと言えるでしょう。」

更に、本書では具体的なターゲットとしては、
フランスではなくドイツを挙げていました。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 社会・国家・国際情勢 | 05:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マネーはこれからどこへ向かうか

満足度★★★
付箋数:18

  「世界は不安定な時代に突入しました。
  この不安定な世界を生き抜いていくために、
  まずはこれまでのこと、現在の状況を
  正しく認識する必要があります。
  放送されるニュースが本質を捉えているとは
  限りません。自身の頭で正しく認識することで、
  今後、世界経済に起きうることや必要な対策
  について、自分で考えることができるように
  なります。トランプ大統領就任後の世界
   “アフター・トランプ” は、これまでと
  まるで違う世界になることが考えられます。」

大前研一さんは、トランプ大統領就任前を
「ビフォー・トランプ(BT)」、
就任後を「アフター・トランプ(AT)」
と呼び、世界経済は大きく変わるという
考えを示しています。

以前、大前さんは、OSのウィンドウズが
登場する前を「ビフォー・ゲイツ(BG)」
後を「アフター・ゲイツ(AG)」と呼んで、
その違いを比較していました。

今回は、同じ発想でトランプさんが
大統領に就任する前後を比較しています。

大きなポイントは、トランプさんが公約を
実行するかどうかです。

大前さんは、トランプさんは多くの公約を
実行しない(できない)と見ています。

仮に、実行したとするとハイパーインフレが
起こり、トランプさんもアメリカも
自爆することになります。

本書では、トランプ政権に起こり得る
4つのシナリオを用意しています。

 シナリオ1 政策の失敗
  反グローバル化政策で、アメリカ内で悪性の
  インフレを招き、国民の支持を得られない。

 シナリオ2 公約修正
  ギリシャのチプラス首相のように、次々と
  公約を修正し、国民の支持を失う。

 シナリオ3 有言不実行
  言い続けるだけで何もせず、国民だけでなく、
  世界からも批判を浴び、1期4年持たない。

 シナリオ4 辞任
  1期途中でニッチもサッチもいかず、
  政権を投げ出し、副大統領のマイク・ペンス
  さんが大統領になる。

いずれにせよ、トランプ政権は最長でも
1期4年で終わることが想定されます。

そのため、日本はトランプさんの言うことを
あまり聞かない方がいいと提言されています。

もし、大前さんがトランプさんから、
政策実現のためにコンサルティングを
依頼されたら、まず、トランプさん自身の
考え方を改めさせたいようです。

「すでにアメリカはファーストじゃないか」と。

世界的に強いのはアメリカ企業ばかりで、
弱っている企業は、アメリカ国内での競争に
負けただけで、外国の企業に敗れては
いないのです。

本書は、タイトルになっているマネーの
行き先よりも、主にアフター・トランプでの
世界情勢や経済について語られた本です。

大前さんが主宰する勉強会「向研会」での
講演内容を中心に加筆・修正して
まとめられた本です。

そのため、意図せず同じことを言っている
箇所があり、また話の内容も全体的に粗い
印象を受けました。

  序章 人とマネーはどこへ向かうのか
  第1章 政治が経済危機を呼ぶ
  第2章 「Gゼロ」の世界経済はこれから
     どうなるのか?
  第3章 アメリカは「衰退」したのか?
  第4章 欧州に燻る経済危機の火種
  第5章 世界最適化できない日本経済と企業経営
  終章 日本はシリコンバレーに学び、
     ハイパーインフレに備えよ

この本から何を活かすか?

私は、大前さんが示す「北方領土問題」の
見方は面白いと思いました。

  「(北方領土をロシアは)なぜ返還しないか
  といえば、日本が強く返還を求めているから
  であり、日本が返還不要といえば、
  ロシア側からなんとかもらってくださいと
  言ってくると思います。」

大前さんは、ロシアは北方領土を欲しい
わけではなく、日本が欲しいと言っているから
価値があると見ています。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 社会・国家・国際情勢 | 05:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT