活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

もう銀行はいらない


もう銀行はいらない

満足度★★★
付箋数:20

  「この本の執筆を通して、私はある結論に
  至りました。銀行業界が抱えるさまざまな
  問題をすべて解決するための方法は、
  1つしかありません。
  それは銀行業務から人を排除することです。
  (中略)
  ここまで発達したIT(情報技術)やAI
  (人工知能)の技術があれば、
  近い将来、銀行は巨大な情報システムの
  塊となって、それをメンテナンスする
  プログラマー以外、人はいらなくなります。
  銀行の9割が消え、銀行員は99%リストラ
  される。それが銀行の未来像です。」

これが上念司さんの考える結論です。

本書は、現在の銀行の様々な問題を指摘し、
銀行大崩壊時代を予測する本です。

なぜ、上念さんは銀行は不要と考える
のでしょうか?

それは、今の銀行には融資の審査能力が
ないと考えるからです。

実績がない、新しい会社は銀行から
お金を借りることができません。

ただし、実績や将来性がなくても、
コネや紹介があると、非常に良い条件で
お金を借りることができます。

そして、主に銀行がお金を貸している先は、
不動産などの担保を持っている会社。

もともとお金を持っていて、返すことが
できる会社にしかお金を貸しません。

つまり事業の将来性に融資は関係なく、
失敗しても取りっぱぐれのない所にしか
銀行はお金を貸さないのです。

  「ブランド物の時計やバックを質として
  預かる代わりに、お金を貸して利子を得る
  質屋とやっていることは変わりません。」

銀行がマクロ経済の中で果たすべき、
大きな役割は「信用創造」をすること。

信用創造とは、銀行が貸し出しを
繰り返すことで、最初に受け入れた預金額の
何倍ものお金をつくりだすことです。

つまり、お金を回してお金を増やす機能。

上念さんは、このお金創造機能を持たない
銀行は存在価値がないと言っています。

本書の序章では、これまで上念さんが銀行と
関わった際のトラウマ体験が語られています。

独立した直後、メガバンクで預金口座の
新規開設を断られたこと。

そして、総合格闘技ジムのフランチャイズ
経営で、融資を申請した際に、相対融資
ではなく、制度融資を勧められたこと。

この2つの実体験により、上念さんは
今の銀行の無能さをリアルに感じました。

ただし、これを冒頭で語っていることで、
個人的に銀行に恨みがあるように感じて
しまいます。

その後、銀行の抱える問題を指摘し、
そのエビデンスを示しても、
恨みの延長のような印象が残りました。

2014年にオックスフォード大学の
マイケル・A・オズボーンさんが、
10年後になくなる仕事を発表して
話題になっていました。

その中にも銀行窓口や融資担当なども
含まれています。

ですから、今の銀行の大半の仕事が、
AIの発達によってなくなる事自体は、
大げさなことではないように思えます。

本書は、いくつも鋭い指摘をしていながら、
どこかバランスを欠いていて、
ちょっともったいない印象が残りました。

 序章 質屋と同じ銀行なんていらない
 第1章 非効率極まりない銀行業務
 第2章 銀行の消える日がやってくる
 第3章 消費者金融も焼け石に水
 第4章 銀行経営はがんじがらめ
 第5章 銀行と裏社会
 第6章 何も変わらない銀行の体質
 第7章 「銀行大崩壊時代」の結末
 終章 日本の銀行が変わる究極のプラン

この本から何を活かすか?

本書では、金融後進国である日本が、
一発逆転するプランが紹介されています。

  「それは日銀による円の仮想通貨化です。
  ブロックチェーン(分散型台帳)の技術
  を使って、日本円と “1:1” でペッグ
  (連動)した“円コイン”を発行し、
  最終的には現金(お金と硬貨)を廃止
  して仮想通貨に統合する。
  これが究極プランです。」

実際に日銀も仮想通貨発行の研究を
していますし、仮想通貨えお発行する
こと自体には私も賛成です。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 社会・国家・国際情勢 | 06:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ディープテック 世界の未来を切り拓く「眠れる技術」


ディープテック 世界の未来を切り拓く「眠れる技術」

満足度★★★
付箋数:24

日経ビジネスの原さんより献本頂きました。
ありがとうございます。

  「最近、いろいろなところで
  ディープテックの話をするものの、
   “んっ?” という顔をされることが
  まだ多い。今後、日本が世界に貢献して
  いくうえではディープテックこそが
  最善の方法なのに、その意味を深く
  理解している人は、思いのほか少ない。
  それはつまり、社会貢献の機会を逸して
  いるばかりか、ビジネスの機会を
  みすみす逃していることにほかならない。」

あなたは、ディープテックという
言葉を聞いたことがありますか?

実は、私は本書で初めて耳にしました。

最近、世界への影響力が下がっている
日本ですが、ディープテックによって、
今まで以上に大きな貢献ができる
可能性があるようです。

ディープテックとは、テクノロジーを使い、
社会の根深い課題(ディープイシュー)を
解決していく考え方、もしくはその活動
を指します。

使うテクノロジーは、最先端のもので
ある必要はありません。

いわゆる「枯れた技術」であっても
一向に構いません。

では、1つ事例を見てみましょう。

世界で最も生産されている植物油に
パーム油があります。

世界のパーム油の85%を生産している
のがインドネシアとマレーシアです。

この2つの国で、パーム油は産業を
支える大きな役割を果たしていますが、
同時に、このまま生産を続けると、
環境汚染が広がると指摘されています。

それはパーム油を搾汁した後の、
「搾りカス」問題です。

年間540万トンも排出される搾りカスの
多くは放置され、メタンガスを発生
させているのです。

このディープイシューの解決に、
日本が培ってきた技術が生かされ
始めています。

搾りカスを微細な繊維にして、
そこにディープテックベンチャーが
開発した素材を加えることで、
「マンナン」が抽出可能になりました。

このマンナンは、鶏の餌に必要な
成長促進剤の代わりに使われます。

これまで処分に困っていた搾りカスが、
ディープテックによって、新たな商品へと
生まれ変わったのです。

本書では、ディープテックによって、
ディープイシューを解決する世界中の
事例を数多く紹介しています。

著者は、リバネス代表取締役グループ
CEOの丸幸弘さんと、人工知能に詳しい
フューチャリストの尾原和啓さんです。

  「日本には多くの “眠れる技術” がある。
  だが、多くの日本人は、こうした技術が
  世界各国が抱えている社会課題を解決する
  ために役立つことに気づいていない。」

これは非常に、もったいないことです。

社会的な問題を抱える国は東南アジアに
多く、立地から考えても、持っている
技術から考えても、日本は大きな
ポテンシャルを秘めているのです。

本書では、日本企業がディープテックの
領域で活躍できる3つのパターンを
示しています。

1つ目は、エマージングマーケットで、
ディープイシューを解決しようとする人々
に対して、事業を拡大させる役割です。

2つ目は、優れた技術であっても、時代の
変遷についていけなかったテクノロジーを
エマージングマーケットで再び生かす方法。

3つ目は、日本が抱えるディープイシュー
を解決しようとするスタートアップ企業が、
そのままエマージングマーケットに
飛び込んでいくパターンです。

輝きを失っていた技術のある日本企業が、
ディープテックによって、再び脚光を浴びる。

本書は、日本にとっても新興国にとっても、
明るい未来が見えてくる一冊です。

この本から何を活かすか?

ディープテックの本書での定義を
念のため紹介しておきます。

 1.社会的インパクト
 2.ラボから市場に実装するまでに、
  根本的な研究開発を要する
 3.市場に出回るまでに時間を要し、
  相当の資本投入が必要
 4.知財だけでなく、情熱、ストーリー性、
  知識の組み合わせ、チームといった
  観点から参入障壁が高いもの
 5.社会もしくは環境的な地球規模の
  課題に着目し、その解決のあり方を
  変えるもの

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 社会・国家・国際情勢 | 06:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

おしゃれ嫌い 私たちがユニクロを選ぶ本当の理由


おしゃれ嫌い 私たちがユニクロを選ぶ本当の理由 (幻冬舎新書)

満足度★★★
付箋数:24

  「なぜ、私たちはユニクロを着るのだろう。
  それは、 “安いから” なのか。ユニクロが
  ポピュラーになった20年前ならば、
  その答えが正解だったかもしれない。
  だが、現在はそれだけでは、正解とは
  言えない。私たちは “安いから” という
  理由だけで、ユニクロを着るのではない。
  安い服ならば、他にも数多く存在する。
  その中で、なぜ、ユニクロだけが、
   “一人勝ち” なのか。なぜ、ユニクロ
  だけが、 “国民服” となり、 “一億人の
  ファッション” となりえたのか。」

本書は、ユニクロを通して、ここ30年で
私たちの消費に対する考え方が、
どのように変わったかを読み解く本です。

著者は、甲南女子大学人間科学部文化
社会学科教授の米澤泉さん。

ファッション文化論、化粧文化論などの
専門家です。

ユニクロは、1949年、山口県宇部市に、
メンズショップ小郡商事として創業。

その後、柳井正さんが社長になってから、
ユニクロと改称しました。

そして、ユニクロが全国的に知られる
ようになったのは、2000年前後に起こった
「フリース旋風」でした。

しかし、あまりにも流行り過ぎたため、
おしゃれな人たちからは、「ユニバレ」
とか、「ユニ被り」といった否定的に
語られることがありました。

風向きが変わったのは2105年頃からです。

ユニクロを認めていなかった
ファッション誌が「ユニクロでよくない?」
と言い始めました。

そして、最近では、「ユニクロで」
ではなく、「ユニクロがよくない?」とも
言われるようにまでなりました。

今や、ユニクロを着るのが「正解」に
なったのです。

米澤さんは、私たちのおしゃれに関する
意識の変化をていねいに辿りながら、
ユニクロが国民服にまでなった3つの
理由をあぶり出しています。

1つ目の理由は、ユニクロが服ではなく、
実は「くらし」を売っていること。

服を通して、「ていねいなくらし」を
売っているのです。

それは、高機能なだけでなく、着る人の
新たな価値観をつくり、ライフスタイルを
示す道具になっているのです。

2つ目の理由は、「くらし」の時代が
到来したから。

もう、おしゃれで自分を差別化する時代
ではなくなりました。

ファッションへのこだわりが、食や雑貨
といったライフスタイルへ向けられる
ようになりました。

そして、おしゃれよりも「くらし」が
好きだと言われる時代になったのです。

3つ目の理由は、ユニクロのおかげで、
おしゃれで勝負しなくてよくなったこと。

おしゃれが自己表現だった時代は、
みな、おしゃれで勝ち負けを競わなければ
なりませんでした。

だから、どんなブランドを着ているかで
競っていました。

しかし、今の時代は「インスタ映え」を
競うようになりました。

服は差別化の道具ではなく、共感の道具
へと変わったのです。

  「ユニクロは服にかけられていた魔法を
  解いた。服は個性ではない。服は服に
  すぎない。服は服装の部品なのだ。
  着る人の個性は服によって表現するもの
  ではない。むしろ、シンプルな服ほど、
  着る人の個性が見えてくる。
  フリースやヒートテックを通して、
  リアルクローズとはそういうものだと
  ユニクロは教えてくれたのであった。」

今や、おしゃれな人ほど、「おしゃれは
ほどほどでいい」と思っているようです。

ここ数年起こっている「筋肉ブーム」も、
「ていねいなくらし」を目指す文脈の中で
理解することができました。

この本から何を活かすか?

ユニクロと無印良品は、どうちがうのか?

ユニクロは、服を通じて「ていねいなくらし」
を売っています。

服を変え、常識を変え、世界を変えるのが、
ユニクロの目指すところです。

一方、無印良品は、あらゆる商品を通じて
「MUJIなくらし」を提案してしています。

衣食住のすべてを無印良品の哲学に基づいて
ブランド化することで「MUJIなくらし」を
売っているのです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 社会・国家・国際情勢 | 05:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

驕る権力、煽るメディア


驕る権力、煽るメディア

満足度★★★
付箋数:17

大辞林によると、「ジャーナリズム」の
説明には、次のように書かれています。

 「新聞・雑誌・テレビ・ラジオなど時事的な
 問題の報道・解説を行う組織や人の総体。
 また、それを通じて行われる活動。」

そして、ジャーナリズムの役割としては、
「事実を可能な限り客観的に伝えること」や
「権力の監視」などと考えられています。

果たして、現代の日本において、
ジャーナリズムは正しく機能しているのか?

政府や権力に甘く見られ、圧力をかければ
すぐにでも屈する状態のようにも見えます。

メディアによっては、嘘の報道はなくても、
偏りのある報道を行い、権力が意図する
方向に、世論を導こうとしてはいない
でしょうか。

  「マスメディアの凋落が伝えられて久しい。
  (中略)マスメディアとはジャーナリズム
  の舞台である。とすれば安易に滅びて
  もらうわけにはいかない。
  健全なジャーナリズムが機能しない
  ところに、民主主義は成立し得ないはず
  だから。(中略)
  読者の多くは、すでにお気づきのはずである。
  こうしている間にも、ジャーナリズムの
  チェック機能が失われつつある状況を
  よいことに、驕り高ぶった権力が、
  暴走している実態を、貧して鈍した
  マスメディアが、会社組織としての
  生き残りだけを最優先して権力に迎合し、
  人々をむしろ彼らに都合よく操っていく
  役割を買って出始めている無残を―。」

本書は、マスメディアと権力をめぐる
状況を、報道をもとにまとめた本です。

著者はフリーで活動するジャーナリストの
斎藤貴男さんです。

ベースになっているのは、斎藤さんが
「全国商工新聞」に隔週で連載してきた
コラム「メディアの深層」です。

過去5年間のメディアと権力に関する
コラムをテーマ別にまとめました。

ただ、さすがに5年も経っている報道は、
メディアの本質に関わる内容であっても、
古い印象があることは否めません。

そんなこともあり、本書の刊行にあたり、
各コラムには、ニュースの後日談として
「もう一言」が追加されています。

本書のコラムで私の目を引いたのは、
個人情報の提供に関して世代間の
ギャップがあるという内容のものです。

  「自分自身の個人情報を企業に提供
  したくない人は全体の4割。
  年代別では60歳代が53%で過半数に
  達したというように、年齢が上がるに
  つれて抵抗が強く、逆に例えば18~20
  歳代は24%にとどまるなど、若い層
  ほど寛容な傾向が明らかになった。」

この結果について斎藤さんは、
ネットを支える企業への不信感が
差になって出ていると解釈しています。

中高年は、高度成長期の公害や贈収賄、
バブル期の地上げなどの経験則があって
企業への警戒心が強くなっている。

一方、若い世代はそういた苦い経験
がないので、企業に対して無防備でいる。

こうした世代間のギャップは、
ジャーナリズムに求める質に関しても
影響を及ぼすことを懸念しています。

個人的には、この世代間のギャップは
企業への信頼度の違いというよりも、
ネットリテラシーの違いのように
思えます。

あまりSNSなどを活用しない60歳代は、
その利便性を感じることも少なく、
またネット上でのリスク管理も苦手。

一方、若い世代は個人情報を提供する
代償として、利便性を手に入れ、
積極的にネットと付き合っている。

人は見えないものには恐怖を感じるので、
高齢者が必要以上に、個人情報の提供を
恐れ入るように感じることもあります。

この本から何を活かすか?

斎藤さんは、日本経済新聞が2018年8月30日
に掲載した「駅ナカ雑誌消滅の危機」の
記事を読んで、ある小説を連想しています。

それはレイ・ブラッドベリさんが
1953年に発表した『華氏451度』です。

本の所持や読書が禁じられた、近未来
における人間模様を描いたSF小説。

フランソワ・トリュフォー監督
映画化もしている古典的作品ですね。

駅ナカ雑誌の消滅が焚書かどうかは
別にして、『華氏451度』は新訳も
出ているので、再読してみたいです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 社会・国家・国際情勢 | 05:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

超ヒマ社会をつくる


超ヒマ社会をつくる (ヨシモトブックス)

満足度★★★
付箋数:24

2014年にオックスフォード大学の准教授、
マイケル・A・オズボーンさんが発表して
大きな話題になった論文「未来の雇用」。

その論文では、今後10~20年程度で、
今ある仕事の約47%が自動化されると
指摘されていました。

以来、AIに仕事を奪われないためには、
どうしたらいいのかが議論されています。

人間にしかできないスキルを磨き、
そういう仕事に専念しようという論調が
一般的でしょうか。

AIやIoTに仕事を奪われることに関しては、
ネガティブな反応です。

しかし、本書の著者、慶應義塾大学大学院
メディアデザイン研究科教授の中村伊知哉
さんの反応は違います。

  「ぼくは早く仕事をAIに任せたい。
  ぼくをぼく以上に知り、ぼくを代行して
  くれる個人アバター、早く出現せよ。
  ぼくは全こづかいを投じ、アバターを
  育てる。そいつはぼくよりうんと賢くて、
  うんと判断料のあるヤツになる。
  とっとと仕事を任せる。日々の任務の
  7割は任せられる。ぼくは超ヒマで
  創造的な、めくるめく老後を送る。」

本書は、AIに仕事を奪われた後の
「超ヒマ社会」をポジティブに捉えて
積極的に楽しく生きるための本です。

2020年に超ヒマ社会の扉が開き、
2030年ごろにそういう社会ができる
ことを想定しています。

1割しか働かない社会の到来。

ヒマになると、いかにしてヒマ潰しを
するかが、人類の大きな課題になります。

中村さんの目標は、超ヒマ社会を
めくるめくエンタメ社会にすること。

  「本書はぼくの履歴書であり、
  マニュフェストでもある。作ってきた
  こと、これから作ることを記した。
  超テックがもたらす、超ポップ、
  超スポーツ、超教育、超都市。
  そして本書は、授業でもある。
  ぼくが作る超ヒマ社会を示す。
  だが、人には人の超ヒマ社会。
  これを読む諸君には、自分で自分の
  超ヒマ社会を、想像して、
  創造してほしい。」

テクノロジーによって、ポップカルチャー
が拡張する。

テクノロジーで補完されたスポーツは、
「超人スポーツ」になる。

教育は、もっと楽しいことだけを学び、
エキサイティングでセクシーな
学習社会になる。

そして、その超ヒマ社会の先駆けに
なるのが、令和の出島、「特区」です。

  「超ヒマ社会向けの都市を作ろう。
  先端テクノロジーがみな実装されている。
  エンタメ、ポップカルチャーが満載。
  超スポーツざんまい。超教育が用意
  されている。そんなポップ&テックで、
  超スポで超教育の街。超ヒマ時代の
  ビジネスがギュッと集積している
  カルチェ。それをあちこちに作って、
  連結させたい。それが超ヒマ社会の
  入口であり、仕上げである。」

この特区構想は、実際に中村さんが
中心になって進行中です。

それが東京・港区をデジタル技術と
コンテンツの拠点とするポップ・テック
特区の「CiP」構想です。

CiPとは、コンテンツ/イノベーション/
プログラムの略で「シップ」と読みます。

地上地下40階のビルを建設して、
そこを中心に、エンターテイメントや
ITの企業、大学や研究所を集積する
計画があるようです。

これは絵に描いた餅ではなく、
国家戦略特別区域計画の特定事業として
認定され、動き出しています。

私たちがAIに仕事の大半を任せれば、
古代ローマ市民が奴隷に労働を任せた
ように、豊かな暮らしができます。

本書は、そんな未来をどのように
作っていくかを想像させる本でした。

この本から何を活かすか?

本書では、バックで音楽を流しながら
読むことが推奨されていました。

そのため、所々にテーマにちなんだ
曲名が紹介されています。

最初の数曲は中村さんの推奨曲を
かけながら読んでみました。

確かに、テーマには合っているものの、
ちょっと曲を選ぶのが面倒でしたね。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 社会・国家・国際情勢 | 05:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT