活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

イノベーターたちの日本史

満足度★★★★★
付箋数:30

  「本書は、明治から昭和初期にかけての
  日本の近代を、 “創造的対応(creative
  response)” の視点から描こうとしたもの
  である。日本の近代は西欧先進国から
  押し寄せる津波のような外生的挑戦や刺激に、
  いかに創造的に対応していくかという
  歴史だったからである。」

日本人は、創造的(クリエイティブ)でない
と言われる昨今。

本書は日本近代史において、日本の
イノベーターたちが、いかに創造的対応を
見せたのかを検証する本です。

本書で用いられる「創造的対応」という
言葉は、「イノベーションの父」とも
呼ばれるヨゼフ・A・シュンペーターさんが
用いた概念です。

本書に登場するイノベーターは、高島秋帆さん、
大隈重信さん、笠井順八さん、益田孝さん、
三野村利左衛門さん、岩崎弥太郎さん、
高峰譲吉さん、大河内正敏さんの8名です。

彼らが近代日本で繰り広げた創造的対応は、
感心するほど独創的です。

その活躍ぶりは、躍動的で生き生きとして
本書に描かれていて、歴史で習う功績とは、
全く異なる世界が広がっています。

今回、創造的対応という視点から見ること
によって、従来の日本史ではあまり注目されて
こなかった人物も、未来を切り開いた
イノベーターとして紹介されています。

本書の著者は歴史家の米倉誠一郎さん。

本書は、米倉さんが構想40年をかけて
執筆した歴史家としての集大成です。

私が本書で注目したのは「科学者たち」の
創造的対応のパートです。

  「知識をベースに新産業を構築した新興財閥の
  形成史は、本書が考察する “時代の変化を
  機敏に感じ取り、その変化に機械的に反応
  するのではなく、新たな価値を付加する形で
  創造的反応を実現する企業家” 研究にとって、
  うってつけの事例である。なかでも、外す
  ことのできないのが高峰譲吉と大河内正敏が
  創業・発展させた理研コンツェルンである。」

理研コンツェルンは、知識を生み出すことと
それを事業化することにおいて、稀に見る
創造的な組織でした。

理化学研究所を立ち上げた高峰譲吉さんは、
タカジアスターゼとアドレナリンという
大発見をした科学者です。

更にアメリカに渡って創薬開発ベンチャーを
創業して、巨万の富を築き上げた企業家でも
あります。

高峰さんがニューヨークで亡くなった際には、
ニューヨーク大学総長のフィンレー博士が
その葬儀で、一篇の詩を贈ったそうです。

  「極東の騎士、サムライに生まれた彼は
  人類のまことの仇敵と戦うために
  大小二本の刀を科学という武器に変えた
  人生の齢を延し、苦しみを除くために」

もう一人の大河内正敏さんは、科学の研究を
事業に結びつけ、理研をコンツェルン化し、
新興財閥の一角にねじ込んだ立役者です。

組織イノベーションとして研究室制度を
採用し、「科学者の自由な楽園」を作りました。

研究員として在籍して、戦後になって
ノーベル物理学賞を受賞した朝永振一郎さんは
理研について次のように述べています。

  「何もよりも良かったことは、そこには
  研究者の自由があったという事実である」

その自由度が科学者の創造性を刺激し、
そこで生まれた発明を理研自ら次々と事業化し、
世にいう理研コンツェルンを形成しました。

コンツェルンは戦前のピーク時には63社、
工場数121にまで達しました。

数々の事業化に成功した理研でしたが、
あくまで「基礎科学の研究が主、発明は従」
という大河内さんの方針が貫けれていました。

本書で描かれているイノベーター達は、
激動する歴史の中で、途方もない創造性を
発揮して難題を突破していきます。

そのストーリーは、私たちをわくわくさせ、
感動を呼びます。

当ブログで2017年に紹介した本は、
6月13日時点で150冊を超えますが、
本書は今年No.1のオススメ本です。

この本から何を活かすか?

理研が初の事業化にこぎつけたのが、
タラの肝油からビタミンAの抽出に成功し、
販売したことでした。

カプセルに入れたビタミンAは、当時、
肺結核の特効薬として爆発的に売れました。

ビタミンAが普及した頃に警視庁から、
「ビタミンA」は学名そのものだから
商品名とするには問題があるとクレームが
ついたそうです。

大河内さんは「それでは」と「理研ビタミン」
に改名して販売を継続しました。

するとそのネーミングがよりわかりやすく、
語呂も良かったので、売れ行きは一層加速
したといいます。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 社会・国家・国際情勢 | 06:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

なぜ、残業はなくならないのか

満足度★★★
付箋数:22

  「 “日本企業の残業は、なぜなくならないのか”
  あえて空気を読まずに回答しよう。
  その答えは簡単だ。

  残業は、合理的だからだ。
  残業もまた、柔軟な働き方だからだ。
  残業しなければならないように、労働社会が
  設計されているからだ。(中略)

  本書により、日本の “残業” の、憎らしい
  ほどの合理性について理解が深まることを
  期待する。 “働き方改革” なる取り組みが
  この “魔物” とどこまで真剣に向き合うのか、
  問い糾したい。」

本書の著者は、働き方評論家の常見陽平さん。

常見さんは、本書で「残業」の本質を理解し、
いかにこの問題に立ち向かうかを議論し、
政府が進める「働き方改革」の矛盾点を
指摘します。

まず、なぜ残業が「合理的」と言えるか
というと、それは日本の雇用システムや
仕事の任せ方から考えると必然的に発生する
ものだから。

仕事の任せ方は、「仕事に人をつける」方法と
「人に仕事をつける」方法の2つがありますが、
前者が欧米型で、後者が日本型です。

「仕事に人をつける」と業務内容や責任を
明確にすることができます。

仕事が定型化・標準化しやすく、
仕事の引き継ぎもしやすくなります。

一方、「人に仕事をつける」方法では、
ある人に複数の業務が紐付けられることに
なります。

複数の仕事が任せられるがゆえに、
仕事の範囲が広がっていき、仕事の終わりが
見えなくなっていきます。

勿論、この方法にもメリットがあって、
マルチタスク化や多能工化が進み、
それぞれ専任を雇わなくてすみます。

この働き方に残業を加えると、人手不足や
仕事の繁閑に柔軟に対応できるのです。

残業が日本の社会に合った合理的なものなら、
本当に「なくすべきもの」なのでしょうか?

常見さんは、本書で残業の合理性を礼賛する
つもりはなく、次の3つの観点から、
やはり「なくすべきもの」と考えています。

1. 安全衛生管理の問題

 労働時間が長くなると、各種疾病にかかり
 やすくなります。特に人命に関わる面では
 重大で、過労死や精神疾患を防ぐ意味でも
 残業は抑制しなくてはなりません。

2. 労働への参加者を制限する側面

 長時間労働ありきのために、正社員総合職に
 なるためには、それを前提とした働き方を
 しなければなりません。特に育児や介護と
 両立する人の労働への参加を制限する側面が
 あります。

3. ワーク・ライフ・バランス、

 クオリティ・オブ・ライフの問題
 人生は仕事だけではなく、仕事と生活を
 それぞれ充実させる取り組みが必要です。

こうした問題に対して政府が取り組むのが、
「働き方改革」です。

その中で労働時間と賃金を切り離す考え方が
議論され続けてているのが、
「ホワイトカラー・エグゼプション」や
「高度プロフェッショナル制度」です。

これらは「人の定額使い放題」の制度であり、
ますます労働時間の「みえる化」ならぬ、
「みえない化」が進むとも言われています。

常見さんは本書で、様々な角度から
「働き方改革」を検討し、それが茶番になる
可能性を指摘しています。

この本から何を活かすか?

では、政府の施策がダメなら、実際に残業を
減らすには、どのようにしたらいいのか?

常見さんが、働き社会への処方箋として
提案するのが、「トヨタ生産方式」の
ノウハウを働き方改革に活かすことです。

それは、まず状況を把握するために
「はかって」、そこからムリ・ムラ・ムダを
明らかにして、改善プランを考えます。

これはモノづくりの現場だけでなく、
非製造業においても可能であるとの考えを、
常見さんは本書で示しています。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 社会・国家・国際情勢 | 06:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

風俗嬢の見えない孤立

満足度★★★
付箋数:21

本書は、風俗嬢の本当の悩み事と
風俗業界の現状を知り、社会問題として、
その解決法を考える本です。

著者は、「夜の世界の課題解決」に取り組む
一般社団法人GrowAsPeople(以下GAP)の
代表理事の角間惇一郎さんです。

角間さんは、大手ゼネコンで建築士として
働いた後、2年間、性風俗店に勤めながら
そこで働く女性の実態調査を調査しました。

その後、GAPを立ち上げて風俗嬢の支援を
始めた方です。

GAPのアンケートによると風俗嬢の平均的な
稼働日数と収入は「12日で40万円」です。

昼の仕事をしている人から見ると、
一見、「楽に稼いでいる」と思われがち。

そんな彼女たちの最大の悩み事は、
昼の世界において、「立場を明かす」必要に
迫られた時です。

風俗で仕事をしていると知られた瞬間、
「なんでそんな仕事をしているんだ」と
非難され、白い目で見られます。

昼の世界の人の間には、「風俗店=ヤクザ」
「風俗嬢=エロい」という強烈な偏見が
あるからです。

角間さんが夜の世界で働いた経験
からすると、実際はそんな危ない世界
ではないそうです。

また、女の子も風俗を始めた理由は、
「なんとなく」が最も多く、本当にお金に
困って始めた人は意外と多くありません。

昼の世界の自分を常識人だと思っている人
からすると、「よく考えずに、そんな所で
働くほうが悪い」と思うかもしれません。

これは風俗嬢の問題を「入口」とする
考え方です。

一方、角間さんは、風俗嬢の本当の問題は
「出口」にあると考えます。

  「仮に “風俗の問題” を “女性が風俗嬢に
  なってしまうこと” そのものだとした場合、
  その対策は “女性を風俗嬢にさせない” 
  一択です。しかし、そのために何をすれば
  いいかと考えると、確実なのは
   “性にまつわるビジネスを完全に消滅
  させる” くらいでしょう。そして、
  これは極端な理想論でしかありません。
  一方、風俗の仕事の問題点を
   “40歳頃には、やめなければいけなく
  なること” であるとすれば、その対策は
  ずっと明確になります。風俗嬢が、
  セカンドキャリアをつくれるような
  仕組みを生み出せばいいのです。」

風俗嬢は一生できる仕事ではありません。

ほとんどの人は、40歳前後までに
引退を余儀なくされます。

しかし、そこで昼の世界に戻ろうとしても、
履歴書に書けるような職歴はなく、
履歴書が真っ白な30~40代の女性を
雇ってくれる職場もあまりないのです。

この「40歳の壁」を境に風俗嬢の孤立が
深まっていきす。

そのためGAPでは風俗嬢がセカンドキャリア
を作るための支援を行っています。

ここで大切なのが、風俗の仕事をすぐに
やめさせずに、時間をかけて昼の世界に
移らせることです。

風俗をすぐにやめて昼の世界に移ると、
結局、その世界に順応できず、
また夜の世界に舞い戻って来る場合が
多いようです。

それは、週に5日8時間ずつ働き、
遅刻は許されず、給料が振り込まれるのは
1ヶ月先で、その報酬は夜の仕事の
数分の一という「昼の仕事の常識」には、
簡単には馴染めないからです。

そこでGAPでは、風俗嬢に対して、
風俗を「生計を立てる手段」から、
「副業」のポジションへスライドさせ、
徐々に昼のリズムへ移行させるように
支援しているようです。

この本から何を活かすか?

風俗で働くことを「自業自得」と言って
しまえばそれまでですが、現実問題として、
風俗嬢の「出口問題」はあります。

私もこれまで風俗を色眼鏡で見ていた
ところがありますが、本書を読んで、
人を見るときに「過去を問わない」
付き合い方も必要だと感じました。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 社会・国家・国際情勢 | 06:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

友達以上、不倫未満

満足度★★★
付箋数:18
  「友達以上、不倫未満――。
  決して男女の関係は持たない。
  法でつながり戸籍で結びついた
  配偶者とは違い、つながるのは心、
  結びつけるのは魂だけ。
  だからこその関係は極めて不確実。
  そのため配偶者よりも深い絆が紡げるという。
  そんな精神的恋愛関係にある異性の存在を
  婚外に持つ既婚者同士男女(事実婚を含む)
  が、今、増えつつある。配偶者の “次” に
  位置するこの “セカンド・パートナー” 
  という存在は、プラトニックな関係を
  保つことで不倫とは一線を画す新たなる
  恋愛の形態だ。」

セカンド・パートナー、略して「セカパ」。

基本的に体の関係はなし。

しかし、配偶者以上に精神的に結びつく
既婚者同士の婚外関係が増えているそうです。

特に都市部で暮らすアラフォーやアラフィフ
世代のうち、「ホワイト層」の間で多く
見られるようです。

これだけ世間の目が、不倫に対して厳しく
なれば、さすがにこれはマズい思い留まる
人もいるでしょう。

その不倫の代わりに増えているのが、
セカパなのかもしれません。

法律上の不貞行為、いわゆる浮気や不倫は、
「配偶者のある者が配偶者以外の異性と
自由意志で肉体関係を持つこと」
とされています。

だから、セカパのカップは体の関係を
持たないことが、「免罪符」になっている。

本書は、実際にセカパのカップルに取材し、
その実態を伝える本です。

著者は、朝日新聞のニュースサイト「dot.」や
「週刊ダイヤモンド」「週刊SPA!」などに
寄稿するジャーナリストの秋山謙一郎さん。

  「背徳とピュア――その相反する両面が
  この関係では奇妙に併存している。
  プラトニックな関係を保ち、その関係で
  カネを介在させない。求めるものは、
  ひとえに、 “愛” だけだ。そして、この愛は、
   “セカパ” の相手のみならず、その配偶者や
  家族にまで及ぶ。」

セカパは不倫ではないので、その存在を
互いの配偶者が知っているケースが多い
ようです。

セカパがいるからこそ、夫婦関係も円満に
なってカップルも少なくない。

セカパを持つ人たちは、不倫に踏み込まない
表向きには非常に高いモラルを持っている。

だから互いの婚姻関係を崩さないよう、
パートナーの配偶者への配慮も大きようです。

セカパの相手のみならず、その配偶者を含めて
愛さなければ、その関係は続かないとか。

とは言っても、そんな絵に描いたような
関係ばかりではなく、セカパで失敗した
カップルも当然ながらあります。

秋山さんが取材した中には、セカパから
不倫へ発展して破綻したケースもありました。

本書では、良くも悪くもセカパの16ケースに
インタビューした生の声を紹介しています。

残念ながら、私の周りには実際にセカパを
持つ方はいませんので、本書でリポートされて
いるようなカップルが本当に存在するとは、
簡単に信じられない部分もありました。

しかし、私のようなアラフィフ世代になると、
良好な夫婦関係を維持している方が少数派。

本当は離婚したいけどそんなエネルギーは
使いたくない方や、不倫願望があるけれども
なんとか良識で踏みとどまっている方も
一定いると思います。

そんな方々にとって、セカパは憧れの
ファンタジーなのかもしれません。

この本から何を活かすか?

セカパを持つにも、当然コストはかかります。

本書の取材では、1回あたりのデート代は
0円から5万円程度だったようです。

1杯500円のコーヒーを喜んでくれる
セカパのパートナーもいるようです。

そうすると相対的に見て、水商売や風俗の
女性にハマるよりは安上がりです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 社会・国家・国際情勢 | 06:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スマホ廃人

満足度★★★
付箋数:21

今や、誰もが使うようになったスマートフォン。

社会人でスマホを持っていない人は、
かなりの少数派です。

10代のスマホ普及率は9割を超え、
シニアでも約半数が使うようになりました。

何もなくても、いつも何となくスマホを
いじっている人も多くなっています。

SNSなどのコミュニケーションやゲーム
のみならず、最近ではビジネスでも
スマホ使うシーンが増えてきました。

また、実用的な利用では、家計簿として
使うのはもちろん、子どものしつけや子守も
スマホがこなすようになっています。

生活のあらゆる場面で使う機会が増え、
もはやスマホなしで1日を過ごすことは
できなくなっています。

1日どころか、数時間スマホが手元にないと
イライラする人もいることでしょう。

スマホはあまりに便利すぎて、
私たちの生活で無くてはならない存在に
なっていますが、一方で高い中毒性が
あることも指摘されています。

長時間の使用は身体への悪影響も与え、
生活そのものがスマホに支配されている人も
増えています。

私たちは、このまま無防備にスマホを
使い続けていいのでしょうか?

本書は、豊富な取材でスマホ問題の
最前線を追い、私たちとスマホの付き合い方に、
問題提起をする本です。

著者は、これまでにもネットゲームに
依存する主婦を追った『ネトゲ廃女』などを
書いて話題になったジャーナリストの
石川結貴さん。

今回も各世代のスマホ依存の実態について、
詳しく取材を重ねたルポルタージュに
なっています。

  第1章 子育ての異変
  第2章 スクールカーストとつながり地獄
  第3章 すきま時間を埋めたくなる心理
  第4章 エンドレスに飲み込まれる人々
  第5章 「廃」への道

幼児にスマホを与えると、完全におもちゃ
として、どんどん操作を覚えてしまいます。

「教えていないのに、スマホを使える
ウチの子って、もしかしてスゴイ?」

こう思ってしまうのは、親バカの証拠です。

子育てとスマホの関係については、
本書では、スティーブ・ジョブズさんの
例が紹介されていました。

  「米アップル社を創業したスティーブ・
  ジョブズが、自分の子どもにiPhoneやiPadを
  使わせなかったのは有名な話だ。
  IT業界において “天才” と称された彼だが、
  親としてはアナログを貫き、子どもたちの
  利用を厳しく制限すべきと語っていたという。」

子どものスマホ依存も問題ですが、
個人的には親のスマホ依存の方が、
より深刻だと思います。

大人だから、スマホを使う使わないは、
自分でコントロールできると思っていながら、
実際にはスマホに使われている。

そんな大人も増えているように思えます。

本書では、スマホに没頭してしまい、
無意識のうちに子どもを放置する母親や、
スマホネグレクトの親にも取材し、
その問題点を指摘しています。

基本的に明るい話題のない本です。

しかし、どこに行っても、気持ち悪いぐらい、
全員がスマホ画面を見ている光景もあるので、
こうしたスマホの中毒性を指摘する本が
あってもいいように思いました。

この本から何を活かすか?

あなたは、次の質問にいくつ当てはまりますか?

 1. スマホに心を奪われていると感じる
  ことがある

 2. スマホで充足感を得るために、より多くの
  時間を費やす必要を感じる

 3. スマホの使用時間をコントロールしようと
  何度も努力して、失敗したことがある

 4. スマホの使用をやめようとしたとき、
  落ち着かなかったり、意気消沈したりする

 5. 予定よりも長時間、スマホを使ってしまう

 6. 仕事、学校での人間関係をスマホが原因で
  なくしてしまいそうになったことがある

 7. スマホの使用について親・家族に
  ウソをついたことがある

 8. 現実逃避や不快感から逃れる目的で
  スマホを使うことがある

これは米心理学者キンバリー・ヤングさんの
「ネット依存」を調べる質問項目を、
私がスマホ用に変えて作った質問です。

8つの質問のうち、5つ以上が当てはまれば、
「依存」と言えるようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 社会・国家・国際情勢 | 05:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT