活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

成果を増やす 働く時間は減らす 高密度仕事術

満足度★★★
付箋数:21

著者の古川武士さんから献本いただきました。
ありがとうございます。

  「今、働き方改革ブームの関係で、
  いわゆる “時短本” は書店で所狭しと並び、
  雑誌でもたくさんの特集が組まれています。
  しかし、テクニックのみを求めて手法を
  真似するだけでは、対症療法に留まり、
   “働き方” という根深い習慣は変えられません。
  根本的なワークスタイルを変えたいと
  望まれるならば、働き方の習慣を変えることが
  最高の方法だと考えます。」

では、どのようにして「働き方の習慣」を
変えるのか?

古川さんが、働き方の習慣を変える方法
として紹介するのが「仕事の高密度化」です。

これは単に「時短」を目指すテクニックでは
ありません。

仕事を高密度化するには、大きく2つの方向で
仕事の習慣を変えていきます。

1つ目は、「仕事の成果を最大化する」方向。

これには、次の5つのステップで取り組みます。

  ステップ1 価値ある仕事を増やす
  ステップ2 退社時間を死守する
  ステップ3 朝に集中するリズムをつくる
  ステップ4 仕事を断捨離する
  ステップ5 やり方を根本的に見直す

2つ目は、「日常業務を効率化する」方向。

こちらには、次の5つのスキルで取り組みます。

  スキル1 ゴールイメージを決める
  スキル2 優先順位を明確にする
  スキル3 シングルモードで集中する
  スキル4 突発業務をコントロールする
  スキル5 すぐやる

同じ時間仕事をしても、高い成果を得る
ように工夫し、かつ、働く時間も削減する。

この2つに同時に取り組むことで、
本当の意味での「仕事の生産性」を上げる
ことができるのです。

本書では、具体的にイメージしやすように
「生産性が低い人」と「生産性が高い人」の
行動や考え方を対比して説明しています。

そして、「高密度仕事術」で大切なのは、
一度取り組んで終わりにするのではなく、
改善するサイクルを「習慣」として
身につけることです。

改善のサイクルは「高密度PDCA」を回します。

これを回すことが、習慣化の方法であり、
習慣化されることで、継続的な改善が
自動的に続けられるのです。

  Do:シンプル時間簿をつける(毎日5分)
  Check:GPSで振り返る(毎日3分)
  Plan:枠をベースに翌日の予定を立てる
     (毎日7分)
  Act:毎週の退社時間と改善行動を決める
     (毎週15分)

サイクルを回す順番はPDCAではなく、DCPA。

始業前や始業後に僅かな時間を確保して
高密度PDCAを回すことで、成果の最大化と
業務の効率化を進めます。

このサイクルの中の「GPSで振り返る」とは、
次の3つの視点での振り返ることを言います。

  G:Good/Get 良かったことは何か?
  P:Problem 反省点は何か?
  S:Solution 次回への改善行動は何か?

仕事の簡単な時間簿をつけたうえで、
終業時に3分間で振返ります。

たった3分とは言え、これを毎日やるか
やらないかでは、1年もすると大きな違いに
なることでしょう。

本書には「続ける仕組み」が随所に
組み込まれていて、個人的には取り組み
やすい本だと思います。

この本から何を活かすか?

  「生産性が低い人は、目先の時短や
  効率化に必死になる。
  生産性が高い人は、未来を見据えた
  改善を行う。」

これは本書ので取り上げられていた
対比の一例です。

本書を読んで思ったのは、「高密度仕事術」
に取り組むことこそが、未来を見据えた改善
であるということ。

毎日の業務に忙殺され走り続けていると、
仕事を終えることに必死になり過ぎて、
未来への投資はなかなかできないものです。

そんな悪循環から抜け出すためには、
本書のようなノウハウの助けを借りる
ことが賢明だと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ノウハウ本 | 05:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

童話でわかるプロジェクトマネジメント

満足度★★★★
付箋数:27

著者の飯田剛弘さんから献本いただきました。
ありがとうございます。

プロジェクトマネジメントとは、プロジェクトの
実施に際して、期限や予算といった制約の中で
プロジェクトを予定通りに完了するための、
計画立案や実行管理の手法のこと。

この手法は、アメリカの非営利団体である
プロジェクトマネジメント協会が、「PMBOK」
(ピンボック :Project Management Body of
Knowledge)というガイドブック出している
ことで知られています。

しかし、プロジェクトマネジメントを
PMBOKで勉強しようと思っても、
抽象化された内容で、また専門用語も多く
なかなか難しい。

その難解さに、途中で挫折してしまった人も
多いのではないでしょうか。

しかし飯田さんは、プロジェクトマネジメント
の本質はそんなに難しいものではないと
言います。

  「プロジェクトマネジメントとは、
   “チームで成果を出す技術” でしかありません。
  あなたも、普段のお仕事で、チームを組んで
  何かに取り組むことがあるでしょう。
  そのような場面で、うまく成果を出すために
  やっているノウハウを体系化したものが、
  国際的に標準とされているプロジェクト
  マネジメントの知的体系 “PMBOK” なのです。
  つまり、プロジェクトマネジメントの本質は、
  あなたが既にチームで仕事をする時に
  やっている工夫のあれこれに過ぎません。」

本書は、難しそうに思えるPMBOKの内容を
私たちが子供の頃から親しんだ「童話」を
通じて、わかりやすく解説した本です。

一般的に童話には、様々な教訓が含まれて
いることが知られています。

その童話をちょっとだけアレンジして、
プロジェクトマネジメントを学べるように
したのが本書です。

  「むかしむかし、あるところに、お母さん
  ブタと、3匹の子ブタが暮らしていました。
  家の長であり、プロジェクトスポンサーの
  お母さんブタ。プロジェクトメンバーである
  3匹の子ブタ。4匹は、仲良くチームを組んで、
  様々な生活プロジェクトに取り組んでいました。」

これは、「3匹の子ブタ」を題材にしたもので、
3匹それぞれが取り組むのは、家を建てる
プロジェクトです。

この童話からは、プロジェクトを成功に
導くための「段取り」の手順を学びます。

他に登場する題材は、「ウサギとカメ」、
「桃太郎」、「ヘンゼルとグレーテル」、
「アリとキリギリス」、「長靴をはいた猫」、
「シンデレラ」の6つの童話です。

かなり平易に書かれていますが、PMBOKで学ぶ
本質的な部分はカバーされてれています。

しかも、童話のパートは、実際に飯田さんの
小学6年生の息子さんにも読んでもらって、
理解できるか検証済みです。

ところで、なぜ、プロジェクトマネジメントを
学ぶ必要があるのでしょうか?

それは、プロジェクトマネジメントは、
大小の規模を問わず、チームで仕事をする人に
とっては、必要な考えであり、技術だからです。

  「プロジェクトマネジメントを知ると、
  いろいろな人との仕事がうまくいきます。
  ひとりぼっちにならず、チームで助け合い
  ながら課題に取り組めます。きちんと計画
  することで、トラブルを未然に防げます。
  プロジェクトの状況を見える化することで、
  問題の発見と対策、改善を可能にします。
  そして、最初に決めた目的を、きちんと達成
  することができます。」

本書は、プロジェクトマネジメントを初めて
学ぶ方や、勉強しようと思って途中で
やめてしまった方には、最適の入門書です。

他の専門書で本格的に学ぶ前に、本書で
プロジェクトマネジメントの概要がわかると、
独習することも可能でしょう。

騙されたと思って、本書を読んでみてください。
後悔はしないと思います。

この本から何を活かすか?

「アリとキリギリス」から学ぶのは、
進捗を加速させる「情報共有」の技術です。

キリギリスは、夏の暑い日に一生懸命に働く
アリの姿を見て、一体、何を考えているのか
全く理解できませんでした。

それは、キリギリスが自分の基準で見て、
アリのことを理解しようとしていたからです。

人は、相手の行動が自分の理解を超えると
「あの人はおかしい」と相手が間違っている
と思い込む傾向にあります。

それを防ぐためには、相手の基準と自分の
基準の違いを考えることが、第一歩であると
本書では解説されています。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ノウハウ本 | 05:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

世界一の生産性バカが1年間、命がけで試してわかった25のこと

満足度★★★
付箋数:24

TAC株式会社出版事業部の藤明さんから
献本いただきました。ありがとうございます。

あなたは、自分が興味があることを試すために、
せっかくもらった内定を辞退して、
1年間没頭して取り組むことができますか?

大学を卒業して、企業に就職することは、
人生の中でも大きな決断の1つです。

本書の著者、クリス・ベイリーさんが、
そんな重要な就職を投げ打ってでも、
どうしても試してみたかったのは、
「生産性」を上げる実験です。

なぜなから、ベイリーさんは、生産性を
上げることが、人生の「質」を上げることに
直結すると考えているからです。

  「2013年5月に大学を卒業して、ぼくは正式に
  2社からの内定を辞退した。それからすぐ、
   “生産性の1年(A Year Of Procutivity)” 、
  略してAYOPという名前のプロジェクトを
  スタートさせた。AYOPの内容はいたって単純。
  丸々1年間、生産性についてなんでも貪欲に
  取り入れて、自分のウェブサイトに知り得た
  ことを書き込む。」

ベイリーさんは丸1年かけて、次のことに
取り組みました。

 ・生産性に関する書籍や学術書を片っぱし
  から読む。名の知れた研究は深く掘り下げる。

 ・生産性の専門家に取材し、彼らがどのように
  生産的な毎日を送っているかを確かめる。

 ・生産性に関する実験をできるだけ多く行う。
  自分が実験台になって本当に役立つか調べる。

本書は、ベイリーさんが身を削って、
1年かけて行った壮大な実験と研究の記録です。

「6日間で35時間瞑想する」「週90時間労働を
数週間続ける」「毎日5時半に起床する」
「TEDトークを1週間に70時間見る」
「筋肉を10ポンド増やす」「完全にひとり
きりで生活する」「1ヶ月、飲み物は水だけ
にする」などなど。

ベイリーさんが、数々の実験を行って
わかったのが、3つの要素が生産性に大きく
関わっているということでした。

その要素とは、「時間」「集中力」「活力」。

この3つの要素をコントロールすることが、
生産性を高める鍵となっているのです。

ちなみに、「毎日5時半に起床する」実験では、
早起きはベイリーさんにとって有効でない
ことがわかりました。

無理して、早く起きることで、かえって
集中力と活力が落ちたそうです。

  「生産的かどうかは、目覚めている時間に
  何をしたかによって左右される。
  早寝早起きはすばらしい。だが、ぼくには
  もっと遅い時間に起きるほうがあっていた。」

また、ベイリーさんは現代人の誰もが、
つい依存しがちな「ネット断ち」の実験も
行っています。

インターネットは魅力的すぎて、
仕事の生産性を根こそぎ奪い取っています。

ベイリーさんも、実際にネット断ちしてみると、
最初の数週間はかなりキツかったようですが、
時間が経つとその誘惑は消え、時間の浪費と
集中力が削られることが減ったそうです。

  「ネットの接続を切ることは生産性を高める
  最良の手段だ。浪費する時間が減るだけで
  なく、仕事と生活の両面でもっとも実りが
  多く意味あるタスクに注力できる。」

実際に、体を張って実験したからこそ、
実感できたことが多かったのでしょう。

本書では、ベイリーさんが生産性の実験に
没頭して発見した25のことを紹介します。

その内容があまりにもユニークなため、
FORTUNE誌で注目されたり、TEDが取材に
来たというのも納得できる内容です。

日本版では、「4コマまんが」を挿入して、
さらにユニークさを際立たせています。

この本から何を活かすか?

英語版となりますが、ベイリーさん
ご本人のAYOPに関する解説映像です。



Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ノウハウ本 | 06:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

齋藤孝の 知の整理力

満足度★★★
付箋数:24

  「本書のテーマにもなっている “知性” ですが、
  いったいどのようなものなのでしょうか。

  私は、 “言葉” こそが知性と考えます。

  ですから、言葉をたくさんストックしており、
  なおかつ、言葉を自在に操れる人が、知的な人
  と言えます。」

齋藤孝さんは、「知性」とは「言葉」であると、
定義しています。

知性がある人は、相手のレベルを瞬時に読み取り、
そのレベルに合わせた「言葉」を使い、
適切で知的なコミュニケーションをとることが
できるのです。

では、知的な人は、普通の人とどこが違うのか?

齋藤さんが指摘するのは、「頭の整理の仕方」。

言葉としてアウトプットするためには、
集めた知識をどのように整理するかが重要です。

整理の方法は、大きく分けて「外的整理」と
「内的整理」の2つがあります。

外的整理とは、自分の頭の外側の記録媒体で
整理する方法です。

書類をファイルに入れてまとめておいたり、
パソコンからデータを取り出しやすいように
整理しておくことが外的整理に当たります。

これは「やらないより、やったほうがマシ」
という程度で、齋藤さんは外的整理を
あまり重視していません。

本書で重点的に解説されるのが、
頭の中を整理する「内的整理」です。

情報過多の時代だからこそ、
内的整理で、どのように情報を整理して、
記憶するかが重要になってくるのです。

齋藤さんは、本書で内的整理をするための
2つの方法を紹介しています。

1つ目は、カオス型整理法。

これは、自分が面白いと思った知識を記憶し、
整理するときの方法です。

自分の中の好奇心のセンサーに反応した
情報を集め、個人的な経験とつなげて、
整理していきます。

自分の経験に引き寄せるので、
生きた知識として記憶されます。

2つ目は、秩序型整理法。

この方法では、すでに体系立っている
知識を記憶し、整理する方法です。

具体的には、本や教科書の「もくじ」を
コピーして、そこに書かれている内容を
メモして情報を整理します。

この方法は「もくじ勉強法」として
紹介されていました。

最初は、紙を使ってそこに書き込むことで、
情報を整理していきますが、最終的には、
そろばんの暗算をするように、頭の中だけで
キーワードを整理することを目指します。

他にも、要約して骨組みだけ記憶したり、
知識を図にしてキャプションをつけて
整理したり、レジュメを作成する方法などが
紹介されていました。

また、本書でページを割いて解説されて
いるのが、知を磨くための「読書」です。

読書は、想像力、要約力、俯瞰力、バランス力、
発想力、つなげる力、時間的空間的視野などの
「知性の基礎力」を養うことができます。

  「本を読むことは読み手が言葉の意味を
  どれだけ捕まえられるかの戦いとも言えます。
  ともすれば、読書は受動的に見えるかも
  しれません。しかし、実際、読書は
   “知的な狩猟” とも言える、能動的な行為
  なのです。」

本書では、知識をインプットする方法、
頭の中の整理法、強化法、プレゼンテーションや
会議でのアウトプット方まで、広く知的生産の
技術を公開しています。

今まで、齋藤さんが他の本で書いてきた内容と
大きくは変わりませんが、「知」に関する
ノウハウが1冊に上手くまとめられています。

この本から何を活かすか?

  「私は、SNSが全盛になったことによる
  知性の鈍り方は、かなり危険なものがあると
  考えています。」

齋藤さんは、SNSが知性を奪うと指摘。

SNSで使われる言葉は、基本的に
「友人とのおじゃべり」レベルなので、
学びの時間にはならないのです。

SNSで時間を消費するよりは、少しでも読書に
時間を使って、偉大な先人の思考をなぞる
ことが推奨されています。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ノウハウ本 | 06:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

SPRINT 最速仕事術

満足度★★★
付箋数:21

  「 “スプリント” とは、GVが活用している
  プロセスで、アイディアをプロトタイプの
  かたちにすばやく落とし込み、それを顧客と
  テストすることによって、たった5日間で
  重要な問題に答えを出す手法をいう。
  事業戦略やイノベーション、行動科学、
  デザインなどの手法の “ベストヒット” 集を、
  どんなチームにも活用できる段階的プロセス
  にパッケージしたものだ。」

GV(グーグル・ベンチャーズ)とは、
グーグルのベンチャーキャピタル部門から
独立した会社です。

世界で最も活発に成功している
コーポレート・ベンチャーキャピタルの
1つです。

ベンチャーキャピタルでは、巨額の投資を
する前に、そのアイディアが成功するか
否かを、素早く見極めなければなりません。

そこで生み出されたの「スプリント」です。

本書は、GVで使われてる「スプリント」と
呼ばれるテストプロセスを公開します。

著者は「スプリント」の生みの親で、GVの
デザインパートナーのジェイク・ナップさん。

同じくGVのジョン・ゼラツキーさんと
ブレイデン・コウィッツさんの3名です。

スプリントは、「デザイン」を問題解決の
ツールとして活用して、たった5日間で
本当に重要な問題を見極め、それに確実に
答えを出します。

スプリントを始める前に、まず適切な
「課題」と「チーム」を選びます。

次に、スプリントを行うための
「時間」と「場所」を確保します。

それから月曜から金曜までの連続した
5日間のプロセスで答えを出します。

  月曜日 問題を洗い出して、どの重要部分に
      照準を合わせるかを決める。

  火曜日 多くのソリューションを紙に
      スケッチする。

  水曜日 最高のソリューションを選ぶという
      困難な決定を下し、アイディアを
      検証可能な仮説のかたちに変える。

  木曜日 リアルなプロトタイプを完成させる。

  金曜日 ターゲットの顧客でテストする。

このGVで開発された、1週間で結果を出す
プロセスは、他の企業や政府機関でも
導入されています。

グーグル、フェイスブック、マッキンゼー、
エアビーアンドビー、ブルーボトルコーヒー、
ミュンヘン、ヨハネスブルグ、シンガポール、
ウィスコンシン州などが主な利用先です。

本書では、スプリントが活用される場として、
次のような例を挙げています。

  「新規事業の実行可能性を評価したり、
  新しい携帯アプリの初期バージョンを
  つくったり、数百万のユーザーがいる製品を
  改良したり、マーケティング戦略を決定したり、
  医療検査報告書をデザインしたりするのに、
  スプリントを活用している。
  スプリントは次の戦略を練る投資銀行にも、
  自走車をつくるグーグルのチームにも、
  数学の大きな課題にとりくむ高校生にも
  役立っている。」

要するに、ベンチャーキャピタルでなくとも、
世界の誰もが使えるように、スプリントは
開発されているのです。

原題のサブタイトルが「How To Solve
Big Problems and Test New Ideas in
Just Five Days」となっていますが、
本書は、正にその通りの内容です。

翻訳本のため、若干読みにくさはあるもの、
短期間で重要なことを見極めるために、
「デザイン」を使うのは新鮮でした。

この本から何を活かすか?

  「スプリントはケーキづくりに似ている。
  レシピ通りにつくらなければ、大変な
  シロモノができあがるかもしれない。
  砂糖と卵がなければケーキをつくれない
  ように、プロトタイピングとテストなし
  ではスプリントは成功しない。」

本書は巻末にスプリントのチェックリストが
掲載されています。

本文を一度通読したら、このチェックリストを
元にレシピに沿って行うのが良さそうです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ノウハウ本 | 05:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT