活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

学びを結果に変えるアウトプット大全

満足度★★★★
付箋数:25

サンクチュアリ出版の南澤さんから
献本いただきました。ありがとうございます。

あなたは、「月3冊読書する人」と
「月10冊読書する人」では、
どちらの方が成長すると思いますか?

普通は、「月10冊の人」と考えますよね。

しかし、本書の著者、樺沢紫苑さんは、
「その考えは間違い」と指摘します。

正解は、この条件だけではわかりません。

なぜなら、アウトプットの量が書かれて
いないからです。

人の成長は、インプットの量ではなく、
アウトプットの量に比例します。

本を読む行為はインプットなので、
この量だけを見ても、成長の度合いは
わかりません。

もし、月3冊読む人が1冊のアウトプットで、
月10冊読む人がアウトプットなしなら、
月3冊の人の方が成長するのです。

  「断言しましょう。
  圧倒的に結果を出し続けている人は決まって、
  インプットよりアウトプットを重視しています。
  知識を詰め込むインプットの学びだけでは、
  現実は変わりません。インプットをしたら、
  その知識をアウトプットする。
  実際に知識を “使う” ことで脳は “重要な情報” 
  ととらえ、初めて長期記憶として保存し、
  現実にいかすことができます。
  これが脳科学の法則です。
  脳の基本的な仕組みを知らないことで、
  人生の貴重な時間を失っている。
  計り知れない損失をこうむっているのです。」

本書は、科学的に自己成長を加速し、
人生を好転させるための、
アウトプット方法を紹介した本。

もちろん、アウトプットだけが必要で、
インプットが一切いらない訳ではありません。

そもそもインプットが全くなければ、
アウトプットをすることはできません。

要は、インプットとアウトプットの
比率が大事なのです。

世の中の多くの人は、アウトプット不足で、
インプットが過剰になっています。

インプット:アウトプット=「7:3」の
比率になっているのが一般的。

あなたが成長する速度を速めるためには、
この比率を逆転しましょう。

最も効果が高くなる「黄金比」は
インプット:アウトプット=「3:7」です。

科学に裏付けられた、伝わる話し方で、30個。
能力を最大限に引き出す書き方で、29個。
圧倒的に結果を出す人の行動力で、21個。

本書で紹介されるアウトプット方法は、
全部で80種類もあります。

それに加えて、アウトプット力を高める
7つのトレーニング方法も紹介されています。

  その1. 日記を書く
  その2. 健康について記録する
  その3. 読書感想を書く
  その4. 情報発信する
  その5. SNSに書く
  その6. ブログを書く
  その7. 趣味について書く

特に、この中でも「日記を書く」ことが、
簡単で最高のアウトプット・トレーニング法
だと解説されています。

いつも樺沢さんの本は、内容が盛りだくさん
ですが、さすがに本書は「大全」と名乗るだけ
あって、内容の詰め込み方は半端ありません。

紙面の関係で1つ1つのアウトプットの説明に
割く行数はあまり多くありませんが、
シンプルでポイントが押さえられているので、
実践するには十分な内容だと思います。

また、アウトプットするには必ずしも、
まとまった時間を作る必要はありません。

いくつもの種類の小さなアウトプットを重ねて、
アウトプット量を増やすこともできます。

本書で紹介される数々の方法は、
そんな積み重ねをするにも最適です。

この本から何を活かすか?

「雑談する」のもアウトプットの1つです。

ここで知っておきたいのが「ザイオンス効果」。

これは同じ人や物に接する回数が増えるほど、
その対象に対して、好印象を持つようになる
効果のことです。

これをうまく利用して雑談すると、
「長く話す」より「ちょくちょく話す」方が
効果的ということになります。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ノウハウ本 | 05:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

外資系コンサルが実践する 図解作成の基本

満足度★★★★
付箋数:29

著者の吉澤準特さんから献本いただきました。
ありがとうございます。

私は、この手の図解作成の本には、
けっこう注目していたはずでしたが、
もし、献本していただかなければ、
危なく読み逃すところでした。

お世辞抜きで、書店で巡り合っていたら、
100%購入していた本だと思います。

私たちがビジネスの現場で見にする
「資料」には、2つの種類があります。

それは、見やすい資料と、そうでない資料です。

その違いは、どこからくるのでしょうか?

資料を作る人のセンスではありません。

それは資料を作る人の「こだわる姿勢」と、
「作成ノウハウ」を知っているかどうかの
違いです。

ところで、資料を作るために、
時間と手間ををかけて見た目の良し悪しに
こだわる必要はあるのでしょうか?

吉澤さんは、次のように説明します。

  「資料の見た目にこだわる姿勢は、部屋掃除
  への価値観に似ています。散らかった部屋を
  見て、 “だらしない” と不快感を示す人と
   “使いやすくものが置かれているのだろう” 
  と気にもかけない人に分かれます。
  両者の価値観は一致しません。この二人が
  一緒に生活したら、毎日の掃除で言い争いが
  絶えないでしょう。
  ビジネスの現場で、資料の見た目を気にする
  人は必ずいます。そういう人が上司や取引先
  にいて、かつあなたが資料の見た目に
  こだわらないタイプであれば、資料説明や
  レビューの場は手厳しい批評の場になります。」

資料は、わかりやすい図解を入れて、
できる限りこだわって作った方がいい。

なぜなら、わかりやい図解は、
相手の理解を引き出すことができるから。

問題は、あなたが、論理的なわかりやすさと、
感覚的な心地よさを持つ図解を作成する技術
を持っているかどうかです。

本書は、そんなノウハウを指南する本です。

見た目のわかりやすさに徹底的に
こだわった図解術を解説しています。

本書で披露されるノウハウを吉澤さんは、
「エグゼクティブ図解術」と呼びます。

エグゼクティブ図解術では、最初に図解の
基本を「図解キューブ」で学んだ後は、
4つのステップでわかりやすさを追求します。

まず、最も基本となる「図解キューブ」は、
図形の見せ方の3つの面に注目します。

  ・フォーム:線の使用を控える
  ・カラー:使う色を絞る
  ・ポジション:図の位置を変える

この3要素をちょっと調整するだけで、
作成する図の「質」が確実に上がります。

私は、カラーの使い方をここまで論理的に
説明している本をはじめて読みました。

そして、次の4ステップで図解を作成します。

  ステップ1 図形の見せ方
  ステップ2 図形の使い方
  ステップ3 図解のパターン化
  ステップ4 図解の魅せる化

本書を読むと、今まで出会ってわかりやすいと
思った図解が、なぜわかりやすかったのか、
ロジカルに理解することができます。

そして、4つのステップに沿って、
図解を作成すると、わかりやすく説得力が
ある資料が、確実に作成できるようになると
思います。

ステップ1、2、4のパートでは、
「Not Good」な図と「Good」な図を比較して、
その違いを理解します。

ステップ3のパートでは「Good」な図が
数多く掲載されているので、リファレンスブック
としても使えるようになっています。

本書のノウハウを一気に吸収することは、
難しいですが、まず読むだけで図解の技術が
理解できて、資料のクオリティが上がります。

その後は手元に置いて、辞書代わりに使うと、
見違えるような図解が作成できるようになる
と思います。

若干、定価が高めの本ですが、買う価値あり。

この本から何を活かすか?

  「 “1つめの要素は青、2つめは緑” など
  使い分けようとすると、出てくる要素の数だけ
  色の種類が必要になります。こうした図は色の
  情報量が多すぎて、ゴチャゴチャした見づらい
  ものになってしまいます。」

図形に使う色は必要最低限に絞る必要があります。

「無彩色」「ベースカラー」「濃淡」の3要素で
シンプルながら、ポイントがしっかり伝わる
図を作成します。

本書では「理性に働きかけるベースカラー」、
「感情を揺さぶるベースカラー」などのように、
細かく色使いを解説しているのが素晴らしい。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ノウハウ本 | 06:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

成果を増やす 働く時間は減らす 高密度仕事術

満足度★★★
付箋数:21

著者の古川武士さんから献本いただきました。
ありがとうございます。

  「今、働き方改革ブームの関係で、
  いわゆる “時短本” は書店で所狭しと並び、
  雑誌でもたくさんの特集が組まれています。
  しかし、テクニックのみを求めて手法を
  真似するだけでは、対症療法に留まり、
   “働き方” という根深い習慣は変えられません。
  根本的なワークスタイルを変えたいと
  望まれるならば、働き方の習慣を変えることが
  最高の方法だと考えます。」

では、どのようにして「働き方の習慣」を
変えるのか?

古川さんが、働き方の習慣を変える方法
として紹介するのが「仕事の高密度化」です。

これは単に「時短」を目指すテクニックでは
ありません。

仕事を高密度化するには、大きく2つの方向で
仕事の習慣を変えていきます。

1つ目は、「仕事の成果を最大化する」方向。

これには、次の5つのステップで取り組みます。

  ステップ1 価値ある仕事を増やす
  ステップ2 退社時間を死守する
  ステップ3 朝に集中するリズムをつくる
  ステップ4 仕事を断捨離する
  ステップ5 やり方を根本的に見直す

2つ目は、「日常業務を効率化する」方向。

こちらには、次の5つのスキルで取り組みます。

  スキル1 ゴールイメージを決める
  スキル2 優先順位を明確にする
  スキル3 シングルモードで集中する
  スキル4 突発業務をコントロールする
  スキル5 すぐやる

同じ時間仕事をしても、高い成果を得る
ように工夫し、かつ、働く時間も削減する。

この2つに同時に取り組むことで、
本当の意味での「仕事の生産性」を上げる
ことができるのです。

本書では、具体的にイメージしやすように
「生産性が低い人」と「生産性が高い人」の
行動や考え方を対比して説明しています。

そして、「高密度仕事術」で大切なのは、
一度取り組んで終わりにするのではなく、
改善するサイクルを「習慣」として
身につけることです。

改善のサイクルは「高密度PDCA」を回します。

これを回すことが、習慣化の方法であり、
習慣化されることで、継続的な改善が
自動的に続けられるのです。

  Do:シンプル時間簿をつける(毎日5分)
  Check:GPSで振り返る(毎日3分)
  Plan:枠をベースに翌日の予定を立てる
     (毎日7分)
  Act:毎週の退社時間と改善行動を決める
     (毎週15分)

サイクルを回す順番はPDCAではなく、DCPA。

始業前や始業後に僅かな時間を確保して
高密度PDCAを回すことで、成果の最大化と
業務の効率化を進めます。

このサイクルの中の「GPSで振り返る」とは、
次の3つの視点での振り返ることを言います。

  G:Good/Get 良かったことは何か?
  P:Problem 反省点は何か?
  S:Solution 次回への改善行動は何か?

仕事の簡単な時間簿をつけたうえで、
終業時に3分間で振返ります。

たった3分とは言え、これを毎日やるか
やらないかでは、1年もすると大きな違いに
なることでしょう。

本書には「続ける仕組み」が随所に
組み込まれていて、個人的には取り組み
やすい本だと思います。

この本から何を活かすか?

  「生産性が低い人は、目先の時短や
  効率化に必死になる。
  生産性が高い人は、未来を見据えた
  改善を行う。」

これは本書ので取り上げられていた
対比の一例です。

本書を読んで思ったのは、「高密度仕事術」
に取り組むことこそが、未来を見据えた改善
であるということ。

毎日の業務に忙殺され走り続けていると、
仕事を終えることに必死になり過ぎて、
未来への投資はなかなかできないものです。

そんな悪循環から抜け出すためには、
本書のようなノウハウの助けを借りる
ことが賢明だと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ノウハウ本 | 05:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

童話でわかるプロジェクトマネジメント

満足度★★★★
付箋数:27

著者の飯田剛弘さんから献本いただきました。
ありがとうございます。

プロジェクトマネジメントとは、プロジェクトの
実施に際して、期限や予算といった制約の中で
プロジェクトを予定通りに完了するための、
計画立案や実行管理の手法のこと。

この手法は、アメリカの非営利団体である
プロジェクトマネジメント協会が、「PMBOK」
(ピンボック :Project Management Body of
Knowledge)というガイドブック出している
ことで知られています。

しかし、プロジェクトマネジメントを
PMBOKで勉強しようと思っても、
抽象化された内容で、また専門用語も多く
なかなか難しい。

その難解さに、途中で挫折してしまった人も
多いのではないでしょうか。

しかし飯田さんは、プロジェクトマネジメント
の本質はそんなに難しいものではないと
言います。

  「プロジェクトマネジメントとは、
   “チームで成果を出す技術” でしかありません。
  あなたも、普段のお仕事で、チームを組んで
  何かに取り組むことがあるでしょう。
  そのような場面で、うまく成果を出すために
  やっているノウハウを体系化したものが、
  国際的に標準とされているプロジェクト
  マネジメントの知的体系 “PMBOK” なのです。
  つまり、プロジェクトマネジメントの本質は、
  あなたが既にチームで仕事をする時に
  やっている工夫のあれこれに過ぎません。」

本書は、難しそうに思えるPMBOKの内容を
私たちが子供の頃から親しんだ「童話」を
通じて、わかりやすく解説した本です。

一般的に童話には、様々な教訓が含まれて
いることが知られています。

その童話をちょっとだけアレンジして、
プロジェクトマネジメントを学べるように
したのが本書です。

  「むかしむかし、あるところに、お母さん
  ブタと、3匹の子ブタが暮らしていました。
  家の長であり、プロジェクトスポンサーの
  お母さんブタ。プロジェクトメンバーである
  3匹の子ブタ。4匹は、仲良くチームを組んで、
  様々な生活プロジェクトに取り組んでいました。」

これは、「3匹の子ブタ」を題材にしたもので、
3匹それぞれが取り組むのは、家を建てる
プロジェクトです。

この童話からは、プロジェクトを成功に
導くための「段取り」の手順を学びます。

他に登場する題材は、「ウサギとカメ」、
「桃太郎」、「ヘンゼルとグレーテル」、
「アリとキリギリス」、「長靴をはいた猫」、
「シンデレラ」の6つの童話です。

かなり平易に書かれていますが、PMBOKで学ぶ
本質的な部分はカバーされてれています。

しかも、童話のパートは、実際に飯田さんの
小学6年生の息子さんにも読んでもらって、
理解できるか検証済みです。

ところで、なぜ、プロジェクトマネジメントを
学ぶ必要があるのでしょうか?

それは、プロジェクトマネジメントは、
大小の規模を問わず、チームで仕事をする人に
とっては、必要な考えであり、技術だからです。

  「プロジェクトマネジメントを知ると、
  いろいろな人との仕事がうまくいきます。
  ひとりぼっちにならず、チームで助け合い
  ながら課題に取り組めます。きちんと計画
  することで、トラブルを未然に防げます。
  プロジェクトの状況を見える化することで、
  問題の発見と対策、改善を可能にします。
  そして、最初に決めた目的を、きちんと達成
  することができます。」

本書は、プロジェクトマネジメントを初めて
学ぶ方や、勉強しようと思って途中で
やめてしまった方には、最適の入門書です。

他の専門書で本格的に学ぶ前に、本書で
プロジェクトマネジメントの概要がわかると、
独習することも可能でしょう。

騙されたと思って、本書を読んでみてください。
後悔はしないと思います。

この本から何を活かすか?

「アリとキリギリス」から学ぶのは、
進捗を加速させる「情報共有」の技術です。

キリギリスは、夏の暑い日に一生懸命に働く
アリの姿を見て、一体、何を考えているのか
全く理解できませんでした。

それは、キリギリスが自分の基準で見て、
アリのことを理解しようとしていたからです。

人は、相手の行動が自分の理解を超えると
「あの人はおかしい」と相手が間違っている
と思い込む傾向にあります。

それを防ぐためには、相手の基準と自分の
基準の違いを考えることが、第一歩であると
本書では解説されています。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ノウハウ本 | 05:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

世界一の生産性バカが1年間、命がけで試してわかった25のこと

満足度★★★
付箋数:24

TAC株式会社出版事業部の藤明さんから
献本いただきました。ありがとうございます。

あなたは、自分が興味があることを試すために、
せっかくもらった内定を辞退して、
1年間没頭して取り組むことができますか?

大学を卒業して、企業に就職することは、
人生の中でも大きな決断の1つです。

本書の著者、クリス・ベイリーさんが、
そんな重要な就職を投げ打ってでも、
どうしても試してみたかったのは、
「生産性」を上げる実験です。

なぜなから、ベイリーさんは、生産性を
上げることが、人生の「質」を上げることに
直結すると考えているからです。

  「2013年5月に大学を卒業して、ぼくは正式に
  2社からの内定を辞退した。それからすぐ、
   “生産性の1年(A Year Of Procutivity)” 、
  略してAYOPという名前のプロジェクトを
  スタートさせた。AYOPの内容はいたって単純。
  丸々1年間、生産性についてなんでも貪欲に
  取り入れて、自分のウェブサイトに知り得た
  ことを書き込む。」

ベイリーさんは丸1年かけて、次のことに
取り組みました。

 ・生産性に関する書籍や学術書を片っぱし
  から読む。名の知れた研究は深く掘り下げる。

 ・生産性の専門家に取材し、彼らがどのように
  生産的な毎日を送っているかを確かめる。

 ・生産性に関する実験をできるだけ多く行う。
  自分が実験台になって本当に役立つか調べる。

本書は、ベイリーさんが身を削って、
1年かけて行った壮大な実験と研究の記録です。

「6日間で35時間瞑想する」「週90時間労働を
数週間続ける」「毎日5時半に起床する」
「TEDトークを1週間に70時間見る」
「筋肉を10ポンド増やす」「完全にひとり
きりで生活する」「1ヶ月、飲み物は水だけ
にする」などなど。

ベイリーさんが、数々の実験を行って
わかったのが、3つの要素が生産性に大きく
関わっているということでした。

その要素とは、「時間」「集中力」「活力」。

この3つの要素をコントロールすることが、
生産性を高める鍵となっているのです。

ちなみに、「毎日5時半に起床する」実験では、
早起きはベイリーさんにとって有効でない
ことがわかりました。

無理して、早く起きることで、かえって
集中力と活力が落ちたそうです。

  「生産的かどうかは、目覚めている時間に
  何をしたかによって左右される。
  早寝早起きはすばらしい。だが、ぼくには
  もっと遅い時間に起きるほうがあっていた。」

また、ベイリーさんは現代人の誰もが、
つい依存しがちな「ネット断ち」の実験も
行っています。

インターネットは魅力的すぎて、
仕事の生産性を根こそぎ奪い取っています。

ベイリーさんも、実際にネット断ちしてみると、
最初の数週間はかなりキツかったようですが、
時間が経つとその誘惑は消え、時間の浪費と
集中力が削られることが減ったそうです。

  「ネットの接続を切ることは生産性を高める
  最良の手段だ。浪費する時間が減るだけで
  なく、仕事と生活の両面でもっとも実りが
  多く意味あるタスクに注力できる。」

実際に、体を張って実験したからこそ、
実感できたことが多かったのでしょう。

本書では、ベイリーさんが生産性の実験に
没頭して発見した25のことを紹介します。

その内容があまりにもユニークなため、
FORTUNE誌で注目されたり、TEDが取材に
来たというのも納得できる内容です。

日本版では、「4コマまんが」を挿入して、
さらにユニークさを際立たせています。

この本から何を活かすか?

英語版となりますが、ベイリーさん
ご本人のAYOPに関する解説映像です。



Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ノウハウ本 | 06:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT