活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

40歳が社長になる日

満足度★★★
付箋数:24

日本では、ベンチャー企業や中小企業では、
40歳で社長になる方はいても、
伝統ある大企業において、40歳で社長になる
例はほとんどありません。

  「本書は『40歳が社長になる日』という
  タイトルですが、本意は “2025年、共創の
  リーダーたる40歳の社長を輩出する” 
  というものです。」

本書の著者、株式会社プロノバ社長の
岡島悦子さんは、遅くとも2025年には、
大企業においても40歳の社長が誕生すると
考えています。

本書は、大企業の経営者と大企業に勤める
30歳以下の社員の方に、そのような変化が
訪れるていることを知ってもらい、
覚悟と準備を勧める本です。

現在、大企業に勤める40歳以上の方には、
岡島さんが予想する大きな変化は、
「不都合な真実」です。

本書は、大企業以外の方が読んでも、
非常興味深く、なかなか刺激的。

ただし、40歳の社長が生まれる社会の変化が
起きていることは十分わかるものの、
話しが散漫で、少しロジックに弱さが
あるように感じました。

イノベーションには、持続的イノベーションと
破壊的イノベーションの2種類があり、
非連続の成長が必要な現代においては、
破壊的イノベーションが求められています。

ベンチャー企業では、1人のカリスマリーダーが
破壊的イノベーションを推し進めることが
できても、伝統的な大企業においては、
そうしたアプローチはうまく機能しません。

大企業では、チームでイノベーションを
創出していくため、リーダーに求められるのは、
破壊的イノベーションが起こりやすい土壌や
企業文化、ルールなどの環境を整えることです。

本書では、リンダ・A・ヒルさんの
ハーバード流 逆転のリーダーシップ』から
「羊飼い型のリーダーシップ」という表現を
借りています。

また、岡島さんは恩師でもあるヒルさんの
本から「逆転のリーダーシップ」という
コンセプトも引用しています。

これは、これまでのトップダウンによる
ピラミッド型の構造とは逆の意思決定を
行うモデルです。

顧客に最も近い現場の最前線の人たちが
専門性を駆使してチームで顧客インサイトを
探り、その情報が会社に取り込まれて、
最終的にリーダーのところまで流れて、
意思決定されます。

そして、この新しいリーダーシップに
対応するために、後継者育成計画を立てて、
今の30歳以下の世代を10年かけて育てるのが
岡島さんの構想です。

では、なぜ社長は、今の30歳以下の
世代でなくてはならないのか?

それは、今の30歳以下の世代には、
上の世代にない強力な武器があるからです。

それは、テクノロジー・リテラシー。

「デジタル・ネイティブ」であることが、
この世代の持つ大きな武器になっています。

個人的には、このデジタル・ネイティブ
であることが、リーダーとして
それほど重要な要素とは思えませんでした。

また、本書の後半では一度、
話しがダイバーシティの方に振れます。

ここでは「妙齢女性のかかりやすい10大疾病」
などが紹介されていて、面白い話題では
あるものの、少し話の焦点が定まらない
印象を与えていました。

この本から何を活かすか?

本書では、最後に新時代のリーダーとして
求められる「10要件」がまとめられています。

 1. 課題設定力、先見性、仮説構築力、大局観
 2. 変化中出力、変化適応力、カオス耐性、胆力
 3. 素直さ、伸びしろ、学習能力
 4. 自己効力感
 5. 比較優位となる強み(タグ)の自己認識と、
  機会開発力
 6. 多様性受容力
 7. 越境力、領域をつなぐ力、違う領域の人脈
 8. 共感力、熱量、物語力、チャーミングさ
 9. 機会提供力、コーチング力、環境整備力
 10. 意思決定力、実行力、仮説検証スピード

「10要件」と言いつつ、これだけ羅列されると、
一体何が重要なのかが、ぼやけてしまいます。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| リーダーシップ | 09:45 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

西郷どん式 リーダーの流儀

満足度★★★
付箋数:21

著者の吉田幸弘さんより献本いただきました。
ありがとうございます。

  「なぜ今、 “西郷隆盛” なのでしょうか?
  来年2018年、NHKの大河ドラマは『西郷どん』
  に決まりました。そう、西郷隆盛が注目
  されているのです。
  私は西郷さんこそ、リーダーのあり方を
  学べる人物だと思います。リーダー育成の
  講演を多くこなし、数冊の著書も上梓いたし
  ましたが、私自身、西郷さんにたくさんの
  ことを学ばせていただきました。
  いよいよ、時期が来たと思ったのです。」

NHKの大河ドラマは大きな影響力があり、
当ブログでも今年、西郷隆盛さん関連の本を
紹介するのは、これが2冊目。

本書の著者は、年間130本以上の講演や
研修を行う、経営者・管理職向けコーチングの
カリスマ、吉田幸弘さんです。

西郷さんが活躍した幕末維新の時期と、
現代には共通している点があります。

それは、時代が大きく変化する過程にあり、
誰もが先が読めず、手探りで不安な状態に
あることです。

そんな大きく変化している時代にこそ、
リーダーの本当の力量が問われます。

吉田さんは、現代の悩めるリーダーにこそ、
西郷さんのリーダーの流儀を学んで欲しいと
言います。

今年は西郷さんの没後からちょうど140年。

西郷さんが活躍した幕末維新の時期からは、
1世紀半以上が経過し、日本人を取り巻く
環境は大きく変わりました。

しかし、それでも西郷さんのリーダー論が
現代でも通じるのには、理由があります。

それは、西郷さんのリーダー論の本質が、
「情で人を動かす」ことにあるからです。

いくら時代が移り変わっても、
「人の心」だけは変わりません。

だから、西郷さんの人の心に訴える
リーダーのあり方は、現代でも十分に
通用するのです。

  「西郷さんの、 “人心を動かした
  リーダーシップ” は、現代の悩めるリーダー
  こそが役に立てるべきものだと思うのです。
  なぜなら時代が変わっても、リーダーが
  動かさなければいけない相手は人間である
  ことに変わりがないからです。」

個人的に、西郷さんの流儀の中で、
凄いなと思ったのが「ゆるす力」です。

戊辰戦争で、最後まで徹底抗戦した、
旧幕府軍の庄内藩に対しても、
「ゆるす力」が十分に発揮されました。

西郷さんは、敗北を認め切腹覚悟で降伏した
庄内藩士に「切腹して詫びるなどとんでもない」
と伝えました。

そして、降伏の証として武器一切の目録を
提出した庄内藩側に、「貴藩は北国の雄藩。
ロシアなどに備えて北方の守りをして
もらわねばいけません。武器はそのまま
お持ちいただければよか」と返したそうです。

さらに、新政府の面々にもこう伝えました。

「敵となり味方となるのは運命である。
一旦帰順した以上、兄弟も同じと心得よ」

降伏したといっても、1年近く戦争で争って
反乱を起こす可能性のある相手です。

そんな庄内藩への、あまりにも寛大な措置に、
藩主の酒井忠篤さんをはじめ、家老、藩士の
面々は感動し、一気に西郷さんを慕うように
なったと言います。

ここまでの度量を持って、相手を「ゆるす」
ことができる人は、なかなかいません。

  「敵対関係がある相手でも、
  詫びはちゃんと受け止める」

本書では、このように西郷さんの行動を
1つずつ紐解き、現代のリーダーが学ぶべき
流儀としてまとめています。

この本から何を活かすか?

西郷さんは、名だたる優秀な部下を
多く残してきました。

西郷さんは、どのようにして優秀な人材を
見抜いてきたのか?

西郷さんは、過去の実績や家柄などには
とらわれず、次の2点に重点を置いて、
人材を見極めたようです。

  ・いかに誠実であるか
  ・いかにリーダーにふさわしか

西郷さんは、自分ひとりでできることの
限界を知っていたので、部下を育てること
にも注力していたのでしょう。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| リーダーシップ | 05:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『ONE PIECE』に学ぶ最強ビジネスチームの作り方

満足度★★★
付箋数:21

オトバンクの上田さんより献本いただきました。
ありがとうございます。

  「本書は『ONE PIECE』を2つの読み方
  (ヤンキー読み・オタク読み)で紐解きながら、
  ヤンキーとオタク双方の思考や傾向を理解し、
  今の社会で求められる “フラグセッター” に
  近づく試論だ。チームマネージャーや
  人事採用担当、新規事業を計画中の人には
  特に読んでいただきたい。きっとチーム
  ビルディングやチームマネジメントに
  ついての新しい気づきがあるはずだ。
  また、純粋な『ONE PIECE』ファンの方にも
  『ONE PIECE』という作品の底知れぬ
  懐の深さを再確認できる内容となっている。
  もちろん『ONE PIECE』未読の方は
  これを機会に是非。」

マンガを介したコミュニケーションを
テーマに掲げて、イベント、ワークショップ、
執筆、選書といった活動を行っている
「マンガナイト」というユニットがあります。

本書はそのマンガナイトの代表を務める
山内康裕さんらによる、『ONE PIECE』から
チームビルディングの秘訣を学ぶ本です。

国内累計発行部数が3億5000万部を突破して
国民的マンガとなっている『ONE PIECE』。

本書は、『ONE PIECE』を掲載している
週刊少年ジャンプ編集部が監修を務める、
言わば「お墨付き」を得た本です。

本書の『ONE PIECE』を読み解く
切り口は、「ヤンキー」と「オタク」です。

本書で言う「ヤンキー」とは、
仲間との絆や尊敬する人への恩義を
大切にする人。

このタイプは自分をそのまままること
受け入れてくれる人やコミュニティを
求めます。

『ONE PIECE』に登場するキャラでは、
ルフィを筆頭に、サンジ、ナミ、エース、
などの恩義に厚く仲間重視の熱血タイプが
ヤンキーに当てはまります。

一方、「オタク」とは、多様性や自分の
関心ごとを重視します。

なにごとにも情より、理由と理屈を求め、
わが道を行くタイプです。

『ONE PIECE』では、ロビン、ゾロ、
ウソップ、チョッパーなどがこちらの
タイプです。

そして、ヤンキーの特質とオタクの特質の
両方が入り混じったタイプを
本書では「おたやん」と呼びます。

仲間を大切にして集団を引っ張る
ヤンキー的な部分と、特定の分野を
極めつつも幅広い視野で物事を考える
オタク的思考のバランスがとれている
タイプです。

フランキー、ブルック、シャンクス
などがこのタイプに該当します。

本書では、うまくチームが動くバランスは、
「ヤンキー:オタク:おたやん=5:3:2」
ぐらいがちょうどいいと分析します。

そして、ヤンキー、オタク、おたやんの中から、
チームのリーダーとなる「フラグセッター」
と呼ばれるキーパーソンを作ることが、
本書が目指すチームビルディングの鍵です。

  「フラグセッターはヤンキーとオタクの
  領域を自由に横断しながら、社会変革のために
  目的地に旗(フラグ)を立てる(セット)
  役目を担う新しいタイプのリーダー像だ。」

『ONE PIECE』の中では、もちろんルフィが
フラグセッターです。

本書では、フラグセッターが中心となって、
個性的なメンバーをまとめ、麦わらの一味の
ような、結束が強くパフォーマンスが高い
チーム作る方法を学びます。

集英社から刊行されている本なので、
本書には『ONE PIECE』の名シーンが
ふんだんに使われています。

『ONE PIECE』ファンにはたまらない一冊。

ヤンキー・オタク診断シートも掲載されて
いるので、自分がどちらのタイプなのか
確認してから読み進めることができます。

この本から何を活かすか?

ルフィの兄で、白ひげ海賊団二番隊長を
務めたエース。

『ONE PIECE』の中でも人気のキャラですね。

本書では、第57巻552話P20より白ひげの
制止を振り切って、けじめをつけるために
エースが船を飛び出すシーンを掲載。

仲間のために動こうとするヤンキー的な
特徴を持つキャラとして解説されています。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| リーダーシップ | 06:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

3000年の英知に学ぶリーダーの教科書

満足度★★★
付箋数:24

著者の鈴木博毅さんより献本いただきました。
ありがとうございます。

1972年の冬、南米のアンデス山脈で、
ウルグアイの学生ラグビー選手団と
その家族や知人を乗せた飛行機が墜落しました。

学生のラグビー選手団は、親善試合を行うため、
チリのサンディエゴへ向かう途中でした。

飛行機に乗っていた45名中、墜落の際に
死亡したのは12名。

残り33名は、厳冬期の雪山でサバイバルを
強いられることになります。

翼をもがれて墜落した飛行機は、かろうじて
シェルターのような役割を果たしました。

しかし、墜落した地点は海抜3700メートル。

日本の富士山の山頂ぐらいの高度の場所で、
ラグビチームの若者は恐ろしいほどの寒さに
苛まれます。

ウルグアイの学生たちのが遭難したときの
服装はワイシャツ程度。

雪山は人間の生存可能性を超える条件で、
食料は機内のチョコレート数枚と、
ワインボトル数本しかありませんでした。

事故直後はチームのキャプテンだった
マルセル・ペレスさんがリーダーシップを
取りました。

彼は、機内を住む場所に整備し、負傷者を
暖かい場所に集め、きっと捜索隊が発見して
くれると言い続け、みなを懸命に励ましました。

生存者たちは、死亡者の人肉を食べ命をつなぎ、
救助を待ちました。

しかし、遭難から11目の朝、ラジオ放送を
聞いて、生存の見込みなしとして、
捜索活動が打ち切られたことを知ります。

その現実を知って、それまでリーダとして、
生存者を率いていたペレスさんは、
希望を失って、精神のバランスを崩し、
ガラスのように壊れていきました。

彼は、ラグビーのようなルールの決まった
状況では、その堅実さから優秀なリーダー
として力を発揮していました。

しかし、ルールがない過酷な雪山では、
状況の変化に合わせて自分を変えられず、
リーダーの役目を担えなかったのです。

一方、救助が来ないことが分ってから、
リーダーとして台頭したのが、
もともとリーダーとは程遠い資質と性格の
ナンド・パラードさんでした。

パラードさんは、安易な楽観主義を持たず、
過度に期待を高めることもしませんでした。

強権的なリーダーになろうとせず、
仲間とは協調的に接し、機体の残骸から
装備を作り、自力下山を計画します。

そして、ナンドさんはもう1人の仲間と
9日間ひたすら歩き続けることに専念し、
ついに麓の村にたどり着いて、
救助を求めることに成功しました。

このときナンドさんは、どのような
リーダーシップを発揮したのか?

 ・八方塞がりの中で絶望せず、打開策として
  新たな目標を上げた

 ・相手に思いつかせるように会話して、
  相手と目標を一体化させた

 ・安易な期待を持たせず、落胆により
  絶命するのを防いだ

 ・ただ一つ、目的に向かって歩み続ける
  ことに集中した

のちにナンドさんは『アンデスの奇蹟』を
著し、ウルグアイの英雄となります。

  「歴史上、あるいは現代ビジネスでリーダーが
  輝きを発するのはどんなときか。
  それはずばり、集団が何らかの危機に
  直面したときです。集団が危機に瀕したとき、
  打開してくれるリーダーこそが輝くのです。」

本書は、古今東西の優れたリーダーが、
いかにして困難な局面を打破したかを知り、
リーダーの原理原則を探ります。

紀元前8世紀の『イリアス』から始まり、
現代までの読み継がれる名著30冊から、
リーダーシップのエッセンスを抽出。

本書に登場する名著は、本当は1冊ずつ
全て読んだ方がいいものばかりです。

本書は、そのエッセンスを僅か2時間で
学べると同時に優れたガイドブックにも
なっています。

この本から何を活かすか?

私が本書で紹介されている本の中で、
最も繰り返し読んだのが、本多静六さんの
人生計画の立て方』です。

本書では、本多さんの成功要因を次のように
分析しています。

  「偶然の好機と計画性、順境と逆境など、
  相反する要素を共に使いこなして
  最大の成果を世界と自分から引き出すこと。
  これこそが本多静六氏の一番の成功要因
  だったのです。」

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| リーダーシップ | 07:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アメリカ海軍に学ぶ「最強のリーダー」

満足度★★★
付箋数:22

  「こらから本書を読まれるみなさんに
  強調しておきたいのは、これがすばらしい
  本だということだ。本書を読んでも、
  みずからのリーダーシップのあり方を
  改善できないとしたら、もうあきらめた
  ほうがいいのではないか、と思うほどである。」

これは本書を翻訳した、元トリンプ日本法人
社長の吉越浩一郎さんの言葉。

吉越さんは、トリンプ時代、早朝会議や
デッドラインによる即断即決経営を武器に、
同社を19年連続で増収増益に導いた
名経営者です。

その吉越さんが絶賛する本書の著者、
マイケル・アブラショフさんは、
元アメリカ海軍大佐で、現在は一般企業向けの
コンサルティング会社を経営している方です。

海軍時代は、アメリカ海軍一の「落ちこぼれ艦」
と言われていたミサイル駆逐艦ベンフォルドの
艦長を務め、同艦を短期間で立て直し、
「海軍No.1」と謳われるまでに変革しました。

ベンフォルドで作られた最高のチームに
ついては、2008年に刊行されてベストセラー
になった前著『即戦力の人心術』に詳しく
書かれています。

この本は、現在は文庫化され、
アメリカ海軍に学ぶ「最強のチーム」の
つくり方
』というタイトルになっています。

さて、本書はアブラショフさんの艦長経験を
中心にリーダーシップについて書かれた本です。

  「本書では、私がミサイル駆逐艦ベンフォルド
  で学び、仲間とともに “海軍一の優秀さを
  誇る艦” へと成長していった経験をもとに、
  真のリーダーとはどういう資質を備ええいるか、
  影響力のあるリーダーシップとは何か、
  みなさんとともに考えていきたいと
  思っている。」

本書で語られるリーダーシップの実例は、
海軍のものだけではありません。

一般的なビジネスでの実例も多く取り混ぜ
ながら、リーダーシップの本質について
語られています。

この辺りのバランスは、さすがに現在、
一般企業向けのコンサルタントをしている
だけあって、なかなか絶妙です。

  ・競争よりも連帯だ
  ・「正直さ」を歓迎せよ
  ・裁量を明確にし、完全に任せる
  ・部下に敬意を払い、盛り立てよ
  ・「完璧」を目指さなくていい
  ・偉大な艦長はピンチのときに必ず艦橋にいる

本書では、様々なリーダーの必要な要素が
語れていますが、最後にそれらを超える
リーダーの絶対的な原則が書かれています。

  「ここまで紹介してきたリーダーシップに
  関するルールは、大半がかなり柔軟で
  融通が利くものだ。
  状況に応じて、変化することもあるだろう。
  しかし私には、悪天候にも強く、
  決して壊れることのない、北極星のごとき
  不変の原則がある。

   “正しいことをする” という原則だ。

  現実社会においては生ぬるい、きれいごとだ
  と思われるかもしれない。しかし、すぐれた
  リーダーほどこの原則を知っているし、
  生き方でそれを示している。」

厳しい状況に置かれたときこそ、
リーダーが正しいことをしていると思える
から、部下はついていけるものです。

実際のビジネスでもリーダーが利益を優先し、
正しいことを選択しなかったがために、
ダメになっていった企業もたくさんあります。

そうした企業を思い浮かべると、確かに
「正しいことをする」は「不変の原則」と
言ってもいいと思います。

この本から何を活かすか?

アメリカ海軍でリーダーシップと言えば、
私が思い出すのが映画『ケイン号の叛乱 』です。

これはハンフリー・ボガートさんが主演した
1954年制作のアメリカ映画です。

学生だった頃に見ましたが、素晴らしい映画
だったと記憶しています。

人生で様々なことを経験し、リーダーシップとは
何かについて考えが深まってから見ると、
どのような感想になるのか?

改めてこの作品を見てみようと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| リーダーシップ | 06:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT